1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 00:48:11.14 ID:Yh2S29a2O
やよい「えっ!?」

P「かわいい、『やよい』この三文字を見ただけで、かわいい」

やよい「えっ…あの…」

P「はぁ可愛い、うっうーマジ天使、やよいが言ってるから可愛いんだからな」

やよい「うぅ、あれ……あぅ…///」

P「可愛い可愛い言われて訳が分からないやよい可愛い!」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 00:51:21.40 ID:NtkcJzD+0
俺「やよいかわいい」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 01:05:50.23 ID:Yh2S29a2O
P「やよい可愛いよやよい」

やよい「えっと……ありがとうございます……?」

P「流石アイドルだなやよいは、可愛い」

やよい「その……言い過ぎです…///」

P「言い過ぎなもんか、やよいはまだ言い足りないくらい可愛いからな」

やよい「うぅ…」オロオロ







24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 03:20:09.73 ID:IA8ShsD00

やよい「うっう~♪」

P「かわいい」

やよい「えっ?」

P「いや、なんでもないよ。気にしないでくれ」

やよい「……?」

P「それより随分上機嫌だな、何かいいことでもあったのか?」

やよい「はいっ! 今日は近所のスーパーの特売日なんですーっ!」

P「そうかそうか! やよいは仕事だけじゃなくて、家計のことも考えられるエライ子だな!」

やよい「えへへ……お父さんもお母さんも忙しいから、ちょっとでも私がお手伝いできたらなーって」

P「まるで天使だ……よし! それなら今日は俺も買い物に付き合うぞ!」

やよい「えっ! プロデューサー、それホントですかーっ!?」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 03:32:11.14 ID:IA8ShsD00

やよい「で、でも……プロデューサーもまだまだお仕事いっぱいあるのに」

P「なぁにこれくらい、大した量じゃないさ。緊急でもないから明日に回したっていい」

やよい「うう……や、やっぱり今日はエンリョしますー!」

P「やよい、気にしなくたっていいんだぞ? そうだな……じゃあこう考えてくれ」

P「これは、いつも一生懸命頑張ってるやよいへのご褒美なんだ、ってな」

やよい「ゴホウビですかーっ?」

P「そうだ。毎日レッスンや営業、ライブなんかで疲れてるはずなのに、その上弟たちのお世話までして……」

やよい「で、でも! 私、それくらいへっちゃらですよー! まだまだ頑張れますっ!」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 03:42:03.58 ID:IA8ShsD00

P「そうは言ってもな、体の疲れってのは知らないうちに溜まっているもんだ」

P「プロデューサーとしては、やよいに倒れられるわけにはいかないんだよ」

やよい「……」

P「な? だからさ、今日くらいはやよいの手伝いをさせてくれ」

やよい「うう……ホントのホントに、いいんですか?」

P「もちろんだとも。まぁ買い物の手伝いくらいじゃ、やよいの力になんてなれないだろうけど……」

やよい「そ、そんなことないですーっ! 前お買い物に付き合ってくれたときだって、すっごい助かりましたー!」

P「そうか……そう言ってもらえると嬉しいよ。やよいの為に尽くせるのなら、それに勝る喜びはない」

やよい「はわわ! そ、そんなに言わなくても……えへへ、照れちゃいます……」

P(やよいが両手をほっぺに当ててモジモジしている。マジかわいい)

やよい「そ、それじゃあ! 今日は、お願いしまっすっ!」

P「ああ!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 03:52:13.42 ID:IA8ShsD00

P(そんなこんなで、俺たちはやよいお気に入りのスーパーにやってきたのだ)

P「やよい、今日は何を買うんだ?」

やよい「いっぱいありますよーっ!」

やよい「コウゾウのおむつに、お米に、小麦粉に……、それにもちろんもやしも! あとあと……あれとこれと」

P「……やよい、それ全部ひとりで買うつもりだったのか?」

やよい「はいっ! ちょっとだけタイヘンですけど……でも、こーいうときに買い溜めしとかなきゃっ!」

P(無理言ってでもついてよかった。頑張るやよいマジ健気)

やよい「あ、もうすぐ半額シールのおじさんが出てきますっ! プロデューサー、頑張りましょーう!」

P「あ、ああ!! 特売は戦争だからな!」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:03:10.20 ID:IA8ShsD00

…………

P(数十分後……)

P(やよいと同じ目的で現れた主婦たちを押しのけ、俺たちは特売品をたんまりゲットすることができた)

やよい「うっうー! 上手にお買い物、いっぱい出来ましたーっ!」ピョン

P「ああ! やったな、やよい!」

やよい「プロデューサーのおかげですーっ!」

P「いやなに、これくらい大したことないさ。やよいの為ならあと三回は続けて買い物できるぞ!」

やよい「はわっ! ぷ、プロデューサー、やっぱりスゴイかもー!」

P「ははは……」

P(正直、運動不足の俺には多少しんどかった……特売狙いの主婦恐るべし)




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:08:38.32 ID:IA8ShsD00

やよい「プロデューサー? あの、その……えっと、その」

P「ん? どうした、やよいにしては珍しくゴニョゴニョしてるじゃないか」

やよい「しょ、勝利を記念して! アレしましょーうっ!」スッ

P(……ああ、あれか。そういえば最近はしてなかったな……手をピーンとしてるやよいマジ可愛い)

やよい「……プロデューサー?」

P「……あ、す、すまん! そうだな!」スッ

やよい「えへへ……ハイ、ターッチ!」

P「ターッチ!」

パチンッ!

やよい「いえーい! えへへ……」モジモジ

P(かわいい)




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:22:20.81 ID:IA8ShsD00

やよい「それじゃあプロデューサー! 今日はお買い物手伝ってくれて、ありがとうございました!」ガルーン

P「お安い御用さ。またいつでも言ってくれ」

やよい「はわわっ! そんなの悪いですーっ! 今日だけですから!」

P「……」

P(なんだか、今日のやよいはいつも以上に謙虚だな。何かあったんだろうか……)

やよい「そ、それじゃあ……今日は私、もう帰りますね!」

P「あ、ああ。また来週、事務所でな!」

やよい「……はい! さようならーっ!」

テクテク

コロコロ……ガタッ

やよい「んしょ、んしょ……ふう、ふう……」グイグイ

P「……」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:29:12.77 ID:IA8ShsD00

ガシッ

やよい「はわ! カバンが取られちゃったーっ! ……って、プロデューサー!?」

P「……やよい、やっぱり家まで送っていくよ」

やよい「そ、そんなのダメですーっ!」

P「そんな大荷物じゃ大変だろ? このカバン、持たせてくれ」

やよい「で、でも……、これスーツケースだから大丈夫ですよー? 重くないですっ!」

P「そんなこと言うけどな、今だって段差でひーひー言ってたじゃないか」

やよい「うぅ……それは……」

P「それに、担当アイドルに……いや、女性に夜一人で歩かせるなんて紳士のすることじゃない」

やよい「……じょ、女性ですか?」

P「ああ。やよいは立派な女性だよ」

やよい「……」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:35:51.26 ID:IA8ShsD00

やよい「ううー……」カァァ

P(やよいが、真っ赤になった顔を両手で隠してしまった)

やよい「そ、そんなこと、今まで言われたことないかもー……えへへ」

P「そうか? ファンのみんなはいつだって、『やよいちゃん可愛い!』って言ってくれるじゃないか」

やよい「そうじゃなくて! うぅ……もういーですっ!」プイ

P「……」

P(満面の笑みでそっぽ向くやよいかわいい)

P「……やよい、何か怒らせたなら……すまなかった」

やよい「はわわ! お、怒ってなんかないですー!」アタフタ

P「でも……」

やよい「ご、ゴメンなさい! 私、その……あの……」オロオロ

P(マジ天使)




