春香「はぁ……はぁ……えほっ」

響「とりあえず座ろうか春香」

春香「はい……」

響「……大丈夫か?」

春香「な、なんくる……」

響「なんとかなってない。挨拶すらまともにできてなかったぞ」


7: 春香さんのキャラがおかしいから注意ね 2013/02/11(月) 23:44:46.94 ID:GdZBWSsq0

春香「風邪引いちゃって……」

響「でも頑張って来たのか……」

春香「勝手に休んでみんなに……迷惑かけちゃいけないと思っ……げほげほっ」

響「こう言うのもなんだけど、風邪移されるほうが迷惑だからな?」

春香「だよね……ごめんね……私みたいなのは穴掘って埋まって窒息死すればいいんだよね……」

響「ちょ、ちょっと……春香らしくないぞ……別に怒ってるわけじゃないから……」

春香「そうだね……私らしくないよね……じゃあ私らしくリボンで首吊ることにするね……」

響「落ち着けェ!!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 23:49:27.00 ID:GdZBWSsq0

響「マズいぞ春香……病気してるとき特有のネガティブがハンパないぞ……」

春香「いつもこんなものだよ私なんて……貝になりたい」

響「と、とにかく、プロデューサーには自分が連絡しとくから、自分が帰ってくるまで事務所で待ってるんだぞ?」

春香「え……だったら帰った方がいいんじゃないのかな……?」

響「また数時間かけて帰るのも大変でしょ? っていうかやめといたほうがいいぞ」

春香「ここまで来れたんだから大丈夫だよ……」

響「だーめ!」

響「……自分、もう仕事行くけど、勝手に帰ってたら承知しないからな!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 23:54:03.58 ID:GdZBWSsq0

………………

…………

……

響「ただいま戻ったぞー」

小鳥「おかえりなさい響ちゃん」

響「ピヨ子ー、春香いる?」

小鳥「……」チラッ


春香「すぅ……すぅ……」


響(よしよし、ちゃんと待っててくれたんだな……)

小鳥「何回かフラフラしながら脱走しようとしてたから全力で止めといたわ」

響「…………ありがとピヨ子」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 23:57:00.77 ID:GdZBWSsq0

響「よいしょっと……」ヒョイ

春香「ん…………すぅ……」モゾ

響(起きないな……やっぱり思った以上に弱ってるのかな……)

小鳥「響ちゃんちまで負ぶっていくの?」

響「うん」

小鳥「友達思いねぇ」

響「ほっといたらリボンで首吊っちゃうかもしれないからな」

小鳥「ゆ、由々しき事態ね」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:00:30.05 ID:3mRXqqHD0

……………

響「ただいまー」

いぬ美「♪」

響「よしよし、みんなの大好きな春香が来たぞー」

いぬ美「わんっ!」

響「え? 春香のことが大好きなのはお前じゃないかって?」

響「もー! 何言ってんだいぬ美ぃ!」バシッ

響「……」チラッ

春香「……」スヤスヤ

響「……」

いぬ美「……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:05:30.18 ID:3mRXqqHD0

響「さて……」

響(冷静になって考えてみたら、今夜自分と春香は一つ屋根の下っていう……)

響「…………」チラッ

動物一同「?」

響「……みんな、どっか遊びに行っててもいいぞ」

動物一同「~~!!!」ギャーギャー ワァワァ

響「嘘! 嘘だって、冗談! 春香が起きちゃうから騒がないで!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:08:57.75 ID:3mRXqqHD0

春香「ん……あれ……ここは……?」

響「ほらああぁぁぁ! 起きちゃったじゃないか!」

動物一同「」ツーン

春香「響ちゃん……」

響「た、体調はどうだ春香?」

春香「うーん……イマイチ……けほっ」

春香「それより、なんで響ちゃんの家に……?」

響「事務所で看病するわけにもいかないからなー」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:14:03.32 ID:3mRXqqHD0

響「あ、春香の家にはピヨ子が連絡してくれたから大丈夫だぞ!」

春香「わざわざそこまで……ありがとう」

響「……事務所のみんなが心配してたぞ? やよいなんか春香のこと心配すぎてなかなか仕事に行こうとしなかったんだから」

春香「そっか……何から何まで……ごめんね……」

春香「結局みんなにも迷惑かけちゃったんだね…………ダメダメだなぁ私……死にたい……ぐすっ」

響「おーい……悪化した雪歩みたいになってるぞ……」

春香「響ちゃん、ちょっと長めのリボン持ってない……? 最悪ロープでも……げほげほっ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:19:26.90 ID:3mRXqqHD0

