1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 15:50:37.40 ID:NOEgxi1U0

前スレ

ちひろ「第二回!」P「....争奪歌合戦」

というわけで続きです 




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 16:04:26.31 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「いやー、もはやすっかりお馴染みですね♪この光景も」

ちひろ「一発ネタのつもりがまさかのシリーズに!皆様の熱い声援のおかげですよ」

P「もはや、なすがままになっている自分が嫌だ....」

ちひろ「プロデューサーさん、テンションが低いですよ、もっと上げていきましょう!」

P「ワァー.....」

ちひろ「低っ!」

ちひろ「まぁ、とにかく予想だにしなかった三回目ということで」

P「今回は誰がでるんだろうなぁ」

ちひろ「メンツを予想するのも楽しみの一つですよ、プロデューサーさん♪」

P「うーん、アニメ好きなやつは出つくしたイメージがあるけどなぁ」

ちひろ「いやいやそんなことはないですよ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 16:09:44.92 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「あっ、そう言えば興味深い話を聞いたんですけど」

P「んっ、なんですか?」

ちひろ「最近事務所内で特撮モノがちょっとしたブームなんですよ」

P「ええっ、なんで!?」

ちひろ「まあ、アイドルH・Nちゃんが原因なんですけどね」

P「一人しか該当しませんけど」

ちひろ「彼女が事務所内にDVDを何気なく持ち込んだのがきっかけだったんですけど」

P「ああ、あれですか」

ちひろ「みんな暇つぶしに見てたらいつのまにかってことで.....」

P「あぁ....そうゆうケースか」

ちひろ「光ちゃんも嬉々として解説するから余計にらしいですよ」

P「犯人喋ってるじゃないですか.....」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 16:16:12.82 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「というわけでルールを説明します」

ちひろ「今からアイドル達に歌を歌っていただきます」

ちひろ「で、その歌がプロデューサーさんの心に一番響いた人が優勝というわけです」

P「なんかこの解説もお馴染みですね」

ちひろ「優勝者にはこの『プロデューサーさんを一日好きにできる券』を進呈!!」

P「ナ、ナンダッテー」

ちひろ「ちなみに前回の栄えある優勝は宇宙刑事ギャバンを歌った宮本フレデリカちゃんでした」

P「あれは驚いたなぁ.....」

ちひろ「確かクレープを食べに行くってことでしたけどどうだったんですか?」

P「一緒に行きましたよ、ちゃんと」

ちひろ「ほうほう、してその内容は?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 16:23:54.07 ID:NOEgxi1U0

P「まぁ当日は駅に待ち合わせていったんですけど」

ちひろ「おぉ、デートっぽい」

P「あいつしきりに腕を組んでくるもんで、周りの目が気になって仕方がなかったんですよ」

ちひろ「へえー」

P「で、クレープ屋についてクレープを買って」

ちひろ「ふむふむ」

P「そしたらアイツ「ダーリン、あーんして♪」とか言ってきて」

ちひろ「はあ」

P「拒否しようとすると泣きそうな顔になるから仕方なくお互い食べさせあってですね」

ちひろ「ふーん」

P「そのあと買い物に行ったんですよ」

ちひろ「まぁ自然な流れですね」

P「服を買いに行ったんですけどアイツわざと下着売り場によって反応を聞いてくるんですよね」

ちひろ「進んでますねぇ、今の子は」

P「そんな感じで夕食を食べて家に送って終わりました」

ちひろ「家に連れ込まれたりしなかったんですか?」

P「振り切りました」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 16:38:15.32 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「鋼の精神力ですね」

P「プロデューサーの端くれですからね」

ちひろ「あっ、そういえば今回の報酬ですけどこれです!」

ちひろ「ジャーン!スタドリ引換券×3!」

P「まぁ平常運転ですよね.....」

ちひろ「あっ、あとこれです」ピラッ

P「なんです、コレ?」

ちひろ「私の携帯の番号です、仕事用じゃないですよ」

P「どうして?」

ちひろ「ストレスがたまって業務に支障ができるようじゃ困りますからね」

ちひろ「飲みくらいなら付き合ってあげます♪」

P「ど、どうも.....」

P(なんか意外だな、そんなことしてくれるなんて....)