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:44:27.72 ID:IA8ShsD00

P「……」

やよい「……うう」

P(勘違いさせてしまって困ってるやよいの顔もずっと見ていたいが……ここは)

P「……さ、行くぞ!」テクテク

やよい「えっ! ま、待ってください、プロデューサー!」トコトコ

P「いいからいいから。やよいが怒ってないんだとしたら、この話は終わりだ。さっさと家まで行こう」

やよい「……は、はい! ……ありがとう、ございます……――ぃちゃん」ボソ

P「ん?」

やよい「はわわっ! な、なんでもないでーっす!」カァァ




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 04:54:20.48 ID:IA8ShsD00

…………

P(ミスターP、一度来た道忘れない。やよいの家、目の前。心を無にしても来れる)

やよい「……着いちゃいました」

P「そうだな」

やよい「あの、今日は何から何まで……本当に助かりましたっ!」

P「いいってことさ、またいつでも言ってくれよ」

やよい「えへへ……プロデューサーは、やっぱり頼りになります! やっぱりプロデューサーは……」

P「ん? お? なんだって?」ワクテカ

P(久々のお兄ちゃん呼びフラグキター!)

やよい「……」

P「……やよい?」

やよい「……た、頼りになるなーって!」

P「……はは、同じこと二回言ってるぞ?」

P(なん……だと……?)




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 05:01:06.35 ID:IA8ShsD00

ガチャリ……

P「ただいま……って言っても、誰もいないんだけどな……ははっ」

P(……結局、あのあと……やよいが家の中まで入っていくのを見届けた俺は、そのまま帰宅してしまった)

P(夕ご飯一緒に食べませんかフラグも、今日は立たなかった……)

シーン……

P(暖かで賑やかな食卓。やよいの笑顔。そして、冷たい俺の部屋)

P「……ははは」

P「お、俺……もしかして……」



P「やよいに嫌われた……?」ズーン




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 05:10:19.27 ID:IA8ShsD00

P(考えてみれば……今日のやよいは、どこか遠慮しがちだった)

P(俺が買い物手伝うって言ったときも、送っていくって言ったときも)

P(たしかに、やよいは生来あまりわがままを言わない子だ。しかし……)


P「……い、いやいや! あの笑顔を思い出してみろよ! いつも通りの天使だったじゃないか!」

やよい『何勘違いしてるんですかー? うっうー! プロデューサーは滑稽ですーっ!』

P「……っ! やめろっ!! やよいはそんなこと言わない!!!」

やよい『ショージキに言っちゃうとー、プロデューサーちょっと慣れ慣れしすぎるかなーって!』

P「や、やめろ……! やめてくれぇ……! ウウウオアアー!!」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 05:15:20.54 ID:i8GKXIfe0
                    ,rへ、/: : : : : : : ハ
     __, へ _,, -=ニニニニ'--<ヽ_:: : : : : : : : : :l
  _/: : /: //: : : : : : : : : : : : : `ヽ\ュ_: : : : : : : :|
/: : : : : : ::「/: : : : : : : : : : : : : 、: : : ::\\」: : : : : : : l\
|: : : : :: : : |/: :/: : : :|: : |: : : : : : : :ll: \: : : : :\: : : :: : : : :
l: : : : : : : /: :/: : : : :|: : |: : : : : : : :|.!: : :|: : : : : ∧ : : : : : : : :
ヽ: : : :: : l: : :|: : : : : |: : |_ノ: : ::`ー|-|-:|、: : : : : :∧ : : : : : :
/: : : : : : || : |: : : :,:-|‐''」L: :--─┘ _::ヽ|」: : : : :!: : : : : : : 
: : : : : : : :|: : レ=--┘_::::::::::::::::,ィ´::::::::lヽ:|: : : : : |: : : : : : :
: : : : : : : :!: : : : | ,ィ´::::::::|ヽ:::::::::::::|::::0::::| 〉: : : : : |: : : : : : :
: : : : : : : :|: : : : |/ |::::::0:::|ノ::::::::::::::: ̄ ̄::::::|: : : : : |: : : : : : :
: : : : : : : :|: : : : l:::::: ̄ ̄:::::::::::, 、:::::::::::::::::::::|: : : : : |: : : : : : :
\: : : : : :l: : : : :|:::            ::::::|: : : : : ト─ァ: : :
 /: : : : : :l: : : : :l      , ---、     /|: : : : : |  /: : : :   何勘違いしてるんですかー? 
/: : : : :: ::∧l: : : :|\      ̄ ̄    / |/: : : :/ /: : : :/       うっうー! プロデューサーは滑稽ですーっ!
: : : : : : :/  ∨: :ヽ  ` - ,,       ,/|  /: :|: :/  |: : : : :ヽ
`ー っ、: \ ∨: ::\   | ` ー ''  .| /: ::/|/    ̄ ̄)/
    /: : ノ  \l\> |       ヽ|/
.   //     _,ィ〒<ノ        >-=、__r--、__ 
        ,イ l: ::||、 __    __  || /:::::/ |`ヽ
     /  l  ヽ:||: `ー---`---'-───||´_/ /
    /    \  |ト、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/j / /
   !       \|| `ー───-----‐//´ /
.   |   |      ||ヽ _______,//_/




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 05:21:16.30 ID:IA8ShsD00

ポタ……ポタ……

P「……は、はは……参ったな、この部屋はいささか静か過ぎるらしい」

P「水道から垂れる水の音が、いやに大きく聞こえる……お、音楽を流さないと!」ポチ

~♪

スピーカー『フレーフレー頑張れ! さあ行こう♪ フレーフレー頑張れ! 最高♪』

P「……キラメキラリ……そうだ、俺のプレイリストは、全てやよいのお気に入りの曲だったんだ……」

~♪

スピーカー『…… 晴れがあーって、雨があって、さぁ虹がデキル♪ ……』

P「……心ーと夢ーで……未来ができれぅ~……」

スピーカー『ミラクルどこ来るまているよりも♪』

ポタ……ポタ……

P(はは……良い歌だなぁ……)




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 05:25:52.48 ID:IA8ShsD00

スピーカー『始めてみましょうホップステップジャンプ♪』

ポタ……ポタ……

P「き、キラメキラリ……ず、っと……チュッ……と……う、うぅうう!」

P「やよい……! やよい、やよい……! うう……あぁああ!」

ポロポロ

P「あああ! やよい、やよいぃい! 嫌わないでくれぇえ!!」


P(その夜、俺は……やよいメドレーを延々と流しながら、大声で泣き続けた)

P(……やよいに、これ以上嫌われたくはない。だから、来週からは……)

P「決めた……やよいと……距離を、置く……!」

P「ちくしょうっ……くそぉ……!」ガンッ




一方その頃、高槻家では

やよい「……」

やよい「なんだか……ね、眠れないかもー……プロデューサー……」ドキドキ




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:12:46.51 ID:IA8ShsD00

~ 翌週、765プロ事務所 ~

ガチャ!

やよい「おはようございまーっす!」

P「……っ」コソコソ

やよい「……あれー?」

キョロキョロ

やよい「あっ! プロデューサー! 見ーっけ♪」

P「……あ、ああ、やよいじゃないか。来てたのか……」

やよい「はいっ! おはようございます!」ガルーン

P「……うん、おはようさん」


P(月曜の朝から見るやよいの笑顔マジ眩しい)

P(しかし……今日からは……)




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:13:29.94 ID:i8GKXIfe0






70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:21:03.26 ID:IA8ShsD00

やよい「えへへー、おとといはありがとうございましたっ!」

P「……」

やよい「いつもよりたくさん買えたから、オカズを一品増やしちゃったんです! チョウスケたちも大喜びでした!」

P「……それは、よかったよ」

やよい「……? プロデューサー?」

P「……」

やよい「なんか、元気ないですか? はわっ! も、もしかして、ビョーキとか……!」

P「そ、そそそんなことないぞ! 元気いっぱいだ、何も心配ないさっ!」

やよい「それなら良かったですーっ! じゃあ今週も、元気いーっぱいに頑張りましょーうっ!」

P「あ、ああ……そうだな」

やよい「~♪ らんたったらんたった♪」

P「……」

P(小刻みにステップを踏んでいる……随分上機嫌みたいだ)

P(嫌いなプロデューサーに対してもこんな笑顔を見せてくれるやよいマジ天使)

P(しかし、この笑顔も……、俺に向けられているものじゃないんだ……!)




