1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:02:17.62 ID:qq4UNX1H0

競馬中心のSSになります。

終盤に鬱展開があります。

お気をつけください。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:04:58.54 ID:qq4UNX1H0

   2011年5月7日(土)12:20 社長室

P「失礼しまーす」

社長「おお、来てくれたか! ま、そこに掛けてくれたまえ」

P「はい。ところで、俺に話って何ですか?」

社長「まあ、そう慌てなさんな。このレースが終わるまで、少し待っていてくれたまえ」

 『さあこれから第四コーナーのカーブ。各馬、直線コースに入ります』

P「社長、競馬を見ていたんですか? ……ん?」

 『ここで一気にフレールジャック!』

P「え!? 速っ!?』

 『フレールジャック、勢いがまるで違う!』


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:07:23.18 ID:qq4UNX1H0

P「何だあの黒い馬、めちゃくちゃ速い!?」

 『あっという間に、前の各馬を抜き去りました!』

P「うわ、強! 一瞬でほかの馬をぶっちぎったぞ!」

社長「ほほう。やはりキミも、ティンときたかね」

 『フレールジャック、今一着でゴールイン! デビュー戦を鮮烈に飾りました!』

P「へえぇ、デビュー戦だったのか。とてもそうは見えなかったぞ……」

社長「ふむ、なかなかのものだ。今後も忘れずにチェックするとしよう」

P「……あ、すいません。もう大丈夫ですか?」

社長「おお、すまんすまん! いや、大した話じゃないんだがね」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:10:09.85 ID:qq4UNX1H0

社長「アイドルたちの、最近の調子はどうかと思ってね」

P「はい。みんな確実に、少しずつ成長していってくれてます」

社長「そうか。私が見る限り、彼女たちもキミを非常に気に入ってるようだよ」

P「いえ、俺なんかまだまだですよ。みんなの足を引っ張ってばかりで……」

社長「そんなことはないさ。もっと自信を持ちたまえ」

P「社長……ありがとうございます」

社長「今後ともよろしく頼むよ、キミぃ!」

P「はい! 全力で頑張ります!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:13:32.04 ID:qq4UNX1H0

   2011年5月22日(日)13:10 社長室

P「社長、すみません。少しお話が……あれ」

 『先頭はカリスマミッキーまだ粘っている。しかし、一気に後続が殺到します!』

P「また競馬ですか?」

社長「そう言うなよキミぃ。あの馬、キミも見覚えがあるだろう?」

 『フレールジャックが先頭に立ちました! あっという間にリードを広げます!』

P「あ、あれは……この間の」

社長「そう、彼だよ」

 『フレールジャック、今1着でゴールイン! 2連勝です!』

P「相変わらずの強さですね」

社長「なかなか有望そうだろう? ところでキミ、用件は何かね?」

P「あ、はい。明日の響のオーディションの件ですが――」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:17:35.67 ID:qq4UNX1H0

   2011年5月23日(日)15:00 オーディション控え室

P「やったな響! 合格おめでとう!」

響「へへん、自分にかかれば当然だぞ!」

P「これで、オーディション二連続合格か」

響「この調子なら、ランクアップも間違いなしだね!」

P「いやあ、さすが響だよ!」

響「いいや、自分だけの力じゃないよ」

P「へ?」

響「プロデューサーが、ずっと近くで見ててくれたからさ!」

P「そうかぁ? 俺の力は、あんまり関係ないと思うけどなぁ」

響「そんなことないって! プロデューサー、これからもよろしく頼むぞ!」

P「ああ! もっともっと、一緒に高みを目指そうな!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:20:07.15 ID:qq4UNX1H0

   2011年7月3日(日)15:45 Pの自宅

P「ふぅ……。久しぶりの休日だし、くつろがないと損だよな」

P「テレビでも見るか」プチッ

 『二番手にマイネルラクリマ、さらにはヒラボクインパクトが続いていきます』

P「競馬中継か。ん?」

 『さあ最後の直線! ここで一頭、外から上がってきました!』

P「あの黒い馬、見覚えがあるぞ。名前は……えーっと」

 『やってきたのはフレールジャックです!』

P「そうだ、フレールジャックだ」

 『外からフレールジャック! ここで粘るマイネルラクリマをとらえました!』

P「おお……!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:23:23.24 ID:qq4UNX1H0

 『フレールジャック、ゴールイン! これで無傷の三連勝です!』

P「いやあ、また勝っちゃったよ」

P「……本当に強いな、この馬」

P「迫力があるというか、他の馬を抜くときの切れ味がすごいというか」

P「この分なら将来、とんでもないスターホースになるんじゃ……」

P「…………」

P「……しばらく応援してみようかな、この馬」

P「えーっと、次はいつ走るんだろうか?」

P「社長なら知ってるかな?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:26:23.28 ID:qq4UNX1H0

   2011年7月10日(日)11:00 事務所

美希「ハニー! 見て見てなの!」

P「どうしたんだ美希? これは、今日発売のアイドル雑誌か?」

美希「じゃーん! ミキの写真、こんなにおっきく出てるよ!」

P「おおスゲエ! あ、こっちにも! おお、こっちの雑誌にも!」

美希「この雑誌なんて『将来のスター間違いなし』って書いてくれてるの!」

P「ああ、なれるよ! 美希なら絶対になれる!」

美希「ミキ、もっともっとキラキラするの! 次のお仕事、早く来ないかなぁ……」

P「よし、まかせろ美希! 俺が今すぐ取ってきてやるからな!」

美希「ホント!? さすがハニーなの!」

P「お、おいおい美希、そんなにくっつくなって!」

美希「ハニー、大好きなのー!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:29:31.50 ID:qq4UNX1H0

