1: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:21:01.42 ID:aS8ZlRCDO


楓「…けほっ」
no titleno title




P「あー」

P「楓さん。風邪引いてるのに、歌とか口ずさむのよくないですよ」

楓「むぐ……うぅ、すいません…こほ」モゾモゾ

楓「うー…」コテン

P「けど目が覚めたので安心しました。お腹はすいてませんか?」

楓「…あ、はい。えっとちょっと……」

楓「…」…ポフ

楓「?あれ」コテン

P「?」

楓「……」コロロ

パシ

楓「…」ギュ

P「…どうしました?」

楓「……」ニギニギ

楓「…ゆ、ゆうれいとかではないみたいです」

P「報告ありがとうございます」



・スレタイがあれですけどクロスとかではないです
・シリーズ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389968461



2: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:24:42.01 ID:cQga0+5ro


楓「…あ」

ぱたふ

P「?はい」

楓「ゆうれいかどうかよりかは、これが夢なのかどうか気にするべきだったかも…」

P「…それじゃあ」

P「ほっぺでもつねってみますか?」

楓「あ…じ、じゃあその」

楓「はい。やさしくお願いします…」

P(あ、俺がつねるんだ…)

P「…では」ムニ

むに

楓「はぅ」



3: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:25:31.33 ID:aS8ZlRCDO



ぐにぐに


楓「……」ムニニ

楓「いふぁいれふ」

P「目は覚めましたか?」

楓「おかれふぁまで……」アウー

P(可愛い…)グニ

楓「あー」



4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 23:27:01.25 ID:h9Nb6vzIO

(可愛い…)


5: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:27:15.66 ID:cQga0+5ro


楓「…」ムニムニ

楓「…ふふ」

P「??」

楓「じゃあ…ゆめではないんですね。おはようございます」

P「はい。おはようございます」

楓「はい」ニコ

楓「…わあ。目が覚めて側にだれかいるって久し振り…。ふふっなんだか嬉しいですねー…」パァァ…

P(あ、なんかひかってる…)



7: >>6 地球んなかー ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:30:26.19 ID:aS8ZlRCDO


P「…」フム

P「そうですか?」

楓「ですです」コクコク

P「そうですか」クス

楓「はい。ふふっ…ふふふ……」モゾモゾ…

P(かたつむりみたいだ)



9: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:32:38.97 ID:cQga0+5ro


楓「……」ニヘニヘ

楓「…?…あれ?」パサ

楓「でも…どうしてプロデューサーが私の部屋にいるんでしょう?」ハテ

P(大切な質問がずいぶん後回しだな)ムニムニ

楓「あふぇ」アー


・・・ひりひり


楓「……」イタイ…

P「……」…ナデナデ

楓「あ…ふふ。えへへ…」

P(…可愛いな)ナデナデ



11: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:34:21.74 ID:cQga0+5ro



なでなで


P「えっと…覚えていませんか?楓さんの方から、体調がよくないと連絡をもらったんですが」

楓「…」ポフポフ

楓「し、しましたっけ」

P「されました」

楓「あぅ…ごめんなさい、きっとあたまがぼーっとしていて、それで咄嗟に…ついプロデューサーさんに…」

P「いえ。べつに怒ってはいないので、気にしないでください」ポフ

楓「あうっ……あれ」

楓「ほ、ほんとは怒っていませんか…?」サスサス

P「とんでもない」ポフポフ

楓「あうあう」



12: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:38:01.88 ID:aS8ZlRCDO


楓「…」アレー…

P「…」クス

ぽふ

楓「?」

P「…えっと…要するに」ナデナデ

P「辛そうだったのでお見舞いに来たんですけど」

楓「……あ、」

楓「そ、それはそれは…恐れ入ります」ペコ

P「とんでもない」ナデナデ

楓「……」

楓「……」ポフポフ…エヘヘ

P(熱いな)



13: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:39:30.32 ID:cQga0+5ro


P「あ…そうだ。開いてますから勝手に入ってくださいって、」

P「ちゃんと電話で言ってもらいましたからね。ふ、不法侵入ではないです。断じて」

楓「断じて」クス

楓「はい。分かりました」

楓「…ふふ。でも私とプロデューサーさんの仲ですから…べつに部屋に上がってもらうくらいで、不法なことなんてなにも」

P「……それは」

楓「??」

P「…そうですか」

P「…じゃあ、よかった」

楓「はい。よかったです」ニコ

P「はい」

P「……」ナデナデ

楓「あ…ふふ」ニヘ



14: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:41:11.51 ID:aS8ZlRCDO


楓「…」ムフー

P「…」クス

P「…それにしても、」

楓「??」

P「はい。電話の内容も覚えていなかったってことは、」

P「ずいぶん朦朧としていたんですね。もうしばらくはちゃんと寝ていましょう」

楓「あ…はい。分かりました…こほ」

P「なにか食べられますか?薬も飲んで欲しいので…」

楓「…えっと…いまおなかは」グー

楓「…………」

P「……」

P「了解です」

楓「…うぅぅ…はい……了解されました……」グス パサー

P(また布団をかぶってしまった)

