1: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:03:50.19 ID:eqrOQkca0


モバマスお姉さんシリーズ 番外編です

番外編でシリーズと特につながりはないので、ここからでもどうぞ。




2: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:05:21.40 ID:eqrOQkca0




―町はずれの銭湯にて―



 カポーン……




麻理菜「ふぅ~、いい場所見つけちゃったわ。ここは私のオアシス決定ね♪」ザブザブ



麻理菜(久しぶりのオフの日にサーフボードをメンテに出した帰り道、ふと立ち寄った
    下町で昔ながらの銭湯を見つけた。海好きが影響してるのか、お風呂も大きい
    方が好きな私は気が付けば暖簾をくぐって熱い湯に浸かっていた)


no title




3: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:06:42.65 ID:eqrOQkca0




麻理菜「はぁ~、アイドルも意外と体力勝負なのね。サーフィンよりは楽だと思ってた
    けど、毎日レッスンと営業の繰り返し。他にも小さい子達の面倒を見て、若い
    子達の相手して、同世代の人達と飲みに行って。私もたまには1人でゆっくり
    したいわ。ラッキーな事に今は私ひとりだし、のんびりしていこっと!」



麻理菜(みんなが言うには私は『頼りやすいお姉さん』らしい。大人組の中ではラフな
    格好をして事務所をうろついているし、クールの人達よりも適度にいい加減で
    早苗さんや夏美より落ち着きがあって話しかけやすいとか)






4: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:08:12.64 ID:eqrOQkca0



麻理菜「瑞樹さんとか留美とか真奈美は、雰囲気や前職がきっちりしてるから話しかけ
    にくいのかしら。美優は優しいけれどちょっと頼りないし、早苗さんと夏美は
    暴走特急だし、礼子さんや志乃さんや礼さんは妙な威圧感があるし」フウ

麻理菜「楓はお姉さんというよりはかえでちゃん。瞳子はちょっと堅い印象があるし、
    消去法で私になるのかしら。それとも元プロサーファーって前歴がフワフワ
    してる雰囲気なの?夏は日焼けしてるし適度に遊んでる感じで……」ウ~ン

麻理菜「レナさんは遊び人でもベガスのカジノでガチでやってた人だから、逆に怖い
    印象があるのかも。付き合ってみると楽しい人だけどね」ザバッ



麻理菜「まぁ、頼られて悪い感じはしないけどね。みんな可愛いし良い子だし」ヒタヒタ






5: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:09:09.53 ID:eqrOQkca0




麻理菜「ふんふんふふ~んフレデリカ~♪ なんちゃって☆」ゴシゴシゴシゴシ



麻理菜「あ、トリートメント忘れた。備え付けのシャンプーあるけど、あまり良いのじゃ
    なさそう。昔なら気にしなかったけど、今はアイドルだしなあ……」ウ~ン

麻理菜「ま、いっか。一日ぐらいだったら別に……」

のあ「貸してあげるわ」サッ
no title

麻理菜「いいの?ありがとう助かったわ」ホッ






6: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:09:56.36 ID:eqrOQkca0



のあ「髪は女の命よ。ついでに芸能人は歯が命よ」ゴシゴシ

麻理菜「あはは、懐かしいわねそれ。ア○ガードだっけ?」シャカシャカシャカシャカ

のあ「サ○ちゃんとミ○ヒサくんは結局どうなったのかしら……」ゴシゴシ

麻理菜「ええと、確かあのCM最後は…………」シャカシャカシャカシャカ



麻理菜「………………ん?」シャカ…






7: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:11:53.38 ID:eqrOQkca0



麻理菜「い、いつからいたのあんた!? ていうかいつの間に入って来たの!? 」ギョッ!!

のあ「あなたが礼子と志乃と礼をお局様で、楓を阿呆で、瞳子を重い女だと言ってた
   辺りからかしら……」ザバッ

麻理菜「言ってないわよ!? 悪意ありすぎる曲解でしょそれ!! 」グワッ!!

のあ「でもレナを阿婆擦れ扱いするのは流石にどうかしら」ジロ

麻理菜「『あ』しか合ってないわよ!! ていうか何でキレてるのよ!? 」





8: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:13:07.39 ID:eqrOQkca0



のあ「怒ってないわ。生まれつきこういう顔なの」シャカシャカシャカシャカ

麻理菜「う…… そ、それは悪かったわ、ごめん……」ビクッ

のあ「いいえ」シャカシャカシャカシャカ



麻理菜「…………」ジャ―――――……

のあ「…………」ジャ―――――……






9: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:14:29.25 ID:eqrOQkca0




麻理菜「じゃ、じゃあお先に。トリートメントありがと……」ソソクサ



のあ「待ちなさい」ジロ



麻理菜「なっ、何!? 」ビクッ!!



のあ「そのまま上がると風邪をひくわ。もう一度湯船に浸かって体を温めなさい」



麻理菜「わ、わかったわ……」オズオズ






10: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:15:34.83 ID:eqrOQkca0



麻理菜(相変わらず何考えてるのか分からないわね…… MBプロ『魔の24歳コンビ』
    その一翼を担う高峯のあ。私この子が苦手なのよね)

麻理菜(理由はのあの銀色の髪と鋭い目つき、そしてクールを通り越して冷酷な印象が
    何となくサメをイメージさせるから。私はサーファー時代にサメに襲われて、
    ボードを食いちぎられた事がある。アイドルになった今でも、私はサメが怖い)



麻理菜(そしてサメっぽいのあが苦手。事務所では猫のユニットを組んでいたけど、どう
    見ても似合ってないわよ。P君は一体何を考えているのかしら―――――)






11: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:16:22.08 ID:eqrOQkca0




***



 ピチョン…



麻理菜「…………」パシャ…



のあ「…………」






12: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:17:26.75 ID:eqrOQkca0




麻理菜「…………ねぇ」



のあ「…………」



麻理菜「ねえってば」



のあ「…………」



麻理菜「何か喋ってよ!静かすぎて逆に耳が痛いわよ!」グワッ!!



