1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:19:33.42 ID:gWoAazpOo



モバマスSSです。
地の文多めですが、お付き合いいただければうれしいです。




2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:21:22.54 ID:gWoAazpOo



――― 1年前 仙台駅


雑踏に掻き消されてしまうほど小さなため息を吐く。

近頃、読者モデルのお仕事をしたあとはいつもため息が出てしまう。

撮影が上手くいっても上手くいかなくても、自然と出てしまうから止められない。


「はぁ……」


読者モデルのお仕事が嫌なわけではない。むしろ、好きなのに。

仙台駅のターミナルの雑踏の中で一人、言い知れない虚無感を堪えながらまゆは立ち尽くしていました。


「あの、すいません」


ふと、振り替えると20代前半くらいの男性が立っていました。ヨレヨレのスーツに、とてもおしゃれとは言えないリュック、目の下の隈も酷くて髪の毛もボサボサで、失礼ですけど冴えない人だと思いました。


3: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:22:51.48 ID:gWoAazpOo



「なんですか?」


その男性は、まゆと目を合わせようとしません。


「あ、あの……青葉城に行きたいんですけど……」


低くて小さい声で、まゆは二度くらい聞き返したと思います。三度目でやっと、青葉城へ行くための路線を尋ねてるんだと理解しました。


「たぶん、あっちのホームの路線で良いと思うんですけど……駅員さんの方が詳しいと思いますよ?」

「あ、ありがとうございます。すいません」


その男性は、深々と礼をして雑踏の中に消えて行きました。まゆは、今でもその姿を覚えてます。だって、顔を上げると真っ直ぐまゆの目を見て深いため息を吐いたんです。落胆した様な深いため息を。


「手帳?あ、きっとさっきの方の……」


まゆは、その男性が落としたであろう手帳を拾い家に帰りました。


4: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:23:40.84 ID:gWoAazpOo

家に帰り部屋に入ると直ぐに、拾った手帳を開きました。

落とし物なら駅員さんに届けるべきだし、中を見るなんてモラル的に絶対にやってはいけないのだけれど、まゆは気になって仕方なかったんです。


――― あの男性がした落胆のため息の意味が


手帳に何か書かれているという保証はないけれど、何か分かるかも知れない。

開いてみると、手帳と言うよりメモ帳の様な使われ方をしていました。

いついつ何処で何をしたと言う様な事から、買い物のメモだったりと他愛ない内容ばかりが歪な文字で書かれています。

それでもまゆは、人のプライバシーを覗き見てる背徳感とあの男性の人柄を窺い知れる事への喜びの様な感覚に支配され、夢中で読んでいました。

自分でも不思議でした。


5: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:24:41.19 ID:gWoAazpOo



「ふふ、また電球を買い忘れてる。けっこううっかりさんですね」


まゆは、自分でも知らないうちにあの男性の事に興味を持ち始めてたみたい。

1ページ1ページを食い入る様に読み、文面から"彼"の事を探ろうとしていました。

そんな時に開いた1ページに、簡素ながらまゆをドキッとさせる書き込みがあったんです。


―――――――――――――――――
明日、仙台へ
―――――――――――――――――
社長が是非とも彼女を誘いたいらしい
―――――――――――――――――
正直、僕は彼女になんの見込みも感じ
―――――――――――――――――
ないから気がのらない。
―――――――――――――――――
渋谷凛の様な素質はないと思う。
―――――――――――――――――
だから適当に済ませて青葉城に行き
―――――――――――――――――
ずんだ餅と牛タンを食べて松島へ
―――――――――――――――――
旅行だと思って楽しもうっと。
―――――――――――――――――
あと、電球も買わねば。


