6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:29:57.52 ID:MBQN7u9OP

亜美「ねーいおりーん」

真美「真美達と遊んでー」

伊織「なんで私がアンタ達と遊ばなきゃいけないのよ」

亜美「いーじゃん暇そうだしー」

伊織「暇だけどアンタ達に構うほど暇じゃないわ」

真美「じゃあ暇じゃなくていいからー」

伊織「意味わかんないわ……」

亜美「どうしてそんなに遊びたくないの? 反抗期?」

伊織「反抗期って……もうそういうことでいいわ」

真美「じゃあ真美達が遊んであげるからー」

伊織「結構です!!」

亜美「でもいおりん、亜美たちのこと邪魔邪魔言いながらこうやって構ってくれるよねー」

伊織「なっ! ……じゃあもういいわ」

真美「もういいって?」

伊織「……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:38:20.72 ID:MBQN7u9OP

亜美「ダンマリ決め込むってことじゃない?」

真美「あーなるほどー」

伊織「……」

亜美「ヘヘッ旦那ァ、いい雑誌読んでますなぁ~」

伊織(何なのよそのキャラ……)ペラッ

真美「もしかして、この服がお気に入りですかい? 今年のトレンド、ってやつですかい?」

伊織(私の服じゃないわよ!)

亜美「旦那ァ!」ベタベタ

伊織「……」パシッ

亜美「おっと……ふむ、これは結構手ごわいですぞ?」

真美「あ、それなら亜美」

亜美「うん? ……ふむふむ、おぉ!」

真美「よっし!」

伊織(何? ……今度は何をたくらんでるのよ)

伊織(下手なことしようなら、本気で噛みついてやるんだから……!)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:41:48.14 ID:Dou2DBVX0

すでに双子のペースにはまってるいおりんかわいい!


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:46:34.65 ID:MBQN7u9OP

ペラッ

伊織「……」

伊織(この感じ、何か準備してるわね……)

伊織(別にいいわ、その気なら私は別に)

シーン

伊織「……」

伊織(……何よ、結局私にビビってゲームでもしに行ったのかしら)

伊織(ならちょうどいいわ、ふん)

カッチコッチ

伊織「……」ソワソワ

伊織(……変ね、あいつら外には出てないと思うけど)

伊織(もしかして何か……でも、本当に飽きて……)

チラッ     プニッ

伊織「…… !!!」カアァ

亜美「イェーイ!! 引っかかったー!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:50:15.71 ID:5LO+ChqA0

これはウザ可愛い


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:52:01.94 ID:MBQN7u9OP

伊織「なっ……なっ!!」

真美「もー! 結構粘るんだからいおりん! 後ろで声ださないように隠れるのも結構大変だったんだから!」

伊織「あ、アンタたちねぇ……!!」

亜美「わー! にっげろー!!」

伊織「ま、待ちなさいよ! このっ!……きぃ~!!」

バタン

伊織(私としたことが……あんな古い手に……ぐっ!!)

シーン

伊織「……!」

伊織(そうよ、今度はあいつらのこと、ハメてやればいいのよ!)

コソコソ

伊織(ここに居れば戻ってきたときに私のこと探した瞬間飛び出して、驚かせてやるんだから!)

伊織(腰抜かしたって知らないわ、私のこと甘く見た罰よ……にひひっ!)

ガチャッ
伊織(来たっ!)

亜美「いおりんごめ……あれ? いなくなっちゃった? トイレかな」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:59:00.36 ID:MBQN7u9OP

真美「本当だ、いなくなってる」

伊織(そのトイレに隠れてるのよ! そう、早くこっちに来なさい!)

亜美「んーどこ行ったんだろ? 怒って窓から飛んでっちゃったとか?」

伊織(私はどんな人間よ!!)

真美「わかんないけど、それよりさっきのいおりんヤバかったね!」

亜美「うん!! それはもうプニプニだったぜぇ~」

真美「うわいいな! 真美もいおりんプニプニしたい!」

伊織(あ、あいつらは……)ワナワナ

亜美「とりあえず亜美、トイレ行ってくんねー」

真美「うん、いてらー」

伊織(よし、来た!!)

ドクンドクン

伊織(思いっきり驚かせてやるんだから……!!)

亜美「ふんふふ~ん」

ガチャッ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 20:47:57.44 ID:MBQN7u9OP

伊織(今っ……!!)

真美「あ、そいえば亜美ー」

亜美「んー?」

伊織「わっ! ……あ、あ?」

亜美「え? あ、いおりん?」

真美「え? ナニナニ?」

伊織「あ、いや……」

亜美「あ、もしかして……亜美の事、驚かそうとしてた?」

伊織「ちが……」

真美「あ、ホントだ! いおりん、本当にトイレに居たんだ!」

伊織「……」

亜美「もー! でも、惜しかったですな! この亜美様を驚かそうなんて、百万年早いのだよ!」

伊織「……ぐすっ」

亜美「えっ?」

真美「ちょ、ちょっといおりん!?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 20:53:04.06 ID:MBQN7u9OP

伊織「もう、知らない……」

亜美「ちょ、ちょ! 違うんだっていおりん!」

真美「ていうか、真美達何かした!?」

伊織「してない……」

真美「だったらなんで……」

亜美「た、多分亜美達がイタズラしすぎたせい、かな……」

伊織「違う……」

亜美「え、えぇ? そ、それじゃなんで……」

伊織「もういい……」

バタン

亜美「あ、い、いおりん……」オロ

真美「ど、どうしよ……」オロ



伊織「……バカ」

伊織「バカバカ……亜美と真美の、バカ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:08:35.38 ID:MBQN7u9OP

