1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 00:54:22.48 ID:8klkwbKg0
美希「みんなー!星井美希だよー!今日からこの時間はミキがジャックしちゃうの!」

美希「冠番組だから、ミキもやる気満々ってカンジ!いっぱいいっぱい頑張っちゃうの☆」

美希「それじゃあ番組の説明をするね!この番組は……え?なになに?」

美希「………えーっ!?やる気出しすぎだからカット!?」

美希「ゆるさを前面に押し出す番組だから、もっとゆるゆるでいきたい……?そんなのってないの……」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 00:58:19.64 ID:8klkwbKg0
【TAKE 2】


美希「あふぅ。星井美希だよ。今日からよろしくねー。早速だけど、番組の趣旨を説明するね」

美希「芸能人の友達を増やすために、ゲストの人とデートして、テキトーにブラついたりゲームをやったりして遊ぶ番組なの」

美希「時々スタッフの人がお題を出したりするけど、それは番組だから仕方ないの」

美希「それじゃあ第一回のゲストは、この人なのー!」

千早「みなさんこんばんは。如月千早です」







9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:02:40.45 ID:8klkwbKg0
美希「千早さん、堅いよー?もっとゆるゆるでいくの!」

千早「そ、そうかしら?注意しないと……。ところで美希、まずはどこに向かえばいいの?」

美希「んー…とりあえずご飯でも食べに行こ?ミキ、おなか空いちゃったの」

千早「完全にノープランなのね……」

美希「それじゃあレッツゴーなのー!」


美希「……えっ!?こっちのやる気ないノリでOKなの!?」

千早「変な番組ね……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:07:05.92 ID:8klkwbKg0
美希「やっぱり女の子同士ならスイーツフォレストだよね~♪千早さんはすきなスイーツとかある?」

千早「ケーキとかチョコレートとか、人並みに好きよ。ウェイト管理があるから気を付けないといけないけれど」

美希「そうなの?ミキは食べてもあんまり太らないよー」

千早「春香が聞いたら悔しがりそうね」

美希「それじゃあお店に……あ、早速お題なの!えーっと……」

美希「『一人で20分間過ごして、何人に気付いてもらうかを競う』?」

千早「やはり、芸能人の通るべき道なのかしら」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:11:48.68 ID:8klkwbKg0
美希「アイドルオーラで勝負ってワケだね!ミキ、負けないよ?」

千早「ふふっ、私も負けないわよ」

美希「順番はじゃんけんで決めるの!じゃんけん……」

美希・千早「ぽんっ!」

美希「む~……負けちゃったの……」

千早「それじゃあ私が先に行くわね」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:15:33.40 ID:8klkwbKg0
千早「…と言っても……どう過ごせばいいのかしら…」

千早「美希と一緒の昼食を楽しみたかったのだけれど……あ、すみません!カプチーノを一つお願いします」

3分経過

千早「…ふぅ……」

女子高生「あの…すみません。如月千早さんですか?」

千早「え?ええ、そうですけど」

女子高生「あ、あのっ!サインと写メをお願いします!!」

千早「はい、わかりました」ニコッ




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:19:31.36 ID:8klkwbKg0
美希「むー…千早さん、もう一人目ゲットしてるの……」

美希「ミキだって負けないもん!オーラを消しながら気付かせるのは難しいけど……」

美希「あっ、もう二人…えっ?三人?スタッフさん、あの場合カウントはどうなるの?」

美希「ふーん…一組でカウントするから、まだ二人目ってことだね」

美希「それならミキ、きっと負けないよ」ニヤッ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:24:17.97 ID:8klkwbKg0
美希「千早さん!お疲れ様なのー!」

千早「気付いてくれたのは五組…まあ、妥当なところかしら」

美希「ミキ、負けないよ?千早さんはソンケーしてるけど、ライバルでもあるの!」

千早「…ええ。私も美希の実力はすごいと思う。でも、高みを目指すために勝たせてもらうわ」

美希「それでこそ千早さんなの!じゃあ行ってくるね!」

千早「ええ。頑張って!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:27:36.94 ID:8klkwbKg0
美希「えっと、いちごババロアとキャラメルマキアートくださいなの!」

美希「うーん、結構混んでるねー。これなら結構気付かれるんじゃないかな?」

5分経過

美希「まずいの…千早さんよりペース遅いかも……」

オタクA「フヒィwwwみ、みみみ美希ちゃんですよね!?」

美希「うん、ミキだよー?」ニコッ

オタクB「ヌポォwwwこ、ここにサインを所望するでござるwwwwww」

美希「はいなのー!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:30:17.22 ID:8klkwbKg0
千早「な、なかなか個性的な人たちね……」

千早「…いちごババロア…おいしそう……」

千早「はっ!?そ、そうじゃなくて……あ、二人目……」

千早「続けて三人目!?流石美希ね……」

千早「ふふっ…少し、楽しいかも……」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:32:00.26 ID:8klkwbKg0
千早「お疲れ様、美希」

