1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:55:11.25 ID:S8FDc4ZW0

【片方だけだから大丈夫】

春香「千早ちゃ―ん?」

千早「…………」

シャカシャカ♪

春香「ちーはーやーちゃん?」

千早「…………」

シャカシャカ♪

春香「ねぇ!千早ちゃんってば!」

千早「え?ああ、春香……どうしたの?」

春香「あのね?人の趣味に口出しするのはよくないって思うんだけどね?」

千早「うん」

春香「両耳にイヤホン着けるのは、ちょっと遠慮して欲しいかなーって」

千早「え?ああ、そうね。ごめんなさい」

シャカシャカ♪

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378979710



2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:55:52.34 ID:S8FDc4ZW0

春香「それでね?これは図々しいお願いだって分かってるんだけどね?」

千早「うん……」

シャカシャカ♪

春香「人と話す時は、イヤホン外してくれないかな―って」

千早「うん……」

シャカシャカ♪

春香「ねえ千早ちゃん。聞いてる?」

千早「うん……え?何?」

春香「だからね?話をしてる時は、イヤホン外して欲しいなーって」

千早「ああ……でも、片方だけならちゃんと話も聞こえているから」

春香「でもさっきは聞いてなかったよね?」

千早「偶然よ」

シャカシャカ♪


3: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:56:41.52 ID:S8FDc4ZW0

春香「もういいや。話を続けるけど……」

千早「うん……」

春香「今度のお休みが重なったら、駅前に新しくできた……」

千早「そうね……」

春香「ケーキ屋さんに……」

千早「ええ……」

春香「一緒に行きたいなって……」

千早「成程ね……」

春香「……千早ちゃん?」

千早「そうね……」

春香「千早ちゃん!」

千早「はいっ!?ななな何かしら!?」


4: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:57:18.72 ID:S8FDc4ZW0

春香「話してる時はイヤホン外してって言ったよね?」

千早「はい……」

春香「聞こえてるって言ってたけど、聞いてなかったよね?」

千早「それはその……聞こえているけど、素通りすると言うか……」

千早「意識が音楽に傾くと言うか……」

春香「それを聞こえてないって言うの!」

千早「はいっ!」

春香「今度からは、ちゃんとイヤホン外して話を聞く事!はい、復唱!」

千早「アイアイマム!今度からは、ちゃんとイヤホンを外して話を聞きます!」

春香「よろしい」


聞こえるようで聞こえないイヤホン編――END


5: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:57:46.52 ID:S8FDc4ZW0

【つ、爪が……】

P「ふぅ……喉渇いたな」

律子「暑いですからねぇ……」

P「そうだ、飲み物買ってこようか。律子は何がいい?」

律子「あー……スポーツドリンクでお願いします。えーっと、お金は――」

P「いや、俺が出すよ。ちょっと待っててくれ」

タッ

律子「あっ……もう。借りができちゃったじゃない……」

律子「次は私が出さないとね……」


6: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:58:23.71 ID:S8FDc4ZW0

P「お待たせ。はい、律子の分」

律子「ありがとうございます。プロデューサーは何にしたんですか?」

P「俺?俺はコーヒーだよ」

律子「喉渇いてるのにコーヒーって……まあ、個人の自由ですけど」

P「確かに言いたい事は分かるけど……実は、ちょっと寝不足でさ」

律子「駄目ですよ。いくら忙しいからって、睡眠時間削っちゃ」

P「気をつけます」

律子「分かればよろしい。それじゃ、頂きますね」

P「どうぞ。さて、俺も飲むか……」

カシッ……

P「あら?」


7: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:58:49.54 ID:S8FDc4ZW0

カシッ……ググッ……

P「何だろう。凄く怖い……」

律子「プロデューサー?飲まないんですか?」

P「え?ああ、飲むよ?うん。すぐ飲むから」

律子「いえ、別に慌てて飲む必要はないですけど……」

P(何故だ?プルタブが開けられん……)

カシッカシッ……

P(いや、正確には『開けられない』と言うよりも……)

グッ……メリメリッ!

爪「痛い痛い!剥がれるっつーの!」

P(爪が悲鳴を上げている……)


8: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:59:23.19 ID:S8FDc4ZW0

P(思えば、ここ最近は忙しくて爪を切る暇もなかった……)

P(それがこんなところで裏目に出るとは……)

カシッ……ググッ……メリッ!

