10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 11:42:37.14 ID:W8x6lBb80

やよい「そんなんじゃだめですっ、プロデューサー!」

P「えっ な、なにが?」

やよい「だらしない生活をしてたら心までばっちくなっちゃうかなーって!」

P「今日のやよいは厳しいなぁ……いいじゃないか、見た目はちゃんと清潔にしてるんだし」

P「ただ、去年布団を出したっきりまだ洗っても干してもないってだけだろ。あっはっは!」

やよい「うわああああ!!」

P「」ビクッ

やよい「そ、その部屋を想像するだけで、私……もうだめです……ぞわぞわーって……」ゾワゾワ

P「ひどい言い草だな……俺は一応その部屋で生活してるんだぞ」

やよい「……プロデューサーっ! もうわたし、決めました!」

P「え?」

やよい「プロデューサーのおうちに、お掃除しに行きますっ!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 11:54:00.01 ID:W8x6lBb80

(次の日のお仕事が終わって……)


ガチャ

P「さ、入ってくれ」

やよい「はーい! おっじゃましまーっす!」

P「いやー、助かるよ、掃除しにきてくれるなんてさ」

やよい「だって私、プロデューサーの心がこれ以上ばっちくなったら、かなしいですから……」

P「な、なんだかやよい、昨日からちょくちょく発言にトゲがあるな……」

やよい「えっへへー、だから今日は気合を入れて、ババーンって綺麗にしちゃいますよっ!」

P「ああ、よろしく頼むな。お礼に今度、おいしいものでも食べに行こう」

やよい「うっうー! それ、すーっごく楽しみかもで……」

ゴチャァ……

やよい「え……」

P「どうした?」

やよい「……あの、プロデューサー……本当に、ここに住んでるんですか?」

P(いけない。あまりの部屋の汚さにやよいがびっくりしちゃったみたいだ)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:01:39.04 ID:W8x6lBb80

P「やよいが来るってことになって、一応、軽く部屋を掃除したんだけどな……」

P(見られてはイケない本やビデオも隠したし)

やよい「でっ、でもでも! た、食べかけのおにぎりとか、飲みかけのペットボトルとかがっ」

P「あー、あとで食べようと思って」

やよい「食べるんですかっ!?」

P「う、うん……あれ、おかしいかな?」

やよい「……あの、私、食べ物をソマツにするのは、たしかにゼッタイだめだって思います」

やよい「でも、床に落ちてる食べ物を食べるのは、もっとだめかなーって……」

P「床じゃないよ、ほら、よく見るんだ」

やよい「え……?」

P「これ、テーブルだから」

やよい「……」

P(かわいそうに、いつも元気なやよいが言葉を失ってしまった)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:07:40.10 ID:W8x6lBb80

やよい「……プロデューサー!」

P「は、はい」

やよい「プロデューサーも手を上げてください」スッ

P「お、なんだなんだ? いつものあれか」スッ

やよい「ハイ、ターッチ!」

P「ターッチ!」

パチンッ

P「いぇー……」

やよい「イェイ!!!!」

P「」ビクッ

やよい「メラメラーって気合が入りました……もう私、とことんガンバっちゃいますっ! うっうー!」

P「そ、そっか! あは、あはは、頑張ろうな!」

やよい「はいっ!」

P(こうしてようやく、お掃除が始まったのであった)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:17:32.19 ID:W8x6lBb80

やよい「それで、その……お布団は、どこにあるんですか?」

P「ああ、今出すからな」ガラッ

P「よいしょ……っと」ドサッ

ぶわっ

やよい「けほっこほっ」

P「あぁっ、ごめん! 埃が舞っちゃったな」

やよい「いえ……だいじょぶですっ! 埃なんかに負けませんっ!」

P「マスク、買ってくれば良かったかな」

やよい「私も、まさかここまでだとは思っていませんでしたから……」

P(ちなみに……)

P(今は押入れから布団を出したけど、本当は万年床なのはやよいには秘密である)