「渋谷凛って誰?」


言い知れない不安が、恐怖に似た何かが一気にまゆを包み込む。

頭の中で"まゆは彼に期待されてない"なんて台詞が反響したりして。


「何故まゆは彼に期待されたいの?何故まゆは"彼女"と自分を重ねたの?何故まゆは渋谷凛に嫉妬したの?」


まゆは、自分でもおかしくなったのかと思うほどに自問自答を繰り返してました。


6: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:26:00.99 ID:gWoAazpOo

翌日、朝起きた時のまゆの気分は最悪でした。


「見なきゃよかった……なんでこんな気持ちになっちゃうんですか……?」


ほんの少し言葉を交わしただけで、通りすがりの人と変わらないくらいの関係でしかないのに、というか関係すらないに等しい。

なのに些細な仕草が気になって、そのせいで拾った手帳を見ちゃって、そしたら彼に興味をもって、勝手に怖くなって不安になって、まるで良いように弄ばれてる。

通学の間もずっと考えてました。

友達が話しかけてくれてるのに上の空で生返事をして、不安や恐怖を取り除こうと必死に考えてました。


「ねぇねぇ、見て!この娘ちょー可愛くない?」

「本当だ!え、やばいんだけど。なんて娘なの?」

「渋谷凛ちゃんだって!年下だよヤバくね!?ちょー大人っぽいんですけど」


驚きました。だって、まゆが必死で考えている事のキーワードに"渋谷凛"の名前があって、クラスメイトが雑誌を広げての会話の中にも同じ名前があったんですから。


「あの、少し見せてもらっても良いですか?」

「ま、まゆちゃん!?いいよいいよもっていって!!」

「ありがとうございます」


まゆは、雑誌のグラビアに齧り付く様に見ていました。


「可愛い子……この娘が渋谷凛……」


――― 新進気鋭のアイドル事務所から女子高生アイドルがデビュー


『アイドル』このたった4文字に強く惹かれたのは、この時がきっかけです。

強い嫉妬と憧憬を覚えたのもこの時


7: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:27:25.06 ID:gWoAazpOo

現役女子高生アイドル。

まゆも読者モデルとして華々しい世界にいるという自負はあったけれど、比べ物にならないくらい渋谷凛という女の子は輝いていて、少なくともまゆが読者モデルという活動に抱いていた葛藤みたいなものの影は見えません。

まゆと渋谷凛ちゃんとの差は歴然で、もしあの男性が渋谷凛ちゃんに関係のある人で、何らかの理由があってまゆに品定めじゃないけれどそういった事で会いに来たのであれば、あのため息の意味は、そのまま落胆のため息。

