1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:00:02.41 ID:Z2A0cHqt0

プロデューサー、それはアイドルを育て上げる者

ルキP「P兄貴! あっちにすげぇ美人さんが!」

P「でかしたぞルキP!」

プロデューサー、それはアイドルを愛でる者

ベテP「そんじゃまぁ俺がスカウトしてくっからお前らは兄者と一緒に下がってな」

P「おいおいベテP兄さん、そこは弟に譲るべきだろ?」

ルキP「そうだそうだ!」

ベテP「ハハハ、何を言ってるんだか、なぁ兄者?」

マスP「…時すでに遅し」

弟s「?」フリムキ


美形P「やぁそこの君! アイドルに興味が無いかい!」

美人「えっ…私がアイドルですかぁ?」

弟s「あっ…」

老若男女プロデューサーをやっているこの世の中で、自分たち四兄弟プロデューサーは今日も楽しくプロデューサーをやっています

/モバマスSSなのにアイドルが主役では無いふざけたSS。

2: 書き忘れましたがかなり長いです、220レス程 2013/08/21(水) 15:03:00.89 ID:Z2A0cHqt0

【元気だけが取り柄! ルーキープロデューサー!!】

ルキP「今日もいい天気だな! 兄貴!」

P「そうだな、良いプロデュース日和だな」

ベテP「毎日がプロデュース日和だけどな!」

四男、ルキP(20) こいつの特徴はとにかく元気、常にパッション、好きな事は歌とダンス。

ついこないだまでは高校をエンジョイしていたがようやくプロデューサーになった、まだまだ半人前だ。

ルキPの担当アイドルは小学校の子まで、つまり幼女担当、110番の準備はしっかりとしている。

ルキP「兄貴達! 走って事務所まで…ん?」

ルキP「…!? 兄貴! あの踏み切りの上で倒れてるの仁奈ちゃんじゃね!?」

P「えっ! マジで!?」

マスP「……あの着ぐるみはどう見ても仁奈だろうな」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:06:01.28 ID:Z2A0cHqt0

      カンカンカンカン!!

ルキP「踏み切り鳴ってんじゃん! やべぇ!!」ダッ!

ベテP「あっおい待て!」

こいつの良い所でもあり悪い所は頭よりも早く体が動く癖…そのせいで

ルキP「そいやそいやそいやそいやぁー!」ズザザザッ!

ルキP「もう大丈夫だぞ仁奈! ってアレェ!?」


ちひろ「あれ? どうしたの仁奈ちゃんリュックなんか漁って?」

仁奈「ヒツジのキグルミを落としてしまったよーです…」ゴソゴソ
no title


ルキP「これ中身が入ってn ガタンゴトンガタンゴトン

     ギャアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!

P・ベテP「ルキPィィィィ!!!」

誰よりも死と隣り合わせの男、それがルキP


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:09:00.73 ID:Z2A0cHqt0

【普通の中の普通! ただのプロデューサー!!】

響子「おはようございます!」
igrskyk1

P「はいおはよう!」

自分で言っておいてなんだが、自分は極めて普通なプロデューサーだと思う!

ゆかり「おはようございますPさん」
mzmtykr1

P「おはよー!」

年は24、担当しているアイドルは中高生、そのせいでプロデュースする子が大勢いるけど弟や兄さん達の力を借りて何とかやっている

P「おっ、まゆおはよう!」

まゆ「うふふ…おはようございます♪」
no title


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:12:00.71 ID:Z2A0cHqt0

働きに対しての給料が少ないように感じるけど自分は凄く満足している!

P「いやぁ昨日のハンバーグの差し入れありがとうな!」

まゆ「Pさんが喜んでくれたならまゆも嬉しいですよぉ…ふふ」

自分の元にいる子達が皆いい子でプロデューサーやって良かったと心底思う!

P「そういえば明日は智絵里が旅行から帰ってくる日かぁ、ちゃんと元気にしてるかな…」

まゆ「きっと元気にしてますよ…Pさん、そろそろお仕事に行きましょ♪」ギュッ

響子・ゆかり「………」


ベテP「一ヶ月以内に刺されるに5千」

ルキP「じゃあ俺刺さらない方で」

中肉中背でノーマルな俺! 今日も頑張ってアイドル達をプロデュースだ!


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:15:00.60 ID:Z2A0cHqt0

【人間の屑! ベテランプロデューサー!!】

ベテP「ヘヘ…酒が切れちまった……」プルプル

P「兄さんそのネタ飽きた」カキカキ

プロデューサー業界で最強と言えばベテP兄さん(28)だろう、担当アイドルは主に大人の女性

因みに高校生以上大人以下のアイドルは、どちらが担当するかを俺とベテP兄さんで話し合って決めている

その話し合いの中で一番困難を極めたのは安部菜々さ…ちゃんだろう、最終的には本人の意思で自分の所に着たが

ベテP「そんでよ、今度やるドラマの役に早苗ちゃんを出すわけよ」

P「え? この役って大和撫子な女性じゃ?」

ベテP「ギャップ萌えってやつだよ、活発な女がおしとやかになったらキュンとこねぇか?」

いつも斬新な発想でアイドルを売り出していき、すっかり全プロデューサーのカリスマ的存在になった

ベテP「○っぱいは大和撫子じゃねぇけどな!」

ただし仕事以外は全くダメ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:18:00.55 ID:Z2A0cHqt0

兄さんは仕事が終わったら即酒を飲むアル中であり、兄弟の金でパチンコに行くギャンブル中毒者でもあり、アイドル事務所の中でも平然と下ネタ発言をする屑野郎だ

ベテP「おっ、お土産の饅頭か、もらうぜP」スッ

P「ほざけ! 智絵里の饅頭は誰にもやらんぞ!」ヒョイッ

ベテP「ほぉ…兄貴に逆らうか! それもまた面白い!」

P「今まで借りた金に利子付けて返すならやらんことも無い!」

ベテP「今更数え切れんなぁ!!」


ルキP「饅頭には日本茶だよなぁ」モグモグ

智絵里「わ、わたしは牛乳が好きです…」
ogtcer3

マスP「皆違って皆良い」モグモグ

仕事とプライベートの差が最も激しい男ベテP、そろそろ神罰が下ってもいい


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:21:25.00 ID:Z2A0cHqt0

【全てを越えし者! マスタープロデューサー!!】

マスP「ルキP、そろそろ迎えに行く時間だぞ」サラサラ

ルキP「あっホントだ! そんじゃ行ってくるぜ!」ダッ!

四兄弟の長男マスP兄さん(31)、ベテP兄さんよりも若く見えるし神々しい風貌を持った人だ

兄さんに関してはかなり変わっていると思われる、何故ならアイドルを誰もプロデュースしていないからだ

マスP「P、一週間後のスケジュールが完成した」

P「サンキュー兄さん!」

マスP兄さんはこの事務所のアイドル全員のスケジュールを事務員ちひろさんと一緒に組み立てているのだ

さらに備品・予算管理などなど、本当にたまーにアイドルの送り迎えを担当する事務員兼プロデューサー的ポジションだ

マスP「ベテP、沙理奈が風邪でダウンだ。15分以内に代打を呼んで来い」

ベテP「マジか! えーっと今暇な奴は…」

何故兄さんがプロデュースをしていないかと言うと、別にプロデューサーとしての仕事が全く出来ないと言う訳では無い、と言うよりその逆

兄さんがその気になれば一度に1000人のアイドルを同時にトップアイドルにさせる事だってできるだろう、比喩じゃなく

一度にそんなにトップアイドルになれないって? 残り999個のトップアイドルの座を作れるんだよ!


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:24:00.53 ID:Z2A0cHqt0

なら何で兄さんがアイドルをプロデュースしないかと言うと

マスP「…良し、書類が完成し……!」

     ガチャッ

記者「どうもー先日インタビューの約束を取り付けた者ですがー」

P「はいはい、こちらへどうぞ」

記者「ありがとうございます。早速なんですがこの事務所で一番の実力を誇ると言うマスPさんの取材を…」

ルキP「兄貴なら慰安旅行でいないぜ」

ベテP「なので代わりにこの俺が取材を受けよう!」

記者「あーそうですか…分かりました、それでは今回はそのような形で…」

ルキP・P「……」チラッ

マスPの椅子「」クルクル…

ベテP「いいか? プロデュースをするにあたって大事な物が三つ、酒・アルコール・酵母菌だ」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:25:19.13 ID:hqYflvoQ0

アイドルの頂点掴むまでは~♪
力を合わせるんだ~四兄弟~♪


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:27:00.65 ID:Z2A0cHqt0

数十分後…

記者「…はい、それじゃあ今回はこれぐらいで……」

ベテP「今度来る時は酒を持ってきてくれたら嬉しいぞ!」

記者「考えときます…ありがとうございました…」
 
      ガチャッ バタン

ベテP「ふぅ…中々為になる事を話したんじゃないかこれは」

P「大幅に改編されるだろうな…話の九割が社会人が言って良い事じゃ無かったぞ」

P「さて…」チラッ

マスP「………」カタカタカタ

P「…兄さん、いちいち客が来るたびに天井裏に潜むの止めようぜ…埃だらけだぞ」

マスP「…後で掃除をしておく」

P「いやそういう問題じゃ無くて」

…兄さんは極度の恥ずかしがり屋だ、知り合いならあまり問題無いが赤の他人なら長く会話するのが困難だ、いつのまにか姿を消してしまう

俺たち3人が力を合わせても全く歯が立たないマスP兄さん、いつかは日の光を浴びるのだろうか…多分無理だな


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:30:00.54 ID:Z2A0cHqt0

【レッツ昼メロ】

みく「Pちゃーん! おっはよー☆」
no title

P「ヘイ! おはようみく!」

みく「今日も日課のすりすりをするにゃー!」スタタ

P「HAHAHA! 相変わらず15才とは思えないスタイルをしおって!」

        ガチャンッ!!

アーニャ「プロデューサー!」
no title

みく「!?」

P「アーニャ!!」

アーニャ「ヤー…あなたがいないと…」

P「こ…こんな俺を許してくれるのか…?」

みく「え……え…?」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:33:00.26 ID:Z2A0cHqt0

P「アーニャーー!」ダッ!

アーニャ「プロデューサー!」ダッ

     ダキィッ!

P「もう離さない…!」

アーニャ「ダー…私もです…」

のあ「………この泥棒猫」
no title

アーニャ「マーチ!?」

みく「」

ベテP「はいカーーット!! みく何やってんだぁ!」

みく「…はっ!? な、何してるってこっちのセリフだにゃぁ!!」

P「何してるって芝居だよ、ちゃんと演技しろよみくー」

アーニャ「ジェラーユ ウダーチ、頑張ってくださいみくさん」

のあ「…………そろそろ事務所に入っていいかしら」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:36:00.95 ID:Z2A0cHqt0

みく「芝居って…そんなの事前に教えてくれないと分からないにゃあ!」

P「知らなかったのは俺も同じだ、アイドルなら突然の前フリにも対応してみろ!」

P「そんなんだから猫キャラを奪われるんだよ!!」 

みく「え…それ関係あるの…?」


ルキP「懐かしいなーファ○タのCM」

マスP「10年も前になるか…」

菜々「懐かしいですねファ○タのCM! 「ファ○タは僕らのヒーローだ!」のキャッチコピーが好きでしたよ!」
no title

ルキP「え…何それ…?」

マスP「………」

菜々「?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:38:59.95 ID:Z2A0cHqt0

【正答率?%】

ルキP「さぁ! 仕事に行くぞー!!」

舞「はーい♪」
OOlIY

薫「今日は何するのー?」
no title

千枝「上手にできるかな…?」
no title

美由紀「がんばるよー」
ac715133

若葉「がんばりますよ~」
npme


ベテP「さぁここで問題! このアイドル5人の中で二人仲間はずれがいるがだーれだ!」

P「はいはいはい! 元気で可愛い薫ちゃんとクールで可愛い千枝ちゃん!!」

ベテP「あーそう来たか!!」

マスP「お前達仕事しろ」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:42:00.87 ID:Z2A0cHqt0

【共鳴】

フレデリカ「フンフンフフーン、フレデリカー♪」
98ba7be0650ef8626d67e2402aa665eb

P「フンフンフフーン、フレデリカー♪」

フレデリカ・P「…………」

フレP「「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」」

ルキP「フンフンフフーン♪ フレデリカー♪」

ベテP「フフフーン、フレデリカー♪」

ちひろ「フンフンフフーン、女神のちひろー♪」

三バカフレ女神「「「「「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」」」」」



事務所前

マスP「…………」


事務所『『『『『フンフンフフーン、フレデリカー♪』』』』』


マスP「…買出しに行っている間に…一体何が…?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:45:00.79 ID:Z2A0cHqt0

【○○の一声】

マスP「……」スラスラカキカキ


晶葉「P、5番のドライバーを…」カチャカチャ

P「ほい」スッ

晶葉「最後に蓋を閉めて…良し、完成だ!」

P「おー! カッコイイロボットだ!」パチパチ

P「そんでこれはどういう用途に使うんだ?」

晶葉「よくぞ聞いてくれた、こいつはアイドル達を警護してくれるロボットだ!」

P「ほうほう…こいつがガシャコンガシャコン走ってアイドルに襲い掛かる暴徒をバッタバッタと打ち倒してくのか」

晶葉「その通りだ、名前は…偶像まもるロボにするか!」

P「それで博士…まもる君、間違ってアイドルに危害を加えるような事はしないよな…?」

晶葉「まだ完成したばかりだからな、実際にテストをしなければな…」

P「テストか…、本来ならば助手である自分が先行すべきだが…あっそういやそろそろ」

       ガチャリ

ルキP「ただいまー! あー涼しい!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:48:00.71 ID:Z2A0cHqt0

P「グッドタイミングだ弟、それじゃ早速被験者をスカウトしよう」

晶葉「スカウト…大丈夫なのかP?」

P「大丈夫大丈夫」スタスタ


P「おかえりー! ルキPよ!」

ルキP「おうただいま兄貴!」

P「いきなりで悪いけど晶葉の作ったロボの実験台になってくんない?」

ルキP「えー、痛いのは無理なんだけど」

P「高槻やよいのマル秘ブロマイド」ボソリッ

ルキP「やらせていただくぜ!!」

P「スカウト完了!」

晶葉「…本当にあっさりとスカウトしたな」

P「こんなんまだまだだ、ベテP兄さんなら数回言葉を交えるだけ、マスP兄さんなら一声だけでスカウトできるぞ」

晶葉「もはや詐欺師や超能力者の類だな」

ルキP「実際そういうもんじゃね? プロデューサーって」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:51:15.90 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「そんで俺は何すればいいんだ?」

晶葉「まずは私に襲い掛かるフリをしてみてくれ、そうすればロボが反応するはずだ」

ルキP「ふむふむ、そのロボって壊しちゃ駄目?」

晶葉「そうだな、できれば」

ルキP「OK、要はロボの攻撃をよけ続ければいいんだな。それじゃあ早速…」


ルキP「ヒャッハー!! あの有名天才ロボ少女アイドル池袋晶葉だぁ! こいつは大根おろしとポン酢をかけていただくしかねぇ!!」

P(あー最近焼き魚食ってないな…明日作るか)

ロボ「!!」キュピーン

ロボ『我が名はクロノス! 時空を司る神が一人!!』

ルキP・P「!?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:54:01.00 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「えっちょっ何で蘭子ちゃんの声が」

      ヒュンッ!! ブンッ!!!

ルキP「ギャァァ!! 凄いボクシングスタイル!」

P「池袋博士、これは一体…」

晶葉「うむ、実は音声を入れる際にただの音声ソフトを使うのは面白くない気がしてな、アイドル達に一声一声入れてもらったのだよ」

P「なるほどー」

ロボ『こいつの長所が見えるっス! こいつの最も優れた筋肉が…感覚でわかる…輝いて見えるッス!!』

       ドゴォッ!!  ドゴッ!! ドゴォ!!!

ルキP「ごっふぁ…っ!! 重…! 一撃一撃…腕が……!!」

P「今度は比奈か、と言うより人間に出していい打撃じゃないぞこれ…ルキPだから何とかなってるが」

晶葉「確かに…すぐに修正しなければな」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 15:57:00.98 ID:Z2A0cHqt0

ロボ『わかるわ』

      ズゴオ゛ッ!!!

ルキP「オゴォッ!?」

P「あっヤバイいいのもらった」

晶葉「いかん…これ以上は危険だ、すぐに止めなければ…!」

ルキP「ゴッフゴフ…! 一体どんだけの技持ってんだよぉーーー!!」

ロボ『わからないわ』

    ヒュン! ヒュヒュヒュン!! ヒュンッ!!!

ルキP「うおおおぉぉぉ!?」

P「博士、二言入れてるやからがいるぞ」

晶葉「いつのまに…ってそういう場合じゃない!」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:00:00.87 ID:Z2A0cHqt0

晶葉「偶像まもるロボ! ただちに緊急停止だ!!」

ロボ『ゴートゥヘーーールッ!! フヒヒヒフハハッアッハッハ!!! 』

    ゴウ゛ッ!! ゴウ゛ッ! ダダダダダダ!!!

ルキP「エイドリアアアアアアアアアン!!!!」

晶葉「き、緊急停止しないだと!?」

P「まぁ最初の一回目だからな、暴走もしちゃうしちゃう」

晶葉「しちゃうって…このままではルキPが!」

P「弟は犠牲になったのだ…アイドルを守る為のぎせ

マスP「うるさい静かにしろ」

ロボ『あっ…はいすいません…すぐ止まります、はい』プチュンバタン

博士&助手「あっ」

マスP「……」カタカタ

ルキP「」

こうして、晶葉のテストはルキPに複数の痣を残すだけで無事終わった、後まもる君はしばらく保留と言う形になったとさ


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:03:00.90 ID:Z2A0cHqt0

【大人の楽しみ】
居酒屋

ベテP「よーしそれでは皆おつかれぇい、かんぱーい!!」

アイドルs「かんぱーい!!」

P「乾杯」カチーン

ルキP「うぇーい」カチーン

ルキP「しっかしよく貸切なんてしたよなーこういうのバカにならないんだろ? マネー」

P「まぁ大成功だったからな、たまにはこういうのもいいだろ」

友紀「ビール! ビール!!」
485961

ルキP「よく飲めんなぁ…俺もう二口目で駄目だわ…」チビチビ

P「近い内慣れる慣れる、早めに帰るか?」

ルキP「そうだな、腹膨らませたら帰るわ。おっマスP兄貴は牛乳なのか」

マスP「車での送り迎えがあるからな」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:06:00.61 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「ちゃんと事務所の奢りで酒飲んでるかー!」

礼子「ええ、しっかりと頂いてるわ」
。ホヘナ、キ、ュサソ。マケ筝カホ鮟メ

志乃「これでもう一つ上のワインがあったら良かったけれど」
。ホ、ロ、暠・、ア。マノ「サヨヌオ

ベテP「まぁそこは居酒屋だから勘弁だな! 飲み干せ飲み干せ!!」グビグビグビ

早苗「ぷっはぁ! おっちゃーん! ビールおかわり!! ほら美優ちゃんもグイっと!」
no title

美優「あ…私は少しずつ……」
no title

ベテP「おうおう! 元警官が一気強要してどうすんだぁ!! と言うわけで俺がイッキするぞー!!」

           ワーワーワー!!

P「水を得た魚ならぬ酒を得たベテP、だな」

ルキP「ほんと仕事も完璧でイケメンなんだがアル中とギャン中はどうにかならんか…CD発売前に金抜き取られた日にゃ俺ブチ切れるよ」チビチビ

友紀「スナギモ! ハツ! 皮!!」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:09:00.94 ID:Z2A0cHqt0

早苗「あー楽し! でもたまには思いっきり旅行したいわー」

ベテP「おうおうそうか、じゃあ近いうちに長めの休み作ってやるからエンジョイしてこいよ」ゴクゴク

早苗「ほんと? それは嬉しいわね! ありがとねベテP君♪」

ベテP「はっはっは! 褒められても80円しか出ないぞ!」

早苗「あっ旅行と言えばベテP君の行きたい場所ってあるの?」

ベテP「んっ? 何だ突然」

早苗「いいじゃないのー別にー♪ さぁさお姉さんに言ってみなさい!」

P(うわーぉ…そのまま駆け落ちでもするつもりですか早苗さん…)ゴクリ

ルキP(ラスベガスとか絶対言うなよ…真っ裸で帰ってきて「カジノ超楽しかった!」とか言われるのマジ勘弁だからな…)ゴクゴク



ベテP「んーあれだな! 場所じゃねえんだけどもっかい花電車が見てぇな!」

ルキP・P「ブッホオッ!?」

マスP「ゴホォッ! ゴホォッ! ぐふっ!」ダラダラ


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:12:00.64 ID:Z2A0cHqt0

早苗「花電車ってあんた…随分とマニアックなもんを…」

ベテP「別にいいじゃねぇかー意外と面白くてなー」

美優「花…電車?」

礼子「…志乃、知ってる?」

志乃「いえ知らないわ、調べてみましょうか」スマフォーン

マスP「うぐ……おぅ…」

ルキP「大変だ兄貴! マスP兄貴が目から牛乳出してる!」

P「昔目から牛乳出して飛距離を競う番組があったよな! じゃなくて!!」

友紀「あー花電車ね、知ってる知ってる。あそこを使って…」

P「誰かあいつらを止めろー!!」

口を閉じろぉぉぉぉぉ……

大人の時間はまだ始まったばかり…


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:15:00.85 ID:Z2A0cHqt0

【深夜トーク】

ルキP「………」カキカキカキ

P「……」スラスーラ

ベテP「………」

マスP「…………」カタカタカタカタ







ベテP「……菜々って黄金○ットに反応するかな」

ルキP「黄金○ットって…」

P「反応したら色んな意味でアウトだろ…」

マスP「……口より手を動かせ…」カタカタ


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:18:00.55 ID:Z2A0cHqt0

【真面目な顔ほど】

楓「…………」
no title

のあ「………」

マスP「……」


ルキP(いやぁ…さすがに3人沈黙美男美女が揃うと絵になるなぁ)ヒソヒソ

P(正直事務所の空気が重くなるから勘弁してほしい)

ベテP(しっかし兄者達は何を考えてるんだか…)






楓・のあ・マスP(………トイレの電気消したっけ(かしら)(か)?)


