1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:32:52.56 ID:j/XIZP4f0

泰葉「ヤスミンは……ちょっと……」

P「」

菜々「」

4cba2d26no title



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:34:55.42 ID:j/XIZP4f0

P「どうしたんだ泰葉、これからはいろんな仕事に挑戦した言っていってたじゃないか!!」

菜々「そうですよ!!この前は菜々みたいになりたいって言ってくれたじゃないですか!!」

泰葉「確かに言いましたけど……それとこれとは別というか……」

泰葉「それに、菜々さんみたいになりたいってのはヤスミンがやりたいってわけじゃ……」

菜々「ひどいです、泰葉ちゃん!!菜々の気持ちを弄んだんですね?うぅ……しくしく」チラッ

P「ほらっ、泰葉!!泰葉がそんなこというから菜々さん泣いちゃったじゃないか!!」チラッ

泰葉(めんどくさいなぁ、この人たち……)


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:36:39.15 ID:j/XIZP4f0

泰葉「それで?どんなお仕事なんですか?」

P「おっ?やってくれるのか?」

泰葉「それは分かりませんけど、とりあえず話だけは聞いてみようかと……」

菜々「それなら菜々が説明しましょう!!」

菜々「今回泰葉ちゃんには、ヤスミンとして菜々主催のウサミンライブに出てもらいます!!」

菜々「このライブはウサミン星の人口増加のための大切なライブなんですよぉ?」

P「今はまだ準備段階で、ライブのゲストを探しているところなんだ」

P「それと、ライブ衣装の試作品がさっき届いたところで……」

???「あの……」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:38:07.97 ID:j/XIZP4f0

P「おぉ、森久保。着替えてきたか」

菜々「わぁ、乃々ちゃん!!すっごくかわいいです!!」

乃々「あの……事務所に来て、仕事の話をするだけって聞いてたんですけど……」
12008305

乃々「こんな服を着せられるなんて……聞いてないんですけど……」

P「そんなこと言うな、森久保。よく似合ってるぞ?」

乃々「この服恥ずかしいんですけど……脱いでいいですか?」

P「ダメだ」

乃々「えっ?あのっ……うぅ……」

泰葉(……恥ずかしいなら、初めから着なきゃよかったんじゃないかな……)


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:41:43.02 ID:j/XIZP4f0

P「森久保も来たことだし、ライブの話に戻るぞ?」

乃々「えっ?ライブ?」

P「今回のライブは収容人数三万人規模のライブを予定しいる」

乃々「聞いてないんですけど……」

P「今回のライブが成功すれば、第二弾、第三弾ということも考えている」

乃々「心折れるんですけど……」

P「それに、ライブが成功すれば個人での活動も増えるだろうな」

乃々「あの……その……」

乃々「むーりぃー」ダッ タッタッタッ

P「あっ!!森久保!!逃げるな!!」

菜々「乃々ちゃん!!」

泰葉(…………)



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:44:18.79 ID:j/XIZP4f0

P「ほらっ!!ドアを開けてくれ!!森久保!!」

菜々「お願いです乃々ちゃん、出てきてください」

乃々「もうアイドル辞めます……。もりくぼはトイレの中でも生きていけるのでお構いなく……」

P「そういう問題じゃないだろ!!森久保!!」

泰葉(はぁ……)

泰葉「あの……二人で話をさせてもらえませんか?」

P「えっ?」

泰葉「だから……乃々と二人で話をさせてくれませんか?」

P「でも……」

菜々「分かりました!!泰葉ちゃんにお任せします!!さっ、プロデューサーさん。向こうに行って待ってましょう!!」

P「えっ?あ、あぁ……」

乃々(…………)


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:46:54.12 ID:j/XIZP4f0

泰葉「ねぇ、乃々?」

泰葉「知ってると思うけど、私、小さいころから仕事してたんだ」

泰葉「そのときもね?好きな仕事ばっかりじゃなかった」

泰葉「むしろ、嫌な仕事のほうが多かったかな……」

泰葉「でもね?あの頃の私は……仕事が嫌だなんて言えなかった」

泰葉「仕事をするのが当たり前だと思ってたし、周りに迷惑もかけたくなっかたから……」

泰葉「嫌だなんていったら、みんなに嫌われちゃうと思ってたから……」

泰葉「だから、嫌なことでも自分が我慢すればそれでいいって思ってた」

泰葉「自分が我慢すればみんな上手く行くんだからって……」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:49:42.05 ID:j/XIZP4f0

泰葉「でも、アイドルになって、それが間違ってるって分かったの」

泰葉「我慢して、無理をして仕事をしてもみんなを楽しませることはできないって」

泰葉「みんなを楽しませるには、まず自分が楽しまなきゃいけないって」

泰葉「アイドルになって、みんなに教えてもらったの……」

泰葉「だからね?嫌なことを嫌って言うのは悪いことじゃないと思うの」

泰葉「素直に嫌って言える乃々が、ちょっぴり羨ましいかな?」


泰葉「……でもね?」


泰葉「アイドルは……辞めて欲しくないんだ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:52:32.30 ID:j/XIZP4f0

