1: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 14:27:24.64 ID:Y1eHIaZwo

P「……」

森久保「……」

P「なんか森久保が部屋の隅でしゃがんで構えてる」

森久保「……」

P「……」

森久保「……」

P「何やってんだー?」

森久保「……」

P「そろそろ時間だから出るz

森久保「サマソォ!」バキィ

P「ぐへっ!?」

森久保「……」

P「ぐっ……近づいたらなぜかサマーソルトキックを喰らった……」

no title



3: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 14:33:17.92 ID:Y1eHIaZwo

P「ちひろさん、彼女に何飲ませたんですか」

ちひろ「なんで真っ向から私を疑ってるんですか」

P「何かあったらまずちひろさんか晶葉のどちらかが絡んでる風潮なので」

ちひろ「なんですかその風評被害」

ちひろ「私だって何がなんだか分かりませんよ」

???「……」コソコソ

P「……待て、輝子」

輝子「フヒッ!?」ビクッ
no title

P「机の下にいたのはいつもの事だとして、今日はやけにオドオドしいじゃないか」


4: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 14:40:06.13 ID:Y1eHIaZwo

輝子「そ、それは、そのー……」

P「……何か知ってるんじゃないのか?」

輝子「……フ、フヒ……」

ちひろ「そういえば今日も二人して机の下で何かコソコソゴソゴソしてましたね」

P「知っていることを話さなければ……」

P「今日の女子寮のみんなの晩ご飯はお前のキノコの炊き込みご飯になるぞ!」

ちひろ「あら、おいしそうですね」

輝子「あ、あああ、話すからそれだけはやめて下さい……」


5: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 14:46:53.68 ID:Y1eHIaZwo

輝子「こ、このキノコ、なんだけど」

P「なんだこの黄色いキノコ」

ちひろ「特徴的な形をしてますね」

輝子「ひ、品種改良を重ねて作ったんだけど……」

P「なんかすごいことやってた」

輝子「これを試しに食べさせてみたら、ああなった……フヒッ」

P「絶対良からぬ成分が入ってただろそれ」


6: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 14:51:49.47 ID:Y1eHIaZwo

P「とにかく、なんだ」

P「責任取って森久保連れてこい」

輝子「えっ」

P「このままでは仕事に支障が出かねない」

ちひろ「ほら、輝子ちゃん頑張って!」

輝子「い、いやいや、絶対返り討ちに……」

P「行くんだ、いいね?」

輝子「あっはい……」


8: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 14:56:47.91 ID:Y1eHIaZwo

輝子「うう……」

森久保「……」

輝子「……」

森久保「……」

輝子「……ひ」

輝子「ヒャッハァーーー! ゴートゥh

森久保「サマソォ!」バキィ

輝子「へェア!?」

P「やっぱりダメだったか」


9: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:01:32.89 ID:Y1eHIaZwo

輝子「い、痛い……」

森久保「……」

森久保「弱い犬ほどよく吠える……」

P「何言ってんだあいつ」

ちひろ「ほんとにどうするんですかこれ」

P「そうだな……」

美玲「……」ペラッ
no title

美玲「あ、この衣装かわいい……」

P「そこで無関係を装ってるお前!」

美玲「!?」ビクッ


10: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:08:28.66 ID:Y1eHIaZwo

美玲「……」

美玲「な、なんだよ」

P「行くんだ」

美玲「無理だって! やられるって!」

P「ほら、その爪でいい感じに、な?」

美玲「何がいい感じなんだよッ!」

ちひろ「今ならサービスでスタドリが付いてきます!」

美玲「そういうのいいから!」


12: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:13:52.93 ID:Y1eHIaZwo

美玲「うぅ、なんでこんな目に……」

森久保「……」

美玲「……」

森久保「……」

美玲「が、ガオーッ!」

森久保「……」

P「早く行けよ」

美玲「う、うりゅさいなッ!」

美玲「もう、行けばいいんだろ行けb

森久保「サマソォ!」バキィ

美玲「キャイン!?」

P「やっぱりダメだったか」


14: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:19:40.97 ID:Y1eHIaZwo

美玲「ううー……」

森久保「……」

森久保「勘や本能だけで勝てる世界じゃない……」

P「何言ってんだあいつ……」

ちひろ「どうすんですか、わりと本当に」

P「……一つ分かったことがある」

ちひろ「なんですか?」

P「水玉模様のパンツだったんだ!」

ちひろ「……」

P「……」

森久保「……」

P「あ、ほら! 顔赤くなってますよ! ほら!」

ちひろ「ちょっと黙ってくれませんかね」


15: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:24:42.38 ID:Y1eHIaZwo

ガチャ

唯「やっほー! おっはよー☆」
no title

P「ん、おはよう唯」

ちひろ「おはようございます」

唯「んー? Pちゃんどうしたの?」

P「実はな……」



唯「ふーん、大変なことになってるんだねー」

P「このままだとヤバイんだよな、時間的に」

唯「えっとね、近づいたらダメってことは」

唯「遠くからやればいいってことだよね?」

P「そりゃそうだが、どうすんだ?」

唯「こうするんだよー☆」

唯「パゥワウェイ!」バシュ

P「!?」

ちひろ「なんか衝撃波出した!?」


16: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:29:44.33 ID:Y1eHIaZwo

森久保「……」

森久保「ソニックブッ!」バシュン

唯「む、相殺されたかー」

P「なんで二人共エネルギー波を普通に飛ばしてるの?」

唯「どんどん飛ばすよー☆」

唯「パゥワウェイ!」バシュ

