1: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:44:53 ID:NpfsEeS2


楓「プロデューサー私あなたのことが好きです。私と結婚してください」

P「……」

P「け?」

楓「け」コク

P「……け」

楓「こん」コクコク

P「…………、ああ。けっこん…」

P「け、結婚?」

楓「こんこん」コクコク

P「こんこん?」

no title

・モバマスSS、シリーズです


2: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:47:26 ID:NpfsEeS2


P「いや。いやいや」

P「いやです。いやいやじゃないですけど」

楓「おお。いやがわんさかですね」

P「いやいやがわんさかってなんですか」

楓「あ、また言った」クスクス

P「……」ング…

楓「それは今度はいやいやですか?」

P「…いや、そうじゃ…あ」

楓「ふふっ」クスクス

P「……はは…」


3: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:49:34 ID:NpfsEeS2


P「じ、じゃなくて」

P「どうしてそんなまたいきなり」

楓「…」

にこ

楓「プロデューサー楽しいですか?私は楽しいです」

楓「こうやってなんでもないお話をしているだけで」

P「…い、いや」

楓「いやをいやいやするだけで」

P「いやそれなら俺はもう少し楽しい話がしたいです」

楓「楽しい話――駄洒落ですね?」ピーン

P「いやもいやいやもその延長では」

楓「いやいやーまさかー」パシパシ

P「いたいです」


4: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:50:26 ID:NpfsEeS2


楓「だから楽しいんですってば」

P「あ…」

P「…はい。そうでした。そうですか」

楓「はい。そうです。そうでした」

P「はい」


5: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:51:02 ID:NpfsEeS2


P「俺も楽しいですよ」

楓「本当ですか?やった。やりました。わーい」

P「いやあのだからとっていきなりその……け…」

楓「こんっ」

P「……。…というのはいくらなんでも」

楓「こんってキツネさんみたいで可愛いですよね」

P「あの楓さん」

楓「こんこん♪」

P(可愛いなくそ)

楓「私とけっこんこんしないかこん?」

P「それキツネのポーズですか可愛い」ナデナデ

楓「こんこん♪」

P「でもキツネの鳴き声ってべつにこんに決まり切ってるわけではないらしいですね」

楓「きゅんっ!?」

P(あ、似てる…)


6: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:51:58 ID:NpfsEeS2


楓「ふぉっくすしょっくです…」コーン…

P(カルチャーショック的な…?)

P「いやそうじゃなくてですね。こう、男女が一緒になるっていうのは、」

P「お互いのことをよく知るために結婚以前一定期間の交際期間を経るのがたぶんフツウで」

楓「私もう十分プロデューサーのことはご存知ですよ?」

P「ご存知ですか」

楓「プロデューサーのぷろといっても過言ではないです」

P「それが言いたかったですね?」

楓「ご存知でしたかー」

P「ご存知でした」

楓「ふふっ。プロデューサーも私のことはよくご存知ですね」ニコニコ

P「楓さんのプロデューサーですからね」

楓「はい。プロデューサーは、私のプロデューサーです。ぷろの楓プロデューサーといっても過言ではないです」

P「あ、それも言いたかったんですね?」

楓「ばれましたかー」


7: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:52:56 ID:NpfsEeS2


楓「こほん。いずれにせよです」

P「あ、はい」

楓「はい」

楓「あ、いまの咳払いはこんこんって言った方が可愛かったかな…も、もう一度やってもいいですか?」

P「あ、はい」

楓「はい」

楓「こんこん。いずれにせよですね」

P(可愛いな!)