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:21:00.89 ID:Z2A0cHqt0

【Pファイル 人外を求めて】

P「お前達小梅と一緒に肝試しに行くぞ!」

ベテP「いつの話だよ」

P「今だよ! 30分後に墓地集合だよ!」

ベテP「まーたえらい急な話だな、やっと仕事終わったって言うのに」グビグビ

マスP「…自分は別に構わないがどこの墓地だ?」

P「ここ! 何かすげぇいっぱい霊が出るみたいだぜ! 後UFOも目撃されたとか」バサァ

ベテP「ほうほう…中々面白そうだな、今日は珍しく暇だから俺も行くぜ」

ベテP「そんでお前も行くよな? ルキP」



ルキP「…あっいやちょっと…マジ無理なんすけど…」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:24:14.86 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「あー、お前昔っからホラー系無理だもんなースプラッタはいけんのに」

P「どこの剣道家アイドルだよ」

ルキP「無理なもんはマジ無理なんだよ! 幽霊ってニヤァって笑ってパンチしても通り過ぎるじゃねぇか!!」

P「まぁせっかくだし行こうぜ」

ベテP「だな、その方が面白そうだ」

ルキP「ほんと待て! ほんと嫌だって!! あっそうだ! 他に誰かこねぇの!?」

P「あーそういえば今日小梅と一緒に涼を誘いに行ったんだけど…この雑誌見せた途端逃げた」

ルキP「マジか!」

ベテP「敵前逃亡とは…許せん! 今度のアイツの撮影はゴスッゴスのフリッフリのドレスを着せて撮らせるか!!」

2バカ「異議無し!!」

マスP「……あまりやりすぎるなよ」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:27:01.21 ID:Z2A0cHqt0

P「そういう訳で俺たちは墓地の入口へやってきました!」

小梅「あっ…こ、こんばんは…」
no title

マスP「こんばんわ」

ベテP「グッドアフタヌーン」

ルキP「すげぇ暗い…怖い…帰りたい…マジむーりぃー…」

P「予告通り騒がしい男3人引き込んだけど大丈夫か?」

小梅「うん…たくさんいた方が……楽しい…あっ、早速たくさん…凄い…」

ルキP「ええっ!? どこよどこ!? 見えない! 何も見えないけど!!」

P「うーん…自分と弟霊感無いらしくてなぁ…兄さんたち見える?」

ベテP「見える見えるすっげーいる」グビグビ

マスP「……手振ってるな」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:30:00.90 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「さて合流していきなりだけど俺単独行動するわ」フラフラァ

マスP「…すまんが自分も」スタスタ

P「いきなり別行動かい、しょうがない…俺と小梅と弟で周るぞ」

ルキP「いやー自分お邪魔虫っぽいんで帰ってキラメキラリの振りつけ練習でも…」

P「帰ったらお前のCDとギター全部壊す」

ルキP「」

小梅「色んな人達がたくさんいる…あっ…首取れた……」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:33:11.97 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「うわーもうやだぁー! すでに包囲されてるんだろぉ!?」ガタガタ

P「くっつくなルキP! 蒸し暑い歩きづらいキモイ!」

小梅「大丈夫…悪そうな人はいないです…」

ルキP「良い幽霊でも悪い幽霊でも怖いもんは怖い!!」

P「いい加減離れろ!」ドンッ!

ルキP「アウン!」ドサー

ルキP「暴力反対! あ…に……」

        シーン…

ルキP「…アイエェ……?」

小梅(あの…一人にしちゃって…だ、大丈夫…?)ボソボソ

P(幽霊を克服する為にはこれがうってつけだ…さっ、写真取りに行こう)コソコソ

       墓地の真ん中で一人にしないでぇぇぇぇ……!


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:36:01.05 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「おー近くで見るとさらに美人!」

女霊「…………」

ベテP「初対面で失礼なんだがお酌してもらってもいいかな!」

女霊「……」スッ

ベテP「そうそう! その○っぱいで挟んでこのグラスに…」

女霊「……」ニコッ
   
     ブゥン!  バリィンッ!!

ベテP「あぶしっ!!」



P「はーい、それじゃあ集合写真を撮るんで並んでくださーい!」

小梅「もうちょっと詰めて……あっ、潰れた…」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:39:01.08 ID:Z2A0cHqt0

        ダダダダダダ!!!

ルキP「ちくしょう! もう帰ってやる!!」

ルキP「てゆうか無駄に広くね!? あれ!? もしかして迷子!?」

        ダダダダ……




ルキP「はぁ…はぁ…同じ所をグルグル回ってるような…あっあれは…!」

マスP「………」

ルキP「た…助かった! マスP兄貴だ! おーい兄」

      ミヨンミヨンミヨンミヨン…

ルキP「……えっ…」

マスP「…………」フワァ

      ミョンミョンミョンミョンミョン……

ルキP「…う……!」

ルキP「うわあああああああああ!!!! スカリィィィィィィ!!!???」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:42:01.04 ID:Z2A0cHqt0

P「良い写真いっぱい撮れたなー」スタスタ

小梅「お土産もこんなにたくさん…」ヨタヨタ

ベテP「よう、やっと戻ってきたか」ビショー

P「…兄さん何で濡れ濡れなんだよ」

ベテP「美人さんにワイン入れてもらおうとしたらボトルで頭ぶっ叩かれてな、酒も滴るいい男になったろ」

P「可愛そうに…転んで頭をうった衝撃で…そんな事より俺達の集合心霊写真見てくれよ」

ベテP「いやいやそこは信じろよ、写真? ……これは心霊写真じゃねぇよ」

P「えーこんなにハッキリ写ってるだろ」

ベテP「だってお前、笑顔でダブルピースしてる幽霊達の写真は心霊写真と呼べねぇだろ、別の意味でホラーだわ」

P「じゃあやっぱり心霊写真じゃん、あっそうだ小梅の守護霊も写ってるんだぜ」

小梅「こ、ここです」サス

ベテP「おー綺麗に写っちゃって、アイドルに仕上げたいぐらいだな」

           ウアアアアアアアアア……!

2P・小梅「?」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:45:00.97 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「うわあああ!! うわああああぁぁぁ!!!」ダダダダ!!

P「あっ帰って来た」

ベテP「弟者よ楽しかったか」

ルキP「そんなん言ってる場合じゃねぇ! あああ兄貴が!! 兄貴が!!」

P「落ち着け」ベシッ!

ルキP「アウチッ!?」

ベテP「正気に戻ったか?」

ルキP「元から正気だっつーの!! 兄貴がUFOにさらわれたんだよっ!」

小梅「ユー…フォー…?」

ルキP「そう! ラーメンのどんぶりみたいなUFO!!」



マスP「久しぶりだな、3か月ぶりぐらいか」

宇宙人?「はい、お久しぶりでございますマスP殿」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:48:01.03 ID:Z2A0cHqt0

P「はぁ? UFO?」

ベテP「そんな非科学的な物を信じるとはルキPもまだまだ子供だな!」

ルキP「いやそこは信じろよ!」

P「あれ何かデジャブが」


マスP「今日はどこか遠出か?」

宇宙人?「少し長い休暇を頂いたので、故郷へ帰ってらーめんの布教をしようかと…」


ルキP「ホント信じてくれってば! UFOの下が開いて光ったかと思いきや兄貴が吸い込まれて!」

P「ルキP…お前疲れてるんだよ、一人置いて行ったのは悪かったって」

小梅「あ、あの…私信じますよ…ユーフォー…」


マスP「頑張ってくれ、それと今後この経路を使わない方が良い、噂になっている」

宇宙人?「なんと」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:51:00.92 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「小梅ちゃんだけが俺の味方だぁぁ!!」ダダダ!

P「近寄るな!」ベシィッ!

ルキP「ぶへぇ!?」

ベテP「大体兄者がUFOにさらわれるぐらいで死ぬ奴じゃないだろ、そろそろ…」

マスP「すまんな、待たせてしまったか」

ベテP「ほらな?」

ルキP「あれぇぇぇ!?」

P「お帰りーって何だその両腕いっぱいに抱えてるカップ麺の山は」

マスP「夜食にと思ってもら…いや近くのコンビニで買ってきた、公園で食わないか」

P「おー気が利くな兄さん、小梅も食うよな?」

小梅「はい…あ、あの人達から貰ったお饅頭とかも食べましょう…」

ベテP「そんじゃ行くぞー」

        スタスタスタ…

ルキP「……結局…俺の見た物は幻覚だったん…?」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:54:00.81 ID:Z2A0cHqt0

【進撃のプロデューサー】

血の繋がった兄弟ならば、同じ夢を見る事など容易い


Pハウス(夜)

ルキP「なあなあ兄貴ら、今日はあっち側にいかね?」

P「あーアッチかー、最近行ってないもんなー」

ベテP「そんじゃ兄者がホットミルク飲み終わってから行くか」

マスP「………」ズズズ







4P「Zzz………」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 16:57:04.92 ID:Z2A0cHqt0

       ザザーン… ザザーン……

ルキP「………んっ…」

P「やっと起きたか弟よ」

ルキP「あっつ…ここは…砂浜か!」ガチャガチャッ!

ベテP「潮風で鎧が錆びないか心配だな、そしてまた兄者はどっかに行った」

     ヒホウヲコッチニワタシナサイ!  ドウシテモカナエタイネガイガアルンデス!

ルキP「んっ? 複数の叫び声が…!」

P「行かざるおえないな! キュアウォーターとホーリーパウダーの蓄えは十分だな!」

ベテP「よぅし突撃だ!!」  

       ガチャガチャガチャガチャ……


       ズバッ! ズババッ!

足軽1「グアー!」

足軽2「ギャーー!」

敵将「ええい! ものども出合え出会えー!!」

マスP(……また来る場所を間違えてしまった…)


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:00:00.90 ID:Z2A0cHqt0

【ウサミン☆ギャップ】

P『今日仕事終わったら絶対事務所来いよ! 来なかったら兄弟全員でウサミン星に強襲するぞ!!』

菜々『ええっ!?』



菜々「という訳で、戻ってきましたが…事務所に電気が点いてない…」

菜々「……とりあえず中で待ちましょうか…」ガチャッ

       パチッパチッ ピカッ!!

菜々「きゃっ!?」

ベテP「ウェルカムトゥウサミンせいじーん!」

ルキP「わー」パチパチ

P「どんどんパフパフ」パチパチ

マスP「……」

菜々「み、皆さん!? 一体なんなんですか!?」

ベテP「これから安部菜々氏は本当に女子高生なのかを検証させてもらう!」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:03:00.92 ID:Z2A0cHqt0

菜々「えっちょっ何言ってるんですか! ナナはラブリーでチャーミングな17

ベテP「口だけなら何とでも言えるんだよ! ていうかその口から良からぬ単語が駄々漏れなんだよ!」

菜々「」

マスP「…ゴホン、早く帰りたいから手短に説明するぞ」

マスP「菜々にはこれから自分が出す質問に弟達と一緒に返答していただく」

P「ほら菜々! こっちの椅子に座れ!」

菜々「ハッ! はっはい…地味に事務所が模様替えされてますね…」

ルキP「TV局からあの答えを書く板とかも貰ったからなぁ、マジ本格的」

マスP「質問には難しく考えずただ自分の思いついたことを書けばいい、無駄に捻らないでくれ」

ベテP「その答え次第で本当にJKなのかが分かるって訳だ、名づけるならば『ウサミン☆ギャップ』!」

菜々「ナナがJKじゃ無い事を前提に話が進んでいる気がしますが…いいですよ! この場でナナが青春時代に生きている事を証明してみせます!」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:06:00.66 ID:Z2A0cHqt0

マスP「それじゃあ行くぞ、質問その1『学生の時に好きだったアニメは?』」

         スラスラスラスラスラスラ…

ベテP「いよしっ、一番乗りドンッ!」

    『魔神英雄伝ワ○ル』

P「はぁーよっこいっしょ! ドン!」

    『ビー○トウォーズ』

ルキP「はい自分もドン!」

      『カペ○』

菜々「なーんだ、こんな簡単な質問なら…はいっ!!」





    『あさり○ゃん』

P「おいちょっとカメラ止めろ」

ウサミン☆ギャップ、打ち切り確定


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:09:00.78 ID:Z2A0cHqt0

【好き&憑き】

ルキP「うぅ…右肩が異常に凝る…ハッ! もしや肝試しに行った時に憑かれたのか!?」

P「それは違うぞ! 弟よ!!」

ルキP「兄貴!」

P「お前の肩が凝る原因…それは…」

P「左肩に雪美ちゃんがいるからです!」

雪美「…ルキP……ふふっ」ブラーン

ルキP「なーんだ! 雪美かぁ! そう言えば冷蔵庫にアイスあったから食べようぜ!」


小梅「あ、あの子も肩にしがみついちゃってますけど…」

P「大丈夫、あいつならその100倍圧し掛かっても潰れないから」


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:12:01.10 ID:Z2A0cHqt0

【縁の下の攻防】
プロダクションフェスティバル

     ワーワーワーワーワーワー!!

アイドル達が己の意地を賭けて戦っている中、裏方の彼らもまた同じであった…




ルキP「おらぁ!!」ボコスカァ!

モブP3「ぎゃー!」

モブP7「ぐわぁー!!」

        ズドォォォォン!

ルキP「しゃぁ! 第一の壁突破ぁ!!」

P「お前はエナドリ倉庫を破壊しに行け! 俺は衣裳部屋だ!」ダッ!

ルキP「OK!」

ベテP「俺たち四兄弟プロデューサーが最強だと言う事を証明してやる!」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:15:00.76 ID:Z2A0cHqt0

モブP13「前衛がやられたぞー!」

モブP14「ここは何としても死守するんだ!!」

ルキP「残り56分、高校時代に鍛え上げられた喧嘩スキル舐めんじゃねーぞ! オラオラオラァ!!」

         ボコスカボコスカボコスカボコスカ!!
      
モブPs「ギャーース!!」

マスP『30人切り達成、そなたこそが真のプロデューサー無双よ』

ルキP「やったぜ!」



           ドガァン!!

P「ここが衣裳部屋かぁ!!」

モブP37「こ、この衣装だけは…! 明日のライブで…」

P「知らんなぁ!!」バチーン!

モブP37「ぴゃー!!」

P「明日より今日なんだよ!!」

マスP『ルキP、エナドリ倉庫の破壊に成功。相手プロダクションの士気大幅に低下』


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:18:01.59 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「ハッハー! どこを見渡しても雑兵ばかり! 千鳥足で制覇できるな!」グビグビグビ

ベテP「んっ…? あれは!」


美形P「あわわ…」

ベテP「ここで会ったが百年目ェー!」ダダッ!

ベテP「テメェー!! 歯を食いしばれぇ!!」グッ

美形P「ヒィッ!」ギリッ

ベテP「と見せかけて腹パン!」ズゴッ!

美形P「おごふっ!?」





ベテP「……という夢を今朝見たからよ、次のフェスはこういうかんz

ルキP「ふんっ!!」ズゴッ!

ベテP「おごぉ!?」

P「ナイス腹パン」


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:21:00.61 ID:Z2A0cHqt0

【限界突破レッスン】

小春「あぅぅ…だめです…もう限界です~」
7c5e3d89

ルキP「がんばれがんばれ!! 出来る! 絶対に出来る!! 気持ちの問題だって!!」

海「あんま無茶させんなよ…」
465d5137

       ガチャッ

P「営業から帰ってきたと思ったら何だこりゃ」

ベテP「幼子の喘ぎ声が聞こえる…これは犯罪の匂いがプンプンとするな」

海「あっおかえりPさん、ベテPさん」


ルキP「営業お疲れー、今小春にツイスターゲームやらせてる所だ」

P・ベテP「ツイスター?」

P「どこで見つけたんだ、そして何故させている、保養か? 目の保養か?」

ルキP「ちげーよ、ちょっと前におもちゃ屋さんの前に通りがかった時に偶然見つけてな、体の柔軟になるんじゃねーかなーって思って買ったんだよ」


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:24:00.96 ID:Z2A0cHqt0

P「柔軟ねぇ…んっ、小春のスカートの形ちょっとおかしくないか」

海「ああ、それは私が仮縫いをしてズボンにしたんだよ。このままさせたらヤバイだろ?」

ベテP「そこまで考えているとは…良くやったぞ海、二十歳になった時に酒を奢ってやる」

海「その日まで覚えてるもんかねぇ…?」

小春「あわ~!」コテーン!

ルキP「ああ小春! 良くやったぞー!」

小春「上手にできましたか~? えへへ…」

P「うーむ…ツイスターゲームか、面白そうだし今度レッスン場に持って行くか。これで…むふふ…」

ベテP「…! おいルキP! 今度はお前がそれをやれ! 海と一緒にな!」

海「えっ? ウチと?」

ルキP「えっなんでさ」

ベテP「こんな面白いおもちゃで遊ばないなんて勿体ないだろ、後お前小春と一緒にやってセクシャルハラスメントする気だったろ」

ルキP「失礼な、俺はおっきいのが好きだって兄貴も知ってんだろ!」

P「貧乳の良さが分からないとは…愚かな弟だ…」

ベテP「お前らの胸トークはどうでもいいから早く持ち場につけ、後海にいかがわしい事したら洋楽のCD物理的に割るからな」


59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:27:00.86 ID:Z2A0cHqt0

10分後…

P「………」

海「………」

ベテP「おーしルキP! 次は右足で赤だ!」

ルキP「あーだだだだだ!!! どーなってんの!! どうなってるんだよ!!!!」ギリギリギリギリ

小春「た、たいへんな事になってますぅ…」

海「ウチの後ろで一体何が起こってるんだい…」

P「あーあれだ、ハ○レンの人体練成で呼んだお母さんみたいになってる」

海「怖い事言わないでくれ!!」

ベテP「海ちゃん次は右腕で青!」

海「よっ…」

ルキP「待て兄貴! 明らかに海に優しく俺に厳しくないか!!」ギリギリギリ…!

P「こうしたらもっと素敵だと思わない?」のそっ

ルキP「やめろォ!」メキメキメキ…!

小春「ああっ、ヒョウ君がルキPさんに乗っちゃいました~」


60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:30:05.13 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「弟よ…俺がど畜生だと思っているようだがそれは違うぞ」

ベテP「一流のプロデューサーならどんな道具を使ってもアイドルとパーフェクトコミュニケーションが出来るもの! 俺は今お前にアイドルとのグッドな接し方を伝授しているんだ!」キリッ

P「さすがだな兄さん」

ベテP「ほらルキP! 左腕で緑だ! 限界を超えろ!!」

ルキP「ギギ…! どう考えても言いくるめられているような気がするが…やってやろうじゃねぇか!」メキ…メキリ…!

ルキP「うおおおお!! とど…! け

         ベキィッ!!

P・ベテP「あっ」

海「」

小春「あ…」


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:33:00.97 ID:Z2A0cHqt0

数十分後…

P「いやぁ…ツイスターゲームは大変だったな…」

ベテP「二人と一匹はもう家に送って弟にはエナドリぶち込んだからもう大丈夫だろ…」プシュッ!

