1: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:11:34.83 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「そうですね……あと1時間ほどで仕事が片付くとは思いますが……」カタカタ

ちひろ「それからでもいいですか?」カタカタ

P「……まさか乗ってくれるとは思いませんでした」カタカタ

ちひろ「タダでご飯が食べられるんだから、断る訳には行きませんよ」カタカタ

P「えー……」カタカタ

ちひろ「もう、冗談ですよ。ちゃんと割り勘です」カタカタ

ちひろ「それで、1時間後でいいですか?」カタカタ

P「はい、俺も丁度それぐらいで終わりますよ」カタカタ

ちひろ「よーし、頑張っちゃいますか」カタカタ

2: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:13:18.91 ID:7gvaL6Xoo
――


店員「こちらのお席にどうぞ。ご注文、お決まりになりましたらお呼び下さい」

P「あ、生2つで」

ちひろ「枝豆とから揚げ、あとイカ焼き、フレッシュサラダ、刺身盛り合わせを」

店員「かしこまりました、少々お待ちください」


P「随分お腹空いてるんですね」

ちひろ「プロデューサーさんの分もです」

ちひろ「それに割り勘ですよ割り勘。食べなきゃソンソン、ってヤツです」

P「ま、残業終わりですからね」



3: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:14:46.65 ID:7gvaL6Xoo

P「しゃぶしゃぶ頼もうかと思うんですけど、どうです?」

ちひろ「いいですね、ダシは……」

P「俺は塩でいきたいです」

ちひろ「じゃあ私は昆布で」

P「今日はどれぐらい飲めます? ちひろさん明日オフですよね?」

ちひろ「いくらでも、ですよ」

P「じゃあトコトン飲みましょうか。毎回この店ですから、変わり映えはしないですけどね」

ちひろ「だったら今度、店をチョイスしてもいいですか?」

P「はい、お願いします」



4: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:15:31.58 ID:7gvaL6Xoo

店員「お待たせしました。生2つ、フレッシュサラダ、枝豆、刺身盛り合わせです」

P「しゃぶしゃぶセット2つ、昆布と塩でお願いします」

店員「かしこまりました」


P「それじゃあ」スッ

ちひろ「はい」スッ

P「乾杯っ!」

ちひろ「かんぱーいっ」

P「んぐっ、んぐっ……んーはぁ……!」

ちひろ「んくっ……仕事終わりの一杯は格別ですね」

P「ホントですよ。この一杯の為に頑張れます」



5: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:16:42.68 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「そういえば、今日は何で急に誘ってくれたんですか?」パクパク

ちひろ「イベント終わりの慰労会って訳でもなさそうですし……」

P「今日はちひろさんと飲みたいなーって思っただけです」

ちひろ「だ、だから何で飲みたくなったのかをですね……」コクコク

P「……まぁ、ちょっとリフレッシュしたくなったんですよ」パリパリ

P「それで一人なのも何だしちひろさんを巻き込もうと。すみません、迷惑でしたか?」

ちひろ「い、いえいえそんなことは! むしろ嬉しいくらいですよ!」

P「そうですか、それなら良かったです」ゴク

店員「お待たせしました、から揚げとイカ焼きです」



6: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:17:55.78 ID:7gvaL6Xoo

P「ちひろさん、生2つでいいですか?」

ちひろ「はい」

P「あと白菜キムチを」

ちひろ「塩きゅうりもお願いします」

店員「かしこまりました」


ちひろ「プロデューサーさん、から揚げにレモンかけておきました」ギュー

P「かけながら言わないで下さい。俺もレモン派だから良いけどホント洒落になりませんよそれ」

ちひろ「勿論、プロデューサーさんの好みを把握してるからやったんですよ」

ちひろ「ちなみに私は、から揚げレモンもキノコタケノコもどっちも好き派ですからね」

P「同じく」


7: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:19:34.21 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「じゃ、もうちょっと踏み込んじゃおうかな……」

