29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 10:11:39.82 ID:MIopYdwD0
真美「おっはよ→兄ちゃん!真美だよー!」

P「……」

真美「もしもーし、もう朝だよー。ちゃんと起きてる~?」

P「……」

真美「もう!今日の兄ちゃんテンション低すぎない?」

P「……」

真美「何かあったの?あっ、振られちゃったとか!ビンゴっしょ」

P「……」

真美「これは肯定の返事と取っても良いですな?ドンマイ!」

P「……」

真美「あ、あはは…」

P「……」







33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 10:20:38.33 ID:MIopYdwD0
真美「あ、あのさ…兄ちゃん困ってるなら真美に相談」

亜美「ふぃぃ…あと1分事務所に着くのが遅れたら漏れちゃうところだったぜ!」

P「おはよう亜美。今日は早いな!…しかしそういう事を女の子が言うもんじゃないぞ」

亜美「兄ちゃん相手だから言えるんだよ?亜美の全てをさらけ出せるのは兄ちゃんだけ!」

P「また妙な事覚えやがって…まあ良い!今日も元気に頑張るぞ!」

亜美「おー!!」

真美「…兄ちゃんいつも通り元気じゃん!妙な演技しちゃってー」

P「……」

真美「ぐぬぬ…お主どういうつもりなのだ…」

亜美「んー?どしたの?」

P「それより亜美、律子から聞いた今日の予定だが」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 10:30:54.52 ID:MIopYdwD0
亜美「じゃあね兄ちゃん、真美!ちょっくら行ってくる!」

P「気をつけてなー」

真美「いってらー」



真美「さて…対話をしようじゃないか」

P「……」

真美「何故真美相手だとお口チャックマンになるのかね?」

P「……」

真美「…そんなに無理しても辛いだけだぞ。母ちゃんも泣いている、大人しく吐いたらどうだ?」

P「……」

真美「くっ…なお黙秘するのか!ならば拷問だ!!くらえぃ!!」コチョコチョ

P「……」

真美「ははは!どうだ!苦しいだろう!?」コチョコチョ

P「……」

真美(あ、あれ…?敏感兄ちゃんの顔がピクリとも動かない…)コチョコチョ




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 10:35:04.90 ID:MIopYdwD0
P「……」

真美「うっ…」

P「……」

真美「…ご、ごめんよ→兄ちゃん!ちょっと調子乗っちゃって…」

P「……」

真美「ね…ねぇ…兄ちゃん…」

ガチャッ

小鳥「せ、セーフ!!」ハァハァ

P「デデーン!音無アウトー」

真美「っ…」

小鳥「も、もしかしてケツバットですか!?」

P「何でちょっと期待してるんですか」

真美「……」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 10:45:13.58 ID:MIopYdwD0
亜美「兄ちゃんに無視られてる?」

真美「多分だけど…」

亜美「そんなことするとは思えないなー。兄ちゃんの性格考えても」

真美「だから真美も信じられないんだってー!」

亜美「……ははーん、さては亜美に内緒でとんでもないイタズラしたんでしょ!」

真美「な、何故それをっ…!……うーん、だけど心当たり無いよ」

亜美「ほんとに→?」

真美「命賭ける!」ドンッ

亜美「やっすい命だね→。でも原因も分かんないんだ」

真美「もうどうしたら良いの~?ナイスアイディアプリーズ!」

亜美「…仕方ない。一肌脱ぎましょうか!」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 10:57:32.80 ID:MIopYdwD0
亜美(亜美真美入れ替わり作戦!これで兄ちゃんもビックリ!)

真美(真美を無視するつもりなんだろうけど…)

真美(これで真美に話しかけちゃったら格好つかないYO、兄ちゃん!)

真美「双海亜美、参りました!」

P「……」ジー

真美「な、何?そんなに見つめられるとちょいと恥ずかしいや」

P「……」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:04:18.80 ID:MIopYdwD0
亜美「まさか…兄ちゃんは亜美に惚れちまったのかー!?」

真美「うわー、亜美がキュートっでプリチーだからってまだ中学生だよん!?」

P「……」

亜美「もしもーし…兄ちゃーん!どったの?」

P「亜美、馬鹿な事してないで行くぞー」ガシッ

亜美「うわわ、自分亜美じゃなくて真美だぞー!」

真美「亜美を置いてかないでー!双子はセットじゃないと死んじゃううだよー!」

ガチャッ

真美「……行っちゃった」ポツーン

真美(やっぱりバレちゃってたのかなー…)