響「持ってるけど渡さないぞ」

春香「うぅ……げほっ……」

響「あのさ……自分もみんなも迷惑だなんて思ってないぞ? たかが風邪くらいで大げさだって……」

春香「…………」

響「みんなが心配してたのも、普段春香が明るくて、みんなに元気をくれるから……みんな春香が大好きだからだぞ?」

春香「響ちゃん……」

響「じ、自分も春香が好k……心配だからこうして看病してるわけで……」

春香「ありがとう……ぐすっ」

春香「あのね、話変わるんだけど……」

響「?」

春香「ちょっとカッターナイフ貸してもらえるかな……?」

響「やめろォ!!!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:21:52.65 ID:wkdQlV5E0

パワーはそのままにベクトルだけ正反対だなww


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:21:56.31 ID:3mRXqqHD0

…………

春香「うぅ……いぬ美~、重いよ~……」

響「しっかり押さえとくんだぞ、いぬ美」

いぬ美「わんっ」ドカッ

春香「もう脱走したり自殺図ったりしないよ……」

響「えーと……土鍋土鍋……」ガサゴソ

春香「響ちゃぁん……」

いぬ美「」ベロベロベロ

春香「ぶっ……ちょっ……何故口を重点的に……」

響「こらぁぁぁ! そこまで許可した覚えはないぞいぬ美!」

いぬ美「?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:25:17.03 ID:3mRXqqHD0

響「いぬはるなんて誰も得しないし、誰も望んでないよ!」

春香「うぅ……涎が……」グッタリ

響「大丈夫か春香?」フキフキ

春香「同情するならいぬ美をどかして響ちゃん……」

響「…………」

春香「無視なんだね……ぐすっ」

響「闘病生活は辛いものなんだ。ちばりよ、春香」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:27:13.43 ID:DrzzaloT0

なに堂々とがなはってやがる


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:28:17.87 ID:3mRXqqHD0

…………

響「鍋やきうどん作ったけど、食欲あるか?」

春香「ゔー……あんまりない……」

響「じゃあ食べられる分だけでいいぞ。薬飲まなくちゃいけないし」

春香「はい……」

響「さてー、自分もお腹空いたから食べようかな……」ガサゴソ

響「……あっ、うどんがもうない!」

春香「いいよ、これ。まだ口つけてないから……」

響「……」

春香「?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:30:37.30 ID:dUC/114a0

がなはるちばりよ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:31:21.46 ID:3mRXqqHD0

響「……せっかく作ったのに食べてくれないのか?」ジトッ

春香「うっ……そ、そうじゃなくて……」

響「ちょっと買い物行ってくるね。いぬ美、春香が変なことしないように見張っとくんだぞ!」

いぬ美「わんっ」

春香「しないよー……ごほっ」

ガチャ バタン


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:37:13.72 ID:3mRXqqHD0

春香「…………さて」

ガチャ

響「春香ぁぁぁ!!」

春香「な、何もしようとしてないよ……」

ガチャ バタン

春香「……」

春香「響ちゃんは……なんであんなに優しいんだろうね……」ナデナデ

いぬ美「♪」ゴロン

春香「…………」

うどん「食べなよ」

春香「……持つべきものは友達だなぁ……」

春香「いただきます……」

春香「……」モグモグ

春香「おいしい……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:40:04.23 ID:3mRXqqHD0

…………

響「ただいまー」

春香「ゔーん……ゔーん……」

いぬ美「」スヤスヤ

響「…………いぬ美、もう退いていいぞ。すごい寝苦しそうにしてるから」

いぬ美「?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:44:09.98 ID:3mRXqqHD0

いぬ美「……」ノソノソ

響(うどん、けっこう食べてくれたんだな……)

響「ポカリ、枕元に置いとくからな……」コソコソ

春香「むにゃ……」

響「……自分もそろそろ寝ようかな……」

響「…………」

響「……どこに?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:47:50.55 ID:3mRXqqHD0

響「布団……一つしかないからな……」

響「……」チラッ

寝袋「来なよ」

響「…………」

響「ひ、一つしかないんじゃしょうがないな。お邪魔します」モゾモゾ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:52:47.92 ID:3mRXqqHD0

春香「すぅ……すぅ……」

響(暖かぁぁぁい)ギュッ

響(……やっぱり良い匂いがする……春の匂い……)スンスン

響(……最高の抱き枕だ……)

響(……ここまでやっといてアレだけど起きてないよな……?)チラッ

春香「ちはやちゃん……そっちはブラジルだよ……むにゃ……」

響(…………)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:53:19.00 ID:WDxD2ICD0

!?