P(痛い痛い!プルタブ開ける前に爪がやられる!)

爪「だからあれほど切れって言っただろうが!アホかお前は!」

爪「もう伸びすぎてギャルみたいだろーが!おかしいと思えよこのマヌケが!」

P「くっ……これは……」

P(強行突破してみるか……?)

ググッ……!メリメリッ!

爪「痛い!超痛い!剥がれる脱げる全裸になる!止めろおおぉぉぉ!」

P(無理だ……)

律子「プロデューサー?何をしているんですか?」

P「いや、これは……その、あの……」

P(仕方あるまい……こんな事はしたくなかったが……)

P「すまない律子……プルタブ、開けてくれないか……?」

律子「はぁ!?」

P「ごめんなさい!」


9: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 18:59:53.25 ID:S8FDc4ZW0

律子「全く……女性に開けさせるとか恥ずかしくないんですか?」

P「すみません……」

律子「大体、爪ぐらいちゃんと切っておいてください。身だしなみですよ?」

P「返す言葉もございません……」

律子「爪が剥がれたらどうするつもりなんですか?痛いんですよ?」

P「痛感しております……」

爪「まだ痛ぇ……」

律子「それと、車のキーとか持ってましたよね?」

P「え?まあ持ってるけど……それがどうした?」

律子「てこの原理で開ければよかったじゃないですか」

P「おお!その手があったか!」

律子「その前に爪を切ってください」

P「はい……」


爪には荷が重いプルタブ編――END


10: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:00:19.98 ID:S8FDc4ZW0

【パーティ開け】

亜美・真美「ただいまー!」

シーン……

亜美「あれ?誰も居ないっぽい?」

真美「ホント?うーん、いきなりヒマになっちゃったね」

亜美「だねー。それにしても、ちょいと小腹が空きましたな」

真美「ほほう、奇遇ですなぁ……」

亜美「何かあったかな?」

真美「確か、給湯室の棚に……あった!」

亜美「お、これは子供に大人気の……」

真美「ポテチさんです!いぇーい!」


11: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:01:05.32 ID:S8FDc4ZW0

亜美「皆が居ない今なら……」

真美「二人で半分こできるね」

亜美「お主も悪よのう……」

真美「いえいえ、お代官様こそ……」

亜美・真美「フォッフォッフォ!」

真美「という冗談はさておいて、開けちゃいますか」

亜美「真美に任せた!」

真美「任されました!じゃあ、いっくよー!」

グッ……!

真美「あれ?開かない……」

亜美「そういう事もあるんじゃない?」

真美「だよね。では、もう一度――」

ググッ……!

真美「開かない……」

亜美「情けないなぁ……亜美に貸してっ!」

バッ!


12: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:02:18.89 ID:S8FDc4ZW0

真美「あ、ちょっと亜美!」

亜美「だいじょぶだいじょぶ!いくよー!」

グググ……!

真美「待って亜美!そんなに勢いよくやったら……!」

亜美「こんにゃろー!」

グッ!

ポテチ「Surprise Party!」

パァーン!

