1: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 16:46:53.28 ID:v8hL3Ryeo

P「……ちょっと似過ぎでしょ」カタカタ

ちひろ「ふふっ、ありがとうございます」カタカタ

P「それで、どうでしょう?」カタカタ

ちひろ「勿論OKですよ」カタカタ

P「よし」カタカタ

ちひろ「……そういえば今日はCoお姉さま方が暇してるんじゃないですか?」カタカタ

P「誘いませんよ。相手はアイドルですし」カタカタ

P「男とサシ飲みするのは抵抗ありますか?」カタカタ

ちひろ「試したんですよ。プロデューサーさんの目的を」カタカタ

P「ちひろさんとサシ飲み希望です。裏なんてありませんからね」カタカタ



2: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 16:54:58.64 ID:v8hL3Ryeo

ちひろ「分かりました。そういうことならお付き合いします」カタカタ

ちひろ「よし、お仕事終わりっ」

P「あれ、予想以上に早い……!」カタカタ

ちひろ「飲みですよ飲み。仕事なんてすぐ終わらせたいじゃないですか」

P「あー……もうちょっと待ってください。すみません、誘っておいて」カタカタ

ちひろ「いいですよ。女性はお出かけの準備には手間が掛かるものですから」

ちひろ「ただ、あんまり遅いとCo酒飲み勢を呼びますからね」

P「ちょ、ちょっと待ってそれは勘弁してくださいって……!」カタカタ

ちひろ「そんなにあの人達と飲みたくないんですか?」

P「別に、そういう訳じゃ……」


3: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 16:56:40.63 ID:v8hL3Ryeo

ちひろ「じゃあ……私と2人が良い、とか?」

P「ぎくぎくっ」

ちひろ「ふふっ、わざとらしいですよ。私はそんな面白い反応はしませんからね」

P「……よし、気合入りました。すぐ終わらせます」カタカタ

ちひろ「それじゃ、待ってますね」

P「はい」カタカタ


ちひろ(……よく分からないなぁ)

ちひろ(結局上手くはぐらかされた気がする。敢えて下手なリアクションをとってみた、とか)

ちひろ(勿論、私だってプロデューサーさんと2人で飲むのは好きだけど……)


