2: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:03:27.70 ID:wK3E8HPSo

P「……どういうことだ……」

春香「プロデューサーさん、何落ち込んでるんですか?」

P「やよいが…… やよいが……」

P「うっうーしか言わなくなった……」


3: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:04:03.89 ID:wK3E8HPSo

春香「へ?」

ガチャ

やよい「うっうー!」

春香「あ、おはようやよいちゃん。プロデューサーさんったら、やよいちゃんがね……」

やよい「うっうー?」

春香「挨拶はもういいんだよ?」

やよい「うっうー」

春香「…………」

やよい「うっうー……」

春香「やよいちゃんがうっうーしか言わなくなった!」


4: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:04:33.52 ID:wK3E8HPSo

P「だから言ったろ……」

春香「はい……」

P「どうしたんだ、やよい? なにか俺たちと話したくない理由でもあるのか?」

やよい「うっうー……」フルフル

P「首を振ってるってことは違うのか……」

やよい「うっうー」コクン

春香「もしかして、うっうー以外喋れないの?」

やよい「うっうー」フルフル

春香「他に喋れる言葉があるのね?

やよい「うっうー」コクン

P「喋ってみてくれないか?」


5: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:05:09.30 ID:wK3E8HPSo

やよい「……はい、たーっち!」

P「おお……」

春香「やよいちゃん。それ、『はい』って返事はできるんじゃないの?」

やよい「はい!たーっち!」フルフル

春香「なるほど、区切れないのね……」

P「難儀な……」


6: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:06:02.04 ID:wK3E8HPSo

春香「他には? 他にはあるの?」

やよい「……うっうー」コクン

P「なんだかさっきまでより躊躇いがちだな」

春香「言いにくい言葉なんですかね……?」

P「やよい。俺たちは笑ったりしない。
  少しでも今できるコミュニケーションの手段を増やすために、
  言ってみてくれないか?」

やよい「……うっうー」コクン


7: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:06:37.13 ID:wK3E8HPSo

春香(どんな言葉なのかな……)

P(卑猥な言葉だったらどうしよう……
 天使なやよいからそんな言葉……)

やよい「……もやし」

春香・P「ブフォッ」


8: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:07:06.71 ID:wK3E8HPSo

やよい「うっうー!!!」ムスッ

春香「ごごごごごごごめんね! やよいちゃん!!
   わざとじゃなくて、いきなりだったから……」

P「そうだぞ、やよい。俺たちは真剣にやよいの心配をして……」

やよい「もやし」

春香・P「ブフーッ!!」

やよい「うっうー……」シュン

P「ち、違うんだやよい……」ガクッ

春香「わざとじゃ、わざとじゃないのよ……」ガクッ


9: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:07:38.73 ID:wK3E8HPSo

やよい「うっうー」ナデナデ

P「許して、くれるのか……?」

春香「やよいちゃん……」

やよい「うっうー……」シュン

やよい「うっうー」フルフル

やよい「うっうー!」ニコッ


10: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:08:46.62 ID:wK3E8HPSo

P「なんだか、やよいが、
  『笑われたのは悲しいけど、プロデューサーさんたちが、
   本気で笑ったんじゃないのはわかります。元気出してください!』って言ってるみたいだ……」