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 19:38:08.39 ID:NOEgxi1U0

P「今回のしばりは?」

ちひろ「えっ?ああ、いつも通りアニメ・特撮しばりで」

P「....なんだか適当になってませんか?」

ちひろ「いえ、今の流れを乱しちゃまずいかなと思いまして」

P「ま、いいか」

ちひろ「それじゃ始めますよ、最初はこの方!」


プシュー!!


P「どんどんセットが立派に....」

ちひろ「結構かかりましたよコレ♪」

P「考えるのやめよ......」


?「うわっ、すごい煙....眼鏡が曇っちゃう......」


ちひろ「最初の挑戦者はパンがなければ眼鏡をかければいいじゃない、上条春菜さんでーす!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 20:00:24.17 ID:NOEgxi1U0

P「へえ、春菜が最初か」

春菜「ふふふ....驚きました?」

P「あんまりアニメとか見ない感じだけど....」

春菜「いえいえ、結構見ますよ」

P「ほう......」

ちひろ「じゃあ春菜ちゃん、スタンバイよろしくね」

春菜「プロデューサーさん、この日のために眼鏡も新調したんですからちゃんと見て下さいね」

P「眼鏡がメインなのか歌がメインなのかどっちかにしてくれないか....」

ちひろ「それでは上条春菜さん、はりきってどうぞ―!!」

♪~

春菜「無慈悲な言葉だけが デタラメに街にあふれてる♪」

春菜「NEVER MORE 切なく流れてた声♪」


P「あぁ....なんとなく連想できるな」

ちひろ「ゲームじゃなかったでしたっけこれ?」

P「いえ、アニメもやってたんですよ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 20:10:06.70 ID:NOEgxi1U0

P「ちひろさんはこのゲームやったことあるんですか?」

ちひろ「ありませんねぇ、どんなゲームですか?」

P「うーん、ペルソナっていうのを操って戦うストーリーなんですけど.....」

ちひろ「ペルソナ?」

P「もう一人の自分、みたいなやつですよ」

ちひろ「なんだか難しそうですね」

P「まぁ、スタンドみたいなもんです」

ちひろ「その説明もいまいち.....」


春菜「忘れないよ大事な みんなと過ごした毎日♪」

春菜「NEVER MORE 暗い闇も一人じゃないさ♪」

春菜「見つけ出すよ大事な なくしたものを♪」

春菜「NEVER MORE キミの声が きっとそう ボクを導くよ♪」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 20:24:31.95 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「これって別れの歌なんですか?」

P「まぁ、そうですね、エンディングテーマです」

ちひろ「でも悲しい歌ってわけじゃないんですね」

P「離れててもつながっているってことです、テーマは『絆』ですからね」

ちひろ「なんだかこのゲームやりたくなっちゃいました」

P「貸しますよ、アニメも暇があったら見て下さい」

ちひろ「ええ、ぜひ♪」


春菜「いまもおぼえてる♪」

春菜「きみにふれたよるを♪」

春菜「それは すてきなおもいで♪」

春菜「いつもおぼえてる」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 20:41:18.39 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「はい、どうもありがとうございましたー!」パチパチパチ

春菜「どうでしたか、プロデューサーさん」

P「ああ、上手だったぞ」

春菜「眼鏡は?」クイッ

P「似合ってる似合ってる」

春菜「えへへ....よかった♪」

P「ちなみに一応聞いておくけど、この歌を歌ったのはやっぱりあの....」

春菜「すばらしい眼鏡アニメでした!」

P「あぁやっぱりこういう反応だ......」

春菜「私としては鳴上君のも捨てがたいのですが、やはりここは雪子ちゃんので決めておきたいっていうか、でもやっぱ.....」

P「ああ、わかったわかった、もうしゃべるな」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 20:53:48.74 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「はい、そういうわけで上条春菜さんでしたー」♪

春菜「じゃあプロデューサーさん、審査の方をよろしく♪」

P「わかってるって、ちゃんと審査するよ」

春菜「私はここで聴いてていいんですよね?」

P「ああ、ゆっくりしてろ、さて、誰が来るか....」

ちひろ「続いて二人目の挑戦者はこちらー!!」



プシュー!!



