1: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:42:01.55 ID:ASMNE41n0


『時刻は5時25分。夕焼けスポーツのコーナーです!』

春香「千早ちゃん、今日はもう終わり?」

千早「ええ。……一緒に、帰りましょうか」

春香「うん! えへへー!」

『最初はメジャーリーグです』

律子「あ、春香。机の上のUSBとってくれる?」

春香「はーいっ」

『この試合、先発のダルビッシュ投手が魅せます』

春香「あ、ダルビッシュ」

千早「優!?」

ガタッ




2: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:42:54.94 ID:ASMNE41n0


テレレーレーレーレー

春香「え!? なにこれ! 照明が青に!?」

ガタッ

春香「千早……ちゃん?」

律子「ねぇ、今♪」

春香「『約束』!? なんで!?」

律子「見つめているよ、離れていても♪」

春香「千早ちゃん、律子さんが!」

千早「――――ぁ……」

春香「え、声……出ないの!?」




3: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:43:48.18 ID:ASMNE41n0


ガジャーン

春香「ひいっ!」

美希「もうなーみーだーをぬーぐってわーらって♪」

春香「ねえ、社長室の壁! 大破したよ美希! 真!」

真「ひとりーじゃーなーいどーんなときーだーって♪」

春香「真、Sレア顔してる場合じゃないから! 白煙あがってるから!」

パリンッ!