P「もうだいぶ暗くなったな、あともうちょっとこれで遊んでみたかったけど」

ベテP「んぐ…んぐ…ぷはっ、俺とお前でやるってのは勘弁してくれよ、完熟200%アイドルが来るかもしれんし」

P「あの子生モノは無理じゃなかったか?」

ベテP「あーそうだったか、だがそれでもやらんぞ」

P「アイドル達にやらせるってのも十分にアリだよな、ちひろさんと要相談だな」

P「じゃなくて…おーいマスP兄さん、ツイスターやらない?」

マスP「………」カキカキカキ

ベテP「相変わらず気配の消し方が上手いよな兄者」ゴクゴク

マスP「…仕事をしてほしいのだが」

P「そんなつれない事言うなよー今度は平等にやってくれるだろうし、なぁ?」

ベテP「そうそう、たまには羽目外そうぜ」

マスP「…なら負けた方がこの書類の山を全て処理して、別に体の間接を外しても構わないな?」

P・ベテP「あっやっぱいいです」


62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:36:00.93 ID:Z2A0cHqt0

【突撃! プロデューサーのお宅!!】

    スタスタスタスタ…

響子「事務所から歩いて約20分」

ゆかり「踏み切りを一つ越えて」

まゆ「商店街も越えて…ふふ…見えてきました…♪」

智絵里「お…大きいです…」

4Cute(ここがPさんの家…)

数時間前…

P『えっ? 俺の家に行きたいって? 別にいいっちゃいいけど』

P『それでいつ来るんだ? 今日? また突然だな…夜の7時で良いなら大丈夫だけど、地図いるか?』

P『しっかりと親に言っておけよ、用事で来れないなら携帯で連絡を。後変装もしっかりとするように、あっ車にも気を付けろよ!』


63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:39:00.91 ID:Z2A0cHqt0

ゆかり「Pさんの家って二世帯住宅だったんですね…」

智絵里「お、お父さんやお母さんもいるんでしょうか…?」

まゆ「いえ、Pさんのご両親はもうお亡くなりになっているようで…4人で住んでいるようです」

響子「ともかく今日はPさんとお兄さん達に手料理を振る舞う時…!」

まゆ(この機会にPさんとの仲を深め…お兄様方にも好印象を…♪)

ゆかり「7時すぐ前…それでは、鳴らしますね…」

         ピンポーン

4Cute「………………」

智絵里「…? 留守…ですか?」

ゆかり「いえ…Pさんに限ってそんな事…」

響子「うーん…このままじゃ食材が傷んじゃいますね…」ガサガサ

まゆ「仕方ありません…先に入らせてもらいましょう」

         ガチャッ

まゆ「…? 鍵が…かかってない…?」


64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:42:00.64 ID:Z2A0cHqt0

智絵里「お…お邪魔します……Pさん…?」

       シーン…

ゆかり「真っ暗ですね…お兄さんやルキPさんもお出かけでしょうか…」

響子「冷蔵庫に食材を入れてきますね、まゆさん達の分も」ガサガサガサ

智絵里「わたしも手伝います…!」ガサガサ

まゆ「ありがとう響子ちゃん智絵里ちゃん、…これからどうしましょう」

ゆかり「勝手に家に上がらせてもらうのも失礼ですし…家の前で待ちませんか?」

まゆ「そうですねぇ……あっ、Pさんに電話をすれば…」

ゆかり「あ…すっかり忘れて………?」

        ……~♪

ゆかり「まゆさん、何か…聞こえませんか…?」

まゆ「…確かに……2階…から?」


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:45:05.64 ID:Z2A0cHqt0

      ギシ…ギシ…

響子「い、いいんですか…二階に上がっちゃって…」

まゆ「Pさんがいるかもしれないし、もしかしたら泥棒が侵入してるかもしれません…確かめにいかないと…」

智絵里「ど、泥棒さんですか…?」

ゆかり(一歩間違えれば私達が泥棒ですけど…)

      ヒソヒソコソコソ

まゆ「…このドアからですね」

響子「開けちゃい…ますか?」

まゆ「ここまできたら…ね? それに泥棒だとしてもPさんが助けに来てくれますよ…ふふ…♪」

まゆ「それじゃあ行きますよ…」

4Cute「……」ドキドキ

       ガ……チャ…



ルキP「Memories of everything of lemon trees on mercury~~♪」

        バタンッ

4Cute「………」


66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:48:00.54 ID:Z2A0cHqt0

智絵里「……ルキP…さんでしたね」

響子「…英語、上手かったですね」

ゆかり「あの曲、劇場版デ○ノートの主題歌を歌っている人の曲ですね…友達のCDで聞いた事があります」

まゆ「そうなの…じゃなくて、あそこはルキPさんの部屋だったのね…幸い気づかれなかったけど」

響子「音楽を鳴らしていたからチャイムに気づかなかったんですね…」

智絵里「あ、あの…そろそろ出

      ………シャァァァ

ゆかり「…一階から別の音が」

まゆ「これは……シャワーの音…」


67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:51:00.82 ID:Z2A0cHqt0

     ヒソヒソコソコソ

響子「もう止めましょうよ…素直に家の前で…」

まゆ「いえ…これは以前マンガで読んだラッキースケベのチャンスですよ…!」

智絵里「Pさんの……はだ……あぅ…//」

ゆかり「…さっきみたいに、中にいるのはお兄さんの方かもしれませんよ…」

まゆ「確立は三分の一、まゆは可能性があるのならどんな事にでも挑戦してみせます…皆さんは別に無理に着いてこなくてもいいですよ…?」

4Cute「………」ゾロゾロゾロ


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:54:01.09 ID:Z2A0cHqt0

      シャアアアァァァ……

まゆ「…結局、皆さんも興味津々なんですねぇ…」

智絵里「い…言わないで…ください……///」プシュー

響子「い、いえ…! もしかしたらお湯が出っ放しなだけかもしれませんし…! 決してあわよくば…みたいな事考えてません…!!」

ゆかり「響子さん…」

まゆ「…開けちゃいますよ」

4Cute「……」ドキドキ

       ガチャッ




ベテP「いやん」

      ピシャンッ!

4Cute「…………」


69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 17:57:00.76 ID:Z2A0cHqt0

智絵里「……ベテP…さん、でした」

まゆ「………すね毛……剃ってましたね…」

響子「…美脚でした」

ゆかり「……はい」

4Cute「…………」




   ………! ……!

ゆかり「…今度は下ですか」

智絵里「下…地下があるんでしょうか…」


70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:00:05.19 ID:Z2A0cHqt0

まゆ「……行きましょうか」

ゆかり「…行くんですか」

響子「流れ的に…マスPさんじゃ」

まゆ「半分ですよぉ…半分の確立でPさんと出会えるかもしれないんですよぉ…フフッ…♪」

智絵里「まゆさん…」

       ゾロゾロコソコソ…


        カツン…カツン…

ゆかり「…まさか地下室もあるなんて」

まゆ「広くていいですねぇ…これならもう一人や二人が住んでも問題は無いですね…♪ 地下室があるなら食材の保存も簡単…ふふふ♪」

響子「今は冷蔵庫がありますよ…」

ゆかり(…若干自暴自棄になってる……)


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:03:00.50 ID:Z2A0cHqt0

      ……! ……!!

智絵里「ここのようです…何をしてるんでしょう…?」

響子「確かに…音を聞いてもよく分かりませんね…」

まゆ「開ければ分かりますよ…開ければ……開ければきっとPさんが…」スッ

       ギィィィ……!




マスP「吐け、仲間は後何匹いる」ジュウウウウゥゥゥ!!

エイリアン「qawsedrftgyhujikolp~~!!!!」ウネウネウネウネウネウネ!!

  バタンッ!!

4Cute「…………」

まゆ「………」

ゆかり「……まゆさん、家から出ましょう」

まゆ「……はい」


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:06:00.94 ID:Z2A0cHqt0

4Cute「………」ゾロゾーロ…

響子「結局、Pさんはどこにいるんでしょう…」

ゆかり「家から出たら携帯で聞いてみましょう」

智絵里「あとちょっとでげんか…」

     ガチャリッ!

4Cute「!!」

P「うわっ! 美少女4人がお出迎えか!」

まゆ「P、Pさん!!」

     ダダダダダ…!

ルキP「なんだなんだ…ワオッ! 美少女4人が何で家に!?」

ベテP「バスローブ姿で飲むワインは格別だのぉ! いらっしゃい4人とも」スタスタ

マスP「…何も無い所だがゆっくりしてくれ」パチン パチン

       ピカーーーーーーー

響子「まぶしっ!」


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:09:02.75 ID:Z2A0cHqt0

まゆ「あ…あのPさん…どこへ、いえそれより勝手に家に入ってしまって…」

P「いやー実はな、家のトイレットペーパーと牛乳が切れてるのに気付いて急いで買いに行ったんだよ、鍵空いてただろ? 別に入っちゃってても良かったよ、見られて困る物なんてないし、なぁ?」

ルキP「来てたなんてさっぱり気づかなかったです!」

ベテP「目は大丈夫か? 腐ってないな? ちゃんと隠してたはずだからな!」

マスP「もう知ってるかもしれないが地下室は立ち入らないでほしい、倉庫になっていて物が崩れたら危険だからな」

智絵里「あの…ほっぺたに紫の液体が…」

マスP「…ワインが付いてしまったのかもしれんな」グシグシ


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:12:04.69 ID:Z2A0cHqt0

P「さあさあ! こんな場所で突っ立ってないで上がって上がって! 夕飯食うか?」

響子「あっPさん! 夕食なら私達が作りますよ!」

ルキP「えっマジで!? 俺ハンバーグ! 煮込みハンバーグがいい!」

P「悪いなルキP! アイドル手作りの夕食は一人分だ! 兄さんと一緒にカップ麺でもすすってろ!」

ルキP「ひでぇ!」

ゆかり「大丈夫ですよ、材料ならたくさん買ってきましたので」

ルキP「やったぁ!」

ベテP「酒のツマミになるのも頼む!」

マスP「冷蔵庫の中身もキッチンも好きに使ってくれ、怪我のないようにな」

P「お前達の料理、期待して待ってるぞ!」

4Cute「はい!!」


その後は本当に楽しく食卓を囲んだ、勿論いかがわしい事などせずに4人を家に送り届けた。

別に兄達がいなくても送り届けたぞ、マジで


75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:15:00.46 ID:Z2A0cHqt0

【深夜トークⅡ】

ルキP「あ~~疲れる…書類仕事……」

マスP「お前はもっと頭を使え…」カタカタ

ルキP「俺は脳みそより筋肉に栄養行ってるんだよ!」

P「自慢して言うな…書類の量なんてマスP兄さん7で自分ら三人が1ずつなんだからせめてそれだけでも片付けろ…」カキカキ

ルキP「そんでもなぁ……ベテP兄貴、何か面白い話無い? エロは抜きで」

ベテP「無い事は無いぞ」

P「おいおい、今日中に終わらなくなるぞ」

ベテP「あれは…珍しく俺が最後まで事務所に残っている日だった…」


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:18:00.61 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「その日俺はファンから送られてきた手紙や贈り物をチェックしていた、まぁ勿論中傷的な物を取り除いていたわけよ」

ルキP「はえ~、兄貴そんな事やってたのか…マスP兄貴に全部投げやりだと思ってたぜ」

P「贈り物の酒をくすねてるんじゃ…」ボソッ

ベテP「のあや真奈美みたいに全員鋼メンタルを持ってる訳じゃないからな、いやそれでも選別はするが」

ベテP「そんでいけないプレゼントが多いこと多いこと…カミソリやらこけしやら」

ベテP「数々の贈り物の中で俺はとある物が目に入った、それは…大人のゴム……」

P「おい」

ルキP「Y談は無しだって言っただろ!」

ベテP「まぁ最後まで聞け! 俺は0.02と言う数字に心引かれ…自分以外に人がいないと判断し…」

P「うわっ! うわぁ!」ガラララ!

ルキP「引くわー! マジ引くわー!」ガラガラ!

ベテP「物理的に引くな! 話続けるぞ!」


77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:21:00.87 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「それで来たる日の練習にって事で開封したわけだ」

ルキP「どうせ素っ裸の下半身アイドルに見られたーってオチだろ? その子すげぇ可哀想」

ベテP「事務所の鍵・カーテン全部閉めたから見られてない! ともかく、しばらく最新のゴムの付け心地を体感していた訳よ」

P「誰が好んで実の兄の下ネタ話聞かなきゃ行けないんだよ…」

ベテP「その時ふとアイドル達と今日の夜飲む約束をしていたのを思い出してな、約束の時間まであと少ししか無かったから慌てて片付けを始めた」

ベテP「ゴムも事務所のゴミ箱に捨てたら不味いだろうなーと思ってカバンに突っ込んだ!」

ルキP「わーもうオチが見えた!」


ベテP『お前達ー! 待たせたな!』

早苗『遅ーい! もう飲み始めてるわよー!』

ベテP『悪かったって、残業が長引いてな』

留美『いつもお疲れ様』

レナ『さぁお仕事なんてもう忘れて今夜は楽しみましょっ♪』



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:24:09.77 ID:Z2A0cHqt0

ベテP『…これだ! よぅしまた1抜けー!』

レナ『こ、この元ディーラーの私がババ抜きで遅れを取るなんて…』

ベテP『はっはっは! 一流のプロデューサーなら人の心を読む事だって容易いぜ!』

留美『そう、ならレナさんの後ろにある鏡は隠してもいいわよね?』

ベテP『あっ』

早苗『はーい、イカサマ容疑として現行犯逮捕ー♪』



ベテP『今夜も飲んだ飲んだ! 会計は全部俺が払ってやろう』

レナ『それは嬉しいけど大丈夫なの?』

ベテP『ああ、最近競艇で勝ってな、さーて早速…おわっ!?』ドテーン!

          ダバダババー!

アイドルs『』

ベテP『』


P「うわ…想像しただけで胃が痛くなってきた…」

ルキP「よく生きて帰ってきたな…ていうかケフィアも入ってたのか!?」

ベテP「幾ら俺でも事務所でプルケは醸造してねぇよ! いやーあの視線は一生忘れられない思い出になったな!」


マスP(…仕事は明日に持ち越し確定だな)


79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:27:04.06 ID:Z2A0cHqt0

【白熱! フットアイドル!!】

ルキP「兄貴達! 晴とサッカーでバトルするから協力してくれ!」

ベテP「いつの話だよ」

ルキP「明日の昼だよ! なぁなぁ~頼むよ~」

P「うーんなんかデジャブ」 

ベテP「明日か…まぁ別にいいけどよ、なんで晴とサッカーするんだ」

ルキP「それがさぁ、今日晴にキュートなLIVE衣装を着てもらうよう頼んだんだけど思いっきり拒否されてな、それでサッカーで俺が勝ったら着るって約束を何とかこじつけた!」

ルキP「全くなぁ…世の中には可愛い服着たくても着れないアイドルがいるってのに!」

ベテP「まっこまっこりーん♪」

P「兄さんそれマジきもいから止めろ」

マスP「…待て、それは自分も出なければいけないか?」

ルキP「マジお願い! ゴールキーパーでいいから!」

マスP「……分かった」


80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:30:02.95 ID:Z2A0cHqt0

当日 サッカーグラウンド

ルキP「おうおうおう! よぅ俺ら4兄弟に怖気つかずにここへ来たなぁ!!」

晴「へっ、勝てば何でも言う事一つ聞くんだろ? こんな美味い話はないぜ」
13052211091

真尋「よーーっし! いつでも準備おっけーだよ!」
907fe03c

茜「頑張りますよーーー!!!」
641656089

あい「たまにはこういうのも悪く無い、お手柔らかに頼むよ」
4accecd9f5f759be292a3c85c2ce3918

P「中々の精鋭を集めてきたな…」

ベテP「数はちょうど4人か」

あい「本当は真奈美さんやのあさんも呼びたかったが、流石に今日呼ぶのは無謀だったよ」

ベテP「あいつ等は今頃二日酔いの薬無しじゃ生きていけない体になってるぜ!!」

P「流石だな兄さん」


81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:33:01.00 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「さて、試合の時間は30分ぶっ続け、ハーフコートを使っての4対4でいいな?」

晴「オレはそれでもいいけど、お前らそんなスーツ姿で大丈夫なのか?」

ルキP「勝負事はいつもスーツって決まってるから問題無し! さぁ始めようぜ!」


真尋「やっぱりハーフコートでも4人じゃ穴がでかいなー」

あい「それは相手にも言える事だ、パスを上手く繋いでいこう」

茜「私はゴールをガッチリ守りますよ!!」

P(…うっかりハンドしそうだからGKになったんだろうな)

ルキP「キックオフは晴からでいいぞ! フリッフリのスカートを着せてやるぜ!」

晴「言ってな! さぁ行くぜ真尋さん!」ドムッ!


82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:36:00.94 ID:Z2A0cHqt0

真尋「よっと! そのままあいさんにパーース!!」


あい「よし、そのまま上がらせてもらおう」ダッ

ベテP「なんの! ブロォック!」

あい「晴君!!」パス!

ベテP「あらら~」

晴「よっし! このまま先制点は頂きだぜ!」

P「不味いぞルキP! スライディングでボールを奪え!!」


ルキP「はぁ!? この俺に足を汚せって言うのか!! 晴を怪我させたらどうすんだ!」

P「何言ってんだお前!」

ベテP「あ…やべ、酒が切れちまって足が…」プルプル

P「お前はもう病院行け!!」


83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:39:01.06 ID:Z2A0cHqt0

晴「へへっ、このままシュート!」バシュゥ!

マスP「………」

       バシィッ!

マスP「…最低限の仕事はしよう」

晴「取られたか…」

茜「次がありますよー!! なんなら私も攻めに入りましょうか!!!」

P「あーこわ…まぁ兄さんがいる限り守りは大丈夫だろ…」

P「さて弟よ、お前はまだ未熟のようだな」

ルキP「申し訳ない…」

P「まぁ俺がちょっと本気出してやるから見とけよ、兄さんボール回して!」

マスP「ふんっ!」ブンッ

P「よし行くぞ!」


84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:42:00.81 ID:Z2A0cHqt0

晴「連続で攻めるぜ!」ズサー!

P「甘い!」ヒョイッ!

晴「なっ! はえぇ!」

P「YESアイドル! NOタッチ!!」ダダダダ!

あい「今度はこちらがブロックだ…」

P「あーらよっと!」ポーン

あい「!?」

晴「シャペウかよ!」※ボールを相手の頭上に越してすぐに裏に回るドリブル技

P「ハハハー! 二人抜くだけでシュートを打てるなんていいものだなぁ!」

真尋「やばいよっ! 茜ー!!」

茜「はい!! 任せてください!!」

P「行くぜ! 右足にプロデューサーパワーを込め……!」

P(…もし茜がシュートを受け止め、突き指でもしたら…)

ルキP「何やってんだ兄貴! 早くシュートシュート!!」

P「まま待て! しばし待て! しばし待て!」

マスP(……プロデューサーのサガか…)


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:45:00.94 ID:Z2A0cHqt0

真尋「隙ありー!!」

P「あぅん!」

あい「よし、そのまま私にロングパスを!」

真尋「分かりました! よいしょー!!」ポーン!

ルキP「やべぇよまたシュート打たれるぞ!」

P「安心しろ! マスP兄さんだぜ! よほどの事が無い限り点を取られるって事は無い!」

ルキP「でもそれってこう着状態になるじゃねぇか!」ダッ!

あい「このまま…もう一度頼むぞ! 晴!」パス!


86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:48:00.96 ID:Z2A0cHqt0

晴「今度こそ決めてやるぜ! オーバーヘッド…」

         ぐらっ

晴「!? しまっ…

ルキP「うぉぉぉ!! あぶねぇー!! 晴ーーー!!!」ダダダ! ズサー!


         ゴキッ!

晴・あい・真尋「」

P「あっやべ」

マスP「…」ダッ

晴「へ…変な音が…」

あい「おい…ルキP君の首が

P「はいはーい! 皆耳と目塞いで! 大丈夫大丈夫! 骨が鳴っただけだから!」

マスP「ふんっ!」

        ごりゅっ!

茜「何ですか!! 誰か怪我しましたか!!!」

P「持ち場に戻れー!!」


87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:51:00.79 ID:Z2A0cHqt0

数分後…

P「…どうするよ兄さん」

マスP「応急処置をしてエナチャージを飲ませた、すぐに復帰するだろう」

P「おー奮発したな、まぁ小学生の尻に踏まれたんだ、ご褒美だな」

P「ていうかベテP兄さんどこ行った、さっきから見当たらんぞ」キョロキョロ

マスP「…あいつがいた場所をよく見てみろ」

P「……」ジー


書置き『アルコール補充の為酒屋に行ってくる』

P「あんのアルギャンセクハラ親父が…」

マスP「だいぶ前に消えたからな、もう戻ってくるはずだ」

マスP「手当をしている間、転がりに転がってボールがゴールに入り込んだ分…取り戻すぞ」

P「……まじで」


88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:54:04.45 ID:Z2A0cHqt0

晴「そんで大丈夫なのかよルキPの奴…」

P「プロデューサーはこれくらいで死なないから安心しろ」

あい「死なないって…」

P「話切り替えるぞー、多少のアクシデントはあったもののアイドルチームは1点を取った、こっちはもうGKのマスP兄さんと自分しかいないからキックオフは自分だけでいいよな?」

晴「お、おう」

P「それじゃあ行くぞ…たった今、どうすれば茜に怪我をさせずにシュートを決められるか思いついた!」

真尋「一体何をするんですか!」

P「茜がボールに手を付けてしまうなら付けられない程スピードが速いシュートを打てばいいじゃないか!」

P「ていう訳で行くぞー! 兄さん!!」

ベテP「おーう! ひっく! 任せろ~」

晴「!! あいついつの間にペナルティアークに…!」※ゴールから約10m離れた場所にある半円部分、主にPKなどで使う。


89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 18:57:00.89 ID:Z2A0cHqt0

P「それじゃあ行くぞぉ!」ギリギリ…!