のあ「…………」






13: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:18:48.93 ID:eqrOQkca0




麻理菜「無視しないでよ…… 一応同じ事務所の仲間なんだし、ちょっとくらい喋って
    くれてもいいじゃない……」ハア…



のあ「…………」



麻理菜「ねえ、ちょっとあんた、私の話を聞いてるの……?」ポン



のあ「…………」フラ…






14: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:19:30.45 ID:eqrOQkca0




麻理菜「え……?」



のあ「」バシャーン!!



麻理菜「ええええぇぇぇっっっ!? のぼせたのあんた!? 」ギョッ!!



のあ「」ブクブクブクブク…






15: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:21:17.44 ID:eqrOQkca0




***



のあ「……っ!? 」パチッ



麻理菜「ようやく目が覚めたのね。まったく、熱いお湯が苦手だったら無理するんじゃ
    ないわよ。湯船から引き上げたらあんたの白い肌が真っ赤になっていたから、
    びっくりしたわよホントに……」←膝枕

のあ「この浴衣は…… あなたが?」パサ

麻理菜「し、仕方ないでしょ!裸で転がしとくわけにもいかないし不可抗力よ不可抗力!
    出来るだけ見てないし、変な事もしてないから!」カアア

麻理菜(わかってたけどこの子まるで作り物の人形みたいにキレイな体で、女の私でも
    ドキドキしたわ。肌は真っ白でシミもホクロもないし、毛は全部処理してるし、
    まるで最初から生えてなかったみたいで……)



麻理菜(生えてなかったみたいで……………………)



麻理菜「ああもう!忘れろ忘れろ!私は何も知らない!何も見ていない!」ブンブン!!






16: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:22:18.36 ID:eqrOQkca0



のあ「迷惑をかけたわね。悪かったわ……」

麻理菜「事務所の仲間だし助けるのは当然よ。それより目が覚めたなら起きてくれない?
    まだ頭がぼんやりしていたらゆっくりでいいから」ハア

のあ「…………」ムクリ

麻理菜「何の為に湯船に浸かりなおしたんだか。すっかり湯冷めしちゃったわよ」スタスタ

のあ「…………」ションボリ





17: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:23:27.56 ID:eqrOQkca0




麻理菜「おばちゃん、コーヒー牛乳とフルーツ牛乳一本づつちょうだい」チャリーン



のあ「?」

麻理菜「トリートメントのお礼よ。好きな方を選びなさい」サッ サッ

のあ「…………フルーツ牛乳」ス…

麻理菜「はい」ポン

のあ「……」キュポン ←牛乳キャップ

麻理菜「これを飲まないと銭湯に来た気がしないのよね」キュポン






18: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:24:31.53 ID:eqrOQkca0




のあ「……」ゴクゴクゴクゴク…



麻理菜「……」ゴクゴク…



麻理菜「……んっ!? 」ピタッ



のあ「……?」ピタ



麻理菜「ぺっ、ぺっ、髪が口の中に入っちゃった。こうやって飲むの久しぶりだから
    すっかり忘れていたわ」ゴソゴソ



のあ「……」ジー






19: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:25:49.74 ID:eqrOQkca0




麻理菜「よっと、ほっと、やっと」キュッ、キュッ、キュッ

のあ「 !? 」ギョッ!!

麻理菜「さてと…… ん?どうしたの?ポニーテールの私がそんなに珍しい?」チラッ



のあ「……」ガシッ!!

麻理菜「にゃ!? にゃにふるのよっ!? 」←両手で顔面ロック状態






20: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:27:34.54 ID:eqrOQkca0



のあ「……」ジリジリ…

麻理菜「ひっ、ひはいひはい!」ジタバタ



のあ「…………やっぱり似てるわ」ボソッ

麻理菜「ぶはっ!いきなり何すんのよ!? 何がしたかったのよっ!? 」グワッ!!

のあ「ご馳走様。それじゃあお先に」コトン






21: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:28:37.41 ID:eqrOQkca0




 スタスタスタ…… ガラッ ピシャッ



麻理菜「ホントに何なのよあの子は…… 明日から顔合わせ辛いなあ……」ハア

麻理菜「……って!? 待ちなさいよあんた!? それ銭湯の浴衣だから!! 自分の服に着替えて
    から帰りなさいよ!! 」バタバタ



麻理菜(結局翌日、のあの私服は私が事務所に持って行く羽目になってしまった。あの子
    どこに住んでるのかP君も知らないし。それにしてもあの子の服、一体どこで
    売ってるのかしら?サイバーっぽいというかコスプレっぽいというか。むしろ
    浴衣で帰してあげた方が良かったのかも……)