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:28:23.21 ID:IA8ShsD00

やよい「プロデューサー、今日の私のお仕事はなんですか?」

P「……今日は仕事は入っていない。だけど、ダンスレッスンに行ってもらうよ」

やよい「はーいっ! 私、ダンスはちょっぴりニガテだから、一生懸命練習します!」

P「ああ……頑張ってくれ」

やよい「……?」

P「そ、それじゃあ……俺は他の子にも指示出さなきゃいけないから、これで……」

やよい「……あ、わ、わかりました!」

P「……」

イソイソ……

やよい「……やっぱり、プロデューサー、ちょっとヘンかもー……?」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:35:35.04 ID:IA8ShsD00

…………

P「ふぅ。みんなへの指示は、こんなもんかな」

やよい「あ、あの! プロデューサー!」

P「……っ! ど、どうした? そろそろ出発しないといけない時間だろ?」

やよい「そーですけどー……きょ、今日は、プロデューサーと一緒に行こうかなーって!」

P「……どうしてだ?」

やよい「……え?」

P「あ、いや……すまん、連絡が行き届いてなかったな」

P「今日のレッスンは、アイドルにお任せモードだ」

やよい「!?」

P「……つまり、俺は付いていかないんだよ」

やよい「え……で、でも……!」

P「さ、行った行った。遅刻したら先生に怒られるぞ」

やよい「……はい」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:42:32.32 ID:IA8ShsD00

トコトコ……

P(心なしか、やよいの足音に元気がないように聞こえる……しかしそれは気のせいだ)

やよい「あ、あの……プロデューサー……」チラ

P「……っ!」

P(聞こえないフリ聞こえないフリだ!)

やよい「……っ! プロデューサぁ……」ウルウル

P「ど、どうしたっ!?」

やよい「や、やっぱり……おとといのこと、怒ってますか?」

P「……怒ってなんかないさ」

やよい「で、でも! プロデューサーも疲れてたのに、お買い物、付き合わせちゃって……!」

P「そんなこと、気にしなくていいって。ほら、わかったら行くんだ」

やよい「……」シュン

P「……がんばってな、……――さん」

やよい「……え?」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:49:02.31 ID:IA8ShsD00

やよい「え、え? ……え!?」

ガチャ

律子「あら? やよい、まだいたの? ダンスレッスン組はもう行ったわよ」

やよい「あ……律子、さん」

律子「今日はみんなで合わせる予定でしょ。遅刻したらみんな困っちゃうんだから、早く行きなさい」

P「……」

やよい「……」チラ

律子「? どうしたの? あ、もしかしてプロデューサーにいじめられた~?」

やよい「!」

律子「なーんてね! あのやよいラブのプロデューサーがそんなことするわけ……」

やよい「そ、そうです! プロデューサーはそんなことしないですっ! い、行ってきまーっす!」タタタ

律子「あ、あら? どうしたのかしら、あの子……?」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 06:56:21.40 ID:IA8ShsD00

律子「……プロデューサー殿? まさか本当にやよいをいじめたりなんて……」

P「ま、まさか! そんなことしないさ……」

律子「あはは、そうですよね~。じゃあ何があったのかしら……心当たり、ある?」

P「さあな……プロデューサーと言えども、アイドルのこと全部把握してるわけじゃないから」

律子「なーんか、いつものプロデューサーらしからぬ言い方ね……まあいいです」

P「……“高槻さん”にだって、事情はある。俺がどう頑張っても、どうしようもないんだ……!」

律子「……え?」

律子(聞き間違えかしら……今この人、やよいのことを……、高槻さん、って……)




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 07:03:47.34 ID:IA8ShsD00

~ ダンスレッスン場 ~

先生「はい、右、右、左左、右左!」

やよい「……ハァッ、ハァッ……!」

タタタン……タタッ

ガタンッ!

やよい「あっ! ……いたたた……!」

伊織「ちょ、ちょっとやよい! 大丈夫? 今すごい音したじゃない」

やよい「伊織ちゃん……ご、ごめんね! いま起きるから……」

ズキッ

やよい「……ううっ」

伊織「これ……完全に痛めてるわね」

やよい「だ、だいじょーぶだよ! これくらい、へっちゃらだから……!」

伊織「バカ言わないの……みんな! 私はやよいを診てるから、続きをやっててちょうだい」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 07:23:01.78 ID:IA8ShsD00

プシュー……

マキマキ、キュッ

伊織「……ふぅ。ま、応急処置はこんなもんね」

やよい「ありがとう、伊織ちゃん……ごめんね」

伊織「いいわよ、これくらいどうってことないわ」

やよい「でもでも、伊織ちゃんも、レッスン途中で抜けちゃったし……」

伊織「あら? やよいは、この私がこれくらいでみんなに置いていかれると思ってるの?」

伊織「私は宇宙一の天才美少女アイドル、水瀬伊織ちゃんよ?」

やよい「そ、そんなことないよ! 伊織ちゃんは私と違って、なんでも上手にできるもん!」

伊織「にひひ♪ まぁ、トーゼンよね! ……でもやよい、『私なんか』とか言うのはやめなさい」

やよい「……」

伊織「……今日は妙にネガティブね、いつものやよいらしくもない。なんかあったわけ?」




86 :あんまり変わらないけど修正 2012/05/28(月) 07:24:59.93 ID:IA8ShsD00
プシュー……

マキマキ、キュッ

伊織「……ふぅ。ま、応急処置はこんなもんね」

やよい「ありがとう、伊織ちゃん……ごめんね」

伊織「いいわよ、これくらいどうってことないわ」

やよい「でもでも、伊織ちゃんも、レッスン途中で抜けちゃったし……」

伊織「あら? やよいは、この私がこれくらいでみんなに置いていかれると思ってるの?」

伊織「私は宇宙一の天才美少女アイドル、水瀬伊織ちゃんよ?」

やよい「そ、そんなことないよ! 伊織ちゃんは私なんかと違って、なんでも上手にできるもん!」

伊織「にひひ♪ まぁ、トーゼンよね! ……でもやよい、『私なんか』とか言うのはやめなさい」

やよい「……」

伊織「……今日は妙にネガティブね、いつものやよいらしくもない。なんかあったわけ?」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 07:32:28.14 ID:IA8ShsD00

やよい「……」

伊織「……ま、言いたくないなら、無理に言わなくてもいいけど」

やよい「……っ!」

ギュッ

伊織「ど、どうしたのよ、急に手なんか掴んで」

やよい「あ……、ごめんね、痛かった?」

伊織「あ、べ、別に痛くはなかったけど……てかアンタ、さっきからごめんね、って言いすぎよ」

やよい「ご、ごめ」

伊織「だーもう! いい加減にしなさい!」

やよい「ひゃうっ」ビクッ

伊織「……そんなに強く握らなくたって、私は逃げないから。大丈夫よ、ゆっくり話してごらんなさい」

やよい「……う、うん」

伊織「……」


やよい「……伊織ちゃんも、私のこと……嫌いになっちゃうのかと、思ったの」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 07:42:49.35 ID:IA8ShsD00