考え過ぎだと言われればそうだけれど、まゆの思考は支配されて掻き乱されてしまっていたんです。


「苦しい……なんでまゆはこんな思いをしなくちゃいけないの……?」


放課後、ぐちゃぐちゃの頭の中の答えを出したくて、まゆは仙台駅に足を運んでいました。

もちろん、あの男性に会うために。


「いない……もう、帰ったんですか?まゆをこんなにも惑わせて帰ったんですか?」


何故か涙が溢れそうになり、迷子の子供の様に駅のターミナルを右往左往。


8: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:28:33.89 ID:gWoAazpOo

随分、長い時間を駅のターミナルで過ごした様な感覚でいました。

もう諦めるしかない。

頭の中と心を掻き乱されたまま、しばらくモヤモヤするのを堪えて忘れるのを待つしかない。

手帳も捨てるしかないと思っていた矢先でした。


「あぁ、居た……居た……」


あの男性は、駅のカフェでのんびりお茶をしていたんです。

まゆの心を掻き乱しておいて、なんて多少の苛立ちはありましたけど、それ以上に安堵しました。


「いらっしゃいませーお一人ですか?」

「いえ、待ち合わせです」


どうしようもないほど情緒不安定だったのに、彼を見つけると不思議なほど落ち着いていたんです。


「あのぉ……ま、私のこと覚えてますか……?」

「はい?どなたでしたっけ?」

「昨日、あなたが青葉城への」

「あー…昨日はどうも。助かりました」


彼は、淡々とまゆの相手をするんです。

まゆは、手帳のことを切り出す前にまゆに興味を抱いてほしいという思いに駆られました。


9: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:29:52.92 ID:gWoAazpOo



「ご一緒しても良いですか?」

「え?あぁ、構いませんけど……」

「ありがとうございます」


彼は、相変わらずまゆと目を合わせようとせずに、外を眺めながらコーヒーを飲んでいたんです。


「あのぉ、旅行で仙台にいらっしゃったんですか?」

「えぇ、まぁそんなところです」

「青葉城はいかがでした?もしかして、歴史がお好きなんですか?」


会話を交わしてるという自覚はないですよ。

彼は一方的に話すまゆに対して嫌悪も好意も抱かずに、メールで定型文を送る様に淡々と応えるばかり。


「まゆは……迷惑ですよね……」


迷惑に決まってる。

突然、目の前に現れて馴れ馴れしく同席したら誰だってそう思う。


10: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:31:01.16 ID:gWoAazpOo

きっと、たいして面識も無いのに親しげに話し掛けてるまゆを変な女と見ているに違いない。

だけど、彼はハッとして首を横に振り、申し訳なさそうに頭を掻きながら始めてまゆに対して感情がこもった言葉を紡いでくれました。


「ああ、いえ。迷惑なんて事はないですよ?ただ、あなたをどこかで見掛けた様な気がして何とか思い出そうと……」


「あ、あの……実は、読者モデルの活動をしていて……もしかしたら」


「ああ、そう言えば!確かに雑誌で拝見しましたよ。モデルさんでしたか」


嬉しかった。

彼が少しまゆに興味をもってくれただけで舞い上がりそうになるほど、嬉しかった。


「あまり有名とは言えませんけどね?」

「それでもモデルさんでしょ?凄いですよ」


それからは自然と会話が続く様になって、話してみたら手帳を読んでまゆが感じた印象と一緒のところがあったり、違ったりするから会話が楽しくて仕方なくて。


17: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 00:59:51.43 ID:vP+B501oo

気が付いたら目的なんか忘れて彼との会話を楽しんでました。

きっと、答え辛い事もあったはずなのに彼は真摯に答えてくれるから悩み事の相談までしたり。


「最近、モデルのお仕事をしたあとにため息が出るんです。楽しくお仕事をしたはずなのに……何故か虚しいというか……」



この相談は誰にもした事はなかったんですよ。

だって、話したとしてもこの感覚はまゆ以外には分からないし、まゆ自身も答えを出せないのに誰にも答えを出せるはずがない。

そう思って、誰にも話しませんでした。

誰にも答えを出せないなら愚痴にしかなりませんからね。

だけど、彼になら愚痴を話しても良いとさえ思って話したんです。


「それは満足してないからでは?」


彼から返ってきた答えに、まゆは打ちのめされたようになりました。

だって、それだけはないって否定し続けた事だから


18: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:01:31.69 ID:vP+B501oo



「満足はしてます!だって、楽しいし誉められれば嬉しいし……」

「楽しい事や喜びがあれば満足してるという事になりますかね?何か足りなくありません?」

「足りない……ですか……?」

「楽もあれば苦もあり、喜びもあれば悲しみもあるじゃないですか。まるで表裏一体の様になってて、どちらかが欠けてたら物足りない感じがするでしょ?」

「で、でも人間って悲しみや苦しみを避けたくて努力するんじゃ……」

「その努力の過程にこそ苦しみや悲しみがつまってるものじゃありませんか?」


彼の言葉はイチイチ核心を突いてくるようで、まゆは次第に言葉を失っていきました。


「そりゃ誰だって苦しいのも悲しいのも嫌ですけど、努力もせずに得たものって実感がわかないし思い入れも薄いって言うじゃないですか。それって悲しい事や苦しい事がないと喜びや楽しみも満足するレベルにならない事になりません?」