泰葉「私ね?アイドルってねみんなから元気をもらえる仕事だと思うの」

泰葉「ファンのみんなやアイドルのみんな、ちひろさんやプロデューサーさん」

泰葉「いろんな人から元気をもらえるの」

泰葉「それでね?アイドルって言うのは、そのみんなに元気を与えられる仕事だと思うの」

泰葉「みんなから元気をもらって、みんなに元気をあげられる。みんなが笑顔になれるの」

泰葉「それって素敵なことだと思わない?」

泰葉「乃々だって、みんなから元気をもらえるし、みんなを元気にできる」

泰葉「もちろん私だって、乃々から元気をもらってるんだよ?」

泰葉「だからね?乃々」

泰葉「アイドルは続けて欲しいの」

泰葉「楽しいことばかりじゃないかもしれない。辛い時もあるかもしれない」

泰葉「それでもいつか、みんなで笑顔になれると思うから……ね?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:55:07.68 ID:j/XIZP4f0

泰葉「私の話はこれでおしまい」

泰葉「ごめんね?二人で話すなんて言っておいて、勝手に一人で話しちゃって」

泰葉「それじゃあ、私は向こうで待ってるから……」

乃々「あの……」

泰葉「ん?」


乃々「…………ちょっとだけなら……頑張ってみますけど……」


泰葉「……うん、そっか。それじゃあ、一緒に行こっか?」

乃々「……はい」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 19:58:25.29 ID:j/XIZP4f0

P「おぉ、出てきたのか!!偉いぞっ、森久保!!」

菜々「乃々ちゃん、出てきてくれたんですね!!心配したんですよぉ!!」

P「あー、森久保。その……なんだ、そんなに嫌だったら……今回話はなしにしてもいいぞ?」

乃々「あの……その……」

乃々「ちょっとだけ……」

乃々「ちょっとだけなら……出てもいいですけど……」

P「本当か!!森久保!!」

菜々「ありがとう!!乃々ちゃん!!」ギュー

乃々「あ……うぅ……」

泰葉「ふふっ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:02:05.22 ID:j/XIZP4f0

P「あぁ、泰葉。森久保を説得してくれてありがとう」

P「泰葉も……嫌だったら、この仕事断ってもいいんだぞ?」


泰葉「いえ……出ますよ」

泰葉「人にやるように言っておいて、自分がやらない訳にはいかないじゃないですか」

P「泰葉……」

菜々「やりましたね!!プロデューサーさん!!これでライブも成功間違いなしです!!」

P「ああ!!俺も気合を入れてがんばらないとな!!!」


泰葉(…………)

泰葉(……あぁ……そっか)

泰葉(私に元気をくれる人が……こんな近くにもいるんだね……)

泰葉(こんな私でも……みんなを笑顔にできたらいいな……)



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:04:44.92 ID:j/XIZP4f0

~後日~

泰葉(あれからいろいろあったけど、何とかライブは終了した)


泰葉(乃々は、ライブまでに5回、ライブ当日に3回逃げ出そうとした)

泰葉(回を追うごとに、プロデューサーは乃々を捕まえるのが上手くなっていった)

泰葉(そんなこともあったけど、最後はちゃんとライブに出たから、乃々としてはがんばったよね?)


泰葉(あのライブで菜々さんは、ほかの誰よりも輝いてた)

泰葉(私もいつか、あんな風になれたらいいな……)

泰葉(ただ……ライブの次の日、プロデューサーに湿布を張ってもらう菜々さんの姿は……印象的だった……)


泰葉(あのライブで私は……)

泰葉(私は……)


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:08:37.83 ID:j/XIZP4f0

泰葉「あの、プロデューサー。変なこと聞いてもいいですか?」

P「ん?何だ?泰葉。勉強のことならほかをあたったほうがいいと思うが……」

泰葉「そうじゃないです。この前のライブのことなんですけど……」

P「あぁ、あのライブは大成功だったな。あのライブがどうした?」


泰葉「あのライブで私……みんなを笑顔にできましたかね」


P「何言ってるんだ泰葉」


P「当たり前だろ?お前はアイドルなんだから」


泰葉「私は……アイドルだから?」

泰葉「そっか、そうですね。すいません変なこと聞いて」


泰葉(私は……アイドルだから)



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:11:27.92 ID:j/XIZP4f0

P「ところで泰葉、ちょっといいか?」

泰葉「はい、何でしょう?」

P「次の仕事のことなんだが……」


P「やすにゃん……やってみないか?」



泰葉「やすにゃん……ですか?」



泰葉「やすにゃんは……ちょっと……」

P「」

みく「」

no title

おわり


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:15:27.00 ID:j/XIZP4f0

結局何が言いたかったっていうと

明日は泰葉ちゃんの誕生日だからみんなでお祝いしてあげてね


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:17:32.98 ID:GXZIIWe1o

おっつし
次はヤスミン2と3だね


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:31:35.55 ID:fZrMOE+C0

引っこ抜か~れてー戦~ってー食べ~られてー・・・先輩を当て嵌めたらゴメンナサイしたくなってきた。


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 20:40:44.32 ID:WrlyZiPD0

完全にピクミン系列かと・・・



引用元: 岡崎泰葉「ヤスミン……ですか?」