…………

伊織「……なるほどね。プロデューサーが、やよいのことを避けてる、っと」

やよい「うん……さっきもね、私のこと……た、高槻さん、って」

伊織(なーにやってんのかしら、あのアホは)

やよい「やっぱり、私、プロデューサーのこと怒らせちゃったのかもー……うう」

伊織「やよい……少なくとも、それくらいで怒るような奴じゃないとは思う」

やよい「え?」

伊織「怒るはずないわ。だってアイツは、私がいくら無茶言っても怒らないし……」

伊織「こないだついつい蹴っちゃったときなんて、『ありがとう』とか言ってくるくらいのド変態だし……」

伊織「それに他にも……って、はっ!」

やよい「……」ジー

伊織「な、何よその目は……と、とにかく!」

やよい「う、うん」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 07:50:23.16 ID:IA8ShsD00

伊織「やよいは、アイツのトクベツお気に入りなんだから、それくらいで避けたりするはずないわ」

やよい「え、ええーっ!? わ、私、お気に入りですかーっ!?」

伊織「ええ、そうよ♪ ……っていうか、自分で気付いてなかったわけ?」

やよい「だってーっ! プロデューサー、みんなに優しいよ?」

伊織「……まあ、それは否定しないけど……傍から見てれば一目瞭然よ」

やよい「……ホント?」

伊織「ホントもホントよ。私がやよいに嘘ついたこと、あったかしら?」

やよい「ううん、ないです……伊織ちゃん、とっても優しいもんね」

伊織「な、何よそれ! 今はそういうこと話してるんじゃ……!」カァァ

伊織「……って、やよい?」

やよい「……えへへ。お気に入り……♪」ニコニコ

伊織「……」

伊織(なんて単純な子なのかしら……)




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 07:58:13.01 ID:IA8ShsD00

伊織「ご満悦なところ悪いけど……、話、戻していいかしら?」

やよい「はわ! そ、そーでした……うう、プロデューサー、なんで避けるんだろー……」

伊織「……やよい、買い物に付き合わされる以外に、アイツになんかした?」

やよい「えー? なんかしたかなー……うーん、うーん……」

伊織(両手で頭抱えて思い出そうと頑張るやよいマジ天使)

伊織「……ごほん! 思い出せる範囲でいいから、とにかくアイツとのやり取りを再現してみなさいよ」

やよい「う、うん! えーっと……」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 08:03:20.40 ID:IA8ShsD00

やよい「あの日はね……プロデューサーが、私の買い物に付き合ってくれるって言ってくれて」

伊織「ふんふん」

やよい「それでね、私は最初ダメですー、って言ったんだけど」

伊織「……ふんふん?」

やよい「それでもプロデューサー、『これはゴホウビだから気にしなくていい』って言ってくれて……えへへ」

伊織「……」

やよい「あ、それで、お買い物が終わったとき『家まで送る』って言ってくれたんだけど……あれ、伊織ちゃん?」

伊織「……聞いてるわ。続けて」

やよい「そのとき私、最初はそんなのダメですー、って言ったんだけど……そのあとは……」

伊織「……」

伊織(アイツどんだけやよいのこと好きなのよ……でも、これはひょっとして)




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 08:10:41.06 ID:IA8ShsD00

~ 一方その頃、765プロ事務所 ~

ガチャリ

P「……ただいま戻りました」

小鳥「あ、プロデューサーさん。外回りお疲れさまです♪」

P「音無さん……なにか、飲み物をいただけませんか」

小鳥「ええ、いいですよ。何がいいですか?」

P「甘いものがいい……この心を満たしてくれるような、甘い甘いものがいいです……」

小鳥「え?」

P「……あ、ああ……あ……」プルプル

小鳥「ぷ、プロデューサーさん!? ちょっと、大丈夫ですかっ!?」

P「うああ……や、やよやよ……」プルプル

P(いかん……長時間やよいと触れ合わなかったことによる、やよい中毒だ……か、体が……!)




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 15:59:41.72 ID:IA8ShsD00

コポコポ……

小鳥「……」チラ

P「……あ、あ……」プルプル

小鳥(プロデューサーさんがカオナシみたいになってる……)

小鳥「ど、どうぞ……お砂糖いっぱいのミルクティーですよ」コトリ

P「……」クルリ

小鳥「ひっ!」

P「んぐ、ごく……ごく……ぐびび……」

小鳥「……う、うう……怖いわ」

P「ぷっはぁ!! ……ありがとうございます、音無さん。少しは落ち着きました……」

小鳥「は、はい……どういたしまして……」

P「ふぅ……やよいおいしいよやよい……」

小鳥(尋常じゃないわ)




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 16:08:06.38 ID:IA8ShsD00

小鳥「プロデューサーさん、やよいちゃんと何かあったんですか?」

P「!? ど、どうしてそれを……!」

小鳥「さっきからうわ言みたいにやよい、やよいって言ってるから……」

P「……」

小鳥「あの、わ、私でよかったら相談に乗りますよっ! 女の子とのトラブルは女の子に任せといてください!」

P「……音無さん……」チラ

小鳥(こ、こうすればちょっとでもポイント稼ぎになるかしら!?)

P「お気遣いありがとうございます……でも、やっぱりやめときます」

P「年頃の、思春期の女の子の話をしても……、きっと音無さんには昔のことすぎるでしょうし……うう」

小鳥「」

ガチャリ!

律子「ただいま戻りました~」

小鳥「律子さーん!! うわぁああん!!!」

律子「うわっ小鳥さん!? どうしたんですか、まるで思春期の女の子みたいに泣いて」




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 16:19:40.79 ID:IA8ShsD00

小鳥「ううっ、律子さん! 女の子はいつまで経っても女の子ですよね!?」

律子(うーん、いきなりすぎて、わけわかんないけど……)

律子「え、ええ。いくら、年を取っても」

ズキッ

小鳥「……!」

律子「いくらお肌が荒れても」

ズキキッ

小鳥「くっ……」

律子「純粋な乙女の心を持ってる限り、女の子はいつまでも女の子ですよ!」

小鳥「じゅ、純粋……あの、例えばの話ですけど……同人誌とか漁ってるのは……」

律子「同人誌? あはは、それはちょっと純粋とは言えないかもしれませんね~!」

律子「ところで一体なんでいきなり、そんなこと……年頃のアイドルの子たちでもあるまいし」

小鳥「」

律子「……小鳥さーん? おーい」チョンチョン




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 16:26:23.26 ID:IA8ShsD00

小鳥「ぴよ……」シクシク

律子「……プロデューサー、小鳥さんになんか言ったんですか?」ヒソヒソ

P「い、いや……まったく心当たりがないぞ」

律子「そうですか……」

P「どうしたんだろうな。心配だ……」

律子(まあこの人も大概、やよいのこと以外には無頓着だからね)

律子「……ごほん! そんなことより、あの……、朝の件ですけど」

P「朝?」

律子「ええ。朝、ちょっと様子がおかしかったでしょ? やよいのことを高槻さん、って言ったり」

P「……」

律子「やよいとケンカでもしたんですか?」

P「いや、ケンカというわけでは……しかし、この場合はどうなんだ……」ゴニョゴニョ

律子「……聞かせてくださいよ、私も一応、女ですから……力になれると思います」

P「律子……すまない、聞いてくれるか」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 16:36:29.43 ID:IA8ShsD00

…………

律子「……なるほど。やよいに嫌われたかもしれない、だから距離を置いてるんだ、と」

P「あ、ああ……俺、何をしでかしちまったんだろうな……」

律子「……」

律子(く、くだらないわ……そんなあり得ないことで、やよいにあんな顔させたってわけ?)