春香「窓が!」

伊織「ゆーめーみーるこーとはいきーるーこーと♪」

春香「伊織なら弁償できるかもしれないけどさ!?」

キュイーン チュワーン…

春香「ドア溶けちゃったよ!?」

響「かなしみーを、こえるー、ちーかーらー♪」

春香「こういう所まで完璧じゃなくていいよ!」




4: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:44:22.67 ID:ASMNE41n0


デデデン

律子・美希・真・伊織・響「あるこうー♪」

ピヨヨヨヨ ピヨヨヨヨ

春香「FAX!?」

『果てない道 四条貴音』

春香「貴音さん無駄に達筆ですね!」

ピリリリ ピリリリ

春香「電話だ……はい、765プ……」

亜美『うたおうー♪』

あずさ『そらーをこーえーてー♪』

春香「竜宮小町は忙しいから無理しなくていいよ!」ガチャ




5: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:45:09.42 ID:ASMNE41n0


パッ

真美・やよい「おもいがー、とどーくよーうーにー♪」

春香「観葉植物の中に隠れてたの!?」

コツコツ

雪歩「約束しようー、前を向くこと♪」

春香「やっと普通に……って衣装!? しかもパンキッシュゴシック! 曲調考えようよ!」

全員『Thank you for smile~♪』

デデデン

千早「あるこうー♪」

春香「あ、あのライブの時の……!」

P「やった!」

春香「プロデューサーさん!? いたんですか!?」




6: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:46:03.39 ID:ASMNE41n0


千早「はてーないーみーちー、うーたおうー♪」

春香「小鳥さぁん、どうしてこんな時にいないんですかー……」

千早「そらーをこーえーて、おもいがー、とどーくよーうーにー」

春香「なんなの……なんなのなの……」

千早「やくそーくしようー、まえをーむくーことー」

春香「思い出の曲なのにな……」

千早「Thank you for smile~♪」

デデデン

テレレーレーレーレー

春香「あの、みんな……?」

雪歩「千早ちゃんっ!」

千早「萩原さん……ありがとう!」ダキッ

春香「えっ……と…………」


7: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:47:13.47 ID:ASMNE41n0


春香「――へ?」

真「つまり、千早は弟さんの名前を聞くと、特殊なα波を出すんだ」

貴音「そしてどこからともなく『約束』が流れ始め」

真美「真美たち、あのライブの時みたいに歌っちゃうんだ」

美希「でも春香だけは巻き込まれてないの。
   美希は、春香が事務所の中でベストツッコミストだからって思うな」

春香「あの、ちょ、ちょっと待ってみんな!」

真美「どしたの?」

春香「私、優くんの名前は出してないよ。ダルビッシュって言っただけで」

真「フルネームにすればダルビッシュ有でしょ?」

春香「連想ゲームかい! 心配性のお母さんか!」

美希「おおー、なの」

パチパチパチパチ

貴音「さすが、べすとつっこみすと」

春香「別にそういうわけじゃないし、表彰されてもいませんっ!」


8: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:48:42.27 ID:ASMNE41n0


春香「それに、私が歌わない理由がツッコミ担当だからって……」

貴音「しかし、実際にそうなっているのです」

『時刻は6時15分。トゥデイニュースチェックです』

千早「じゆうな~いーろで~♪」

春香「……たとえば貴音さん。今千早ちゃんはあそこで音楽を聞いています」

貴音「春香がわたくし達と話す故、共に帰るのを待って欲しいと」

春香「そうですね。……この場合、今私が優くんの名前を出しても?」

貴音「はい。千早が優、と呟けば、その瞬間」

千早「優!」ガタッ

テレレーレーレーレー

貴音「このように……」

春香「千早ちゃんの声が出ないのも、デフォなんですか……?」




9: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:49:39.13 ID:ASMNE41n0


美希「ねえーめをーとじれーばみーえるー♪」

真「きーみのーえがーおー♪」

春香「青い照明とか、音源とか、α波じゃ説明つかないよね?」

貴音「聞こえてるよ、君のその声が♪」

真美「笑顔ーみーせーてかーがやいてーいーてとー♪」

春香「えっ、話すことも出来ないの!?」

シャッ

小鳥「痛みーをいーつか勇気へと♪」

春香「あ、えっと、おかえりなさい!?」

貴音「思い出を、愛に変えて♪」




10: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:51:10.24 ID:ASMNE41n0


デデデン

千早「あるこうー、もどーれぬーみーち♪」

春香「…………」

真「うたおうー、なかーまとーいーま♪」

スタスタ

雪歩「祈りをー、響かすようにー♪」

春香「また衣装……って、フォーエバースター!? 曲調考えようよ!」

千早「約束すーるよー、夢をーかなーえるー♪」

全員『Thank you for life~♪』




11: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:51:43.24 ID:ASMNE41n0


貴音「――とまあ、こうなってしまうのです」

雪歩「私、毎回衣装を着てる途中に呼び出されちゃうんです……」

真「…………これ、どうにかならないかなぁ」

春香「千早ちゃんは気づいてるの?」

真「ううん。千早、歌ってる間のこと、全く覚えてないみたいだよ」

千早「…………あっ、エナドリ足りない……」カチカチ

真「ほらね」

春香「あ、シンデレラガールズやってるんだね……」

貴音「それでは、千早の『約束』対策委員会、いんソファーを開催いたします」

真美「お姫ちんがinって言うと、違和感バリバリだよね→」

春香(こうして私、真、雪歩、真美、貴音さんの5人で対策委員会は始まったのです)




12: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:54:07.46 ID:ASMNE41n0

貴音「雪歩は、こういうことを常に予測し、丁度良い衣装を着るべきです」

雪歩「そんなこと言われても……四条さん、無理ですよぅ……」

春香「まず音楽とか照明とか、いろいろツッコミどころはあると思うんですが」

真美「ツッコミははるるんの得意分野だし、真美たちは遠慮しとくよ」

真「多分、ボクらが気づかないうちにいじってるのかな?」

 ――

千早「…………やっぱり、お仕事を進めていないのがいけないのかしら?」カチカチ

美希「千早さん、美希でも埼玉ぐらいまで進んでるの」カチカチ

千早「そう……」カチカチ

美希「…………フリートレードすれば?」カチカチ

千早「エナドリが足りないのよ」カチカチ


13: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:57:13.59 ID:ASMNE41n0


真美「耳栓とかすれば、防げるんじゃないかな」

真「持ってないよ……」

雪歩「でも、千早ちゃんの『約束』は私たちにとって特別な曲だから……」

春香「私以外のみんなは、耳栓とかをしないと歌っちゃうんだよね?」

貴音「ええ、そうですね。……耳栓、探しましょうか」

 ――

美希「どの娘が欲しいの?」

千早「えっと……『[ふわふわスマイル]』の三村かな子のSレアを1枚」

美希「だったら、美希持ってるよ?」

千早「本当に!?」

美希「じゃあ、あとで贈り物に入れとくね!」

千早「ありがとう美希、私絶対増資するわ!」

美希「うーん、美希のプロダクションじゃないから、それはハニーに言って欲しいの」カチカチ



14: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 21:59:17.97 ID:ASMNE41n0