あい「待て待て! 二人いるならちゃんとしたキックオフを

P「相手側の了承も得て行われる一人キックオフ!! 時速144kmパァース!!」

            バゴォン゛!!!!

真尋「うわぁ!?」

晴「やろ…! 審判がいない事を良い事に!」

P「負けなのは嫌だからな! せめて同点で終わらせる!」

ベテP「おー速い速い、弟の考えている事は分かった…伊達に血の繋がった兄弟やってねぇからな」

ベテP「そんじゃ兄弟の力を合わせて半端じゃねぇシュートをかましてやるか! 1+1+1=3じゃねぇ! 300だ! 10倍だぞ10倍!!」

ベテP「この弾丸ボールを! 上に打ち上げる!!!」ズガァ!

            ヒュゴォオ!!


90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:00:01.62 ID:Z2A0cHqt0

P「上がったボールは!! ルキP!!」ダダダ!

ルキP「あいよぉ!!」フワッ

晴「ルキPまで!?」

茜「すっごい跳んでます!!」

ベテP「おかえりぃ! 弟よ! 天国の母さんは何か言ってたかぁ!」

ルキP「ああ! 弟にもっと優しくしなさいってよ!!」

P「なら問題無いな! いつも通りだ!」

ルキP「俺に向かってくる殺人パスに対し! 全力の踵落としを!! ぶち込む!!」ドズッ!!

ルキP「これで! 威力は!! 3.14倍だぁぁぁ!!!」

            ヅア゛ア゛ッ!!!

真尋「こっこれはやばいボールじゃないですか!!」

あい「茜君! すぐにゴールから離れろ!!」

茜「大丈夫です!! 絶対受け止めて見せます!!!!」

P「この限界まで力を込めたボールを!! 地面に着弾する瞬間に!! 俺がブチ蹴るっ!!」ギチギチギチギチ!

P「理不尽に理不尽を重ねた計算式によって打ち出す光速のシュート! エイトオーワンシュートォォォォ!!!!!」

             ボッ!!!!!!


91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:03:02.76 ID:Z2A0cHqt0

マスP「待て」スッ

3バカ・アイドルs「!?」

    ズゴンッッ!!! ガガガガガガッガガッァァァ!!!!!!! ギャギャギャギャギャ!!

        ギュルルルル! シュル…! シュルル……シュル…

マスP「………」

真尋「……Pさんと茜さんの間にマスPさんがいたかと思えば…ボールを受け止めちゃって、地面がめちゃくちゃ抉れて…」

晴「…もうわけわかんねぇよ」

マスP「…お前達」ギロッ

3バカ(あっヤベ…)

P「お…お兄ちゃーん…自分はしっかりゴールの角を狙おうと…」

マスP「必ず当たらないと言う保障は?」ガシッ

P「ああ゛痛いイダイッ!! 持ち上げないで!! 首に体重ガッ!! 体重ガァ!!」メキメキ!

ベテP「さて俺はちょっと酒チャージを」ダッ

マスP「止まれ」ブンッ!

ベテP「ブハァッ!?」ドゴォ!

あい「…サッカーボールを片手で……何キロ出した…?」


92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:06:00.85 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「ひぃ!! お慈悲を! お慈悲を!!」ガクガクブルブル

マスP「久しぶりに…お前達に教育をしてやらんとな…」ズルズルズル

P・ベテP「」ズリズリィ…

マスP「…弟達がはしゃぎすぎたようで、申し訳ない…晴君」

晴「あ…はい…」

マスP「今回はこちら側の負けで構わない、それでは…説教があるから自分達はこれで」

          ズル…ズル……ズル…

茜「…えっ! もう試合終わっちゃいましたか!」

晴「……なんていうか…」

あい「何とも言えず…」

真尋「とりあえず…Pさん達の無事を祈りましょ」


93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:09:01.43 ID:Z2A0cHqt0

翌日 事務所

ルキP「いやぁ…昨日は凄まじかったですね…」

P「…もうお前の頼み聞いてやらん…、ちなみに晴には何命令されたよ?」

ルキP「新しいサッカーボールとシューズ買わされた…今月買う予定のCDが吹っ飛んだぜ…」

ベテP「これくらいなら安いほうじゃねぇか」

P「ほんとにな、さて弟よ…落とし前をつける時間だ」

ルキP「へ?」

P「ボランティアする程優しくないからな、明日から櫂の水泳・翠の弓道・珠美の剣道に助っ人に行って来い」

ルキP「What?」

ベテP「こっちは友紀の応援してる草野球チーム・美波のラクロス・渚のバスケの手伝いをしてこい」

ルキP「…ええっ!? なんだそれ!? 俺こんな量処理しきれねぇって!!」

P「その無駄に鍛え上げられた筋肉を有効活用してこい」

ベテP「アイドルの手伝いが出来るんだ、プロデューサーとして本望だろぉ?」

ルキP「……勘弁してくれぇぇ!!」


94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:12:02.57 ID:Z2A0cHqt0

【スタイリッシュ羽目外し】

マスP「ちひろさんと一緒に買い出しに行ってくる、…遊ぶなよ」


P「…今現在事務所にいるのは自分たち3人だけ……」

ルキP「アイドル達もまだ来る予定は無い…」

ベテP「よって導き出せられる結論は一つ…」

P「思いっきりエンジョイだぁ!!」

ベテP「ハッハー! 書類なんてクソ喰らえだ!!」

ルキP「時間一杯踊り倒してやらぁ! そんじゃMusic! Start!!」カチッ



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:15:04.22 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「ミミミン!! ミミミン!! ウーサミン!!」

P「イェー!!」

ルキP「ミミミン!! ミミミン!! ウーサミン!!」

P「Foo!!」

ベテP「キャハッ☆ラブリー17歳!!」

P「うわ兄貴マジキモイ」

      ガチャリッ

3バカ「!?」


96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:18:01.21 ID:Z2A0cHqt0

マスP「財布忘れた」

P「へぇ…兄さんらしくないミスじゃん」カタカタ

ルキP「財布なら兄貴の机の上だろ?」サラサラ

マスP「……さっきまで騒がしくなかったか?」

ベテP「気のせいだろ」ペラペラ

マスP「…念のため、このラジカセは没収するぞ」

      ガチャッ バタン

P「………」

ルキP「………」

ベテP「しゃぁねぇな、俺のラジカセ使わせてやるよ」ドンッ!

P「さっすがー!」

ベテP「入ってるのソーラン節だけだが」

ルキP「歌えりゃ何でもいい!!」


97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:21:07.33 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「アードッコイショー! ドッコイショ!!」

P「アードッコイショー! ドッコイショォ!!」

ルキP「ソーランソーラン!!」

P「ソォーラン! ソーラン!!!」

ベテP「祝杯だぁ! 酒瓶を開けろー!」

        ガチャリッ

3バカ「!?」


98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:24:10.04 ID:Z2A0cHqt0

マスP「買い出しのメモ忘れた」

P「またかよー兄さん抜けてるねぇ」スラスラ

ルキP「メモならちひろさんの机の上だろ?」カキカキ

マスP「ベテP、お前顔赤くないか」

ベテP「そういや今日日差し強かったからな」ペッタンペッタン

ルキP「兄貴これ以上ちひろさん待たせるの駄目じゃね?」

マスP「…そうだな、それじゃあ何故かまたあるこのラジカセ没収するぞ」

       ガチャッ バタン

P・ベテP「………」

ルキP「くっそー…後あるのは俺の音楽プレーヤーだけだけど、音がちっさすぎて…」

ルキP「と思って!! スピーカー持ってきましたぁぁぁ!!」

P・ベテP「Yeahhhhh!!!!!」


99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:27:10.78 ID:Z2A0cHqt0

マスP「…………」

     ガチャッ


ルキP「キラメキラリィ! ずぅとチュウッとぉ!!」

P「フーフー!!」

ルキP「地球で! 輝く光ィ!!」

P「ヤァヤー!」

ルキP「キラメキラリィ!! もぉとMOREっとォ!!!」

ベテP「は! か! た! の! 塩!!」

3バカ「イェーイ!!」パシーン!


マスP「働け」ドガガァ!!

ルキP「パァイ!?」パリィィン!!

P「ンア゛ア゛!!」バリーン!!!

ベテP「ジョア゛ッ!?」ガシャァーン!!!

    メ゛ギッ!   ガスッ!    グシャァ!

マスP「……はぁ」

ちひろ「あの…マスPさん、ガラスの弁償お願いしますね?」

マスP「…カードで」


103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:45:00.83 ID:Z2A0cHqt0

【四兄弟初恋物語】

突然だが、自分たち兄弟は幼少時代から恋愛感情を抱いた事は無かった


幼ルキP『つぎは鬼ごっこだ! これおわったらかくれんぼな!』

幼P『プロデューサーになるために…ちゃんとべんきょうしないと…!』

幼ベテP『このぶどうジュースは出来そこないだ、とても飲めたものじゃないよ』


幼マスP友『…マスP君、何してるの?』

幼マスP『高次元方程式の計算』カキカキ

可愛い同級生、とか超美人なアイドルにも目を触れず、それぞれが自分のやりたい事をやって生きてきた

しかし去年、ルキPもこの事務所に就職してからすこし経ってからの出来事で

自分たちの心は大きく揺さぶられたのだった…


104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:47:01.09 ID:Z2A0cHqt0

約1年前 レッスンスタジオ

P「いやーちゃんとレッスン指導をしてくれる人が見つかって良かったな、結構な腕利きなんだろ?」

マスP「噂ではな」

ベテP「うちは女性アイドル専門だからなぁ、出来れば相手も女性だったらいいな。何ならオカマでもいいが」

ルキP「百聞は一見にしかず! さっさと挨拶しようぜ!」

          ガチャリッ 


ルキトレ「あっ! は、初めまして! プロデューサーさん達ですか?」

ルキP「」キュン

トレーナー「はじめまして、連絡を頂いたPさんですね。本日はよろしくお願いします♪」

P「」ドスッ

ベテトレ「ほう、君が噂に名高いプロデューサーか。互いにレベルアップが出来るかもしれんな、よろしく頼むよ」

ベテP「」ズキュゥゥゥン

マストレ「こほん、私たちがキミたちのアイドルを一流にしてみせる、忙しい身ながら、最大限の手伝いをさせていただこう」

マスP「」ドゴォォォォン!!


自分たちは、その日その場所で同時に恋をした


105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:50:03.00 ID:Z2A0cHqt0

数時間後 Pハウス

テクテク……フキフキ…トントン………ズズズ…

ルキP「……はぁ」テクテク

P「ルキP、同じ所ばっかりグルグル回るなよ…カーペットがハゲる」フキフキ…

ベテP「…弟、お前が窓拭きに使ってるその雑巾…もう擦り切れてるぞ…」トントントントン

マスP「ベテP、机に穴を空けるな。…全員コーヒーでも飲んで落ち着け」ジュルジュル

ベテP「…兄者、コーヒー漬けソルトは美味いか…?」

マスP「…………」ジュル…ジュル…


106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:52:00.62 ID:Z2A0cHqt0

P「…あーもう! 電気付けようぜ電気!! もうすっかり日が落ちてる!」

ルキP「お、お…おう! そうだな!!」パチパチン

P「そんでルキPもテーブルに座れ! 緊急家族会議始めるぞ!!」

ベテP「会議…ってお前…」

P「…そうだよ、………」

P「恋に関してだよ」


4P「…………」

4P「………はぁ…」


107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:55:02.14 ID:Z2A0cHqt0

マスP「…まさかトレーナー側も自分達と同じく4姉妹だったとはな」

P「ほんっとそうだよな! おまけに全員美人!! ルキPに兄さんら…惚れちゃった原因でも語り合おうぜ」

ルキP「惚れた…なんていうか……なぁ、一目見ちゃった瞬間…全身がカーッて熱くなって、心臓がバクバクしだして…」

P「お前もか、自分はな…やっぱ目元かな……胸が突然痛くなったから最初は何事かと思ったわ」

ベテP「やっぱり…おっp

マスP「彼女の全て」

4P「…………」

P「…偶然に偶然が重なって…全員が全員別の姉妹に一目ぼれ…しちゃったんだな」

4P「………」

4P「………はぁ…」


108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:56:57.14 ID:9cmqy31I0

これは偶然じゃなく必然だな


109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 19:57:07.65 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「……これからどうしよ…」

P「…どうしよって……アタック?」

ルキ「はぁ!? 無理無理無理!!! ルルrルキトレちゃん19才だろ!? 青春真っ盛りじゃん!! 絶対恋人が2ダースくらいいるって!!!!」※半人前のプロデューサーでも相手の肌質で年齢がわかる

P「最初っから諦めるんじゃねーよ! いやぁ…4人の中で一番胸が大きい人を好きになるなんて…胸だけじゃないんだな、世の中…」※1人前のプロデューサーは一目見ただけで相手のスリーサイズがわかる

ベテP「ベテトレちゃん、結構告白された事があるが全部断ってんだよな…俺もそのうちの一人になるのか…」※一流のプロデューサーは相手の過去とか心が読める

マスP「…………」※前世とか来世とかなんか凄い見える


ルキP「ともかく、アタックなんてほんと無理だろ…まともに話す事さえ出来なかったし…」

ベテP「ああ…互いにカバーし合わなかったら本当にグダグダだったろうな」

P「そうだよ! それなんだ! カバーだ!!」

3P「カバー?」


110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:00:06.18 ID:Z2A0cHqt0

P「俺たち兄弟で本命では無い3人の情報を探って伝え合う」

P「そして4兄弟でどうやったら付き合えるのか定期的に会議をするんだ!」

P「これぞワンフォーオール! オールフォーワン!!」

ベテP「誰か一人でもプロポーズ失敗したら笑えんがな」

P「だまらっしゃい!!」

ルキP「なるほど…これなら…いけるかも!」

マスP「…アイドルプロデュースも忘れるなよ」

P「当たり前だっつーの、しっかり本業もこなしつつトレーナーさんとの信愛度も上げる!」

ベテP「はたして上手くいくかどうか…まぁ久々に本気を出して取り組んでやるよ。酒開けろ酒!」

ルキP「よっしゃ! 全力で、アプローチしてやるぜ! そんじゃ4人全員の恋愛成就を願ってぇ!」




            「乾杯!!」

こうして、俺たち四兄弟の恋愛戦争の火蓋が切って落とされたのだ


111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:02:01.30 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「お疲れさーん」

ルキトレ「あっお疲れ様ですベテPさん!」

ベテP「元気だねーほい差し入れ、皆で食べちゃって」ドサッ

ルキトレ「わっ!? いいんですかこんなに!」

ベテP「いいっていいって、その代わりになんだけど趣味を教えてくれない?」

ルキトレ「えっ趣味ですか?」

ベテP「アイドル達が色んな趣味を持っていてな、つい気になるんだよ。何かあったりするか?」

ルキトレ「う~ん…趣味……あっ、趣味かは分かりませんが私よくジムに行ってるんですよ!」

ベテP「ほう、ジム通いか…ありがとなー」スタコラスタコラ

ルキトレ「?」


112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:05:02.42 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「俺調べによるとルキトレちゃんは趣味はジムに行くことだと分かった」

ルキP「うぉぉ!! マジかよ!? まさに俺に適した趣味だ!!」

ルキP「これで偶然を装って急接近で……Fooooooo!!!」

ルキP「そんでどこのジムに通ってるんだ!」

ベテP「通い先までは聞いてねぇよ」

ルキP「はぁ!? まぁいい! 俺が直接足を使って調べてやる!」ダッ!

P「あっおい待て!」


ルキP「うぉぉぉ!! まず一件目はここだぁ!!!」ダダダダ!

ルキP「ここかぁ!!」ガチャーン!


ビルダー1「ウホッ、良い(身体をした)男…」

ビルダー2「中々良いスタイルしてるねぇ」ムキムキーン

ビルダー3「(ビルドアップを)やらないか」

ルキP「」

     アッーーーーーーーーー!!!!!


113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:07:04.11 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「いやートレーナーさんすっげぇレッスン教えるの上手いっすね!」

トレーナー「そ、そうですかね?」

ルキP「やっぱり言葉だけじゃなくてお手本を見せるってのがいいんですね~凄いっすよ」

ルキP「と、言う訳で! その健康美の秘訣ってあるんですか! 運動とか食生活とか!」

トレーナー「健康、ですか……そうですね、毎日ランニングをしていますよ。それが秘訣かもしれませんね」



ルキP「えー…トレーナーさんにさり気なく健康の秘訣を聞いてみるとランニングという答えが出ました!!」

P「おっし! ちょっと良い汗流してくる!!」ダッ!

ルキP「ストップ兄貴!! まだ続きが…」

1時間後…

P「ぜぇ…! ゼェ……!! おいどういう事だてめー! 隣の町の隣町まで行ったがいなかったぞ…!」

ルキP「兄貴…トレーナーさんは朝ランニング派なんだよ…」

P「早く言えよ!!!」


114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:10:00.99 ID:Z2A0cHqt0

ベテトレ「ふむ…こっちの製薬会社は黒字で…」

トレーナー「もぉ姉さん、休憩中にまた新聞読んで…」

ベテトレ「トレーナーよ、しっかりと今の経済を知らないといかんぞ」

トレーナー「はいはい、株もほどほどにね」

ルキトレ「それだからお姉ちゃん彼氏ができないんじゃないのー?」

ベテトレ「む!? ル、ルキトレ! 人聞きの悪い事を…」

マストレ「ほらお前達! もうレッスンの時間だ!」

        「は、はーい…」ズラズラ















マスP「なるほど」


115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:12:04.19 ID:Z2A0cHqt0

マスP「…ベテトレ氏は少々デイトレードをたしなんでいるようだ」

ベテP「デイトレード…株か」

ルキP「おい兄貴…他に何か無かったのか…?」

マスP「それ以外は何とも…」

ベテP「株ねぇ……株…」

3P「…………」

ベテP「…………」

ベテP「ちょっとFXしてくる」ガタッ

P「何でそうなんだよ」ガシッ

マスP「ルキP、家のブレーカーを落とせ」


116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:15:40.11 ID:Z2A0cHqt0

マストレ「ワン! ツー! ワン! ツー! ファイトだ! もっと声を出せ!」

P「さすが一番年上…目に見えてウチのアイドル達が成長している…そして目が死んでいっている…!」

マストレ「よし準備運動は終わりだ、まずはこのドリンクを飲め!」

P「ん…? ポ○リかな?」

マストレ「いや違う、私が作った特性ドリンクだ」

P「オゥ…返答ありがとうございます……特性ドリンク…LIVEバトルにドーピn

マストレ「P殿?」

P「いやいや何でもないです」




P「グレーゾーンをギリギリ渡って! マストレさんはアイドル達に飲ませるドリンクを手作りで作っている事が分かりました!」

マスP「…ドリンク、か」


117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:17:00.57 ID:Z2A0cHqt0

翌日

マスP「……とりあえず72時間踊り続けても疲れないドリンクを合法的に造ってみたが…」

ルキP「いけるいける! このドリンクをきっかけに世間話まで繋がるって!!」

P「頑張れ兄さん出来る頑張れ!」

ベテP「それを見せ付けてやればABC二段飛ばし三段飛ばし! 一気にホテルまで」

ルキP「Shut up!!」



マストレ「…駄目だ、タイミングがずれた、もう一回!」

マスP「……」


ベテP「さすが兄者だ…全く存在感を発していない…」コソコソ

P「いやそれ駄目じゃね」ヒソヒソ


118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:20:02.99 ID:Z2A0cHqt0

マストレ「次は声だし練習、ウォーミングアップからいくぞ!」

マスP「………」スーッ


ルキP「歩みだした…頑張れ…頑張れ…!」

       ドックン    ドックン

マストレ「もっと早く! そんなのではトップアイドルなど夢のまた夢だ!」

マスP「…………」ドドドドド

    ドックンドックンドックンドックンドックンドックン

P「すげぇ…こんなに緊張している兄さん初めて見る…」

ベテP「心臓の音がここまで…」

ルキP「いけ…いけぇ…!」


マストレ「良し上出来だ、それじゃあ一旦きゅうけ…!!」バッ!