P「はい?」

ちひろ「何故、リフレッシュしたくなったんですか? 悩み事があるなら相談に乗りますよ?」

P「あー……まぁちょっと」

ちひろ「ふむ、まだアルコールが足りないですか」モグモグ

P「あはは……」

ちひろ「とはいえ、現状では人手不足なのは間違いないですからね。残業がほぼ当たり前で」

ちひろ「身体的にも精神的にも、疲れが溜まってるんじゃないですか?」

P「それはちひろさんも同じでしょう、いつも助かっていますよ」



8: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:20:27.72 ID:7gvaL6Xoo

P「アイドル達も言ってますよ。ちひろさん、かなり好かれてます」

ちひろ「またまた、おだてても何も出ませんよ……」

P「本心ですけどね」

ちひろ「だっ、だからそういう事を平気で言うのはやめて下さい」コクコク

P「これは、アルコール足りてないのはちひろさんの方ですね」

ちひろ「ふふっ、いいですよ? どっちが先に爆弾発言をかますか……」

P「あ、それ卑怯ですよ。ちひろさんあんまり爆弾を持ってないでしょ?」

ちひろ「バレましたか……ま、1つだけ核弾頭を所持してますけどねー」

P「核ってまた……」

ちひろ「私の人生が変わるレベルの奴です。別に大袈裟じゃないですよ」

P「んー、じゃ探りは入れないでおきます」

ちひろ「ありがとうございます。あとは小さいの一杯持ってますから、それで」



9: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:22:12.22 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「じゃあまずは……プロデューサーさん、アイドルに結構迫られてますよね?」

P「いきなりアウトな話で来ましたね」

ちひろ「まぁまぁ。それでいつも必死で逃げてますけど、女性経験無いんですか?」

P「おっといきなりのセクハラ発言ですか」

ちひろ「合意ならセクハラになりませんからね」

P「何処がどう合意なんだか……まぁ、女性に対して免疫はあまり無いです」

ちひろ「……よくアイドルのプロデューサーなんてやろうと思いましたね」

P「仕方ないじゃないですか。就職難だったんですよ」

ちひろ「顔、結構格好良いと思ってますけど、告白とかされなかったんですか?」

P「まさか。コミュニケーションは苦手なんですよ。そんなのされたことありません」

ちひろ「スカウト技術があそこまであって、コミュニケーションが苦手って……」

店員「お待たせしました。生2つ、白菜キムチ、塩きゅうりです。ごゆっくりどうぞ」



11: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:23:50.70 ID:7gvaL6Xoo

P「で、ちひろさんはどうなんですか? 合意なんでセクハラじゃないですよね?」パリパリ

ちひろ「私もありませんねー……学生の頃は地味でしたから」

P「意外ですね。ちひろさんを初めて見た時、アイドル志望かなと思ったくらいですよ?」

ちひろ「もう、お世辞が上手いんですから」

P「またまたー」ゴクゴク

ちひろ「……あー分かりました。これ以上否定したら、口説き文句が連発されますね」

P「あ、それよく言われるんです。そんなに俺って口説いてますか?」

ちひろ「疑問に思うって事は多少なりと自覚してるんですね。えぇそれはもう酷いです」

P「やっぱりですか……」

ちひろ「だからまゆちゃんを筆頭にアイドル達から迫られるんですよ」モグ



12: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:24:49.49 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「1つぶっちゃけていいですか?」

P「えぇ、どうぞ」パク

ちひろ「まゆちゃんの事、どうするつもりですか? あの子本気ですよ」

P「……俺の判断では、アイツはまだ恋に恋するガキです」

P「今は躱すだけで何とかやっていきますよ」

ちひろ「今は、ってことは」

P「大丈夫です……その内目が覚めますから」

ちひろ「……へぇ」コク

P「ま、暗い事話しても仕方ないですよ」

P「アイドルとしての能力はかなり高いと思いますしね。アイドル事務所の人間として、プラス思考で行きましょう」



13: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:26:23.23 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「カメラの前では正統派アイドルですよね」