?「プロデューサー!次はナターリアの番ダヨー!!」


ちひろ「二人目は情熱のベリーダンス、ナターリアちゃんでーす!!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 21:46:35.76 ID:NOEgxi1U0

P「ナターリアか、結構意外だな」

ナターリア「えへへ、がんばるからネ、プロデューサー」

ちひろ「はい、それじゃナターリアちゃん、準備よろしくね」

ナターリア「ウン、じゃあプロデューサー、行ってきまス!」

P「ああ、がんばってこい」

春菜「ナターリアちゃんとは....予想がつきませんね」

P「さて、何が出るか.....」

ちひろ「それではナターリアちゃん、どうぞ!!」


♪~


P「ええっ!なんでだ!?」

春菜「なんだかオリエンタルなイントロ......」

ちひろ「中国っぽくないですか?」

P「当たらずとも遠からずですよ......」


ナターリア「転身だァァッ!」(ウォウウォウウォウウォウ)

ナターリア「気力だァァッ!」(ウォウウォウウォウウォウ)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 22:06:08.38 ID:oLHNIMCIO

ダイレンジャー!
カクレンジャー共々幼稚園辺りの頃見てたわ!


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 22:26:11.19 ID:NOEgxi1U0

春菜「これ何ですかプロデューサーさん?」

P「戦隊モノだよ、結構前だな、今となっちゃ」

ちひろ「二十年くらい前じゃないですか?」

P「多分そうでしょうね、俺が子供のころにやってたやつだし」

春菜「なんでそんなのをナターリアちゃんが知ってるんでしょう.....」

P「考えられる原因は一つだな.....」



ナターリア「気力転身!変幻自在♪」

ナターリア「泣いてる君の微笑み見たくて♪」

ナターリア「気力転身!変幻自在♪」

ナターリア「燃やし尽くすぜ 真っ赤な炎♪」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 22:33:01.55 ID:NOEgxi1U0

春菜「ちなみにどういう戦隊なんですか、コレ」

P「まぁ、中国拳法がモチーフなんだよ」

ちひろ「少し前にそんなのやってませんでしたっけ?」

P「それとはまた違うやつですね」

春菜「っていうことはプロデューサーさんも見てたんですか?」

P「おう、もちろん見てたぞ」

ちひろ「どうでした?」

P「おもしろいんだけどなぁ....」

春菜「だけど?」

P「最終回でも話が終わらないっていうか.....」

P「あと名乗りが難しすぎ」

ち・春「?」



ナターリア「天に輝け!五つ星♪」

ナターリア「五星戦隊 五星戦隊♪」

ナターリア「ダイレンジャー♪」(ウォウウォウウォウウォウウォウ)

ナターリア「ダイレンジャー♪」(ウォウウォウウォウウォウ)

ナターリア「Oh!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/26(土) 23:34:15.83 ID:NOEgxi1U0

ちひろ「はい、ありがとうございましたー!!」

ナターリア「プロデューサー、どうだっタ?」

P「なんていうか意外だったんだけど、どこで覚えたんだ?」

ナターリア「光が見せてくれたんダ、おもしろかったヨ!」

P「ああ、やっぱりか」

ナターリア「よく二人で真似してるんダ!」

P「なるほどな」

ナターリア「天に輝く!五つ星!」

ナターリア「五星戦隊!ダイレンジャー!」バッ

P「こ、こら!スカート履いてその動きをするな!」

ナターリア「どうして?」

P「見えちゃうだろ!」

ナターリア「プロデューサーになら見られても平気だヨ♪」

P「そういうこと言うんじゃありません!」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 02:52:11.26 ID:icWpzNPq0

ちひろ「そんなわけでナターリアちゃんでした、ありがとうございましたー!!」パチパチパチ

ナターリア「プロデューサー、よろしくおねがいしまス♪」

P「ああ、まかせろ」

春菜「ナターリアちゃん、お疲れ様♪」

ナターリア「ウン、春菜もオツカレ♪」

ちひろ「さあドンドン参りましょう、三人目はこちら!」



プシュー!!



?「プロデューサーさん、私...心をこめて歌います...!」


ちひろ「三人目はその膝で癒されたい、三船美優さんです!」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 13:44:27.74 ID:tqpGgY3e0

P「美優さんか、これまた意外ですね」

美優「...はい、...アニメとかは...あまり見る方ではないのですが...」

P「いえいえ、そんな気負わずにリラックスして歌ってください」

美優「...はい、ありがとうございます、プロデューサーさん」

ちひろ「それでは美優さん、ステージへお願いします」

美優「...プロデューサーさん、行ってきます...!」

P「はい、頑張ってください!」

春菜「美優さんか...」

ナターリア「何歌うのかナ?」

ちひろ「それでは三船美優さん、どうぞ!!」


♪~

P「ほう、これか....」

春菜「ああ、見たことありますよ」

ナターリア「最初静かだったのに、急に音楽が激しくなったゾ!」



美優「悲しげに咲く花に 君の面影を見た♪」

美優「大好きな雨なのに 何故か今日は冷たくて♪」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 14:22:18.07 ID:Y3po43fMo