         シーーン…

マストレ「……?」


3P「あーやっぱり駄目だったかー!」


119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:22:18.90 ID:Z2A0cHqt0

Pハウス

P「それでは、第6回恋愛家族会議を開催します」

ルキP「いえーい」パチパチ

マスP「……」パチ…パチ…

ベテP「2~3日に一回はするからペースが速いな」

P「本当は毎日でもしてぇよ、さて今回の話題はしっかりと言葉のキャッチボールをする!」

P「自分も含めて全員まだまともに喋れてない! 本当にそれ以前って問題だ!」

ルキP「えぇ…自信無いわ…喋ろうと思っても舌が上手く動かなくて…」

P「そんな問題を俺達がサポートする! そんな感じで行くぞ!」


120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:25:01.06 ID:Z2A0cHqt0

レッスンスタジオ 廊下

ルキP「本当にやんの…? もう無理だわ…冷や汗が…」ガクガク

P「お前は本番に強いタイプだって分かってる」

ルキP「あっそうだ兄貴! 今週号の『THE・壁』買ってないだろ! 俺がダッシュで」

P「来たぞ、後もう朝一で買ってるから」

ルキP「」


ルキトレ「~~♪ あっおはようございますPさんルキPさん!」

ルキP「あ……あぁ…う…!」ガタブルガタブル

ルキトレ「?」


121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:27:00.94 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「うぉぉー! ぜったいむ

P「逃がすかぁ!!」ガシャンッ!

ルキP「あがぁ!? いだだだだあ゛ァ! パロスペシャル止めでぇ!!」ギリギリギリ…!

ルキトレ「ええ!?」

P「ルキトレちゃーん! ウチのバカ弟が言いたい事あるってさ!! ほら言え! 言え!! 折るぞ!」

ルキP「ル゛…ルゥ…ルキトレちゃん! 今日のお昼ぅ…! 俺と一緒にお弁当食べませんかぁ!!」メキメキィ!

ルキトレ「えっお、お弁当ですか…?」

ルキP「お゛早いお返事ぉ…!! お待ち…まぢぃ…!!!」ピギ…メギィ…!

ルキトレ「わわわっ! 大丈夫ですよ私は! Pさん止めたげてください!」

P「ははは! やったなぁルキP!」

ルキP「や…ヤッタ! やったぁぁぁぁ!!!」ダッ!

P「うおぉ!? 止めろ! 止まれぇ!!」

     ヒュゥゥゥン! ガシャゴシャァーン!!


ルキトレ「…だ、大丈夫…かな?」


122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:30:07.89 ID:Z2A0cHqt0

P「すぅ……はぁ…すぅ…」

ベテP「ったく、こういうのはあまり気が乗らないんだがな、酒でも奢ってほしいぜ」

P「頼むって…俺も協力するからそれでプラマイゼロだろ?」

ベテP「しゃぁねぇな、家族サービスって事にしてやるよ」

マスP「…行って来い」



ベテP「あーーこれは大変だぜぇ、すげぇ困るぜー」

トレーナー「どうしましたか?」

ベテP「実はもうスタドリやらエナドリを切らしてるようでな、トレーナーちゃん悪いんだけど買い出し行ってもらっていいか?」

ちひろ「はいはいはい! ドリンクを求めるなr

マスP「ふんっ」ガシッ!

ちひろ「んん!? ん゛ー!! んー!!」ジタバタ

トレーナー「分かりました!」

ベテP「助かる助かる、これが買い出しメモと金、結構な量になるから俺の弟も連れてけ。おいP!!」

P「はい! はいはい!! 喜んで買い出しに行かせてもらいます! よ、よろしく!」

トレーナー「はいよろしくお願します、それじゃあパパっと済ませちゃいましょう♪」

ベテP(成功!)


ちひろ「う゛ー! うう゛!!」


123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:31:15.68 ID:VjulvDR50

ちひろすら……パネェ!


124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:32:07.39 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「いよいよ俺の番か…手が震えやがる…」プルプル

P「ただの禁断症状だから。兄さんとベテトレさんの接触方法は単純に、どうアイドルを育てるかの方針決めだ」

ルキP「さりげなく資料片手に話しかけるって事だな」

ベテP「補助が無いってお前…協力の言葉はどこいった」

P「こうやって作戦出してやってるだろ、上から2番目の兄貴なんだから勇気出して行って来い」

ベテP「アルコールパワーは」

P「無しに決まってんだろ」




ベテトレ「さて……次のアイドルは…」ペラペラ

ルキP「兄貴、今ならベテトレさん一人…! すぐに次の子来るから早く…!」

P「よし、頑張ってこい兄さん!」

ベテP「いいさ…完璧にやって飲みに誘ってやるよ…!」


125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:35:10.81 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「よよよよよよっ…ベテトレ氏…」

ベテトレ「ん…ベテPか、どうしたんだ?」

ベテP「いやなっ、あー…どんな風にレッスンをさせているのか気になってな…ほら歌中心かダンス中心か…って」

ベテトレ「…あぁ、何を重視してトレーニングをさせているか、という事か?」

ベテP「そうそう! 時間はあるか? 出来れば今後の仕事を想定してレッスンをさせたいんだが…」

ベテトレ「なるほど、いいだろう。時間は少ししか無いが話せるだけ話そう」


ルキP(よしっ! 出だしは順調じゃね!)

P(いいぞ…! なんだ、心配するだけ無駄だったじゃん!)


126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:37:01.39 ID:Z2A0cHqt0

15分後…

ベテP「……という訳で、俺は持久力を上げさせたいんだが…」

ベテトレ「そうか、それではスタミナを上げるトレーニングを検討しておく…ん、そろそろ時間だな」

ベテP「ああ、助かったベテトレ…もし良ければ、近い内に飲みに行かないか? 世話になっているからな!」

ベテトレ「…そういえば、ベテPは酒をよく嗜んでいるという話を聞くが毎日飲んでいるのか?」

ベテP「? そうだな、飲んでいない日が無いぐらいだな!」

ベテトレ「そうか、それならば今すぐその飲酒生活を止めた方が良い」

ベテP「………えっ」

ベテトレ「確かに飲酒はストレス発散や健康に良い事だが適度な場合だ、毎日飲むとならば早死にしてしまうぞ」

ベテトレ「アイドルに気を使うのは自分に気を使ってからだ、一週間に2日…せめて1日でも休肝日を作る事だな」

ベテP「」

ベテトレ「それでは私は次の仕事へ向かわせてもらう」ガタッ

      スタスタスタ  ガチャン バタン

ベテP「」


      シュタッ シュタッ シュタッ

ルキP「おい…兄貴、兄貴……」ユッサユサ

ベテP「」

ルキP「し…死んでる…!」

P「まぁ自分の存在を否定されたもんだからなぁ…」

マスP「…一日ぐらい我慢してほしいものだ」


127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:40:00.88 ID:Z2A0cHqt0

P「さぁいよいよマスP兄さんの番だ!」

ベテP「」

ルキP「今回はどういった感じで?」

P「えーとまずはだな、俺たちがストッキング頭に被って…」

マスP「いや、いい」

P「えっ?」

マスP「…自分の力だけで話す」

ルキP「あ、兄貴が自ら進んで話に行くなんて…」

P「やっぱり兄さんも本気なんだな…!」


128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:42:03.25 ID:Z2A0cHqt0

翌日の夕方

     カァー  カァー 

マストレ「もうだいぶ日が長くなったな…」

マスP「……お疲れ様です」ザッ

マストレ「ん、ああマスP殿か」


ベテP「おー会話できてるできてる」ジーッ

ルキP「兄貴その双眼鏡貸してくれよー別に必要ねぇだろー」

P「お前ら…許可無くビルの屋上にいるんだから静かにしろ…」


マストレ「私はもう帰る所だがマスP殿もか?」

マスP「えぇ、ただその前にこれを…」ガサッ

マストレ「? この紙袋は?」

マスP「この前旅行で買ってきた土産です、良ければ妹さん達と…」


ルキP「えー! お土産なんていつの間に!」

ベテP「そういや昨日の夜兄者出かけてたな…」

P「静かにしろつってんだろぉ!? 警備の人来るじゃねぇか!!」


129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:45:20.84 ID:Z2A0cHqt0

マストレ「おぉ、それはすまないな。有難くいただこう」ガサッ

マスP「いえ…いつもアイドルと弟達の世話をしてくださっているお礼です」ペコリ

マストレ「…そういえば、マスP殿はお幾つなんだ?」

マスP「…? 今年で30になりますが…」

マストレ「30…いやはや、こう言ったら悪いのかもしれないが…ベテP殿より若く見えてな…」

マスP「……恐縮です」

マストレ「しかし…話を変えるんだが。弟達から聞いた話だと、マスP殿はあのベテPよりプロデュースの力が長けているとか…」

マスP「………」

マストレ「それほどの才能を持ちながら何故裏方に回るような事を…?」

マスP「…あの事務所には、4人もプロデューサーは必要では無い。それにアイドルと接するのなら若い方が良い」

マスP「……他者と接触するのが苦手、というのもありますが」

マストレ「…ふっ、勿体無いと感じたが、適材適所だったという訳か」

マストレ「まぁ確かにウチの妹達も年が近い話し相手が出来て喜んでいる、これからも、妹達をよろしくしてやってくれ」スッ

マスP「…ええ」ガシッ


3P「やったぜ!!」パシーン!

警備員「うるせぇ!!!」バァンッ!

3バカ「ギャーーッ!!!」


130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:47:01.40 ID:Z2A0cHqt0

Pハウス

ルキP「それでは全員進展があった事に対し! かんぱぁい!」

         「乾杯!!」カチーン!

P「お前達これで満足するなよ! まだ知り合い以上友達未満だぞ!」

ベテP「当たり前だろぉ、しかしもっと仲良く出来る方法を探さんとな、禁酒以外で」

ルキP「そうだ! アイドル達に聞いてみるってのはどうだ! むさい男よりも女性の方がこの手の話に詳しそうじゃん!」

ベテP「大人組は人生経験豊富そうだよな」グビグビ

P「おーなるほどー、まぁそれは最終手段って事で。出来るだけ自分達の力で頑張りたいからな」

マスP「………」


こうして、自分達4人は互いに引っ張り合いつつ順調に仲を深めていった

細かい所まで見ていくとかなり長引くので、次からは短縮に短縮を重ねて現在に至るまでのトレーナーsとのコミュニケーションを見ていただく


131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:50:01.10 ID:Z2A0cHqt0



P「アイドル達の水着撮影を利用してトレーナーさん達も海に来てもらおうさくせーん!!」

ルキP「うおぉぉ! 海か! 水着か!!」

ベテP「待て弟者よ、神聖なる仕事を利用して彼女たちを呼ぶとはいかがなものかと」

P「心配無い! アイドル達には撮影が終わったら自由に遊ぶ時間が存在する! それ即ちプロデューサーも自由に出来ると言う事!!」

ベテP「なるほど!」

ルキP「やはり天才!」

マスP「…その日彼女たちは休みなのか?」

3バカ「あっ」

4P「…………」

P「…じ、実際聞いてみないと分からない! やる前から諦めたら駄目だ!!」

ベテP「確かにそうだ!」

ルキP「そ、そうそう!!」

マスP「…それで、誰が誘いに行くんだ?」

3バカ「あっ」

公平にじゃんけんで、マスP兄さんが行くことになりました。


132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:52:01.85 ID:Z2A0cHqt0


  ザザーン   ザザーン

雫「水が冷たいですー」パシャパシャタプーン
オレタ錡カ

里美「皆と一緒なら楽しいですぅ~」ドッタプーン
d92f7ecf

詩織「波音が…心地いいわ…」スッタプーン
fff13e1315d12b403dc3d4e0d29f55eb


ルキP「105…91、85…! うっ鼻血が…!!」ボダボダ…!

P「布の面積が…貧乳だったら即死だった…」

ベテP「運よくトレーナーさんらも来れた事だし、言う事無いな」

ちひろ「はーい! キンキンに冷えたLPドリンクいかがですかー! 超お得ですよー♪」ユサユサタプーン

ルキP「くっ…! 俺はこんな挑発なんかに乗らないぞ!!」キリ!

P「こんな見え透いた行動に引っかかると思うなよ!」フジ!

ベテP「俺たち4兄弟を舐めたら困るぜ!」カキツバタ!

マスP「アイドル全員の分、釣りはいらない」ホウオウ!

ちひろ「まいどありー♪」

   コレデダイジョウブカナ…? ダイジョウブダッテー♪  ウミモヒサシブリダナ

4P「!?」

トレーナー「Pさんお待たせしました、着替えに時間が…ってあれ?」

ちひろ「あー…プロデューサーさん達なら顔から出血しながらどこかに行きましたよ」

トレーナーs「?」


133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:55:04.75 ID:Z2A0cHqt0



P「ハロウィンパーティーを開催してトレーナーさん達を以下略!!」

ルキP「おー! パーティーか! 仮装か!」

ベテP「今回も撮影を使うのか?」

P「心配ナッシング! このパーティーはいつも頑張っているアイドルやトレーナーさん達を労わる為に事務所が用意したもの! つまり仕事じゃない!」

P「さらにさらにィ! すでにトレーナーさんも来るとの返事を頂いた!」

ベテP「でかした弟よ! 後は何の仮装にするか考えるだけと言う事か!」

ルキP「何にしようかな! 何にしようかな!」

マスP「…P、そのパーティーはどこでやって何人程来るんだ」

P「えーっと、それなりに大きい室内で…来るのは50人以上ってとこだな」

マスP「…………」


134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:57:01.13 ID:Z2A0cHqt0

仮装会場

    ワイワーイ  ガヤガーヤ

鈴帆「どうたいルキPしゃん! この衣装ならウチが一番たい!」

ルキP「すげぇすげぇ! これなら仮装大会優勝だぜ!!」


音葉「あの…この衣装で、おかしくないでしょうか…?」

ベテP「別にマント付けずに来ても良かったぜ、音葉は人とは思えない程の美しさを持ってるからな! はっはっは!」


P「おうおう皆楽しんでるな」

ルキP「これで楽しまずに何で楽しむ!」

ベテP「酒と美人さえいればどこでも楽しいさ」


135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 20:59:07.21 ID:Z2A0cHqt0

P「相変わらずだな…ルキPは狼人間の仮装か」

ルキP「そうさ好きなアイドルを参考にな! ガオォ!」

P「そんで自分は吸血鬼」

まゆ「うふふ…お揃いなんてやっぱり運命ですねぇ…♪」

P「そうだなーだから仲間の血を吸わないでくれよー」

ベテP「最後に自分がフランケンシュタイン、動力源は勿論酒だ」ゴクゴクゴク

ちひろ「見てください! 天使コスチュームですよ天使!」パタパタ

ルキP「しっかしマスP兄貴はどこに?」キョロキョロ

ちひろ「えっ…無視ですか…」

ベテP「兄者は透明人間だよ」

P「透明? じゃあミイラ男みたいな…」

ベテP「いや…本当に、透明でどこにも見えないんだよ…」

2P「…あっ…」

     ウゥ…ゼッタイワラワレルヨ…  ルキPサンハワラワナイワヨ… コンナダイキボノハロウィンハハジメテダナ…

3P「!!」


マストレ「失礼、まだ始まったばかりかな……? プロデューサー達は?」

ちひろ「彼らならたった今透明人間に…」

トレーナーs「?」


136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:01:00.77 ID:9cmqy31I0

全然話せてねえじゃねえかwwwwww


137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:02:01.43 ID:Z2A0cHqt0



P「クリスマスパーティ以下略!!」

ルキP「以下略!!」

ベテP「何言ってんだお前達」

P「まぁまぁ、ハロウィンの時と同じだから」

ルキP「クリスマスに女の人と過ごせるぞー!! Fooooo!!!」

ベテP「お前はルキトレちゃんとそれぐらいの仲になったのか? んん?」

ルキP「るせぇ! 兄貴もそうじゃねぇか!!」

P「まぁまぁまぁ、目に見えないだけじゃね? 半年もアタックしつづけてるんだぜ」

P「なぁマスP兄さん?」

マストレ「……全員トレーナー達の携帯の番号を持ってないんじゃ…な」

4P「……………」


139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:04:01.55 ID:Z2A0cHqt0

クリスマス会場

  きーーーーよーーーしーー こーーーのよーーーーるーーー

P「……あー…疲れたぁ…」

ルキP「ふぃぃ…何とか離れてもらった…」

ベテP「幼女とイチャコラしやがって…弄る気にもならないがな…」

P「若いってすげぇなぁ、歌って踊った後だってのにあんなに元気…俺も年だな」

マスP「…何を言っている」

P「おぉ兄さん、兄さんもあーんしてもらったらどうだ? アイドル達にサラダメインデッシュデザート色々突っ込まれるのも悪くないぞ」

P「それに比べルキPは…あんなに少女に抱きつかれやがって、何が「俺はツリーだー!」だ、うらやまけしからんってレベルじゃねぇぞ」

ルキP「ただのスキンシップだっつぅの、それにその気には絶対ならないならない。ファンに申し訳がねぇからな」

ベテP「あー…あいつ等…俺の口はシェイカーじゃねぇっての、まぁ新感覚だったな」

P「…そろそろ休憩も終わりだな」

ルキP「おう、こっからは元のテンションに」

ベテP「鬱面は一人の時と兄弟しかいない時だけ」

マスP「……行くか」


140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:07:01.50 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「おっすおっす! 楽しんでるかルキトレちゃん!」

ルキトレ「あっルキPさん! はい! とっても楽しんでますよ!」

ルキP「そいつは良かった!」

ルキトレ「わたし…こんなに凄いクリスマスは初めてで…もう凄く嬉しいです!」

ルキP「いっつもウチのアイドルをレッスンしてくれてるんだ、これでも規模が足りないくらいだ!」

ルキトレ「いえ…わたしなんか姉たちに比べれば…」

ルキP「なーにバカ言ってんだ!!」

ルキトレ「えっ!?」

ルキP「ルキトレちゃんがそうなら俺は何だ! 燃えないゴミだ!!」

ルキP「何もトレーナーはレッスン力だけじゃねぇ、明るさと元気も不可欠! ルキトレちゃんと遊んで喜んでいる子達もいるんだぞ」

ルキP「だから自分に自信を持て! そしてこれからもアイドル達に歌と踊りを教えて、一緒に遊んでやってくれ!」

ルキトレ「……はいっ!」

ルキP「よし! それじゃあ早速あいつ等の元へ行こう!」ダッ

ルキトレ「ええっ! 今からですか~!」


141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:09:00.90 ID:Z2A0cHqt0

P「相変わらず賑やかだ…トレーナーさんお疲れ様です」

トレーナー「あっPさん、はいお疲れ様です! って私はただ見ていただけですけど…」

P「まぁ細かい事は気にせず気にせず、今夜はゆっくりしてください。自分もしばらくここで休むので」

トレーナー「そうですか…今日のライブ、大成功でしたね」

P「ええ、これもトレーナーさん方のおかげでもあります、ありがとうございました」ペコッ

トレーナー「いえいえ! これはあの子達とプロデューサーさんの力であって…」

P「本当にレッスン指導者があなたで良かったです」

トレーナー「え、えぇ…! そんなこと…」

P「感謝の言葉ぐらい受け取ってくださいよー、あっそうだ。もし良かったら除夜の鐘も打ちに行きませんか」

トレーナー「えっ…除夜…ですか…?」

P「はい! アイドル達と行くんですが、どうせならトレーナーさん達も鐘打ちに行きましょうよ!」

トレーナー「そう、ですね…はい、お邪魔じゃないなら…私も…」

P「やった! ありがとうございます!」ギュッ!

トレーナー「きゃっ!?」

P「ああっ! す、すいません!」バッ

トレーナー「こ、こちらこそ…急で…」ドキドキ

P(くそ!! もっと手の感触を記憶するべきだった! こんな事滅多に…)

    「「「「「………………」」」」」

P(ハッ!? 背後から刺すような気配が!?)


142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:12:00.70 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「うぃ~~…カクテルも良いが…んぐっ、単品もいいな~」グデーン

ベテトレ「…はぁ、子供の見本になるだろう大人がこんなのではな…」

ベテP「んー? ベテトレかぁ、別にいいんだよ俺の担当アイドルは全員大人、心は大人なんだよ」

ベテトレ「何を言っているんだ…意味が分からん」

ベテP「ふぅ…別にいいだろー今日はめでたい日だ、多少羽目を外してもだいじょーぶってな」

ベテトレ「毎日が羽目外しだろお前は、せめて毎日酒を飲むのは止めろ」

ベテP「俺に自害しろって事か」

ベテトレ「言っていない。全く…どうすれば酒を断つんだ?」

ベテP「……一つだけ、あるかもな」

ベテトレ「ほぅ? 一体何なんだ?」

ベテP「絶対言わん、おっいい感じのワイン発見!」ダッ

ベテトレ「あっ! おい待て! これ以上飲むなバカ者が!」ダッ


143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:14:01.25 ID:Z2A0cHqt0

マスP「…………」ゴクゴク


マストレ「相変わらず、こんな隅にいるのだなマスP殿は」

マスP「…どうも」

マストレ「そのジョッキに入っているのは?」

マスP「牛乳です、…酒より好きなので」

マストレ「健康的だな…しかし、前からずっと言いたかったのだが、何故そこまで人目に出る事が嫌いなんだ?」

マスP「…生まれつき、としか。複数の視線が向けられると…皮膚にナメクジが這うような、ゾクゾクとした感覚に…」

マストレ「……なるほどな、だがもう少し目立っても罰は当たらんと思うぞ、流石に挨拶されても無視してしまう程影が薄いと困る」

マスP「…善処します」

マストレ「頼むよ。あの事務所を実質支えている存在だと言うのにな…」

マスP「……自分はあいつ達とアイドルの笑顔さえ見られれば十分、これ以上望む物は無いです」

マストレ「欲が無いのか…。まぁいいそれじゃあ隣、座らせてもらおう」

マスP「…何故」

マストレ「マスP殿と同じだ、トレーナーの基本は観察、たまには初心に帰らんとな」

マスP「……それじゃあ」

マストレ「席を立つのは禁止だ、視線恐怖症をこれから治さないと、な?」

マスP「…はい」グビ


145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:17:04.75 ID:Z2A0cHqt0



年明け後は濃い話が大量な為、幾ら厳選しようとキリが無いのでダイジェスト


まぁ自分達のボーナスがアイドルへのお年玉で吹っ飛んだり、正月でわいわいしたり

バレンタインが今まで生きてきた中で一番白熱したものだったり

ひな祭りやら花見を楽しくやってルキトレちゃんやトレーナーさんの誕生日を盛大に祝って

後はロボの実験したり肝試ししたりサッカーしたり、つまり3人でバカやってました


そして…ようやくトレーナーさん達と出会って1年後、つまり今へと戻る…


146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:19:04.26 ID:Z2A0cHqt0

Pハウス

P「それでは…えー…第279回恋愛家族会議を始めます」

P「ってアホかぁ!!!」ダンッ!