ちひろ「人気が突然急上昇したタイプですけど、合わせてファンの中にはその本質を見抜いた人も居ました」

P「ファンレターですか。そういえばまゆはしっかり読んでます? どうでもいいって言ってたから、前に注意したんですけど」

ちひろ「……仕方ないです。プロデューサーさんの為だけにアイドルやってるんですから」

P「一応、珍しいタイプのメンタルなんですよ。普通……っと」


店員「お待たせしました。しゃぶしゃぶセット2つ、ダシはこちらが昆布、こちらが塩になります」

P「生2つ、お願いします」

ちひろ「あ、1つレモンサワーに変更で」

店員「かしこまりました」



14: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:27:38.81 ID:7gvaL6Xoo

P「サワーですか」

ちひろ「美味しいですよ。いくらでも飲めますね」

ちひろ「で、珍しいというのは?」

P「動機はともかく仕事は意欲的に取り組んでくれてます」

P「それなのに、何かに意地になったり、暴走したり、仕事を選んだりはしないんですよ」

ちひろ「まぁアイドルにもそれぞれ希望する路線がありますよね、人形じゃないんだから」

P「まゆは何でもしっかり言う事聞いてくれて助かってて……なのにそれでいて臆病になってないんですね」

ちひろ「臆病?」

P「分かり易く言えば昔の智絵里です」

ちひろ「頑張るから見捨てないで、ですか」

P「ええ」



15: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:28:52.95 ID:7gvaL6Xoo

P「ビジュアル、ファッションセンス。歌唱力にダンス、トークの引き出し」

P「そしてその能力をフルに発揮するだけの度胸……生放送にも強いです」

P「正直、まゆほどの逸材がウチに来てくれるとは思ってもいませんでした」

ちひろ「欠点無しですか?」

P「心からの笑顔さえ見せてくれれば」

ちひろ「やっぱりそこですか」

P「俺がネックなんですよね。ただもし俺が担当を外れることになったら」

ちひろ「やめて下さいね。事務所を滅ぼす気ですか」

P「もう……どうしてこうなっちゃったんですかね」

ちひろ「だからプロデューサーさんの口説きが原因ですってば……」

P「……すみません」



16: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:30:24.14 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「ん、ちょっと真面目な話になってしまいましたね」

P「明るい話行きましょう、明るい話」

ちひろ「そうですね、さっき話に出た流れ行きましょう」

ちひろ「智絵里ちゃん明るくなりましたよね。私凄く嬉しいんですよ」

P「浴衣ガチャの仕事ですか」

ちひろ「はい。母お……姉の気分になります」

P「そうですか? 俺は父親の気分ですけど」

ちひろ「……」ゴク

P「……」



17: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:31:59.78 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「じゃ、じゃあ私も母親でいっかなー……」

P「智絵里は性格も併せて小さいですしねー……実年齢とちょっと結びつきませんよ」パクパク 

ちひろ「ちょ、ちょっとスルーしないで下さいって……なんか私自爆したみたいじゃないですか」

P「はいはい……わ、わー、それはまるでちひろさんと俺の子供みたいじゃないですかー」

ちひろ「……お願い、スルーして」

店員「お待たせしました。生、レモンサワーです」

店員「ごゆっくりどうぞ」

P「……ちっ、邪魔が入ったか」

ちひろ「こらこら……」

P「冗談は置いといて。さっきの話じゃないですけど、智絵里を例に挙げれば父親の心境なのは間違いないですね」



18: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:34:32.94 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「あーあーフっちゃった。智絵里ちゃん可哀相に……」

