1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 15:53:33.57 ID:qFxlGY+U0

ガチャ

P「幸子、収録お疲れ様。帰るぞー」

武田「…いい収録だった。掛け値なしに」

幸子「ボクはカワイイですからね!当然です!」

幸子「でも、お礼くらいは言ってあげることにしますよ」


武田「ほう」

P「」

no title




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 16:02:13.73 ID:LKV0q4ebo

これもうここで終わっても笑ってしまうwww


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 16:23:03.82 ID:qFxlGY+U0

P(なんか控え室にえらい人がいる……)

P(幸い、こっちには気がついていない……)こそこそ

P(しばらく様子を見ようか……)


武田「いいね。その自信」

武田「そう、空気なんて読まなくていい」


幸子「そうですね。空気を読む必要なんてありません」

幸子「なぜならボクはカワイイから」

幸子「空気がボクにあわせるといったほうが正しいでしょうね」

武田「ほう」

武田「君……、自分のカワイさについて話せる?」

幸子「もちろんですよ!」

幸子「あと、ボクの名前は幸子です」

武田「すまないね。僕は武田。武田蒼一だ」

幸子「それでは始めましょうか……」

P(なんか始まったぞ……)




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 16:30:33.91 ID:cMvDEdkgo

幸子の表情が完璧予想できて困るw


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 16:34:03.32 ID:DWnbGZ6Ko

ジワジワ笑いがこみ上げてくるww


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 16:37:51.75 ID:qFxlGY+U0

幸子「そうですね、あれは以前のライブの話です」

幸子「凡庸なアイドルなら、普通にステージに現れることでしょう……」

幸子「ですが、ボクは違いました……」

幸子「……イン・ザ・スカイ」


幸子「そう、いってしまえばボクは天使ですからね。空から舞い降りたんですよ」

幸子「光輝くステージに……」


武田「ほう、なかなか興味深いな」


幸子「話がわかる方なんですね、あなた」

武田「ああ、ありがとう。だが、ボクは…」

武田「武田だ」スッ


幸子「すみませんでした、武田さん」ガシッ

武田「ああ」ガシッ


P(握手までして、なんか意気投合してるぞ……)


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 16:43:54.29 ID:Bpkk6XcAO

この二人は出会ったらアカンヤツだろwwww


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 17:17:54.97 ID:qFxlGY+U0

幸子「話を続けましょうか」

幸子「打ち合わせでは、スカイダイビングでボクがステージの真ん中に空から現れる予定でした」

幸子「スカイダイビングの経験は、直前に練習しただけ」

幸子「一般人ならステージにたどり着くことさえ難しいでしょう」

幸子「ですが、ボクはカワイイ上に万能ですからね」

幸子「無事にステージへとたどり着きました」

幸子「これがそのときの画像です」


幸子 ぷらーん


武田「ほう、ステージセットに……」


武田「一筋縄ではいかない……というわけか」

武田「そうだ、こんな話がある」

武田「それはまだ、僕が学生の頃の話だ……」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 17:44:04.74 ID:qFxlGY+U0

武田「当時の僕は、まだ駆け出しのミュージシャンだった。それでも、自分の音楽には絶対の自信を持っていてね……」

武田「その頃は古い洋楽に傾倒していたこともあって、流行の歌謡曲を小ばかにしていたものだよ」

武田「そう、今となっては愚かしい事だ。音楽とは人の心を揺さぶるもの、その表現には限界などつくるものではない。それなのに当時の僕は自らの音楽、そして感性を型にはめてしまっていたんだ」

武田「そのことに気がついたのはとあるレコード会社の人と出会ったときだった。当時の僕は、彼らのことを偽者の音楽を広めるだけの存在だと考えていたんだ……。だが、その認識は誤りだった……」

武田「そう、彼はプロ中のプロだった。それまで僕があった業界人の誰よりも音楽に精通していた人物だった……」


P(話なげぇ……)

---

武田「……というわけだ」

武田「人ははじめに定めた目標に向けて努力をするものだ。だが、それは続けているうちにだんだんとずれていってしまう」

武田「それは周囲の視線や、自分自身に対する『こうあるべきだ』という期待、義務感に起因する」

武田「そう、それはなれてきた頃に一番陥りやすい、危険な罠なんだ……」


P(あれ?これそういう話だったっけ?)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 17:53:05.72 ID:qFxlGY+U0

幸子「そんな事があったんですか……、ボクも気をつけないといけませんね……」

武田「ああ、気をつけた方がいい」

幸子「ところで、カワイイボクの話を長々と中断させるなんて武田さんもやりますね……」

武田「ああ、すまなかったね。話を遮ってしまった。続けてもらえるかい?」

幸子「ええ、ボクは寛大な心の持ち主ですからね、許してあげますよ」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 17:55:00.77 ID:1fwsL/DKo

遮られても、ちゃんと話を聞いてる幸子は優しいなあ!


