1: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:07:41.61 ID:auDJazdm0



-----

P(たった今、自分は究極の選択を迫られている……)

千枝「……さん、Pさん? どうしたんですか?」

P(彼女……佐々木千枝が、天然魔性小悪魔ちゃんというのはちょっと前から分かっていた、気付いてしまったんだ)

千枝「Pさん、千枝の声、聞こえてますか? あの、Pさーん?」

P(自分はそれに負けないよう、凄い頑張ってきた。凄い頑張ってきたとしか言い表せないんだが、うん、頑張ってきた)



fefd0b01


2: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:08:45.77 ID:auDJazdm0



千枝「本当に聞こえてないみたい……今なら、何やっても大丈夫かな?」

P(そして今、その頑張りを根底から覆すような出来事が起こっている)

千枝「すぅ、はぁ。……よ、よしっ。千枝、行きますっ」

P(さぁ、どうするべきか。ここで命運が……)

千枝「……チュッ」

P「……え?」





3: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:09:51.46 ID:auDJazdm0



千枝「あっ! き、気付いてくれましたか、Pさん。え、えへへ……」

P「……ちょっと待って下さい。千枝、その、今、俺に何しましたか?」

千枝「な、なんで急に敬語に……? その、さっきからPさん、千枝の声に気付いてくれなかったから……」

P「お、おう」

千枝「ほっぺに、キス……してみました。奏さんが、こうすれば男子は直ぐにこっちを見てくれるって言ってたので……」

P「は!? ち、千枝に何吹き込んじゃってるの奏ぇぇぇ!?」

千枝「奏さんの言うとおりでした! Pさん、ちゃんと千枝の方に向いてくれたから……は、はずかしかったですけど」

P「あー、その、すまないな千枝。つい瞬間的に考え事しちゃってて」






4: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:11:18.99 ID:auDJazdm0



千枝「ううん、いいんです! これで千枝、きちんとPさんにおねがいが出来ますから!」

P「……お願い……? あっ、そうか……!」

千枝「そうです! あの、あらためまして、Pさん」

P(そう、忘れていた。自分がこうして考え事に耽ってしまっていたのは……)

千枝「ち、千枝の鍵盤ハーモニカで、千枝にお手本見せて欲しいんですっ!」

P(どう見ても分かって聞いて来ている千枝のこのお願いをどうするか、ということに関してだ……!)






5: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:13:43.31 ID:auDJazdm0



----------

P(最初の頃は、普通の子だと思っていた。というよりも、普通の子であった)

千枝『は、はじめまして、佐々木千枝です。……よ、よかったぁ~。怖い人だったらどうしようって、ちょっと泣きそうでした。やさしそうなプロデューサーさんで安心ですっ!』

P(何やら怯えてしまっていた様子であったので、千枝が怖い思いをしないように自分は優しく接していた)

千枝『やっぱりPプロデューサーさん、やさしいな♪』

P(自分にとっても初めての専属アイドルだったので、もしかすると過保護レベルに優しくしていたのかもしれない)

千枝『Pプロデューサーさんがいるから怖くないもん……っ』

P(それが功を奏したのかは分からないが、千枝は徐々に緊張を解していってくれて、大分仲良くなれたと思う)

千枝『千枝、もう怖くないです。大好きなPプロデューサーさんがいっしょにいてくれるからです……!』

P(……今思えば、この時に「ちょっと懐かれすぎているかも?」と微塵にでも思えば良かったんだろうな……いや、手遅れだったか)






6: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:15:57.91 ID:auDJazdm0



P(バレンタインの時は、ちょっと千枝がソワソワしていたのが可愛らしかった)

千枝『今日はいつも千枝をおうえんしてくれるファンの人たちが来るって聞いたのでドキドキしてます。
   チョコ、うまくくばれるか心配だなぁ……あ、でも、せいいっぱいがんばります!』

P(まだ十代前半だというのに、きちんとアイドルとしての意識を持っていたので、とても驚いた覚えもある)

千枝『……千枝もアイドルらしくなりましたか? えへ、Pプロデューサーさんのおかげですよ♪』

P(あの言葉を聞いたとき、不覚にも泣きそうになったのは秘密だ。まだ大きなライブもさせてあげられなかったあの時、泣くのはまだ早いと堪えた物だ)

