1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:20:40.25 ID:1RJErHMi0

天丼タイプのいちゃコメです
生暖かい目で見て頂けるとありがたいです

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:21:38.50 ID:1RJErHMi0

P「ふー…。今日も一日、仕事大変だったなぁ」

P「皆のアイドル活動も特に問題なく順調だし、ウチの事務所は順風満帆だな!」

P「……で、なんでまゆはふくれっ面してるんだ? 何かあったか?」

佐久間まゆ「最近、Pさんが事務所で他の娘といちゃいちゃしてるからですよぉ」プクー
no title

P「イチャイチャ? してたか?」

まゆ「してました。だからまゆは怒ってるんです」プクー

P「ははは。まゆはヤキモチさんだなぁ」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:23:02.42 ID:1RJErHMi0

まゆ「一週間前、幸子ちゃんの頭をなでなでしてました」

P「あれは幸子が…」


 輿水幸子『とりあえず褒めてください!』ドヤァ!

 幸子『理由? そんなのボクがカワイイからで十分じゃないですか!』ドヤヤァ!


P「…って言うから」

まゆ「幸子ちゃんはブレませんねぇ」

P「でもナデナデくらいだったらまゆや他の皆にも結構頻繁にやってるだろ?」

まゆ「そうですけど、幸子ちゃんにしてたのは違いました」

P「え、違った? どんな風に?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:24:40.77 ID:1RJErHMi0

まゆ「幸子ちゃんの髪を、こう、わしゃわしゃーってしてました」

P「ああ、あれか?」

P「幸子は小生意気だから、ついイジりたくなっちゃうんだよなぁ」

まゆ「…羨ましい」

P「え?」

まゆ「まゆにも、わしゃってして下さい」

P「え、髪とか崩れちゃうぞ? 嫌じゃないのか?」

まゆ「髪は整えればいいんです」

まゆ「それにその時の幸子ちゃん、幸せそうな顔をしてましたから」

P「マジか。よく分からんが…」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:25:55.27 ID:1RJErHMi0

P「頼まれたからやるけど、いいんだな?」

まゆ「はい。お願いします」

P「じゃあ…わしゃわしゃー」ワシャワシャ

まゆ「んっ…♪」ワシャワシャ

P「わしゃわしゃー」ワシャワシャ

まゆ「うふふ…♪」ワシャワシャ



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:27:02.58 ID:1RJErHMi0

P「どうだった?」

まゆ「何だか心地よくて…幸子ちゃんが喜ぶのも納得です」

P「そうなのか?」

まゆ「Pさんとの距離が近くなった気がして、とっても嬉しいんです」

P「あー、そっか。確かに仲良くないとやんないもんな」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:28:03.52 ID:1RJErHMi0

P「けど幸子とはイチャイチャしてたわけじゃないぞ」

まゆ「でも、他の娘にも…」←髪なおしなおし

P「まだあるのか?」

まゆ「ありますよぉ」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:29:02.13 ID:1RJErHMi0

まゆ「5日前、ソファに寝そべった菜々さんの腰を触ってましたよねぇ」

P「セクハラしたみたいに言わないでくれ! あれは菜々が…」


 安部菜々『あたた…ダンスの練習のし過ぎで腰が…』

 菜々『Pさん。すみませんがちょっとだけ、揉んでもらえませんか?』


P「…って言うからしょうがなくだな」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:30:02.40 ID:1RJErHMi0

まゆ「CDでも体力もつのは1時間って歌ってましたしねぇ」

P「そうそう。菜々は体力が無いからさ」

まゆ「でも揉んでた時、鼻の下が伸びてましたよね?」

P「だって女の子の腰を合法的に揉めて、しかも怒られないなんて…ハッ!?」

まゆ「…」ツンツン

P「やめてやめて! 脇腹つつくのやめて! こそばい!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:31:10.23 ID:1RJErHMi0

P「い、いや! あれはただのマッサージだから!」

P「やましい気持ちなんて微塵も無かった!」

まゆ「菜々さんの腰はどうでしたか?」

P「少し硬いけどムニムニしてて、こんな腰を揉める俺はきっと特別な存在なのだと…ハッ!?」

まゆ「Pさん…」ジトー…

P「くっ、どうやら菜々の墓穴堀りが伝染ってしまったようだ…」

まゆ「それが噂に聞くウサミン式多段階墓穴掘削法なんですねぇ」

P「いや、まだこんなもんじゃ菜々には足元にも及ばないな…」

P「何にせよ、身に付けない方がいいから気をつけるんだぞ」

まゆ「はぁい」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:32:50.19 ID:1RJErHMi0