楓「あぅー…」ハズカシイハズカシイ

P「……」ハハ



15: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:42:02.23 ID:cQga0+5ro


P「じゃあ…お粥かなにか、作って来ますね。台所借ります」

楓「はいどうぞ……あっプロデューサーさん」

P「?」

パシ

P「…?」

楓「…」ギュ

楓「…あ、その、その…そのまえに」

楓「…………プロデューサーさんの手が冷たくて…気持ちいいので…えっと」

楓「もう少しこうしていてもらえませんか?」

P「……それはまあ」ポンポン

楓「わう」

P「じゃあいまはもう少しだけ」

楓「……はい。それで…全然」ギュ

楓「…ふふ」

P「…………」ナデナデ



16: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:43:48.97 ID:aS8ZlRCDO








P「じゃあ戻って来るまでちゃんと大人しくしていてくださいね」

楓「はい。…あ、あのプロデューサーさん、そんな子どもに言い付けるみたいな言い方はひどいです…」

P「あ…ごめんなさい。では、」

P「安静に。しててくださいね」

楓「はい」

楓(……安静に…。…反省して安静に……)

P「?」

楓「ふふっ」

P「」ビクッ

楓「そ、そうしてます。私、安静にしますよっうふふ」パサー

P「あ、はい。よろしくお願いします」

楓「はーい」モゴモゴ



17: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:45:42.91 ID:cQga0+5ro



ぱたん・・


楓「……」

シーン…

楓「……」

楓「…」パタ

楓「……」コロコロ

楓「…静か」



18: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:48:58.36 ID:aS8ZlRCDO


P「…ん」モグ

P「…薄いか。いやまあこんなもんか…うん」

ぽん

P「?」

P「かえでさ――…むぐ」プニ

楓「ふふっ。ひっかかりましたねー。えへ」

P「……」

P「…」ペチ

楓「あう」



19: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:51:24.21 ID:cQga0+5ro


P「……安静にって言いましたよね俺」

楓「はい。えっと反省して……ぷ」

P「楓さん?」ゴゴ

楓「あっはい。ごめんなさいごめんなさいです、なのでぐりぐりはそのぅ…あうあー」



20: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:52:24.80 ID:aS8ZlRCDO


楓「……」ワーン

P「…ったく。子どもですか」ポンポン

楓「?わぷ…」

楓「……、ふふ」

P「…?」




21: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:53:46.09 ID:cQga0+5ro


楓「えっと…プロデューサーが嬉しそうなので、それでいいかなって…」

楓「大人っぽい私の方がお好きですか?」

P「…………あ、いや…」

楓「……」…ニコ

P「…………」

P「…というか俺…嬉しそうでしたか?」

楓「…あ、はい。た、たぶん。気のせいで…なければ」コクコク

P「……そうですか」

P「…」

楓「?」



22: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:54:22.13 ID:aS8ZlRCDO


P「いえ、なんでもないです」

P「ほら。もう持って行きますからちゃんと寝ててください」

楓「えー…でも部屋は静かでつまらなくて…こほ」

P(やっぱ子どもじゃないですか)

P「…ぶり返しますよ。大体、いつもは一人でちゃんと寝てるんでしょうに」

楓「……そういえばそうですね…?あれ、なんでだろう」

P「さあ」

楓「ふふ。不思議ですねー」ポフポフ

P(なんでちょっと嬉しそうなんだろう)



23: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:55:02.38 ID:cQga0+5ro



くるんっ


楓「じゃあ…すぐに戻って来てくださいね?待ってます」

P「はい」

楓「はい」ニコ

ぱたぱた

楓「…はふ」パタン

楓(…えへへ。なんでかな……なんでかな)

楓「こほ。…ま、また怒られちゃう。ちゃんと寝てよう…うん」モゾモゾ

楓「……」

シーン…

楓「…やっぱり静か…不思議。……ふふ。えへへへ」



24: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:57:17.32 ID:aS8ZlRCDO








P「あー」

楓「ん」パクン

楓「…むぐ。むぐ…おいひいれふ」モグモグ

P「そうですか?よかった」

楓「はい。あーん」

P「あーん」

楓「あむ。…もぐもぐ」

P(…本当に子どもみたいだな)