真美「はぁ……」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:17:04.09 ID:MIopYdwD0
亜美「兄ちゃん手強いね…これほどとは」

真美「途中何回も入れ替わったのに結局真美にだけ話かけてくれなかったし…」

亜美「…ねぇ、本当に何もしてない?」

真美「冗談じゃ無くてマジでやってないYO」

亜美「だよね→どうしちゃったんだろ」

真美「もしかして…気付かないうちに何かしちゃったのかな」

亜美「でも心当たりないんでしょ?無意識にそんなとんでもないことする?」

真美「……」

亜美「…珍しくガチへこみですな」

真美「当たり前っしょ…全く話しかけてくれないのに…」

亜美「まあどうせ三日坊主だって!すぐに『ごめんよおおお!』って謝ってくるから!」

真美「そうかな…」

亜美「そうそう→……そうだ!いっそ真美が逆に無視したら良いんじゃないかな?」

真美「…なるほど!押してダメなら引いてみろってやつですな!」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:23:52.35 ID:YBRE1/Lh0
お気に入りの一枚を





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:25:26.41 ID:MIopYdwD0
小鳥(…何なの…この妙な緊張感は)カタカタ

P「……」カタカタ

真美「……」

P「……ふぅ」スッ

小鳥「…!!あ、休憩ですか?お茶淹れましょうか?」

P「あっ、すみません。お言葉に甘えます」

小鳥「真美ちゃんはどう?」

真美「うむ、ピヨちゃんに任せる」

小鳥「ははー」


小鳥(あー、息苦しかった…何でかなー…)カチャカチャ

小鳥(……そういえば真美ちゃん…今日はプロデューサーさんにじゃれつかないわね)トポトポ




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:32:00.17 ID:MIopYdwD0
P「……」

真美「……」

P「……」

真美「……」

小鳥(うわぁ…何この空気…すごく入り辛いことに…)ソー

小鳥「お、お茶入りましたー。あと今日は私のお気に入りの茶菓子も!」

P「ありがとうございます」

真美「気が利くではないか。流石765プロの事務員と誉めてやりたいところだ」

小鳥「こ、光栄でございます」

P「……」ズズー

真美「……」モグモグ

小鳥(な、何なの…これは!?私に対する試練!?)ズズー




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:42:18.61 ID:MIopYdwD0
小鳥「そ、そういえば、最近真美ちゃん頑張ってますよねー!」

真美「そ、そうかなー」

P「…そうですか」

小鳥「は、はい!この間の番組で芸人顔負けのトーク!凄かったじゃないですか!」

真美「ちょっとおだてすぎだよー。何も出ないよん?」

小鳥「そんなことないわよ!私あれ見ててお腹痛くなっちゃったんだから」

P「そうですか」

真美「……」

小鳥「あ、亜美ちゃんもすごいですよね!ソロでもお呼びがかかるなんて!」

P「はい!亜美はすごいですよね!トークも歌も!どんどん成長してますよ!」

真美「……っ」

P「俺ももっと亜美と仕事したいですよ!本当に!そういえばこの間亜美が出てた……」

小鳥「は、はぁ…」

真美「……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 11:49:34.28 ID:MIopYdwD0
亜美「どうだったー?亜美の作戦大成功っしょ!?」

真美「……」

亜美「あれー?どったの?」

真美「失敗」

亜美「え?」

真美「失敗だってば!亜美のせいだからね!あんな作戦考えた!」

亜美「ま、真美…?」

真美「あっ……ごめんね、ちょっとイライラしてて…八つ当たりとか真美最低だよ…」

亜美「う、ううん…亜美の方こそ無責任な作戦言っちゃってごめんよ…」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:02:21.19 ID:MIopYdwD0
真美「……」

P「……」

真美「お、おはよう兄ちゃん!昨日は無視しちゃってごめんね!」

P「……」

真美「で、でも…これでおあいこだかんね!もうそろそろ喋っても良いんじゃない?」

P「……」

真美「あっ、そういえば今日のお仕事ちょっと遠いんだ!」

P「……」

真美「だから送って…ほしい…な……」

P「……」

真美「……なーんつって!兄ちゃん忙しいもんね!リッチにタクシーで行っちゃうよん」

P「……」

真美「…じゃあね」

P「……」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:08:15.01 ID:MIopYdwD0
真美「亜美遅いなー…もう撮影始まっちゃうよ…」

