1: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:39:25.41 ID:Cy0WKSlr0

アナスタシア「ミーニャ ザヴート アーニャ。アーニャは、ええと……ニックネームよ。私はアーニャ……アナスタシアですニャ」
no title

みく「……」
45113156

アナスタシア「アーニャ トテーモ マタタビスキー。アーニヤは、ええと……かわいいは、ニャれていません……プロデューサー」

みく「……」

高峯のあ「気まぐれ……猫のようニャ、ね」
no title

みく「……」

のあ「…………………………………………………………………にゃん」

みく「……Pチャン。いいにゃ、プロデューサー。ちょっといいかにゃ?」




3: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:49:44.02 ID:Cy0WKSlr0

P「ん? なんだ、みく」

みく「最近、ちょっと事務所に猫キャラが多すぎじゃないかにゃ?」

P「そうか?」

みく「このままじゃ、みく……猫アイドルとしてのアイディンティティがクライシスにゃ!」

P「そうか?」

みく「そうにゃ! プロデューサーはみくを干すつもりなのかにゃ!!」

P「みく、心配するな。アーニャとのあは、みくとユニットを組むからこその猫キャラだ」

みく「……ほんとかにゃ?」

P「ああ。これ以上、事務所では猫キャラアイドルは増やさない。約束だ」

みく「みく、嬉しいにゃ! Pチャンを信じてこれからもがんばるにゃ」

P「ああ。頼むぞ!」


5: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:51:07.88 ID:Cy0WKSlr0

塩見周子「Pさん、シューコにお仕事きたんだってー!?」
no title

P「おお。周子が献血するのが好きだってことで、献血のポスターを撮るぞ。献血のキャンペーンガールだ」

周子「やったね、あれって病院とかでは必ず貼られるからねー。シューコうれしーよ」

P「ああ、しかもピンの仕事だからな」

周子「ニャったー!」

みく「!?」ピクッ

P「じゃあ早速、行こうか」

周子「はーい! シューコまっしぐら。へへっ」

みく「ちょ、ちょっと待つニャ」


6: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:52:48.83 ID:Cy0WKSlr0

周子「ん? なにー? みくちゃん」

みく「今、さりげなくみくのアイディンティティーを奪取しようとしなかったニャ?」

周子「ニャんのこと? シューコ、みくちゃんからなんか取ったりしないよ?」

みく「それにゃ! 今、ニャんのことって言ったにゃ!! Pチャンも聞いたにゃ?」

P「え? そうだったか?」

みく「そうにゃ!!」

周子「そんニャことないよねー? Pさん」

P「……ん?」


7: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:54:22.71 ID:Cy0WKSlr0

みく「ほ、ほらまた! み、みんなしてみくの事を……みくの猫キャラを……」

周子「気のせいだよー。ね、Pさんもそう思うでしょ?」

P「いや、周子? 確かに今……」

凛「プロデューサー」
no title

P「あ? ああ、凛。おはよう」

凛「うん。これから周子とお仕事?」

周子「これからねー。シューコ献血のポスター撮るんニャよー」

みく「ほ、ほら、また! り、凛チャンも聞いたにゃ!?」

凛「え?」

みく「え? じゃないにゃ! 今、周子さんがニャってつけて喋ってたにゃ!!」

凛「そうだったかにゃ?」

みく「そうにゃ!! ……え?」


8: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:56:10.50 ID:Cy0WKSlr0

P「!?」

凛「そうは聞こえにゃかったよ。ねえ、プロデューサー」

P「……凛?」

バタン

凛「あ、智香。おはよう」

若林智香「フーッ!」
no title

みく「……」

P「……」

凛「どうしたの、智香? ちょっと機嫌悪いのかにゃ?」

智香「フーッ! フーーーッッッ!!!」

バッ


9: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:57:33.37 ID:Cy0WKSlr0

P「うわっ! ちょ、な、なんだ智香!?」

智香「フーッ! フーッ! フーッ!」

P「ちょ、なんで腋を俺の顔に押しつけ……」モガモガ

智香「フウーーーッッッ!!!」

みく「もしかしてこれは……マーキングかにゃ?」

凛「みたいだね。珍しく智香、積極的だにゃあ」

みく「ちょっとPチャン! デレデレしてないで、ちょっとこっちにくるにゃ!」

P「デレデレなんて……ちょっと智香。待っててくれ」ナデナデ

智香「フー」ゴロゴロ

みく「どういうことにゃ!? さっきと話が違うにゃ!!」

P「いや、俺に言われても……しかしなにかおかしな事がおこってるのは間違いないな。よし、こういう時は……」

みく「?」


10: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:59:22.20 ID:Cy0WKSlr0

池袋晶葉「別に私は超常現象の専門家ではないぞ」
no title

P「そう言わずに調べてみてくれ。この、アイドル猫化現象の原因を」

安部菜々「ニャハっ☆ ラブリーじゅうニャニャ歳!」
no title

北条加蓮「大丈夫、あニャたの育てたニャイドルだよ」
no title

成宮由愛「Pにゃん、頑張ったのでご褒美……にゃでてください」
no title

森久保乃々「私にアイドル頑張れとか、敵の猫ちゃんに鰹節を送るレベルですよ」
no title

凛「プロデューサー、本当は私、少しだけフレーメン反応してるんだ」


晶葉「……なんだこれは」

P「わからないから、晶葉に調べて欲しいんだ。頼れるのは晶葉だけなんだ」


11: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:00:43.70 ID:Cy0WKSlr0

晶葉「確かにこれは、放ってはおけない事態のようだ」

ゴソゴソ

みく「晶葉ちゃん、それなにかにゃ?」