P「何で一年が経とうとしてるのにまだ俺達Aすらたどり付けてないの!? 何で!? そりゃAは好きだけどさぁ!!」ダンダンッ!

ルキP「兄貴落ち着け! 台パンは止めろって…」

P「フー…フー…、四十路間近の女性の気持ちが分かった気がする…」

ベテP「付き合う以前に、担当してるアイドルどうにかしないとヤバイぞお前」

P「それ兄さんにも言えるぞ、大人組に好きなオカズ聞かれるこちらの身にもなれよ…」

ルキP「兄貴達大変だなぁ…俺は小さい子担当で良かったぜ」

2バカ「…………」


桃華『ルキPちゃま、わたくしがトップアイドルになれた暁には…わたくしのそばにいてくれませんこと?』

ルキP『…あぁ! 執事って事か! いいぜ、一度執事やってみたかったんだよな!』


巴『ルキP! うちが一人前の女になった時、盃を交えてくれるか!』

ルキP『OK! 巴が二十歳になった時には一緒に飲ませてもらうぜ!』


ありす『ルキPさん、待てますか。いいから待てるか答えてください』

ルキP『? 何のことか分からないが、百年とか千年じゃない限りいつまでも待つぜ!』


P「……お、おう…そうだな…」

ベテP「…頑張れよ、ルキP…」

ルキP「?」

マスP(……一番危ないのは、ルキPかもしれんな…)


147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:22:02.73 ID:Z2A0cHqt0

P「ともかく、もう自分は伝説の木の下辺りで告白をした方がいいと思う」

ベテP「まだ後でいいんじゃねぇか…? 別に急ぐ必要は」

P「トレーナーさんに彼氏が出来たらどうするんだぁ!?」

ベテP「いやねぇだろ、ないない」

ルキP「ぶっちゃけ俺このままでもいい気がするなー」

P「何言ってんだ! 進歩を忘れたら行けないだろ!」

マスP「…少し落ち着け、P」

P「っ……兄さん…」

マスP「…確かにお前の言う事も分かる、しかし焦ってはいけない。待てば必ず機会は来る、それまで楽しく…な」

P「……ふぅ、分かったよ…兄さん…」

ベテP「物分りの良い弟を持って幸せだぜ俺は」

ルキP「腹減ったからもう晩飯にしようぜ! メシメシ!」

P「…あー彼女欲しい…」


148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:24:06.49 ID:Z2A0cHqt0

確かに冷静にならずに行動を起こしたとしてもそれらは全部空回りするだけだろう、漫画やドラマではよくある事だ

だからマスP兄さんの言う事を自分は渋々ながら受け入れた

しかし…自分達四兄弟は後悔する…

砂の城を一粒一粒積み上げて作ろうとしたせいで、石橋を過剰に叩いて渡ろうとしたせいで


あんな事になってしまうなんて


149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:27:00.87 ID:Z2A0cHqt0

数日後…

ルキP「あ~あそこの居酒屋は正解だったな! 刺身も新鮮で美味かった…」トコトコ

ベテP「酒もまぁまぁ種類も豊富だったな…今度アイドルと一緒に行くか」テクテク

P「じゃあさっさと家に帰って風呂入って寝るか」スタスタ

マスP「…………、待て」ピタッ

P「? どうした兄さん、忘れ物か?」

マスP「…この曲がり角は…曲がらん方がいい……少し遠回りになるが、迂回を…」

ベテP「…どういう事だ、兄者」

P「兄さんの予感か…普通に引き返すべき…」

ルキP「んー…ちょっと気になるな」スタタタ

P「あっおいルキP!」


150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:29:01.02 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「大丈夫大丈夫、ちょっと覗くだ




ルキトレ「送ってもらってありがとうございます!」

イケメン1「ははは、ルキトレちゃんの為ならいつでも送り迎えしてあげるよ」

トレーナー「今日は色々とお世話になりました」ペコッ

イケメン2「近い内にまたお会いしましょう、その時はディナーでも…」

ベテトレ「仕事にも趣味にも色々と為になったよ」

イケメン3「金の流れなどコツを掴めば、な? 今度はじっくりレクチャーしよう」

マストレ「わざわざリムジンを使ってくれて感謝する」

イケメン4「レディーを最後まで守るのは紳士の務め、今宵は本当に楽しかったですよ。それでは」



4P「」

4P「」

4P「」














4P「」


151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:32:07.15 ID:Z2A0cHqt0

??分後……


    …………ガン…………ガンッ………

P(………ん……、ここは……)

P(…そうだ、居酒屋から出て…それから……思い出せない…?)


     ガン……ガンッ………ガンッ…

P(というより…うるさい…一体何の)






ルキP「ア゛ァァ……! ア゛ーーッ……!」ガンッ! ゴンッ!

ベテP「オロロロロロロロロロロロロロロロロロロ……」

P「…何がどうなってる」


152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:34:01.83 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「ア゛ーーーッ!! ア゛ァァァァ!!!!」ゴギィッ! ピシィッ!

P「や、止めろルキP!! 電柱の値段もバカにならねぇんだぞ!!」ガシッ!

ルキP「アァ!? アアア゛!!」

ベテP「ロロロロロロロロロロロロロロロロロロ…」

P「くっそ…何がどうなってるんだ! 誰か助け」

マスP「当て身」ドスッ

ルキP「ウエ゛ッ!?」バタン

P「兄さん!」

マスP「……俺がベテPを運ぶから、お前はルキPを背負え…家に帰るぞ」

P「おっおう……確か居酒屋から出て…ルキPが角を曲が…………あっ」

マスP「…P」

P「あ…ああ……トレーナーさんと…男がいて…!」

マスP「P」

P「はぁ…! はぁ…! あいつ…アイツの目…!!」

マスP「P!」ガシッ!

P「!!」

マスP「……とにかく、帰ろう…話はそれからだ」

P「………」コクリ


153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:37:03.32 ID:Z2A0cHqt0

Pハウス

P「…………」

ベテP「…………」

マスP「…ルキPはもう寝かせた、どの道朝まで起きないだろうが」

P「ベテP兄さんは大丈夫なのか…?」

ベテP「…本当に久しぶりに吐いたおかげで、だいぶすっきりはしている。…気分は最悪だがな」

P「そうか…それで、あれについては…」

マスP「…明日の夜までにちゃんと調べておく、だからP、明日の仕事に備えてもう寝ろ」

P「でも」

ベテP「いいからもう寝ろ…本格的な話し合いは情報が揃った明日からだ…兄者、俺もあいつ等について調べるぞ、というより絶対する」

マスP「……分かった、お前はもうアイドルをプロデュースする事だけを考えろ、いいな」

P「……了解」


154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:39:00.85 ID:Z2A0cHqt0

翌日 Pハウス

ルキP「………」

P「…仕事が終わった瞬間二人はどこかへ行ったし、そろそろ帰って来てくれるかね…」

ルキP「…兄貴、昨日のはやっぱり…夢じゃねぇんだな…?」

P「まぁ…そうだろうな、でも案外自分達の考えているような…」

         ガチャリッ

P・ルキP「!」


マスP「……今戻った」

ベテP「…はぁ」

P「兄さん、何か分かったのか」

マスP「落ち着け…調べるだけ調べてきた」

マスP「これからちゃんと話す」


155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:42:06.63 ID:Z2A0cHqt0

マスP「単刀直入に言う、あの4人は経営管理を仕事としている兄弟だ」

ルキP「兄弟って…また4人兄弟かよ!?」

P「経営管理って…つまり…?」

マスP「分かりやすく言うなら…マネジメント、マネージャーと言った方がいいな」

ベテP「世の中狭いもんだな、似たような団体が3組もいるっつうんだから」

マスP「…話を続けるぞ。それで、ルキトレ氏といた男性は工場のマネージャーをしているルキM氏。トレーナーの近くにいたのはIT企業のマネージャーをするM氏」

P・ルキP「………」

マスP「ベテトレ氏にいたのはファンドマネージャー…つまり金融・投資のマネージャーベテM氏」

マスP「最後に、マストレ氏と話していたのが…人事マネージャーのマスM氏だ。年は…自分達とほぼ当てはまるな」

ベテP「おまけにルックスもイケイケだ」

P「…マネージャーだったのか」

マスP「……ルキP、P、ベテP」

P・ルキP「…?」






マスP「これ以上トレーナーと仲を深めるのは止めろ」

P・ルキP「………は?」


156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:44:00.75 ID:Z2A0cHqt0

P「……言っている、意味が良くわからないんだが…」

ルキP「…どういう事だよ」

ベテP「お前達も薄々気づいてるだろ」

マスP「彼らは、自分達と同じく…トレーナーに恋を抱いている」

ルキP「っ…!」

P「何だよ…恋をしているのは自分達だって」

ベテP「あいつ等、先祖代々富豪らしくてな…家はここから車で30分ってとこか、そりゃぁもうでかくてな、桃華の屋敷と同じぐらいじゃねぇか? 噴水がある庭付きだ」

P「……」

ベテP「…納得いかないって顔だな、もっとキツイ言い方が必要か?」


ベテP「トレーナーはあの兄弟と付き合った方が幸せなんだよ」


157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:47:05.88 ID:Z2A0cHqt0

P「……ぐっ…!」

ルキP「ふざけんなよ!! なんだよそれ! 訳わかんねぇよ!」

マスP「…ルキP」

ルキP「そうだ! どうせそいつ等やったら駄目な事に手出してるだろ! 金持ちってのは大抵…」

ベテP「そいつも考慮して犯罪レベルで調べ上げたさ、しかし黒い部分なんて一切出てこねぇ、真っ白だ」

ベテP「それにお前も見ただろ? あいつ等のひたむきな目を、あれは真剣に恋

ルキP「止めろ!! 止めろ!止めろ止めろ!!! 止めろ止めろヤメロ止めろやめろ止めろォ!!!!」

           ダッ!

P「ルキP!!」

ベテP「追うな、…あいつもプロデューサーだ、心で理解している…」

P「…兄さん達は、本当にそれで良いと思っているのか…?」

ベテP「…俺が飲んだくれじゃなくても手に届かねぇ資産を持ってるんだ、それにアル中か金持ちなら十中八九金持ちを選ぶさ」

マスP「……彼女が確実に幸せになる方法があるなら…自分は喜んで手を引く」

P「…………」


昨日まで、あんなに活気が溢れていた自分達がこんなにも絶望で押し潰される事が誰が想像出来ただろうか

こんな現実を…自分達は明日になって改めて思い知らされる


158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:50:23.11 ID:Z2A0cHqt0

さらに翌日 レッスンスタジオ

ルキP「………」

ルキトレ「あのぉ…ルキPさん? 大丈夫ですか?」

ルキP「……ルキトレちゃん…だいじょぶ…うん、大丈夫…」

ルキトレ「本当…ですか? 顔色が良くないですよ」

ルキP「ほら…最近、暑いからちょっとね…」

ルキトレ「そうですか…体調には気をつけてください、気分が悪かったらすぐに言ってください!」

ルキP「…ありがとう」

ルキトレ「いえいえ! あっそうだ! 今日ここにお客さんがきてるんですよ!」

ルキP「…………」

ルキM「どうも、お邪魔させてもらっています。ルキMと申します」

ルキP「…………」


160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:52:03.92 ID:Z2A0cHqt0

トレーナー「MさんはIT企業でマネジメントをしているんですよ」

M「すいませんお仕事中に、偶然通りがかったもので…」

P「…いえ、こちらは全然構いませんよ」

M「助かります、あっそうだ…初対面で申し訳ありませんが少し二人でお話してもいいでしょうか」

P「…別に大丈夫ですが」

トレーナー「?」



M「Pさんは…トレーナーさんと一緒に仕事をしているのですね?」

P「…ウチのアイドルをトレーナーさんにレッスンしてくれてるだけですが、まぁ…長い間お世話には」

M「そうですか。それで少しお願いしたいことが」

P「………」

M「トレーナーさんの…好きな物などを知っているでしょうか」

P「………」

M「本当に会っていきなりこんな事を聞いてすいません。しかし、情報に見合うだけの謝礼を用意します、どうかお願いします」ペコリ

P「…………」

P「…………」






P「いいですよ」


161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:55:00.89 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「…あんたがベテMさんか」

ベテM「どうも、君がベテP氏だね。噂には聞いているよ、かなりの酒豪とね」

ベテP「…ベテトレよぉ、ベテMさんに話すなよー恥ずかしい」

ベテトレ「何を言う…まだ短い付き合いだが彼にはよく相談しているんだ、お前の飲み癖についてな」

ベテM「そうだ。いいかベテP氏、過度な飲酒は喫煙に次ぐ女性に嫌われやすい原因でな、もし結婚したとしてもすぐに破局してしまう」

ベテP「………そうか、だったら少しだけ…」

ベテM「さてベテトレ氏、また金融についてアドバイスしよう」

ベテトレ「あー気持ちはありがたいんだが…まだ仕事が…」

ベテM「あぁそうだったね、なら今晩また食事でも…教えたいテクニックがまだまだあるからね」

ベテP「…………」


162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:57:01.04 ID:Z2A0cHqt0

マスM「あなたにも3人弟がいると聞きました、どうぞよろしく…」

マスP「……どうも」

マスM「素晴らしい才能を持ちながら日陰にいるとか…実に勿体無い」

マストレ「うむ…私も何回か言っているが、これが彼の生き方…だからな」

マスP「…失礼、まだ仕事が残っているのを思い出しました、それでは」

        ガチャッ バタン

マストレ「…珍しい、マスP殿が仕事を忘れるなんて」

マスM「そういう日もあるんでしょう、そうだマストレさんにこれを…フルーツゼリーの詰め合わせです、どうぞ」

マストレ「あっいや…こんな高級な物はさすがに…」

マスM「いいんですよ、あなたの為に取り寄せた物です、是非どうぞ」




マスP「…………」


163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 21:59:01.33 ID:Z2A0cHqt0

Pハウス

P「…何でマネージャーなのに来てるんだ…?」

ベテP「俺達より…積極的なんだろ」

P「……勘弁してくれよ」

マスP「仕事に集中すれば良い…集中…すれば…」

P「ルキPも、家に帰ったらすぐに部屋に行くし…どうすればいいんだよ…」

ベテP「男の嫉妬ほど醜いものは無い」

ベテP「今は…ただ待て…」

マスP「時間は、何もかも解決させる…」

P「………自分は…自分は」

P「笑って祝福する自信が全く無い」


164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:02:04.32 ID:Z2A0cHqt0

さらに日が進むごとに、身体・精神に悪影響を及び始める

ルキPはここ最近ろくに睡眠も食事も取れずに


ルキP「……………」

千枝「あの…ルキPさん…」

ルキP「……んっ…あぁごめんな千枝、どうかしたか?」

薫「せんせぇ…最近元気ないよ…」

舞「ちゃんとご飯食べないとだめですよ!」

ルキP「あぁ最近食欲が無くてな…ありがとな、心配…してくれて」ツー

薫「…せんせぇ」

ルキP「ん?」

薫「どうして…泣いてるの?」

ルキP「……え…」ツー

千枝「ど、どこか痛いんですか…?」サスサス

舞「ルキPプロデューサー、このハンカチで拭いてください!」

ルキP「…うぅ…ごめん……、ごめん…ありがとう…」


165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:04:02.83 ID:Z2A0cHqt0

自分は毎日のように悪夢にうなされ

P「……はぁ…」

未央「やっほー! プロデューサー!」
no title

P「うぉ、未央か…」

卯月「お仕事から帰ってきました!」
no title

凛「ただいま」
no title

P「あーお帰り…暑かったろ」

未央「もープロデューサー、そんなにため息ばっかだと幸せが逃げちゃうよ☆」

P「ははは、安心しろ。幸せなんて掃いて捨てる程ある…アイドルに囲まれてる時点でな」

卯月「上手ですね! えへへ…」

凛「…ねぇ、プロデューサー」

P「ん…? どうした凛」

凛「……自分が伝えたい事は、はっきりと相手に伝えた方がいいと思うよ」

P「…………」

凛「…言いたいことは、それだけ」

P「…すまんな、凛」

凛「うん……」スタスタ





凛「それがトレーナーさんの為でもあるし…私たちの為でも…」


167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:07:00.90 ID:Z2A0cHqt0

ベテP兄さんは仕事中でも酒を飲むことが増え、飲む量もいつもの三倍に

ベテP「……」プルプル

ベテP「……酒…」スッ

瑞樹「そこまでよ」ガシッ

ベテP「…離してくれよ」

早苗「はいはーい、失礼するわよ」

      ガララッ

早苗「…アブソルート750ml、フロム・ザ・バレル500ml、ヘネシー700mlその他諸々…生きているのが不思議ね」

若葉「ベテPさんこれ以上飲んだら駄目ですよ~!」ギュッ

瑞樹「ベテP君…一体何があったの…?」


ベテP「頼む……頼むよ…飲ませて…くれよ…」


168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:09:00.34 ID:Z2A0cHqt0

そして…マスP兄さんは……

マスP「………」カタカタカタカタカタカタ

マスP「……」サラサラサラサラサラ

マスP「………」ペラペラペラペラ

マスP「……………」フキフキフキフキフキフキ

ちひろ「あ、あのー…マスPさん…これぐらいなら私が…」

マスP「お茶です」ドンッ

ちひろ「あぅぅ…」シクシクシク


P「…ちひろさんの分の仕事までやってる…」

ベテP「…窓際族になっちまったな…」


170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:12:03.80 ID:Z2A0cHqt0

マスP「…………」

マスP(もう…する事が無くなってしまった…)

マスP(……スタジオに行くか)


ルキM「はい! 自分の持つ工場で特別に加工させて作らせた水晶の置物! 綺麗でしょう」

ルキトレ「わぁ…凄い…! でも、わがままを言っちゃったら…食べ物の方が良かったかな…」

ルキM「食べ物? ルキトレちゃんって意外と…」

ルキトレ「いえいえ! ただ最近…ルキPさんが元気無くて、何か食べてほしいなーって」

ルキM「…あぁ、そうなんだ」

マスP「………」



M「どうですか、このドライフラワー。そこまで大きくなく部屋に飾るにはちょうどいいかと」

トレーナー「私が好きな花がたくさん…ありがとうございます、いつも…」

トレーナー「でも会うたびに、いつもプレゼントを貰ってばっかりでいいんでしょうか…」

M「いいんですよ、別にプレゼントをしても誰も不幸にはなりませんから」ニコッ

M「そういえばそのリストバンド、とても似合っていますよ」

トレーナー「あっこれですか? はい、この前の誕生日でPさんから貰ったものなんですよ」

M「……そうですか」


171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:12:10.78 ID:bBggpEHZo

ベテP、遺灰になって登場するの?


172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:14:00.99 ID:Z2A0cHqt0

ベテトレ「全くあいつめ…また酒癖が酷くなったか、今度こそ説教を…」

ベテM「…別にいいんじゃないか? 放っておいて、そのうち痛い目に会うだろう」

ベテトレ「それはそうだが…今身体を壊したらアイドル達にも迷惑がかかるし、何より」

ベテトレ「あいつとはもう長い付き合いだ、これくらいはしてやらんとな」

ベテM「…………」

マスP「……?」


マストレ「ははは、なるほど…相当の過保護だったと言う訳か」

マスM「ええ、しかしそのおかげで欲しい物には困りませんでした。父と母は最近やっと離れてくれましたよ」

マストレ「資産家には資産家なりの悩みがあると言う事だな、贅沢な悩み事だが」

マスM「あっそうだ、少し聞きたい事があるのですが」

マストレ「何だ? 答えられる事なら答えるが」

マスM「…マスP氏とは、お付き合いを…?」

マストレ「なっ!? いやいや! そのような関係になってはいない!」

マスM「……そうですか…すいません、唐突な質問をしてしまい」


マスM「……本当によかったですよ」ボソリ

マストレ「…?」

マスP「…………」


174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:17:07.97 ID:Z2A0cHqt0

数日後… レッスンスタジオ

P(……やっと…落ち着いてきたな…)

P(…最悪の状態……でだが)

     ………さん…

P(…どうやって、回復すれば……)

    …p…さん…?