楓「こんこん」ニコニコ


8: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:53:44 ID:NpfsEeS2


楓「ええと。プロデューサーはぷろの私のプロデューサーで、」

楓「私はプロデューサーのぷろということで、」

楓「これはもう互いに互いのぷろ同士ということで」

P「はい」

楓「はい」

楓「万難はいま排されました。これはもうけっこんこんです」

P「気に入ったんですか」

楓「かわいいって言ってもらえたので」エヘヘ

P「…そうですか」

楓「そうですよー」ニコ


9: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:54:33 ID:NpfsEeS2


楓「だめですか?」

P「いやだめですかって」

P「そんなお酒を飲んでもいいですかみたいな感じで聞かれてもですね」

楓「しましょうよー」ユサユサ

P「いやそんなお酒を一緒に飲みましょうよみたいな感じで言われても」

楓「さっきからプロデューサーいやいやばっかりです。もー」プクー

P「すいません」

楓「いやいやはいやいやですよ。めっ」ペチ

P「すいません」

P「楓さん酔ってますか?」

楓「よ、酔ってませんよー」


10: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:55:22 ID:NpfsEeS2


P「それになんだか今日は喋り方も変だし」

楓「そ、それは…」

P「?」

楓「き、緊張…しているんです」

P「…」

P「あ、ああ!そうでしたか。それはその失礼しました」

楓「いえ…」


11: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:55:53 ID:NpfsEeS2


P「……」

楓「…」

P「…………」

楓「…」

P「…、」

P「楓さん」

楓「はい」

P「はい、…えっと」


12: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:56:40 ID:NpfsEeS2


P「たぶん少し前までに」

P「お互い気づいていて、でも気づかないふりをして、それが暗黙の了解みたいになってて、」

P「…いや違うか。…みんな、気づいていて」

楓「はい」

P「……」

P「俺もてますね」

楓「…」クス

楓「ええ。もてもてです。うらやましいです」

P「いや羨ましいはおかしくないですか?」

楓「もてもてですよー」ペチペチ

P(心なしか今までより痛いな…)イテテ


13: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:57:17 ID:NpfsEeS2


楓「もう。なにを言うのかなってそんなことですか」クスクス

P「…すいません…」

楓「いえ本当のことですから」

P「…」

楓「プロデューサーもてもてですよ。私、緊張しているし、焦ってます」

P「…。……はい」

楓「はい」


14: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:57:58 ID:NpfsEeS2


P「…」

P「コーヒーでも淹れましょうか。お酒を飲みながらするような会話でもないし」

楓「はい…そうですね」


15: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:58:39 ID:NpfsEeS2








ずずず


楓「……ん…」ハフ…

楓「…」…コト

P「…」

P「楓さん」

P「は、人はなにに恋をする生きものだと思いますか?」

楓「?…、なにに…?」

P「ええ。だれにじゃあなくて」

楓「…えっと」

P「時間だって教えられました」


16: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 04:59:51 ID:NpfsEeS2


P「時間、思い出。お前が好きなのは私じゃなくて楽しかったころの記憶だろう。お前が恋しているのはただ積み重ねた時間、費やしたものの重みだろう」

P「そんな風に言われたことがあります」

楓「……」

P「ああそうだなって思いました。いやべつにそのまま悪いことじゃないと思うんですよそれって。要するにそれは思い入れで、人間は思って、思い続けて、思いになっていく生きものだから」

楓「…」コク

楓「なんとなく、分かります。それがそのまま悪いことではないことも」

P「……はい」


17: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:00:43 ID:NpfsEeS2


P「柚や仁奈はまだ幼いうちの大切な時間をアイドルに使っています」

P「自惚れているつもりはないんです。ただ怖くて」

P「比奈だって楓さんだって、俺に好意を寄せてくれているのだとすれば、それはただたんに」

楓「あ、あの」

楓「それ以上は言わないほうが」

P「……そうですね」

楓「は、はい……、、」ギュ


18: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:01:14 ID:NpfsEeS2


楓「で、でも」

楓「あ、愛憎相半ばするともいいますし…みんながプロデューサーいい人だなーって思うのは、」

楓「やっぱりそれは、プロデューサーがプロデューサーだからこそだと思います」

P「愛憎相半ばするがこのタイミングのたとえとして正しいのかは分かりませんが…」

楓「このあとの使いどころを待つべきでしたか?」

P「え」

楓「ふふっそれはまあ冗談ですけれど…」クスクス

P(洒落になってないです…)