美希「あふぅ。ちょっと疲れたのー」

千早「何はともあれ、これで勝負は決まったわね」

美希「うん!ミキに気付いてくれた人は、>>27人なの!」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:33:49.79 ID:4RLmvi/T0
7.2人



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:33:58.02 ID:9DutmWhG0
72



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:34:21.64 ID:cbBeGxBsi
2



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:38:33.37 ID:8klkwbKg0
美希「……二人なの………」

千早「えっ?だってさっき車から見てたけど、もっと多くの人が来てたはずじゃ……」

美希「最初の二組目から先は、道を聞きたい人ばっかりだったの……」

千早「何と言うか……お疲れ様……」

美希「むー…不本意なの……。でももういいや!千早さんの勝ち!はい、次行こ!」

千早「次はどこに行くのかしら?」

美希「うーん……じゃあゲームセンター!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:44:01.31 ID:8klkwbKg0
美希「というわけで来てみたのー!」

千早「ゲームセンター…始めて来たわね」

美希「そうなの?この太鼓の達人なんか面白いよー?」

千早「美希がそう言うなら、少しやってみましょうか」

美希「うんっ!それじゃあお金を入れて……」

千早「あ、私たちの曲もあるのね」

美希「そうだよー。ミキと千早さんだし、やっぱり『relations』だよね!」

千早「うまく出来るかしら……」




35 :>>34 大正解なの 2012/05/28(月) 01:49:06.61 ID:8klkwbKg0
カカカカッ

『フルコンボだドン!』

美希「やったやったやったあ!!」

『72コンボ』

千早「…くっ……72が悪いと言うの……」

美希「はじめてなら上出来だと思うな!ミキも最初はそんなに出来なかったし!」

千早「そうね…数字はただの偶然…偶然よ……」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:52:00.14 ID:8klkwbKg0
美希「あっ!千早さん千早さん!」

千早「どうしたの?」

美希「一緒にプリクラ撮ろう!ラクガキとかできるし楽しいんだよ?」

千早「そうね、初めてゲームセンターに来た記念に。それと美希との思い出に、ね?」

美希「千早さん…!」ウルウル

千早「あ、ここでお題みたいね」

美希「むー…感動のシーンが台無しなの!それでお題はー……」

千早「……キスプリ…?」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:58:00.17 ID:8klkwbKg0
美希「えーっ!?スタッフさん!ホントにやるのー!?」

千早「美希、キスプリって何?」

美希「き、キスプリって言うのはぁ…プリクラで写真を撮る瞬間にキスするやつのことなの……」カァァッ

千早「えっ……ええぇぇぇえええぇっ!?」カァァッ

美希「…ま、まあ…フリだけすれば大丈夫だよね?」

千早「そ、そうね。ゆるい番組なのだから、別にそこまでしなくても……」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:01:44.29 ID:8klkwbKg0
美希「そ、それじゃあ撮るのー!」

千早「…緊張するわね…どんな顔をすればいいのかしら……」

『3』

美希「大丈夫大丈夫♪」

『2』

千早「…………」ゴクリ

『1』

美希「……あはっ☆」

チュッ

パシャッ!




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:05:07.08 ID:8klkwbKg0
千早「み、美希!?今、本当に……!!」

美希「ほっぺだから大丈夫なの☆少しは視聴者サービスもしなきゃ、でしょっ?」

千早「も、もう……」カァァッ

美希「…えへへ……♪」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:09:10.40 ID:8klkwbKg0
美希「カラオケに来たのー!」

千早「きっと編集されたのね、ええ」

美希「カラオケってことで、わかりやすいお題が出てるの!」

千早「『点数で勝負せよ!』ね」

美希「こんなの、明らかに美希が不利だって思うな」

千早「そう?私は美希の歌唱力を評価しているのだけど」

美希「嬉しいけど、まだまだ千早さんのレベルには追い付けてないってカンジ……」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:14:54.07 ID:8klkwbKg0
千早「それで、どっちが先に?」

美希「さっきは千早さんが先だったから、今度はミキがさきにやるの!」

千早「ええ、どうぞ」ニコッ

美希「むーっ!なんだか余裕を感じるの!ミキがその笑いを無くしてあげるんだから!」

千早「本当に楽しみ…。それで曲は?」

美希「もちろん!『マリオネットの心』なのー!!」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:20:25.99 ID:8klkwbKg0
─ねぇ 消えてしまっても探してくれますか?─

千早「(美希…本気で勝ちに来てるわね……)」

─ZUKI ZUKI ZUKI 痛い─
─DOKI DOKI DOKI 鼓動が身体伝わる─

千早「(この表現力…本当にすごい。初めて『relations』を一緒に歌った時と、比べ物にならないぐらいに成長してる……)」

─私マリオネット─
─貴方と離れてしまうと もう踊れない─

千早「(才能だけじゃない。才能のある人が、努力して初めて辿り着ける領域……)」


─ほらね 糸が解れそうになる─
─心がこわれそうだよ…─

千早「(美希…いい勝負にしましょう)」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:25:50.11 ID:8klkwbKg0
千早「お疲れ様、美希」