歌詞だけ見ると一瞬なんの曲だかわからなかった
ブラックジャックか、懐かしいな


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 15:08:25.91 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「こういっちゃなんですけど....」

春菜「似合いますね」

P「なんだか薄幸そうなオーラが....」

ナターリア「これ何のアニメなんダ?」

ちひろ「無免許の医者が病気の人を直していくってアニメなんだけど.....」

ナターリア「いいお医者さんなんだナ!」

ちひろ「まあそこだけ聞けばね.....」

P「俺は結構好きなマンガだな」

春菜「私も好きです」


美優「月の欠片を集めて♪」

美優「夢を飾り 眠る♪」

美優「時の砂 散りばめても♪」

美優「あの頃へ 還れない♪」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 17:03:49.67 ID:blx0Q5RIO

ちひろさんは親近感覚えるだろうな。
法外な課金的に。


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 18:11:39.07 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「このバンドって活動休止してるんでしたっけ?」

P「明確に宣言したことはないらしいですけどね」

春菜「私は結構好きだったから再開してほしいな」

ナターリア「ナターリアもこのアニメ見てみたいナ♪」

P「今度DVD持ってきてやるよ、その次は原作だな」

春菜「最初から原作じゃダメなんですか?」

P「原作はな、いろいろと描写がエグいんだよ....」


美優「逢いたくて 愛おしくて♪」

美優「触れたくて 苦しくて♪」

美優「届かない 伝わらない♪」

美優「叶わない 遠すぎて♪」

美優「今はもう 君はいないよ♪」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 18:29:51.71 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「はい、美優さんありがとうございましたー!」パチパチパチ

美優「プロデューサーさん、あの...どうでした...?」

P「とっても上手でしたよ」

美優「あ...ありがとうございます....」

P「このアニメ見てたんですか?」

美優「はい、私...原作のマンガを読んで...それですごく感動して...」

P「あぁ、なるほど、感動系の話も多いですからね」

美優「え、ええ...そうなんです...」

P「この曲も美優さんの雰囲気にとってもマッチしてて素敵でしたよ」

美優「そんな...ありがとうございます...お世辞でも...嬉しいです...」

P「お世辞なんかじゃありませんよ、本当にそう思ってます」

美優「......////」カアァァ


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 18:53:31.01 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「はいはい、その辺にしてください、というわけで以上三船美優さんでしたー!!」パチパチパチ

美優「プロデューサーさん、よろしくお願いします...」

P「はい、しっかり審査しますからね」

春菜「美優さん、とっても素敵でした」

ナターリア「キレイな声だったヨ♪」

美優「ありがとうございます、二人共...」

P「これで三人目、折り返し地点か」

ちひろ「そういうことですね、それでは参りましょう!四人目の方、どうぞー!」



プシュー!!



?「うっにゃ~!Pチャン、四人目はみくなんだにゃ♪」

ちひろ「四人目はこの方、リアル猫娘こと前川みくさんでーす!!」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 20:18:49.38 ID:tqpGgY3e0

P「あ、そうか!まだみくが残ってたな、アニメ見そうなの」

みく「ふっふっふ、みくの歌声でメロメロになっちゃうといいにゃ♪」

P「おう、どんと来いだ」

ちひろ「じゃあみくちゃん、スタンバイよろしくね」

みく「みくにおまかせにゃ!」

春菜「みくちゃん、何を歌うのかな?」

美優「可愛い....」

ナターリア「ナターリアもネコミミ着ければ、可愛いかナ?」

ちひろ「それでは前川みくさんです!どうぞ!!」


♪~


美優「あっ、これ.....」

春菜「あれ、これなんだったっけ?」

ナターリア「なんか優しい音楽だナ....」

P「ほう、この手があったか....」


みく「愛しの瞳 ニャーオ♪」

みく「大好きだニャーン ミャーオ♪」

みく「かわいくって ドキドキしちゃう♪」

みく「キミに夢中♪」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 21:15:03.56 ID:tqpGgY3e0

