1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:11:43.59 ID:6mXiJpB00
ガチャッ 

P「ただいまうおぁ寒っ!?」ゾクゾクッ 

春香「な、なななんで事務所こんなにひひひ冷えてんですかね」ガタガタ 

P「設定温度は……15℃!?」ブルブル 

P「バカじゃねーの?ってかバカじゃねーの!?」ブルブル 

春香「い、いくら外が暑いからって下げ過ぎですよ、これ……」ガタガタ 



毛布「Zzzz」スヤスヤ








3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:13:47.41 ID:6mXiJpB00
P「と、とにかくリモコン探せ、リモコン!」ブルブル 

春香「こ、小鳥さんどこ行ったんでしょうね……」ガタガタ 

P「今日あの人は腹下して休んでるんだよ……だから、犯人がいるはずだ」ブルブル 

P「夏場に入ると生ものは傷みやすくなるからな、春香も気をつけるんだぞ」ブルブル 

春香「はい……あっ」 

P「どうした?見つかったか?」 

春香「あれ……」スッ 



毛布「Zzzz」スヤスヤ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:16:03.01 ID:6mXiJpB00
P「………」 

春香「………」 

毛布「Zzzz」スヤスヤ 


ガバッ 


美希「っ!?……さ、寒いの……」ガタガタ 

P「じ、自分で温度設定しておいて、毛布を被るとは……!」ワナワナ 

美希「むぅ……それ取っちゃやぁっ!」ガシッ 

P「だったらリモコン出せやコラァ!」グイッ 

春香「あ!ありましたよ、プロデューサーさん!」ヒョイ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:18:17.16 ID:6mXiJpB00
P「ナイス春香!それをこっちに渡すんだ!!」 

春香「はい、プロデューサーさっ」ガッ 

春香「わわっ、わっ、わっ………あっ」ビュンッ 

P「えっ」 


ガンッ 

プスン 


美希「……エアコンが止まったの」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:20:19.12 ID:6mXiJpB00
P「投げる方向全然違うだろ~、春香……」スタスタ 

春香「ご、ごめんなさいプロデューサーさん!」 

ヒョイ 

P「さて、温度設定を………あれ?」カチカチ 

春香「?……どうしました?」 

P「……ウンともスンとも言わねぇ……」カチカチ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:22:28.72 ID:6mXiJpB00
春香「こ、壊れちゃったんですか!?」 

P「……ま、まぁ、リモコンが壊れても、本体の方を操作すれば動くだろ」スタスタ 

美希「リモコン、エアコンに直撃したの」 

P「……いやいや、まさかそんな事で壊れたりするはず……」カチャカチャ 



P「………」カチャカチャ 

春香「………」 

美希「……動かないの」 

P「……やっべぇ」タラリ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:25:29.68 ID:6mXiJpB00
~翌日~ 

ゴロゴロゴロ…… 


P「……律子ぉ、今日の天気予報は~?」パタパタ 

律子「連日の記録的な長雨により湿度は70%以上……」 

律子「気温は30℃を超える真夏日になり、午後から天気が崩れ出すでしょう」 

美希「律子、さん……何で、こんなに事務所暑いの……」パタパタ 

律子「あんたらが昨日エアコンブッ壊したからです」 

春香「うぅっ……ほ、本当にごめんなさい……」パタパタ 

P「とはいえ、流石に無風はしんどいな……あっ!」パタパタ 

春香「……どうかしたんですか、プロデューサーさん?」 

P「確か備品に扇風機があったはずだ!あれを使おう!」スタスタ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:28:02.19 ID:6mXiJpB00
ブウウウウウウン 

美希「……風が温いの」 

P「……嫌なら扇風機の前からどいてくれないか」 

美希「どうしてそんなひどいこと言うの、ハニー?」 

P「首振り式なんだよこれは!広範囲に風が来るように出来てるんだよ!」ガキョッ 

ブウウウウウウン 

春香「あっ、涼しい~……生き返った気分です」ソヨソヨ 

美希「………」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:30:34.64 ID:6mXiJpB00
ガキョッ 