   2011年9月25日(日)15:35 オーディション控え室

春香「プロデューサーさん、遅くなってごめんなさい!」

P「おう、お疲れ春香! 結果はどうだった?」

 『スマートロビンがレースを引っ張ります。そのリードは三馬身』

春香「あれ? プロデューサーさんが見てるテレビ、競馬ですか?」

P「実は最近、注目してる馬がいてな。フレールジャックっていうんだ」

春香「へえ……。その馬、速いんですか?」

P「速いなんてもんじゃない! ちょっと見てみるか?」

春香「はい! どれどれ……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:32:13.87 ID:qq4UNX1H0

 『オルフェーヴル先頭! これを追ってウインバリアシオン!』

春香「ん……?」

 『後方からフレールジャックがようやく追い込んで、三番手をうかがっています!』

P「あ、あれ……?」

 『オルフェーヴルゴールイン! 2着にウインバリアシオン!』

P「負け……た……?」

 『3着はフレールジャックが上がったか』

春香「えーっと……3着だったみたいですね」

P「……なぜだ」

春香「勝ったお馬さん、金色に輝いててかっこいいなぁ」

P「…………」

春香「プ、プロデューサーさん? 大丈夫ですか?」

P「あ? あ、ああ。すまない春香」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:35:22.51 ID:qq4UNX1H0

P「で、結果はどうだったんだ?」

春香「えーっと、3位でギリギリ合格でした」

P「ギリギリでも合格は合格だ。おめでとう!」

春香「ありがとうございます……はぁ」

P「……? どうしたんだ、ため息なんてついて」

春香「1位と2位の人とは、すごい点数の差があって……」

P「あ……なるほどな」

春香「ダンスもボーカルも、今の私とはちょっとレベルが違うなって……思いました」

P「……そうか。トップを目指すには、もっともっと努力しないといけないな」

春香「もちろんです! 今回負けた人に追いつけるように、これから精一杯練習します!」

P「その意気だ! 一緒に頑張ろう、春香!」

春香「はい! 次こそは1位通過しちゃいますよ! 1位通過!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:38:15.18 ID:qq4UNX1H0

   2011年10月23日(日)15:40 Pの自宅

P「社長から仕入れた情報によると、今日の大レースにあの馬が出るらしい」

P「そろそろ始まる時間かな」ポチッ

 『スタートしました! 第72回菊花賞の発走です!』

P「よし、いいスタートを切ったぞ! 頑張れフレールジャック!」

 『先頭集団にフレールジャック。人気のオルフェーヴルは中団からレースを進めています』

P「このレースには、前回負けた馬が出てるみたいだが……」

 『ウインバリアシオンは最後方待機の作戦か』

P「二度は遅れを取らないはずだ! 普通に走れば……ん!?」

 『おっと!? レースは中盤ですか、今度はフレールジャックが先頭を奪いました!』

P「え!? なんだなんだなんだ!? 急に先頭に立っちゃったぞ!?」

 『フレールジャックがレースを引っ張ります! これは意外な展開となりました!』

P「そんな無茶なレースをして、大丈夫なのか……?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:41:25.10 ID:qq4UNX1H0

 『さあ第四コーナーのカーブ! フレールジャックは四番手に後退しています!』

P「ああ……こりゃダメだ……」

 『これが三冠だ! オルフェーヴル強い! ウインバリアシオン追い込んで二番手!』

P「このオルフェーヴルって馬も、やっぱり強いなぁ……」

 『オルフェーヴル、最後は流してゴールイン! ウインバリアシオン2着!』

P「…………」

P「10着ぐらいかな……」

P「…………」

P「……確かに上位の馬たちは強いけど」

P「相手以前に、自分に負けたような感じがするな……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:44:14.06 ID:qq4UNX1H0

   2011年10月29日(土)15:40 オーディション控え室

雪歩「プロデューサーごめんなさいぃ! 私……やっぱりダメダメですぅ」

P「そんなに落ち込むなって、雪歩。不合格で悔しい気持ちはわかるけどさ」

雪歩「……あの、プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「今回の私、何がいけなかったんでしょうか……?」

P「うーん。今日の演技は全体的に、レッスンよりも気負ってたように見えたぞ」

雪歩「うぅ……絶対に受からないといけないって思ったら、固くなっちゃって……」

P「そっか……。自分に勝つのって、本当に難しいよなぁ……」

雪歩「で、でも私、同じ失敗はしません!」

P「お!」

雪歩「次のオーディションでは、どんなことがあっても自分に勝ってみせますぅ!」

P「その意気だ雪歩! 雪歩の芯の強さがあれば、絶対に勝てるとも!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:47:22.96 ID:qq4UNX1H0

   2011年12月3日(土)15:45 Pの自宅

P「いやあ、土曜日に休みなんて、何だか久しぶりだぞ……」

P「そういえば今日は、あの馬が走る日だったかな?」ポチッ

 『スタートしました! 第64回鳴尾記念の発走です!』

P「お、始まった始まった。いいスタートだな!」

 『ミッキーパンプキンとダノンスパシーバが、並んで先頭に立ちます』

P「今回のレースに、前回上位に来た馬は出ていない」

P「あとは自分にさえ負けなければ……」

 『フレールジャックはいい手ごたえで、中団を追走していきます』

P「おお、今日はリラックスして走れてるんじゃないか?」

P「この分なら……」

 『最終コーナーをカーブして、直線コースに入ります!』

P「勝てる!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:50:18.55 ID:qq4UNX1H0