美優「みくちゃん、可愛い...」

春菜「これってなんでしたっけ?」

ちひろ「ほら、あれですよ、猫型ロボット♪」

P「まだ黄色い頃のやつな」

ナターリア「ああ、あれナ!ナターリアも知ってるヨ!」

P「いわゆる旧ドラって呼ばれてる方の劇場版にしか出てないから結構レアなんだぞ」

美優「子供の頃に...見てました...」

ちひろ「声も大山さんじゃないんですよ」

春・ナ「へぇー」


みく「くいしんぼうだけれど ハートは世界一♪」

みく「いつでもキミを 守ってる♪」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 21:24:03.96 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「やっぱり懐かしいなぁ」

P「好きになったメス猫ロボットへの気持ちを表してるんですよ」

春菜「ということは片思いってことですか」

P「まぁそうだな、でも新ドラじゃあ全然デザイン変わってるんだよなぁ....」

美優「私は...あの細いほうが好きです...キレイだし....」

P「まぁ原作通りと言えないこともないんだけど」

ナターリア「ナターリアも猫耳つけたいナ!」

ちひろ「そのままで充分可愛いわよ、ナターリアちゃん」

春菜「じゃあそれにプラスしてこの眼鏡を.....」

P「ちょっと待った」ガシッ



みく「ちょっとだけシャイだけど 純情世界一♪」

みく「恋する気持ち 負けないよ♪」

みく「ニャーオ♪」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 23:26:18.59 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「はい、みくちゃんありがとうございましたー」パチパチパチ

みく「Pチャン、どうだったにゃ?」

P「予想以上にハマってたよ」

みく「ふふ~ん♪メロメロかにゃ?」

P「あぁ、メロメロだったよ」

みく「そ、そうかにゃ///」

P「歌詞もそうだけどみくの声にすごくあってた感じだしな」

みく「......」カアァァ

P「どうしたみく、真っ赤だぞ?」ピタッ

みく「ふにゃー!にゃ、にゃにをするにゃ!」

P「いや、別に....」

みく(こ、この鈍感.....)


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 23:33:08.86 ID:tqpGgY3e0

ちひろ「はーい、ラブコメはそこまでですよー、以上前川みくさんでした!」パチパチパチ

みく「と、とにかく!Pチャン、審査をよろしくにゃ!」

P「わかってるって」

春菜「みくちゃん、可愛かったよ」

美優「素敵でした....」

ナターリア「かわいかったゾー、ナターリアもネコミミつけたいナ!」

みく「了解にゃ、後で相談にのったげるにゃ♪」

P「さて、次ですか」

ちひろ「いよいよ、五人目です!どうぞー!!」


プシュー!!


?「ふっふっふ、次は杏だよ、プロデューサー」


ちひろ「続いてはザ・働かないアイドルこと双葉杏さんでーす!」


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/27(日) 23:50:06.56 ID:tqpGgY3e0

P「ええっ!?なんで杏が!?しかもこんな企画に!?」

杏「なんでとは失礼だね、杏は飴と動かないためなら頑張れるんだよ」

P「いや、頑張りの方向性がおかしいから」

杏「色々とネタは上がってるんだよプロデューサー!」

P「?」

杏「なんでも、勝てばプロデューサーを好きにできるらしいじゃん」

P「まあな」

杏「つまりプロデューサーに命令して、杏の休みを増やすってことも可能ってわけでしょ!」

P「ええっと、それは....」

P(命令できるのは一日だけだから最大でも一日しか休めないんだけど....)

P(肝心なところを勘違いしてるみたいだな.....)

P「あのな杏、お前勘違いを.....」

杏「ふっふっふ、優勝するに杏は対策を考えてきたのだ....」

P「対策?」

杏「前回はフレデリカが優勝したって聞いたけど、それを聞いた時に確信した!」

杏「プロデューサーの評価を得るため必要なもの、それはズバリ『意外性』!」


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 00:05:54.61 ID:3GfedJpc0

P「意外性?」

杏「そう!フランス人のハーフのフレデリカがギャバンを歌って優勝、ということは....」

杏「杏も普段歌わないような意外性のある歌を歌えば優勝ってことだよ!」

P「....まぁ、確かにポイントは高いかもしれないが....」

P(でもそれだけで優勝にするってわけじゃ....)