律子「はぁ……はぁ~~~」

P「り、律子? なんでそんなに深く、溜め息をつくんだ?」

律子「あなたの鈍感さ加減にビックリしたからですよ」

P「ど、鈍感って! そんなことないぞ、俺はいつだってやよいのことを考えて」

律子「それが的外れだ、って言ってるんです! いいですか、よーく聞きなさいよ」

律子「やよいは、何があっても、あなたを嫌ったりしません!」

P「ええ!? し、しかし、さっきも言ったように、現に俺は……」モジモジ

律子(女々しいったらないわ……いつもは頼りになる人なのに、まったく)




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 16:45:00.41 ID:IA8ShsD00

~ 一方その頃、レッスン場では ~

亜美「おっつかれちーん!」バタバタ

真美「やよいっち~、足、だいじょぶ?」

やよい「うん。このあとビョーイン行かなきゃだけどー……えへへ」

亜美「やよいっちの足くじくなんて、けしからん床だね」

真美「うんうん、あんな床はゆきぴょんに穴掘られちゃえばいいんだよ!」

亜美「そーすれば、亜美たちもきっつ~い練習しなくて済むし!」

真美「律っちゃんや兄ちゃんのスパイシーレッスンも逃げられるね~!」

伊織「それを言うならスパルタ、でしょ。律子に言いつけるわよ?」

亜美「げぇっ、いおりん!」

真美「うあうあー! ジョーダンに決まってるっしょ~! 律っちゃんに言うのは勘弁して~!」

伊織「ったく……ほら、やよいを連れてくから、アンタたちはさっさとどきなさい」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 16:54:45.89 ID:IA8ShsD00

ブロロロロ……キキッ

ガチャリ

新堂「お迎えにあがりました、お嬢様」

伊織「わざわざすまなかったわね、新堂。やよいを車に入れてくれる? 丁重によ」

新堂「はい。さ、こちらへ……」ササッ

真美「おおー、お姫様だっこだ!」

やよい「はわわ! い、伊織ちゃん、こんなに大げさにしなくてもいいんじゃないかなーって……」

伊織「なーに言ってるのよ。やよいはケガしてるんだから、これくらいトーゼンでしょ♪」

亜美「そーだよ、やよいっち。こんなチャンス、メッタにないよ!」

やよい「うう……ありがとーございます、新堂さん」

新堂「いえ、当然のことです。貴女はお嬢様の大切な御友人ですから」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 17:05:54.69 ID:IA8ShsD00

ブロロロロ……

真美「れっつらごー!」

亜美「ごー! あ、いおり~ん、亜美お腹空いちゃった。なんかお菓子とかない?」

伊織「お菓子なら、そこのラックの中にあるわ」

真美「おー、スゴイよ亜美! ジャスコじゃ売ってなさそーな超高級お菓子ばっかだよ!」ガサゴソ

亜美「なんか高そうなホシイモまである……こ、これ食べちゃっていいのっ!? あとでお金取ったりしない!?」

伊織「取るわけないでしょ、別に遠慮しなくていいわよ」

真美「んっふっふ~♪ ありがと、いおりん!」

亜美「いおりんの優しさはマジ天使だね! ほーら、やよいっちもお食べ、レベルマックスのホシイモだよ」アーン

やよい「あ、あーん! もぐもぐ……お、おいしー!」

伊織「ふふっ、まったく……お菓子くらいで喜ぶなんて、まだまだお子様ね♪」

亜美・真美「「きゃっきゃ」」

伊織・やよい「「うふふ……」」



伊織「……って、違う違うちがーう!!! なんでアンタたちまでいるのよ!!!!!!」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 17:20:13.38 ID:IA8ShsD00

~ 病院 ~

亜美「ビョーインだね」

真美「だね。なんもないし、ちょっとつまんないね」プラプラ

伊織「結局ここまで着いてきてるし……」

亜美「早くやよいっちの瞬獄殺おわんないかな~」フラフラ

伊織「診察ってことが言いたいの? ……ちょっと、こんなとこでフラフラしないでよ、みっともないわね」

亜美「と・こ・ろ・で・さ~、いおりん!」

真美「さっきやよいっちと、なんのお話してたのー?」

伊織「……なんでもないわよ、ただの世間話」

亜美・真美「「んっふっふ~♪ いおり~ん、嘘はダメっしょ~♪」」

伊織「な、何よ……ちょ、ちょっと、顔が近いって、やめっ……!」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 17:26:32.72 ID:IA8ShsD00

…………

伊織「ひぃ、ひぃ……も、もう勘弁してぇ……」

真美「いおりーぬ」チョン コチョコチョ

伊織「あっひゃっひゃひゃひゃ! や、やめ……それ以上くすぐらないでぇ!」

亜美「真美隊員! いおりん捕虜から得た情報を報告したまえ!」

真美「イエッサー、亜美隊長!」

亜美「ばっかもーん! サーではない、マムだっ!」

真美「イエスマム、亜美隊長! やよいっち被告はどうやら、兄ちゃんに嫌われたっぽいです!」

亜美「なるほどわからん!」

伊織「コッチのセリフよ、もうわっけわかんない……ひぃ、ひぃ……」




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 17:35:36.21 ID:IA8ShsD00

ガチャ

やよい「あ、みんな、お待たせーっ!」

亜美「おー、やよいっち。元気にしてた~?」

真美「亜美、やよいっちは元気じゃないからビョーインに来たんだよ」

亜美「あ、それもそっか。真美は賢いね」

真美「んっふっふ~♪ それほどでも~、あるけどね!」

やよい「二、三日は安静にしてなきゃだけど、大したことないってーっ!」

伊織「そう、それは良かったわ……ふぅ」

やよい「えへへ……ゴシンパイ、おかけしましたーっ!」ガルーン

真美「んっふっふ~、そ・れ・よ・り……これからタイヘンだね、やよいっち!」

やよい「えー? 何がタイヘンなの?」

亜美「何って、そりゃ、アレに決まってるっしょ~!」

やよい「……?」


亜美・真美「「名づけて、兄ちゃんと仲直り大作戦だよ!」」




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 17:42:03.18 ID:IA8ShsD00

やよい「ええっ!? い、伊織ちゃん、もしかしてー……」

伊織「……ぴゅ、ぴゅ~ひゅるる~」

真美「いおりん、口笛吹けてないっぽいよ?」

やよい「うあー! なんで亜美たちに言っちゃうの~!」

伊織「ご、ごめんなさいね、やよい……でも、仕方なかったのよ……」

亜美「そーだよやよいっち! 責めるなら、いおりんをこんなにしちゃった亜美たちを責めて!」ポチ


『こちょこちょこちょ……』

『あーっひゃっひゃっひゃっひゃひゃ!! くぅどぅるるるる!!!』

『あなたたち……病院では静かにしてください』

『あ、ごめんなさーい。ほらいおりん、早く自白しないとまたナースさんに怒られちゃうよ』

『わ、わかった、わかったから……むっひょひょひょ!! やめてぇ……!』


伊織「ちょっと!!! いつの間に録音してたのよ!!!!!」




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 18:04:27.20 ID:IA8ShsD00

亜美「亜美たちにまかせとけば、もうはなまる印の安心は約束されたもんだよっ!」

真美「百人乗ってもダイジョーブ! 兄ちゃんとやよいっちのキューピットはおまかせあれーっ!」

伊織「アンタたち、ちょっとは何か考えてから発言しなさいよ……」

やよい「ううー……は、恥ずかしいですー……」モジモジ

亜美「何がはずかちいの?」

真美「兄ちゃんと一緒にお買い物したこと? それとも『お兄ちゃん』って言おうとして言えなかったこと?」

やよい「……伊織ちゃんっ!」カァァ

伊織「ち、違うのよ……聞いてやよい、これにはわけが……ってさっきも説明したけど」


亜美(ショージキ、兄ちゃんがやよいっちのこと嫌いになるはずないと思うけど)

真美(面白そうだもんね! んっふっふ~)

亜美(でもでも、やよいっちはオトナだね)

真美(オトナ? それってどーいうこと?)