P「前回に比べて相手は格下のはず! ここから一気に伸びて!」

 『外から追ってくるのはレッドデイヴィス、フレールジャックはその内!』

P「……あら?」

 『レッドデイヴィスが先頭だ! 迫るショウナンマイティ、サダムパテック!』

P「お、おいおい……」

 『ショウナンマイティ前に迫ってくるが、レッドデイヴィスゴールイン!』

P「…………」

 『2着ショウナンマイティ、3着サダムパテック、4着にフレールジャックです』

P「……負けた」

P「相手は格下だと勝手に思ってたけど……」

P「何か、普通に強かったな……」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:53:22.48 ID:qq4UNX1H0

   2011年12月10日(土)10:00 事務所

P「亜美、真美。明日はオーディションだぞ? レッスンは大丈夫か?」

亜美「だいじょーぶだよ! 明日の相手って、ランクが下の人ばっかりなんでしょ?」

P「……何?」

真美「らくしょーに決まってるって! だから兄ちゃん、真美たちと一緒にあそぼーよ!」

P「……そういう甘い考えはやめておけ」

亜美「へ? だって、負ける可能性なんて――」

P「そんなふわふわした気持ちで、100パーセント勝てるって断言できるのか?」

真美「そ、そりは……」

P「油断してると足元をすくわれるぞ! 相手はみんな、全力で挑んでくるんだからな!」

亜美「……兄ちゃんごみん」

真美「真美たちが間違ってまちた……」

P「わかればいいんだ。さ、レッスン頑張ってこい」

亜美真美「「はーい!」」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:56:11.16 ID:qq4UNX1H0

   2012年2月5日(日)15:45 Pの自宅

P「ふう……ここの所忙しくて、疲れがたまってる気がするぞ」

P「でも、弱音を吐いてる場合じゃない。アイドルたちは、もっと大変なはずだしな!」

P「さて、時間時間っと」ポチッ

 『スタートしました! 第62回東京新聞杯の発走です!』

P「よし、今回もいいスタートだ!」

P「さあフレールジャック、今日はどのぐらいの位置につけるんだ?」

 『フレールジャックは五、六番手。その外側にサダムパテック』

P「ふーむ、前回と同じぐらいの位置か」

P「今日こそ、昔みたいな迫力あるレースを見せてくれよ……」

 『コスモセンサーが先頭で、第四コーナーをカーブしていきます!』


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 11:59:12.39 ID:qq4UNX1H0

P「よし行け! 頑張れフレールジャック! 頑張れー!」

 『ミッキードリーム、フレールジャック、マイネルラクリマ上がってくるが!』

P「あ、あれ……全然伸びないぞ……」

 『コスモセンサー逃げる、ガルボが二番手に上がってきた!』

P「ど、どうしたんだ……」

 『ガルボとコスモセンサー、並んだ並んだわずかにガルボかゴールイン!』

P「…………」

P「……7着ぐらいか」

P「何というか……普通に負けたな……」

P「うーむ。迫力がかけらも感じられなかったぞ」

P「もしかして、体調がよくなかったのか……?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 12:03:33.42 ID:qq4UNX1H0

   2012年2月11日(土)13:00 事務所

P「……ん? やよい、何だか顔色が悪くないか?」

やよい「だ、だいじょうぶです! 私は元気です!」

P「本当か? ちょっと額を触るぞ」

やよい「あ……」

P「って、やよい! すごい熱があるじゃないか!」

やよい「こ、これぐらいへっちゃらです! 午後のレッスンに行ってきますね!」

P「ダメだやよい! 今日は早く帰って、ゆっくり休むんだ!」

やよい「で、でも、オーディションが近いのに休むなんて……」

P「無理して悪化して、本番で力を出せなかったらどうするんだ?」

やよい「うぅ……」

P「それに俺だけじゃない。やよいの兄弟たちにも、心配をかけることになるんだぞ」

やよい「……わかりました。プロデューサーのお話が、ぜーんぶ正しいと思います」

P「ああ、よろしく頼むぞ。体調管理だって、立派なアイドルの仕事なんだからな?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 12:06:20.30 ID:qq4UNX1H0

   2012年7月8日(土)13:00 社長室

P「社長、お話とは何でしょうか?」

社長「まずは、彼の近況からだ」

P「彼? 誰ですか?」

社長「フレールジャック君だよ。忘れたとは言わせないぞ、キミぃ」

P「あ、ああ……。そういえば最近、走ってないですね」

社長「今は長期休養中で、復帰は秋になるそうだよ」

P「な、なるほど。わざわざ教えていただき、ありがとうございます」

社長「それから次は、律子君のアイドル復帰の件だ」

P「え!? 律子がアイドルに戻るんですか?」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 12:09:30.22 ID:qq4UNX1H0

社長「やはり、律子君にはアイドルの舞台が似合う。そうは思わんかね、キミ?」

P「それは、まあ確かに……そうですね」

社長「プロデュースは、もちろんキミにまかせるつもりだよ」

P「わかりました。全力で取り組みます」

社長「うむ、よろしく頼むよ。それから最後にもう一つ、キミに伝えておこう」

P「何です?」

社長「律子君が、今後のオーディションでトップを取り次第……」

P「取り次第?」

社長「新たなユニット、『765スターズ』を発足させるつもりだ」

P「何だか野球チームの名前みたいですね……。ところで、メンバーは誰ですか?」

社長「キミも何となく、予想がつくんじゃないのかね?」

P「……もしかして」

社長「その通り! 律子君を含めた、765プロ全員がメンバーだよ!」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 12:12:19.22 ID:qq4UNX1H0