P「まだお互い始まってもいないので」

ちひろ「それはちょっと希望アリってことですか?」

P「だから父親の気分ですってば」

ちひろ「ふむ、残念ですね。このままCu陣営で行きましょう、響子ちゃんとかどうです?」

P「お嫁さんにしたい芸能人ランキングのど真ん中突っ走るキャラクターですよね。料理番組のレギュラーも取れましたし」

P「響子と結婚出来る男は相当な幸せ者でしょう」

ちひろ「それがプロデューサーさんだったら?」

P「無いですね」

ちひろ「もう、そろそろ本性出してくれませんか?」



19: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:36:33.68 ID:7gvaL6Xoo

P「ですからそういうのはホント無いんですって……」

P「話を戻しましょうか。家事全般のスキルから、男性人気はかなり高いですね」

ちひろ「でも女性からはかなり上下の差がありますよね?」

P「ええ。ですが大体は嫉妬から来る物だと思いますよ」

P「面倒であるはずの家事を楽しそうに行って、しかもそれが男性から評価されてるんですからね」

P「ま、ファンレターをしっかり弾いておけばそうそう問題にはならないかと」

P「そういえば以前まゆと一緒に、ライブで傷んだ衣装を直していたんですよ」

ちひろ「へぇ、そんなことが……」

P「完璧なメンテナンスですよ。こちらとしても余計な出資は避けたいですからね」

ちひろ「……助かりますよねー……」



20: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:37:43.91 ID:7gvaL6Xoo

P「ちひろさん、口数少なくなってますよ」

ちひろ「いえ、何と言いますか……のろけられるのは意外と堪えますね」

P「別にのろけてなんかいませんって。なんだったらちひろさんとの思い出でも語りましょうか?」

ちひろ「そ、そんなのは別にいいんですっ。それより話の続きですよ」

ちひろ「お気に入りの子とか居ますか?」

P「皆平等です」

ちひろ「ダウト。新人の子達とはまだ壁を感じますね」

P「それは仕方ないですよ。向こうがまだ心を開いてくれてませんから」

ちひろ「最近だと里奈ちゃんとみちるちゃんですか」



21: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:38:42.12 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「里奈ちゃん好きですよ、私。やっぱ人を見た目で判断しちゃ駄目ですよね」

P「でしょう? 我ながら光る原石を見つけてしまったと」

ちひろ「イイ子ですよね。自分ではバカバカ言ってますけど、そんなことないんですよ」

ちひろ「他人にも優しくて、すごく心が穏やかな子で……」

P「乃々とも結構良いコンビでしたよ」

P「対して、みちるは何考えてるのか分かんないですけどね」

ちひろ「分かり易くないですか? パン好き」

P「それ以外が分からないんですよ……」

P「アイドル自体は楽しんでやってるみたいなんで、いいですが」



22: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:40:53.62 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「一番の長所は食べても太らないところですよね。羨ましいです」

P「はい? ……あぁまた確かにそれはそうですが」

ちひろ「やっぱり体質なのかなー……」

P「でしょうね。実際かな子は内心複雑ですよ」

ちひろ「かな子ちゃんはそういうのを表に出しませんよね」

P「一緒に食事なんかしてるのを見ると、ねぇ」

ちひろ「私も結構気にしてますよ?」パクパク

P「今滅茶苦茶食べてるじゃないですか……」

ちひろ「……いいんですっ、飲みの場はいくら食べても」



23: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:43:02.72 ID:7gvaL6Xoo
――

P「ちょっとトイレ行ってきます」

ちひろ「そういうのを女性に対して言っちゃいますか……」

P「すみません、アルコールが入ってるって事で勘弁してください」スッ

ちひろ「……トイレに、伝票は要りませんよね?」

P「そ、そうでしたっけねー?」

ちひろ「もう……割り勘、って言ったじゃないですか。気遣い無用ですっ」

P「……すみません」

ちひろ「責めてる訳じゃないですよ。じゃ、出ましょうか」

P「はい」



24: ◆oWnR8nXtEo 2013/07/12(金) 23:45:17.29 ID:7gvaL6Xoo

ちひろ「さて……今日は誘ってくれてありがとうございました」

P「いえ、お礼を言うのはこっちですよ」

ちひろ「ふふっ……それじゃ、また明日。寝坊には気を付けてくださいね」

P「ちひろさんこそ」

ちひろ「……」コツコツ

P「……」ツカツカ

ちひろ「何故ついてくるんでしょうか」

P「そりゃあ家まで送る為に決まってます」

ちひろ「はぁ……分かりました。断ってもストーキングしてきますもんね、プロデューサーさんなら」

P「よくお分かりで」

ちひろ「はいはい……ま、お話出来る時間がちょっとでも増えたから、許してあげます」


ちひろ「それじゃ次はCo陣営の話しましょうか……」

P「Co陣営と言えば、酒飲み勢の話を……」



おわり



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:48:49.01 ID:Oi0pqau9o

お前ならまだやれるはずだ



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:50:30.05 ID:jGqd7WV5o

うおぅ、もっと読みたいのに

乙乙!



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:51:16.42 ID:r9/MOylh0

えぇ……(困惑)

ちひろさんかわいいから続けてくれYO!



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:52:33.63 ID:eaTMiAq70

ここからCoとPaの話にしていくんじゃないのか…

とにかく乙