やよい「それじゃあ私、まずはお布団を洗濯しちゃいますから、プロデューサーはゴミ捨て、お願いしまーす!」

P「ゴミ? ゴミなんてそれほど……」

やよい「食べかけの食べ物、ゼンブですっ! あとあと、あれもこれも……」

P「は、はいっ!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:23:54.24 ID:W8x6lBb80

P「しっかし、布団を家で洗濯なんて出来るもんなんだなー」

やよい「えっ」

P「布団ってさ、普通、クリーニングに出して洗うもんだろ?」

やよい「すごいですっ! プロデューサー、やっぱりお金持ちなんですねっ!」

P「えっ」

やよい「だって、二週間に一回くらい、クリーニング屋さんを使ってるんですよね?」

P「いや……季節ごとだけど……」

やよい「……」

P「あの……」

やよい「えっへへー、ゴミ捨て、お願いしまーす!」

P「はい」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:33:24.71 ID:1QvGKry60

やよいが可愛すぎていきるのが辛い


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:33:28.17 ID:W8x6lBb80

P「さーってと……じゃあいい加減、はじめるかー」

やよい「はいっ!」

P「ゴミ袋ゴミ袋……あー、どこにやったっけかな……」

ガサゴソ

やよい「……よーっし!」

やよい(私はまず、このお布団を洗濯しちゃおーっと!)

やよい(プロデューサーの汗がしみこんじゃってるから、きっとすごいことになってるはず……)

やよい(でも私、どんな汚れがあったって、負けません! ゼッタイにこのお部屋を綺麗にしてみせます!)

やよい「えーっと、まずはシーツをとって……」

ジー……

やよい「あれ?」クンクン

やよい(……床に広げたお布団に近づいたら、なんか、ふわーって匂いが)

やよい「……」スンスン

やよい「なんだろー、これ……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:39:51.73 ID:W8x6lBb80

やよい「お布団にしみついた、汗の匂いかな?」

やよい「でもでも、汗のツーンとした匂いとは、ちょっと違うような……」

やよい「……」クンクン

やよい(きっと、あんまり嗅いじゃだめだよね……お部屋のにおいを嗅ぐなんて、失礼だもん)

やよい(で、でも……)

やよい「……」チラッ


P「お、懐かしいなーこの漫画……こんなところにあったのか」


やよい「……」

やよい(……でも、もうちょっとだけ)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:49:38.12 ID:W8x6lBb80

やよい「……すんすん」

やよい(やっぱり、このお布団の匂いだ……)

やよい(……なんか、フシギな匂い……)

やよい(甘いお菓子の匂いとか、そいういう良い匂いじゃないのに──)

P「あっはっは!」

やよい「!」ビクンッ

やよい「ぷ、プロデューサー! ごめんなさ……」

P「いやー、読み返してみると面白いなーこれ! ひー苦しい!」

やよい「……」

やよい(ホントは、だめですよっ! って言わなきゃいけないんだけど……)

やよい(……も、もう……もうちょっとだけっ!)

やよい「……くんくん……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:55:58.26 ID:0vsoiqbF0

ζ*'ヮ')ζ<もうちょっとだけと言ったな。あれは嘘だ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 12:57:10.98 ID:W8x6lBb80

やよい「すー……はー……」

やよい「うぅ……とまんない……!」カァァ

やよい(なんだか、悪いことしてる気がして、体もぽかぽかしてきました……)

やよい(どこかで嗅いだことがあるにおいな気がするんだけど……)


やよい「……敷き布団で、これなら……」

やよい「ま、枕は……どーなってるのかな?」

やよい「……」


やよい(も、もしこの匂いが、悪い匂いだったらタイヘンだから……ちぇ、チェックしないと)

やよい(うん……そうですっ、これは、確かめるだけで──)


くんくん……


やよい「……!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 13:04:55.97 ID:W8x6lBb80

やよい「ふわぁー……」

やよい(さっきより、すごい……!)

