1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:11:56.43 ID:9OhYcuee0

---

P「……んー」

カタカタ

律子「……」

P「律子ー」

律子「……」

P「……チョイ」プニッ

律子「ひゃぁ!! な、何するんですか!」

P「いや、つっついてくれと言わんばかりにお腹が見えていたもので」

律子「見ないでください!」

P「そんな無茶なー」

律子「今明日のスケジュールを調整してるんです! 邪魔しないでください」

P「はーい」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:14:00.87 ID:9OhYcuee0

カタカタ……

P「……律子ー」

律子「……」

P「りーつーこー」

律子「……なんですか」

P「……なんでもない?」

律子「なんで疑問系なんですか」

P「さぁ?」

律子「……はぁ」

P「……律子~」

律子「何ですか」

P「呼んだだけー」

律子「……」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:16:45.73 ID:9OhYcuee0

P「ねぇ、律子ってばー」

律子「……ここも直さなきゃ」

P「りーつーこーさーん」

律子「……」

P「すみません秋月さん!」

律子「……」

P「……りっちゃん」

律子「なっ!?」

P「やっと反応した!」

律子「う、うるさいです!! 静かにしててて下さい!!」

P「しててて?」

律子「あ、違……あぁもう!!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:18:16.15 ID:9OhYcuee0

P「ねぇねぇ律子~」

律子「……」

P「りっちゃん?」

律子「……もう、効きませんから」

P「次は呼ぶだけとかじゃないからさー」

律子「……じゃあ用件を先に言えばいいじゃないですか」

P「でも返事して欲しいっていうかさ」

律子「……今仕事してるんです」

P「律子さん!」

律子「しつこい!」

P「今日の晩ご飯はなんですか!」

律子「だから……! あ、え? えっと、特に決まってなかったような……」

P「手が止まってますよ?」

律子「……抜きでいいですか」

P「あぁ、ごめん! 嘘です!すみませんでした!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:20:26.02 ID:9OhYcuee0

P「あー暇だなー。んー、そういえば耳が痒い」

律子「……」

P「……んー」

律子「……」

P「りー……」

律子「……はい」

P「……っぷくりーむどこにやったっけなー」

律子「……」

P「……律子?」

律子「……後で、いいなら」

P「え、マジで?」

律子「……な、何がとは言ってないですよ」

P「やった! いつぶりだろう律子の膝枕~! ひっざまっくら~!」

律子「ぐ……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:23:35.92 ID:9OhYcuee0

P「そんなに仕事が大事か?」

律子「もちろんですよ」

P「俺とどっちが大事?」

律子「……」

P「迷う?」

律子「……ぜ、前者で」

P「前者?」

律子「は、はい」

P「前者ってことは……どっちだっけ?」

律子「も、もういいですから! 聞き逃した貴方が悪いんです!」

P「……でも、どっちも、じゃないのか~」

律子「なっ!?」

P「でも、せっかく選んでくれたんだし! ありがたく受け取っておきましょう!」

律子「き、聞こえてたんじゃないですか……いじわる」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:26:10.39 ID:9OhYcuee0

P「まだ終わらないのー?」

律子「なんですか子供みたいに」

P「二人のときくらい甘えてもいいって」

律子「……言いましたけど」

P「待つのはもう疲れたかな、って」

律子「なら手伝ってくださいよ!」

P「やだ」

律子「ど、どうして……」

P「仕事をしてる律子って、美人だし眺める方に集中したいから」

律子「なっ!!?」

P「もちろんいつも美人さんですけど! それに、キビキビしてる!」

律子「……」

P「そんな真剣な律子にちょっかいを出して、怒られるのが楽しくて!」

律子「ひ、一人でやります!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:28:23.69 ID:9OhYcuee0