4: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:01:28.74 ID:v8hL3Ryeo

P「お待たせしました」

ちひろ「それじゃ、行きましょうか。店の予約をしておきましたから」

P「ちひろさんチョイスの店ですね。楽しみです」

ちひろ「あんまり期待するのは無しですよ?」

ちひろ「実は以前、楓さんと一緒に飲みに行った事がある場所なんですけどね」

P「それもしかして俺も知ってる店かもしれませんね」

P「俺も前に楓さんとサシ飲みしたことありますし」

ちひろ「それは、ちょっと残念ですね……3人の穴場かぁ」

P「今度一緒に探してみましょうか。楓さんは色んな場所を網羅してますけどね」

P「2人の秘密ってことで」

ちひろ「はい」


5: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:02:35.04 ID:v8hL3Ryeo

――


ちひろ「ここです」

P「なるほど、俺は入った事無い店ですね」

ちひろ「小さいですけど、美味しいですよ。中の雰囲気も結構明るいです」


店員「いらっしゃいませ……あ、毎度」

ちひろ「こんばんは。2人で」

店員「……彼氏さんですか?」

ちひろ「さて、どうでしょうね」

店員「ふふ、ではこちらへどうぞ」


6: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:04:08.11 ID:v8hL3Ryeo

店員「ご注文はお決まりですか?」

ちひろ「生2つ、枝豆、シーザーサラダで」

店員「かしこまりました」


P「……知り合いですか?」

ちひろ「知り合いって訳じゃないですよ。ただの顔なじみです」

ちひろ「楓さんと2人で飲んでる時に、ちょっと仲良くなりまして」

P「あぁ、どちらか狙われてるんですね」

P「美人が2人で飲んでたら、そりゃ声を掛けたくもなります」

ちひろ「またまた、楓さんはともかく……」

P「ちひろさんも相当です」

ちひろ「……怒ってます? あぁいや、妬いてるんですか?」

P「ノーコメント。お酒が入ったらお答えしますから」


7: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:06:12.46 ID:v8hL3Ryeo

店員「お待たせしました。生2つ、枝豆、シーザーサラダです」

P「早いですね」

店員「それがウリです」

ちひろ「刺身の盛り合わせと、タコのから揚げを」

店員「かしこまりました」


P「それじゃ乾杯しましょう」

ちひろ「乾杯っ」カキンッ

P「乾杯」カキンッ

ちひろ「ささ、ぶっちゃけて下さい。妬いてたんですか?」コク

P「早いですって」ゴクゴク

ちひろ「むむ……じゃあもう少し飲んだら聞きますから、答えて下さいね」


8: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:07:25.01 ID:v8hL3Ryeo

P「でも、良い店だってのは分かりました」

P「飲むのは、楽しくなくちゃいけませんからね。店員も大事です」

ちひろ「でしょう?」

P「さて、今日も飲みましょうかね」

P「一回ちひろさんの酔った状態を見てみたいんですけどね」

ちひろ「潰れない自信はありますよ。少なくともプロデューサーさんよりは」

P「そうですか。是非トコトン飲み明かしたいところですが……」

ちひろ「明日に響いても困りますからね」


9: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:09:01.02 ID:v8hL3Ryeo

店員「お待たせしました。刺身の盛り合わせ、タコのから揚げになります」


ちひろ「それじゃ、早速レモンをかけておきました」ギュウッ

P「どうも」

ちひろ「実はこれ、楓さんの真似なんですよ」

P「またあの人は……ちょっとフリーダム過ぎるな……」

ちひろ「まぁまぁ。プロデューサーさんはレモンかけた方が好きですよね?」

P「それはそうですけど……」

P「真似と言えば、さっきの川島さんのモノマネ上手かったですね」

ちひろ「モノマネって、茄子ちゃんの得意技の一つらしくて。教えて貰ったんですよ」


10: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:10:17.46 ID:v8hL3Ryeo

P「茄子ですか……そういえば趣味は隠し芸でしたね」

P「初めてプロフィールを見た時はちょっと驚きました」

ちひろ「ギャグも使いますしね。精度はイマイチですけど」

P「……ぶっちゃけますと、事務所のギャグ使いは皆、アレな出来ですよね」

ちひろ「まぁスベリ芸ってやつです」ゴク

P「なるほど」パクパク

ちひろ「色気の無い話は止めましょうか」

P「?」