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 18:11:14.50 ID:qFxlGY+U0

幸子「ボクはスタジオセットに引っかかってしまいました。神様もきっとボクに試練を与えたんでしょうね」

幸子「カワイイ子には旅をさせろ、ライオンは子供を谷底へ」

幸子「古今東西、カワイイ子には試練が立ちはだかるものです」

幸子「ボクに試練がないはずがありません」

幸子「これは失敗でしょうか?」

幸子「否、成功です」

幸子「ボクはその状況でもいつもと同じように歌いきりました」

幸子「風に揺られながら……」

幸子「そんな健気なボクに観客が盛り上がらないはずがないでしょう?」ドヤァ

武田「ピンチをチャンスに変えた……というわけか」

武田「それはとても難しい事だ。だが、君にはそれができた…、それは君g…」

幸子「……カワイイからです」

P(幸子のやつ、あの武田さんにかぶせてきやがった…!流石に、まずいだろ……)

幸子「そういえば、こんな話もありました…」


武田「ほう、実に面白いな。続けたまえ」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 21:11:13.50 ID:qFxlGY+U0

幸子「そう、あれはまだボクが埼玉でアイドルをしている頃のことでした」

幸子「当時のボクには、プロデューサーもついていませんでした。ですが、ボクは埼玉のアイドルを仕切る……」

幸子「いわば、エリアのトップともいえる存在でした」

武田「ほう」

幸子「一人きりで活動するアイドル……」

幸子「それは想像を絶する厳しさでした……」

幸子「武田さん、それがあなたに想像できますか……?」

武田「ああ、そうだな」

武田「こんな話もある……」

P(もうこれ狙ってやってるんじゃないかなぁ……。息ぴったりじゃねぇか)


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 22:14:32.22 ID:ZbkrpGVio

濃厚なやり取りだなwwww


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:20:31.81 ID:v8H/GiWF0

武田「彼女、とても可憐な少女だった……。そんな彼はとある大きな問題を抱えていてね。」

武田「そう、誰も予想できないような大きな問題だ。だが、彼にはそれを話せる相手がほとんどいなかった…。後になって聞いたが、失禁するほどだったらしい」

幸子「そ、そんなにですか……」

武田「ああ。僕にも彼の苦悩は想像できない。評価されているのは偽りの自分。そんな状況の中で揺らぐアイデンティティ」

武田「そう、いつだって一流と二流の間を分けるのは思いの強さだ」

武田「彼女は打ち勝ったんだ。逆境に……」

武田「彼女……、いや彼は間違いなく一流だった。そしてそれを証明して見せた。その姿はすばらしいものだったよ…」

武田「そう……、掛け値なしに…ね」




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:30:22.05 ID:v8H/GiWF0

武田「秋月涼、君も名前くらいは聞いたことがあるだろう?国民的アイドルの彼の名前を」

幸子「あ、あの秋月さんですか……」

武田「確かに君の逆境もなかなかのものだっただろう。だが、上には上がいる。そこで慢心しているのでは二流で終わってしまう」

幸子「に、二流!?このカワイイボクがですか!?」

武田「気を悪くしたのなら謝ろう。すまなかった」

武田「だが、僕から見れば君は酷く不完全だ。そう、まるであるべきはずのピースを失ったジグソーパズルのように。以前の彼を見ているようなんだ」

武田「オールド・ホイッスルの主催者として、そして一人の業界関係者として聞こう……」

武田「何か隠している事が、何か抱えていることがあるんじゃないか?」

幸子「……仕方ありませんね。」

幸子「ボクも一人のアイドルです。そこまで言われたら語るしかないでしょう……」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:36:59.98 ID:v8H/GiWF0

P(幸子の秘密?そんなのあったか?)

