1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 00:45:38.72 ID:epCQiplY0


ピッ… ピッ…

真美「おはよ、亜美」

亜美「……」

真美「駐車場ににいちゃんがいるんだけど、仕事の電話で来られないって」

亜美「……」

真美「まあ、亜美も疲れてるだろうから、短めにね」

亜美「……」






2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 00:47:31.15 ID:epCQiplY0


真美「んっふっふ~、実は! 千早お姉ちゃんのソロライブが決まったんだよ!」

亜美「……」

真美「すごいよね! しかもね、ツアーライブなんだって!」

亜美「……」

真美「真美、東京公演観に行こうかなって思ってるんだけど……亜美も来る?」

亜美「……」

真美「まあ、目が覚めたら」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 00:49:30.43 ID:epCQiplY0


真美「後は……この間、みんな話しちゃったからなぁ」

亜美「……」

真美「ねー、亜美」

亜美「……」

真美「また一緒にゲームできるよね?」

亜美「……」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 00:52:05.15 ID:epCQiplY0


真美「またにいちゃんにイタズラできるよね」

亜美「……」

真美「また……手、繋げるよね」ギュッ

亜美「……」

真美「…………よし。じゃあ、また来るよ。亜美」

亜美「……」

真美「次に真美が来るときまでに、起きてなきゃ許さないかんね!」

バタン




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 00:54:14.21 ID:epCQiplY0


 なーんか。
 毎回言ってるなぁ。次に起きてなきゃ許さないって。
 プリン8個分ぐらいは許してない気がするよ。

真美「……」スタスタ

P「おーい、真美」

真美「あれ、にいちゃん」

P「亜美はどうだった?」

真美「顔色は良かったよ?」

P「そっか」

 にいちゃんが迎えに来てくれた。
 病院の廊下を並んで歩く。



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 00:59:05.08 ID:epCQiplY0


P「なあ、真美」

真美「うん?」

 駐車場で、にいちゃんが車の鍵を開ける。
 助手席に乗り込んだ。

P「亜美の病気について調べてみたんだけどさ」

真美「うん」

P「結構、いきなり起きたりするみたいだぞ」

真美「そうなの?」

P「ああ。だから、心配しなくていい」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:01:15.27 ID:epCQiplY0


真美「まぁ、こうなるのもいきなりだったからね」

P「あの日って、朝はなんとも無かったんだろ?」

真美「うん」

P「……悪いな、思い出させて」

真美「いいの。思い出さないと、亜美がフツーにいるって勘違いしちゃうから」

P「…………」

真美「事務所に戻るんだよね?」

P「ああ。今日はもう帰れるぞ」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:02:29.62 ID:epCQiplY0


真美「……事務所には泊まれない、よね」

P「そうだな……」

真美「ほら、ママとパパは病院が忙しいしさ」

P「うん」

真美「今まではそれでも平気だったけど、亜美がいないし」

P「……」

真美「家に帰ると、寂しくなっちゃって」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:08:11.27 ID:epCQiplY0


 見覚えのある道だと思ったら、765プロの道だった。

P「俺ん家に入れるわけにもいかないしな……」

真美「大丈夫、帰れるからさ」

P「そうか」

真美「うん」

 ……車が停まる。

P「駐車場に停めてくるから、ここで降りてくれ」

真美「分かった」

P「そのまま帰ってもいいぞ」

真美「ううん、事務所に入るよ」

P「そっか、分かった」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:14:12.32 ID:epCQiplY0


「私と伊織ちゃんで、ジュースを買いに楽屋を出たんです」

「戻ってくると、亜美ちゃんが眠っていて。亜美ちゃんの真横のテーブルにコーラを置いたんです」

「それでも、しばらく起きなくて。テレビ局を出る時間になって」

「律子さんが帰ってきても、亜美ちゃんが起きなくて……」

「おかしいな、って思ったのが遅れちゃって」

「揺すっても、伊織ちゃんが叩いても、動かなくて。おかしいな……って」

「律子さんと伊織ちゃんが真っ青な顔で亜美ちゃんに呼びかけたり、局の人を呼ぶのを、見ることしかできなくて」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:19:56.73 ID:epCQiplY0