千枝『Pプロデューサーさんにほめてもらうの、うれしいです!』

P(ほめてもらいたい。やはり千枝もまだ子供なんだよなぁ……と思った矢先)

千枝『千枝、Pプロデューサーさんと……オフを過ごしたいです!』

P(突然のその言葉に、思わず食べていた千枝のチョコを喉に詰まらせかけたのも良い思い出である)

千枝『Pプロデューサーさんにできる事を探したんですけど、大人の人が喜んでくれること、分かんなくて……何がいいですか?』

P(さらに追い打ちを掛けるようにそんな事を言って、俺を咽せさせたのも良い思い出……なのか?)

P(というか、あれは既に分かって言っていたんだろうか……? 聞いてみたい気もするが、今は止めておこう……)






7: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:17:31.48 ID:auDJazdm0



P(それから千枝と二人三脚でゆっくりと頑張って……そして、大きな仕事を手に入れた。そう、テーマパークでの仕事だ)

P(その仕事は、子供が働ける時間ギリギリに行われる夜のパレードでのLIVE。しかし自分は、気が動転して早めに千枝と遊園地に来てしまった)

P(結果、自分と千枝は時間が来るまで、遊園地で時間を潰さなければならなくなり……千枝に導かれるがまま、湖のボートに乗ったんだったか)

千枝『わぁ! Pプロデューサーさん、とっても上手です!  でも、千枝はアイドルなのに遊んでも大丈夫ですか?』

P(あの時も、千枝のアイドルの精神は凄いとしか言いようがなかった。大丈夫と言っていたのに、千枝は気にして……本当、良い子だと思い……)

千枝『それに、千枝たち、どういう関係に見えるのかな……あっ、な、なんでもないです!』

P(……良い子であり、おませな子だとも思った。いや、ああ言う台詞言えるとかおませってレベルじゃない気もするけど)






8: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 18:18:05.88 ID:ASUSoZkFo

いやっほおおおおおおおう! 千枝ちゃんだああああああああああ!!


10: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 18:20:33.03 ID:zXb4oYpJ0

>>8
早苗さんコイツです


9: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:19:10.34 ID:auDJazdm0



P(そんな台詞を言われたものだから、自分も焦って「は、はは、良くて兄と妹って感じにしか見えないよ」と言ってしまった)

P(多分、それが千枝の何かを刺激してしまったのだろう。千枝は顔を可愛らしく膨らませたかと思うと……)

千枝『……Pプロデューサーさん、ぎゅーってしてもいいですか?』

P(そう言って千枝は、こちらの返答も聞かずに抱きついてきたのだから驚いた。本当に驚いた。しかも……)

千枝『Pプロデューサーさんって頼りになって、本当に大人だなって思うんです。だから、早く千枝も大人になりたいな……』

P(なんてことを言うものだから、本当にこの子は11歳なのかと疑ってしまった覚えがある。今も時たま……結構な頻度でそう思う)

P(……そう言えば、ボートから降りる際に)

千枝『イベントが成功したら、ひとつだけおねだりしても良いですか?』

P(と聞かれ、二つ返事で了承してしまった気がする。あれから未だにそのおねだりを使われていないのだが……大丈夫、だよな?)






11: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:20:53.83 ID:auDJazdm0



P(そして……千枝のパレードLIVEが始まる寸前の舞台裏)

千枝『初めて会ったとき、魔法をかけてもらったのかなって思うの……Pさんは千枝だけの魔法使いなんですっ!』

P(最後に言い切るように言って、千枝は舞台へ駆けていった)

千枝『千枝の魔法で、今日はみなさんを夢の世界に連れてっちゃいます! いっぱい楽しんでいってください! 』

P(そう言って歌う千枝は、本当に輝いていて……)

千枝『千枝の魔法で笑顔になぁれっ!』

P(まぁ、泣いたよね。もうボロ泣き。ステージと千枝が一緒に見えてしまうくらいに、目の前が霞むほどボロッボロ泣きましたよ。感無量だったんですよ)






12: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:21:51.32 ID:auDJazdm0



P(LIVEが大成功に終わって千枝が戻ってきた時も、自分はまだ泣いていて。千枝にも移っちゃったみたいで一緒にわんわん泣いたのは、ずっと忘れられそうにもない)