まゆ「…揉みたいなら、まゆに言ってくれればいいんですよ?」

P「…肩や腰の話だよな?」

まゆ「Pさんが望むなら…どこを、でも構いませんよぉ」

P「ぐっ…いや、ダメだ。アイドルを続けてる間は何があっても手を出さんぞ」

まゆ「そうですかぁ。…我慢できなくなったら、いつでも言ってくださいね?」

P「ぐぬぬぅ…」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:34:07.88 ID:1RJErHMi0

P「と、とにかく! あれはイチャイチャしてたわけじゃないぞ!」

まゆ「…大目に見ます。ただ、他にも…」

P「まだあるのか?」

まゆ「まだありますよぉ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:35:02.83 ID:1RJErHMi0

まゆ「3日前、みくちゃんと抱き合ってましたよねぇ」

P「抱き合っちゃいないぞ!? あれはみくが抱きついてくるもんだから、引き剥がそうとだな」

まゆ「でもPさん、嫌そうにしてませんでした」

P「そりゃあ色々柔らかい所が当たってたし…」

まゆ「……」デュクシ デュクシ

P「やめてやめて! 脇腹小突くのやめて! さっきより強い!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:36:41.34 ID:1RJErHMi0

まゆ「…」ギュッ ギュッ

P「まゆ? 脇をしめて前屈みになって何をしてるんだ?」

まゆ「…見てください、Pさん。こうすればまゆも大きく見えますよ…?」

P(おお…谷間が)

まゆ「…Pさんは、胸は大きい方が好きですか?」

P「ん?」

まゆ「まゆ、胸はあんまり大きくないですから…」

P「…そういうことか」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:37:33.87 ID:1RJErHMi0

P「俺は胸の大きさで優劣をつける気は無いぞ」

まゆ「…本当ですか?」

P「ああ本当だ。それに、俺の師匠の言葉にこんなものがある」


 師匠『あのね、大きさじゃないんだよ』


まゆ「…それ愛海ちゃんですよね?」

P「まぁそうだな」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:39:09.87 ID:1RJErHMi0

P「胸の大きさなんて気にする必要はないよ」

P「まゆにはまゆの、まゆにしかない魅力があるんだからさ」

まゆ「Pさん…」

P「相手の土俵で戦うんじゃなくて、まゆの武器を存分に活かしてやるんだ」

P「料理と編み物は最たる例だ。むしろ羨まれるスキルじゃないか」

まゆ「…ありがとうございます。まゆ、自信が付きました♪」

P「ああ。それはよかった」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:40:02.14 ID:1RJErHMi0

P「そんなわけで、みくともイチャイチャはしてないからな」

まゆ「…でもそれはそれとして」

P「まだあるのか?」

まゆ「まだまだありますよぉ」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:41:08.71 ID:1RJErHMi0

まゆ「一昨日奏さんに、ほっぺたにキスされてましたよねぇ?」

P「あ、あれは不意打ちでされたんだ。対処なんて出来なかったんだよ」

まゆ「それでも、キスされたのは事実ですよぉ…」ジリジリ

P「待て。アイドルなんだから、口とのキスは許さないぞ」

まゆ「分かってます。Pさんならそう言うと思ってましたから」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:42:03.09 ID:1RJErHMi0

まゆ「でも、頬にならいいんですよね?」チュッ

P「お、おい…」

まゆ「奏さんに負けないように…。まゆのキスで上書きするんです」チュッ チュッ

P「あー…もう。分かったよ。まゆの満足するまでやってくれ」

まゆ「はぁい♪」チュッ チュッ


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:43:07.15 ID:1RJErHMi0

P「そんなわけで、奏ともイチャついちゃいないぞ」

まゆ「キスされたのにそれは苦しいと思いますよぉ」

P「ですよねー…」

まゆ「でもいいです。他にも…」

P「…まだあるのか?」

まゆ「もう一個ありますよぉ」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:44:02.51 ID:1RJErHMi0