19: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:02:37.78 ID:vP+B501oo



「きっと君はモデルという仕事をして得られる喜びや楽しみという物になれてしまって満足できなくなってるんじゃないかな?」

「そうなんですか……でも……まゆは」

「虚しさって実感が伴ってるじゃないですか」


多分、彼の言う通りなんだと思います。

まゆは、モデルのお仕事に満足できなくなってて、だから虚しさを感じてため息をついてしまう。

でも、それを認めてしまったらまゆは欲深い女の子じゃないですか。

そんな女の子、嫌味じゃないですか。


「もしかして、欲深いとか思ってません?」

「……え?」


ドキッとしてしまいました。

まるで、まゆの心の中を見透かされたみたい。


「人間って欲深いものですよ。良い言い方をすれば向上心って事になりません?そして、向上心がない人はダメだって思うんですよね。ま、持論なんですが」


語り口と声色は優しいのに、まゆは緊張の糸に縛り付けられた様になりリアクションをとれずにいました。


20: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:03:25.29 ID:vP+B501oo



「まゆはどうしたら……」


やっと出た言葉はとても弱々しくて、聞き取れないくらいの声でした。

それでも彼は、まゆの全てを理解してるように頷くんです。


「答えは身近に、もしかしたら既に得てるかもしれませんね。頭の隅に追いやった事や心が疼いた事柄を思い出して見てください」


この時の笑顔にまゆの心は鷲掴みにされてしまいました。

そして、ふとあの手帳の事を思い出したんです。


「奢りますよ。それでは」

「あ、あの!この手帳はあなたのじゃ……」

「もう、その手帳に価値はありません。破り捨てるなり焼くなりお好きにどうぞ」


まゆは、彼の後ろ姿を呆然と見つめていました。


21: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:04:28.85 ID:vP+B501oo

家に帰り再び手帳を眺めていました。


「まゆはどうしたら……」


やっと出た言葉はとても弱々しくて、聞き取れないくらいの声でした。

それでも彼は、まゆの全てを理解してるように頷くんです。


「答えは身近に、もしかしたら既に得てるかもしれませんね。頭の隅に追いやった事や心が疼いた事柄を思い出して見てください」


この時の笑顔にまゆの心は鷲掴みにされてしまいました。

そして、ふとあの手帳の事を思い出したんです。


「奢りますよ。それでは」

「あ、あの!この手帳はあなたのじゃ……」

「もう、その手帳に価値はありません。破り捨てるなり焼くなりお好きにどうぞ」


まゆは、彼の後ろ姿を呆然と見つめていました。
ある1ページだけをひたすら。


「アイドル……渋谷凛……」


彼の言葉を反芻する度に2つのワードがまゆの心を疼かせる。

それはつまり、アイドルと渋谷凛の2つのワードに強く惹かれてると言う事。


「でも、どんな感情?」


多分、アイドルには彼が指摘した虚しさの正体を解消してくれるという期待と希望。

渋谷凛、彼女にはまゆにない眩しさに対しての憧憬と彼の心が彼女に向けられているという事への強い嫉妬。

そして、それは彼が言った『答えは身近にあるかもしれない』と言った事の証明。

まゆの虚しさを、不満を晴らす答えはこの手帳にあったんです。


22: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:05:14.40 ID:vP+B501oo

純粋な思いや動機ではないかもしれません。

それでも、まゆはアイドルという未知の領域に踏み出したいという強い衝動に駆られていました。

そして、その強い衝動の発端はおそらく彼なんです。

思えば、まゆ自身が冴えないと評したのに彼が去り際に残した意味深なため息のせいで、鮮烈な印象を受けていました。

そして、彼が落とした手帳を拾って読み進めた事で彼の人柄に惹き付けられ、あのページでそこはかとない不安を植え付けられる。

まゆは、この不安を解消する存在は彼だと察して彼を探し、見つけて答えにたどり着いた。

全てが彼に繋がり、彼に帰る。


「ふふ…ふふふ…そっかぁ。まゆは、彼の手のひらの上だったんですねぇ」


不思議な感覚でした。

恍惚と愉悦が入り交じって体の芯が熱くなる。


23: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:05:51.67 ID:vP+B501oo

全てが彼の仕組んだ事だとしたら、彼は悪魔の様な人に違いない。

冷徹で冷酷なくせに、甘い囁きで惑わして天使の様に笑う。

まゆなんか知らないうちに地獄に突き落とされてしまう。

そう思えば思うほど、早く彼に会ってまゆがたどり着いた答えを伝えたい。

そう、思ってしまうんです。


「なぜかしら?まゆが抱えていたことがちっぽけに思えてしまう……ふふ、怖い人、狡い人」


恍惚とも愉悦とも似てる感覚は、一晩中まゆの体の芯を熱くさせ、まゆをまどろみに押し留めるんです。

まゆは、彼の手帳を抱きしめたまま朝を迎えました。


「会いたい……早く、早く会いたい……そして、ふふ」


26: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:07:55.35 ID:vP+B501oo



「おや、また会いましたね」


彼は今日も仙台駅のカフェにいました。

いえ、きっとまゆが彼を探しに来るのを分かっててカフェにいたんです。

素知らぬ顔をして、まるで偶然の様に浮かべた笑顔。

ああ、なんて怖い人。