やよい「うっうー……!」

春香「当てられてビックリ、みたいですね。さすがプロデューサーさん」

P「伊達にやよいを見てねぇぜ!」

やよい「うっうー?」

春香「やよいちゃん、元ネタわかんないみたいですよ」

P「ジェネレーションギャップか……」

春香「そんな、私とやよいちゃんの世代が違うみたいじゃないですか!」

P「え?」

春香「え?」


11: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:09:16.79 ID:wK3E8HPSo

――・・・

P「でだ」

春香「はい」

やよい「うっうー」

P「原因はなんだと思う?」

春香「うーん、日本語を忘れた……」

やよい「うっうー……」

春香「……わけじゃなさそうですね」

P「だな」


12: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:09:46.10 ID:wK3E8HPSo

春香「うーん、さっぱりですね。
   プロデューサーさんは何か思いついてないんです?」

P「俺が思いついたのは二つ」

やよい「うっうー!」


13: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:10:57.97 ID:wK3E8HPSo

P「一つは……夢オチ」

春香「は?」

P「つまり、これは誰かが見てる夢だったんだよ!」

春香「な、なんだってー!!」

やよい「うっうー!!」

春香「と、驚いてみたものの。そんなわけないじゃないですか」

P「だよなぁ」

春香「もう一つは?」


14: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:12:16.88 ID:wK3E8HPSo

P「心の奥底で、やよいが喋りたくないって思ってた、とかかな」

やよい「うっうー」フルフル

春香「違うみたいですよ?」

P「やよいの知らない、心の奥の奥なんだよ…… きっとな」

やよい「うっうー……!」

P「だからきっと、俺たちとも……」


15: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:12:53.83 ID:wK3E8HPSo

やよい「うっうー……」ポロポロ

春香「や、やよいちゃん!? 泣かないで!」

P「ご、ごめんな! そんなことないよな!
  やよいはみんなと話すの大好きだよな?」

やよい「……うっうー」

P「そうだよな! 話したくないわけないもんな! 勘違い!勘違い!」

やよい「……うっうー」ムスッ

P「ご、ごめんなぁ」


16: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:13:31.73 ID:wK3E8HPSo

やよい「うっうー」

春香「もう、プロデューサーさんったら、イジワルなんだから、ねー?」

やよい「うっうー!」フルフル

春香「やよいちゃん優しいなぁ」

P「誰かさんと違ってな」

春香「のヮの」

P「しかし、なんなんだろうな」

春香「さっぱりですね」


17: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:14:00.20 ID:wK3E8HPSo

P「こういうときは専門家に聞くべきだよな」

春香「専門家ですか?」

やよい「うっうー?」

P「そうそ。どこしまったかなー…… お、あったあった」


18: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:14:55.31 ID:wK3E8HPSo

春香「月清のラーメンカップですね。それがどうかしたんですか?」

P「1、表面のラップをはがします」

やよい「うっうー?」

P「2、ラーメンを開けて、沸騰したお湯を注ぎます」

春香「ふんふん」

P「3、なるべく意識を離します」

やよい「うっうー……?」

P「貴音ー?」

貴音「はっ!? あなた様…… 私を謀りましたね……?」

春香「た、貴音さん。いつの間に割り箸持ってラーメン開けてるの……」

貴音「……ふふ、乙女には秘密があるのです」

P「ま、報酬先払いってことで、食べていいぞ」

貴音「ありがたく頂かせていただきますね……」


19: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:15:39.74 ID:wK3E8HPSo

――・・・

貴音「美味でした…… 本物とは違いますが、
   やはりらぁめんには違いありませんね」

春香「貴音さん、食べるの早っ……」

やよい「うっうー」

P「その間、わずか2秒である……」

貴音「それでは、らぁめんも頂きましたし、私はこれで……」

P「待て待て。そこで帰ったら単にカップめん食いに来ただけだろうが」

貴音「あめりかんじょぉくというものです」

春香「アメリカン……?」


20: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:16:11.24 ID:wK3E8HPSo

貴音「それで、わざわざ私を呼ぶとは……やよいの件でしょうか?」

P「まだ何も話してないのに、よくわかるな」

貴音「私ですから」

P「納得できるのが悲しい」

やよい「うっうー」

春香「何かわかるかな?」


21: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:18:27.39 ID:wK3E8HPSo

貴音「すみません、お力になれず……」

P「いや、気にするな。ありがとう、貴音」ポンポン

貴音「は、はい……」

春香(頭ポンポンいいなぁ……)


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/04(月) 20:18:35.46 ID:F5GXbmV20

2秒で食うとか味わうなんて次元じゃねえだろwww


23: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:18:55.59 ID:wK3E8HPSo

P「しかし……」

やよい「うっうー?」

P「いつからこうなったのか、やよいは心当たりあるか?」

やよい「うっうー」コクン

春香「朝は普通に喋れてたよね?」

やよい「うっうー」コクン

貴音「となると、それ以降になりますね……」


24: やべえ。春香→貴音の呼称間違えてるかも ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:20:37.02 ID:wK3E8HPSo

P「たしか、やよいが珍しく眠そうにしてたから、その時に昼寝勧めて……」

春香「その後から……ですかね?」

やよい「うっうー」コクン

P「なるほどな…… 昼寝以降か……」

貴音「しかし、私も先ほどらぁめんに起こされるまでは
   こちらで休んでいましたから……」

P「昼寝自体が原因ではない、と」

春香(貴音さん寝てたんだ……)


25: やべえ。春香→貴音の呼称間違えてるかも ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:21:29.72 ID:wK3E8HPSo

P「原因がまったくわからないな……」

春香「困りましたね……」

やよい「うっうー」シュン

貴音「やよい、落ち込んではなりません。
   この二人はあなたの事が大切だから、思い悩んでくれているのです。
   感謝こそすれ、落胆してはいけませんよ」

やよい「うっうー!」コクン

P(貴音が良いこと言ってる……)


26: 名前欄そのまま書いちゃった(´・ω・`) >>25 ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:22:27.89 ID:wK3E8HPSo