ちひろ「凛ちゃんとの付き合い、長いですよね」


11: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:11:35.38 ID:v8hL3Ryeo

ちひろ「どうなんです? 老夫婦みたいな雰囲気になってきたと思うんですが」

P「凛は卯月と未央と同時にですよ?」

ちひろ「話を逸らそうとしても無駄ですよ」ゴク

ちひろ「凛ちゃん、本当にプロデューサーさんと一緒に居るのが当然みたくなってますよね」

ちひろ「年は若いですけど、大人な雰囲気も持ってますし」

ちひろ「正直、物凄くレベルの高い女性だと思ってます。魅力的だと感じたことはありませんか?」

ちひろ「……聞いてます?」

P「はい。いや、実際凛は凄いと思いますよ。オールラウンダーですね」

P「ですが……」

ちひろ「……ふむ、店員さーん」


12: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:14:04.35 ID:v8hL3Ryeo

店員「お待たせしました。ご注文をお伺いします」

ちひろ「生2つ、牛ロースステーキ、ポテトサラダで」

店員「かしこまりました」


P「……もう少し、アルコールが欲しいです」

ちひろ「なるほど。ちょっと深い話になりそうですね」

P「いや、大した事は無いんですよ? ただ、ですね……」

ちひろ「ほら、そうやって言いよどむ……」

P「はは……しかし、牛ロースステーキって……」

ちひろ「美味くてオススメですよ。お肉好きでしょう?」

P「そりゃどうも……」


13: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:15:23.65 ID:v8hL3Ryeo

店員「お待たせしました。生2つ、ポテトサラダです」

ちひろ「ありがとうございます」


P「……」ゴク

ちひろ「……」ゴク

P「ちょ、ちょっと急に黙らないで下さいよ」

ちひろ「いえいえ、話し易い雰囲気を演出しようかなと……」

P「むしろ躊躇いますって……」

ちひろ「そんなものですか?」モグモグ

P「ちひろさんって、遠慮をあんまりしないタイプですよね。だから気にならないんですか……」

ちひろ「……素を出すのは、プロデューサーさんの前だけですよ」


14: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:16:48.21 ID:v8hL3Ryeo

P「嬉しいことを言ってくれますね」ゴク

ちひろ「2人で飲んでるんですよ? そちらも遠慮は要りませんからね」

ちひろ「それに大人ですから、愚痴を聞くのは慣れてます」

P「そうですか……」

P「……凛のことは信頼してますよ。仕事の面では問題無いです」

P「凛って、俺の最初に関わったアイドルじゃないですか?」

P「その時の俺って相当緊張してたんですよね。壁を作って、必要以上の干渉は避けようって、固く決めてたんです」

P「凛もなんていうかドライで。まぁ結果としてスタートダッシュは成功しましたけど」

P「それをまだ引き摺ってる情けない男が、俺です」


15: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:18:29.40 ID:v8hL3Ryeo

ちひろ「……へぇ」

P「バレンタインの仕事の凛、覚えてますか?」

ちひろ「可愛い系の衣装着てましたよね。仕事はちゃんとこなすのに、常時照れっ放しだったらしいですね」

P「はい。その時にチョコ貰ったんですよ。罰ゲームか何か知りませんけど、卯月と未央が嗾けたみたいで」

P「顔真っ赤にして、チョコ渡されて……その時にようやくですよ。渋谷凛っていう女の子に、初めて出逢いました」

P「……他のアイドル達の事を悪く言えませんね。俺もガキです」

ちひろ「つまり、仕事仲間が可愛い女の子だったもんだから、恥ずかしくて仕事がやりにくいなー、と」

P「言い方が悪過ぎます……」

ちひろ「分かり易く噛み砕いただけですよ」パク


16: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:21:12.51 ID:v8hL3Ryeo

P「まぁ、なんというか初期の頃のクールな仮面が大分剥がれてきてましてね」

P「ここは、結構ハンドルの微調整が大事かなと思います、ってことで」


店員「おまたせしました。牛ロースステーキです」


ちひろ「んー美味しそう……」

P「ホントですね」

ちひろ「はい、あーんしてください」ズイッ

P「ちょ、自分で食べられますから……///」

ちひろ「……あぁ、女性嫌いなんでしたっけ?」

P「誤解を招く言い方はやめて下さいって。女性は好きですよ」

ちひろ「『女好き』も相当誤解を招く言い方だと思いますけどね」

P「くっ……」ゴクゴク

P「店員さーん! 生1つ!」ダンッ!