 あずさお姉ちゃんがにいちゃんにした説明の言葉が、パッと頭の中に響く。
 階段を駆け足で登って、ドアを開けた。

真美「ただいまー」

小鳥「おかえりなさい、真美ちゃん」

春香「おかえり、真美」

 ソファに座った。

春香「亜美はどうだったの?」

真美「ん? 良い感じに寝てたよ」

春香「そう……」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:23:46.47 ID:epCQiplY0


伊織「ただいま」

小鳥「あっ、おかえりなさい、伊織ちゃん」

伊織「あれ、律子とあずさはまだ帰ってきてないの?」

春香「どうしたの?」

伊織「私、先に車を降りたのよ。律子とあずさが駐車場に行って」

真美「なら、にいちゃんと話してるんじゃないかな」

伊織「アイツも駐車場にいるの? そう……」

 いおりんがソファへと歩いてくる。真美の隣に座って、溜息。



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:27:02.84 ID:epCQiplY0


真美「ねえ、いおりん」

伊織「なに?」

真美「竜宮の活動は今やってないんだよね?」

伊織「そうね。あくまでも私とあずさのコンビとして」

春香「竜宮の名前は使ってないんだ」

伊織「ええ。亜美がいなきゃ、竜宮小町じゃないもの」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:30:09.17 ID:epCQiplY0


真美「亜美のかわりに、真美がやるってのはどうかな。竜宮小町の仕事」

伊織「体をなしても、それじゃあ私とあずさと真美よ」

真美「……そうだよね」

伊織「アンタだって、仕事が忙しいじゃないの」

真美「……うん」

春香「真美……大丈夫?」

真美「だ、大丈夫だよ、へいき」

春香「そう……?」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:33:11.31 ID:epCQiplY0


春香「なんだか、今日は特に落ち込んでるな……って」

真美「そ、そうかな」

伊織「……来週の誕生日に、間に合うかってこと?」

真美「…………」

伊織「なに辛気臭い顔してるのよ、7日もあれば絶対に亜美は目を覚ますわ」

春香「そ、そうだよ! いつもみたいに、賑やかにしてくれるよ!」

真美「でも、もう5日もあんな状態だし……」




24: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/17(金) 00:37:34.06 ID:gTP6CbwT0


 はるるんが手をつないでくれる。
 しっかりと力が入っている、温かい手。

 亜美の手もこれぐらい、あったかいのに。
 今は全然だよ。

ブーッ ブーッ

伊織「春香、電話」

春香「えっ? あっ、あわわっ」

 スマホを取り出して、電話を耳に当てる。

春香「もしもし? ……千早ちゃん?」




25: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/17(金) 00:42:14.63 ID:gTP6CbwT0


春香「えっ? うん、わかった。……真美、千早ちゃんがかわってって」

真美「う、うん」

 スマホを渡された。

真美「も、もしもし?」

『もしもし。ねえ、真美』

真美「なあに?」

『今日、うちに泊まっていかない? 春香も一緒なのだけれど』

真美「えっ? いいの?」




26: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/17(金) 00:47:55.25 ID:gTP6CbwT0


『最近、水瀬さんの家に泊まっているのでしょう?』

真美「そうだね……」

『明日、お休みが取れたのよ』

真美「オフ?」

『ええ。だから、春香を送った後、ふたりで過ごさない?』

真美「明日は、真美もお仕事ないけど……」

『どうかしら?』



27: ここまで ◆K8xLCj98/Y 2013/05/17(金) 00:54:49.39 ID:gTP6CbwT0


真美「じゃあ、おコトバに甘えて……」

『ありがとう。それじゃあ、今から急いで事務所に戻るわね』

真美「うん、ありがと」

『じゃあね』

 電話が切れた。スマホをはるるんに渡して、なんとなく天井を見る。

伊織「千早の家に泊まるの?」

真美「そうなった」

春香「それじゃあ、今日は3人だねっ」

伊織「いいわねぇ、仕事がなかったら私も参加したいけど」

 はるるんが真美に抱きついてくるその温かさが優しくて、辛かった。



31: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 22:58:47.05 ID:LhvyWoeL0