春香(結局……耳栓は2セットのみ。私に一旦預けて、緊急時に投げ渡すことにナリました)

貴音「……分かりませんね、解決策が」

真美「まあ、原因が分かってないもんねぇ」

雪歩「もう7時になっちゃいますね」

真「そうだね……。というか、唐突に入ってくるプロデューサーを捕まえればいいんじゃないかな?」

春香「……電話してみる?」

真美「でもでも、りっちゃんもいないよ? 忙しいんじゃないかな」

貴音「携帯取り出し」ポパピプペ

真「貴音、スマホじゃポパピプペは言わないよ……」

貴音「すまほ?」

真「……ごめんなんでもない」

貴音「…………もしもし、あなた様」

雪歩「……プロデューサー、電話出てくれたんだね」




15: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:01:00.50 ID:ASMNE41n0


貴音「今、どちらに。…………はあ、奥日光」

春香「……なんで……?」

真「……温泉ロケの手配とか?」

雪歩「……あずささんとかがやりそうな仕事だけど……だったら律子さんだよね」

貴音「響の温泉ロケの撮影中なのですか」

真美「……ひびきん、さっき居たよね?」

真「……響は身体能力高いし、多分大丈夫だと思うよ」

春香「……そういう問題じゃないよね!?」

貴音「やよいも一緒なのですか?」

春香「……やよいと響ちゃんって、珍しい組み合わせだよね」

真美「……あ、でもやよいっち、ひびきんといおりんに家に来てもらったって」

真「……その縁で温泉ロケ?」

貴音「はい、はい。……ところで、あなた様。千早の件なのですが」




16: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:02:42.78 ID:ASMNE41n0


貴音「千早の近くで弟君の名や近いものを口に出すと、『約束』が始まって……」

春香「……状況が分かってても、改めて聞くと、コレ意味がわからないよね」

雪歩「…………うん」

貴音「どのような、ですか? 例えば、『優』と言うと――あっ」

真「バっ――!」

千早「……!」ガタッ

春香(ああーっ……)

千早「優……!?」

テレレーレーレーレー

春香「みんな、耳栓っ」

真美「えっ、あっ――」パッ

雪歩「春香ちゃ――」パッ

真「しまった! 取れな――」




18: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:06:48.65 ID:ASMNE41n0


真「ねえ、いまー♪」

春香「遅かったかーっ!」

雪歩「あ、平気だ! 平気だよ、春香ちゃん!」

真美「はるるーん、耳栓つけると平気だよ~!」

春香「本当!? 良かった……孤軍奮闘はいやだもん」

貴音「見つめているよ、離れていても♪」

バタン

律子「もうなーみだーをぬーぐってわーらって♪」

真美「りっちゃん、帰ってきたんだ! ってことは、竜宮が」

伊織「ひとりーじゃなーいどーんな時ーだって♪」

あずさ「夢みーるこーとはいきーるーこーと♪」

亜美「かなしみーをーこえるー、ちーかーらー♪」

雪歩「竜宮小町のみんなが……」

デデデン

貴音・伊織・あずさ「あるこうー、はてーないーみーち♪」

貴音・亜美・律子「うたおうー、そらーをこーえーてー♪」




19: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:10:52.34 ID:ASMNE41n0


ドガァン

高木「おもいがー、とどーくようーにー♪」

真美「しゃちょー!?」

春香「ああ、給湯室のしきりが!」

高木「約束しようー、前をーむくーことー♪」

律子「Thank you for smile~♪」

デデデン!

