1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 21:19:05.91 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「なんだか普通の話をしてるだけで楽しいです」

泰葉「これまで、おしゃべりを楽しむことなんてあんまりなかったのに……」

泰葉「アイドルになったからでしょうか?」

泰葉「それとも、相手がPさんだからですかね?」

泰葉「ふふっ」

no title




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:20:23.61 ID:Oe7p5oPK0

P「なぁ、泰葉?」

泰葉「はい、何でしょう?」

P「スカウトした俺が言うのも何なんだが……」

P「泰葉は、本当にアイドルになってよかったのか?」

泰葉「それはどういうことでしょうか?」

P「いや、アイドルになる前の仕事だってあった訳だし」

P「芸能界を辞めることだってできた訳だしさ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:21:59.17 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「そうですね……」

泰葉「アイドルになるのが一番よかったのかは、私にも分かりません」

泰葉「もし違う道を選んでいたら、私がどうなっていたかなんて」

泰葉「そんなの誰にも分かりませんからね」

泰葉「でも、私アイドルになってよかったと思ってます」

泰葉「少なくとも、あの頃のままでいるより、ずっとよかったって」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:22:55.39 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「私、アイドルになって変われたんです」

泰葉「アイドルになる前は、私、自分は人とは違うんだって思ってました」

泰葉「私が辛い思いをするのは、私がみんなと違うからなんだって」

泰葉「みんなと同じように生きれば、私だって幸せなれるんだって」

泰葉「でも、それは違うんだって分かったんです」

泰葉「みんなも、同じように悩みながら生きてるんだって」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:24:51.58 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「アイドルになる前は、周りが大人の人ばっかりで」

泰葉「ただ言うことを聞いてるだけだったから」

泰葉「周りの人の気持ちなんて、私には分からなかったんです」

泰葉「でもアイドルになって、同世代の娘と仕事をして」

泰葉「一緒に笑ったり泣いたりするうちに」

泰葉「みんな同じなんだって気づいたんです」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:27:00.87 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「結局、私に足りなかったのは」

泰葉「自分から幸せになろうとする気持ちだったんです」

泰葉「大人の言うことを素直に聞くだけで」

泰葉「自分からは何もしようとしなかった」

泰葉「抵抗して傷つくのは嫌だからって」

泰葉「幸せから逃げていたのは私のほうだったんですね」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:28:55.20 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「それと、私アイドルになってから」

泰葉「母に対する考え方も変わりました」

泰葉「正直に言うと、母のことはあまり好きじゃありませんでした」

泰葉「私の気持ちを母は少しも理解してくれない」

泰葉「私はこんなに苦しんでるのに、母は何にもしてくれない」

泰葉「もしかしたら、母は私のことが嫌いなんじゃないかって」

泰葉「そんな風に思ったこともありました」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:31:08.02 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「でも、それも違ったんです」

泰葉「あの時、母も必死だったんですよ、きっと」

泰葉「私、幼い頃に父を亡くしてるんです」

泰葉「母は、女で一つで私を育てようとして」

泰葉「父親がいないことを苦にさせたくなかったんでしょうね」

泰葉「私を芸能界に入れたのもそのためなんだと思います」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:33:00.14 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「でも、母は不器用だったんです」

泰葉「母には父親と母親を同時にこなす事なんてできませんでした」

泰葉「だから、芸能界にいる私には、厳しくする他なかったんです」

泰葉「厳しくすることが母の不器用な愛情だったんです」

泰葉「きっと私のこの性格も、そんな母に似たんでしょうね」

泰葉「アイドルになって、母の元を離れて」

泰葉「いろんなことを経験していくうちに」

泰葉「そんな風に思えるようになったんです」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:34:47.85 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「あっ、すいません、一人で勝手に話しちゃって」

泰葉「Pさんが相手だと、ついつい話しすぎちゃいますね」

P「いや、いいんだ泰葉」

P「俺だって泰葉のことを知れるのは嬉しいし」

P「それに、そんな風に話してくれるって言うのは」

P「俺のことを信頼してくれている証だからな」

泰葉「Pさん……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:36:31.85 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「Pさん」

P「ん?なんだ?」

泰葉「私は、Pさんのこと信頼しています」

泰葉「Pさんは、私のこと信頼してくれますか?」

P「ああ、もちろんだとも」

泰葉「そうですか……」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:38:27.63 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「Pさんに話したいことがあります」

泰葉「言おうかどうか迷ってたけど」

泰葉「やっぱりPさんには話しておきたいんです」

P「何でも話してくれ、泰葉」

P「聞いてやるぐらいなら、俺にだってできるからな」

泰葉「じゃあ……言いますね?」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:41:18.39 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「実は……私」



泰葉「ウサミン星人なんです」



P「なんだ、そんなこと……」

P「え?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 21:42:08.93 ID:oiFF7uLSo

なんだと…


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:43:17.10 ID:Oe7p5oPK0

泰葉「私が幼い頃に、家族で乗っていたう宇宙船が事故に会い」

泰葉「不時着したのがこの地球だったんです」

泰葉「そのときの事故で私は父を亡くしました」

泰葉「残された私と母は、なんとか地球で生きていくために」

泰葉「これまで身分を偽ってきました」

泰葉「でも、嘘をつき続けるのは嫌だから」

泰葉「せめてPさんには、話しておこうと思ったんです」

泰葉「こんな私でも、今までどうりプロデュースしてくれますか?」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:45:00.07 ID:Oe7p5oPK0

P「そ……」

P「そんなの関係ないさっ!!」

P「俺が泰葉をスカウトしたのはな?」

P「泰葉が芸能界にいたからでも、泰葉が地球人だからでもない」

P「俺は泰葉の目を見て、泰葉をアイドルにすると決めたんだ!!」

P「泰葉、一緒にトップアイドルを目指そう」

P「俺たちならやれるだろ?」

泰葉「はい!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:47:05.72 ID:Oe7p5oPK0

こうして、お互いの信頼を確かめ合った二人は

共に支えあいながら

トップアイドルへの道を歩んでいくのであった

おしまい


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/27(水) 21:48:03.94 ID:Oe7p5oPK0

一応置いておきますね?

安部菜々「本当に……私でよかったんですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383047450/l50


あと、泰葉のお父さん、勝手に殺してごめんなさい


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 21:49:04.91 ID:Wm2IdBgRo



つまり岡崎先輩のかーちゃんが菜々さんか(錯乱)


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 21:51:46.16 ID:SyFEqnRLo

おつー
うさみん星人はあと何人いるのか


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 22:32:19.91 ID:FdTXHTOHo

衝撃的展開すぎてワロタ


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 23:02:06.97 ID:XzEcbxXko

ウサミン星人なら仕方ないな(白目)
杏あたりなら含まれそうだがそうするときらりんは…


引用元: 岡崎泰葉「たまには……二人で話すのも悪くないですね」