 千早お姉ちゃんがお皿を洗うその音が聞こえている。
 あの後、はるるんと3人でカレーを食べて、テレビを見て……。とっても楽しくて、そして辛かった。

 だって、分かっちゃうんだもん。気を遣ってくれている、って。
 はるるん、疲れて寝ちゃったし。それぐらい気を遣わせちゃったんだろうな。

千早「……真美も寝ていいのよ?」

真美「え?」

千早「私ももうすぐ寝るから」

真美「……うん」

千早「……なにかあるの?」




32: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:05:46.61 ID:LhvyWoeL0


真美「いや、なんとなくだけど……」

千早「ん?」

 千早お姉ちゃんが、キッチンからリビングにやってくる。

真美「寝るの、怖くて」

千早「怖いの?」

真美「うん。……ほら、亜美も寝たまま……でしょ? だから、もう戻ってこれないんじゃないかってさ」

千早「……そんなことないわ、亜美だって絶対に目を覚ます」

真美「だけど」



33: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:09:21.08 ID:LhvyWoeL0


 携帯が鳴った。画面をタッチすると、

真美「パパ?」

千早「……」

真美「もしもし」

『もしもし、真美! 急いで病院に来なさい』

真美「え?」

『時間がない、早く!』

真美「な、なにが――」

『亜美が危ないんだ!』

真美「……う、うそ」



34: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:10:59.37 ID:LhvyWoeL0


『タクシーで来るんだ!』

真美「――」

『ま、真美? 真美っ』

真美「……」

千早「ど、どうしたの?」

真美「あ、亜美が」

千早「……まさか」

真美「はやく、いかないと」

千早「待って、真美。いまタクシーを呼ぶから」




35: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:12:31.18 ID:LhvyWoeL0


真美「え……」

千早「こういう時は、落ち着かないと。私はタクシーを呼ぶから、あなたはプロデューサーに」

真美「あ、う、うん」

『真美?』

真美「あ……急いで行くよ」

 電話を切って、にいちゃんを電話帳で探した。

 千早お姉ちゃんがタクシー会社の番号を調べて、電話をかけている。
 その音で、はるるんが起きたようだった。

 結局真美達は、3人で病院に向かった。



36: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:14:16.56 ID:LhvyWoeL0


 病室にはにいちゃんとりっちゃんとピヨちゃんが居た。
 社長さんもすぐに来ると教えてくれた。

亜美「……」

真美「ねえ、亜美」

亜美「……」

真美「返事してよぉ……」

亜美「……」

真美「なんで……」

 亜美は酸素マスクをつけて眠っている。
 規則的に胸が上下に動いている。亜美の手をつないで、目線が定まらない。



37: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:16:48.00 ID:LhvyWoeL0


 お医者さんがベッドの横で、険しい顔をして亜美を見ている。

真美「お、お医者さん……お願い、亜美をたすけて」

P「真美……」

真美「にいちゃん、亜美をたすけてよ」

P「……っ」

真美「りっちゃん、ピヨちゃん……お願いだよ」

小鳥「……」

律子「っ……」



38: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:19:27.18 ID:LhvyWoeL0


千早「真美……」

真美「千早お姉ちゃん……はるるん……」

春香「私だって……助けられるなら、助けたいよ……っ」

 規則的に響く機械の音が、ゆっくりのテンポに変わった。

真美「――っ!」

 お医者さんが亜美の周りの機械をいじっている。

春香「やだ……見たくないよ……っ」

P「……どうして……!」




39: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:21:21.51 ID:LhvyWoeL0


真美「亜美、亜美っ!」

 亜美の手を握り直して、大声で呼びかける。
 お願いだよ、起きてよ。

 亜美がいなくなったら、真美はひとりっきりなんだよ?