晶葉「防護服だ。未知のウイルスが原因とも考えられるからな。さあ、2人もこれを」

P「あ、ああ」

みく「防護服ってなんかもにょもにょしいにゃ」

周子「え? 呉服!?」

P「違うからな、周子」


12: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:01:28.24 ID:Cy0WKSlr0

晶葉「こ……これは!?」

P「わかったのか? 原因が」

晶葉「うむ。やはりウイルスだ。今、電子顕微鏡の画像をディスプレイに出す」

みく「それって、みくが見てわかるものなのかにゃ?」

晶葉「それが……これを見てくれ」

みく「……にゃにこれ?」

P「なんか可愛い猫の顔のマークが……」

晶葉「これがウイルスだ」

P「え? この莉嘉が書いたイラストみたいな可愛いのが?」

晶葉「確かに通常では考えられない形状だ……しかも……見たまえ」

みく「え? なんかこれ、どんどん増えてにゃい?」


13: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:03:08.20 ID:Cy0WKSlr0

晶葉「そうだ。細胞をどんどん自身と同じ形状に変えていってる……これが猫化につながってるらしい」

P「細胞レベルで猫に!?」

晶葉「そうだ。早くなんとかしなければ、このままでは……」

P「このままでは?」

晶葉「まだ感染していないアイドルも、全員が猫になってしまう……にゃあ!」

みく「え?」

P「え?」

晶葉「あにゃ? 真っ先に私かにゃ?」

P「し、しっかりしてくれ! 晶葉!! 晶葉だけが頼りなんだよ!!!」

晶葉「わ、わかっている! 2人は他のニャイドルを頼む。私は対処方法をにゃんとかする」

P「わ、わかった。行くぞ、みく」

みく「了解にゃ!」


14: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:10:23.05 ID:Cy0WKSlr0

向井拓海「んだとぉ! またPが水着グラビアの仕事をさせようとしてるだってえ!?」

小関麗奈「そうなのよッ!」

no title


P「……拓海、麗奈にだまされるな」

みく「また麗奈チャンにだまされてるのにゃ」


16: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:20:45.60 ID:Cy0WKSlr0

みく「あ、あそこにいるのは……」

P「春菜だな。猫になってても、すぐわかる」

春菜「どうしてですか? あ、やっぱり私の芸能人オーラですね!」

P「……あ、ああ」

no title



18: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:30:47.40 ID:Cy0WKSlr0

柊志乃「あら、どうしたのかしら?」

P「……志乃さん、ですよね? その姿でも飲むんですね」

志乃「ええ。私の愛するものですからね」

P「ほどほどにしてくださいよ。猫の姿なんですから、どんな酔い方になるかわからないんですから」

志乃「だ、そうよ。早苗さん」

P「え?」

no title



20: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:36:54.16 ID:Cy0WKSlr0

片桐早苗「え? 飲んじゃダメなの?」

P「控えてください早苗さん!」

早苗「大丈夫よぉ。これ、猫用だから」

P「……こんなのあるのか。ともかく今は飲まないでください!」

早苗「えー」プンスカ

no title



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 18:39:46.99 ID:eZSPux/bo

いつものアイデンティティクライシスかと思ったらすごいことなってるwww


22: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:41:01.13 ID:Cy0WKSlr0

丹羽仁美「みくちゃん、見て見てー!」

みく「あ、仁美ちゃん……だよにゃ?」

仁美「ついに私、真剣白刃取りをマスターしちゃったわけよ!」

みく「え? それはすごいにゃ!」

仁美「うふふー。ちょっと見てってよ。披露しちゃうから」

みく「見たいにゃ! 見たいにゃ!」

仁美「じゃあ珠ちゃん、思いっきり振り下ろしてね」

脇山珠美「は、はい。いきますよ……えいっ!」

no title



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 18:43:22.65 ID:Cntja4fUo

できてねーよわろた


24: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:46:23.98 ID:Cy0WKSlr0

大和亜季「プロデューサー殿、異常はありませんか?」

P「亜季……だよな? なにやってるんだ?」

亜季「それが、先ほどから何やら怪しげな気配を感じているのであります」

P「怪しげな気配?」

亜季「不穏な視線と言い換えてもいいかもしれません。サー!」

P「そうか。だが今はその体だ、いざとなったらすぐ逃げるんだぞ」

亜季「わかりました! プロデューサー殿もご武運を」

no title



26: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:49:24.29 ID:Cy0WKSlr0

P「不穏な視線……か、いったいなんなんだろうな?」


佐久間まゆ「Pさぁん。うふ、うふふ、うふふふふふふ……」

no title



27: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 18:54:16.26 ID:Cy0WKSlr0

土屋亜子「うひゃひゃひゃひゃ~」

P「その笑い声は、亜子だな?」

亜子「この黄金の輝き、たまらんなぁ~。あ~ずっとこうしていたい~」

P「……まあ、大人しくしていてくれるならいいか」

no title



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 18:55:17.99 ID:ePdQuP15o

これが…ねこにこばん…!


