1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:28:08.38 ID:EZIreeBzo


船頭多くして船山へ上る・・・物事を進めるにあたって、あまり指図をする人が多いと、統一がとれず全く見当違いのほうに進んでいってしまう

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:30:11.90 ID:EZIreeBzo


P「ううーん……どうするべきか」

渋谷凛「どうしたのプロデューサー。頭なんて抱えて」
no title

本田未央「もしかして若ハゲが侵攻してきたとか?」
no title

P「んなわけあるか! そうじゃなくて、三船さんの次のプロデュース方針について考えてたんだよ」

島村卯月「三船さんのプロデュースですか? 三船さん、動物園やクリスマスや鎌倉ロケと色々やってきましたからね!」
no title

P「そうなんだよなぁ。だから次はどうしようかと思って……皆はどう思う?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:34:02.49 ID:EZIreeBzo


凛「ステージに立った三船さん、凄く凛々しくて格好良かったから……私はああいう方向がいいと思うかな」

P「ふむふむ」



未央「未央ちゃんはクリスマスみたいなセクシーな衣装の美優美優さんがいいと思うのです!」

P「あぁー、そっちも捨てがたいなぁ」



卯月「私は鎌倉の時の様なお仕事がいいと思います。あんな素敵な大人の女性になれるように私も頑張りたいです!」

P「淑やかな大人の女性、いいよな」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:38:35.35 ID:EZIreeBzo


P「しかし見事に分かれてしまったな。個人的には動物園の時の様な路線で今の所考えていたんだが……」

凛「まぁ、私たちに決定権がある訳じゃないけど色々考えてみたらどうかな」

未央「プロデューサー君! 私(の意見)を捨てて凛や卯月を選ぼうっていうの!」

P「人聞きの悪い言い方はやめなさい」

卯月「それに、無理に一つに絞らずに合わせたりしてみるのもどうですか?」

P「ううーん……」




―――
――



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:41:30.74 ID:EZIreeBzo


後日のイベント




三船美優「きゃっ……きゃっぴぴぴぴ~ん……みんなのアイドル、三船美優ちゃんナリ……よ~///」
no title


<ザワザワ



P(この方向性は……どうだろうか……)








『船頭多くして三船山に上る』


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:43:27.37 ID:EZIreeBzo


鷺を烏(さぎをからす)・・・白いものを黒と言い張る。明らかに違った主張をしてやまない事


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:44:47.63 ID:EZIreeBzo


棟方愛海「だからね、プロデューサー。やっぱり彼女は黒だと思うんだよ」
no title

P「確かにそのギャップには心惹かれるけど……でも王道の白は譲れないな」

愛海「物静かで大人しそうな子が漆黒を身にまとうのがそそられるんだよ!」

P「……いや! やっぱり白だ!」

愛海「黒!」

P「白!!」

愛海「黒!!!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:49:34.99 ID:EZIreeBzo


P「なんで分からないんだ愛海! 文香は純白の下着、それは譲れません!」

愛海「プロデューサーのわからず屋! 文香さんは黒が一番似合うんだよ!」

P「ちなみに凛は蒼の下着なんて似合いそうだよねって言ってたぞ」

愛海「今は蒼は関係ないよ……文香さんにふさわしいのは白か黒か」



愛海「プロデューサー! ここで白黒ハッキリつけよう!」

P「上手いこと言いやがって! 望むところだ!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:51:56.61 ID:EZIreeBzo


鷺沢文香「あ、あの……」
no title

片桐早苗「いやぁ~お二人さん。朝っぱらから白熱した議論を繰り広げている所わるいけどね……」
no title




早苗「ち ょ っ と 事 務 所 ま で 来 い」

P「」

愛海「」







『鷺沢を烏』


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:54:04.93 ID:EZIreeBzo


ならぬ堪忍するが堪忍・・・もう我慢できないという所を、じっと我慢するのが本当の堪忍というもの


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:56:54.17 ID:EZIreeBzo


工藤忍(あ、足……痛くなってきちゃった)
no title

忍(でも、せっかくたおやかに正座したのに今更崩したら……ちょっと格好わるいかな?)

忍(ここは我慢我慢……)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 17:59:32.33 ID:EZIreeBzo


P「大丈夫か忍? なんだか元気無さそうだけど……」

忍「だ、大丈夫大丈夫! ほらプロデューサー、リンゴ食べよっ」

P「よっ……ちょっと届かないな。悪いけどもうちょっとこっちに伸ばしてくれるか?」

忍「う、うん」グイッ



忍「ひゃあああああああっっ!!?」

P「どうした忍っーー!?」

忍「なんでもない! なんでもないよ!」


P「なんでもない訳ないだろう……一体どうしたんだ?」

忍「え、えぇ~っと……」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:01:40.81 ID:EZIreeBzo