19: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:02:01 ID:NpfsEeS2


楓「それにとくに柚ちゃんは出会いのきっかけから」

楓「プロデューサーはかけがえのない、たった一人の大切な人だと思っているはずです」

P「それもようはたまたま俺が――」

楓「なぐっていいですか?」

P「やさしくお願いします」



ぱしんっ


20: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:02:50 ID:NpfsEeS2


P「……」ヒリヒリ

楓「……」

楓「お、仰ることは分かります、けど」

楓「…でも……」

楓「そんなの悲しいじゃないですか…」

楓「そんなこと言わないで……ください……」

P「すいません」

楓「いや謝ってもらっても…」

P「いやいやですか」

楓「えいっ」パシン

P「いたい」


21: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:04:03 ID:NpfsEeS2



コテン


楓「…」

楓「…たまたま…か」

楓「…では私がプロデューサーにプロポーズするのもたまたまでしょうか?」

P「はい」

楓(真顔だ…)

P「あいや、その」

楓(あ、崩れた…)クス

P「え、ええと…いろいろ考え出すと、ですけど」

P「本気でそう思ってるわけはないというか、なんというか。す、すごく嬉しかったですし」

楓「わ」パァー

楓「ふ、不意打ちですねー…うふふ」パパー

P(なんかすごい光っとる…)


22: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:05:34 ID:NpfsEeS2


P「よ、よかったです」

楓「よかったですねー」ニコニコ

P「は、はい。…はは」

P「でも…その、考えてしまうものは、考えてしまうわけで」

P「…小心者というか。思い煩いだすとどうしても――」

楓「プロデューサー」

P「?はい…、えっ」


23: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:08:33 ID:NpfsEeS2



ギュ

P「…!?か、楓さ…」

楓「それなら私が考える間もなく愛してあげます」

楓「――…」

楓「と、というのは、どうでしょう…?」//

P「……い、いやあの」

楓「よしよし//」ナデナデ

P「…………」

P「……ありがとうございます…」

楓「いえいえ。ふふ…//」ニコ


24: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:09:16 ID:NpfsEeS2


楓「……」ナデナデ

楓「素直に嬉しいって思えるならそれでいいんじゃないかなって私は思います。だめですか?」

P「……それは…」

P「……やっぱり…いまの俺には答えられないです」

楓「…むー。もう何発かお殴りすれば分かりやがりますかね」

P「ちょっ」

楓「冗談です」コツン

P「いっ……」

楓「でもさっきの二回は本気です。反省してください」

P「……すいません…」

楓「はい。もう」コツコツ

P「いていて」


25: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:10:35 ID:NpfsEeS2


P「だから…すいません」

P「前にも言いましたが」

P「いまの俺には楓さんとお付き合いすることはできません」

楓「つまりそのままけっこんこんを」

P「しません」

楓「つれないです」ブスー

P「…はは」

楓「…ふふ」

楓(…前に言っていた、いまのって言うのは……そういう意味だったのかな。ちょっとだけ勘違いだった…かな)


26: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:11:06 ID:NpfsEeS2


楓「柚ちゃんと比奈ちゃんにも同じように話をしたんですか?」

P「へ?…ああいえ」

P「…?あれ。楓さん二人からなにか聞いたんですか?」

楓「女の勘です」

P「…………」

楓「ど、どうしてそんな目をするんですか?」

P「なんでもないですよ?」

楓「うそだー」ユサユサ

P(焦ってるっていうのはそういう意味だったのかな)


27: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:12:01 ID:NpfsEeS2


P「…二人には」

P「答えを保留させてくれって、言いました」

P「少なくとも俺がプロデューサーであるうちははいともいいえとも答えられないから、ごめんって」

楓「そうですか…」

楓(あ、あれ?じゃあ私だけきっぱり断れたのかな……?)