千早「あるこうー」

伊織「やった!」

雪歩「伊織ちゃんが言うの!?」

千早「はてーないーみーち、うたおうー、そらーをこーえーてー♪」

春香「千早ちゃん、こんなに喉を使っても記憶が飛んでるんだ……」

千早「おもいがー、とどーくようーにー♪」

真美「やっぱり千早お姉ちゃん、すごいよね……」

千早「約束しようー、前をーむくーことー、Thank you for smile~♪」


20: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:19:00.10 ID:ASMNE41n0


春香(そして)

高木「なるほど……。いやあ、私も恥ずかしながら、歌っていた記憶が無くてねぇ」

春香(社長も委員会に加わることになりました)

貴音「千早にやめさせることは出来ないのでしょうか?」

高木「そうだね……。如月君には、弟のことを克服してもらうしか、ないようだね」

真美「……はるるん、はるるん」

春香「……ん?」

真美「……なんだか、一気に話が重くなってきたよね」

春香「……ヘビーだね」

真美「……マーティ?」

高木「弟――優、という名前を聞いても彼女が歌わないように」

真「わーっ! わーっ!」

雪歩「社長、言わないで下さい!」

高木「えっ……ああ! すまない」

春香「ふう……セーフ」チラッ

千早「…………」スック

春香(立ち上がった!?)


21: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:22:53.88 ID:ASMNE41n0


千早「……春香」

春香「なっ、なにっ!? 千早ちゃん!」オロオロ

千早「もう、7時20分だけれど……泊まってく?」

春香「えーっと、うん、そうしようかな」

貴音「……千早、わたくしもご一緒してもよろしいでしょうか?」

千早「四条さんが? ええ、部屋は広いですから構いませんけれど……」

真美「あっ、じゃあ真美も泊まるー!」

真「ボクも!」

雪歩「私も!」

高木「じゃあ、私も」

千早「あの、社長は、ちょっと……」

高木「ああ、すまない。つい」

千早「えっと、私と、春香と、四条さんと、真美、萩原さん、真で……6人?」

春香「そう、だね。あの、千早ちゃん。大変なら私……」

千早「こんなに沢山の人に来てもらうの、初めてかもしれない……」キラキラ

春香(まさか最初に『約束』が始まった時、こんな急展開を迎えるとは思ってもいませんでした)


22: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:26:10.59 ID:ASMNE41n0


春香(ファミレスでご飯を食べて、千早ちゃんの家)

千早「ゆっくりしていて。私は布団を出してくるから」

春香「あ、私もー!」

千早「大丈夫よ、春香。お客さんなんだから」

春香「そ、そう? じゃあ、お言葉に甘えて」

貴音「……じゃんけん、ぽい!」パー

真美「ぽいっ!」チョキ

真「ぽい!」チョキ

雪歩「ぽい!」パー

春香「えっ、あっ、ぽい!」チョキ

真「へへっ、やーりぃ!」

貴音「なんと!」

春香(修学旅行のノリ……!)


