1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 22:53:55.01 ID:VBJf7ndv0

ありす「橘と呼んで下さい」

P「そうだあああああ!」

ありす「ひゃっ。お、大声を出さないで下さい。そうだの意味もわかりませんし」

P「それで良いんだ! いつ、どこで、どんな事があっても、そう答えるんだ!」

ありす「はい?」

no title

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 22:55:34.35 ID:VBJf7ndv0

P「ノーマル一枚目であのデレ具合。あれじゃ、クーデレじゃなくて、クデレデレじゃないか!」

ありす「ノーマルってなんの話ですか?」

P「最初は、名前を呼ばないで下さい、って冷たく言ったり、仕事ならなんでもします、って大人びた事を言ってたのに」

ありす「今でもその考えは変わっていませんが?」

P「特訓一回で何だよアレ! ありす可愛過ぎるだろうがッ!」

ありす「えっと、ありがとうございます……?」

no title


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 22:58:08.89 ID:VBJf7ndv0

P「けど、順序ってモノが飛び過ぎなんだよ! なんだよ、ありす用の衣装拵えて、舞台用意しただけであの変わりようは!」
P「最初はこう『その、まだ名前には抵抗あるけど、少しは見方が変わった気がします(裏声)』ぐらいでいいんだ!」

ありす「……私、そんなに気持ち悪い声ではありません」

P「他の子にも言えるけど、どんだけやり手なんだよ俺! 特訓の間にナニしたんだよ、俺ェッ!」

ありす「特訓を受けた記憶はありませんけどね」

P「しないから安心しろ。ああでも、否定しつつも特訓後のありすを見たい矛盾……ッ!」

ありす「これは会話が成り立った瞬間と思っても良いんですかね?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:00:53.25 ID:VBJf7ndv0

P「しかし、このままRやSRが出たらどうなるか?」

ありす「アール? エスアール?」

P「本場のアリスの衣装着て『私、本物のアリスになれましたか……?(裏声)』なんて頬染めながら言うのか?」
P「うぉおおおお! 見てぇぇええええ!」

ありす「……なんでこんな時に限って、他に人がいないんでしょうか?」

P「このタイミングを狙ってたからな」

ありす「このタイミングで普通に返事が貰えるとは思っていませんでした」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:03:12.82 ID:VBJf7ndv0

P「デレデレありすは最高だ。だがしかし、デレまでの過程は必要不可欠。間を想像で補うのも良いが、それでいいのか?」
P「否! 答えは否ァ! やはり公式の存在は大きい」

ありす「あっ、また当事者の私が見えなくなりました。脳内に、私に似た誰かがいるみたいですけど」

P「けれど、公式と言う壁を乗り越える事は、三百万近くいるプロデューサーの一人でしかない俺には不可能だ……」

ありす「……ゲーム始めるので、終わったら教えて下さいね」

P「あっ、俺もしたい」

ありす「では、静かにして下さいね」

P「うん」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:05:59.45 ID:VBJf7ndv0

P「意外だな、ありすがパワプロ持ってるなんて」

ありす「姫川さんに頂きました。あと、橘って呼んで下さい」

P「友紀、地味に野球の普及に勤しんでたんだな。で、どのくらいやった?」

ありす「数人作った程度です」

P「そっか。俺、ゲーム持ってないし、二人で対策練りながらサクセスしないか?」

ありす「むしろ、それしか出来なさそうですね」

P「CPU相手に、一回交代で試合するって手もあるけどな」

ありす「それでもいいですが、私はサクセスの方が好きです」

P「じゃあ決定だな」

ありす「はい」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:07:00.50 ID:nyFl90PC0