楓「…しゅーん…」

P「??ど、どうしました?」

楓「どうもしていないです…しゅん」


28: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:13:21 ID:NpfsEeS2


P「そ、そうですか…」コホン

P「それがどうしてかってここまで話をしたのは楓さんだけですけど」

楓「……え?」

P「楓さん大人だから。分かってくれるかと思って」

楓「…………」

楓「……もう。普段子ども扱いするくせに…こんなときだけ…」グニ

P「いひゃい」


29: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:14:35 ID:NpfsEeS2


P「か、かえれはん?」

楓「うるさいです黙ってください」グニグニ

P「ひゃ、ひゃい……」コワイ

楓「……」グニグニ

楓(ちょっと嬉しいなくそー)グニィ

P(いたい…すごくいたい…)


30: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:15:56 ID:NpfsEeS2


楓「……」ハァ

楓「じゃ…えっと」

楓「いつかプロデューサーがプロデューサーをやめるか、私がアイドルをやめるか」

楓「言い訳がもうできなくなったときに」

P(言い訳…俺の言い分ばっさりだな…)グサ

楓「ふふっ。あらためて告白をすればいいんでしょうか」グニグニ

P「……」グニグニ

P「いえ。そのときにはきちんと自分で考えて、答えを返しますから、大丈夫です」

P「…た、たぶん」

楓(たぶん…)


31: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:17:16 ID:NpfsEeS2



こくん


楓「ふふふ。分かりました。楽しみにしていますね」

P「は、はい」

楓「はい。あ、あんまり待たせるとひどいですよ?」ムギュ

P(これは暗にプロデューサーやめちまえと言われているんだろうか…)イタイ

楓「じゃないと私やめちゃうかも。アイドル」

P「…………それは」

楓「…」ニコ


32: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:18:05 ID:NpfsEeS2


楓「そのくらい好きなんです」

P「……」

P「……はい」

楓「はい」

楓「…むぅ。ちゃんと伝わっているか不安です。いっそ分かり易く行為で示したほうがいいでしょうか…」

P「こ、行為?」

楓「はい。えっとたとえば――」スッ

P「…楓さん顔が近いです楓さんっ」

楓「あーん」

P(あーん!?)


33: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:19:14 ID:NpfsEeS2



ガチャ


仁奈「こんばんはでごぜーま――」

仁奈「…ぁ?」

P「…」

楓「…」

仁奈「…」

仁奈「…?お、お二人とも――」

P「いや仁奈ちがうんだこれは」

楓「むっ。べつに違うことはなにもないですよね?これは私がしたくしてしていることですよ?」ギュウ

P「むぐ。い、いやそういうことじゃなくて…」

仁奈「…もっ」

P(…も?)


34: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:20:25 ID:NpfsEeS2


仁奈「もう春の陽気が感じられる季節でごぜーますよ?そんなにくっつかなくても風邪を引いたりはしねーですよー!」ニパー

P(よかった仁奈は天使だった)

楓「そうね。でもほらまだ少し肌さむいから」フフ

P「楓さん!?」

仁奈「たしかにそうでごぜーます」コク

楓「うん。だから仁奈ちゃんもおいで?みんなでくっつくときっと楽しいよ」

仁奈「おおっ。それはいちりありやがりますねっ。では、とうっ」モフピョーン

P「いやだからってべつに飛びかかってこんでもふ」

仁奈「もふもふ!」

楓「もふもふ♪ふふっ」

P「…………」ハァ…


35: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:21:22 ID:NpfsEeS2



もふもふもふもふ


P(収拾がつかん)