楓「あーん」

P「あーん」



25: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:58:12.37 ID:cQga0+5ro








楓「ごちそうさまです」

P「おそまつさまです」

P「じゃあ…薬を飲んで、またゆっくり横になってください」

楓「はい」

楓「こくこく…あ、そういえば」プハー

P「?はい」

楓「今日は…その、プロデューサーさん…お仕事は…」

P「ああ。えっと…まあたぶん、なんとか」

P「また明日から頑張ります」

楓「……」

楓「…ふふ。そうですか。ありがとうございます」

P「いえ」



26: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/17(金) 23:59:24.37 ID:aS8ZlRCDO








P「ちゃんと暖かくして」

楓「はい」

P「そうだ。冷えピタも買って来たので、貼っておきましょうか」

楓「おお。…あれってなんだかワクワクしますよね。こう…貼ると、今日の私はいつもとちがうんだぞー…みたいな」

P「風邪のときだけですもんね。子どもの頃とか、たしかにちょっと特別な感じがして」

楓「わ、分かります?そうですそうです。お休みの日なんだーって…ふふ。分かってもらえちゃった…ふふふ」ニヘニヘ

P(だいぶ元気になったかな)ウン

P「じゃあ貼りますね」ペリリ

楓「はい……あ、…でも、その」

P「?」



27: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:00:16.69 ID:1vWAKUB1o



グイ


P「…」ペタッ

楓「あぅ…つめた」

楓「…あ、え、ええと、その」

楓「……き、今日の私は、いつもとちがうんだぞー……なんて」

P「…それは俺の手です」

楓「わ、分かってますよ?」



28: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:00:56.77 ID:rC7Yim1DO


楓「あの…ほら。今日はプロデューサーさんがそばにいるので…」

楓「つ、つめたくて気持ちいいし。代わりになるし…」

P「…」

楓「…う、うぅ」

楓「さ、さっき続きはまたあとでって約束したじゃないですか!」

P「落ち着いてください」

楓「が、がおー」

P「落ち…それは?」



29: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:01:32.68 ID:1vWAKUB1o


P「……えっと」

P「それはまあ…べつにいいですけど」

楓「ほ、本当ですか?」

P「ええ。大した手ではないですが」

楓「そ、そんなご謙遜なさらず……とってもひんやりですよ?」

P(手の冷たさを褒められてもな)

楓「……えへへ…」サスサス

P「…」

P(…まあ、いいか)