17: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:22:18.96 ID:v8hL3Ryeo

P「……まったく」

ちひろ「ふふっ、なるほどなるほど。面白いですねプロデューサーさん」

P「勘違いしないで欲しいんですけど、別にアイドルの前でこんな態度をとってる訳じゃないですからね」

ちひろ「勿論ですよ、そうじゃなきゃ私も困りますから」

ちひろ「さ、どんどんこんな話で行きましょう」

P「えーまだ続けるんですか……」

ちひろ「凛ちゃん繋がりで、私の中でこれだと思うアイドルが居るんですよね」

ちひろ「この子の事は、是非聞いておきたいんですよ」

P「どちら様で?」

ちひろ「加蓮ちゃんです」


18: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:24:01.80 ID:v8hL3Ryeo

P「加蓮、ですか……」

ちひろ「アニバーサリーパーティーの時は笑っちゃいました。ホント、大事に育ててますよね」

P「……アイツは、いちいち大切にするんですよね」パク

P「病院暮らしは昔の事、って言ってますけど……いつか居なくなりそうで怖いんです」

ちひろ「それは、確かに分かります……」

P「トライアドプリムスの仕事も、加蓮の希望だったんですよね。ユニットもやってみたいって」

P「で、ちょっと案を組んでみたんですよ。まぁプロデューサーとしてどうかなと……」

ちひろ「そんなことないですよ。千川ちひろとしても、事務員としても応援したいと思います」

P「実際人気が出たのは嬉しいですけどね。加蓮含め、あの3人の能力は非常に高いと思いますし」


19: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:29:06.72 ID:v8hL3Ryeo

ちひろ「そういえばプロデューサーさん、加蓮ちゃんがウチに来てから煙草止めましたよね?」

P「正解です。1つは加蓮の身体の為。もう1つは加蓮を売り出す際のイメージに合わなかったからですね」

ちひろ「トライアドプリムスは今後どうします?」

P「アイツらはまだまだ上に行けます。ガンガン売り込んでいきますよ」

ちひろ「なるほど、決意表明を頂いたところで真面目な話は終わりです」

ちひろ「何にせよ。加蓮ちゃんがとっても大事、ってことですね。わかるわ」

P「だからやめて下さいって、似過ぎで怖いです……」

ちひろ「ふふっ。この間のウエディングドレス姿、相当グッと来たんじゃないですか?」

ちひろ「そのまま持って帰りたくなりませんでしたか?」

P「アレには泣きそうになりましたね。父親の心境ってこんな感じか、と」

ちひろ「むー反応が薄い……」

P「……アイツは、多分担当アイドルの中で一番恋愛対象として見れないと思いますから」

ちひろ「それ、加蓮ちゃんには絶対言わないで下さいね」

P「……えぇ、勿論分かってますよ」


21: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:32:02.89 ID:v8hL3Ryeo

――

店員「お待たせしました。生1つです」

P「どうも」

ちひろ「新人の子達とはもう打ち解けました?」

P「うーん……アーニャと文香はですね」

P「打ち解けた、という面では恐らく大丈夫かと思います」

P「それに2人とも、内面では仕事に対してかなり前向きですからね」

ちひろ「ん、ちょっと含みのある言い方ですね」ゴク

P「結構戸惑ってるんですよ。あの2人、デビューした直後から爆発的に人気が出ていますから」

ちひろ「売り出し方に困ってる、と」

P「折角……いや、そういう言い方は良くないですね。仕事はガンガン入れていきたいと思います」

P「勿論デビューしたてですから、程度は弁えますけど」

ちひろ「なるほど。慣れていないとストレスになりますし、過労で倒れても大問題ですからね」


22: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:34:13.82 ID:v8hL3Ryeo

P「大丈夫ですよ。きっとなんとかなります」

ちひろ「……大丈夫。貴方が育てたアイドルだよ」

P「加蓮ですね。しかも似てない」

ちひろ「あらら」

P「亜季と晴もなんとかなってます。この2人こそ、色気のある話は出来ませんけどね」

ちひろ「亜季ちゃん変わってますよね……たまに話についていけないです」

P「俺もそっちの知識はちょっと……」

ちひろ「晴ちゃんも勿体無いですねーあんなに可愛いのに」

P「それ言うと怒りますよアイツ。まぁ可愛い系が苦手なアイドルなんてウチには沢山いますからね」

P「その内アイツも堕ちます。っていうか堕としますから」

ちひろ「うわぁ……まさかロリコンってやつじゃ……」

P「結構真面目な事言ってるつもりなんですが……」

P「……そこは得意のモノマネを披露するところであって、ゴミを見るような目をする場面じゃないです。はい、すみませんでした」


23: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:36:43.23 ID:v8hL3Ryeo

P「さーてちょっとトイレに」

ちひろ「逃がしませんっ」ガシッ

P「ちょ、何を……!///」

ちひろ「だから割り勘っていつも言ってるじゃないですか! 伝票は持って行かせませんよ……!」

P「はいはい分かりましたって……」

ちひろ「わ、分かればいいんです分かれば……!」

P「それじゃ出ましょうか。割り勘で会計済ませますよ」


店員「……随分仲が宜しいんですね」

P「……そりゃどうも」

店員「ありがとうございましたー」


24: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:39:49.97 ID:v8hL3Ryeo

――


P「やれやれ……結局ちひろさんから何の話も聞けてないような……」

ちひろ「いいじゃないですか。私の身体はいくら叩いてもホコリが出ないクリーンな身体ですから」

ちひろ「それに、聞けてないことがありますし」

P「もうそろそろ帰りましょうよ……」

ちひろ「駄目です。結局、妬いてたんですか?」

P「……あぁ、忘れてると思ってたんですがね」

ちひろ「ちょっとぉ……答えて下さいよ……」

P「えぇ、妬いてましたよ。あの店員さん結構イケメンでしたし」

ちひろ「へっ……」

P「質問に答えたので、帰りましょうか」

ちひろ「……あ、あの」

P「はい?」

ちひろ「妬いてたのは、私と楓さん、どっちの事でですか……?」

P「……ノーコメント」

ちひろ「~~~っ!」バッシィン!

P「いって……!!!」


25: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/14(日) 17:43:17.08 ID:v8hL3Ryeo

P「ちょ、いきなり何するんですか……!?」

ちひろ「もー分かりました! スキャンダルだけは勘弁して下さいね!」

P「あー……」

ちひろ「さて! 二次会で宅飲みしましょうか? 是非ウチで♪」

P「……嬉しいお話ですが、お断りさせて頂きます。明日も仕事ですからね」

ちひろ「えー良いじゃないですかー? 一体どんな悪いことがー?」ニヤニヤ

P「酔った勢いで何するか分かりませんよ」

ちひろ「え……」ピタッ

P「今の発言で、セクハラレベルとしてはおあいこですね」

ちひろ「ちょ、何処がおあいこ……! はっ、つまり藍子ちゃんの話ですか! 次はPa勢ですね?」

P「了解……送っていきますからその道中だけですよ?」

ちひろ「はいはーい♪」

ちひろ「この間の藍子ちゃんの話、瞳子さんから聞きました?」

P「何でも時間の経過を忘れさせる事が出来るらしいですね。裕子辺りに伝授してあげても……」



おわり


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 17:44:37.06 ID:DsVBaxJjo

おつおつ
おとといだったかにも見たけどすごく良いです


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 18:13:47.33 ID:cnuJqDLBo

おつ!


引用元: モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」