ちひろ「あのー、そろそろいいですか?」

杏「うん、いいよ、よし!がんばるぞ、休みのために!」スタスタスタ

P「おいおい、あっ、行っちゃった....」

美優「...杏さん....すごいやる気ですね...」

春菜「珍しいですね」

みく「さーて、何を歌うのかにゃ?」

なたーりあ「楽しみだナ♪」

ちひろ「それでは双葉杏さんです!はりきってどうぞー!!」


♪~


P「おお、これは確かに....」

みく「似合わないにゃ.....」

美優「...聴いたことありません」

春菜「私もです」

ナターリア「なんかかっこいい曲だネ!」


杏「くじけちゃうわ だめな私♪」

杏「傷だらけのハート かくした涙が ヒリヒリ♪」


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 00:22:36.57 ID:3GfedJpc0

ちひろ「なんの歌ですか、コレ?」

P「昔のロボットアニメですよ」

みく「OVAだにゃ」

春菜「有名な作品なんですか?」

P「まぁファンの間じゃな」

みく「エヴァの監督が作ったやつなんだにゃ」

ナターリア「エヴァってあの大きいロボット?」

美優「...よくわからないです...ごめんなさい...」

P「ただ...歌もアニメの内容も杏とは真逆なんですけど....」

みく「トップをねらうって話だからにゃ....」

ち・美・春・ナ「?」


杏「瞳とじて 祈るように♪」

杏「fire fire 今 生命を燃やすの♪」


60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 00:36:55.26 ID:3GfedJpc0

P「しかしこれほど杏に似合わない歌もないな.....」

美優「...でも、とっても上手です....」

みく「やる気がにゃいのに上手いにゃんて.....」

春菜「なんだかズルいですよね」

ナターリア「杏はすごいナ!」

ちひろ「才能はあるんですけどねぇ....」

P「あれでまじめに仕事に臨んでくれたらいうことないんだけどなぁ....」



杏「愛を止めないで 走り続けるの♪」

杏「胸に抱きしめた 光 灯すまで♪」
 
杏「Ride on Ride on Ride on!♪」

杏「Ride on Ride on Ride on!♪」

杏「Ride on!♪」


62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 00:42:35.18 ID:3GfedJpc0

ちひろ「はい、どうもありがとうございましたー」パチパチパチ

杏「どう?プロデューサー、読めなかったでしょ」

P「まぁな、確かに意外ではあったよ」

杏「これでバッチリだね!」

P「あのな杏」

杏「?」

P「意外性はあくまでも優勝を決める目安の一つであって....」

P「それだけで優勝が決まるってわけじゃないからな」

杏「う、うそ!?」

P「いや本当」

杏「そ、そんな.....一生懸命考えたのに!飴を舐めながら!」

P「なんでその情熱を普段の仕事に回してくれないんだ.....」


63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 00:51:24.70 ID:3GfedJpc0

ちひろ「はいはい、とりあえず双葉杏さんでしたー!!」パチパチパチ

杏「と、とにかく杏にしといてねプロデューサー!」

P「まぁ、上手かったのは確かだから考えとくよ」

美優「...杏さん、上手でしたよ...」

みく「さすがだにゃ~」

春菜「初めて聴きましたけど結構好きかも知れません」

ナターリア「今度ナターリアと一緒に歌おうネ!」

杏「あぁ~、失敗したかもしれないなぁ.....」

P「やれやれ...」

ちひろ「さあさあ、いよいよ最後の一人となりました!」

P「やっとですか」

ちひろ「最後の挑戦者はこちら!!」


プシュー!!


?「最後は私よ!プロデューサー君!」

ちひろ「六人目は麗しき熟....じゃなかった淑女!川島瑞樹さんでーす!!」


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 01:18:12.86 ID:3GfedJpc0

P「最後は川島さんですか」

瑞樹「うふっ、ビックリした?アニメも少しは見るのよ」

P「それはちょっと意外ですね、あんまり見ないものだと思ってたので」

ちひろ「はい、それじゃ川島さん、スタンバイお願いします」

瑞樹「ええ、プロデューサー君、私がんばるわ」

P「ええっ、頑張ってください」

春菜「川島さんかぁ」

みく「あんまり予想できないにゃ」

ナターリア「もう最後?はやいナー」

杏「あぁ、もう疲れて聴く気力がない.....」

美優「元気出してください....膝を貸してあげますから....」

ちひろ「それでは本日の大トリ、川島瑞樹さんでーす!!どうぞ!!」


♪~


P「そうきたか....」

美優「あっ、懐かしい....」

春菜「これって....」

杏「ああ、これね」

みく「似合いすぎだにゃ....」

ナターリア「なんか色っぽいナ、コレ!」


瑞樹「都会はきらめく passion fruit♪」

瑞樹「ウインクしてる everynight♪」

瑞樹「グラスの中の passion beat♪」

瑞樹「一口だけで fall in love♪」


66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 01:23:20.85 ID:ikpcnBBzo

(古い)