23: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:29:36.17 ID:ASMNE41n0


春香「あの、貴音さん」

貴音「どうかしましたか?」

春香「私は、家が遠いから……ですけど。どうしてみんなは、千早ちゃんの家に?」

貴音「……いい質問ですね、春香」

雪歩「池上さんっぽいです」

貴音「そう、これは『約束』対策委員会の延長戦なのです」

真「委員会に延長戦って……?」

貴音「例えば、環境が違えば問題がないということも有り得ます」

真美「そっか! 千早お姉ちゃんのお家の中で、また『約束』に持ち込めるか試すんだね!」

春香「それでなんともなければ、原因は事務所。何かあれば、やっぱり千早ちゃんのα波……」

貴音「そういう事です」



24: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:32:42.55 ID:ASMNE41n0


千早「お待たせ。……? テレビ、つけてもいいわよ?」

真美「あ、じゃあお言葉に甘えちゃうよ~!」パチッ

春香「千早ちゃん、テレビ……」

千早「ああ、部屋があまりにも殺風景だからこれぐらいはと思って」

春香「みんなの番組、録画してあるの?」

千早「ええ。『モヤモヤふぇあり~ず』は特にダビングしているわ……ふふっ……」

春香「響ちゃんのツッコミ、好きそうだもんねぇ」

真美「……よし!」

雪歩「あ、ニュース?」

真「スポーツコーナーだね」

春香「…………なんか、嫌な予感が」


25: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:37:05.23 ID:ASMNE41n0


『それでは、メジャーリーグから! あのダルビッシュ投手が大活躍!』

春香「……」チラッ

千早「…………? どうしたの?」

春香「う、ううん!」

『このキレのあるストレート! メジャーの選手にプレッシャーを与えたダルビッシュ有』

千早「……っ」

貴音「!」

千早「…………」

真美「あ、あー、あれ、あれだよね! ダルビッシュって……ほら、あの、ほら、まこちん!」

真「えっ? あ、ああ、そうそう! 野球選手だよ! ね、雪歩?」

雪歩「ええっ!? えーっと、えっと、そうだよ! そうそう! ボールを投げるんだよね、春香ちゃん!」

春香「ほわっ! えー、えー、その、そう、そう! なんて名前でしたっけ、貴音さん?」

貴音「名前……そう、名前はダルビッシュ……有! 有です!」

千早「…………ゆう……!」


26: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:41:20.89 ID:ASMNE41n0


バッ

春香「電気が……!?」

パッ

真美「青……?」


千早「…………ずっと眠っていーられーたら」

雪歩「眠り姫……!?」

千早「……この悲しみをわーすれーられる」

真「どうして!?」

千早「そうねーがい、ねむーりにーついた、よるもある」


27: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:44:31.08 ID:ASMNE41n0


千早「あーれは、はかないゆめー、そう」

貴音「…………そう、ですか。わかりました」

千早「あなたーと見た、うたかたーのーゆーめ」

春香「貴音さん、何か分かったんですか?」

千早「たとえひゃーくーねんのー、ねむりーでさえー」

真美「お姫ちん、なになに!?」

千早「いつか、物語ならおわってくー、最後のページめーくーったらー」

デン デン デン…

真「これ、アイドルジャムの時の……伴奏が途中まで鳴らなかった時の音だ!」


28: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:49:04.31 ID:ASMNE41n0


千早「ねむりー、ひめー」

貴音「『目覚める 私は今』……ですか」

雪歩「もう、よくわかりません……」

春香「あの、貴音さん……?」

貴音「春香、真美、雪歩、真。よく聞いて下さい。
   千早の身体には、今弟君が宿っているのです」

春香「えっ!?」

真美「そんな…………だからなの!?」

千早「めざめるーわたーしーはー、いまー」

貴音「弟君を身体に感じた千早は、弟君の印象が強かったわたくしたちの思い出を、
   こうして吐き出しているのです」


29: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:52:18.77 ID:ASMNE41n0


千早「誰の助けもかー、りずー」

真「どうして分かったの?」

貴音「感じませんか? 千早の瞳……。
   生気がありません」

春香「……本当だ……」

千早「たったひーとーりーでもー」

雪歩「どうすれば、千早ちゃんは元に戻るんですか?」

貴音「それは分かりませんが……幸いにも、『眠り姫』ではわたくしたちは
   巻き込まれていません。それを利用するしか手はないでしょう」

真美「『眠り姫』を歌った時、真美たちは裏にいたもんね」

貴音「――裏に、いた……?」

真美「うん」

貴音「『約束』は、皆で歌った思い出。では、『眠り姫』は……千早にとって、どんな思い出でしょう?」

春香「えっ……?」


30: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:55:45.84 ID:ASMNE41n0


春香「――自分一人の力で、歌い上げた歌」

貴音「……だとすれば、わたくしたちは『眠り姫』を共に歌い…………、
   春香」

春香「は、はいっ!」

貴音「わたくしたちのことを、精一杯ツッコんでください。
   きっと、最後に千早のことをツッコめば、彼女は元に戻ります」

春香「…………えっ」

雪歩「が、頑張りますっ!」

真「千早、待っててね!」

真美「よーし! 頑張るよー!」

春香(真面目な雰囲気だけど、貴音さんの言ってることって……)