やよい(なんか、もっともっと、嗅いでみたくなっちゃう……)


ぎゅぅ……


やよい「……」

やよい「……だっ、だめ!」ガバッ

やよい「わたし、今日はお掃除しにきたんだからっ!」

やよい「も、もうっ、こんなの終わりにしなきゃ──」


P「ん? なんか声が聞こえたけど、どーした、やよ……」


やよい「……zzz……」

P「……ふふ。今日も仕事だったし、疲れてたのかな」

P「掃除もしなくちゃいけないが、少しだけ寝かせといてあげようか……」


やよい(私いますっごく悪い子な気がします!!!!!)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 13:12:36.34 ID:W8x6lBb80

やよい「うぅ……」モゾモゾ

やよい(なんで寝たふりなんてしちゃったんだろー……)

やよい(でも……)


くんくん……


やよい「……」

やよい(……この匂いを嗅いでると、体がふわーってなって、心がぽわーってなって)

やよい(ちょっと、幸せかもです……)


やよい「……えへへ……」

やよい(なんだか、ほんとに……ねむくなって……)


やよい「すぅ……すぅ……」

P「やよいは寝顔もかわいいなぁ。写メ撮っとこっと」ピロリン


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 13:45:18.10 ID:W8x6lBb80

『──偉いぞやよい、よくやったな!』

『ああ、この調子でいけば、トップアイドルだってすぐなれるさ!』

『これからも頑張ろうな!』


  *  *  *


やよい「ん……」パチッ

やよい「……」


もぞもぞ……


やよい「……ここって……」ポー

やよい「あ、そっか……私、今日……」

やよい「えへへ……」


やよい「プロデューサーのお布団……」クンクン


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 13:50:03.21 ID:W8x6lBb80

 

やよい「──わぁぁっ!」ガバッ


やよい「わ、私……うぅ、なんでこんなこと……」カァァ

やよい「ぷ、プロデューサー、あの──あれ?」


P「ぐがー……ぐがー……」


やよい「……プロデューサーも、寝ちゃってる」

やよい(どれくらい寝ちゃってたのかな)チラッ

やよい(……三十分くらい)


やよい「……みんなの夜ご飯も作らなきゃだし」

やよい「もう、ほんとにお掃除しなきゃ……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 13:55:53.87 ID:W8x6lBb80

やよい「プロデューサー、プロデューサー!」ユサユサ

P「んー……なんだ、もう朝かー……?」

やよい「起きてくださいっ! お掃除しちゃいますよっ!」

P「あー、そっか……ふわ~ぁ……」

やよい「……!」

P「……よっし、もう起きたぞ! ごめんなー、やよい。ついつい、俺まで眠くなっちゃってさ」

やよい「い、いえ……最初に寝ちゃったのは、私ですから……」

P「ん? どうした、なんか顔が赤くなってる気がするけど」

やよい「なな、なんでもないでーっす! も、もうあんまり時間もないし、ババーっと掃除しちゃいましょう!」

P「ああ、そうだな!」

やよい「……」



やよい(今プロデューサーがあくびをして、ぐぐーって伸びたとき)

やよい(さっき嗅いだ、あの匂いが、また……)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:03:54.33 ID:W8x6lBb80

やよい「あぅ……」ドキドキ

やよい(なんか、へんな感じ……)

やよい(プロデューサーとはいつも近くにいるのに、こんなに匂いを感じたこと、今までなかったかも)

P「さーて、どこまで進んだっけかな……って、あはは、なんもやってないや」

やよい「お布団……」チラッ

P「やよい、さっきからどうしたんだ? チラチラしちゃって」

やよい「はわっ! だ、だいじょうぶですっ!」

P「そ、そっか。何が大丈夫なのかわかんないけど、大丈夫なら良かったよ」

やよい「はいっ! だからもう、お掃除しちゃいましょーうっ!」

P「おー!」



やよい(……私)

やよい(へんになっちゃったのかな)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:09:23.73 ID:W8x6lBb80