P「あっこら!美希!」ガキョッ 

美希「むー!」ガキョッ 

春香「ちょっ!わ、私にも風を当ててくださいよ!!」ガシッ 

美希「離すのー!」ガシッ 


ボキッ 

プラーン 


P「あっ……あぁぁぁぁ………」ガックリ 

美希「……また春香が壊したの」 

春香「……わ、わざとじゃないのに……」シクシク 

律子「………」イライラ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:33:09.17 ID:6mXiJpB00
ゴロゴロゴロ…… 


春香「途端に暗くなってきましたね……」パタパタ 

美希「……さっきよりもっと暑くなってきた気がする」パタパタ 

P「ふっふっふ……こうなれば、昔ながらの納涼法をやるまでだ」チャプチャプ 

春香「バケツに水汲んで来て、どうするんです?」 

P「こうして水に両足を突っ込むことで、足の先端から涼しさを感じるのさ」ピッチャピッチャ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:36:13.41 ID:6mXiJpB00
美希「……温いの」 

P「無いよりマシだろ……考えるな、感じるんだ」 

春香「流石プロデューサーさん!早速私もやってみますね!」チャプチャプ 

P「!……ま、待て春香!お前が水汲んできたら、絶対こぼs」ガタッ 

ガッ 

P「あっ……し、しまっ」 


バシャーン 

カランカラン…… 


美希「……水浸しなの」 

律子「……プロデューサー」イライライライラ 

P「……すんません、すぐ片づけます」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:38:47.88 ID:6mXiJpB00
春香「…」パタパタ 

美希「…」パタパタ 

律子「…」 

P「(……とうとう誰も喋らなくなった……が、蒸し暑い事に変わりはない)」パタパタ 


プーーーーーーーー……ン 


美希「!」 

パシン 

春香「痛っ!……な、何するの!?」 

美希「蚊」 

春香「……はい?」 

美希「蚊がいたから」 

春香「………」イラッ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:42:19.59 ID:6mXiJpB00
プーーーーーーーー……ン 


バシッ 

美希「いたっ!」 

春香「ごめんなさい。蚊、飛んでたから」 

美希「………」イラッ 

P「お、おい、お前ら、もうそこまでにして――」 

バシーン 

P「ぶへっ!」 

ベシーン 

P「べほまっ!?」 

春香・美希「「蚊」」 

P「………」ヒリヒリ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:45:57.72 ID:6mXiJpB00
プーーーーーーーー……ン 


P「………」ギリッ 

ピトッ 

P「……今だっ!!」 


パン 


律子「………」ヒリヒリ 

P「ホラ見て!蚊をやっつけたよ律子姉ちゃん!(裏声)」 


ドゴォ 


春香「……グーパン……」 

美希「……みぞおちに入ったの」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:49:21.40 ID:6mXiJpB00
ザァー…… 


春香「雨まで降ってきましたね……」パタパタパタパタ 

美希「ジメジメしてて最高に蒸し暑いの……」パタパタパタパタ 

P「……もう我慢の限界だっ!」ガタタッ 

春香「!?」 

P「俺は、脱ぐ!」ヌギッ 

美希「ヘンタイさん!?」 

P「何言ってんだ、男が上脱いだってどうって事ないだろ」ヌギヌギ 

P「あ、お前らはダメだからな。周りの目というものがあるからな」キリッ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:52:45.79 ID:6mXiJpB00
春香「そ、そんな!プロデューサーさんだけずるいです!!」 

美希「ミキも脱がせてよ~!!」 

P「ダメだ!これは男だけの特権だ!」 

春香「って言うか周囲の目って、男はプロデューサーさんしかいないじゃないですか!」 

美希「ハニーがずーっと目をつぶってればいいの!」 

P「それじゃ仕事ができんだろうが!」カチャカチャ 

春香「何ナチュラルにベルトまで外そうとしてるんですかっ!?」 

ワーワー ギャーギャー 


プチン 


律子「うるさぁぁぁぁぁぁぁぁぁいっ!!!」バンッ 

P「」ビクッ 

春香「」ビクッ 

美希「」ビクッ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:56:16.81 ID:6mXiJpB00
律子「私はエアコンも欲しがらず!扇風機にも当たらず!」 