パラパラ……

ポテチ「あーあ、飛び散っちゃいましたねぇ……残念ですねぇ……」

ポテチ「折角楽しみにしてたのに、こんなのってないですよねぇ……」

亜美「あわわわわ……どーしよこれ……」

真美「超パーティ開けだよ……完全究極態グレートパーティだよ……」


13: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:02:53.35 ID:S8FDc4ZW0

亜美「どーする!?拾って食べる!?」

真美「それは駄目だよ!片付けて捨てないと……」

ポテチ「そうですよ……どーせあたしゃ捨てられる運命でさぁ……」

亜美「でもでも!事務所の掃除ってやよいっちがやってるから……」

真美「ゴミ箱を覗かれたら……終わる!」

ポテチ「おや?食べてくれるんですかい?」

亜美「だったら亜美達がゴミを捨てれば……!」

真美「それ採用!じゃあ、すぐに片付けを……」

ポテチ「いや、もう遅いんでさぁ」

ガチャッ

やよい「ただいまですー!あれ?亜美、真美……何してるの?」

亜美・真美「イヤアアァァァ!」


爆発四散のポテチ編――END


14: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:03:19.72 ID:S8FDc4ZW0

【どこからでも……】

貴音「お腹が空きましたね……」

響「そういえば、プロデューサーがカップラーメンあるって言ってたぞ」

貴音「なんと!では早速頂きましょう!」

響「一応、これって人の物なんだけど……いや、食べてもいいって言ってたけどね?」

貴音「ならば何も問題ありませんね」

響「大ありだぞ」

貴音「らぁめんの前にはもらるなどあってないようなものです」

響「あって然るべきだと思うけどな」


15: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:03:48.61 ID:S8FDc4ZW0

貴音「という訳で持ってきました」

響「人の話はちゃんと聞こうよ」

貴音「響はどちらにしますか?わたくしはこちらの豚骨にしますが」

響「それってもう選択肢ないよね?選ばせる気ゼロだよね?」

貴音「うっ……で、では……断腸の思いで、こちらの豚骨を譲るとしましょう……断腸の思いで」

響「あーもう!分かったから!自分が醤油食べればいいんでしょ!?」

貴音「響、愛していますよ」

響「値段にして100円ちょっと愛とか要らないよ……」


16: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:04:16.79 ID:S8FDc4ZW0

貴音「では、いざ開封です」

ベリベリ……

響「ま、自分もお腹減ってたし……」

ベリベリ……

貴音「まずは、かやくと液体すぅぷの袋を取り出します」

響「うんうん」

貴音「かやくを入れて、液体すぅぷを……」

ググッ……

貴音「おや……?」


17: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:04:50.85 ID:S8FDc4ZW0

響「貴音?どうしたんだ?」

コポポポ……

貴音「いえその、袋が開かないのです……」

ググッ……

貴音(おかしいですね……『どこからでも開けられます』と書いてありますのに……)

袋「どこからでもかかって来いよ」

貴音「くっ!負けません!」

袋「ハッハァ!甘いなァ!」

ググッ……ヌルッ!

貴音「なっ!?」

貴音(油でヌルヌルになっている……!?)

響「貴音―?自分、先に食べるぞー?」

貴音「あっ、はい!どうぞ先に食べていてください!」

響「分かったー。頂きまーす」


18: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:05:23.18 ID:S8FDc4ZW0

貴音(何故です……何故開けられないのです……)

貴音(響はもう食べています。それはつまり、この袋を打倒したという事……)

貴音(わたくしと響の違いは一体……)

袋「もう終わりか?」

貴音「いいえ!諦めません!」

貴音(響はどうやってこれを開封したのでしょうか……)

貴音(何か手掛かりは……あ、あれはっ!)

ハサミ「おん?俺の助けが必要かい?」

貴音(鋏っ!?響はこんな文明の利器を!?)

ハサミ「腹減ってるんだろ?早く使いな」


19: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:05:52.91 ID:S8FDc4ZW0

貴音「そうです。これを使えば……!」

サクッ……

袋「ギャアアァァァアアア!」

袋「き、貴様っ!俺達の企業努力を何だと思ってやがる!」

袋「絶対に……絶対に許さんからなアアァァァ!」

貴音「ふぅ……やっと開封できました……」

ハサミ「おい」

貴音「おや?」

ハサミ「せめて調味油ぐらい拭き取れコロヤロウ」

貴音「そ、そうでした……」

フキフキ

響「ごちそうさまー」

貴音「あぁっ!?響が食べ終わってしまいましたっ!」


どこからでも開くようで開かない袋編――END


20: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:07:40.82 ID:S8FDc4ZW0

以上で完結となります。お楽しみ頂ければ幸いです

イヤホンはまあ……どちらが悪いという訳でもないの難しいですね
あと、マジックカットは許しません。高確率でヌルヌルしてますし


21: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:11:09.73 ID:eJ/oiqzAO

おつおつ
マジックカットは開かないのがデフォ


22: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:22:23.22 ID:53+e53qno

マジックカットに切れ込みがあるのは何なんだろうなw


25: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 01:46:11.98 ID:URCGzzFPo


どこからも開かない袋の多いこと多いこと


引用元: P「どこにでもある困った一時」