亜美「ご、ごめーん!遅くなって!」

真美「おっそーい!だけどギリギリセーフだから許す!」

亜美「うん、兄ちゃんに送ってもらえなかったら間違いなく大遅刻だったよ…」

真美「…え?」

亜美「ほら、兄ちゃんあそこで謝ってくれてるでしょ?亜美はさっさと準備しろって」

真美「そ、そうなんだ…」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:09:55.46 ID:KyXDj2qw0
心が痛いんだが・・・



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:16:49.56 ID:MIopYdwD0
P「お疲れー」

亜美「マジでお疲れだよー…真美も疲れたよね?」

真美「う、うん。ちょっと疲れたかな」

P「俺はもう別の場所に行かきゃならないんだ。後は頼んだぞ」

亜美「任せんさい!」

真美「ま、真美も頑張るよ!」

P「よしっ!良い返事だ!ほら亜美、差し入れだ」

亜美「この店の袋ってことはもしかして…」

P「ああ、ゴージャスセレブプリンだ!その代わりしっかりな!」

亜美「や、やったー!ありがとう!」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:21:00.91 ID:MIopYdwD0
亜美「うひょー!まさかまた食べられるなんて!早速…あれ?」

真美「一つしか…入ってないや」

亜美「に、兄ちゃんはドジだなぁ!ちゃんと人数分用意しなきゃ!」

真美「…亜美に差し入れだって言ってたから…亜美が食べるべきだよ」

亜美「そ、そんな…そうだ!はんぶんこ!はんぶんこしよ!」

真美「いい、亜美が全部食べてよ」

亜美「で、でも…」

真美「いいから…!私はいらないってば!!」

亜美「……」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:30:39.84 ID:MIopYdwD0
P「……」

真美「きょ、今日は良い天気ですねー」

P「……」カタカタ

真美「あっ、ちょっとジジくさかった?真美まだ中学生なのにね→」

P「……」

真美「この間の撮影大成功だったよ!亜美も真美も完璧だったんじゃないかな→」

P「……」カタカタ

真美「なんちて、ちょっと調子乗ってみたの!あはっ!」

P「……」

真美「今のミキミキの真似なんだけど似てたでしょー?」

P「……」カタカタ

真美「……」

P「……」カタカタ

真美「何か…反応してほしーな……うるさい!とか仕事の邪魔だ!とかでも…」

P「……」カタカタ




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:42:27.79 ID:MIopYdwD0
真美「に、兄ちゃんそんな仕事ばっかりだとお腹空くでしょ!」

P「……」

真美「はい!これ真美の手作りケーキ!ちゃんと全部1人で作ったんだよ!」

P「……」

真美「いっつも頑張ってるから真美からのご褒美ってことで!」

P「……」

真美「……」

P「……」カタカタ

真美「忙しそうだから…ここ置いとくね…」

P「……」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 12:56:11.17 ID:MIopYdwD0
小鳥「あっ、真美ちゃん。ケーキありがとう!とっても美味しかったわ!」

真美「え?」

小鳥「疲れた体にはやっぱり糖分よねー」

真美「…どういうことかな」

小鳥「あれ?プロデューサーさん、真美ちゃんが私に作ってくれたって…」

真美「…そ、そうだそうだ!思い出した!すっかり忘れてたYO」グスッ

小鳥「…真美ちゃん?」

真美「あー昨日2時間しか寝てないからマジ眠いわー実質2時間しか寝てないからー」ゴシゴシ

小鳥「……」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:03:56.11 ID:MIopYdwD0
真美「どうして…兄ちゃん…真美分かんない…」

真美「黙ってたって分かんないよ…」

真美「真美…テレパシー使ったり人の心読んだり出来ないもん…」

真美「寂しいよぉ…」ポロポロ

真美「…また…兄ちゃんと…喋りたいよぉ…」ポロポロ

真美「ヒック…うっ…うぅ…エッグ…」ポロポロ




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:11:58.82 ID:MIopYdwD0
亜美「あ、あのね兄ちゃん…どうして真美」

P「ふわぁー、相変わらず亜美はかわいいやつだなぁ」グシャグシャ

亜美「ちょ、ちょっと兄ちゃん!」

P「こいつめこいつめ」コチョコチョ

亜美「…!?キャハハハハ、やめ…やめ…あははっ」

P「うりゃうりゃー」コチョコチョ

亜美「だ…苦…ウヒャー…しぬー!!」

P「ふははははは」

真美「……」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:21:45.40 ID:MIopYdwD0
真美「……」