 あのね、亜美。
 真美は左利きで、亜美は右利きだよね。
 二人で一つだから、そうなんだよ、って。言ってくれたよね。

真美「亜美……っ」

 ―― キッ……ン

真美「っ……?」

 耳鳴りがする。



40: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:24:45.02 ID:LhvyWoeL0


 ―― キーッ……ン

真美「……っ……」

律子「真美?」

 ―― キー……ン

小鳥「真美ちゃん?」

真美「あっ……」

 頭が殴られたみたいに痛くて、変な音がする。
 病室の床に倒れ込んだ。

「真美っ!」

「真美、どうしたの!?」

「お願い、亜美……2人とも、また元気で笑ってよ……」

 目の前がだんだんと見えなくなっていって。



41: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:27:08.24 ID:LhvyWoeL0


 ―― まみ ――

 さいご、あみのこえがきこえたきがした。

 あみだよね。


 もどっておいでよ。




42: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:31:10.33 ID:LhvyWoeL0


真美「……!」

 目が覚めると、そこは見覚えのある場所だった。
 二段ベッド。勉強机。使わなくなったランドセル。制服。

 そして、真美が寝ているこの硬い床。
 そこは、亜美と真美の部屋だ。

真美「……あれ…………?」

 病院にいたのに。
 最近帰っていなかったその部屋は、どこか自室でないような気がした。

真美「あ……み……?」

 二段ベッドの下段を覗く。
 すうすうと眠っている亜美が、そこにいた。

真美「亜美っ!」

 気がつけば、思い切り亜美の身体を揺らしていた。



43: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:33:40.24 ID:LhvyWoeL0


亜美「ん……」

真美「!」

 亜美が目を開ける。
 なんだか、それがとっても懐かしくて。

亜美「……真美」

真美「亜美、おはよう! おはようっ……!」

 泣いちゃったよ、亜美。
 やっと目を覚ましたんだもん。

亜美「……ごめんね」

真美「え……?」

亜美「真美まで、連れて来ちゃったのかな」




44: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:35:38.35 ID:LhvyWoeL0


真美「連れてきた、って……」

亜美「…………亜美が目覚めたわけじゃなくてさ」

真美「……」

 部屋を見回す。壁掛け時計の下部には、日付がデジタルで表示されているはず。

真美「なに、これ……」

 エラーを表すであろう、Eの文字に埋め尽くされている。
 時計の針は、10時50分で止まっている。

真美「10時50分……」

亜美「もう、その時計は動かないよ」




45: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:37:13.69 ID:LhvyWoeL0


真美「……まさか」

 ポケットの中のスマホを見る。
 着信履歴。

 パパからの電話は、10時13分。

真美「あみとまみ……しんじゃったの?」

亜美「……」

真美「うそ……うそだよ」

亜美「……」

真美「なんで」

亜美「だいじょーぶ」




46: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:43:43.58 ID:LhvyWoeL0


真美「へ……?」

 大丈夫、ってさっき千早お姉ちゃんにも言われた。

亜美「亜美、このセカイのこと……ちょっと知ってるから」

真美「知ってる、って……」

亜美「だよね、お姫ちん」

真美「……え?」

 振り返ると、ドアのところに立っていたのは。

「その”お姫ちん”とは別人ですが……」

真美「お姫ちん……」

亜美「の、そっくりさん。このセカイの人なんだってサ」

 亜美がおどけて言う。



47: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/21(火) 23:51:13.11 ID:LhvyWoeL0


 お姫ちんのそっくりさんは説明をする。

「双海亜美は、自らの意思でこのセカイへとやってきたのです」

真美「え?」

亜美「……」

「その理由は、わたくしにも分かりません」

真美「……どうして?」

亜美「…………亜美も、わかんないよ」

「そして双海真美は、なぜだかこのセカイにやってきてしまった」

真美「亜美と真美は死んじゃった、ってことなの?」

「生と死の間です。貴方達の時計は止まってしまっていますが、また動かすことも出来る」



49: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:10:28.92 ID:HA1y125T0


真美「ちょ、ちょっと待ってよ……何が何だか」

亜美「……」

「時計を動かすには、時計が止まった理由を解明しなければなりません」

真美「ね、ねえお姫ちん……止まった理由って?」

「亜美がセカイへやってきた理由です」

亜美「……わかんないよ」

真美「どうして起きないか、ってこと?」

「はい、そうです」

 お姫ちん……のそっくりさんは、手前にある真美の勉強机の椅子に座った。



50: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:14:02.27 ID:HA1y125T0


真美「亜美……」

亜美「ずーっと考えてるんだ、ここで」

真美「え?」

亜美「なんで亜美、ここに来ちゃったんだろって」

「時計が動けば、貴方達は元のセカイへと戻ることができます」

真美「それは、亜美も真美も……2人で、戻れるんだよね」

「はい」

 