P「……そんなになるまで正座するなら、足を崩せばよかったじゃないか」

忍「だって……何となく負けた気分になっちゃわない?」

P「何の勝負だ何の。ほら、疲れたなら横になっとけ。それにしても大事じゃなくてよかったよ」

忍「ねぇ、プロデューサー。リンゴ食べさせて!」

P「忍ちゃん、わがままを言わないの」

忍「でも届かないからさ。ほらあーん!」

P「この娘ったら本当にわがままなんだから……」

忍「ふふっ、そのキャラどうしたのプロデューサー♪」







『ならぬ忍するが忍』


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:04:13.18 ID:EZIreeBzo


大海は芥(あくた)を選ばず・・・大海は川から物が流れ込むのを気にしない。大人物は度量が広くてさまざまな人を受け入れる、という意


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:06:22.74 ID:EZIreeBzo


前川みく「ねぇねぇ愛海チャン」
no title

愛海「どうしたのみくちゃん?」

みく「愛海チャンはいつも皆の胸を揉もうとしているけど、それってなんでなのにゃ? 女のコが女のコの胸を揉んで楽しいものなの?」




みく「……ねぇ、みくちゃん。みくちゃんは自分はどうして眠ったりご飯を食べたりするんだと思う?」

みく「そんなの、そうしないと生きていけないからに決まってるにゃ。 でもお魚はノーサンキューなのにゃ!」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:11:04.67 ID:EZIreeBzo


愛海「そうだよ。生きていけないからだよ。生きることとはすなわち揉むことなんだよ!」

みく「ちょっと何言ってるかわかんにゃいにゃ」

愛海「アイドル道とは揉むことと見つけたり……これ、あたしの座右の銘!」

みく「よくわかんにゃいけど愛海チャンがどうしようもないってのはよくわかったにゃ」

愛海「いや……そんな言葉で飾らなくてももっと単純な事だったよ」

みく「もしもし? 愛海チャンもしもーし?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:15:44.15 ID:EZIreeBzo


みく「ちょっと間違えちゃったにゃあ」

愛海「何が?」

みく「気にしなくていいの! それで、もっと単純なことってなんなのにゃ?」




愛海「……みくちゃん。誰かを揉むのに理由がいるかい?」

みく「余計に質が悪いだけだにゃあ!」

愛海「大きいのも小さいのもこいこいっ☆ みんなウェルカムだよ!」







『愛海は胸を選ばず』


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:17:56.53 ID:EZIreeBzo


七転び八起き・・・何度失敗しても、諦めずに立ちあがること


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:20:33.95 ID:EZIreeBzo


ナナはアイドルが好きです

ナナはアイドルの皆が好きです

ナナはアイドルを応援してくれる人達が好きです




皆さんのおかげで念願のCDデビューを達成することもできました

けれども、ここまで来るのに挫折も沢山経験してきました

影絵のように美しい物語だけを見ることなんてできないんです


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:23:28.32 ID:EZIreeBzo


そんな世界を進み続けていくのは大変でした


だってナナはまだ17だから
センチメンタルなジャーニーなんです





それでもここまでやって来られたのは、あなたに背中をそっと押されたから

あなたにさそわれたから

あなたにさらわれたから


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:25:58.03 ID:EZIreeBzo


安部菜々「プロデューサーさん! 国民総ウサミン星人化のその日まで、ナナは頑張りますよぉ!」
no title

P「よし菜々! これからもまだまだ頑張ろう! 菜々と、皆と、俺たち全員で!」








『菜々転び八起き』


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:29:41.05 ID:EZIreeBzo


画竜点睛・・・物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:32:18.44 ID:EZIreeBzo


P「晴には何かが足りない」

結城晴「……は?」
no title

P「晴といえばボーイッシュな出で立ちが印象的だけど、何か最後の一欠片が足りないんだ」

晴「アンタ、何言ってるんだ?」


楊菲菲「ふぇいふぇいわかったヨー! 晴に足りないのはチャイナ服ダヨー!」
no title

P「チャイナっ娘な晴も捨てがたいが、多分違うんだよな……」



及川雫「それじゃあ、身長ですかー? 今でも可愛くて格好いい晴ちゃんが大きくなったら、もぉーっと素敵になると思いますー♪」
no title

P「そうなった晴もとても魅力的だろうけど、あくまで今の晴に対する何か……だと思う」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:35:31.71 ID:EZIreeBzo