「ふふ、あなたに会いたくて来ちゃいましたぁ。ここに来たら居ると思って」

「なるほど、そうですか。思ったより早かったなぁ……」


彼の言葉の一つ一つが、まゆを陥れる罠なんじゃないかと思ってしまう。

危険だと、信用なんかしちゃいけないと本能が叫ぶのに、それ以上に魅力を感じてしまっている。


「まゆの答えはでましたよ」

「ほう、お聞かせ願いますか?」


27: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:08:41.86 ID:vP+B501oo

まゆだってやられっぱなしは嫌なんですよね。

それに良い娘でもないんですよ。

全てが彼の手のひらの上だったとしても、傷痕をつけるくらいの悪戯はしなくちゃね。


「まゆの答えはあなたの……」


まゆが最後に一矢報いようとした時、彼はコーヒーカップを口元に運び、クスリと笑ったんです。


「プロデューサーここにいたんだ」


まゆの背後から声が、予想外の展開でした。

彼はまゆの答えを聞いて、満足したように笑って終わり。

そう思ってたのに。


「ああ、渋谷さん。すいません。最近、多忙だったでしょ?だから美味しいものでもご馳走しようかとね」

「だからって急に仙台まで来いって言う?……ま、プロデューサーが来いって言うならどこでも行くけど」

「美味しい牛タンご馳走しますよ。あ、松島の方で牡蠣でも良いですね」


28: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:09:19.22 ID:vP+B501oo

彼はのうのうとまゆの後ろにいる女の子の名前を呼びました。

渋谷凛、まゆの嫉妬と憧憬の対象。

その女の子が、まゆのそばにいる。


「それは良いんだけどさ……その女の子だれ?」


本物は雑誌で見た数倍も可愛くて、眩しいとすら感じてしまう。


「ああ、えっと……御名前をまだ伺ってませんでしたね?」


まゆの心は、目の前に現れた渋谷凛ちゃんに対する対抗意識とか言うチープな感情に支配されてしまったんです。

まゆなんて一生かかっても彼に勝てない。

ちょっと、悔しいな。


「佐久間まゆですぅ。新しくアイドルにスカウトされましたぁ。よろしくね?凛ちゃん」

「え、どういうこと?プロデューサー?」


彼は、まるで喜劇でも見てるかのようにクスクス笑ってまゆと凛ちゃんの様子を見ていました。


29: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:10:19.39 ID:vP+B501oo



「渋谷さん、先に出ててもらえますか?佐久間さんとお話があるので」

「……はぁ、プロデューサーって本当に酷いよね。きっと良い死に方しないよ」


彼女は悪態をつきながらもそんな彼が愛おしいのか、笑みを浮かべて店をでました。

彼女もまゆと同じように、彼に惑わされた一人なんだと思います。

だって、そうじゃないと彼の冷酷さに心が砕けてしまう。


「君が何を言おうとしてたかはなんとなく察していたので阻止させてもらいました。だって、僕がこれからプロデュースするアイドルには真っ当でいてもらわないと」


惑わせといて、そんな台詞をそこまで素敵な笑顔で言うんですね。


「君は賢いからいろいろ考えたでしょ?たった二日でそれこそ頭がパンクしそうなくらい」


さぞかし滑稽だったのでしょうね。


「でも、これで解放されますね。あとは全てを僕に委ねてください。君が望む全てを作り上げてみせますので」


嘘、本当に欲しいものはくれる気はないくせに。

だけど、仕方ない。


「それじゃあ、行きますか」


あなたの罠にかかってしまったまゆが悪いんだもの。


30: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:11:53.73 ID:vP+B501oo



―――― 1年後


今まゆは、たくさんの歓声の中にいます。

眩しいスポットライトをたくさん浴びて、笑顔を振り撒きながらアイドルという新しいステージの階段を昇っている途中です。

自分でも驚くくらい充実した日々を送ってます。

あなたはこんなまゆの姿も見えていたんですね。


「Pさん♪まゆのライヴはどうでした?」


全てがあなたの手のひらの上


「良いんじゃないですかね。及第点です」


冷たい素振りも、優しい言葉も、何もかもがあなたの手の内でかまわない。


「それじゃあ、僕は次の現場に行きますんで」


まゆがあなたの手のひらの上で、あなたという人を感じていられるのなら、それでかまわない。


「ふふ、まゆの答えは分かってくれてますよねぇ?例えあなたにそんな気がなくともまゆはあなたの傍に居続けますからね♪Pさん♪」


あなたの手のひらの上で、躍り続けてみせますよ。


「スカウトの時に煽り過ぎたかな……ま、いいか。それで躍り続けてくれるならね」


31: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:18:29.04 ID:Qo8euNrqo

終わりになります。

まゆが歪んでるんじゃなくてPが歪ませた展開もありかなと

お付き合いいただきありがとうございました。


33: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 01:51:17.67 ID:R+XgXLai0

おっつおっつ。
さながらメフィストフェレスみたいなPやね。
他のアイドル達もこんな調子で誑かしたんかね。


35: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 03:32:41.17 ID:XHbdqNzj0


すげーぞくぞくした


引用元: まゆ「あなたの手のひらの上」