亜美(だってさ、これってつまり……)




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 18:10:52.51 ID:IA8ShsD00

やよい「? 亜美たち、なんのお話してるのー?」

亜美「つまり、やよいっちが兄ちゃんのこと、スキになっちゃったってことっしょ?」

真美「ええっ!?」

やよい「ええっ!?」

伊織「ええっ!? やよい、アンタ自覚なかったわけ!?」

やよい「え、え……あ、亜美! なに言ってるのっ!」

亜美「またまた~。バレバレっしょ~」

真美「そーなんだ……やよいっち、兄ちゃんのカノジョになっちゃうの?」

やよい「……そ、そんなの、えーっと……わかんないですーっ!」カァァ

亜美「じゃあじゃあ、やよいっちは兄ちゃんのこと、キライなの?」

やよい「そんなことないよっ! で、でもぉ……」

伊織「……」


やよい「うう……ぁうぁう……」プシュー

伊織(テンパってるやよいマジ可愛い)




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 18:30:24.94 ID:IA8ShsD00

亜美「……それでね……つまりこれがこうで……」

真美「そーすると……こうなるんだね!」

やよい「そ、そっかー……なるほど」

伊織「……ホントにそれでうまくいくわけ?」

亜美「ダイジョーブダイジョーブ! 自分を信じれば、なんくるないのー!」

伊織「混ざりすぎよ色々。ま、とにかく……やよい、頑張ってね。私も協力するから」

やよい「うんっ! ありがと、伊織ちゃん、亜美、真美!」

亜美「……オトナの階段の~ぼる~」

真美「キミはまだ、シンデレラっさー」

やよい「そ、それはやめてほしいかなーって……」ボッ



~ 一方その頃、765プロ事務所では ~

P「律子ぉ……俺、どうすれば……」オロオロ

律子「あーもう! いい年してオロオロするんじゃないの! ほんっとーにコドモなんだから!」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 18:43:57.89 ID:IA8ShsD00

…………

~ 夜、765プロ事務所 ~

ロリカルテット「「「「ただいま~」」」」

P「……っ……お、おかえり、みんな」チラ、チラ

P(律子にアドバイスをもらったが……しかし嫌われてるのかも、って思うと、なかなか……くそう)


亜美(あー、たしかに兄ちゃんヘンだね)

真美(キョドーフシンっぽいね)

亜美(ホラ、やよいっち、今だよ)

やよい(う、うん!)


やよい「あ、あの! プロデューサー!」

P「……っ! ど、どうした、やよ……いや、高槻さん」

伊織(あんな苦々しい顔して高槻さん、なんて言っちゃって。そう呼ぶのがイヤなの、バレバレじゃない)

やよい「……!」ガーン

伊織(真に受けるやよいもやよいだけど)




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 18:59:42.31 ID:IA8ShsD00

やよい「わ、私! プロデューサーに、お願いがあるんですっ!」

P「……なんだ?」

やよい「……」モジモジ

P(言い出せないでモジモジしてるやよいマジ可愛い)

やよい「あのー……、きょ、今日、お仕事が終わったら、私と……」



やよい「デート、してくれますか?」カァァ



P(顔真っ赤にしてデートに誘うやよいマジ天使……って、え?)

P「ええぇええ!?」

やよい「はわっ! ま、間違っちゃいましたーっ! で、デートしてくれませんか、です! はわわ……!」




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 19:10:30.88 ID:IA8ShsD00

P「ちょ、ちょちょ……いきなりなに言ってるんだ!」

やよい「やっぱり……だ、ダメですかー……?」ウルウル チラ

P(くっ、かわいい)

P「だ、ダメとかそういう問題じゃなくてだな……そもそも、やよいは……俺のことを」

律子「あら、いいじゃないですか、デート。仕事終わったらと言わず、今から行ってきたら?」

P「律子っ!? お前まで……し、仕事を放っていけるわけないだろう!」

律子「でも、あと残ったのは簡単な書類仕事でしょ? 私と小鳥さんでやっといてあげますよ」

小鳥「!?」


真美(ねぇいおりん。律っちゃん、いつもより優しいっぽくない?)

亜美(お仕事よりどっか遊びに行くのをすすめるなんて、いつもの鬼軍曹らしくないね)

伊織(ふふん♪ 言ったでしょ、私も協力するから、って)

真美(おおー! さっすがいおりん! 先手を打ってたんだね!)

伊織(ま、この私がお願いしたんだからトーゼンよね♪ アンタたちじゃ信頼なくてダメだったろうけど)

亜美・真美((うあうあー! いちいち言わなくてもいいっしょー!))




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 19:26:04.06 ID:IA8ShsD00

…………

P(そんなこんなで、俺たちは……で、ででデートをするために繁華街までやってきたのだ)

P「……」

やよい「……えへへ」モジモジ

P(やよいは、俺のことを嫌っていたんじゃなかったのか? もしかして……俺の勘違い?)

やよい「ぷ、プロデューサー! えっと……」

P「ど、どうした?」

やよい「んーと……な、なんでもないですっ! えへへ……よ、呼んでみただけーっ!」

P(くそっ、かわいい!)

やよい(呼んでみただけよーん作戦、効いてるのかなー……?)




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 19:30:31.01 ID:IA8ShsD00

やよい「~♪」

P(やよい、上機嫌みたいだ……俺なんかと一緒にいるのに笑顔になってくれて、本当に優しい子だな)

P(だが、まだ嫌ってない判断するのは早いだろう……。信じたら信じただけ、ショックもでかいからな……)

やよい(……今日はあんまりお喋りできなかったから……、一緒にいれるだけでも、嬉しいですー……えへへ)


コソコソ……

亜美「こちら現場の亜美です。真美隊長、聞こえますか、どーじょ」

真美「亜美君、可愛い声がとってもクリアに聞こえてるよ、どーじょ」

亜美「んっふっふ~♪ 真美の方こそイイ声してるって~!」

真美「いやいや亜美だって~!」

律子「おんなじ声で何やってんのよ……」

伊織「律子こそ何やってんの……なんでアンタまで着いてきたわけ? 仕事は?」

律子「小鳥さんに任せてきたわ。今日の昼間ずっと泣いてサボってたから、その罰として」

伊織(……よくわかんないけど、小鳥は不憫ね……)

伊織(今度ゴージャスセレブプリンでも買ってきて、ダイエットを阻止してあげなきゃ。にひひ♪)




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 19:45:02.95 ID:IA8ShsD00

ドンッ

P「っと、すみません! ……って、お前たちは」

亜美(E サングラス)「あーん? 兄ちゃんよー、ドコ見て歩いてんだメーン?」

真美(E ヒゲ眼鏡)「オイオイ、可愛いカノジョ連れてっからってイイ気になってんじゃねーぞメーン?」

P「……何やってるんだ、亜美、真美」


亜美(うあうあー! 真美どーしよー! もうバレちゃったっぽいよ~!)

真美(お、落ち着いて亜美! 兄ちゃん、きっとテキトーに言ってるだけだよ!)

亜美(そ、そーだね! 兄ちゃんドンカンさんだもん、気付くわけないよね!)