 
  *  *  *

P「……よーし! こんなもんかな」

やよい「んー……、そうですねっ!」

P「いやぁ、見違えるほど綺麗に片付いたよ。さすがやよいだな、主婦の鑑だ!」

やよい「えっへへー、ありがとうございまーっす!」

P「もうそろそろ、家に帰るんだろ? 送っていくよ」

やよい「えぇっ!? いーんですか?」

P「ああ。世話になっちゃったからな、これくらいお安い御用さ」

やよい「えへへ……それじゃあ、よろしくお願いしますっ!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:15:34.88 ID:qJuXHbEwO

因みに俺はやよいが寝た布団をクンカクンカしたいです


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:17:18.02 ID:W8x6lBb80

(やよいの家の前……)


やよい「ええっ!? は、春香さんがついに……!?」

P「ああ……ついに、春香のおし──っと、やよいの家、ここか」

やよい「あ……」

P「やよい、今日はほんとにありがとうな」

やよい「いいんですっ。プロデューサーにはいつもお世話になってるから、これくらい……」

P「やよいは優しい子だなぁ。お礼のご飯、期待しててくれよ。とびっきりのとこに連れてってやるからさ!」

やよい「えっへへー、楽しみにしてますねっ!」

P「ああ。それじゃあ……、また明日な」

やよい「……」

P「ん、どうした?」

やよい「い、いえっ、その……お布団、ちゃんとこまめに洗ってくださいねっ!」

P「あはは……気をつけるよ。ちゃんと洗い方も教えてもらったし」

やよい「そ、それだけですっ! それじゃあ……」

P「うん。またなー!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:27:28.45 ID:W8x6lBb80

 
──────
────
──

長介「モノマネ行くぞー。王貞治」スッ

浩太郎「うわーすごーい! そっくりー!」

長介「ランディ・バース」スッ

浩司「ばーす! ばーす!」

こうぞう「キャッキャッ」

やよい「ほーらみんな! いつまでも遊んでないで、お風呂入っちゃって!」

みんな「はーい」


  *  *  *


キュ、キュ

やよい「ふー……」

やよい「後片付け、やっとゼンブ終わりましたー……」

やよい(次は、えっと……みんなのお布団の用意しなきゃ)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:35:33.30 ID:W8x6lBb80

やよい「よい、しょ……っと」

ポフン

やよい「……お布団」

やよい(そういえば、あの匂いって……結局、なんだったのかな)

やよい(プロデューサーのにおい? それとも、男の人ってみんなそうなのかな……)

やよい(えっと……チョウスケのお布団は……)


くんくん……


やよい(んー……、なんにも匂い、しないかもー)

やよい(……それじゃあ、お父さんのお布団だと、どうだろう?)



やよい「……くんくん」

やよい「……」

やよい「あまりまやの好みじゃない」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:44:25.03 ID:W8x6lBb80

やよい「やっぱり、あれって……プロデューサーの……」

やよい「……もう一回、嗅いでみたいかも……」

やよい「……!」フルフル

やよい(だっ、だめだめ!)

やよい(そ、そんな、貴音さんといるときの雪歩さんみたいなことしたら、びっくりされちゃう……)

かすみ「やよいお姉ちゃん?」

やよい「!?」

かすみ「なにしてるの?」

やよい「う、ううん! なんでもないよっ!」

かすみ「そっか……ふわぁぁ……」

やよい「……ほら、お布団敷いたから……、カスミはもう寝ていいよ」ポンポン

かすみ「はーい……」

やよい「おやすみ……」


やよい(……わ、私は)

やよい(へんじゃない、もん)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:45:52.67 ID:tHJy1r9W0

やよかわ
no title



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 14:52:52.06 ID:W8x6lBb80

(次の日……765プロ事務所)


ガチャッ

やよい「おっはようございまーす……」

P「おーっ、やよいか。おはよう!」

やよい「どきっ!」

P「ど、どうした? 随分わかりやすくドキッとしたみたいだけど」

やよい「あう……なな、なんでもないでーっす! えへへ……」


やよい(うぅ……あれから、あんまり眠れませんでした)