   2012年9月8日(土)15:35 事務所

P「ふぅ……」

P「いよいよ今日が、律子の復帰後初オーディションか」

P「現地までついてこなくていい、なんて言われたけど……」

P「……不安だなあ」

P「テレビでもつけて、気を紛らわすか」ポチッ

 『さあ、先頭はワンダームシャ。軽快に飛ばしていきます』

P「お、競馬中継。そういえば、あの馬もそろそろ復帰するらしいけど……」

 『そして二番手には、休み明けとなるフレールジャック』

P「あ! いた!」

 『さあ七か月ぶりとなるフレールジャック、果たしてどういったレースを見せるのか』

P「そうか、今日が復帰戦だったのか。これはナイスタイミングだったな」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 12:15:24.94 ID:qq4UNX1H0

 『これから最終コーナーをカーブ。最後の直線です!』

P「さて、どうなる?」

 『さあ、ここで先頭が変わった! フレールジャックが先頭だ!』

P「おおっ!? ひ、久しぶりに勝つのか!?」

 『しかし追ってくるのはランリョウオー! 残り200メートル!』

P「ま、まずい! 追っかけてくる馬が速い!」

 『ランリョウオーが追い上げるが、内で粘るフレールジャック!』

P「粘れ粘れ粘れ粘れ粘れ! 頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ!」

 『フレールジャックかランリョウオーか、二頭並んでゴールイン!』

P「ど、どっちだ!? どっちが勝った!?」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:05:11.35 ID:qq4UNX1H0

 『わずかにフレールジャック、粘り通したか!』

P「か、勝ったのか……!?」

P「……よ」

  ガチャ

律子「プロデューサー、戻りました――」

P「よっしゃああああああああ!!」

律子「ひあああああああああっ!?」

P「え!? あ、律子」

律子「び、びっくりさせないでください! いきなり大声出して!」

P「お、おお……すまんすまん。悪かった」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:07:54.30 ID:qq4UNX1H0

律子「ところで、誰から聞いたんですか?」

P「へ、何を?」

律子「とぼけないでください。今日のオーディションの結果です」

P「いや、俺知らないけど?」

律子「またまたウソばっかり。私の結果を聞いて、思わず叫んじゃったんですよね?」

P「ちなみに何位?」

律子「一位です」

P「……マジ?」

律子「マジです」

P「本当に? 復帰戦でいきなり一位なの?」

律子「あのねえ。この状況で、私が嘘を言うとでも――」

P「よっしゃあああああああああああ!!」

律子「ひゃああああああああああああ!?」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:09:56.07 ID:qq4UNX1H0

   2012年10月1日(月)15:30 Pの自宅

P「いよいよ明日から、『765スターズ』の活動が始まるんだなぁ……」

P「きっとこれまで以上に、忙しくなるに違いないぞ!」

P「今日はゆっくり休んで、明日への英気を養わないとな!」

P「……っと、そろそろか。テレビテレビ」ポチッ

 『スタートしました! ポートアイランドステークスの発走です!』

P「よし、いいスタートだなフレールジャック! 昔と変わらずに!」

P「さて、どのあたりの位置を取るんだ……お」

 『フレールジャック、今日は後方からレースを進めます』

P「ふーん、この間よりもずいぶん後ろだな」

P「でも復活した今なら、多少後ろからでも勝てるはずだ!」

 『ガンダーラにミキノバンジョーが迫る! 第四コーナーをカーブしていきます!』


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:12:18.08 ID:qq4UNX1H0

P「よし、ここから一気に……ん?」

 『おっとフレールジャック、ちょっと前が壁になっている!』

P「な、何だ? フレールジャックの前に、馬群が密集してるぞ……!?」

 『ミキノバンジョー粘るが、オリービンが上がってくる! さらにゴールスキー!』

P「ま、前が壁になって進路がない! もうすぐゴールだってのに!」

 『フレールジャックは馬群の中だ! これは厳しいか!』

P「あ、ああっ……ああ」

 『先頭はオリービンか、ゴールスキーか並んでゴールイン!』

P「……13着ぐらいか……?」

P「いくらなんでもあんなに前が壁になってたら……」

P「さすがに厳しいよな」

P「うーん。競馬の世界にも、こういう試練があるんだなぁ……」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:15:28.62 ID:qq4UNX1H0

  2012年10月6日(土)15:30 事務所

P「どうしたんだ、千早? 何だか浮かない顔をしてるな」

千早「最近、壁に当たったみたいで……。微妙な感情の揺れを、うまく表現できないんです」

P「壁……か」

千早「せっかく『765スターズ』として、新しいスタートを切ったのに……スランプなんて」

P「千早、気持ちは痛いほどわかる。だけど、今は焦らない方がいいぞ」

千早「でも……」

P「大丈夫だ! 千早の歌で打ち破れない壁なんて、この世にあるわけがない!」

千早「!」

P「だから心配するなって! きっかけがあれば、スランプなんてすぐ脱出できるさ!」

千早「……はい。あの……プロデューサー」

P「ん、どうした?」

千早「励ましてくれてありがとうございます。私、頑張ります……!」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:18:19.42 ID:qq4UNX1H0

   2012年12月8日(土)15:45 Pの自宅

P「明日は、『765スターズ』の初オーディションか……」

P「やるだけのことはやったはずだ。後はみんなの力を信じるだけだな」

P「おっと、そろそろあいつが走る時間かな」ポチッ

 『スタートしました! 第63回朝日チャレンジカップの発走です!』

P「今日のスタートは……まずますか」

 『フレールジャック、今回は二番手につけていきました』

P「この間は後ろからで、今度は二番手か」

P「……素人考えだけど、どうもポジションが一貫してない気がするなぁ」

P「でもこの間勝った時も、確か二番手だった気がするぞ!」

 『先頭はイケドラゴン。フレールジャックが二番手で、第四コーナーをカーブ』

P「さあ、こっからどうだ……!」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:20:52.63 ID:qq4UNX1H0