晴「……なぁ、サッカーしたいからオレもう行っていいか?」

P「も、もう少し待ってくれ」

晴「思い浮かばないってことは、大したことじゃないってことだろ」

菲菲「それもそうなのかナ?」

晴「そうだって菲姉さん。じゃ、行ってく――」





晴「うわっ!?」ドサッ

P「晴!?」

晴「いてて……転んじった。クソ、擦り剥いてるぜ……」

雫「晴ちゃん、そのままでいてください。今手当しますからー!」

晴「悪い、雫さん」

雫「足と……顔も擦り剥いていますね。絆創膏を貼らないとー……」ペタペタ


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:37:49.44 ID:EZIreeBzo


P「!!!」

P「こ、ここ、こここ……」

菲菲「プロデューサーさん?」



P「コレだーーーー!!!!!!!」




晴「うるせっ」

雫「きゅ、急にどうしたんですかプロデューサーさんー?」

P「絆創膏だよ絆創膏! 晴に足りなかったのはコレだ!! ってそれより大丈夫か晴!!」

菲菲「プロデューサーさん、何言ってるのカナ……?」

雫「な、なんでしょうー……?」

晴「多分、ろくでもないことだろ……」






『画竜点晴』


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:40:25.03 ID:EZIreeBzo


泥中の蓮・・・ハスの花は泥の中から咲くにもかかわらず白くてきれいなことから、その様な環境の中にいても影響を受けることなく「けがれなさ」を保つこと


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:43:33.28 ID:EZIreeBzo


高垣楓「うふふふふふ……蓮実ちゃん、はーすーみーちゃーん?」
no title

長富蓮実「は、はい!」
no title



片桐早苗「はすっ、蓮実ちゃんを見ていると何だか懐かしい感じがして……落ち着くわー」グデングデン

蓮実「そういってもらえると、なんだか嬉しいですね」



川島瑞樹「この素直な受け答え……これが若さなの!? 若さなのかしら!?」ベロンベロン
no title

蓮実「川島さん、そろそろ飲むのを止められたらどうですか……?」



柊志乃「大人には飲まないといられない時があるの……貴女も4年後にはわかるわ」
no title

蓮実「そ、そうなんですか?」



高橋礼子「ふふっ、その時には一緒に酌み交わしながら愚痴に付き合ってもらうわ」
no title

蓮実「が、頑張ります!」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:47:02.85 ID:EZIreeBzo


楓「すー……すー……」
早苗「くー……んがっ」
瑞樹「うぅーん……わからないわ……」
志乃「んっ……」
礼子「ジューシー……」



蓮実「寝ちゃった……」

蓮実「プロデューサーさんが『泥酔中のお姉様方とのエンカウントは気をつけろ!』と言っていたけど……なんというか、凄かったな」

蓮実「でも楽しそうだったな。私も、お酒が飲める歳になったら一度くらい混ざってみたいかも♪」

蓮実「あっ、このままじゃいけないから何か羽織るものを……」ファサッ




蓮実「ふふっ……皆さん、お休みなさい」






『泥中の蓮実』


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:48:20.39 ID:EZIreeBzo


眉毛に火がつく・・・自分のまわりに危険が迫ること


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:50:17.73 ID:EZIreeBzo


CDデビューが決まってから更に加速するまゆの猛攻

具体的に言えば至る所で俺の前に出現するようになってきた

「遊んで遊んで」とじゃれてくる子犬のようでかわいらしいことはかわいらしいのだけれど……


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:52:07.43 ID:EZIreeBzo




ある時は

P「う~トイレトイレ」ガチャッ

佐久間まゆ「プロデューサーさん」サクマー
no title

P「キャアッ! 佐久間さんのエッチ!」







またある時は


P「今日は一日かけての写真撮影だから、流石のまゆも来れないだろう」

まゆ「プロデューサーさん♪」マユーン

P「おいおいおいおいおい! なんでここにいるんだまゆ! まさか撮影を抜けだしたんじゃ……!?」

まゆ「そんな事をしたら事務所に迷惑がかかりますから」

P「だったらなんでここに……」



まゆ「残像ですよぉ」

P「あやめ殿ーー!! ここにライバルがいるぞーー!!」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:53:46.67 ID:EZIreeBzo




またまたある時は



P「今日も一日疲れたな。アイスでも買って帰ろう」

まゆ「プロデューサーさん♪」

P「……なんかもう普通に現れたら特に驚かないな。てっきりアイスケースを開けたらまゆがいるとかいう展開すら思い浮かんじゃったよ」

まゆ「うふふっ、常識的に考えてそんなことする訳ないじゃないですかぁ」

P「そりゃそうか。それよりどうだまゆ、アイスでも食べるか? 何がいい?」

まゆ「プロデューサーさんからもらえるものならなんでも嬉しいですよぉ」



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:56:41.74 ID:EZIreeBzo


その後、まゆはソフトクリームをペロペロしながら帰っていったので俺も帰宅することにした




P「ただいまー……って言っても誰もいないけどな」

P「はぁ虚しい……」

P「明日も早いしもう寝るとするか」ガチャッ




まゆ「おかえりなさい、あ・な・た♪」

P「」





『まゆに火がつく』


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 18:59:42.52 ID:EZIreeBzo

おわり
やっぱりアイドルの皆のかわいさが留まる所を知らないので書いた
キャプテンとふじりなと千鶴ちゃんのSRお待ちしております


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 19:05:04.64 ID:pYm/3lo6o

まゆに火が付いたら、戸籍の配偶者欄がいつの間にか埋まってる事になる
おっつ


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 19:10:30.12 ID:1I49mmU1o

ままゆは小犬みたいでおとなしくてかわいいと思います(白目)


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 19:41:19.57 ID:O8I4enlmo


おもしろかった


引用元: モバP「シンデレラことわざ」