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 18:56:48.57 ID:Cntja4fUo

○こに小判


32: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:01:09.84 ID:Cy0WKSlr0

中野有香「押忍! あ、プロデューサーさん」

P「有香か。ううむ、意外とみんな猫になっても誰だかわかるな」

有香「気をつけてください、さっき野良犬がいたって智香ちゃんが言ってたんです」

P「え? それじゃあ有香こそ気をつけるんだぞ。今は猫の体なんだから、犬なんかに襲われたらひとたまりもないだろ」

有香「! プロデューサーさん、あぶない!!!」

P「え?」

no title



33: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:02:00.03 ID:Cy0WKSlr0

no title



34: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:09:34.42 ID:Cy0WKSlr0

P「す、すごいな有香」

有香「えへへっ。さあ、ここは私に任せて先に行ってください」

P「助かる。ありがとうな、有香」

有香「はいっ!」

no title



35: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:14:09.78 ID:Cy0WKSlr0

智香「はい、ワンツー、ワンツー」

島村卯月「ワンツー、ワンツー」

P「猫になってもダンスレッスンとは……自分の担当アイドルながら、ちょっと嬉しくなってくるな」

卯月「あ、プロデューサーさん」

智香「さっきは……その、すみませんでした////」

P「さっき? あ、ああ、いや……う、嬉しかったぞ」

智香「はい////」

no title



38: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:17:14.81 ID:Cy0WKSlr0

卯月「? 私たち、レッスンがんばってます!」

P「ああ。だが今は、無理をするなよ。元に戻れるよう、晶葉ががんばってるし」

智香「でもプロデューサーさんっ、この身体だとアタシすごい身軽なんですよっ☆」

P「すごいな。しかし本当に無理をするなよ」

卯月「はいっ!」

ukSZkPF


40: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:21:44.52 ID:Cy0WKSlr0

及川雫「もー! 牛さんじゃなくて猫さんになっちゃいましたー」

P「雫か。大丈夫か?」

雫「はいー。でも私、どうすればいいんでしょうかー?」

P「晶葉が今、元に戻れるようがんばってる。それまで耐えてくれ」

雫「わかりましたー。待ってますねー」

no title



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 19:27:16.13 ID:hOBQBLCRo

猫の画像でいちいち笑いたくなるwwww
よくこんなに猫のネタ画像集めたな


44: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:29:36.56 ID:Cy0WKSlr0

諸星きらり「にょわー! Pちゃん、助けて欲しいにぃ~!」

P「どうした!? きら……」

きらり「たすけて! おこしてほしいにぃ」

P「いや……ちょっとそれは、無理かな」

きらり「にょわ~ん!!!」

no title



45: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:32:48.64 ID:Cy0WKSlr0

浜口あやめ「プロデューサーさーん!」

P「ん? その声はあやめだな」

あやめ「ふふふふふ。私がどこにいるか、わかりますか!?」

P「……ここだろ」

あやめ「あれー」

no title



46: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:35:14.34 ID:Cy0WKSlr0

あやめ「どうしてわかったんですか?」

P「いや、みえみえだったから」

あやめ「がーん。でも、今のはほんの小手調べ。ここからが忍法……擬態の術」ニンッ

P「……ここだろ」

あやめ「あれー?」

no title



47: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:39:13.59 ID:Cy0WKSlr0

三村かな子「きゃーっ!」

P「この声はかな子か、どうした!?」

かな子「おなかが空いちゃって……ペヤング作ろうとしたら……」

P「……かな子、せめて普通サイズにしような」

かな子「……はい」

no title



48: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:42:56.20 ID:Cy0WKSlr0

みく「Pチャン、大変にゃ!」

P「どうした、みく」

みく「のあにゃんが、暴走しちゃってるのにゃ!」

P「暴走?」

no title



49: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:47:35.21 ID:Cy0WKSlr0

みく「Pチャンなんとかするにゃ!」

P「あ、あんなの止められるか!」

木場真奈美「騒がしいな……ん? あれは」