 『先頭イケドラゴンに、並んできたフレールジャック!』

P「よし、先頭に立ったか!?」

 『フレールジャック先頭だが、後方からアドマイヤタイシ、ショウリュウムーン!』

P「うわ、後ろからたくさん迫ってきたぞ!」

 『リルダヴァル、デルフォイ、ヒストリカル! 後続が殺到します!』

P「おおお!? 何が何だかよくわからん!」

 『トライアンフマーチ、タガノエルシコも来る! 横に広がって大接戦!』

P「あ、抜かれたっぽいな……」

 『大激戦だが、わずかにショウリュウムーンかゴールイン!』

P「う、うーん……8着ぐらいかな?」

P「……でも、差は本当にちょっとだけだったな」

P「順位は悪くても、それほど負けてはいないと思うが……」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:23:56.96 ID:qq4UNX1H0

   2012年12月9日(日)17:00 事務所

P「『765スターズ』の初オーディション、結果は6位か……」

真「ボクたち、まだまだ実力不足なんですね。ショックだなぁ……」

P「いや。俺は、そこまで落ち込む必要はないと思う」

真「どうしてそんなことが言えるんですか!? だって、6位ですよ!」

P「確かに順位はイマイチに見える。でも、獲得ポイントによーく注目してくれ」

真「……あ! 1位から6位まで、ほとんどポイント差がない!」

P「そういうことだ。俺たちと他との差は、見た目の順位ほど大きくないんじゃないか?」

真「そうか、そういう考え方もあるのか……」

P「まあ、色んな視点から物事を見るのも大切ってことだな」

真「さっすがプロデューサー! 勉強になりました!」

P「ははは……。次のオーディションは一か月後だ。気を落とさずに頼むぞ、真!」

真「了解です! 次回はガツーンと行きますよ! ガツーンと!」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:27:16.61 ID:qq4UNX1H0

   2013年1月13日(日)15:35 Pの自宅

P「来週は二回目の『765スターズ』のオーディションだな」

P「アイドルたちの呼吸は、前回よりも合ってきてる」

P「果たして、どれぐらい順位を上げられるか……」

P「ふぅ……そろそろあいつの発走時刻かな」ポチッ

 『スタートしました! ニューイヤーステークスの発走です!』

P「あっ! 遅れた!?」

 『おっとフレールジャック、やや出遅れてしまいました』

P「何てこった……このロスを挽回するのは厳しくないか……?」

 『フレールジャック、今日は後方から。しかし、徐々にポジションを上げていきます』

P「うーむむ……走りは悪くないと思うんだけど……」

 『前はレッドスパーダ、オウケンサクラ、ミトラと続いて直線です!』

P「先頭とは離れすぎてるかなぁ……」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:30:31.73 ID:qq4UNX1H0

 『さあレッドスパーダ、ミトラ、そしてフレールジャックが三番手に上がってくる!』

P「おお、それでも来てるぞ来てるぞ! よし、行け行け! 頑張れ頑張れ!」

 『ミトラ先頭! フレールジャック、二番手までは上がってきたが!』

P「あー……。ちょっとトップとは差があるかな……」

 『ミトラ1着でゴールイン! 2着にフレールジャック!』

P「むう……惜しかった」

P「……スタートで遅れなければな」

P「でも、最後の勢いは見どころがあったぞ!」

P「これなら近い将来、結果がついてくるんじゃないか?」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:33:21.64 ID:qq4UNX1H0

   2013年1月20日(日)17:00 事務所

P「よし、今回のオーディションは2位か! いい感じだな!」

貴音「申し訳ありません、あなた様……」

P「お、おいおい貴音。どうして謝るんだ?」

貴音「とっぷあいどるを目指す身でありながら、2位に甘んじることとなり……」

P「大丈夫だ! 少なくとも俺は、今回でトップへの手応えを掴めたぞ」

貴音「まことですか?」

P「ああ! みんなの一体感が、前回よりも格段に増してたからな」

貴音「それは……はい。最近日増しに、皆の気持ちが一つになっていくのを感じております」

P「だろ? この調子でチームワークを高めていけば、いずれ結果はついてくるさ!」

貴音「……ふふっ。そうですね、あなた様の言うとおりです」

P「よし! これからも頑張ろうな、貴音!」

貴音「はい! 次こそ目指せ、とっぷあいどる、です!」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:36:43.87 ID:qq4UNX1H0

   2013年2月17日(日)15:30 事務所

P「『相談があります。お暇な時間によろしくお願いしますね』か……」

P「あずささん、どうしたんだろう?」

P「……まだ約束の時間までは少しあるか。それなら」ポチッ

 『スタートしました! 洛陽ステークスの発走です!』

P「む……。今回も少し出遅れたか、俺の愛馬は」

P「でも大丈夫そうだ。すぐ前に上がっていったぞ」

 『一番人気のサウンドオブハートは5番手。その後ろにフレールジャックです』

P「うんうん。スムーズに走ってるな、フレールジャック」

 『オウケンサクラが後続を離して、最終コーナーのカーブを迎えます』

P「よし、こっからだフレールジャック! 行け行け行け!」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:39:10.89 ID:qq4UNX1H0