亜美「…ボーッとしてるけど大丈夫?」

真美「えっ、大丈夫だよ!どう見ても100%真美じゃん!」

亜美「……」

真美「ちょっとそんな顔しなさんなよ。亜美が真顔だと違和感バリバリだぜ」

亜美「…メールとか電話してみた?もしかしたら返事くれるかも」

真美「あはは!とっくにやってるけどサッパリ!全く酷い男だよ」

亜美「……」

真美「…亜美は…メールとかしてるの?」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:32:16.05 ID:MIopYdwD0
亜美「えっ!?…いや、あんまり…」

真美「あんまりってことは…してるんだ」

亜美「う、うん。ちょっとだけね」

真美「…真美と同時に兄ちゃんにメール送ってみようよ」

亜美「何でそんなこと…?」

真美「いいじゃん。特に理由は無いけど何か困るの?」

亜美「……」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:34:54.65 ID:MIopYdwD0
真美「送信…と」ピッ

亜美「亜美も送ったけど…」

真美「……」

亜美「…あっ」~♪

真美「返事早いね」

亜美「ま、真美もすぐ返事来るよ!」



真美「あはは!結局来なかったや!」

亜美「真美…」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:49:03.57 ID:MIopYdwD0
真美「全く兄ちゃんも徹底してるなー!ここまで来ると逆に感動しちゃうよ!」

亜美「……」

真美「感動しすぎて涙が…出ちゃった…」ポロポロ

亜美「真美!!」ギュッ

真美「…!!来ないでよ!!亜美が…兄ちゃんを取っちゃったんだ!」

真美「亜美が……亜美が…!!…真美は何なの…!?」

亜美「真美は真美だよ!亜美の大切なお姉ちゃんだよ!」

真美「聞こえない!!そんなの知らない!!」

真美「……こんなことなら亜美に生まれたかった…」ポロポロ




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:57:32.57 ID:swbqOmvA0
これで救いがなければ俺はお前を許さない



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 13:58:46.73 ID:MIopYdwD0
小鳥「どういうつもりですか、プロデューサーさん」

P「何の事ですか?」

小鳥「とぼけないでください。真美ちゃんの事です」

P「…やっぱり気付きますよね」

小鳥「本当に…あなたは何を…!?真美ちゃんはあなたを信頼してるんですよ!?」

P「…知ってます」

小鳥「だったら何故あんな事を…!」

P「真美のためです」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:09:10.25 ID:MIopYdwD0
P「真美はアイドルとして伸び悩んでます。それはきっと俺に依存しきっているから」

P「だから真美が自分で考えどうすればより高みを目指せるか見つけてほしいんです」

小鳥「それなら…他にいくらでもやり方が…」

P「それだけじゃありません。以前の真美と俺はあまりに距離が近すぎました」

P「もしそういった場面を抑えられたなら…アイドル生命に関わる可能性もあります」

小鳥「無視をすれば…真美ちゃんがプロデューサーさんから離れていくと…本気で思ってるんですか…?」

P「はい」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:20:42.89 ID:MIopYdwD0
P「そして双子の亜美。竜宮小町の勢いはとどまる事を知りません」

P「しかし真美はあまり焦りを抱いていない。恐らく現状でもそこそこ満足している」

小鳥「だから…亜美ちゃんにはあんな態度なんですね…真美ちゃんを焚きつけるために」

P「ええ、そうです」

小鳥「…馬鹿じゃないですか…!本当にこんな方法望んでいると思いますか?これで真美ちゃんは成長出来ると…?」

小鳥「あなたは彼女のたった一人のプロデューサーなんですよ?真美ちゃんの気持ちはどうなるんですか!?」

P「俺は…真美を…真美なら乗り越えてくれると信じています」

亜美「…もう…無理だよ……」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:29:42.87 ID:MIopYdwD0
P「あ、亜美…!?お前いつの間に…いや…もう無理って…?」