千早「あーすーへー」

貴音「あーるきだすたーめに♪」

千早「……!?」



31: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 22:59:40.27 ID:ASMNE41n0


真美「朝の光がまーぶしーくてー♪」

雪歩「…………」

真「涙ー、あふれてもー♪」

貴音「ひとみをー、あーげー、たまーまでー♪」

千早「――っ、ぁっ……」

春香(雪歩、カバンの中身を…………って)


貴音「どんな茨のみーちだーって♪」

真美「あなたとならば平気だった」

真「こーのーてーとて、つなーいでーずっと、歩くなら」

パッ

雪歩「きーづけばそばにいーたひーとは、遙かな森へとーさーっていた」

春香「衣装持ってきたの!? しかもそれストリートホッパーのやつだよね!?」

千早「ぅっ…………」

春香(なんか効果ありそうなんですけど!?)


32: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 23:04:18.23 ID:ASMNE41n0


貴音「てーをーのーばし、なまーえーをーなんど、呼んだって♪」

千早「……っ、ぁぁっ」

雪歩「わーるい、ゆーめーなーらー、いい♪」

真美「そーうねがーってみーたーけーどー♪」

春香「真美、エアマイクなの!? しかもインカム!? 分かりにくいよ!」

千早「ああっ!!」

春香「えっ!?」

真「たとえひゃーくーねんのー、ちかいーでさえー♪」

真美「それが、砂の城なら崩れてく♪」

貴音「さあ、春香! 千早にツッコミを入れてくださいっ!」

雪歩「最後のKissをおーもいーでに♪」


千早「ぅ……」


春香「……千早ちゃん!」

千早「……?」

春香「……取り憑かれてるなんて知らなかったよっ!! 事前に言ってよっ!!」


33: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 23:05:53.84 ID:ASMNE41n0


真美「――!」

真「――――!」

雪歩「…………っ!」

貴音「……千早!」


春香「千早ちゃんっ!!」



デン!



千早「ねーむりー、ひめー♪」

春香「やったあ!」

真美「千早お姉ちゃん!」

真「千早っ!」

雪歩「千早ちゃん!」

貴音「――成功、したのですね……」


34: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 23:09:25.20 ID:ASMNE41n0


千早「あおきひかりのむーこうーへとー、なみーだはー」

春香(千早ちゃんは歌いきった。『眠り姫』を)

千早「ぬぐいーさりー、あーのーそーらー、みーあーげてー♪」

貴音「千早!」

千早「……」パタン

真美「うあうあー! 千早お姉ちゃ~ん!」

春香(ただ、すぐに倒れてしまったから、記憶はなかったけれど)


 ――――


春香(千早ちゃんはあれから、優という言葉を聞いても、もう歌わなくなりました)

千早「……よし、ゲット」カチカチ

春香(ちょっと残念、かな……)


35: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 23:12:39.78 ID:ASMNE41n0


ピロリン♪

千早「あれ? メール……」

春香(そして今日も、帰る約束をしているんです)

千早「……? 春香、美希と私、何か約束したかしら?」

春香「約束?」

千早「このメール」

春香「……」

『件名:(><)』

『本文:





  ……うそつき(><)

    -END-    』

デレレデレレ デレレレ デレレレデーン!

春香「あっ……! 身体、が、勝手に」

千早「ちょ、ちょっと、春香!? って、これって『START!!』……? 事務所の照明が赤く」


36: ネル ◆K8xLCj98/Y 2013/02/12(火) 23:13:54.18 ID:ASMNE41n0


春香「ラララっ、おっでかっけー♪」

千早「え、ちょっと、春香!?」

春香(今度は私が……歌うことになっちゃって……トホホ)


   おわり


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/12(火) 23:19:11.69 ID:LuBDDS9Go

乙!


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/13(水) 12:11:03.29 ID:L9rieyTFo

おつ


引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1360672921/