律子「水にも浸からないで!ずっとずっと!今の今までガマンしてきたのに!!」 

律子「あんた達は遊んでばっかで喧嘩ばっかり!」 

律子「物は壊すわバケツはひっくり返すわ!!」 

律子「一体誰のおかげで!こんなクソ暑い中!」 

律子「私が仕事しなきゃなんないと!思ってんですかっ!!」バンッ 

P「…」シュン 

春香「…」シュン 

美希「…」シュン


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:59:57.76 ID:6mXiJpB00
律子「……もういい、もういいわ!」 

律子「ええそうよ、脱ぎたきゃ脱げばいい!私だって今すぐ脱ぎたい!!」 

P「えっ」 

律子「こんなスーツジャケット着て真面目に仕事してる私の方がバカなんだから!そうなんでしょ!!」ヌギヌギ 

P「た、大変だ!律子が暑さに頭をやられた!!」 

春香「おおお落ち着いてください律子さんっ!」 

美希「み、ミキが悪かったのぉ!」 


ピシャーン!! 

フッ


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:03:19.24 ID:6mXiJpB00
「げっ、停電かよ……!?」 

「何も見えないの」 

「そんな……まだ、保存してなかったのに……」ガックリ 

「プロデューサーさん、懐中電灯見つけました!」 

「でかした春香、早速付けてくれ」 



カチッ 

春香「……こんばんは、稲○淳二です」ボゥッ 

P「そういうの、いいから」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:06:54.43 ID:6mXiJpB00
ザァー……… 


P「ブレーカーが落ちた訳じゃないから、しばらくかかるなこりゃ」 

律子「はぁ……もうどうでも良くなっちゃった」 

美希「……周りが真っ暗闇で、何かいそうな雰囲気なの」 

春香「ち、ちょっとやめてよ美希!」ビクビク 

P「自分からネタ振っといてそれかよ……そうだな、それも納涼と言えば納涼だが」 

美希「……怖い話で、涼しくなる?」 

律子「な、なる訳ないじゃないの」 

P「……これはリーマンの知り合いから聞いた話なんだけど」ニヤッ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:11:03.64 ID:6mXiJpB00
P「友達から『ワンピースを着た少女の怪談を聞いて以来、変な事が起きる』って奴がいてね」 

律子「ち、ちょっと、勝手に始めないでくださいよ」 

美希「律子、さん……黙って」 

P「最初は冗談だと思って、皆相手にしなかったんだが……」 

P「ある日、友達の一人の家にそいつから電話がかかってきてな」 

P「『今、窓の外にワンピースの少女が』って一言、そう言って切れちまったんだそうだ」 

春香「……そ、それで?」ゴクッ 

P「気になった友達が、そいつの下宿先を尋ねたら……」 

P「人が一人入れる穴が出来てて、その中で腹部をシャベルに貫かれて死んでたんだと」 

美希「………うわぁ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:14:27.72 ID:6mXiJpB00
ザァー……… 


律子「ふ、ふーん……まぁ、小説によくある猟奇的な殺人事件ね」 

P「いやぁ、この話には続きがあってな」 

春香「つ、続き……?」 

P「この話を聞いた奴、喋った奴、全員……」 

P「三日以内に『ワンピースの少女』を見てるんだよ」 


ピシャーン……ゴロゴロゴロ……… 


P「だから、お前らも気をつけようなって話」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:18:08.86 ID:6mXiJpB00
春香「そ、その知り合いの人は、どうなったんです……?」 

P「この話をした数日後、南シナ海に散ったよ。いい奴だったのになぁ」シミジミ 

美希「………」 

律子「ちょっと美希、何黙ってるのよ……」 



カツーン………  カツーン……… 



美希「……誰か、来てるの」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:22:07.72 ID:6mXiJpB00
春香「………マジですか?」 