51: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:17:50.30 ID:HA1y125T0


 そっくりさんが笑う。その笑みは、お姫ちんとは似ても似つかない。
 ……どっちかって言うと、ミキミキみたいな…………。

 お姫ちんの姿がぐにゃりと歪んで、光った。
 強い光に目を細めて、再び見直すと、

「……ここは、悲しいことを受け入れられなくなったヒトが、自分を見つめなおすために来る場所なの」

真美「……み、ミキミキ」

 ミキミキになっている。

亜美「お、お姫ちんは?」

「…………あれ? なんだか、変わっちゃったね。この人のこと、考えたの?」

 頷く。

「それじゃあ、多分ソレだね。ミキ、イメージに強く影響されるから」



52: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:21:33.44 ID:HA1y125T0


「ねえ、亜美。悲しいこと、なかったの?」

亜美「悲しいこと……?」

真美「あの日のこと、思い出せる?」

亜美「えーっと……朝、真美とトースト食べて、家を出て」

 亜美がベッドに寄りかかって、考えている。

亜美「竜宮の仕事に行って、それで…………あれ?」

真美「え?」

亜美「りっちゃんが……」

真美「り、りっちゃんがどうしたの?」




53: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:25:49.01 ID:HA1y125T0


亜美「――そっか」

 亜美の声が震えだして、涙を流す。

真美「あ、亜美っ」

亜美「……んしょ……ごめん」

真美「何があったのっ」

亜美「……亜美たち…………オーディションに、落ちちゃったんだ」

真美「……え?」

「それが、亜美の悲しいことなの?」

亜美「……うん」



54: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:31:08.43 ID:HA1y125T0


亜美「竜宮のみんなで、絶対やりたい仕事だって頑張ってさ」

真美「……」

亜美「でも……収録が終わった後、りっちゃんが言ってきて……」

「…………それで?」

亜美「あ、うん……亜美、ボロボロ泣いちゃって……あずさお姉ちゃんといおりんが、ジュースを買いに行ったんだ」

「……その時かな」

亜美「……それで、気づいたらここにいた」

真美「……」

 亜美、きっと本気でそのお仕事、したかったんだ。
 でもそれが叶わなくて……そうして、このセカイに。




55: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:36:42.48 ID:HA1y125T0


「それじゃあ――」

 ミキミキが光る。その眩しさが収まった時、そこにはひびきんが居た。

「――亜美、整理しよう」

亜美「……」

「亜美がやりたかった仕事は、出来なかったかもしれないけど」

真美「……」

「それでも、こんなとこに来ちゃダメだぞ。ここは、亜美たちみたいに未来が明るいヒトが来るところじゃない」

亜美「……でも」

「亜美はきっとすぐに目を覚まして、アイドルとして頑張るんだ。真美も同じ」

真美「……」



56: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:41:42.25 ID:HA1y125T0


亜美「……分かった」

「よし、頑張れよ」

 ひびきんが亜美の頭を撫でる。

亜美「亜美、がんばる」

真美「ねえ、亜美」

亜美「ん?」

真美「もうすぐ真美たち、誕生日なんだよ」

亜美「……あっ」



57: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:44:29.02 ID:HA1y125T0


「忘れてたの?」

亜美「……うん」

 真美は亜美の手をとって、

真美「年に一回だけなんだから、いっぱいお祝いしてもらおうよ」

亜美「……」

真美「ね?」

亜美「……うん」

真美「よーし、ひびきん! 後はよろしくね」

「分かった! もう、こんなとこに来るんじゃないぞ?」



58: 10時頃再開 ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 20:48:04.66 ID:HA1y125T0