22: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:29:29.73 ID:eqrOQkca0




***



―数日後・事務所にて―



麻理菜「おはようございま~す」ガチャ

仁奈「おはよーごぜーます麻理菜!待ってやがったですよ!」ダキッ!!
no title

麻理菜「おはよ仁奈。今日も良い抱き心地ね」モフモフ

仁奈「えへへ、綿を増やしました!仁奈はみんなの意見を集めてニーズに応えました!
   ところで麻理菜、仁奈は麻理菜を海の女と見込んで頼みがあるですが……」サッ

麻理菜「お、また新作のキグルミの相談?どれどれ……」ジロ






23: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:30:19.35 ID:eqrOQkca0



仁奈「そうです!ナマコかサメかどっちにしようか迷ってます。みんなはサメがいいって
   言いやがりますが、仁奈としてはナマコも捨てがたくて」麻理菜「ナマコよ」

麻理菜「サメの方がいいって言ってる子達は海の素人よ。ナマコにしなさい。フォルムも
    シンプルで作りやすいし。それにあんた今年の夏にサメに食べられてたじゃない。
    ウチの事務所を代表するキグルミストがダブりなんて許されないわ」ペラペラ

仁奈「そうですね!仁奈もサメはにわかくせーと思ってやがりました!時代の最先端は
   ナマコですね!ありがとです!さっそくパパに電話してきます!」タタタッ



麻理菜「ちょっと自分の意見を押し付けすぎたかしら……? でもナマコの方が私達も
    抱き心地が良さそうだし。キ○ーピーのたらこみたいな感じで」






24: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:31:45.57 ID:eqrOQkca0



愛梨「おはよ~ございます麻理菜さ~ん♪」ダキッ
no title

麻理菜「おはよう愛梨。なんであんたまで抱き着いてくるのよ?」

愛梨「Pさんに麻理菜さんが来たら、お仕事でお話があるから会議室に連れて来いって
   言われてます~ 今度のお仕事は私と麻理菜さんが一緒みたいですよ♪」ニコニコ
   
麻理菜「そうなの?それじゃ行きましょうか」スタスタ

愛梨「はい♪」ルンルン



 スタスタスタ…



のあ「…………」ガチャ ←ロッカー






25: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:34:56.37 ID:eqrOQkca0




―会議室―



愛梨「麻理菜さん到着で~す♪」ガチャ

麻理菜「おはようみんな。待たせちゃったかしら?」

晴「全然待ってないぜ麻理菜姉ちゃん!」ニカッ
no title

裕美「おはようございますっ」ニコッ
no title

優「おはよ麻理菜さん☆ やぁん♪ あばれないの、アッキー☆」ジタバタ
no title

アッキー「キャン! キャン!」(マリナ! マリナ!)






26: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:35:41.44 ID:eqrOQkca0



麻理菜「今回の仕事はこのメンバーってわけね。P君はまだかしら?」

P「すみません遅れてしまって。もう皆さん揃ってましたか」バタバタ

晴「おせーよP!待ちくたびれたぜ!」

P「悪い悪い、それじゃ早速始めようか。今回の仕事だが―――――」





27: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:36:59.44 ID:eqrOQkca0




―――



晴「ロリコン!ロリコン!アタマおかしいんじゃねえのか!? どうしてオレや裕美さんが
  バニーガールのカッコなんてしなくちゃいけないんだよ!」ウガーッ!!

裕美「ひ、ひどい事言っちゃだめだよ晴ちゃん…… 晴ちゃん可愛いし似合うと思うけど。
   それに私もちょっと着てみたいし……」ボソッ

晴「目を覚ませよ裕美さん!あんたPにダマされてるんだよ!」ガクンガクン

裕美「あわわわわ……」ガクンガクン






28: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:37:56.23 ID:eqrOQkca0



P「俺も晴に似合うと思うけどなあ。どう思います麻理菜さん?」チラ

麻理菜「そうね。私のブルマ姿よりはマシじゃないかしら?」ジト

P「う…… け、結構評判良かったんですよあれ!麻理菜さんも最後の方はノリノリで
  やってたじゃないですか!」アセアセ

愛梨「バニーガールですか~♪ 楽しみです♪」ニコニコ

優「愛梨ちゃん似合いそうだよねー ☆ アッキーもそう思うでしょお?」ナデナデ

アッキー「キャン!」(イケル!)





29: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:39:27.27 ID:eqrOQkca0



麻理菜「で、私もバニーなのかしら?まぁ去年よりはマシかな」フウ

P「その前に麻理菜さんに少し相談したい事がありまして。事務所としましては優の世代
  (19~23歳)からもう二人ほど加えたいのですが、社長の注文が『この人が!? 』と
  驚く様な意外性が欲しいとの事なんです。それでグループの垣根を越えて、多くの
  子達から慕われている麻理菜さんにご意見を伺おうと思いまして……」

愛梨「麻理菜さん人気者ですもんね~♪」ニコニコ

晴「そうだな!麻理菜姉ちゃんに相談したら間違いないもんな!」ニコッ



麻理菜「おだてても何も出ないわよ。そうねえ、そのあたりの世代なら……」ウ~ン






30: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:40:32.83 ID:eqrOQkca0




麻理菜「……千夏とかどうかしら?」サラリ



P「ち、千夏ですか!? 」ギョッ!!

優「千夏さんがバニーガール?あはっ!あたしもちょっとイメージ出来ないかなあ♪」

麻理菜「いえ、案外はまると思うわよ。ほら、去年頼子ちゃんウサミミつけたじゃない。
    あんな感じで知的なイメージとのギャップが狙えるでしょ」

P「で、ですがウサミミはともかくとして、あの千夏がこんなきわどい衣装を着てくれるか
  どうか…… レッドバラードもちょっと恥ずかしがっていたのに……」ポリポリ

晴「なんで千夏さんにはエンリョしてオレの意見はムシなんだよ!」ウガー!!