 『フレールジャックも上がってくるが、外からサウンドオブハートが伸びてくる!』

P「あら……あっという間に引き離されちゃったぞ」

 『先頭はサウンドオブハート、二番手争いの一角にフレールジャック!』

P「あらららら……」

 『2着争いは接戦だが、サウンドオブハート突き抜けてゴールイン!』

P「……結局、フレールジャックは4着だったか」

P「むぅ、勝てそうで勝てない。もどかしいというか、いじらしいというか……」

 『若き牝馬サウンドオブハート、素晴らしい競馬を見せました!』

P「え、勝った馬ってメス馬なの!? しかも若いって――」

あずさ「いいわねぇ……。やっぱり若いっていいわねぇ……」

P「うわっ!? あ、あずささん、いつからそこに!?」

あずさ「うふふ~。お馬さんたちが最後のカーブを曲がる、少し前からですね~」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:42:14.99 ID:qq4UNX1H0

P「あずささん。相談って何ですか?」

あずさ「私、みんなの足を引っ張ってるんじゃないかと思って……」

P「そんなこと、あるわけないじゃないですか。どうしてそう思うんです?」

あずさ「だって私、一人だけ20代ですもの……」

P「へ?」

あずさ「若い子だけで固めた方が、もっとウケがいいんじゃないかしら~?」

P「あずささん。さっきの競馬で俺が応援してた馬なんですけど」

あずさ「はい?」

P「年齢を重ねるにつれて、昔と違う新たな魅力が出てきたように感じるんですよ」

あずさ「それはつまり、私が年を取ってるって言いたいのかしら~?」

P「え!? い、いや、そういう意味では決して――」

あずさ「うふふ~」

P「と、とにかく! あずささん抜きの『765スターズ』なんて、俺には考えられませんから!」

あずさ「うふふふ~。ありがとう、プロデューサーさん……」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:45:16.82 ID:qq4UNX1H0

   2013年5月18日(土)15:45 Pの自宅

P「次のオーディションまで、もう残り一週間か」

P「三度目の正直でトップ通過! といきたい所だな!」

P「さーて、今日の俺の愛馬は?」ポチッ

 『スタートしました! メイステークスの発走です!』

P「おわっ!?」

 『おおっとフレールジャック、今日もスタートが良くありません』

P「……またか。確か昔は、いつも良いスタートを切ってたと思うんだけどなぁ……」

 『先頭から後方まで、かなり縦に長い展開となっています』

P「何とか盛り返して中団までは上がってきたか……しかし」

 『さあ、最後の直線コースに入ります! 先頭集団が、後続を大きく離している!』

P「……これ、後ろにいる馬届くのか……?」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:48:25.09 ID:qq4UNX1H0

 『さあ、馬群の中からフレールジャック!』

P「おお、来た来た来た! 頑張れ頑張れ! 頑張れー!」

 『中からフレールジャックが追い上げてきた! 再内を突くのはマルセリーナ!』

P「追い上げてる追い上げてる! 追い上げてるんだが……」

 『しかし先頭はタムロスカイ、二番手セイウンジャガーズ! 大勢は決したか!』

P「……ダメだ。やっぱり前にいた馬には届かない……」

 『タムロスカイ、今1着でゴールイン! 前にいた各馬が、上位3着までを占めました!』

P「……またしても4着か」

P「よく追い上げてるんだよ。よく追い上げてるんだけど……」

P「これがちょっとした、勝負のアヤってやつなのかな……」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 18:51:25.71 ID:qq4UNX1H0

   2013年5月25日(土)17:00 事務室

P「今回のオーディションは3位か。もっとやれると思ったけどなぁ」

伊織「同感よ。勝つ気で挑んだだけに正直……ショックだわ」

P「伊織、敗因は何だと思う?」

伊織「そうね……。私達の前のグループ、思ってた以上に演技が素晴らしかったわ」

P「ふむ……」

伊織「審査員も沸いてたみたい。その後だったから、ちょっと雰囲気に飲まれたかも……」

P「なるほどな。実力差がない中で明暗を分けるのは、順番、当日の体調、展開……」

伊織「ふん。言い訳するなんて、私らしくないわね」

P「まあ、勝負は時の運もある。次回はきっと、俺たちに運が味方するさ!」

伊織「だといいけど。それじゃ、レッスンに行ってくるわ」

P「お、おい伊織。最近レッスンのやり過ぎじゃないか? 少しは体を休めた方が……」

伊織「休んでなんかいられないわ。次は何があっても、絶対勝ってみせるんだから!」

P「お、おい伊織! くれぐれも、ケガにだけは気をつけてくれよなー!」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 21:42:08.84 ID:qq4UNX1H0