P(これ以上…アイドル達に迷惑を)

トレーナー「Pさん!」

P「あぁっ!?」ビクゥッ!

トレーナー「きゃっ!?」

P「あ…あぁ…すいません、お疲れ様ですトレーナーさん…」

トレーナー「ご、ごめんなさい…考え中に…」

P「いえ、大丈夫ですよ。それで…どうしましたか?」

トレーナー「その……Pさんに、お話したい事が…」

トレーナー「できれば…二人だけで話せる場所で…」

P「……分かりました」


175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:19:07.65 ID:Z2A0cHqt0

屋上

P「………夕日が…綺麗ですね」

トレーナー「……はい…」

P「それで、お話とは…」

トレーナー「…こんな話、姉さんにも話せなくて」

トレーナー「だから…Pさんに、正直に答えて欲しいんです…」














トレーナー「Mさんに、告白されました」

P「…………」


179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:45:14.36 ID:Z2A0cHqt0

P「………すぅ…」

P「…いつごろに…?」

トレーナー「今日の、お昼休みに…」

トレーナー「その時は…お返事が出来なくて、今日の夜にMさんの家で夕食を食べる約束をして…この時に返事が欲しいと…Mさんが…」

P「…なるほど」

トレーナー「私…こんな事初めてで…どうしたらいいか分からなくて…」

トレーナー「Pさん……私、どうすればいいんでしょうか」

P「………」

/お待たせしました、再開です


180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:47:21.96 ID:Z2A0cHqt0

P「…………」

マスP『これ以上トレーナーと仲を深めるのは止めろ』

P「………自分は…」

ベテP『トレーナーはあの兄弟と付き合った方が幸せなんだよ』

P「……自分は」

ベテP『男の嫉妬ほど醜いものは無い』

P「自分は…!」

凛『……自分が伝えたい事は、はっきりと相手に伝えた方がいいと思うよ』







P「Mさんと付き合うべきだと思います」


181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:49:03.39 ID:GD5QWMoI0

ああ…


182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:50:14.72 ID:Z2A0cHqt0

トレーナー「…そう、ですか……」

P「はい、Mさんってかなりの大金持ちみたいじゃないですか」

トレーナー「………」

P「だから、だから……お幸せになってください」

トレーナー「……はい…ありがとう…ございます……」

トレーナー「それじゃあ、私…姉さんを待たせたら行けないので…お疲れ様でした…」

       ガチャッ  バタン

P「……………」

P「……すぅぅぅぅ…………」









P「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁ!!!!!!!!!!」

    ガン!! ガンッ!!! ガンガンガン゛ガン゛ッ!!!!

   ゴギッ!! メ゛ギッ!! メ゛ギッ!!   バギッ!!!

    グヂャッ!!! グヂャン゛ッ!!!  ボギィッ!!!!

 ブシュッ! ブシュッグチャッ!  グチャッ! グヂャッ!!


183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:52:21.02 ID:Z2A0cHqt0

数時間後… Pハウス

ベテP「んぐ…んぐ………んぐ…」

ルキP「…兄貴、飲みすぎ」

ベテP「…この量と度数じゃねぇと酔えねぇんだよ…」

ベテP「ルキP、お前も目に見えて痩せてるぞ…」

ルキP「…体重計には乗ってないが…5キロは減ってるかもな」

ルキP「……もう心配はしてくれなくていいからな…ただ」

ルキP「こんな思いをするなら…恋なんてしなければ良かった…」

ベテP「………」

マスP「…………」


184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:54:01.44 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「それにしても…P兄貴遅すぎじゃ…」
  
    ガチャンッ  バタン


P「…ただいま」

ルキP「兄貴、おかえ…何だよ、その手……」

P「……ただのストレス発散、とっくに血は止まってるから安心しろ」

マスP「………」

P「さて…だいぶ遅いけど夕食を」



マスP「!!」ガタッ!

ルキP「うわっ!? どうしたんだよあに……!」

ベテP「…この感覚……!」ガタッ

マスP「…マネージャーの屋敷に行くぞ」

P「兄さん…! もしかして!」

ベテP「ああ…!」


マスP「コインの表が……裏になった…」


185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:57:00.65 ID:Z2A0cHqt0

15分前… マネージャー邸宅 食堂


マスM「ふぅ…皆様、お口に合いましたでしょうか?」

ルキトレ「は、はい! デザートもおいしかったでしゅ!」

ベテトレ「巨大なテーブルに召使い達…映画の中のような夕食だったな」

マストレ「どれも非常に美味だった、やはり申し訳ない気分になるな」

トレーナー「………」

ルキM「食材も自分が取り寄せたんですよ」

ベテM「さて、それでは食後酒でもいかがかな?」

ベテトレ「いやもう十分だ、気持ちだけ頂く」

ベテM「そうですか」


M「…さて、トレーナーさん」

M「ディナーを楽しんだ所で…そろそろお返事を頂けるでしょうか」

トレーナー「!!」


186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 22:59:01.08 ID:Z2A0cHqt0

トレーナー「こ…ここで、ですか…?」

M「はい、もうお返事が欲しくてうずうずしているんです」

マストレ「? 一体何のことだ?」

ルキM「…兄さん、全員で一緒にって約束じゃ?」

M「すまない、抑えきれなかったんだ」

ベテM「…まぁいい、私達も言えばいい話だ」

ベテトレ「……大事な話なのか?」

ルキM「はい。ルキトレさん…結婚を前提にお付き合いしてくれないでしょうか」

ルキトレ「……えぇぇ!?」

ベテM「ベテトレ氏、私と一生を共にしてくれないだろうか」

ベテトレ「…いきなりだな」

マスM「…あなたの事が好きです、マストレさん」

マストレ「…………」


187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:01:06.38 ID:Z2A0cHqt0

マスM「……このような物も用意しています」パチン

執事「………」スタスタ

M「あの銀盆に乗っている四つの小箱…どれも私たちが選んだ至高の指輪です」

M「もう一度言います、私と付き合ってください」

ルキM「絶対に幸せにします」

ベテM「裏切らないと誓おう」

マスM「今お返事を頂きたい」

ルキトレ「あ、あの…あの……わたし…」

ベテトレ「………」

マストレ「…………」





トレーナー「…ごめんなさい」


188: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:04:01.11 ID:Z2A0cHqt0

M「……………」

トレーナー「ごめんなさい…こんなに良くしてもらっているのに…でも、この気持ちは…受け取れられません…」

M「……」

ルキトレ「わ、わたしもごめんなさい!!」

ルキトレ「今…頭が混乱していて…、もう少し考えさせてほしいです…」

ルキM「………」

ベテトレ「私も断らせてもらう」

ベテトレ「今は大事なイベントの為に忙しい、気持ちは非常に嬉しいんだが…すまないな」

ベテM「…………」

マストレ「…マスM殿、確かにあなたには色々と感謝している」

マストレ「しかしまだ早すぎるんじゃないだろうか、もう少し…友人として接せられないだろうか?」

マスM「……………」




M「……ふ…ふふ……」




M「やっぱりプロデューサーと付き合ってるんですか」


189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:06:01.79 ID:Z2A0cHqt0

トレーナー「い、いえ! 私は」

M「じゃあ何で付き合えないですか」

M「何で、何でですか、何でなんでしょうか?」

ルキM「駄目か…駄目なのですね」

ベテM「…ふぅ……かなり頑張って…言ったんだがな」

マスM「……なら、仕方がありませんよね?」

ルキM「そうだね」

M「そうですね」

ベテM「そうだな」

マストレ「…! 周りを見てみろ…」

ベテトレ「なに……っ! さっきまでいたメイドや給仕が…」

M「………」スチャッ

ルキトレ「えっ…テーブルの下から…ガス…マスク?」

マストレ「いかん! 早く部屋から!」

      シュウウウウウウウウウ!!!

ベテトレ「これは…!! ゲホッ!? ゴホッ!」

トレーナー「うっ……けほ…けほっ!」

トレーナー「P……さ……」


190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:08:00.91 ID:Z2A0cHqt0

マネージャー邸宅 ???


トレーナー「…………ん……」

トレーナー「……! ここ…は…?」


M「大丈夫ですよ、まだ10分程しか経っていません」

トレーナー「!? M…さん、これは…!」

ルキトレ「なん…で…?」

ベテトレ「んぐ…体に上手く力が…」

マストレ「…マスM殿、ここは一体どこなんだ。そして何故」

マストレ「私達は牢屋に入れられている…」


ルキM「こんな無愛想な檻ですみません、急いで取り寄せたせいで…ね」

ベテM「ここは屋敷の地下室、かなり広いけどな」

マスM「安心してください、あなた達に危害など加えません」


191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:10:03.25 ID:Z2A0cHqt0

マストレ「いや、だから何故私達はここに入れられている、と聞いているんだ…」

M「さっきはあのような事を言って申し訳ありません、トレーナーさん」

トレーナー「え……」

M「分かっていましたよ、あなたと…Pさんが恋仲では無いという事は」

M「でも、もしかしたら彼と付き合うかもしれない」

M「だから仕事を止めてほしいんです」

マストレ「…言っている意味が分からないんだが」

ベテトレ「仕事を止められるか!」

ルキM「そもそも仕事をする理由なんて、食べ物を買う為、服を買う為、税金を払う為でしょう」

ルキM「ならもうそんな事する必要はありません、自分達が欲しい物をプレゼントします」

ベテトレ「そんな事…!」

ルキM「…あぁそうか、仕事を辞めたらレッスンしていたアイドル達が困るね」

マスM「心配ないですよ、私が代わりに優秀な人材を派遣しましょう。これで大丈夫です」

ベテトレ「くっ……」


192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:12:01.59 ID:Z2A0cHqt0

ルキトレ「い、家に…帰らせて…ください…」

ベテM「だから心配ないと言っているだろう、君が言えばどんな物でも取り寄せよう、だから家に戻る必要は無い」

ベテM「よほど大事な物があるなら使いを送るが」

トレーナー「違います! 自由を…」

M「もう自由じゃないですか、外には出られませんが屋敷と中庭を好きに使ってください、中庭は広いですよ、そこにトレーナーさんの好きな花をたくさん植えましょう」

マストレ「違う! それはただの犯罪だ!!」

マスM「…それが何か?」


193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:14:00.89 ID:Z2A0cHqt0

マスM「私達には…力がある、守る事だって何でも出来る」

ベテM「俺が金を集めよう」

M「自分は…どうすればトレーナーさんたちにもっと幸せになっていただけるか調べましょう」

ルキM「いいね、薬品を扱う工場もあるし大抵の薬は…」

マスM「それならその道に詳しい専門家も呼びませんと」

ルキトレ「お姉ちゃん…」ギュッ

トレーナー「……うぅ…」


    ガチャッ

使用人「失礼します…」

マスM「…何だ? よほどの事で無い限り入るな、と言ったが」

使用人「それが…正門の前にお客様が来ておりまして…」

マスM「……誰だ? この時間に来る予定の人間はいないはずだが」

使用人「彼ら4人……プロデューサー、と名乗っていました…」

トレーナーs「!!」


194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:17:00.91 ID:Z2A0cHqt0

ルキM「プロデューサー…? 何故ここに…」

ベテM「…ばれたのか? どうやって…」

マスM「落ち着け、とりあえず…今も門の前にいるのか?」

使用人「はい…お帰りいただくように申しているのですが、マスM様達にお会いしたいと…」

マスM「…そうですか……インターホンをここに繋げてください、私が直々に話します」

使用人「かしこまりました」

マスM「くれぐれも言っておきますが、大声を出さないように」

トレーナー「………」



4P『…………』

マスM「…お待たせしました、こんばんは皆さん」

マスP『…マスM氏か』

マスM「はい、一体どうしましたでしょうか?」


195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:19:01.12 ID:Z2A0cHqt0

P『さっき仕事の用事でトレーナーさんに電話をしたんですが反応が無く…他の3人も全く同じで』

P『今日の夜にマネージャーさんの家に行くと聞いていたので…何か知らないでしょうか?』

マスM「……いえ、分かりませんね。もうトレーナーさん達はディナーを食べ終わり家に帰ったと思ったのですが…私も今知りました」

トレーナー「……P」

M「……」キッ!

トレーナー「っ………」

ベテP『ほぅ…そうかい』





ベテP『じゃあ何であんた等の後ろに檻に入った彼女達がいるんだ?』

4M「!?」


196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:21:00.53 ID:Z2A0cHqt0

ルキM「ど、どうやってこちら側を!? こっちからしか見えないはずじゃ!」

ルキP『そんな事どうでもいいだろ、なぁ何で檻に入ってるルキトレは泣いているんだ? なぁ何でだ?』

M「…そうか、盗聴器だな」

P『…………』

M「彼女達の中の誰かに盗聴器を付け、自分達の話を聞いていたという訳だ。だからすぐに気づいてこっちに来たという訳だ」

M「全く…やはり彼女達を保護して正解だった…」

P『…好きに考えてろ』

マスM「それで、その事が分かったとしてどうするおつもりですか? 警察に言いますか? 残念ですがそのような事をしても無駄です」

マスP『……彼女達は出たいと望んでいる、だから自分達はそちらに向かう』

ベテM「向かう? ハッハッハ! 馬鹿を言うな! どうやって中に入る、この門を乗り越える事など

ルキP『ジャッッッッ!!!!!』
 
       ドゴオオオオオオオオッッン゛!!!!!!!


トレーナーs&4M「」

ベテP『さて、ノックもしたから上がらせてもらうぜ』グビッ


198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:23:00.89 ID:Z2A0cHqt0

ルキM「兄さん…今、一体何が…」

M「と、ともかく上に行け! あいつ等が来るぞ!」

ベテM「……何故邪魔をするんだ…? 何故…何故……」

マスM「…緊急配備、不法侵入者だ!」

トレーナー「……Pさん…!」



マスP「…たった今屋敷内に入った為、警報が発せられただろう」スタスタ

3P「………」スタスタ

マスP「よって各自個別ルートを通って道中の警備員を倒しトレーナー達の場所へ向かえ、制限時間は警察の介入も兼ねて15分だ」

3P「応っ!」

マスP「これはアイドル達の成長の為でもあり士気低下防止の為でもある」

マスP「そして何より…我々の意思で彼女達を救う」

ベテP「あいつ達を不幸にさせるなら…」

ルキP「もう遠慮なんかいらねぇよな…! 飛び込んでやる!!」

P「我ら! プロデューサー四兄弟がな!!」

マスP「散っ!」


199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:26:08.67 ID:Z2A0cHqt0

マネージャー邸宅 1階 廊下

        ダダダダダッダダダ!!

ルキP「どけよどけよどけよぉ!! てめぇらぁぁぁ!!!」ヒュンヒュンヒュンッ!

使用人A「ぐべっ!!」

使用人B「あぼぉ!」

使用人C「うぇぇ!!」

         オラアアアアアァァァ!!


ルキM「来たな…貧乏人が…!」チャキッ

ルキM「お前の血で床を汚すのは不本意だが! このレイピアの錆びに

ルキP「お前邪魔ぁっ!!!!」バキィッ!

ルキM「ぶっほぁっ!?」ドゴン!

ルキP「うおおおぉぉ!! ルキトレェェ!! ルキトレェェェェ!!!」ダダダダダ!

ルキM「」チーン


200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:28:05.92 ID:Z2A0cHqt0

1階 食堂

P「……ここでトレーナーさんらは飯を食ったのか」

M「そうですよ、盗聴器で知っているでしょう」

P「…違うと言っても信じないだろうな」

M「ええ信じませんとも、それ以外にどんな方法があるんですか?」

P「…もういい…それより、聞きたい事があるんだが」

M「これ以上何を聞きたいと? まぁ…8対1ですからね、いいでしょう」

執事1~7「…………」

P「トレーナーの事、本当に好きなのに閉じ込めたのか?」

M「………」

P「答えろよ」

M「…そうですが、それが何か問題でも?」

P「…マジでぶち切れた」


201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:30:05.10 ID:Z2A0cHqt0

十数秒後…

P「……ふぅ…」パンパン

執事s「」チーン

M「げっほ……な…にを、したん……だ……?」

P「殴ったり蹴ったりした、以上」

M「…ぐ……ふふ、ばかなことを…したな……」

P「………」

M「じぶん…は、かのじょを、笑顔にさせた……みらいも…かならず、え…がおに」

P「………」

M「つま…り、自分こそ…かのじょ、を…いっしょうしあわせに

P「オラァッ!!」ゲシッ!

M「オボフッ!」

P「…自分はなぁ…過去のお前でも、未来のお前でもなく…」

P「今のお前を見てるんだよ」

M「」チーン

P「…さて、決め台詞も言えた事だしさっさと行くか」


P「…………ごめんな」


202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:33:01.16 ID:Z2A0cHqt0

2階 廊下

ベテP「まさかもう出てきてくれるとはな」ゴクゴク

ベテM「…………」

ベテP「…しかもお姫様も付いて」

ベテトレ「ぐっ…! 逃げろ……ベテP…!」

ベテP「…お前ベテトレの事好きじゃないのか?」

ベテM「無論愛している、危害は加えない。しかしお前は殴れないだろ?」

ベテM「そしてこれだ」チャキッ

ベテP「本物の拳銃か」

ベテM「金さえあれば法律など容易く破れる」

ベテトレ「はな…せ…くそっ!」

ベテM「人間の一人や二人消えた所で何の問題も無い」

ベテP「じゃあ撃てよ」

   パンッ!  パンッ! パン!パン! パンッ!


ベテP「…………ぐふっ」ジワァ


203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:35:01.00 ID:Z2A0cHqt0

ベテトレ「ベテP!!」

ベテM「ふ…ハハハハ! 弾丸を避ける事など小説や映画だけだ!!」

ベテM「もう彼女は私のものだ、私のものだわたしのモノだワタシの物だ」ギュゥゥ!

ベテトレ「う…うぅ…! ベテP…!」

ベテM「ハハハ! ハハハハハ!!! ……?」

ベテM「……待て…何故、お前が床に倒れている…?」

ベテトレ「……えっ」

ベテM「…じゃあ……私が、今…抱えて…いるのは……」








ベテP「キャータスケテーコワイワー」ギュゥ

ベテM&ベテトレ「」


204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:37:01.99 ID:Z2A0cHqt0

ベテトレ「ベ、ベテP! なな…何故!?」

ベテP「あーもうスーツが滅茶苦茶だ、6万もしたんだぞ」ガシッ!

ベテM「あがぁ!? が……! 血が…でてる…はずなのに…!!」

ベテP「普通の弾丸じゃ皮膚にめり込む程度だ、せめて徹甲弾持ってこい、それでも死なないがな」

ベテP「さぁて…憂さ晴らしの時間だ…」

ベテM「ぐぅぅ…! 何…を」

ベテP「はい! 飲ーんで飲ーんで飲んで!! 飲ーんで飲ーんで飲んで!!」ダバババ!

ベテM「がぼぉ!? がば…! ゴォ!?」

ベテM「あ゛あ゛…!!! ぼどが…っ!! やげ……やげ…っ!!」

ベテP「…アルコール度数70……、お前酒には弱かったのか!」

ベテM「みずぅ゛…! み゛ずぅ!!!」

ベテP「いいぜ…たっぷり…! 飲ませてやる!!」グイッ!

ベテM「あああ゛っ!?」

        ガシャァァァァァン!!!!!

         アアアアァァァァァァ!!

       ボッシャーーーーーーーーンッ!!!!