高橋礼子「あら、プロデューサー。困っているようね」

真奈美「仕方ない。力を貸すか」

礼子「そうね。あの暴走したのあちゃんを止められるのは、私たちだけみたいですものね」

no title



50: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:50:55.13 ID:Cy0WKSlr0

菜々「あ~清良さん。そこです、そこぉ~」

聖清良「ずいぶんとこってますね。菜々さん」

no title



52: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:53:12.26 ID:Cy0WKSlr0

鷺沢文香「この場面の文章表現……すばらしいと思います」

no title



53: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 19:57:56.06 ID:Cy0WKSlr0

高垣楓「これって、どうすれば色がそろうのかしら……」

no title



54: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:01:42.54 ID:Cy0WKSlr0

三船美優「雨がふったから……あの子の事を思い出して、こんなに濡れちゃったわ……シャワー浴びないと」

no title



55: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:07:58.26 ID:Cy0WKSlr0

輿水幸子「ふう……やっぱりボクはカワイイですね」

no title



57: >>56そうですすみません ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:10:45.00 ID:Cy0WKSlr0

P「お、ケータイが……晶葉か?」

晶葉「うむ。ついに抗体ワクチンが完成した。すぐに戻ってきてくれ」

P「わかった。いくぞ、みく」

みく「がってんしょうちなのにゃ」

no title



59: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:19:20.45 ID:Cy0WKSlr0

原田美世「乗ってくださいプロデューサー!」

P「もしかして美世か? ありがたい、助かる」

みく「大急ぎで、晶葉チャンの所に戻って欲しいにゃ!」

美世「はいっ!」

no title



60: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:20:26.49 ID:Cy0WKSlr0

ブロロン! ブロロン!

no title




62: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:23:51.95 ID:Cy0WKSlr0

みく「いや~一時はどうなることかと思ったにゃ」

P「晶葉がいなかったら、あのままみんな猫だったな」

晶葉「うむ。しかしこの頭脳をみんなの役に立てられて、本当に良かった」

みく「美世さんもありがとうにゃ!」

美世「ふふふっ。猫の姿で制限速度ギリギリで走るのも、ちょっと楽しかったわ」

智香「めでたしめでたしですねっ☆」


no title



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 20:26:49.67 ID:HnrMMf26o

なんで爆破オチなんだよwwwwww


65: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:29:27.03 ID:Cy0WKSlr0

以上で終わりです。

なんとなく猫画像で特に意味もなく楽しみたくてやったんですが、初めてくぅ疲を実感。
でも面白かったです。
おつきあいいただいた方、ごめんなさい。ありがとうございました。

そしてなにより画像先輩、膨大な画像を本当に申し訳ありません。
ありがとうございました。

no title



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 20:31:17.95 ID:pQHA1LW30


そのチャレンジ精神と猫画像を集めた根気に拍手


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 20:32:02.93 ID:R59VtYm8o

おつ
またネコがこの世界で一番かわいいことが証明されてしまったか…


69: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 20:37:36.50 ID:Cy0WKSlr0

実は使えそうと思いながらも使わなかった画像もかなりあり、また猫以外も色々とあるのですが、今後この画像たちは使われることなくパソのこやしになっていくんだろうなあ。
と、ちょっと黄昏てみたり。

no title



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 22:19:40.83 ID:vVlZekuJ0

何て言うかもうね……
語彙不足で上手く言えないけどすっごく楽しかった


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 00:07:25.13 ID:vQHNrs3ao

猫画像はありがたく保存させて頂きました


引用元: 前川みく「事務所が猫キャラだらけでみくの存在感がヤバいニャ!」