亜美「真美…アイドルなんてやりたくない…兄ちゃんの顔も亜美の顔も見たくないって…」グスッ

小鳥「……」

P「そ、そんな……」

亜美「兄ちゃんが…兄ちゃんが…!酷い…酷過ぎるよ…!」ポロポロ

小鳥「真美ちゃんの所に行ってください。仕事は私と律子さんで何とかします」

亜美「うっ…グスッ…ヒッグ…」ポロポロ

小鳥「プロデューサーさん、あなたは最低です。絶対に真美ちゃんを連れ帰って下さい」

P「…必ず」

亜美「亜美…も…行く…」グスッ




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:38:05.07 ID:MIopYdwD0
ドンドン

P『真美、俺だ!開けてくれ!頼む!』

真美「…あはは、兄ちゃんが久しぶりに話しかけてくれた」

亜美『兄ちゃんは真美のこと嫌いになんかなってない!今でも大好きだから!』

真美「嘘だ…真美がこうなったから来たんだ…」

P『俺は間違っていた!本当にすまなかった!いくら謝っても足りない事は分かってる!』

P『お前の事を考えず俺は身勝手な真似をしてしまった…こんな最低な俺だが…もう一度チャンスをくれ!』

亜美『真美、兄ちゃんは本当に反省してるんだよ!だからお願い!』




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:50:34.10 ID:MIopYdwD0
真美「そう、真美がこうなったから来てくれたんだ」

ガチャッ

真美「そうでしょ?」

P「お前…その髪…」

亜美「どうして亜美と同じに…?」

真美「えへへ、亜美だよ!真美じゃないから兄ちゃん無視しないでね」

P「ごめん…ごめん…真美…」ポロポロ

真美「どうして泣くの?亜美に会えて嬉しくないの?」

亜美「真美は亜美じゃないよ…真美は真美だよ」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:58:48.25 ID:MIopYdwD0
P「お前は亜美じゃない。亜美はここにいる!お前は双海真美だろ!?」

真美「嫌だ!真美は嫌だもん!亜美の方が良い!」

亜美「どうして…?真美がいないと…私…」

P「頼む!もう絶対にお前を傷つけない!誓うよ!」

P「だから…真美を否定しないでくれ…!」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 14:59:48.41 ID:kZlJznlX0
お前が言えたことかー!



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 15:03:36.78 ID:MIopYdwD0
真美「真美…いていいの?亜美じゃないけど良いの?」

亜美「当たり前じゃん…!」

P「真美は真美じゃないとダメなんだ!亜美でも他の何でもない、真美なんだよ!」

真美「嘘じゃないの…?本当に…?」

P「どうしてこんな嘘をつく?」

亜美「お願い、真美…」

真美「…うっ…ヒック…うぁあああ」ポロポロ




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 15:09:18.79 ID:MIopYdwD0
真美「……」

亜美「落ち着いたみたいだね」

真美「…迷惑かけてごめんなさい」グスッ

P「どうして真美が謝るんだ…謝らなきゃならないのは俺なのに…」

亜美「マジで…兄ちゃんが全部悪いかんね」

真美「…一つだけ教えて…兄ちゃんは真美の事好きなの?」

亜美「ブッ!」

P「もちろん大好きだ。真美の事は大切なアイドルで…それで…」

真美「うん、今はそれだけで十分嬉しいや」

真美(…でもいつか…アイドルとかプロデューサーとか…そういうの抜きで)

真美(こんなことされても…まだ好きだなんて…真美おかしいのかな?)

亜美「それにしてもさっきだけで何回真美真美言ったんだろ」

P「何度でも言う!真美真美真美真美真美真美真美真美真美」

真美「……兄ちゃんちょっときもいよ」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 15:13:26.41 ID:MIopYdwD0
P「あ、あのここに書類置いときます」

小鳥「……」

P「次の予定だけど…」

亜美「……」

P「あ、あのすみません」

あずさ「……」

P「お、旨そうだな」

貴音「……」ズルズル

P「あ、ちょっとそこのペン…」

春香「……」

P「うぅ……」

小鳥(結局罰は…皆がプロデューサーさんを無視する…というものに。訳を話したら皆も納得してくれました)




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 15:16:53.33 ID:MIopYdwD0
真美「全くしょうがないな兄ちゃんは!はい!」

P「あ、ありがとう真美…本当に嬉しい」

小鳥(ただし真美ちゃんを除いて)

美希(こんなの…反則だよ!!)グヌヌ

亜美(ま、ちかたないね。ミキミキ諦めな…)

亜美(亜美もちょっとだけ…ほんのちょっとだけ真美が羨ましいけど)


終わって