亜美「……あっ、ねえ、ひびきん?」

「うん? 自分は”ひびきん”じゃないけど……なに?」

亜美「聞いてもいいかな」

「……?」

亜美「ひびきんは、誰なの?」

「…………そうだな、言葉に例えるとしたら」

 
 ―― キッ……ン

 また、耳鳴り。



59: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 22:39:11.48 ID:HA1y125T0


亜美「うっ……!」

 ―― キー……ン

真美「……あ……みっ……」

亜美「…………まみ……!」

 薄暗くなる視界、亜美を探す。

「自分は……」

 手と手が触れ合った。
 しっかりと繋ぐ。亜美の力を感じる、ぬくもりもある。

「――妖精かな」

 ああ、妖精ね。
 だから、その3人なのか。

 目の前にかすかな光がある中、最後に思ったのはそんなことだった。



60: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 22:45:52.93 ID:HA1y125T0


 ――――
 ――

律子「退院おめでと」

亜美「んっふっふ~! りっちゃんりっちゃん!」

律子「ん、なあに?」

亜美「今日は何の日でしょうっ!」

律子「……はて」

亜美「あー! お姫ちんみたいにならないでよー!」

律子「ふふっ、さーて。事務所に行きましょう?」

亜美「おうよ!」



61: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 22:48:08.05 ID:HA1y125T0


律子『というわけで、向かいますねー』

P「おう、待ってるぞ」

春香「えへへ……飾り付けもだいたい終わったね!」

千早「ええ、後は……亜美を待つだけね」

伊織「ねえ、真美」

真美「うん?」

 亜美、あのね。
 いおりん達、また新しいオーディション見つけたみたいだよ。

 当分はそれに向けて頑張るんだって!

伊織「こんなときに……少し場違いかもしれないけれど、気になることがあるのよ」

真美「気になること?」



62: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 22:54:47.68 ID:HA1y125T0


伊織「ええ」

真美「なに?」

伊織「最近亜美が、『お姫ちんは本当に妖精だったんだYO』って言うのよね」

真美「……ほう」

伊織「どういうことかしら?」

 お姫ちんだけじゃなくて、ミキミキもひびきんも……妖精だったよね。

真美「……ごめん、真美には良く分かんないや」

伊織「……そう。突然、ごめんね」

真美「ううん」



63: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 22:57:42.96 ID:HA1y125T0



 ……亜美とりっちゃんはそれからほどなくしてやってきた。

律子「それじゃあ、準備するわよー!」

春香「さあさあ、真美も一旦、外に出て」

真美「オウケイだよー!」

亜美「あっ、真美」

真美「ん?」

 事務所のドアの前で、亜美とふたりきり。

亜美「……手ぇ、つなご」

 亜美の右手が、差し出された。



64: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 23:01:47.75 ID:HA1y125T0


真美「……どしたの?」

亜美「ううん、なんとなく」

真美「……亜美」

亜美「…………あのセカイ、ひとりだと全然抜けられなかったんだよね」

真美「え?」

亜美「やっぱり、亜美は真美がいないと……ダメ、みたい」

真美「…………うん」

 ぎゅっ、と。亜美のぬくもりを感じる。
 また、手をつなげたね。



65: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 23:07:06.91 ID:HA1y125T0


「亜美、真美ー! もう入っていいよー!」

「ミキ、早くお祝いしたいのー!」

「お待ちしていますよ」

真美「亜美、いこっか!」

亜美「うん!」

 真美も、そう思ってるよ。
 だって亜美と真美は双子だから。

 真美は右手で、思い切りドアノブをひねって、ドアを開けた。

「亜美、真美! お誕生日おめでとう!」

 ひとりじゃ出来ないことでも、ふたりなら出来るかもしれない。
 だから、手をつなぐんだ。



66: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/22(水) 23:08:15.25 ID:HA1y125T0


 終わりです。亜美真美お誕生日おめでとう!
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。



引用元: 真美「亜美、あのね」