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:56:32.28 ID:3mRXqqHD0

………………

春香「ん…………」

春香「……」ムクリ

春香「……」ボー

春香「……」キョロキョロ

響「ゔー……げほっ……こほっ……」

春香「…………」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:00:15.31 ID:3mRXqqHD0

響「うーん……はるかぁ……それは節分用の豆じゃないぞ……」

響「あっ……あっ……すごいベトベトして……」

春香「響ちゃん、響ちゃん」ユサユサ

響「うぅん……は、はるか……?」

春香「大丈夫? 何かうなされてたよ?」

響「なんか……春香に煮豆をぶつけられる夢をみたぞ……げほっ」

春香「そんなことより、もしかして風邪移っちゃった?」

響「そ、そうかも……げほげほっ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:04:47.49 ID:3mRXqqHD0

響「うー……欲望に負けた結果がこれだぞ……」

春香「欲望?」

響「な、なんでもない……」

春香「ごめんね響ちゃん……」

響「き、気にしなくていいぞ……風邪は移すと治るって言うからな……」

響「春香が良くなって良かったぞ……えへへ……」

春香「響ちゃん……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:08:18.13 ID:3mRXqqHD0

響「春香、もう帰っても大丈夫だぞ……お父さんとお母さんが心配してるだろうし……」

春香「いやいや、本題はこれからだよ」

響「?」

春香「間違えた。今度は私が看病する番だよ響ちゃん」

響「え……い、いいよ……春香に迷惑かけるわけには……」

春香「迷惑なんかじゃない、って言ってくれたのは響ちゃんだよ?」

響「うっ……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:13:21.80 ID:3mRXqqHD0

春香「とりあえず、買い物に行ってくるね」

響「うん……げほっ」

春香「いぬ美、お願いね」

響「?」

いぬ美「わんっ」ドサッ

響「ぐえっ……な、なんで……」

春香「いや、響ちゃんが自殺しないように」

響「しないよ! げほげほっ……」

響「な、なあ春香……もしかして根に持ってるのか……?」

春香「じゃ、行ってくるね!」シュバッ

ガチャ バタン

響「…………」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:18:09.61 ID:3mRXqqHD0

……………

響(はぁ……まさか昨日の今日でこんなことになるなんて……)

響(移るかなーとは思ってたけど……)

響(まあ、春香が元気になったからいいか……)

響「っていうかいぬ美……退いてくれない?」

いぬ美「……」

響「何で自分より春香の言いつけを守るんだ……?」

いぬ美「……」

響「……」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:22:38.00 ID:3mRXqqHD0

……………

春香「ただいまー」

いぬ美「わんっ」

響「ゔーん……ゔーん……」

春香「ありがとういぬ美。かなり寝苦しそうだから退いてあげて」

いぬ美「……」ノソノソ

春香「さてと……」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:29:27.91 ID:3mRXqqHD0

………………

響「う……はるかぁ……それは節分用のお豆じゃなくて……自分の……」

ガタン バタバタ

響「ん……? なに……?」


春香「♪はーるのー風邪は僕を乗せてどこまで行くんだろー」サラサラ

真「ちょっと春香ぁぁ! それ出汁の素じゃなくて砂糖だよ!」

貴音「島とうがらし、島とうがらしを使うのです」

真「無理だよ手遅れだよ! 辛さで甘さは中和できないよ!」

春香「とりあえず試しにこのまま麺入れてみようか」


響「……」

響(なんだ夢か……)ゴロン


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:34:48.63 ID:3mRXqqHD0

……………

響「ん……ダメだよたかねぇ……自分には春香が……」

春香「響ちゃん、響ちゃん」ユサユサ

響「うぅん……はるかぁ……?」

春香「なかなか楽しそうな夢を見てたみたいだけど」

響「なんだろ……あんまり覚えてないけど……」

響「あ、真と貴音が春香と一緒に料理してたっけ……あはは」


貴音「真! へ、ヘビ香が脱走してしまいました! 助けてください!」バタバタ

真「よーしよし、ネコ吉は大人しくて可愛いなぁ」

貴音「ま、真ぉ!」ガシッ


響「……」ゴシゴシ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:38:54.30 ID:3mRXqqHD0

響「あの……なんで二人が……」

春香「スーパーで偶然会って。響ちゃんが風邪引いたって言ったらお見舞いに来てくれたんだよ」


貴音「先のおうどんのことなら謝りますからどうか慈悲を!」ガタガタ

真「やだなぁ、別に島とうがらしをごり押しで投入したことをいつまでも怒ってるわけじゃないよ、あはは」


響「……何があったんだ?」

春香「『食べ物を粗末にするわけにはいかない』って貴音さんが言い出して、結果真がじゃんけんで負けたんだよ」

響「??」

春香「うん。あんまり気にしなくて良いよ」


73: >>71できるけど肝心なところで致命的なドジを踏むタイプだと思うの 2013/02/12(火) 01:43:33.77 ID:3mRXqqHD0

真「あ、起きたんだ響。お邪魔してるよー」

貴音「お邪魔しております。具合は如何ですか? ヘビ香をしまってもらって良いですか?」

響「……おいで、ヘビ香」

ヘビ香「♪」

春香「食欲ある? 3人で鍋焼きうどん、作ったんだけど」

響「んー……少し……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:48:34.70 ID:3mRXqqHD0