30: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:03:03.15 ID:rC7Yim1DO


P「…」ポンポン

楓「?」

P「ちゃんと寝つけるまでこうしていてあげますから。もう休んでください」

楓「……はい。分かりました」

楓「……」

P「……」



31: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:04:09.06 ID:1vWAKUB1o


楓「こほ」

楓「……」

楓「…あ、あの…プロデューサーさん」

P「はい」

楓「…はい」

楓「……もしもプロデューサーさんが…私と、どんな関係かなって、考えると……どう思いますか?」

P「……」

楓「……」

P「……」

P「…そうですね」



32: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:04:44.79 ID:rC7Yim1DO


P「…風邪を引いたらお見舞いに行って…まあ勝手に部屋に上がって」

P「お粥を作ってあげて、話相手になってあげて…可愛いパジャマなんか見たりして」

楓(み、見られてた……)アワワ

P「……そんな」

P「そういう、アイドルとプロデューサーですかね」

楓「……」

楓「そう、ですか」

P「はい」



33: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:05:54.42 ID:1vWAKUB1o


楓「……」ポフ…

楓「…えへへ。ごめんなさいへんなこと…聞いて。もう寝ますね」

P「はい。お休みなさい」

楓「おやすみなさい」

楓「……」ギュ…

P「……」



34: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:06:25.06 ID:rC7Yim1DO










35: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:07:08.41 ID:1vWAKUB1o







楓「……くぅ」

P「…」

P「…」

P「まあ、その」

なでなで

楓「??…すぅ…」

P「…」

P「俺も…コーヒーを作ってもらったり、話相手になってもらったり、一緒に飲みに行ったり」

P「…普通アイドルって、プロデューサーとそんなことしませんもんね…たぶん。分かんないけど。だから同僚?」

楓「……」すぴー・・

P「…それも少し違うか。まあ…なんでしょうね」

楓「……」

P「……」ナデナデ

P「…なんだろうなぁ」



36: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:07:40.57 ID:rC7Yim1DO










37: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:08:17.00 ID:1vWAKUB1o








楓「…」スゥ…

楓「……ん…」

ぱちっ

楓「……う」

楓「…ふあ……あふ……」コテン

P「…ん」モゾ

楓「?わぅ…わわ、前が見えな……え、えい」グイ

P「……」ウーン…

楓「??」



38: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:08:44.76 ID:rC7Yim1DO


楓「…あ、ぷ、プロデューサーさんの手でしたか……ね、寝がえりを打ったとたんに、前が見えなくなるので何事かと…」

楓「…あれ?」

P「……」zz…

楓「……」

楓(…もしかして…ずぅっと、手を当ててくれてた…のかな)

P「…」グゥ…

楓「…………」

楓「…ふふ…」



39: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:10:17.38 ID:1vWAKUB1o



ぺし


P「う」

楓「ふふ、ふふ。プロデューサーさん。きっと…フツウのプロデューサーは、アイドルと一緒に寝たりはしませんよ。もう」

楓「……ふふふ。えへへ…」ペシペシ

P「??」…zz…

楓「……ふふ」

楓「…大好き…ですよ?」



・・・・おしまい



40: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:11:07.01 ID:rC7Yim1DO


おわりん

お気づきかと思いますがスレタイは
アニメ「遊戯王5D`s」のタイアップ曲vistlip「-OZONE-」の歌詞からです。ぐう名曲



↓おわりと言いつつおまけ数レスつづけますすいません



☆おまけ1☆


\ツドイシホシガー/


楓(……あの髪形ってどうやってセットするのかしら…むむぅ)コクコク

P(あ、またなにかどうでもいいこと考えてるな…)

楓「ごぼごぼ」

P(考えるのに必死で水飲みながら溺れとる……)サスサス



42: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:13:29.39 ID:1vWAKUB1o


☆おまけ2☆


\ネエイマドコー/\チキューンナカー/


楓「すてきな歌ですよね」

P「そうですね」

楓「――…ねえいまどこ…♪」

P(おお…当たり前だけどすごくうまい……ちょっと得した気分だな)

楓「えと…ふとーんなかー…♪…なんて…ふふっ…」モゾモゾ

P(…ぶれないな)



43: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:14:43.75 ID:rC7Yim1DO


☆おまけ3☆


楓「……」

楓(…そういえばこのパジャマ……だ、だったっけ?あれ…昨日はたしかジャージで……)

楓「……」…ポフ

楓(……ひょっとして…プロデューサーが来るからって無意識に着替えを…?あ、汗で寝苦しいこともなかったし…そ、そうなのかな…)

楓(……無意識に。)

楓(…あわわ。な、なんだか恥ずかしい…)ポフポフ…

P「?」

P「あ、そうだ楓さん。寝苦しいかと思って汗を拭くのと着替えだけ」

楓「あ、はい。…へっ」

P「比奈がやって帰りました。送るついでに一度一緒に来てくれて」

楓「あっ……あー…ああ。なる、ほど…」…ポフン

P「?どうかしました」

楓「い、いえ……なんでも…」

P「はあ」

楓(……ほ…)

楓(……ほっとしたらまた…なんだかおなかが)ぐー

楓「……」

P「……」

P「…えっと」



44: ◆qEJgO2U6bM 2014/01/18(土) 00:15:39.33 ID:1vWAKUB1o


P「…なにか食べたいものってあります?」

楓「あっ…じ、じゃあ……なにか暖かい物…とか」

P「分かりました。もう少しゆっくりしてから、買い物でも行きましょう」

楓「はい。えへへ」ニコ

楓(……一緒にお夕飯の材料を買いに行くていどの関係、…か。ふふふ…)

P「楓さん?」

楓「あ、いえ…ふふふ。――…だなんて…よく言います。もう」つん

P「いて。…な、なんですか??」

楓「なんでもないですよっ。ふふ」

楓「ふふ…えへへへ…」ニコ



・・・おまけもおしまい
ありがとうございました。



45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/18(土) 00:15:47.29 ID:s6hpKeH2o

朝まで騒ぎたい(意味深)


47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/18(土) 00:38:51.67 ID:SBJUbj5to

かえではかわええで……ふふっ


57: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/18(土) 22:24:48.76 ID:q3zmkEJMo

最高に高めた俺のフィールで、最強の乙を手に入れてやるぜ!


59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/19(日) 21:50:20.07 ID:7M38lTk/0

>>57
お前が手に入れてどうするwwww


引用元: 高垣楓「どんな関係なんて聞かれたら…♪」モバP「?」