武田「僕のは大いに期待しているよ。君ならスターダムへと駆け上がることもできるだろう。答えの如何によってはね……」

幸子「そこまで言うという事は、大体察しがついているんじゃないですか?」

武田「なかなか鋭いじゃないか」

幸子「だって、そう考えるでしょう?一流作曲家。そしてあのオールド・ホイッスルの主催者……」

武田「そう、」




武田「僕だ」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:39:03.62 ID:T6z2e+0ho

くっそwwwwww


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:42:05.35 ID:v8H/GiWF0

幸子「全く、しびれますね。その表情……」

幸子「そして、その台詞。誰にもまねできませんよ……」

武田「ありがとう」

武田「だが、その僕にここまでの興味を抱かせる少女がいる。自分で言うのもおかしな話かもしれないな」

武田「だが、僕の誇りにかけて言おう。そんな少女はなかなかいない。そう、大した原石だ……」

武田「それは……」



幸子「そう」




幸子「ボクです」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:49:15.84 ID:v8H/GiWF0

幸子「もったいぶるのも止めにしましょうか」

武田「ああ」

幸子「それでは明かしましょう。このボクが抱えてきたものを……」

幸子「並大抵のアイドル、いや、人間なら、いや、生物なら……」

幸子「耐え切れないほどの、荷物を……」

武田「それは過言ではないのだろうな……」



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:54:32.69 ID:v8H/GiWF0

幸子「…ボクは…」

武田「……男、なのだろう?」

幸子「…ええ、ボクはオト…」

幸子「…え?」

武田「なに、恥ずかしがる事はない」

武田「それは、僕の知らない苦悩、葛藤だ。それを推し量る事なんて僕にはできない」

武田「そうだ、こn」

幸子「いや、ちょっと待ってくださいよ!?」

武田「そう、こんな話もある」

P(言い直しやがった……!)


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:05:00.06 ID:v8H/GiWF0

幸子「言わせませんよ!?ボクが男?こんなにカワイイこのボクが!?」

幸子「神への冒涜レベルですよ、全く。こんなに天使なボクを捕まえて男だなんて……」

武田「そうか、それならば君の背負うものとは一体なんだ?」

幸子「ボクの背負うもの?そんなものは見たらわかるでしょう?」

幸子「このカワイさですよ……!」

幸子「押さえてもあふれ出してしまう、この愛らしさ……」

幸子「もしボクがこのカワイさを本気で開放したらどうなるでしょう?」

幸子「東京が、いや、日本が…」

幸子「いや、世界がヤバイです。」

幸子「そう、ボクのカワイさで地球がヤバイ……」

幸子「そのくらいわかるでしょう?」



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:12:54.57 ID:v8H/GiWF0

武田「なんだ、その程度か……。そう、期待はずれだ」

武田「君はやはり二流で終わるのかも知れないな」

幸子「ボクだってこんなに目がフシアナな人は始めて見ましたよ!」

幸子「オールドなんたらの主催者か知りませんが信用なんてできませんね!」

武田「そうか、それならお互いに……」

幸子「お話にならないということです……!」


二人は互いをにらみつけるとそれぞれ廊下に出て反対方向へと歩を進めた
俺はというと結局物陰から出ることができなかった

話が始まってから5時間ほどが過ぎていた
足がしびれていう事を聞かないのだ

P「まぁ、ケンカ別れだ。もうこんなこともないだろう」

P「武田さんも偉いけど、全うなひとだからな。幸子に圧力なんてかけないだろうし」

P「なんとかなるさ……」




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:15:51.46 ID:v8H/GiWF0

翌日

P「幸子ー、CDの収録上手くいったかー?」

武田「いい歌だった…、掛け値なしに」

幸子「ありがとうございます……。それでははじめましょうか……」

武田「ああ」

武田「君の可能性を探るための…」

幸子「ボクのカワイさを理解してもらうための…」


幸子・武田「……語らいを」


おしい


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:17:27.63 ID:v8H/GiWF0

すみません、ミスタイプです

これでおしまいです。


正直、出オチの一発ネタだった気がします
ネタ的にもっと上手く書ける人がいる気がします


駄文失礼しました


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:17:57.74 ID:TmSoOyqDo

そう、乙だ


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:19:07.60 ID:oGOeP19Mo


この組み合わせは予想できなかった……
DS組との絡みもっと増えろ


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:23:30.73 ID:YBfsveot0


爆笑したわ


引用元: 幸子「そう、ボクです」