春香「……困りましたね」

P「ああ…… もうこんな時間になっちゃったしなぁ……」

春香「あ、いけない。私、この後……」

P「予定があるのか?」

春香「はい、うーん……」

やよい「うっうー」

貴音「春香…… やよいは気にせず行ってほしいと言っています……」

やよい「うっうー」コクン

春香「でも……」

P「大丈夫、あとは俺と貴音に任せてくれ」

春香「……はい、わかりました」


27: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:23:08.05 ID:wK3E8HPSo

やよい「うっうー」

春香「貴音さん、後は任せたよ?」

貴音「ええ、私達がなんとしても解決してみせますよ」

春香「すみません、プロデューサーさん、私はこれで」

P「ああ、また明日な」

春香「はい、お疲れ様です!」

ガチャ バタン カンカンカン……

P「さて、どうしたものか……」

貴音「はて……」


28: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:23:40.37 ID:wK3E8HPSo

P「昼からこうなんだったよな?」

やよい「うっうー」コクン

P「だとしたら、ご家族も知らないんだろ?」

やよい「うっうー……」コクン

P「今日このまま帰らせるわけにいかないよな……」

貴音「やよいのご家族が困ってしまいますものね……」

やよい「うっうー……」

P「う~ん……」


29: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:24:32.15 ID:wK3E8HPSo

ガチャ

伊織「話は聞かせてもらったわ!!」

P「伊織!?」

伊織「こういうときこそ、このスーパーアイドル
   伊織ちゃんにお任せ☆ にひひっ」

やよい「うっうー?」

伊織「私の家なら、少しくらい客室が余ってるから、
   一晩くらい泊まってもいいのよ?」

やよい「うっうー……」


30: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:25:01.29 ID:wK3E8HPSo

貴音「やよい、伊織もああ言ってくれていることですし、
   今日は伊織のところへ行った方がよろしいかと」

やよい「……うっうー」

P「やよいの家には、俺から連絡しておくよ」

伊織「今日くらい甘えちゃいなさいよ。私は歓迎するわよ?」

やよい「……うっうー」コクン

貴音「伊織、後は頼みましたよ……?」

伊織「まっかせなさい!」


31: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:25:48.64 ID:wK3E8HPSo

――・・・

765プロ 翌日

P「さて…… やよいはどうなったか……」

ガチャ

伊織「おっはよー!」

やよい「うっうー!」

P「昨日のままか……」


32: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:28:59.82 ID:wK3E8HPSo

伊織「なーんてね!」

やよい「おはようございます、プロデューサーさん!」

P「おおおお!!!!」

やよい「一晩寝たら、喋れるようになりました!」

P「やよい! 良かったな!」

やよい「はい!」

P「良かったぁ……」


33: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:29:52.91 ID:wK3E8HPSo

やよい「それじゃあ、私、事務所の掃除しますね!」

P「あ、ああ……」

P(喋れるようになった途端にこれとは、なんという天使)

伊織(ちょっとちょっと)

P(伊織が手招きしてる……)


34: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:30:42.94 ID:wK3E8HPSo

P「なんだ?」

伊織「昨日、やよいが寝た後に検査してみたんだけど……」

P「検査?」

伊織「ええ。どうやら、やよいがうっうーしか言えなくなったのは
   病気だったみたいなのよ」

P「……なんだそれ」


35: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:31:16.73 ID:wK3E8HPSo

伊織「私だって信じらんないわよ。
   水瀬家お抱えの医者が言ってたんだから、仕方ないでしょ?」

P「……それで、何か対策でもしたのか?」

伊織「いいえ。そこまではわかったんだけどね、対策はしてないのよ」

P「ってことは……自然治癒か」

伊織「そういうこと。一晩ゆっくり休んでよくなったみたいね」

P「良かった…… 再発の恐れはあるのか?」

伊織「一度かかったら二度とかからないらしいわ。ただ……」

P「ただ?」

伊織「その病気は『13歳から21歳までの女性にかかりやすい』らしいの」

P「……え?」


36: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:31:49.16 ID:wK3E8HPSo

ガチャ

春香「ヴァイ!」

千早「くっ」

美希「あふぅ」

あずさ「あらあら~」

真「まっこまっこりーん☆」

P・伊織「ダウト!」

真「ええ!?」

おわり


37: ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:34:43.94 ID:wK3E8HPSo

川島さんが「わかるわ」しか言わなくなった とか想像したけど、
よく考えたら平常運転だったorz


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/04(月) 20:34:53.58 ID:s+kkE7niO

真wwwwww

乙ー


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/05(火) 10:52:42.93 ID:wZBR66jqo

乙、「もやし」はずるいw


引用元: P「やよいがうっうーしか言わなくなった」