31: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:41:58.88 ID:eqrOQkca0



麻理菜「いつの話をしてるのよ。今の千夏はもっと柔軟よ。唯とフレデリカに囲まれて
    だいぶ頭が柔らかくなったんじゃないかしら。それにあの子退屈は嫌いだから、
    たまには大胆な事させてあげないとすねちゃうわよ?」

裕美「た、確かに最近千夏さんムスっとしてるような…… 昨日もキュートの寮に来て、
   フレデリカさんのほっぺた引っ張っていたし。むに~って感じで……」

P「そ、そうなのか…… それじゃ思いきって千夏にやらせてみます。確かに面白いかも
  しれませんね。いや~、麻理菜さんに相談してみてよかったですよ!」ニコニコ





32: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:43:11.36 ID:eqrOQkca0




麻理菜「アイドルが多いから1人1人となかなかコミュニケーションはとれないと思う
    けど、たまには時間を作るのも大事よ。特に学校を出た直後で不安定な優達の
    世代は、将来とか仕事とか色々考えているから変化も早いわよ。注意してあげ
    ないと、アイドル辞めて地元に帰っちゃうかもしれないし」ジロリ

P「き、肝に銘じておきます…… 確かにこの世代は学生組と大人組の間だし、一番自由
  だから一番気を遣わないといけないですね。友紀も悩んでいるのかなあ……」ウ~ン



麻理菜「千秋くらいガッチリ固まっていても逆に危険だけどね。ああいう子は一度挫折
    したらなかなか立ち直れないし。まぁ、あの子は真奈美も気をつけて見てるし
    大丈夫だと思うけど。私達大人組もいつもみんな気にかけてるから、Pさんも
    もっと連携してやっていきましょう。みんなもいいわね!」ニコッ

優・愛梨・裕美・晴「「「「 は~い!! 」」」」






33: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:44:05.38 ID:eqrOQkca0



P「すみません麻理菜さん、俺プロデューサーなのに頼っちゃって……」ウルウル

晴「もっとしっかりしろよP!ついでにオレの衣装も考え直せよ!」ギャーギャー!

P「さて、それであともう1人ですが……」サラリ

晴「オレも愛媛に帰るぞこのヤロー!」ガタッ!!

麻理菜「そうね。後はねえ……」ウ~ン





34: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:45:12.80 ID:eqrOQkca0




のあ「話は聞かせてもらったわ」ガチャ



P「のあさん!? 」ギョッ!!

麻理菜(げっ!? )ギョッ!!

のあ「P、私その仕事やるわ。いえ、私がやらないといけないわ」キリッ



全員「「「「「「えええええええええぇぇぇぇぇぇっっっっっっ!!!??? 」」」」」」






35: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:46:19.80 ID:eqrOQkca0




のあ「今回のテーマは意外性…… 私がバニーガールをしている姿など誰も想像がつかない
   でしょう…… それに私は誰よりもうまくこなす自信があるわ……あるぴょん」キリッ



晴「ぶふっ!? 」

裕美「は、晴ちゃん!? 」ビクッ!!






36: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:47:46.80 ID:eqrOQkca0




P「で、でものあさんはみくとアーニャと『にゃんにゃんにゃん』を……」



のあ「『にゃんにゃんにゃん』は………… 解散したわ。みくが自分の猫キャラに限界を
   感じて…… 私とアーニャも説得したけど、彼女の意志は固かったわ……」クッ…



P「そ、そうだったんですか!? みくの奴あんなに楽しそうにやってたのに……!」ギリッ

麻理菜「ウソに決まってるでしょ!? あの子が猫キャラ辞めるなんてありえないわよ!」






37: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:48:50.03 ID:eqrOQkca0




***



―事務所内・リラクゼーションルーム―



みく「……!? 」ピキピキピキーン!!
no title

アーニャ「どうしましたか、みく?」キョトン
no title

みく「いや、のあチャンがまたとんでもない事をやらかしてる気がしたにゃ」キョロキョロ






38: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:50:39.57 ID:eqrOQkca0



アーニャ「いつもの事です。気にするだけТщетность……無駄です」ゴロゴロ

みく「それもそうにゃ」ゴロゴロ



美優「あの、ふたりとも…… そろそろどいて欲しいんだけど……」オロオロ
no title






39: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:51:24.97 ID:eqrOQkca0



みく「嫌にゃ。雪美チャンがいつも美優さんの膝枕で寝てるから試してみたけど、これは
   やみつきになるにゃあ……」ゴロゴロ

アーニャ「ダー。故郷のМать、母を思い出します……」ゴロゴロ

雪美「美優…… とられた……」イジイジ
no title


美優(ううぅ…… この子達の次は雪美ちゃん…… しばらく動けないよぅ……)ハア






40: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:52:51.69 ID:eqrOQkca0




***



のあ「私の趣味が天体観測なのは知ってるでしょ?私はアイドルになる前から、猫よりも
   兎が好きだったのよ。セー○―ムーンも全巻持っているわ。セー○―ムーンは私の
   世代の憧れであり、アイドルの理想であり……」ペラペラペラペラ…



優(ノンストップでのあさんの熱弁が30分。いつ終わるのかなー?)アフ…

愛梨(のあさんウサギさんが好きなんだなあ……)シミジミ






41: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:56:27.90 ID:eqrOQkca0



P「わかりました、のあさんのお気持ちはよ~くわかりました!今年は猫キャラ一本で
  売り出そうと思っていましたが、社長とかけあってきます!」オテアゲ

のあ「ありがとう。あなたが私のプロデューサーで本当に良かった…… 」クスッ

P「 !? 」キュン♥



麻理菜「P君、鼻の下伸びてるわよ」ジト

P「……はっ!? そ、そそそそんな事ないですよ!! 」アタフタ






42: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:57:54.98 ID:eqrOQkca0



のあ「では私は失礼するわ。八百屋に行ってニンジンを買って来ないと……」スタスタ

のあ「……」チラッ

麻理菜「 っ!? 」ビクッ!!