千枝『Pさん、今度は2人で、お仕事じゃなく来ましょうね』グスッ

P『うん、ぞうだな、ぞうだなっ』ギュー

千枝『あの、お仕事じゃないときの千枝も見ていて欲しいです。Pさん、こんなワガママな千枝は、嫌いですか?』ウルウル

P『ワガママなんでいぐらでも言っで良い! いつでも見でるがらっ! ずっと一緒に居でやるがらっ!』ギュー

千枝『Pさん……』ポー

P(……なんかあの時、泣いていた勢いで色々うんうん頷いちゃった気がするな……まぁ千枝も勢いで言ってたんだろうけど)

P(しかし、本当に嬉しかったんだよなぁ……あの時の気持ちを忘れずに、今後もやっていきたいもんだ)

P(……そういえば、いつのまにか千枝が自分を名前だけで呼んでくれていたんだよなぁ。あれ、いつからだったんだ?)






13: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:23:27.04 ID:auDJazdm0



P(それから、千枝には仕事がどんどん入って、ついには遠征して京都へ行くまでにもなった)

千枝『見て下さい! こんなにいっぱい紅葉が集まりました!
  とってもキレイですよね……千枝、Pプロデューサーさんといっしょに京都に来れてよかったです……お仕事してて、良かったなって……!』

P(お仕事してて良かったとか言われたら、そりゃ泣きますよね。ええ、また泣きましたよ、いい歳した大人が千枝にナデナデされましたよ)

P(ナデナデしていた時の千枝の表情、なんか妙に悦に入っていたというか、大人っぽかったような……? 自分の涙でそう見えただけか)

千枝『このきれいな紅葉、Pさんにプレゼントですっ!』

千枝『えいっ! 落ちてくる葉っぱ、取れました!』

千枝『千枝、初めて京都に来たからワクワクしてます』

P(初めての遠征だからか、散策してはしゃいでいる千枝は年相応の女の子だった。んだが……)

千枝『千枝の着物姿、似合ってますか? オトナっぽく……見えますか……?』

P(突然そんなこと聞いてくるものだから、こちらとしては千枝のギャップにどうしたものかといそいそしていたなぁ)






14: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:25:17.45 ID:auDJazdm0



P(撮影の時は、子供っぽさがあってまだ良かったんだけど……)

千枝『千枝、Pさんに褒めてもらえただけで胸がいっぱいです……!』

千枝『Pさんの言葉があれば千枝はいっぱいいっぱい頑張れるんです!』

千枝『Pさんに褒められちゃった……えへへ……』

P(撮影が終わって、ちょっと千枝と話す時間が出来たと思ったら……)

千枝『えへへ……Pさんに頭撫でてもらったら、嬉しくてホッとしました。だから、もっと……』

P(と言ってしな垂れかかって来たり)

千枝『Pさん……抱っこ…………や、やっぱり恥ずかしいからなしですっ!』

P(と、急に我に返って恥ずかしがったり)

千枝『これって……その……Pさんと二人っきりみたいで……えへへ』

P(と言って俺へ甘えるようにスリスリしてきたり)

千枝『Pさんと一緒に1つ1つお勉強していって、1人前のアイドルになります! もし将来女優になっても、千枝のプロデューサーはPさんだけですから……』

P(と頬を染めながら見上げてきたり)

P(……千枝、仕事を乗り越える度に何やら学んでいっているようで、どんどんオトナという物に興味を示しているんだよなぁ)

P(自分も自分で千枝の言動にいちいちドキッとしたりしているから、救いようがないというか……千枝がいけないんだよ……)






15: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:26:18.76 ID:auDJazdm0



P(そして少し前のデビリッシュゴシックの仕事)

千枝『千枝はPさんだけの小悪魔になっても、いいですか? 千枝、Pさんのためにいっぱいがんばりますから!』

P(この時にようやく、千枝が天然の魔性っ子だと思い始めたんだったな。……遅すぎた、あまりにも遅すぎた)

千枝『千枝が大人になったらダイタン? になってPさんをユウワク? しちゃいますっ! ……何すればいいか教えてくれますか?』

千枝『あの、Pさん……ちえと契約したくなりましたか?』

千枝『Pさんといっしょなら……小悪魔でもいいかなって……』

P(何と言いますか、最近の千枝……言動に熱を帯び始めたというか……こちらを見る視線が、異様に熱いというか……)

P(気のせい、気のせいであって欲しいんだが……千枝、全てじゃなくても、一部意味を分かってて言ってたりしてないか?)