美希「あはは…本気出し過ぎてもうヘトヘトなの……」

千早「採点結果はスタッフしか知らないから、お楽しみは全部終わった後ね」

美希「一気に発表するの?わくわくするね!」

千早「次は私も、本気で行くわ」

美希「へぇ…どの曲で行くの?」

千早「『約束』」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:29:22.55 ID:8klkwbKg0
─ねえ今 見つめているよ 離れていても─

美希「(歌いだしからこのプレッシャー…やっぱりすごいね、千早さんは)」

─もう涙を拭って微笑って─
一人じゃない どんな時だって─

美希「(でも、ミキだって負けてないよ?千早さんと本気で勝負できる機会なんてめったにないから、さっきは本気出したの)」

─歩こう 果てない道 歌おう 天を越えて─

美希「(…でも、あの声量だけはマネできないって思うな)」

─思いが届くように─
─約束しよう 前を向くこと─
─Thank you for smile─

美希「(あはは…やっぱり千早さんはすごいの!)」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:32:58.85 ID:8klkwbKg0
美希「すごい…すごいよ千早さん!ミキ、ちょっと感動しちゃったの!」

千早「ありがとう、美希。でも、美希の表現力もすごかったわ。あまり自身がないもの……」

美希「ミキも本気だからね!まあ結果を見ればわかることなの!」

千早「ええ…そうね!」

美希「スタッフさーん!採点結果をお願いしますなのー!」


美希>>54点
千早>>57点




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:34:42.03 ID:Yj6gsnKX0
kskst



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:35:37.14 ID:M3v8+rJ60
72なんて野暮なことはしないぜ




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:35:42.01 ID:iqjgmoz00
39



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:36:03.73 ID:Mkf3r4ij0
72



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:36:14.19 ID:HrotbiQj0
72点



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:36:16.81 ID:iqjgmoz00
72!



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:40:31.24 ID:8klkwbKg0
美希「さ、さんじゅうきゅう…点…?本気の本気だったのに…?」ズーン

千早「72点……勝負には勝っても喜べないわ…色々と……」ズーン

美希「み、ミキ…頑張ったよね?キラキラしてたよね?」

千早「ええ…この判定がおかしいのよ……」

美希「うん…こんなのってないと思うな………」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:43:55.22 ID:8klkwbKg0
美希「ミキ、二回とも負けちゃったの。やっぱり千早さんはすごいよ!」

千早「たまたま運が良かっただけよ。私と美希のレベルはほとんど同じだもの」

美希「ありがとう、千早さん!それで、ミキに勝った商品だけど……」

千早「ええ」

美希「無いの!!」

千早「えっ?」

美希「ゆるい番組だし、商品も罰ゲームも無しなの!」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:47:55.91 ID:8klkwbKg0
千早「そ、そういえばそうだったわね。カラオケが本気過ぎて忘れてたわ……」

美希「美希もマジモードになっちゃってたけど、基本はこういうゆるい番組だからねー」

ピピピピピ

美希「あ、タイムアップなのー!」


千早「もうそんな時間なのね。何はともあれお疲れ様、美希。今日は楽しかったわ」

美希「美希もー!千早さん!またデートしようね!」

千早「ふふっ…私でよければ、ね」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:52:10.53 ID:8klkwbKg0
【スタジオ】

美希「はーい。VTR終了なのー!」

美希「どうだった?初めてだったけど、なかなかうまくやれてたよね?」

美希「千早さんも満足してくれたみたいだし、ミキ的には合格点だって思うな!」

美希「あ、そうそう!この番組の最後には、デート相手から来たメールを読むのが定番なの!まだ一回目だけど!」

美希「それじゃあ、千早さんからのメールをオープンなのー☆」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 02:57:09.85 ID:8klkwbKg0
From:千早さん
Title:お疲れ様


美希。今日はお疲れ様
あまり誰かと出かけることのない私にとっては、どれも新鮮だったわ

仕事のはずなのに、まるでプライベートのようで…新しい私が見えたような気がする

カラオケの結果はお互い残念だったけど、次は違う機種でまた勝負しましょう

それじゃあ、また明日。事務所で




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 03:03:23.70 ID:8klkwbKg0
美希「千早さーん…メールも堅いのー!ホントマジメだねー……」

美希「でも、ミキ的にはそんな千早さんが大好きだし、ソンケーしてるの!」

美希「今回は千早さんのいつもと違うところが見れて、すっごく嬉しかったよ!」

美希「それじゃあ今回の放送はここまで……なんだけど、その前にプレゼントのお知らせなのー!

美希「視聴者3名様に、ミキと千早さんのキスプリをプレゼントしちゃうの☆」

美希「住所氏名電話番号を書いて、ご覧のあて先まで送ってねー!」

美希「それじゃあまた次回なの……あふぅ」




おわり☆



次⇛美希「星井美希の、正直眠いの。なの!」