まゆ「昨日、ありすちゃんをお膝に乗っけてあげてましたよねぇ」

P「ああ、あれな。ありすが俺の膝の上がいいって言って聞かないもんだからさ」

まゆ「Pさんのお膝の上でゲームしてましたねぇ」

P「そうだなー。時間にして1時間。分にして60分。秒にして3600秒くらいやってたかなぁ」

まゆ「ありすちゃん、ご満悦の表情でした」

P「そうなのか? 俺の方からは顔が見えなかったからなぁ」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:45:05.62 ID:1RJErHMi0

P「それで、今までの流れからすると…」

まゆ「はい。まゆもPさんのお膝に乗りたいです」

P「やっぱりそう来るか」

まゆ「…ダメ、ですか?」

P「…いや、構わないさ。…おいで」

まゆ「…うふ♪ それじゃあ、失礼します…」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:46:02.14 ID:1RJErHMi0

P「まゆは小さいから俺の胡坐の間にすっぽりだな」ナデナデ

まゆ「ありがとうございます。…Pさん、重たくはないですか?」

P「別にそんなことないぞ? まゆはありすと6kgしか違わないし」

まゆ「むぅ…まゆを撫でながら他の女の名前を呼ばないでください」

P「ごめんごめん」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:47:08.81 ID:1RJErHMi0

P「それで、どんな感じだ?」

まゆ「暖かくて…とっても安心します…」

P「そっか。…じゃあこうしたらもっとかな」ギュッ

まゆ「きゃっ! Pさん…? 急に後ろから抱きしめて…」

P「あすなろ抱きって言うんだよ。一度やってみたかったんだ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:48:02.52 ID:1RJErHMi0

まゆ「あすなろ抱き…前に早苗さん達が、憧れるーって言ってました」

P「あー、確かにあの人らなら知ってそうだな」

まゆ「これがそうなんですねぇ…」

P「感想はどうだ?」

まゆ「はい…。Pさんに包まれてるみたいで、幸せ…」

P「そりゃよかった」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:49:28.78 ID:1RJErHMi0

まゆ「けど、顔が赤くなっちゃいます…。…少しだけ、恥ずかしくって…」

P「はは。恥ずかしがる事なんて無いさ」

まゆ「でも…」

P「だって、今は俺の家で2人っきりなんだしさ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:51:04.39 ID:1RJErHMi0

まゆ「…そうですね。今は誰にも邪魔されませんし…」

P「というかまゆ、甘えたいなら直に言ってくれて構わないんだぞ?」

P「今日みたいに回りくどい事しなくてもさ」

まゆ「…いいんですか?」

P「勿論。恋人同士なんだからさ。好きなだけ甘えてくれ」

まゆ「そんなこと言っちゃうと…まゆ、どこまでも甘えちゃいますよ?」

P「おお、どんと来い。…あ、でも家の外では勘弁な? スキャンダルが怖いから」

まゆ「分かってますよぉ」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:52:22.31 ID:1RJErHMi0

P「ところで、明日はまゆも休みだよな? 何しよっか?」

まゆ「Pさんの決める事なら、まゆは何だっていいですよぉ」

P「そうか? なら………何もやること思いつかんなぁ」

まゆ「じゃあ、そうしましょう」

P「え?」

まゆ「明日は何もしないで、お家でゆっくりしましょう」

P「出かけないってことか?」

まゆ「はい」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:53:45.17 ID:1RJErHMi0

まゆ「最近のPさんはお疲れでしょうから…」

P「んー、確かにここ最近は忙しくて休む暇があんまり無かったなぁ」

まゆ「Pさんのお休みも久しぶりなんですし…」

まゆ「明日は一日中、まゆがお家でPさんを癒してあげます」

P「おお、そりゃ楽しみだ。期待しちゃうぞ?」

まゆ「うふ♪ 疲れなんて吹き飛ばしてあげますよぉ。Pさん…」



おしまい



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:54:55.91 ID:1RJErHMi0

以上です
読んで頂き、ありがとうございました


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 15:09:37.17 ID:GjO6Gh4zo



まゆが可愛いのは真理


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 15:33:59.86 ID:vg2l6IElo


やっぱりままゆは大天使、はっきりわかんだね


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 15:36:30.64 ID:24JDqbD0o

まゆに後ろからだーれだってされたいです



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 20:10:55.21 ID:4OuSyT4yo

>>37
でも立ってると身長差で手が届かないから座るまでウロウロしながら待ってるままゆを妄想した


引用元: モバP「まゆはヤキモチさんだなぁ」