のあ「…………仕事、楽しみにしてるわ」バタン






43: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 21:58:54.98 ID:eqrOQkca0




 シーン



晴「オレ、ニンジン好きじゃないんだけど食べなくちゃダメか……?」オソルオソル

裕美「だ、大丈夫だと思うよ…… 好き嫌いはよくないけど、今回は撮影だし……」

P「麻理菜さん、のあさんはどうしてあんなにやる気になっているんでしょうか……?」

麻理菜「私が知るはずないでしょ…… 魔の24歳コンビは礼子さんや瑞樹さん達も
    頭を悩ませているわ……」ハア






44: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:00:34.05 ID:eqrOQkca0




P「ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません…… ただお二人とも思考がぶっ飛んで
  いるのにそれ以上にポテンシャルもぶっ飛んでいるので、何をやらせても完璧に
  こなすから社長も俺も強く言えなくて……」ハア



麻理菜「それもわかっているわ…… 優達の世代と私達の世代の間に、たった2人しか
    いないのに『24歳』ってグループがあるくらいだしね。天才と変人は紙一重
    だって言うし、2人もいるのはラッキーかもしれないわよ……」






45: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:02:20.44 ID:eqrOQkca0




***



―会議室外―



ヘレン「のあ、あなた今度バニーガールの仕事をするそうね?」
no title

のあ「…………盗み聞きとは趣味が悪いわね」ギロリ

ヘレン「あなたの演説が会議室の外まで響いていたのよ。バニーガールなんて正気なの?
    あなたには失望したわ。もっと利口な女だと思っていたのに」フンッ!

のあ「どういうことかしら……?」ピク






46: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:04:11.66 ID:eqrOQkca0




ヘレン「はっきり言ってこの仕事はナンセンスよ。バニーガール?ハッ!時代錯誤もいい
    所だわ!おまけに低俗で下品だし、どこの国でも体にしか自信のないバカな女が
    着る衣装よ。たまたま同じ歳というだけで、あなたと一括りにされることが多い
    私も同列に見られて非常に迷惑だわ!」ギロッ!!



のあ「あなたは何も分かっていないのね。世界レベルが聞いて呆れるわ……」フッ…



ヘレン「……なんですって?」カチン






47: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:06:26.55 ID:eqrOQkca0



のあ「私はバニーガールになりたくてこの仕事に立候補したのではないわ。私は兎という
   動物そのものになるの。そして地球を脱出して『月』を目指すわ……」

ヘレン「な……っ!? 」ギョッ!!

のあ「浅学なあなたに教えてあげるわ。兎は古来より月に住む唯一の神獣だと言われて
   いるの………… 私はもうこの星に興味はない………… もう地球だけで私の心は
   満たされない………… あなたと違ってね」ジロリ

ヘレン「く……っ!! 」ギリリ…



のあ「広大な宇宙の中の小さな地球の、その中の更に小さな世界の中で死ぬまで1人で
   踊り続けるがいいわ。私はあなたとは格が違う。偶々年齢が同じだというだけで
   一括りにされるのは、私としても非常に不愉快だわ……!」ギンッ!!






48: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:07:56.38 ID:eqrOQkca0




 スタスタスタ…



ヘレン「……フッ、さすがのあね。この私が地球上で唯一ライバルと認める女だけの事は
    あるわ。あなたが宇宙を目指すというならば、私は更にその上を行く。あなたに
    勝つ為なら時空さえも超えてみせるわ……」タラリ…

ちひろ(お二人が一括りにされているのは、どちらもクールのアイドルで歳が同じという
    共通点だけじゃないと思いますよー!)カタカタカタ…

ヘレン「ちひろ、今の話を聞いていたわね?」ジロリ

ちひろ「えっ!? あ、はい!聞いていたというか聞こえたというか……」ビクッ!!






49: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:09:13.95 ID:eqrOQkca0




ヘレン「じゃああなたは自分がどうすればいいか分かるわよね。確か少し先になるけど、
    私の仕事でレナと一緒にロワイヤルスーツを着るのがあったはずだわ。それを
    千夏に変えなさい。そしてバニーの仕事を私にあてるのよ!」ビシッ!!



ちひろ(な、なんでこの人まだ未定の仕事で未定のメンバーなのに知ってるの!? これが
    世界レベルの実力なの―――――?)ゾクリ






50: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:10:17.63 ID:eqrOQkca0




***



―セクシーバニー当日・スタジオ控室にて―



ヘレン「どうかしらのあ!この私のバニーガール姿は!人類史上私ほどバニーガールが
    似合う女がいたとは思えないわ!流石のあなたも声が出ないようね!」バーン!!