真「一応聞くけど味は大丈夫なの? 僕、舌が死んでて味見できなかったんだけど……」

春香「大丈夫」

貴音「大丈夫です」

真「…………ゆっくり食べた方がいいよ響」

響「う、うん」

響「ふー、ふー…………」

響「……」モグモグ

響「うん、美味しい」

春香「」ドヤァァァ

貴音「」ドヤァァァ

真「はいはい……」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:53:15.59 ID:3mRXqqHD0

真「じゃあ僕は帰るよ。響、思ったより元気そうだし」

貴音「では、私も。また事務所で」

響「うん、ありがと」

貴音「……響」

響「?」

貴音「ちばりよ!」グッ

ガチャ バタン

響「……」

春香「……」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:57:32.52 ID:3mRXqqHD0

響「まあ、なんだ……持つべきものは優しい友達だな……」

春香「ふふっ、私と同じこと言ってる」

響「一人暮らしだと身に染みてわかるぞ……誰かがいてくれる心強さ……」モグモグ

春香「私だって、響ちゃんが看病してくれてすごく嬉しかったよ。響ちゃん頼りになるし」

響「そ、そうかな? まあ、結局風邪引いちゃったけどね……」

春香「少しドジなとこも響ちゃんの魅力だよ」

響「春香に言われたくないぞ……」

春香「…………」

響「…………」モグモグ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:00:36.52 ID:3mRXqqHD0

春香「じゃあもう寝ちゃった方がいいよ」

響「……春香、泊まっていってくれるのか?」

春香「うん」

響(……風邪引いて良かった)

春香「でも、布団一つしかないんだね」

響「!!」

春香「あ、でも寝袋があるんだね」

響「……」ズーン


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:03:24.87 ID:3mRXqqHD0

響(……何でしまっておかなかったんだ……)

春香「それじゃお邪魔しまーす」ゴソゴソ

響「!? はっ、春香!?」

春香「?」

響「えっと……今の流れ的に寝袋に寝るものかと……」

春香「えー? でも響ちゃんも私の布団に潜り込んできたし」

響(……もしかしてあの時ずっと起きてた?)


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:07:19.88 ID:3mRXqqHD0

春香「失礼しまーす」ギュウ

響「!? はっ、はる……!」ドキドキ

春香「響ちゃん身体温かいねー。やっぱ熱あるのかな」

響「」

春香「響ちゃん、良い匂い……健康的な匂いがするね……今病気してるけど」スンスン

響「」

春香「……寝ちゃった?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:10:36.18 ID:3mRXqqHD0

…………

響「うぅ……はるかぁ……それは自分の恵方巻きだぞ……むにゃ」

春香「響ちゃん、響ちゃん」

響「ん……春香……?」

春香「大丈夫? 昨日から妙に時期外れな夢見てるけど」

春香「節分に思い残すことでもあったの?」

響「……わ、わかんない……あんまり覚えてないけど」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:13:38.25 ID:3mRXqqHD0

響「ん? あれ? 身体がだるくない……」

春香「すごいね。二人して一日で治しちゃったね」

響「は、春香の看病のおかげだな!」

春香「私も、響ちゃんのおかげだよ」

響「えへへ……」

春香「ふふっ」

プルルルルルル……

響「?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:16:06.53 ID:3mRXqqHD0

響(電話……誰からだろ)ピッ

響「もしもし……あっ、貴音か!」

響「昨日はありがとな! すっかり良くなったぞ!」

響「でも貴音に移してないか心配……え? 大丈夫? なら良いんだけど」

響「うん、うん……えっ? そ、そうなのか……」

響「うん、わかったぞ……じゃあ、また」

響「……」ピッ


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:19:40.04 ID:3mRXqqHD0

春香「? 貴音さん、何だって?」

響「んー、あの後2人ともまっすぐ帰って、貴音はなんとも無かったらしいんだけど……」

響「真が風邪引いちゃったんだって」

春香「……」

響「……」

春香「3人でお見舞い行こうか」

響「そうだな」


真「なんだろ……凄まじい悪寒が……げほげほっ」


終わり


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:21:19.26 ID:3mRXqqHD0

no title


気になるあの娘の頭の中は割と普通
マイルドながなはる目指してみた

おやすみ


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:23:22.03 ID:k1HiDet50

おもしろかったぞ



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:23:56.98 ID:o2vjE61U0

乙!


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:25:07.82 ID:ln7cpd1w0

乙!
がなはる続くね
ゴローもたのむよ


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:26:42.42 ID:wkdQlV5E0


がなはるに目覚めた


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:29:19.93 ID:JMU5FHR80

最近がなはるのお陰で春香だけでなく響も好きになりました!


引用元: 春香「は、はいさ……げほっごほっ、ひび……げほっ!」響「……」