やよい(寝ようとしてお布団の中に入ると、あの匂いがどっかにないかなって、探しちゃって)

やよい(でも結局、見つからなくて……)


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:00:00.58 ID:W8x6lBb80

P「いやぁ、昨日は久しぶりに綺麗な部屋でぐっすり寝れたよ。改めて、ありがとな」

やよい「いえ……」

P「それで、えーっと……今日のやよいの予定は……」ペラッ

やよい「……」

やよい(プロデューサーの匂い)


P「……で、だな……──から、いつものように……」


やよい(今まであんまり、感じたことなかったのに……)


P「……よい? ──い、やよ……」


やよい(なんでだろー……今日は、すーっごく……)

やよい(……やっぱり、わたし──)


P「──おい、やよい!?」ユサユサ

やよい「はわっ! えっ、え!?」

P「だ、大丈夫か? 顔真っ赤だけど……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:04:32.14 ID:W8x6lBb80

やよい「あっ、あのっ! 私、その……」

P「もしかして、熱でもあるんじゃないか?」

やよい「だ、大丈夫ですっ! でもごめんなさい、いま、あんまり話聞いてなくて……」

P「……今日はレッスンだけだし、キャンセルして病院行くか?」

やよい「平気ですっ!」

P「そうは言っても……」


ぴとっ


やよい「!!!」

P「ほら、おでこがこんなに熱くなって──」

やよい「……!!」


ぎゅっ


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:11:42.05 ID:W8x6lBb80

P「え……」


ぎゅぅっ……


P「や、やよい? どうしたんだよ」

やよい「……ごめんなさい」

P「あー、いや、いいけど……むしろウェルカムだけど……」

やよい「……くんくん」

P「……俺、そんなに匂うか? ちゃんと風呂入ったんだけどな」

やよい「……」フルフル

やよい「私の好きなにおいです……」

P「そ、そっか! あはは……」

やよい「あの、プロデューサー」

P「な、なんだ?」

やよい「……ちょっとだけでいいから、私のことも」

やよい「ぎゅってして……もらえませんか?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:15:23.29 ID:qlloAKTu0

やよいはおませさんだなぁ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:18:31.19 ID:W8x6lBb80

P「で、でも……そうしたいのはやまやまなんだけど……」

P「ここは事務所だし、公共の場でそんなことしたら、最悪通報され……」

ガタッ

P「……がたっ?」チラッ

小鳥(ゴー! プロデューサーさんゴー!)●REC

P「……」

やよい「……あ、あの、やっぱり──」

P「……いや、いいんだ。もう色々と、後戻りできない段階になってたみたいだし」

やよい「え……」

P「やよいもさ、たまにはお姉さんって立場を忘れて、甘えたいんだよな」


ぎゅーっ


やよい「!」

P「こんな感じでいいかな……」

やよい「……も、もうちょっと強くお願いします」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:18:53.96 ID:7GKYkKZs0

もう(抱きしめるしか)ないじゃん…


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:21:16.80 ID:rvgJ58Ie0

Pantsu is fly away.


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:26:18.97 ID:W8x6lBb80

ぎゅぅぅぅ

やよい「! ……えへへ……」

P「こ、こんなもんでどうでしょうか」

やよい「はいっ! ……くんくん」

P「さっきから匂い嗅いでるみたいだけど……なんか、へんな匂いでもするかな?」

やよい「へんなのは、わたしです……」

P「お、おう……あ、いや、そんなことないぞ」

やよい「……良い匂い」

P「やよいの頭皮からも、甘くて良い香りがするよ……この匂いを香水にして身にまといたいって思う」

やよい「えっ」

P「いや……なんでもない」

やよい「そ、そーですか……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:28:29.90 ID:xl15PbKd0