67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 01:28:53.25 ID:3GfedJpc0

ナターリア「これどういうアニメなんダ?」

P「うーん、まあ要は三人の姉妹が泥棒するって話なんだよ」

ナターリア「じゃあ、悪いやつなのカ?」

ちひろ「一概にそうとも言い切れないのよ」

春菜「たしか怪盗でしたっけ?」

みく「恋人は警察官なんだにゃ♪」

美優「私、この歌...好きです....」

杏「あぁ~、いい気持ち....」

P「さすが美優さんの膝だ.....」


瑞樹「見つめる Cat's Eye magic play is dancing♪」

瑞樹「緑色に光る♪」

瑞樹「妖しく Cat's Eye magic play is dancing♪」

瑞樹「月明かり浴びて we get you♪」

瑞樹「mysterious girl♪」


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 01:32:28.53 ID:9w10fa9IO

kwsmさんと千夏さんと礼子さんで是非キャッツアイコスをしてほしいわ


69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 01:44:42.22 ID:3GfedJpc0

P「しかしさっきの杏とは反対に....」

みく「イメージぴったりって感じだにゃ....」

春菜「川島さん大人っぽいですもんね」

美優「川島さん...素敵...」

杏「似合ってるね~」

ナターリア「ナターリアも早く大人になりたいナ♪」

ちひろ「きっと素敵な大人になるわよ」

ナターリア「大人になってプロデューサーと結婚するんダ!」

春・杏・み・美・ち「!?」

P「いや、まだ子供のいうことですからね!」



瑞樹「魅かれて Cat's Eye magic play is dancing♪」

瑞樹「緑色に光る♪」

瑞樹「迷って Cat's Eye magic play is dancing♪」

瑞樹「月明かり浴びて we get you♪」

瑞樹「Mysterious girl♪」


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 01:57:05.90 ID:3GfedJpc0

ちひろ「はい、川島さんでしたー!」パチパチパチ

瑞樹「どう?プロデューサー君、可愛いでしょ!」

P「えっ?いや、可愛いっていうよりカッコいいなぁと思いましたけど...」

瑞樹「はぁ、やっぱりなのね....これ歌うとみんなに同じこと言われるわ....」

P「そう悲観しないでください、カッコいいっていうのも川島さんの魅力なんですから」

瑞樹「...そうかしら?」

P「そうですよ、だから自信を持ってください」

瑞樹「ふふっ、ありがとう、あなたに言われるとなんだか自信がついてきたわ」

P「俺なんかの言葉で自信になるんだったらこんなに嬉しいことはないです!」

瑞樹「ありがとう、プロデューサー君♪」

P「いえいえ、お安いご用ですよ」


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:06:09.79 ID:3GfedJpc0

ちひろ「川島瑞樹さんでしたー!ありがとうございましたー!」パチパチパチ

美優「...川島さん、素敵でした...」

春菜「とっても上手でした」

みく「大人の魅力全開って感じだったにゃ」

杏「ん~、上手かったよ」

ナターリア「ナターリアももっと大人っぽくなりたいナ!」

瑞樹「ふふっ、ありがとうみんな」

ちひろ「そんな感じで今回の曲はこれにて終了です」

ちひろ「本日の曲目は....」


1、上条春菜 Never More

2、ナターリア 五星戦隊ダイレンジャー

3、三船美優 月光花

4、前川みく 愛しのニャーオ

5、双葉杏 トップをねらえ! ~Fly High~

6、川島瑞樹 CAT'S EYE


ちひろ「でお送りしました」


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:15:13.65 ID:3GfedJpc0

ちひろ「それではプロデューサーさん、今回の優勝者の発表をお願いします!」


春菜「プロデューサーさん、信じてます!」

ナターリア「プロデューサー、ナターリアを選んでくれると嬉しいナ♪」

美優「プロデューサーさん、私....私....!」

みく「Pチャン、みく頑張ったにゃ!」

杏「プロデューサーは杏を選ぶよね!?」

瑞樹「頼むわよー、プロデューサー君!」


P「はい、では発表します」

P「優勝者は.....」


ゴクリッ


P「>>79です!!!」