P「うーん、ホントに出たらシャレにならんな」 

律子「えっ………」 


カツーン………  カツーン……… 


美希「近づいてきてるの……!」 

春香「ぷ、ぷぷプロデューサーさんが、あんな話するからっ……!」ビクビク 

律子「ほほほホントに出たらどうするつもりなんですかっ!?」ビクビク 

P「……とりあえず、すまん」 

律子「あ、謝らないでくださいよ!!」ビクビク


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:25:33.71 ID:6mXiJpB00
ガチャッ バタン 

ポタッポタッ…… ドサッ……… 


春香「な、何?……これ何の音?えっ……?」ビクビク 

P「……事務所に入ってきたな」 

美希「律子、さん……人間は人間が多分、一番怖いんだって思うな……」 

律子「ななな何で今それを私に言うのよ……!!」ビクビク 


「……誰か、いるんですか……?」スタスタ 


春香「こ、こっちに来ますよ……!」ビクビク 

P「そりゃそうだろ。暗闇の中、懐中電灯付けてんだし」 

美希「場所を知らせてるようなものなの」 

律子「け、消しなさい今すぐっ!……い、いや、消さないで!!」ビクビク 


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:29:52.75 ID:6mXiJpB00
「?律子さん……?」 


P「……ご指名だぞ、律子」 

律子「い、嫌です!絶対嫌ですからねっ!!」ビクビク 

美希「懐中電灯あげるから、頑張るの!」 

春香「律子さんの尊い犠牲は無駄にはしません……!」 

律子「こ、来なっ……来ないでぇぇぇぇぇぇっ!!」ヒシッ 


パッ 


P「お、復帰したか」 

雪歩「……な、何なんですか、一体……?」ビクビク


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:33:06.44 ID:6mXiJpB00
春香「なぁんだ、雪歩だったのね……もぉ、びっくりさせないでよ~」 

雪歩「え、えぇ?……わ、私、何もしてないのに……」 

P「そこの大仰な荷物は何だ?」 

雪歩「あ、それはですね……」 

律子「わ、ワンピースの少女って……雪歩だったの……!?」ビクビク 

雪歩「えっ?」 

律子「ひぃぃぃい!こ、殺さないでぇ!まだ死にたくないっ!!」ギュウウウ 

P「大変だー、また律子が暑さに頭をやられたー」パタパタ 

春香「落ち着いてくださーい律子さーん」パタパタ 

美希「ミキが悪かったのー」パタパタ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:36:40.26 ID:6mXiJpB00
P「魔法ビン……それもこんな大量に?」 

雪歩「家の方で麦茶、作り過ぎちゃって……良かったら、どうぞ」 

春香「麦茶っ!?」ガバッ 


トクトクトクトク………グビッ 


春香「キンキンに冷えてる~……しゃ~わせ~……」サワヤカー 

P「……お、俺にもくれ!」 

美希「ミキにも~!」 



律子「……雪歩が麦茶の量産体制に入っただけだったのね……」ホッ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:40:05.87 ID:6mXiJpB00
P「よーし、丁度いい時間だな……」 

P「春香、美希、雪歩!生放送の歌番に出る準備は出来てるな!」 

春香「麦茶の力で元気バリバリですよ!!」 

美希「麦茶は世界を救うの!」 

雪歩「えっ……あ、む、麦茶ーっ」 

P「よし……律子!」 

律子「はい?」 

P「そろそろ、腕を離してくれないか?」 





律子「え………あっ」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:44:30.79 ID:6mXiJpB00
P「それじゃ、行ってくる!留守番よろしくな、律子」 

ガチャ バタン 


律子「…」 


トクトクトクトク……ゴクゴク 


律子「…」サワヤカー 

律子「…」 

律子「…」 

律子「………は、恥ずかし過ぎて死にたい………」カァァ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:49:30.41 ID:6mXiJpB00
高木「!……お、おい、君!」 

P「はい、何でしょう社長」 

高木「一体どこへ行こうと言うのだね」 

P「これから春香達を連れてTV局まで行こうかと」 

高木「!?……ダメだ、外に出てはいかん!」 

P「ど、どうしてですか?雨が降ってるからですか?」 

高木「雨は関係ない!」 

P「そ、それじゃ、何故……!?」 

高木「分からんのかね!?」 



高木「服を着たまえ!服を!!」 

P「!?」 



おわり