16: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:28:08.67 ID:auDJazdm0



P(そういえば……千枝の専属プロデューサーになってから、もう少しで2年になるんだな)

P(今年の千枝の誕生日は、去年と比べると凄く嬉しそうだったな。去年のバースディパーティは出会ってばかりだったし、それもそうか)

千枝『千枝のお誕生日、お祝いしてくれてありがとうございます。千枝、これからもPさんといーっぱいがんばります!』

千枝『えへへ、Pさんがいっしょなら千枝はずーっとお仕事でもいいです。これからも千枝とお仕事しましょうね♪』

千枝『プレゼントはいいんですっ。千枝にとってはPさんとずっといっしょにいられるのがプレゼントですからっ♪』

P(……あれ? 今思えば千枝のあの台詞、ずっと一緒に居ることをプレゼントとして認識してる……のか?)

P(ずっと一緒に……あれ、もしかして……気付いていなかったけど、千枝、とんでもないこと言って……)






17: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:30:22.56 ID:auDJazdm0


-----

千枝「……Pさん? もうっ、また考え事ですか?」

P(き、気のせいだよな? うん、俺が深読みしすぎているだけだよな、千枝は良く分かって無いよな?)

千枝「あっ……も、もう1回、してほしいの……かな? ……あ、そうだっ♪」

P(そうだ、まだ千枝は今年で12歳になったばかりだし、そこまで考えているはず無いだろう。俺の考えすぎだ、担当アイドルを疑うなんて最低だぞ……)

カポッ

P「……ん?」フー

ドー♪

P「……むぁ!?」

レー♪





18: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:32:00.59 ID:auDJazdm0



千枝「あ、気付いてくれましたか? Pさん、また考え事しちゃってたので、先に吹き口を咥えさせちゃいました♪」

P「えっ」

千枝「か、間接キス……ですね。えへ、えへへ……」

P(あっ、これは駄目だ)

スポッ

P「あっ、あはは、ごめんなー千枝! 俺が千枝の使っちゃ駄目だよな、なっ?」フキフキ

千枝「あっ、拭いちゃPさんのが……うぅ、酷いです」

P「え、演奏会は1週間後だったよな? 明日、別のホース買ってくるから、それで教えてあげるからな!」

千枝「そ、そうですか……」

P(よし、これなら大丈夫。千枝も子供だし、反論というのも上手く出来ないだろう!)

千枝「む、むむ……」






19: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:34:14.84 ID:auDJazdm0



千枝「……あ、あのっ、Pさん!」

P「お、おう、なんだい?」ビクッ

千枝「千枝、千枝ね……今日、Pさんに教えて貰いたいんですっ!」

P「え」

千枝「今日千枝が事務所に来たのも、これの練習の為ですから……今日来た意味がなくなっちゃいます!」

P「そ、そうだったね」

千枝「あの……ワガママな千枝は、嫌いですか……?」ジワッ

P(あ、泣いちゃう)

千枝「ダメ、ですか……?」ポロッ

P(……駄目だ、これは断れるはずがない。断っちゃ駄目だと本能が叫んでる……仕方ない、何か1つでも対価として……!)





20: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:35:58.32 ID:auDJazdm0



P「そ、そうだ千枝。ずっと前のイベントで、『成功したらおねだり1つ聞いて欲しい』みたいなこと言ってたよな?」

千枝「あっ……覚えてくれていたんですね……!」パアア

P「そ、そんなに嬉しかったか? それでさ、そのおねだりを使うのなら、今からでも自分も千枝に教えようかなって思って」

千枝「……それはダメですっ!」

P「おう!?」

千枝「おねだりは、ぜったいに使いませんっ。ワガママでもいいので、使いたくないですっ」ブンブン

P(作戦失敗……というか、11歳相手に対価とか、自分は何考えてるんだ……)ズーン

P「ご、ごめんな、ちょっと自分も馬鹿なこと考えて……」

千枝「あっ、そうだっ!」

P「?」






21: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 18:38:03.05 ID:ASUSoZkFo