のあ「…………」ムッスー



夏美(な、なんで!? どうして千夏じゃなくてヘレンなの!? どうして魔の24歳組が揃って
   バニーガールのカッコしてるの!? 話が違うじゃない麻理菜さん!! )ダラダラ

no title





51: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:11:52.70 ID:eqrOQkca0



のあ「夏美…………」ギロリ

夏美「な、なななな何よ!? 」ビクッ!!

のあ「どうして麻理菜じゃなくてあなたが来ているのかしら……?」ムッスー

夏美「え?麻理菜さんはメンバーを決める時にプロデューサーに意見を求められただけ
   だって言ってたわよ?だから最初から今回のメンバーじゃないって聞いたけど。
   私は今回のイベントで追加要員の依頼が来たから、パッションのアイドルをもう
   1人出すって事で急遽呼ばれたんだけど……」キョトン



のあ「…………そうだったの。あなたは私とヘレンのバランサーね…………」ポツリ

夏美「そういう言い方されるとイラっと来るけど、どうやらそういう事みたいね。だから
   プロデューサーも何か気まずそうだったのね……」ハア






52: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:12:34.40 ID:eqrOQkca0


夏美「ところでどうして麻理菜さん?あんた麻理菜さんに何か用でもあったの?」

のあ「別に何もないわ………… 何もないわ…………」ハア

ヘレン「クラッシックなバニーガールでも、世界レベルの私が着れば最先端のモードに
    早変わりね!バニーの耳のおかげかしら、大衆がこの私を大絶賛している声が
    聞こえて来るわ!バニーの耳は宇宙を目指す為に立っていたのね!」ヘーイ!

夏美(うるさいわね…… 妙に似合ってるのがまたムカつくわ……)イライラ




53: >>52訂正 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:13:38.85 ID:eqrOQkca0



夏美「ところでどうして麻理菜さん?あんた麻理菜さんに何か用でもあったの?」

のあ「別に何もないわ………… 何もないわ…………」ハア



ヘレン「クラッシックなバニーガールでも、世界レベルの私が着れば最先端のモードに
    早変わりね!バニーの耳のおかげかしら、大衆がこの私を大絶賛している声が
    聞こえて来るわ!バニーの耳は宇宙を目指す為に立っていたのね!」ヘーイ!

夏美(うるさいわね…… 妙に似合ってるのがまたムカつくわ……)イライラ






54: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:16:00.49 ID:eqrOQkca0



のあ「……ヘレン、これを見なさい」サッ

ヘレン「どうしたのかしらのあ?今更負け惜しみでも…………!? 」ギョッ!!



ヘレン「そ、そのバニーの耳はもしかして…………」ダラダラ

のあ「そう。『ロップイヤー』よ。あなたがバニーガールを古臭いと決めつけている間に
   バニーガールも進化しているの。兎の耳が立っているという固定概念に囚われて
   いる以上、あなたが私に追いつく日は永遠に訪れない……」バッサリ

ヘレン「く…… 私のバニーはまだ宇宙には届かないというの…………?」ガクッ

夏美(全く意味がわからないわ……)






55: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:17:06.05 ID:eqrOQkca0




のあ「夏美」



夏美「何よ?」



のあ「今日は来てくれてありがとう…… よろしく……」ポツリ



夏美「どうしたの急に?私は仕事が出来るから別にいいけど」キョトン






56: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:18:20.69 ID:eqrOQkca0




***



―同時刻・事務所リラクゼーションルーム―



麻理菜「あ~疲れた…… 本職の渚とバスケなんてするんじゃなかったわ……」ガチャ

美優「あ、麻理菜さんこんにちは……」モクモク

麻理菜「あら美優、またお香焚いてたの?」

美優「せっかくのリラクゼーションルームですから、みんなにゆっくりリラックスして
   もらおうと思って……」パタパタ

麻理菜「あんた良いお嫁さんになるわよ。私も休ませてもらうわ……」ハア

美優「あはは、ごゆっくり……」パタパタ






57: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:19:16.32 ID:eqrOQkca0




麻理菜「…………」



美優「…………」モクモク



麻理菜「…………」



美優「…………」パタパタ



麻理菜「……美優とだったら、沈黙が続いても気まずくならないんだけどなあ」ポツリ

美優「な、何か喋った方が良かったですか……?」ビクッ

麻理菜「いや、実はこの前たまたま銭湯でのあに会ってさ―――――」






58: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:20:03.25 ID:eqrOQkca0




―――



麻理菜「―――――て事があったのよ。あの子が何をしたかったのか分かる?」

美優「あの、麻理菜さん。ちょっとお願いがあるんですけど……」ゴソゴソ

麻理菜「どうしたの?」

美優「髪をまとめてみてくれませんか?」サッ ←髪ゴム

麻理菜「……?いいけど……」キュッ、キュッ、キュッ






59: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:21:04.19 ID:eqrOQkca0



麻理菜「よっと。これでいい?」←ポニテ

美優「もうちょっと位置を下げて、この辺りをこうして、前髪を流して……」チョイチョイ

麻理菜「何をしてるの?」キョトン

美優「はい、出来ました。ちょっと鏡の前に私と並んで立ってみて下さい」スタスタ

麻理菜「そんな事したって、私とあんたが映っているだけで…………っ!? 」ギョッ!!