   2013年7月21日(日)15:30 事務所

   トゥルルルルル トゥルルルルル

小鳥「はい、765プロですが――」

P『小鳥さんですか! やりました! やりましたよ!』

小鳥「うわびっくりした! プロデューサーさんですよね?」

P『はい、俺です!』

小鳥「その喜びっぷりは、もしかして……?」

P『はい! 『765スターズ』、今日のオーディションをトップ通過です!』

小鳥「おおおおおお! ついにやりましたね、プロデューサーさん!」

P『これで全国区のテレビに出演できます! 知名度もバンバン上がりますよ!』

小鳥「すごいすごーい! これは、盛大にお祝いしないといけませんね!」

P『来週の土曜日あたり、事務所でパーッとやりましょう!』

小鳥「大賛成です! プロデューサーさん、本当におめでとうございました!」

P『ありがとうございます! それではまた後ほど!』


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 21:44:51.17 ID:qq4UNX1H0

   2013年7月21日(日)23:00 Pの自宅

P「みんな、本当に嬉しそうだったなぁ……」

P「そうだよなぁ……なんてったって、全国デビューだもんなぁ……」

P「このチャンスを活かせれば、全員まとめてトップアイドルも夢じゃないぞ!」

P「……おっと。そういえばすっかり忘れてた」

P「今日は俺の愛馬も、レースがあったんだよな!」

P「…………」

P「……思えばフレールジャックには、色んなことを教えてもらった気がするなぁ」

P「今の俺があるのは、あいつのレースをずっと見てきたからかもしれないな」

P「よし、それじゃあ録画したDVDを再生するか!」プチッ

 『スタートしました! 第61回、中京記念の発走です!』


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 21:48:15.26 ID:qq4UNX1H0

P「おっ!」

 『全馬、揃った綺麗なスタートを切りました』

P「今日は出遅れてないぞ! おおっ!」

 『フレールジャックが先手を取りました。先頭はフレールジャックです』

P「トップに行ったぞ! しかも、楽な感じで走ってる!」

 『フレールジャックが主導権を握ったまま、第三コーナーに入ります』

P「いいぞいいぞ! これはひょっとして……」

P「『765スターズ』の晴れの日に愛馬の勝利なんて、奇跡みたいなことが……」

P「でもそんな出来過ぎな話があったって、いいじゃないか!」

P「よし、頑張れフレールジャック! あともう少しだぞ!」

 『さあ、これから第四コーナー……おっと!?』

P「え?」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 21:51:20.60 ID:qq4UNX1H0

P「な、何だ……? フレールジャックが下がっていく……?」

 『フレールジャックどうした!? ずるずると後退していきます!』

P「お、おい……」

 『あーっと、どうやら故障発生か!』

P「何だよ……これ……」

 『せ、先頭はシャイニーホークに変わっています!』

P「まさか……ケガ、しちゃったのか……?」

 『……さあ第四コーナーをカーブして、これから直線コースに入ります!』

P「そんな、馬鹿な……」

 『大外からフラガラッハ! フラガラッハが前に出るか!』

P「…………」

 『フラガラッハ、今1着でゴールイン! 昨年に続いて、中京記念を連覇!』

P「…………」

 『なおフレールジャックは故障発生。競走を中止しています』


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 21:54:19.19 ID:qq4UNX1H0

P「…………」プチッ

P「……大丈夫なんだろうか?」

P「そんなに重いケガじゃないといいけど……」

P「…………」

P「……ネットで調べてみるか」カタカタ

P「…………」カタカタ

P「…………」カタカタ

P「!!」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 21:57:32.34 ID:qq4UNX1H0

P「…………」

P「ひ、左第1指関節……脱臼」

P「あ、安……」

P「安楽死処分……」

P「…………」

P「……う」

P「ウソだろ……?」


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:00:15.17 ID:qq4UNX1H0

P「…………」

P「…………う」

P「うう……」

P「う……」

P「どうしてだよ……どうしてなんだよ……」

P「あんなにいつも頑張って走ってたのに……」

P「レースで、俺に色んなことを教えてくれたのに……」


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:03:11.29 ID:qq4UNX1H0

P「…………」

P「うう……」

P「うう……くそっ……」

P「どうして……どうして……くそ……!!」

P「くそおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」

P「うああああああああああああああああっ!!」

P「うあ……うううっ……」

P「フレールジャックが……」

P「俺の……愛馬が……」


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:06:24.57 ID:qq4UNX1H0

   2013年7月27日(土)16:10 事務所

小鳥「それではこれから、祝勝会を始めたいと思いまーす! かんぱーい!」

   カンパーイ!