ここは天国でしょうか…


26: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 18:42:38.97 ID:5V2jPHBBo

>>21
地獄の入り口って実はとても心地いい場所らしいぜ


22: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:38:05.92 ID:auDJazdm0



千枝「あの、Pさん。千枝、今度のマーチングバンドでリーダーになるんですよね?」

P「ああ、そうだな。先日のドイツ遠征でユニットのみんなを引っ張っていたから、千枝なら任せられると思ってな」

千枝「えへへ、嬉しいです♪ ……なら今回は、そのリーダー命令として、Pさんに教えてもらいたいです!」

P「ほぁ!?」

千枝「発表会の他に、LIVEのマーチング前に演奏するかもしれないし……それって重要ですよね? それを失敗しないための、リーダーからのおねがいです!」

P「……そ、そうだな。演奏はマーチング前の重要な……要素だな……」

千枝「ふふ、リーダーの言うこと、聞いてくれますよね?」

P(……今年12歳の子に、完全に負けたよ俺ぇ!)





23: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:40:19.87 ID:auDJazdm0


P「わ、わかったよ……その代わり、吹き口は交代する度にきちんと拭くからな? そ、それは譲れないぞ」

千枝「むー……ざんねんです」

P(思いっきり残念とか言ってるよこの子ぉ!)

千枝「あ……でも、Pさんと1度でも間接キスできたから、いいかな……えへへ♪」

P(と思ったら凄い嬉しそうだよ! 千枝は本当に天然小悪魔だな! 可愛いなちくしょう……)





24: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:41:22.58 ID:auDJazdm0



P「ん? ……だとすると、千枝は一体いつ約束した『おねだり』を使う気なんだ?」

千枝「……千枝、今年で12歳になりましたよね?」

P「ん、そうだな。小学6年生になったんだもんな」

千枝「それと、千枝、何年経ってもPさんのプロデュースするアイドルだって、前に約束しましたよね?」

P「京都の時のか。どうなるかは分からないけど、そうしていけるようには頑張るよ」






25: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:42:23.50 ID:auDJazdm0



千枝「よ、良かったぁ……。それなら……えっと、4年後に使います!」

P「よ、4年後? なんでまたそんなピンポイントに遠い時期を……」

千枝「だって、4年経ったら千枝、ようやく16歳になれるから……」

P「16歳……高校1年生ってことか。その時期のおねだり……なんだ、何が欲しいんだ?」






27: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:44:38.41 ID:auDJazdm0



千枝「欲しいというか、なんていうか……と、とりあえず、頼むものですっ」

P「頼む? アクセサリが欲しいとか、そういうおねだりじゃないのか」

千枝「はい。4年後じゃないと、言っても意味がないものだと思うんです。そうじゃないと、直ぐにお返事聞けないし……」

P「高校生で直ぐに返事……? 振り袖とか……いや、それは高1でなくても良いし……ああ、バイクの免許とか?」






28: ◆qKN1KEFb.k 2013/09/10(火) 18:46:56.48 ID:auDJazdm0



千枝「えへへ……Pさんにはまだないしょですっ。オトナになってからのおねだり、きっとPさん驚いてくれます!」

P「ふむ……いや、分からないぞ? 4年も経ったら、もしかしたら忘れちゃうかもしれないし……」

千枝「そ、そんなことないですっ。千枝、絶対覚えてますっ!」

P「それは今だからなー。ほら、覚えている間におねだりするなら今の内だぞー?」

千枝「いいえっ、4年後まで言いませんっ。前からずっと、ずーっと……大事にしてるんですから――」







千枝「『――千枝と結婚して下さい』なんて、忘れるわけ無いですよっ♪」

P「……えっ?」

千枝「……ああっ!?」ポッ






お わ り





30: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 18:56:13.56 ID:ASUSoZkFo


やはり千枝ちゃんは良い、心が洗われるようだ…


31: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 19:38:42.84 ID:S1248Lr7o

おつ…

もうちょっとだけ頑張ってみないか!?あなたの千枝ちゃんは可愛いから…頼むよォ…


32: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 20:52:38.53 ID:LvUpxLrL0



良かった


引用元: モバP「オトナになりたい女の子」