60: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:22:19.73 ID:eqrOQkca0




美優「わかりましたか……?」



麻理菜「…………あんたと私って、こんなに似てたっけ?」ポカーン



美優「以前瑞樹さんと留美さんとのあちゃんで飲みに行った時に、瑞樹さんが冗談で
   『美優ちゃんと麻理菜ちゃんは生き別れた双子の姉妹なのよ!』って言ったん
   です。留美さんはありえないって大笑いしていましたけど、のあちゃんだけは
   じっと私の顔を見ていましたから、もしかしてそうじゃないかなって……」

麻理菜「髪の色とか背格好も何となく似てるわよね…… じゃあ私ももしかしたら、
    美優みたいな女らしい女になっていた可能性もあったの……?」ウ~ン

美優「私は運動が苦手なので麻理菜さんみたいにはなれなかったと思いますが……
   でも麻理菜さんは、今のままでも十分女らしいと思いますよ」ニコ






61: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:23:13.08 ID:eqrOQkca0



麻理菜「そうかしら?私と美優が似てるって分かっただけで、それで結局のあは何が
    したかったのかしら。今日のバニーの仕事も飛び入りで来たし……」

美優「…………」

麻理菜「美優?どうしたの?」

美優「何となくですけど…… 分かる気がします……」

麻理菜「え?分かるの?」



美優「多分ですけど…… のあちゃんは麻理菜さんに甘えたかったんだと思います……」

麻理菜「……はぁ?」キョトン






62: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:24:09.72 ID:eqrOQkca0




***



美優「一緒に飲みに行ったり話すようになったりして分かったんですけど、のあちゃんは
   ああ見えて結構人が好きで、人懐っこい性格をしてるんです……」

麻理菜「そういえばあんたさっきから『のあちゃん』って……」

美優「い、一応私の方がお姉さんですからのあちゃんがそう呼んでくれって言って……
   それでのあちゃんは、本当は人に頼って欲しいし人に頼りたい、いえ、甘えたり
   甘えられたいんです。でも見た目があんな感じだからどっちも叶わなくて……」

麻理菜「ああ、確かに…… サメっぽいもんねあの子」

美優「サメですか?」キョトン

麻理菜「何でもないわ、こっちの話。続けて?」





63: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:25:05.74 ID:eqrOQkca0



美優「はい。それで最近ですが、みくちゃんとアーニャちゃんが私に甘えてくるように
   なりまして、私の膝にそれぞれ頭を乗せて寝転がるんです。のあちゃんはそんな
   二人を少し離れた所からじっと見ていて……」モジモジ

麻理菜「……もしかしてだけど、のあもみくやアーニャみたいに、あんたに膝枕して
    欲しいの?あのサメっぽいのあが?」

美優「ひ、膝枕をして欲しいかどうかまでは分かりませんが、あんな風に甘えてみたいん
   じゃないかなって…… でも自分は一番お姉さんだからいつも二人に譲っちゃって、
   我慢してるんじゃないかなって……」カアア

麻理菜「う~ん…… いまいち想像がつかないような…… もしかしてみくをいじったり
    するのも、自分に甘えて欲しいから?」ムムム…







64: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:26:13.86 ID:eqrOQkca0



美優「のあちゃんはどちらでもいいと思います。甘えても甘えられても…… でも同じ
   ユニットのみくちゃんとアーニャちゃんは、のあちゃんじゃなくて私に甘えて
   きますから、のあちゃんは寂しかったんだと思います…… でものあちゃんは
   上手く伝える事が出来なくて、寂しくて誰かに甘えたくなって……」

麻理菜「……それで私に甘えたくなったの?何となく美優に似てる私に?」

美優「そうじゃないかなって…… それに麻理菜さんはとても頼りになる方ですから、
   のあちゃんも甘えてみたくなったんじゃないですか……?」

麻理菜「銭湯で茹でダコになってまで体張って何やってるんだか…… でもそう考えれば
    色々と辻褄が合うわね……」ヤレヤレ





65: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:27:20.16 ID:eqrOQkca0



美優「麻理菜さんならのあちゃんの悩みも解決してくれそうですし…… 私は相談相手
   にはちょっと頼りないので……」

麻理菜「こら、すぐにそうやって卑屈にならないの。P君もいつも言ってるでしょ?
    あんたはもっと自信を持ちなさい。そうすれば美優はもっと素敵なアイドルに
    なれるわよ。あんたは私に似てるんだから♪」ニヤリ

美優「ふふ、そうですね…… 私は麻理菜さんに似ていますからね……」クスクス



麻理菜「そうだ!私を『麻理菜』って呼び捨てにしてみましょう!のあにちゃん付けが
    出来たんだから、私を呼び捨てにするくらいいけるでしょう?」ポン!

美優「えぇっ!? む、無理ですよ!のあちゃんって呼ぶのも1ヶ月かかったのに……」アセアセ






66: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:28:42.49 ID:eqrOQkca0



麻理菜「大丈夫よほら、生き別れた妹だと思ってさ。確かあんた早生まれでしょ?実質
    私より1学年上じゃない。いけるって美優お姉ちゃん!」アハハ

美優「む、無理ですよぉ~~~~~っ!! 」

麻理菜(どうやら私は、自分が思っていたより人に頼られやすいらしい。まさかのあまで
    私を頼ってくるとは思わなかったわ。サメっぽくて怖い見た目をしているけど、
    中身はネコみたいに甘えたがりでウサギみたいに寂しがりらしい)



麻理菜「また銭湯に行ってみようかなあ―――――」



おわり






67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 22:31:55.92 ID:NtDb8faDO

おつ

ボイトレで声出せなくてこっそり落ち込んでたりするのあさんかわいい


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 22:33:55.73 ID:/kczcUHqo


まりーな!まりーなきた!