亜美「……ごっほん! それはともかく!」

真美「ソコのカノジョ、超イケイケじゃんYO! へへっ、そんな兄ちゃんなんかより、オレらと付き合ってくれYO!」

やよい「……う、うわー。プロデューサー、助けてくださいー(棒)」

P「あ、ああ……うん……」

律子(何この茶番)

伊織(……ホントのホントに、うまくいくんでしょうね……)




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 19:52:44.03 ID:IA8ShsD00

亜美「待てよ~」ワサワサ

真美「いいじゃんよ~、ちょっとくらい付き合えよ~」ワサワサ

やよい「あーれー。ぷーろーでゅーさー」

P(……い、一応、付き合ってやるか)

P「くっ、なんて面妖な動きだ……! 何者なんだ、この双子っ……!」

やよい「たーすーけーてー」

亜美「へへっ、やーりぃ! やよいっちゲットだぜ!」ガシッ

真美「兄ちゃん兄ちゃん、やよいっちを救うためには、手を掴まないとダメっぽいよ~?」

やよい「そーかもですー」スッ

P(やよいが小さいお手てを差し出している……妖精みたいに可愛い手だ)

P(……こ、これは……そう、亜美真美の遊びに付き合うだけ、ただそれだけだ……!)

P「……すまん、やよい!」


ギュッ


やよい「……! えへへ……」ニマニマ




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 20:33:32.43 ID:IA8ShsD00

P「こっちだ、やよい!」ダダッ

やよい「は、はーい!」トタタ

亜美「あー! 真美、兄ちゃんたち逃げちゃったよ!」

真美「んっふっふ~、でも真美たちのホー芋からは逃げられないっしょ~!」

亜美「だよねっ! よーっし、追跡かいし……」

パコンッ

亜美「ふぎゃっ!」

律子「……もう十分でしょ、あとはあの二人にまかせなさい」

真美「り、律っちゃ~ん! ここからがイイとこだったのに~!」

亜美「そーだよ! これからふたりがオトナでムフフな関係になるとこ、バッチリ録画しよーと思ってたのに!」

真美「ええっ! そーなの? 亜美、そ、それって、どーいうこと?」ドキドキ

亜美「んっふっふ~、それはね……あいたっ」ポカンッ

伊織「ったく、趣味悪すぎよ、アンタら……いいから帰るわよ。これ以上は野暮じゃない」

亜美・真美「「はーい……」」ショボーン




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 20:42:59.38 ID:IA8ShsD00

~ 公園 ~

タッタッタ……

P「……ハッ、ハッ、ハッ……」

やよい「プロデューサー? だ、だいじょーぶですかーっ?」

P「あ、ああ……ちょっと走ったくらいじゃ、俺はなんとも……うぷ」

やよい「はわわっ! お顔が真っ青ですーっ!」

P「ぜぇ……ぜぇ……も、もういいだろ、あいつ等も追ってきてないみたいだし……ふぅ」

やよい「そ、そーですねー!」

P「やよいは……うへぇ……つ、疲れて……ないのか……? おええ……」

やよい「はいっ! これくらいヘッチャラですーっ!」ピョン

P「うわっとと!」グイッ

やよい「あ、ゴメンなさい、手掴んだまま、ピョンってしちゃいましたー……」

P「あ、いや……いいさ、大丈夫だから」




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 20:49:40.51 ID:IA8ShsD00

P「……」

P(……やばい、手を離すタイミング逃してしまった。やよい、嫌がってたりしてないか……?)

やよい「……えへへ。プロデューサーの手、あったかいですね」

P「そ、そうか?」

やよい「はいっ! おっきくて、かたくて……男のヒト、ってカンジがしますー!」

P「……そろそろ離そうか。やよいも、こんなオジサンと手なんて……」

やよい「ええっ!? べつに、イヤじゃないですよ! ……む、むしろ……」ゴニョゴニョ

P「えっ?」

やよい「はわわ! じゃ、じゃなくて……プロデューサーが手、離したいなら……離します」

P「……」

P(そんなこと言ったら、離したくなくなるだろうが……やよいマジ魔性)




288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 20:58:41.64 ID:IA8ShsD00

P(だが……)

スッ

やよい「あ……えへへ、やっぱり、離しちゃいましたかー……」

P「……」

やよい「……」

P(ふたりとも、沈黙してしまった……)

やよい「……あ、あの……、やっぱり、プロデューサーは、その」



やよい「わ、私のこと……キライになっちゃったんですかー……?」




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:00:48.95 ID:IA8ShsD00

P「……え? 俺が、やよいを嫌いになる?」

やよい「……ぷ、ぷろでゅーさーは! 私のこと、キライだから、手も……」ウルウル

P「ちょ、ちょちょ、やよい!?」

P(何がなんだかわからんが、涙目のやよいマジ可愛い……けど)

P(この胸の痛みは一体……?)ズキズキ

P「い、いや! 俺がやよいと手繋ぎたくないってわけじゃなくて、むしろやよいが……」

やよい「うー……プロデューサーの言ってること、難しくてわかりません……」グスグス

P「そ、そんなに難しいこと、言ってないだろ? やよいに迷惑がかかるからであってだな」

やよい「それがわかんないんですっ! 私、メーワクなんかじゃないもんっ!」




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:14:29.76 ID:IA8ShsD00

やよい「プロデューサーにされて、メーワクなことなんてないですー……」

P「……お、俺だって! 俺だって、出来ることならやよいの手をずっと握っていたいよ!」

やよい「じゃぁ、握ってればいいじゃないですかぁー……」

P「だけど、そんなことして、これ以上やよいに嫌われたら……」

やよい「え!? わ、私、プロデューサーのこと、キライになんかなってませんよーっ!」

P「……え?」

やよい「キライになんて、なるはずありませんっ! だ、だって……だって、私!」



やよい「プロデューサーのこと、大好きだもんっ!!」




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:20:17.67 ID:IA8ShsD00

P「」

やよい「はわっ! え、えっと、今のは……えーっと、そうじゃなくて……うう」カァァ

P「」

やよい「だ、大好きだけど……、その、違くてー……」

P「……」

やよい「……プロデューサー?」

P「ホァッ!?」

やよい「!?」ビクッ

P「す、すまん、ちょっと天国(ヘブン)に営業に行ってた」

やよい「へ……天国」

P「うん……ちょっと意識を失ってたんだよ。あそこは良い所だった」

やよい「そ、そーなんですかー……じゃあ、今のも聞こえてなかったかもー……」ホッ

P「ああ、聞こえなかった……だから、やよい」



P「もう一回、言ってくれないか」




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:26:05.51 ID:IA8ShsD00

やよい「えー!? も、もう一回ですかっ!?」

P「すまないな、やよいが……」

『プロデューサーのこと、○○だもんっ!!』

P「って言ってたのはわかったんだが……肝心なところが、聞き取れなかったんだ」

やよい「う……うぅ……ほ、ホントにホント、ですか?」ボッ

P「……ほ、本当だとも。何も聞こえなかった」

やよい「……」チラ

P「……」ワクテカ

やよい(うあー! は、ははは恥ずかしいですーっ!)




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:29:00.17 ID:IA8ShsD00

やよい「……プロデューサーのこと、頼りになるんだもんっ、って、言ったんです……」

P「……本当か?」ジー

やよい「うう……ゴメンなさい、うそついちゃいましたー……」

P「……」

やよい「ほ、本当は……」



やよい「大好き、って言ったんです……あう」プシュー



P(イヤッホォオオオオウウ!!! うっうー!!!!)




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:35:47.51 ID:IA8ShsD00

P「……は、はは……」

やよい「ううー……」モジモジ

P(真っ赤な顔を両手で隠している……相変わらずマジ可愛い)

P「俺……てっきりやよいに嫌われるのかと、思ったよ」

やよい「な、なんでですかー! 私、そんな風に思わせること、何かしちゃいましたかっ?」

P「だってさ、あの日も、やよいはいつもより遠慮しがちだったし……」

やよい「そ、それはー……恥ずかしかったから、です」

P「恥ずかしい?」

やよい「はい……いつも私、プロデューサーに甘えてばっかりで……」

P「そんなこと……俺のことはさ、ずっと前に言ってくれたみたいに、家族だと思って頼ってくれていいんだぞ?」

やよい「……」

P「……やよい?」




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:43:44.96 ID:IA8ShsD00

やよい「プロデューサーは、私にとって……頼りになる、お兄ちゃんみたいなヒト、です」

P「!」

P(つ、ついに……お兄ちゃん呼びキター!)