ベテP「酔いと一緒に頭も冷ましてこい」

ベテトレ「ベテP…お前…」

ベテP「さぁ妹さん達の所に行くか、な?」


205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:40:06.16 ID:Z2A0cHqt0

地下室 大広間

マスP「…………」


マスM「…まさかもうここまで来るとは」

マスP「……この奥に、いるんだな?」

マスM「はい、いますよ…ただし」

マスM「この数の兵を倒してからですがね」

    チャキッ  チャキッチャキッ チャキッ チャキッ  チャキッ

 チャキッ チャキッ チャキッ   チャキッ  チャキッチャキッ チャキッ

   チャキッ  チャキッ  チャキッチャキッ チャキッ   チャキッチャキッ

       「「「「「「「「「「…………」」」」」」」」」」

マスP「…………」


206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:42:01.04 ID:Z2A0cHqt0

マスM「どうですか? 今のお気分は」

マスP「…こんなに見られて酷く不愉快だ、皮膚の下に何十匹もミミズが這い回っている感覚だな」

マスM「そうですか、私は今最高の気分ですよ」

マスP「……よくこれだけの人間と銃器を集めたものだ」

マスM「知りませんでしたか? 私は人事マネージャー、人を管理するのが仕事」

マスM「金の為なら何も言わずに働く戦士を集める事など容易い事」

マスM「まぁ弟達の力も借りましたが、これならマストレ氏を狙う不届きものを始末するのも楽でしょう」

マスP「…そうか」


207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:44:07.32 ID:Z2A0cHqt0

マスM「さてマスP氏、もうここで手を引いたらどうでしょう。今頃弟達も痛い目に合ってるはず」

マスM「あなたが下がるのであればもう私はあなた達に手を出しませんよ」

マスP「断る」

マスM「……そうですか、なら…仕方がありません」

マスM「構えっ! ……お別れです」

マスP「……………」





マスP「恐縮だが、狙いをマスM氏に定めてくれないだろうか」

   「「「「「「「「「「はい」」」」」」」」」」

   チャキッ  チャキッチャキッ チャキッ チャキッ  チャキッ

 チャキッ チャキッ チャキッ   チャキッ  チャキッチャキッ チャキッ

  チャキッ  チャキッ  チャキッチャキッ チャキッ  チャキッ チャキッ

マスM「…………は?」

マスP「…知らなかったか?」

マスP「プロデューサーはスカウトするのが仕事だ」


208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:47:01.21 ID:Z2A0cHqt0

マスM「…意味が……意味が、分からない」

マスP「………」

マスM「待て…! なにを…何をする気だ!?」

マスP「…構え」

マスM「や、止めてくれ…! 撃たないで! 撃たないでくれ!!」

マスP「撃て!」

マスM「止めろおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!」







マスP「…と、言ったら撃ってくれ、いいな?」

  「「「「「「「「「「はい」」」」」」」」」」

マスM「」チーン

マスP「………それじゃあ、行くか」


209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:49:00.89 ID:Z2A0cHqt0

地下室 監禁部屋

ルキトレ「…ぐすっ……ぐす…」

トレーナー「……どうなってるのかな…」

マストレ「分からん…だが今はベテトレも含め、全員の安全を」

       ドゴォォォォン   ドゴゴオオォォン

トレーナー「……?」

     ドゴオオオオオオオオオオン!!!!!

トレーナーs「!!」


ルキP「おっしゃぁ!! 到着ぅ! やっぱり壁は壊すのに限るな!!」

ルキトレ「ル…ルキPさん!!」

         バゴンッ!!

P「ダクトから失礼!!」シュタッ!

トレーナー「Pさん!」

P「お待たせっ!!」


210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:51:03.00 ID:Z2A0cHqt0

ベテP「おーすおっすおっす」スタター

ベテトレ「皆いるな!」

マストレ「ベテP殿! ベテトレ! と言う事は…!」

マスP「全員到着したな」

マストレ「うわっ!? いつの間に!?」

マスP「ルキPが入って来た辺りだな」

P「そんなこと言ってる場合じゃないだろ、さっさと牢屋開けようぜ!」

ベテトレ「そうだった! 確か牢屋の鍵はマスMが…」

ルキP「ふん゛っ!!」グニャーン!

トレーナーs「えぇ……」


211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:53:00.93 ID:Z2A0cHqt0

P「さぁさ細かい事は気にせずに出た出た!」

ベテP「あとどれくらいだ?」

P「たどり着いたのが13分半ぐらいだからもう時間無いぞ! トレーナーさん失礼!」ヒョイッ!

トレーナー「きゃっ!?」

ルキP「ちょっと骨で痛いかもしれないけど我慢してくれよな!」ヒョイッ!

ルキトレ「きゃあっ!」

ベテP「じゃあベテトレもお姫様抱っこされような~」

ベテトレ「やめっ! うおっ!!」ヒョヒョイッ!

マストレ「……私もか?」

マスP「………」ヒョイッ

マストレ「…この年で……これはちょっと…」

マスP「…それじゃあ、帰るぞ」

3P「はーい」


212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:55:00.16 ID:Z2A0cHqt0

10分後… Pハウス

トレーナーs「………」

P「少し汚れてるけど、自分の家だと思ってリラックスして!」

トレーナー「はは、はい!」

P(あれ…妙に距離を…取られてる…!)

マスP「…とりあえず、ミルクココアをどうぞ…及川牧場で取れる牛乳は美味しいので…」ガチャガチャッ

マストレ「ああ…すまない、頂くよ…」

ルキP(…おかしい、無事に怪我なく救出したのに…)

ベテP(変に、空気が重いな…?)

マストレ「……マスP殿」

マスP「…はい」

マストレ「…君たちが助けてくれて、本当にありがとうとは思っている…」

マストレ「しかし…単刀直入に聞きたい事がある…」

マストレ「君たちは一体…何者なんだ…?」

4P「………?」


213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/21(水) 23:57:02.67 ID:Z2A0cHqt0

ルキP「…何者、と言われても……」

P「皆さんがご存知の通り、プロデューサーをやらせてもらっていますが…」

マストレ「違う違う! 職業を聞いている訳ではない!」

マストレ「金属製の門を紙屑のように吹っ飛ばしたり檻を粘土のように曲げたり、挙句の果てには車よりも早く走りビルも飛び越えていたぞ!!」

ベテトレ「そうだ! ベテPお前銃で撃たれただろ!」

トレーナー「銃!?」

ルキトレ「そ、そういえばベテPさんの服に血…血が…」

ベテP「これ? ああ別に大丈夫だぞ、もうとっくに治ってる。ほれ」ペラン

ベテトレ「……信じられん、血の跡があるのに傷口が無い…」

P「こんな事プロデューサーなら当たり前でしょ? なぁ?」

ルキP・ベテP「なー」

マストレ「君達は一度プロデューサーと言う言葉を辞書で引いたほうがいい」

マスP「Producer:映画・演劇・放送などでの製作責任者」

マストレ「違うそうじゃない」


214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:00:10.17 ID:4ntCGwwA0

P「…ごほん、まぁ冗談はこれくらいにしておいて…自分達の正体…ですか」

マストレ「……そうだ」

P「あー……説明しても大丈夫…だよな? 兄さん」

マスP「……」コクリ

P「…じゃあ言いますね」

トレーナーs「………」ゴクリ

P「私達四兄弟は人間ではありません! ……多分…」

ベテトレ「…多分って…」

P「うっ…しょうがないじゃないですか! これについて詳しそうな両親もすでに他界してるんです!」

P「だからそうですね…自分達は人間によく似た生物、ヒト科ヒト属プロデューサーだと思ってください」

トレーナー「…プロデューサー?」

P「そう、職業名じゃなくて固有名詞」

P「まぁ普通の人との分かりやすい違いと言えば…身体能力だな」


215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:02:03.47 ID:4ntCGwwA0

P「トレーナーさん達が見てたから分かると思いますが、力が凄いです」

ルキP「自分は栄養失調気味でだいぶ力が落ちてたけどな、でもその分手加減しなくて済んだぜ!」

マストレ「あれでだいぶなのか…」

P「あーあれはルキPが脳筋だからです、パワーだけなら自分より高いです」

P「それと自然治癒力とタフネス、ですね」

P「名前の通り怪我の治りも早いし、致命傷が致命傷じゃないです」

ルキP「首の骨が折れようがピンピンと生きてるし」

P「骨が突き出すぐらい鉄柵を拳で殴っても、10分ちょっとで完治」

ベテP「弾丸が貫通しようと心臓が潰れても死なない」

マスP「…それが自分達四兄弟」


216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:04:02.17 ID:4ntCGwwA0

マストレ「……なるほど」

P「後は…超能力とかも使えますよ」

トレーナー「超能力!?」

P「はい、とは言っても自分と弟は全く使えません、兄さん等がまともに使えます、使ってるとこ全く見てないけど」

ベテP「だっておめぇ、使ってもあまり意味ねぇもん」

ベテトレ「…ちなみに、何ができるんだ?」

P「えーと……まぁ大抵の事は出来ると思う…かな」

P「兄弟全員に備わってるのもありますよ、第六感…プロデューサー・センスです」

ベテトレ「プロデューサーセンス…」

ベテP(蘭子みてぇなネーミングだな)

P「プロデューサー・センスは、一目見ただけで相手がアイドルの素質があるかティン! と分かったり」

P「アイドルが遠く離れた場所で危険な目に会っていてもすぐそれに気づくと言うプロデューサーにぴったりな能力です」

P「トレーナーさん達の時も反応しましたよ」

マストレ「…私達はアイドルでは無いんだが」

ルキP「それって自分と親友の人のピンチに反応するんじゃね? 俺そういう事で反応した事あるぞ」

ベテP「相手が男の場合は知らん、前例は無い」


217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:06:04.14 ID:4ntCGwwA0

ルキトレ「………」

ベテP「おっルキトレちゃん、今何でそんな人がプロデューサーやっているんだろうって思っただろ」

ルキトレ「ええ!? いえ私!!」

ベテP「ははは! 安心しな冗談だよ、よっぽどの事じゃない限り心は読まないからな」

ルキトレ「はぇぇ…」

P「ルキトレちゃんじゃ無くてもそんな事考えている人はいるでしょ?」

マストレ「………」

P「超能力の研究をした方がいいと思ってるでしょう…しかし…」

P「なーぜかプロデューサーをやると言う考えしか出てこないんですよ」

マストレ「…それはどういう事だ」

P「小さい頃の夢が宇宙飛行士とか消防士じゃなくて、プロデューサーだったんですよ…4人全員、進路も全くぶれずに…」

P「まるで…生まれた瞬間からプロデューサーをやる事が決まっているような…」

トレーナーs「…………」

P「自分達は本当に謎ですよ、謎。こっちが教えてほしいぐらいです」

P「…これくらいですかね、説明は」


218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:08:21.98 ID:4ntCGwwA0

ルキP「…俺達について話すのはトレーナーさん等が始めてだな」

トレーナー「え…初めて…?」

ベテトレ「他に知っている人はいないのか」

P「ええ、知っちゃった人は大抵周りに言いふらす・悪用しようとする人達でしたから、マスP兄さんが記憶を消してました」

ルキP「兄貴がいなかったら今頃実験動物の檻の中だったろうな…」

マストレ「それじゃあ、もしやマネージャー達も…?」

マスP「そうだな…あまり大事にならないように…曲がってしまった執念も修正しなければ」

ベテP「俺も手伝うぞ、さすがにあの人数は手が焼くだろ」

マスP「…助かる」

P「………やっぱり、怖いですよね」

マストレ「……なに?」


219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:10:10.17 ID:4ntCGwwA0

P「こんな…人の形をした何かが今まで近くにいたなんて…」

ルキP「…兄貴」

P「何ていうか…本当にすいません、でも

トレーナー「何言ってるんですかPさん!」

P「!? トレーナー…さん」

トレーナー「普通じゃないからって何ですか! Pさんは優しい人じゃないですか!」

P「いや…だから人じゃ

トレーナー「もおっ! 何で屁理屈をこねますか! そんなんじゃ嫌いになりますよ!」

P「ええっ!?」

ルキトレ「わたしは嫌いになんかなりませんよ! ルキPさん!」

ルキP「!!」

ベテトレ「人を見かけで判断するのは2流のする事だ、1流は…ちゃんと中身を見る、だから安心しろベテP」

ベテP「……!」

マストレ「…1年間接してきたんだ、お前が人に危害を加えない事など分かっているさ」

マスP「…………」

3バカ「ありがとうございます!!」ゲザー!

マストレ「土下座は止めろ! 土下座は!!」

マスP「………」ゲザー


220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:12:01.30 ID:4ntCGwwA0

ルキP「いやー良かったな!」

ベテP「おうよ! 心配してたのが馬鹿みてぇだ!」

P「…ハッ!? もしかしたら今こそがチャンスじゃ…! 円陣! 円陣組め!」ゴニョゴニョゴニョ

ルキP「円陣って何する気…はっ! 今やるのか!?」

ベテP「ちょっと急すぎるんじゃ…」

P「ここでやらずにいつやる!!」

マスP「……玉砕」

トレーナーs「……?」


P「一年前のあの日からずっと好きでした!!」

ルキP「好きです!! お付き合いをお願いします!!!」

ベテP「ベテトレ! お前が好きだ!! 付き合ってくれ!!」

マスP「あなたの全てが好きです」

トレーナーs「えっ!?」


221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:14:08.86 ID:4ntCGwwA0

トレーナー「えっ、ちょっ、待って! そんないきなり!」

P「トレーナーさんさっき言ったじゃないですかぁ!! そんなんじゃ嫌いになりますよって! つまり今は好きなんですよね!?」

トレーナー「え…えっと、その…」

P「お願いしまぁぁぁす!!!!」ゲザー!


ルキトレ「わ、わたしで…良いんですか…?」

ルキP「何言ってんだぁ!! お前の事が大好きなんだよ!! 好きだ!! 好きだ!!! 大好きだぁぁぁぁ!!!!」

ルキトレ「あっあぅぅ…!」


ベテトレ「本気なのか…?」

ベテP「当たり前じゃねぇか…、この眼を見てくれ、生まれてきて一番大真面目な眼だぞ…!」

ベテトレ「う…っ、そうか……なら! お前が酒を慎むなら! か、考えてやらん事も」

ベテP「はい禁酒した!!! 酒なんて糞喰らえだ!!」ガシャーン!

ベテトレ「早っ!!」


マスP「I love you……Until the death do us part…」

マストレ「おい…」

P「2番目でもいいから!! 2番目でもいいから!!」

ルキP「世界でいちばぁぁん!!! ルキトレの事が好きだぁぁぁぁぁ!!!!!」

ベテP「酵母菌なんて絶滅すればいい!!」

マスP「I think I like you more than you think…」

マストレ「落ち着け!!」

    ゴン!! ゴン!! ゴン!! ゴン!!


222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:16:01.00 ID:4ntCGwwA0

マストレ「はぁ…はぁ…落ち着いたか…?」

ルキP「オレはショウキにモドッタ」

P「人として言ってはならんことを言って大変申し訳ございません」

ベテP「第二の誰得ヤンデレ兄弟が出来る所だった…」

マスP「タンコブが…」


ルキトレ「ルキPさん…えっと、えっと…その…」

ルキトレ「わたしも…ルキPさんの事が…好きです…!」

ルキP「……!!! やややややややっやった

P「近所迷惑!!」ゴキッ!

ルキP「はうっ!?」


トレーナー「…Pさん」

P「!! …………」ドックンドックンドックンドックン

トレーナー「こちらこそ、よろしくお願いします」

P「……シャッ! シャァッ!!」グッ! グッ!


223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:18:05.09 ID:4ntCGwwA0

ベテトレ「酒は…控えるんだな?」

ベテP「もう一生酒は飲まねぇよ」

ベテトレ「そこまでしなくていい…それと付き合ったとしても、仕事の方も」

ベテP「うおぉぉ!! 天使がここにいたぞおおぉぉ!!」ダダー!

ベテトレ「こっちに来るな!」


マストレ「…まさか一日に二度も告白される日が来ようとはな…」

マスP「……申し訳ない」

マストレ「…マスP殿、私はそういう腰が引けているのは好きじゃない」

マスP「…………」

マストレ「この世の全てに絶望したような顔もだ」

マストレ「…あー…、夫になるかもしれん人間がこのようでは…私も胸を張れないからな?」

マスP「!! …はい」


224: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:20:00.64 ID:4ntCGwwA0

P「イェェイ! 全員告白大成功!! これはもうルキPを胴上げするしかねぇな!」

ベテP「おうよ!!」

ルキP「ワッフゥゥゥ!!」

     ワッショイ!!  ベゴォ!!  アッ…


ルキトレ「えへへ…」

ベテトレ「絶対に…忘れられない一日になってしまったな」

マストレ「ああ、良い相手が見つかってよかったな、ベテトレ」

ベテトレ「姉さんもな」

トレーナー「…ありがとう、Pさん」


ルキP「そ、それじゃあ早速電話番号の交換を!!」

P「メル友に…! いやメル恋人か!?」

ベテP「ポケベルの番号交換を」

マスP「交換日記から…」

マストレ「最後の最後まで…一歩引いているなお前達…」

こうして、自分達の初恋物語は幕を降ろした


225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:22:01.61 ID:4ntCGwwA0

Pハウス 屋根上

ルキP「はぐ…んぐ…フゴフゴ……」ガツガツムシャムシャ

P「ようルキP、食欲は戻ったみたいだな、ほれ大根」ブンッ

ルキP「ん、告白が終わった瞬間今まで家出してたのか食欲が戻ってきたわ、今なら瓦も食えそう」ボリボリボリ

P「そりゃ良かった、トレーナーさん達はタクシーに乗って帰ったからな」

ルキP「知ってる、ここから見えた。……なぁ兄貴」

P「ん? どうした」

ルキP「…これで、本当に良かったのかな」

P「…と言うと?」

ルキP「マネージャーの兄弟達も…本当に好きだったんだろ? …何か、あいつ等をダシにしてる感じで申し訳ないんだよ…」

P「…………」

P「良く言った!!」

ルキP「へっ?」



226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:24:08.29 ID:4ntCGwwA0

ルキP「良く言ったって…どゆ事だよ…」

P「いやーあのな、お前ルキトレちゃんと仲良くするなと言った時は拒絶して、助けた時は今のように本当に良かったのか自問自答しただろ」

ルキP「もっと分かりやすくプリーズ」

P「プロデューサーってのはな、年を取る毎に酷く合理的に、割り切りやすくなるらしくてな?」

P「こうやって人間らしく効率的な考えをしないのはすげぇ良い事なんだよ」

P「だからお前はその考えを忘れずに成長しろ。…自分みたいになるなよ」

ルキP「…おう、何となく心で理解した」

P「それで良し。今回の事件を説明すると、幼少期から望む物は何でも手に入れた事により、忍耐力が低くなったマネージャー兄弟が全く思い通りにならない思い人をどんな手段を使おうとも手に入れようとした事件、ってマスP兄さんから聞いた」

P「つまり好きな人の為なら犯罪にだって手を染めてやる! の駄目バージョンの訳だ、これでいいんだよこれで!」

ルキP「でも…」

P「全てがスッキリして万々歳な事なんて滅多に無い、そういうのはルキPが高校時代の時に拓海がヤクザに誘拐された時ぐらいじゃないか?」

ルキP「あぁあれか…目玉に穴空いたり失血死しかけたり、大変だったな…」

P「もうこれ以上考えるのは止めとけ! 過去に戻れるのはマスP兄さんだけ! はいお終い!」

ルキP「…分かったよ、そういう大人になるぜ…俺」


227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:26:04.52 ID:4ntCGwwA0

ベテP「おーう月は出てるかー? 祝杯あげるぞお前等ー」

P「兄さん酒飲みすぎ! ベテトレさんから慎むよう言われてたろ!」

ベテP「明日から慎む!! 今日は特別な日だからよぉ!」

ルキP「確かに今日ぐらいは飲もうぜ、今ならビールも美味く飲めそうだ!」

マスP「マネージャー4人、警察、使用人その他…今夜は徹夜だな…」

ベテP「そんな面倒な話は忘れて! 今は飲む事だけを考えようぜ! 誰が音頭取る!」

P「じゃあ自分が取ってやるよ! 3人とも開けてー!」プシュッ!

ルキP「合点!」プシュッ!

ベテP「へへっ」プシュッ!

マスP「…ふっ」プシュッ!

P「それではー! トレーナーさん達の救助とぉ! 全員の恋愛成就を祝ってー!!」





         「かんぱーい!!!」


228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:28:08.62 ID:4ntCGwwA0

翌朝

「いよーし! 出発の準備は出来てるなー!」

プロデューサー、それは夢見る者をトップアイドルに育て上げる事

「バッチシだ! もうすっかり栄養補給したぜ!」

「冷蔵庫の中全部食いやがって…白飯と酒しか食えなかったぞ…」

「…朝から酒を取るな」

プロデューサー、それはたった一度しか無い人生を自分へと預けてくれた人間を自分の子のように愛でる事

「スーツ良し! 顔良し! バッグ良し! それじゃあ」

つい先日自分に彼女が出来ましたがまだスタート地点に立っただけ

これから先どんな困難が待ち受けているのか…

しかし自分達四兄弟なら絶対に挫けないだろう!

「今日も元気に! 出社だ!」

        ガチャンッ

俺達のプロデューサー人生は、まだまだこれからだ!!

                         完


230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:29:35.52 ID:4ntCGwwA0

後日談やらマスP兄さんメインのシークレットなストーリーも書きたかったけど尺の都合でカット
トレーナーさんのSS増えてくださいお願いします
こんなチラ裏に書くようなSSを見てくださり本当にありがとうございます
それではお疲れ様でした


233: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:34:42.91 ID:hKeFNsPa0

乙です。ギャグもシリアスも面白かった。
人外4兄弟というと創竜伝思い出すな


234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 00:35:46.75 ID:faSll3Bbo

俺たちは「プロデューサー」という生き物なんだ…


235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 01:03:06.61 ID:NYpt1yZZo

乙乙!
プロデューサーって凄い。


引用元: モバP「我ら! プロデューサー四兄弟!!」