やよいが匂いフェチ→かわいい
Pが匂いフェチ→気持ち悪い

なぜなのか


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:31:17.54 ID:qJuXHbEwO

Pの部屋が汚い→やよいが掃除にやってくる
俺の部屋が汚い→特に誰も来ない

なぜなのか


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:33:58.38 ID:1QvGKry60

>>90
それが二次元と三次元の間にある壁だ


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:35:26.36 ID:W8x6lBb80

やよい「あの、プロデューサー……」

やよい「……私のこと、キライになっちゃいましたか……?」

P「え!? そんなわけないだろっ、何言ってるんだ!」

やよい「で、でも! こんなの、匂いを嗅いだりなんて、普通……しないから」

P「……そうかもしれないけどさ、でもそれくらい、なんだってんだ」

P「やよいが望むなら、俺は、裸になって匂いを嗅がせてやってもいいんだぞ……」

やよい「さすがにそれはいいかなーって……」

P「うん」

やよい「……えへへ」


ぎゅぅぅ……


やよい「すきです……」

P「!」

やよい「この匂い……だいすきかもです」

P「あ、そ、そう……匂いのことな、うん……」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:42:15.38 ID:W8x6lBb80

 
  *  *  *

やよい「えっへへー……ありがとうございましたっ!」

P「いや、いいんだよ……調子も戻ったみたいだし、みんなが来るまでもうちょっと待っててくれな」

やよい「はーいっ!」トテテ

P「さて……」チラッ



小鳥「はー……良いもの撮れたわ。PCにもデータ写しとこっと♪」

P「音無さん」

小鳥「はっ! ぷ、ぷぷ、プロデューサーさん」

P「……」

小鳥「ご、ごめんなさいっ! でも、データを消すのだけはご勘弁を~……!」

P「……ちがうんです」

小鳥「え?」

P「……俺にも、今の動画ください」

小鳥「……」グッ


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 15:51:02.57 ID:W8x6lBb80

P「おー、よく撮れてるじゃないですか!」

小鳥「でしょう? こんな時のために、ビデオカメラ新調したんですよ」

P「実に良い仕事をする、事務員の鏡ですね!」

小鳥「ふふふ……それほどでも♪」

P「代わりと言ってはなんですけど……この、やよいの寝顔の写メをプレゼントしましょう」

小鳥「あらやだかわいい! ……って、こんなの、どこで撮ったんですか?」

P「あ」

小鳥「プロデューサーさ~ん……?」

P「し、仕事しましょう! ね!」

小鳥「ちょっと! 詳しく聞かせてくださいよぉ~!」




やよい「えへへー……」

やよい(……私、やっぱりちょっと、へんになっちゃったのかもしれません)

やよい(匂いを嗅いで、どきどきしたり……ぎゅってしてもらって、なんだか嬉しくなっちゃったり)

やよい(でも、なんだか……いま私、とっても幸せかもです)


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 16:00:17.51 ID:W8x6lBb80

やよい(……でも……やっぱり、こうやって離れちゃうと……、すぐ匂いは忘れちゃいますね)

やよい(だから……)


小鳥「も、もしかして……プロデューサーという立場を利用して……」

小鳥「やよいちゃんを家に連れこんで、あんなことやこんなことを……!?」

P「ちっ、ちがいますっ! 音無さんが想像するようなことは……」

やよい「プロデューサー!」

P「おお、やよい! やよいからも説明してやってく──」

やよい「あの、お願いがあるんですけど……」

P「え、お願い? なんだ?」

やよい「今日も、おうちに行って……プロデューサーのお布団を借りても、いいですか?」

P「え……」

小鳥「……や」

P「え?」

小鳥「……やっぱりぃぃぃぃぃぃ!!!」

P「だからちがいますってば!!!」     おわり


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 16:01:24.77 ID:h4WEvc+r0

こっから!
こっからでしょう!?


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 16:03:47.73 ID:W8x6lBb80

これから俺はやよいと出かけなくちゃいけないのでもうおわりですよ
やよいはかわいいなぁ!


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 16:09:08.59 ID:rrzWR+td0

乙やよいかわいい


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 16:13:46.27 ID:7GKYkKZs0

おつ
やっぱりやよいは最高だぜ


引用元: やよい「プロデューサーのお布団……」クンクン