75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:16:54.40 ID:kfCd+oaAO

みくにゃんがいいと思う



にゃあ


79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:24:14.55 ID:ikpcnBBzo

三船さん


83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:36:23.68 ID:3GfedJpc0

P「優勝は美優さんです!!」

美優「えっ!?...わ、私ですか!?」

ちひろ「おめでとうございます!優勝は3番、三船美優さんでーす!!」

春菜「あっ、負けちゃった....」

ナターリア「あれー、ナターリアじゃないノ?」

みく「ふにゃーん、Pチャンの裏切り者~」

杏「くっ、杏じゃないなんて....」

瑞樹「あーあ、負けちゃったわね....」

ちひろ「プロデューサーさん、なぜ美優さんを選んだんですか?」

P「うーん、今回は美優さんと曲の相性が抜群で美優さんの魅力を改めて再認識できたってのが勝因だと思います」

ちひろ「なるほど」

P「ちなみに最後まで悩んだのがみくでした」

みく「にゃっ!?」

P「でも今回は美優さんということで」

P「でもみんなとっても魅力的だった!」

P「これからも今日のような緊張感を忘れないでくれればと思う」

P「あと杏、お前はいつも今日ぐらいの気持ちでいてくれ....」

杏「無理無理」グデー


84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:43:44.62 ID:3GfedJpc0

ちひろ「というわけで優勝した美優さんには『プロデューサーさん一日好きにできる券』を進呈します!はい、どうぞどうぞ!」

美優「あ、ありがとう...ございます....」

P「どうするんですか美優さん?」

美優「えっと...じゃあ一緒に...お散歩にでも出かけませんか...?」

P「ええ、いいですよ」

美優「はいっ、私...お弁当作りますから...」

P「本当ですか?たのしみだなぁ」

美優「ううぅ....///」カアァァァ


ちひろ「はい、第三回プロデューサーさん争奪歌合戦いかがでしたでしょうか?」

ちひろ「毎回いろんな発見があっておもしろいですね♪」

ちひろ「それでは本日はこの辺でお別れいたしましょう!」

ちひろ「ではまた次回!さようならー!!」






P「えっ、もしかしてまたこのパターン?」


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 02:59:17.68 ID:3GfedJpc0


---------

春菜「いやー、まさか美優さんが優勝とは....」

ナターリア「あの券欲しかったナー」

杏「あーあ、杏の計画が.....」

みく「もっとPチャンをメロメロにする作戦を考えにゃいと....」

瑞樹「みんな、暇ならこれから食事にでも行かない?奢るわよ♪」

春菜「あっ、いいですね♪」

ナターリア「スシ!スシがいいナ♪」

みく「みくはお肉がいいにゃ!」

杏「私はさっさと帰って寝....」

春菜「まぁまぁ」グイッ

杏「うわっ、なにするやめ」ズルズル....

ナターリア「みんなでゴハン♪ゴハン♪」

みく「さすがはるにゃん....」

瑞樹「あら、電話だわ、先に行っててもらえる?」

春菜「じゃあ先に外に出てまーす」

瑞樹「もしもし?あっ、加連ちゃん?」

瑞樹「ええっ、負けちゃったわ」

瑞樹「優勝?美優さんよ」

瑞樹「あら、加蓮ちゃんも出るの?」

瑞樹「へぇー、卯月ちゃんも.....」





おわり?


86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 03:01:03.32 ID:3GfedJpc0

駄文失礼しました
ちひろさんも言ってましたが一発ネタのつもりがまさかシリーズっぽくなってしまうとは.....
一応もう少しだけ続けるつもりなので飽きないでお付き合い下さいませ
ではまた~


87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 03:14:21.16 ID:c0J+mMmw0

乙です
続きも待っとるよ


89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/28(月) 13:06:48.99 ID:cJ+NMRoko

三船さんで安価取ろうと思ってたら既に誰かが三船さんで取ってた
次も楽しみにしてる、乙


次:モバP「争奪歌合戦」ちひろ「四回目です!」
 

引用元: モバP「まさかの...」ちひろ「第三回です!」