律子「……ふぅ」

P「終わった!?」

律子「まだですよ。結構直しがあるので。でも一段落ってところです」

P「そんなに根詰めなくていいんじゃないか? 明日でもいいわけだろ?」

律子「それはそうですけど、できるだけ終わらせておいた方が」

P「そういうもんかね」

律子「そ、それにその……明日は、オフですし……」

P「え? 律子もオフなのか?」

律子「だ、だから言ってたじゃないですか!!」

P「ということは……明日をエンジョイするために今日頑張ってたってことか!」

律子「え、エンジョイって別に私は……」

P「ん? どこか行きたいところとかがあるわけじゃないのか?」

律子「……貴方と二人なら、こうやって家でのんびりしてても、全然」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:29:52.15 ID:9OhYcuee0

P「……ほう」

律子「……って、あ、ち、違っ!! わ、私何言って!!」

P「何を今更照れる! しかし照れた律子も可愛い!」

律子「や、やめてくださ……」

P「……そういうことなら俺も手伝うし」

律子「……」

P「だから……」


P「耳かきの方を先にお願いしてもいいですか!」

律子「え? あ、えっと……は、はい」

---


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:30:29.72 ID:9OhYcuee0

P「耳かき終わったらどこか食べにでも行こうか?」

律子「え?」

P「珍しいオフなんだ、前日に外食なんてこんな日にしかできないだろう?」

律子「そ、そう……ですね」

P「晩ご飯も決まってないって言ってたし、たまの贅沢だ!」

P「本当なら手料理を食べたい訳だが、いかがかな?」

律子「わ、私は別に……」

P「それに……もし乗り気なら、そのままどっか泊まってっても?」

律子「……怒りますよ」

P「あっはっは! 冗談冗談!」

律子「……そういうのなら、別にここでも」

P「え?」

律子「な、なんでもないです!!」

P「い、痛っ!!?」

律子「あっ!? ご、ごめんなさい!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:31:20.33 ID:9OhYcuee0

律子「……外食ね」

P「……」

律子「耳かきしたらいつも寝ちゃうくせに、本当こういうところは甘いというか」

律子「……別に今のままで十分幸せなんですよ」

律子「プロデューサー……」スッ

ムニッ
律子「ひゃああ!!」

P「はっはっは! 引っかかったな!」

律子「な゛っ!!!」

P「いつも寝てると思ったか! このムチムチのお腹が……あ、あれ?」

律子「……」

P「あ、あの……もしかして、何か……」

律子「……知りません」

P「えっと、その……つい、出来心で、何か気分を害してしまったのならそれは……」

ギュッ
P「……え?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:32:06.48 ID:9OhYcuee0

律子「……いつものお返し、ですよ」

P「……やられたな」

律子「やられっぱなしじゃ、つまんないですから」

P「……でも、それはそれで卑怯だ!」ガバッ

律子「えっ! わぁ!!」ドサッ

ギュッ

P「俺も、律子をギュッてしたい」

律子「……どうぞ、好きなだけ」

P「好きなだけ? そうかそうか……それならば」

律子「ちょっ!! な、何考えてるんですか!!」

P「別にやましいことなんて考えてないさ。それは帰ってきてからということになったしな」

律子「も、もう貴方って人は……」

P「さて、時間も時間だしそろそろ行こうか」

律子「……そうですね。それじゃ、お願いします」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:33:49.79 ID:9OhYcuee0

律子「あっ、忘れ物……」

P「ん? それじゃ車で待ってるよ」

律子「は、はい。すみません!」


律子「はぁ……流石にテンパリすぎでしょ……」

律子「でも、二人で外食なんて久しぶりだし……」

律子「ここが……私達の家」

律子「……幸せって、こういうことなのかしら……」

P『おーい、律子~』

律子「わぁ!! び、びっくりした……ぼーっとしてたわ……」

律子「……よしっ! 急がなきゃね」

律子「……プロデューサー」

律子「これからも、よろしくお願いしますね?」

バタン

---今何か言ってたか? いえ、何も?早く、行きましょう? 急にどうしたんだ……?




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 20:36:46.01 ID:ZLnegc4/0

乙!!

律子さんかわいいっすね


引用元: P「おーい律子」