ジョーズのBGMがのあさんの登場BGMになるのか…(恐怖)


69: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:43:01.89 ID:eqrOQkca0




―おまけ―



―銭湯にて―



 カポーン



のあ「…………」チャプ



麻理菜「お、いたいた。やっほ♪ 」ガラッ



のあ「…………っ!? 」ビクッ!!

麻理菜「あんた湯船に浸かって大丈夫なの?のぼせる前にあがりなさいよ」ザバッ






70: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:44:13.26 ID:eqrOQkca0



のあ「……何か用かしら?」

麻理菜「見りゃ分かるでしょ。お風呂に入りに来たのよ」ヒタヒタ

麻理菜「ふぅ、極楽極楽♪」ザブーン



のあ「…………」

麻理菜「またそうやってずっと黙っているつもり?あんたの方こそ、私に何か言いたい
    事とかあるんじゃないの?」






71: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:45:37.82 ID:eqrOQkca0




のあ「…………あなたには……私はどう見えているの?」

麻理菜「ホオジロザメ。ジ○ーズのモデルの人食いザメね」キッパリ



のあ「…………あまり良いイメージではないわね」

麻理菜「サーファーの敵よ。サーフボードに乗って泳いでいる姿がアザラシかアシカに
    見えるんだってさ。私だって怖いもん」フウ






72: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:46:33.18 ID:eqrOQkca0



のあ「薄々気づいていたわ…… あなたが私の事を快く思っていないのは……」

麻理菜「そうなの。見た目通りなかなか鋭いのね」チャプ



のあ「あなただけじゃないわ…… 事務所の子達も、私が鮫か虎にでも見えているのかも
   しれないわね。猫になろうが兎になろうが、私は怖いのね……」フッ…






73: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:47:33.71 ID:eqrOQkca0




麻理菜「えいっ、指水鉄砲」ピュ―――――ッ!!

のあ「きゃっ…… な、何を……!? 」ギョッ!!



麻理菜「あはは!あんたも『きゃっ』なんて言うのね!初めてあんたが可愛く見えたわ。
    今のあんたはネコザメに見えるわよ。小さくて大人しいやつ」ケラケラ

のあ「……っ!? 」カアア

麻理菜「ほら、そこで恥ずかしがらないの。あんたはカッコつけすぎなのよ。もっと心を
    開いてオープンに話しましょうよ。思春期はとっくに過ぎたでしょ」

のあ「…………」






74: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:48:36.07 ID:eqrOQkca0



麻理菜「24歳コンビって面白いわね。片方は全力全開で自分をさらけ出していて、もう
    片方は徹底的に自分を隠している。真ん中あたりが丁度良いのに」アハハ

のあ「私はヘレンみたいには………… なれないわ……」チャプン

麻理菜「ならなくていいわよ。世界レベルのあんたとか見たくないし。私はもっと自分の
    やりたいようにやれって言ってるの。だからアイドルになったんでしょ?P君に
    スカウトされたからって理由だけじゃないはずよ」ニヤリ

のあ「そうだった………… かしらね」フッ…







75: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:49:53.59 ID:eqrOQkca0




麻理菜「そうよ。やりたい事のやり方が分からないなら私達にいつでも聞きなさい。大体
    みんなが通ってる道だから。美優は優しく、留美はきっちり、私は楽しく教えて
    あげるわよ。こんな風に…… ね!」ガバッ!!



のあ「きゃっ……、 ちょ、ちょっと…… 何をするの……!? 」ギョッ!!






76: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:51:01.57 ID:eqrOQkca0



麻理菜「女同士裸の付き合いをしようって言ってんのよ!一緒にお風呂に入るのは2回目
    だし、あんたの体は隅々まで知ってるんだから今更恥ずかしがらない!美優ほど
    柔らかくはないけど留美よりはあるから!」ギュウウウ…

のあ「は、離しなさい……! 離して…………」バシャバシャ

麻理菜「いいじゃんいいじゃん誰も見てないんだし♪ お、赤くなってきた。前みたいに
    倒れたら困るし、そろそろ解放してあげ……」バシャバシャ





77: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:52:03.78 ID:eqrOQkca0



レナ「わぁ~!懐かしいわ~!子供の頃から全然変わってないわここ!」ガラッ!!
no title

早苗「いい銭湯知ってるじゃない。静かでゆっくりするには良いところね」ワイワイ
no title

真奈美「あまり騒ぐなよ二人とも。脱衣所に荷物があったから先客が…………」ピタ
no title

麻理菜「」ダキツキ





78: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:53:04.68 ID:eqrOQkca0



早苗「あら?若い女の子?あすなろ抱きなんてしちゃって仲良し…………」ピタ

のあ「」ダキツカレ



全員「「「「「………………………………………………………………」」」」」






79: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 22:54:04.45 ID:eqrOQkca0




レナ「…………ごゆっくり」ガラガラ…



 ピシャッ



麻理菜「」

のあ「」



おわり






81: 1 ◆wJ270sPBjM 2013/12/02(月) 23:03:35.46 ID:eqrOQkca0


麻理菜お姉さんは序盤で書きましたが、頼りにされやすいお姉さんじゃ
ないかと思います。適度に力も抜けていて「なんとかするわ」くらいの
軽いノリでこなしてくれそうな。美優さんと似てる気がするんだよなあ。
某ポケ○ンみたいに、美優さんがサーファーになったらこんな感じに
なるんじゃないかと。美波の方がもっと美優さんに似てるのは承知して
いますがw では。




引用元: 沢田麻理菜「海の女と鮫の女」