響「それにしても、本当に全国デビューできるんだな! 信じられないぞ!」

美希「これも全部、ハニーのおかげなの!」

P「いや……俺の力なんて、大したことないよ」

春香「またまたぁ。プロデューサーさん、謙遜しないでくださいよ!」

雪歩「そうですよぉ。プロデューサーはすごいですぅ!」

P「いやいや……俺なんか全然全然……」

真美「……ねえ、兄ちゃん。何だか最近、元気ないんじゃない?」

亜美「うん、亜美もドーカンだよ。どったの?」

P「……まあ、ちょっとな」

やよい「もしかして、体の具合が悪いんですか?」

P「いや、違うんだやよい。……そうじゃないんだ」


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:09:27.65 ID:qq4UNX1H0

P「……実は、知り合いに不幸があってな」

やよい「あ……ご、ごめんなさい!」

律子「なるほどね。最近のプロデューサーの重たい雰囲気は、それが原因か」

P「え? 俺、そんなに酷かった?」

千早「酷いなんてものじゃありません」

真「はっきり言って、別人ですよ! 話しかけても、生返事ばっかりだし」

P「……そうだったか。すまなかったな、みんなに心配かけたみたいで」

貴音「よほど大切な方だったのですね。……お悔み申し上げます」

P「ありがとう、貴音。あいつもきっと、空の上で喜んでるよ」

あずさ「あの……プロデューサーさん? 元気出してくださいね」

伊織「そうよ! アンタが暗い顔してると、こっちまで気が滅入ってくるんだからね!」

P「ああ……そうだな。なるべく早く、気持ちを切り替えられるように頑張るよ」


59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:13:26.30 ID:qq4UNX1H0

小鳥「それにしても社長、遅いわねぇ……」

P「確か開始時刻から、ちょっとだけ遅れるって言ってましたけど――」

   ガチャ

社長「すまんすまん! 打ち合わせが長引いてしまってね」

P「お、噂をすれば。お疲れ様です!」

小鳥「社長、飲み物は何にしますか?」

社長「まあ待ちたまえ。その前にテレビだ」ポチッ

P「テレビですか? 何か緊急のニュースでも?」

 『スタートしました! 本日の小倉競馬場、最終レースの発走です!』

P「あ……」

小鳥「社長、こんな時に競馬中継ですか?」

社長「すまんな音無君。だが、どうしてもこのレースは見ておきたいのだよ」


60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:15:28.77 ID:qq4UNX1H0

 『先頭はタマモピッコロ、続いてゲットハッピーが二番手』

P「あの……すいません社長。俺、今競馬は見たくないんですけど……」

社長「いいや。キミにはぜひとも、見てもらいたいんだ。彼のためにもね」

 『それからポポルブフ、ケイワイツヨシと続きます』

P「ですから俺は、その彼を思い出すのが――」

響「お、何だか面白そうだな! どの馬も良い体つきで、速そうに見えるぞ!」

美希「ねえねえハニー! ハニーはどのお馬さんが勝つと思う?」

P「悪い美希。俺、今はそんな気分じゃ――」

 『そしてここにいるのがマーティンボロ。先日亡くなったフレールジャックの弟です』

P「……え!?」

春香「ん?」

あずさ「あら?」


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:18:31.61 ID:qq4UNX1H0

春香「フレールジャック……。この名前、ずっと昔にどこかで聞いたことがあるような?」

あずさ「あら、春香ちゃんも? 実は、私もそうなのよ」

雪歩「マーティンボロかぁ。真っ黒くてかっこいい馬ですねぇ、プロデューサー」

P「…………」

雪歩「プロデューサー……?」

美希「ハニー? 何かヘンだよ?」

 『さあ、マーティンボロは中団の位置。これから第三コーナーに入ります』

P「……あいつの……弟……」


62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:21:13.52 ID:qq4UNX1H0

P「…………」

亜美「に、兄ちゃんどうしたのさ!? 急にマジな顔で画面をギョーシしちゃってさ!」

真美「おそらく兄ちゃん、さっきの馬を応援することに決めたんじゃん?」

やよい「それなら私も応援します! マーティンボロさん、ファイト―!」

美希「ミキも応援するの! 頑張るのー!」

春香「うーん、思い出せないなあ。昔のオーディションの時だったかなあ……」

あずさ「あ! 前に相談をした時、プロデューサーさんがテレビで応援してたお馬さんって……」

春香「……あっ! あの時控え室で、プロデューサーさんに教えてもらった馬の名前、確か……」

 『第四コーナーを回って、最後の直線です!』


63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:24:21.37 ID:qq4UNX1H0

 『さあ、マーティンボロは大外に進路を取った!』

律子「うーん、コーナリングで外にふくらんだわね……」

千早「ずいぶん外に振られてしまったわ。これでは、勝つのは厳しいかしら?」

 『さあ先頭はクリサンセマム! それを追って外からマーティンボロ!』

真「いや、来てるよ来てるよ! うわっ、もの凄い伸びだ!」

伊織「いけるわ! あともうひと息よ! 負けるんじゃないわよ!」
 
 『二頭の馬体が並ぶ! 勢いは外のマーティンボロか!』

貴音「これは……恐ろしい気迫ですね。まるで、何かが乗り移ったかのような……」

あずさ「勝ってちょうだい! 勝って! お願い、勝ってぇ!」

春香「…………」ギュッ


64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:27:19.59 ID:qq4UNX1H0

小鳥「あ……!」

響「おっ! おおっ! 勝てるぞ!」

 『さあここで、マーティンボロが前に出た!』

あずさ「……!」

春香「やった!」

 『マーティンボロだ! マーティンボロだ!』

社長「うむ!」

 『マーティンボロ先頭で今、ゴールイン!』


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:30:24.83 ID:qq4UNX1H0

やよい「うっうー! やりました! 1着でーす!」

亜美「おっしゃー!!」

真美「やったじぇーい!!」

伊織「……ふぅ。ま、この伊織ちゃんが応援したんだから、当然よね」

律子「ふぅん……あんなにコーナーでロスがあったのに勝つなんてね」

千早「そうね。正直、2着ぐらいが精一杯かと思ったわ」

響「いやぁ、最後のスパートにはビックリしたぞ!」

真「だね! ボク、興奮して鳥肌が立っちゃったよ!」

貴音「あの気迫は、わたくしたちも見習わなければなりませんね」

雪歩「プロデューサー、よかったですねぇ……あれ?」

P「…………」

美希「ハニー……泣いてるの?」


66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:34:34.51 ID:qq4UNX1H0

春香「美希。今は、プロデューサーさんをそっとしといてあげようよ」

美希「え? でも――」

あずさ「そうね~。私も、それがいいと思うわ。ね?」

美希「む~……。何だかよくわからないけど、そうするの」

小鳥「それじゃ、プロデューサーさん。落ち着いたら、一緒に盛り上がりましょうね!」

P「…………」コクリ

社長「……彼がいなくなって、つらいとは思うが」ポン

P「……社長」

社長「これからも765プロをよろしく頼むよ、キミ」ポンポン

P「……はい」


67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:36:12.58 ID:qq4UNX1H0

P「ありがとな……フレールジャック」

 『勝ったのはマーティンボロ! 亡き兄、フレールジャックに捧げる見事な勝利でした!』



     完


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:36:50.60 ID:qq4UNX1H0

以上になります。



デビュー戦の走りに衝撃を受け、最後まで応援し続けたこの馬を忘れないために、

今回SSを書かせていただきました。

多少誇張している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/03(木) 22:43:31.86 ID:Y+qLWV4No


競馬全然知らないけど引き込まれたわ


引用元: P「ありがとな……フレールジャック」