P「仁奈はどうしたんだ?忘れものか?」

仁奈「あ、はい。明日はあめだということをすっかり忘れてやがってまして、」

仁奈「おきっぱなしにしていたれいんこーとを取りに来たです」

P「そっか。じゃあ送ってくよ。俺ももう帰るし」

仁奈「おお。本当でごぜーますか。そいつはありがてーです」

P「うん。すぐ準備するから待っててくれ」

仁奈「分かったです。仁奈もすぐにとってもどって参りますので」パタパタ

P「気をつけてな」


36: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:22:20 ID:NpfsEeS2


楓「…」

P「…」

P「か、楓さん?」

楓「…」

楓「いえ。お話は終わっていましたから。大丈夫です。私も帰りますね」

P「は、はい」ホッ…

楓「グラスとカップだけ洗って来ます」

P「ありがとうございます」

楓「はい」


37: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:23:34 ID:NpfsEeS2



カチャ


楓「…」

楓「あ」

楓「あのープロデューサー」

P「?はい、なんですか――…んぐ」

楓「……」

P「…っ」

楓「……」

楓「ぷぁ」


38: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:24:32 ID:NpfsEeS2


P「……」

楓「…はぁ…ふふ。これでもいまのどきどきは偶然ですか?気の迷いですか?」

P「…あ、いや…」

楓「…」ニコ

楓「ふふっ。私と結婚してくれるなら何度だってしてあげるのになー」

楓「えいっ」ピト

P「むぐ」


39: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:25:10 ID:NpfsEeS2


楓「こんこん。ごめんなさい。いまのはきつねの悪戯です。忘れてください」

P「…あ、えっと」

楓「忘れられるなら。ですけど」ニコ

P「っ…か、楓さ」

楓「さきに下に降りていますねー」

楓「明日からまたいつかまでは、フツウに、いつも通りに、よろしくお願いします」ペコ

パタパタ…

パタン

P「……」

P「…」ハァ


40: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:26:21 ID:NpfsEeS2



たたっ


仁奈「??」

仁奈「どーしやがりましたかP。顔が…く、くらいよーでそうでもねーですね」

P「そ、そうか?」

仁奈「はい。気持ちにやにやしてやがります」

P「……気をつけます」

仁奈「その方がよさそーです」コクコク

仁奈「それよりお待たせしたです!帰りやがりましょう!」

P「うん」


41: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:26:56 ID:NpfsEeS2



パタン


楓「……はぁっ」

楓「…はー……き、緊張した…」…ズルズル…

楓「……」スリスリ

楓「……え、えへへ。ち、チューしちゃった…」

楓「……」

楓「……」

楓「……はふー…」

楓(…でも…いまはとはいえ断られちゃったな……)

楓「えぐ」


42: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:27:39 ID:NpfsEeS2


楓(まあでもああいうところもプロデューサーのいいところだし…)グシグシ

楓「……なんというか」…グイ

楓「ままならないなー…アイドルがプロデューサーに…フツウに恋をするのって。はーあ」

ぺたん

楓「…」コテン

楓「…」コロコロ

楓「……。むずかしい…なー」コロコロ

楓「…まあでも…好きだし仕方ないか…うん」…コロン

楓「ふふ…………恋かー…ふふふ。愛憎相半ば…というか。禍福は糾える縄の如し、みたいなことかなぁ」



・・・・おしまい


43: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:28:19 ID:NpfsEeS2

以上です


ありがとうございました


44: ◆qEJgO2U6bM 2014/03/01(土) 05:29:00 ID:NpfsEeS2

本当はもう少し間に話を入れてから落とすつもりの話なんですけど、
なんかいろいろ考えるのが面倒臭くなって早めました
合間の話はそれはそれでいつか考えるかもしれません


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 05:29:19 ID:eUITZ3io

いつも素晴らしい作品をありがとうございます。

続編楽しみにしています


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 10:28:41 ID:XOb4T9b2


日常ほのぼの系もいいけどこういうのも好きよ


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/01(土) 15:42:23 ID:FuFfYKz.

Pが誰を選んでも幸せになってほしい


引用元: 高垣楓「フツウの恋の結末」