森久保「ソニックブッ!」バシュ

ちひろ「あの、こっちに飛ばさないでくださいね……」


17: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:34:33.20 ID:Y1eHIaZwo

…………

唯「ぜぇ……ぜぇ……」

森久保「……」

唯「つ、疲れた……」

ちひろ「そりゃああれだけ衝撃波出したらね……」

P「でもあっちはまだ涼しい顔してるぞ……」

唯「ゆ、ゆるるさーん……ガクッ」

ちひろ「結局ダメでしたね」

森久保「……」

P「マジでどうすりゃいいのこれ」


18: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:39:36.30 ID:Y1eHIaZwo

P「そういえばちひろさんは?」

ちひろ「プロデューサーさんが来る前に既にやられてますよ……」

P「むうう、困った、どうするか……」

ガチャ

あやめ「あやめ、見参!」
no title

P「丁度良く来た」

ちひろ「被害者が増えた」

あやめ「はい?」



P「というわけで、森久保を連れて行きたいんだが」

あやめ「ふむふむ」

あやめ「お任せください!」

あやめ「この私が倒してみせます!」

P「よし、頼んだぞ!」

ちひろ「なんか目的がズレてません?」


19: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:46:03.09 ID:Y1eHIaZwo

あやめ「ふふん、負けませんよ!」

森久保「……」

森久保「ソニックブッ!」バシュ

あやめ「Too late!」サッ

森久保「!」

ちひろ「避けた!?」

P「いてっ! 俺に衝撃波当たったぞ!」

あやめ「どうですか! 捉えられますか!」シュバシュバ

ちひろ「すごい! 私には見えません!」


21: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:51:37.90 ID:Y1eHIaZwo

森久保「……」

森久保「フッ!」ガシッ

あやめ「!?」

P「掴んだだと!?」

紗南「あれは……真空投げ!?」

森久保「フッ!」バシッ

あやめ「シッショー!?」ビターン

P「ダメだったか……」

ちひろ「今誰かいませんでした?」


23: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 15:56:28.68 ID:Y1eHIaZwo

あやめ「……す、すごい漢だ……ガクッ」

P「漢って誰だよ」

ちひろ「手強いですね……」

森久保「……」

ちひろ「どうします? 本当の本当に」

P「……一つ確信したことがあります」

ちひろ「なんですか?」

P「水玉模様のパンツで間違いないです!」

ちひろ「……」

P「……」

森久保「ソニックブッ!」バシュ

P「ほら! 赤面してま痛っ!」

ちひろ「黙れ」



26: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 16:01:48.52 ID:Y1eHIaZwo

ガチャ

きらり「にゃっほーい☆」
no title

P「来た! きらり来た!」

ちひろ「どうしたんですかいきなり」

きらり「Pチャンどったの?」

P「実はな……」



きらり「つまり、乃々チャンを引っ張り出せばいいんだにぃ?」

P「うむ」

きらり「任せるにぃ☆」


29: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 16:08:47.89 ID:Y1eHIaZwo

森久保「……」

きらり「……」

ちひろ「どうするんでしょうかね」

P「大丈夫だ、きらりなら何とかしてくれる」

ちひろ「まあ、それはなんとなく分かりますけど」

森久保「……」

きらり「ニョワッ」ナギッ

森久保「!?」

P「一気に間合いを詰めた!?」

ちひろ「全然見えなかった……!」

紗南「ジョインジョインキラリィ」

P「あのスピード……おそらく、あやめ以上だ!」

ちひろ「今誰かいましたよね?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 16:11:28.56 ID:E/cBjt0To

まさかの柔の拳


31: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 16:14:39.76 ID:Y1eHIaZwo

きらり「そぉい!」ブンッ

森久保「ひゃっ!?」

P「投ーげーたー!」

ちひろ「こっちに飛んできますよ!?」

P「うおっと」ボフッ

森久保「ふみゅ」

P「……」

森久保「……」

P「捕まえたぞ」

森久保「……」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 16:16:02.52 ID:itYS1fito

さすがの待ちガイルも超壊れの北斗の前にはなす術なしか


34: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 16:19:13.21 ID:Y1eHIaZwo

森久保「あ、あの……」

P「正気に戻ったみたいだな」

森久保「……その」

P「ん?」

森久保「は、恥ずかしいんですけど……」

P「捕まえてないと逃げるじゃないか」

森久保「あぅぅ……」


35: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 16:22:15.97 ID:Y1eHIaZwo

森久保「……えっと」

P「他に何かあるのか?」

森久保「……」

森久保「国に帰ります、私にも家族がいるので……」

P「よし、仕事行こうか」

ちひろ「いってらっしゃーい」

森久保「む、むーりぃー……」ズルズル



おしまい


36: ◆wlxPXNYtm9sL 2013/09/23(月) 16:23:05.82 ID:Y1eHIaZwo

没ネタ

有香「グッ、まさか一撃も返せないなんて……!」
no title

茜「eins! zwei! トラーーーーイ!!」
no title

真奈美「近頃のアイドルはやんちゃで困るね……」
8645416

ゲーメストネタも入れたかったけどインド人がいなかった


ちなみに森久保が食べたキノコは元ネタの人の髪型の形をしてます
見てくれた人、ありがとう


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 17:18:29.20 ID:RM6NZ2peo

おつー
エリンギかな?


引用元: モバP「待ち乃々」