伊織「……」

スッ  ガチャッ

亜美「あ……」

真美「いおりん……」

伊織「……」ストッ

亜美「その……あのね、いおりん」

真美「真美たち……ちょっと、やりすぎちゃって……」

伊織「……」

亜美「だから、ごめんなさい!!」

真美「ごめんなさい!!」

伊織「……」スッ

亜美「い、いおりん?」

伊織「……」

真美「いおりん……」


伊織「いおりんいおりんいい加減うるさいのよ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:14:07.36 ID:MBQN7u9OP

亜美「あ、う……」

伊織「朝も昼も夜もずーっといおりんいおりんってね」

伊織「そりゃ、付き合いたくもないのにアンタ達に構うことにもなるわよ」

真美「い、いおりん……」

伊織「悪戯も、懲り懲り。はっきり言わせてもらうけど」

伊織「迷惑してるの」

亜美「ご、ごめん……なさい……」ジワッ

真美「まみたち、べつに、迷惑かけたかったわけじゃ……」ジワッ

伊織「さぁ、どうかしら。とにかく、もうウザいから」

亜美「い、いおりん!」

伊織「じゃあね」

真美「い、いおりん!!!」

バタン


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:16:13.94 ID:MBQN7u9OP

亜美「ど、どうしよ……亜美達、本当にいおりんに……」

真美「だ、だって、でも……どうしたら」

亜美「……追いかけよう」

真美「え?」

亜美「追いかけて、ちゃんと謝んなきゃ!」

真美「う、うん! そうだね!」

バッ



伊織「わっ!!!」

亜美真美「うわああああ!!」ドテッ


伊織「ぷっ……ふふっ、あはは!!」

亜美「い、いお、りん……?」

真美「え、っと……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:20:00.00 ID:MBQN7u9OP

伊織「はぁ、ようやくスッキリしたわ」

亜美「あの……」

伊織「何よ?」

真美「真美達……迷惑、かけて……」

伊織「えぇ、そりゃ迷惑よ。何って用もないのにひたすら悪戯されて」

伊織「でも、なんていうか……その」

亜美「な、何?」

伊織「……素直に、遊びたいって言えないから、余計」ボソッ

真美「え?」

伊織「な、何でもないわよ! いい! とにかく、これに懲りたらところ構わず私の名前を呼ばないこと!」

亜美「じゃ、じゃあなんて呼べばいいのさ……」

伊織「そうね……ちゃんと反省してる、っていうことなら、伊織様、とか?」

真美「……」

亜美「……ぷっ!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:22:36.37 ID:MBQN7u9OP

伊織「な、何がおかしいの!」

亜美「じゃ、伊織様って呼んだら遊んでくれるのかな~?」

伊織「え? いや、そういうわけじゃ……でも」

真美「あぁ! それじゃ、伊織様! 一緒に遊んでくださいませ!」

伊織「ちょ、ちょっとやめなさいよ!」

亜美「じゃあ、どうするのさ?」

伊織「も、もう良いわよ……」

真美「え?」

伊織「だから、もういいって言ったの! 私もちょっと……言い過ぎたっていうか」

伊織「許すわよ! だからその……私の、ことも……」

亜美「……えへへ、いおりん!」

伊織「……何よ」

真美「いおりん!!」

伊織「だから何よ!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:24:08.94 ID:MBQN7u9OP

亜美「いおりん!!!」

伊織「何なのよ!!」

真美「いーおりん!!」

伊織「あぁもう!!」

亜美「いおりーん?」

伊織「やっぱりダメ! もう呼ぶな!」

真美「じゃ、デコちゃん?」

伊織「もっとダメ!! デコちゃん言うな!!」

亜美「えへへ、それじゃ、いおりん?」

伊織「だからいおりんって……」

亜美「遊ぼ?」

伊織「……」

真美「いおりん?」

伊織「……いい、わよ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:29:58.21 ID:MBQN7u9OP

亜美「ホント!?」

伊織「べ、別にそれくらい……その、さっきのこともあるし」

真美「やった! それじゃ、何する何する?」

伊織「私は別になんでもいいわよ?」

亜美「えー! いおりん決めてよー!」

伊織「だから私はなんでもいいって……」

真美「それじゃ真美もなんでもいいー!」

亜美「亜美もー!」

伊織「なんなのよあんたたちは! もうやっぱりウザい!」

亜美「そんなこと言って、そんなに嫌いじゃないくせに!」

伊織「……まあ、ね」

真美「おっと、いおりんのデレいただきましたー!!」

伊織「なっ! で、デレとか言うな!! 全くもう……」


伊織「本当にコイツらは、しょうがないんだから……仕方ない、付き合ってあげるわよ。にひひっ♪」

終わり


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:34:15.85 ID:3Ey9bD4Y0

おつ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:40:57.69 ID:i6WA4tAJO

伊織最高だな


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:42:13.17 ID:o5EqnRKZ0



お姉ちゃんしてるいおりん可愛い


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 21:44:06.58 ID:moymP21x0

素晴らしい


引用元: 亜美「いおりんいおりん」真美「かまってかまって~」伊織「ウザッ」