P「ウフフ……それで?」ニヤニヤ

やよい「そ、それで……家族だと思ってくれていい、って言ってくれて、すっごく嬉しいんだけど……」

やよい「でも……なんか最近はそれ、ちょっと違うかなーって思っちゃってたんです」

P(なん……だと……?)

やよい「プロデューサーみたいなお兄ちゃんがいたらイイなー、って思うのは一緒なんですけど……」

やよい「プロデューサーがお兄ちゃんになるのは、なんか……イヤになっちゃったんです」

P「」

やよい「プロデューサーが家族になったらって想像すると、とっても嬉しいけど……あー、うぅ」

P(や、やっぱり嫌われてるんじゃないのか!? え、あれ、違うのか!?)

やよい「家族じゃなくて、もっとトクベツなのがよくて……うう、よくわかんないですっ!」カァァ




331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:48:22.45 ID:IA8ShsD00

やよい「だ、だから! なんか、プロデューサーに甘えてばっかりじゃダメなのかもー、って思ったんですっ!」

P「……」

P(いまいち、よくわからんが……)

P「ごほん! えーっと、やよいが俺のことを嫌ってないってのは、本当なんだな?」

やよい「はい! 大好きですーっ! えへへ……もう照れなくても言えるかも」

P「よかった……、それなら、俺はいくらでも闘えるよ」

やよい「? ……そ、それで、プロデューサー!」

P「ん?」

やよい「プロデューサーは、私のこと……、どう思ってるんですか?」




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:54:51.79 ID:IA8ShsD00

P「俺も大好きに決まってるだろう! やよいかわいいよやよいっ!」

やよい「!」パァァ

P「やよいマジ天使……ああ、やっと、面と向かって言える……こんなに嬉しいことはないさ!」

やよい「えへへ……か、かわいいって言ってもらえたの、久しぶりかもー……」

P「ん? でもいつもファンのみんなだって、『やよいちゃん可愛い!』って言ってくれるだろ?」

やよい「……そーじゃなくて、プロデューサーに言ってもらえるのが、嬉しいんですっ」

P「おお、そうか……ははっ! 確かに最近は、あんまりかわいいとも言ってなかったかもなぁ」

やよい「……~♪ そ、それじゃあプロデューサー! わ、私たちはこれから……!」

P「ああ! これからもより一層、絆が……」


やよい「コイビト同士、ですね♪」

P「ああ! これから、よ、ろ……しく……? え? あれ?」


P(……え、えぇえええ!!?)




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:01:57.91 ID:IA8ShsD00

やよい「やったーっ! 私、すーっごく嬉しいですーっ! なんか、元気モリモリ出てきたかもーっ!」ピョン

P「あ、あはは……俺も、嬉しいよ」

P(や、やよいが言ってた、大好きって……え!? こ、こういう意味だったのか!!?)

P「や、やよい? ちょっと話を聞いてくれるか?」

やよい「~♪ なんですかー♪」キラキラ

P(うっ、かわいい)

P「……」

やよい「? プロデューサー?」


P(やよいが言っていた、大好きってのが……男として、恋愛感情としての大好きだとは……思わなかった)

P(もちろん俺がやよいを愛する気持ちはガチだ。結婚したいランキングナンバーワンだとも!)

P(……しかし……!)


P「さ、さすがにこれは、犯罪やで……イエスロリ、ノータッチ……!」

P「いいのか、いいのか俺……!?」ブツブツ

やよい「うう……プロデューサー、なんだかコワイですー……」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:08:24.86 ID:IA8ShsD00

P「お、俺は一体どうしたら……」ブツブツ

やよい「……プロデューサー……」

ギュッ

P「や、やよい? どうした、急に手を握って……」

やよい「えへへ……さっきの続き、です」

P「……続き?」

やよい「はい。……もう、離さないもん」

P「」ズキュン

やよい「プロデューサーが離したいって言っても……離してあげません」ギュー

P「……」



P(いいよね)

P(俺、もう……頑張らなくても、いいよね)

P(もう、ゴールしても……いいよね?)




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:15:09.62 ID:IA8ShsD00

P「やぁよぃいいい!!!!」

やよい「!?」ビクッ

P「やよい、やよい! 愛してるぞぉおお!! ううあああ!!!」

やよい「わ、私だって負けません! プロデューサー! 大好きですーっ!」

P「ああ、なんて良い子なの! 抱きしめてあげるわっ!」

ギューッ

やよい「わぷっ……えへへ……」

P「ぺ、ぺろぺろしても、い、いいかな?」

やよい「ぺろぺろ?」

P「ああ! ちょっとやよい成分が無くなって、禁断症状出ちゃったからさっ!」

やよい「ううー、よくわかんないけど……オッケーですーっ!!」




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:21:57.21 ID:IA8ShsD00

P「やったぁああ!! じゃ、じゃあ行くよ!!!!」

~♪

P「なんじゃいっ! 誰だ、こんなタイミングでメールなんて送ってくるのはっ!!」

携帯『ネエ イッパイイッパイイッパイイッパイ ア・ナ・タ・ノコエヲ』

P「……って、この着信音は……」サー

やよい「あ、これ、律子さんのいっぱいいっぱいですーっ!」

P「……」

ピッ

………………………………
From:秋月律子
Title:うるさい

律子です。
あなた達の声、事務所まで響いてますよ。
嬉しいのはわかるけど、ちょっとボリューム抑えてください。
小鳥さんも発狂寸前ですから。
それでは!
………………………………




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:28:44.51 ID:IA8ShsD00

P「……やよい、事務所に帰ろうか。荷物置きっぱなしだろ?」

やよい「え? でもー、ぺろぺろ? しなくていいんですかーっ?」

P「あ、ああ……それは、やよいが十六歳になってからにするよ」

やよい「? よくわかんないけど、了解ですー! 楽しみにしてますねっ!」

P「俺も楽しみにしてるよ……ふふふ」

やよい「うっうー! それじゃあ、事務所まで競争ですーっ!」ピョン

P「きょ、競争は勘弁してくれ……その代わりに、ほら」

ギュッ

やよい「!」

P「手を握って……、歩いて、ゆっくり帰ろう」

P「そういうゆっくりした時間を一緒に過ごすのも……、恋人同士の醍醐味だからさ」

やよい「えへへ……はい、わかりましたー……」ニコニコ

ギューッ……




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:39:04.04 ID:IA8ShsD00

やよい「うっう~♪」テクテク

P「かわいい」

やよい「えっ!?」

P「かわいい、『やよい』この三文字を見ただけで、かわいい」

やよい「えっ……あの……」

P「はぁ、可愛い、うっうーマジ天使、やよいが言ってるから可愛いんだからな」

やよい「うぅ、あれ……あぅ……」

P「可愛い可愛い言われて訳が分からないやよい可愛い!」

やよい「も、もうっ! そんなにいっぱい言われると、困っちゃいますー……で、でも!」

やよい「これから、もっともーっと、可愛いって言ってくれると……嬉しいかもです」

P「もちろんだよ。やよいが飽きるまで言い続けてやるさ」

やよい「えへへ……それなら、これからもずっと、ずーっと!」


やよい「ずっと、かわいいって言ってくれますよねっ、プロデューサーっ! うっうー!」


おわり