SR+になったら苗字をくださいとか言うんだろうな


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:09:34.43 ID:VBJf7ndv0

・・・・・・

P「うん。そこそこいい選手になって来たな」

ありす「ですが、オールAは夢のまた夢ですね。どうやって作るんですか?」

P「昔ので一番簡単なのが、博士の改造三回以上連続で成功だったな。天才型は慎重になり過ぎて失敗し易い」

ありす「一人作る時に一度出て来るか来ないかの確立じゃないですか」

P「簡単なだけで、運要素が馬鹿みたいに高いからな。と、噂をすればなんとやら」

ありす「どうします?」

P「ありすは今までどうしてた?」

ありす「一人目の時に出て、能力強化を選んだら酷い目に。それからは体力回復か、爆弾除去だけです。あと橘です」

P「それで行こうか。爆弾はないけど、丁度、体力減ってるし」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:12:39.52 ID:VBJf7ndv0

ありす「……いえ、チャレンジしてみます」

P「どうして?」

ありす「近くに電波発してる人がいるので、上手く行く気がします」

P「ああ、だから俺のケータイは圏外とは無縁なんだな」

ありす「……皮肉が通じないって辛いですね」

P「ポジティブと言ってくれ」

ありす「では、やってみます」

P「ドキドキ」

ありす「効果音を口で言わないで下さい。あっ、成功した」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:14:57.82 ID:VBJf7ndv0

P「おぉ、よかったな」

ありす「はい。ところで……」

P「ん?」

ありす「私はいつの間にプロデューサーさんの膝の上に座っているのでしょうか?」

P「さっき俺が乗せたから」

ありす「考えるまでもありませんでした」

P「いやなら降りていいぞ」

ありす「では、遠慮なく」

P「ひでぇ……」

ありす「大声で叫んで捕まらなかっただけも感謝して下さい」

P「すみません」

ありす「全く」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:14:58.96 ID:LTxIkADD0

なんだパワプロスレか


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:18:08.53 ID:VBJf7ndv0

P「ところでさ、仕事は楽しいか?」

ありす「脈絡なく、真面目な質問ですね。まぁ、つまらなくはないと言っておきます」

P「でも、面白くはないんだ」

ありす「……前もお話ししたように、将来は歌や音楽のお仕事がしたいと思ってます」
ありす「ですが、アイドルとなるとライブなどで名前を呼ばれるじゃないですか」

P「ファンが出来ると、自然とそうなるだろうな」

ありす「まだステージにも立ってない私が言うのもあれですが、想像するだけで好ましくありません」

P「なら、名前を変えてみるか? ウチは基本的に本名だけど、出来ない事はないからさ」

ありす「……いえ、それだと逃げてるみたいでなんか嫌です」

P「負けず嫌いめぇ~」

ありす「う、うるさいですよ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:21:07.44 ID:VBJf7ndv0

P「まっ、名前が嫌いなのは良いけど、付けてくれたご両親は好きだよな?」

ありす「当然です。お父さんとお母さんがいなければ、私はいないのですから」
ありす「感謝こそあれど、恨みなんて一つもありません」

P「なら良かった。早く有名にして、お父さんとお母さんに誇って貰わないとな」

ありす「誇って貰えるように頑張ります」

P「その意気だ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:23:56.19 ID:VBJf7ndv0

ありす「頭を撫でて子供扱いしないで下さい」

P「じゃあ、名前で呼ばれるのと、子供扱いされるの、どっちがいい?」

ありす「……子供扱いで」

P「そんなに嫌か?」

ありす「はい。特にプロデューサーさんに名前で呼ばれるのは」

P「俺名指し!?」

ありす「変な電波送受信しているようですし」

P「体質否定!?」

ありす「思考と言動も加えて下さい」

P「要するに全否定じゃん!」

ありす「そうとも言えますね」

P「そうとしか受け取れないんだけど……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:26:31.87 ID:VBJf7ndv0

ありす「そんな事より、どの練習をします?」

P「技術メインで」

ありす「では守備練習にします」

P「……どうやったら電波の放出消えるかなぁ」

ありす「どうせだったら実際に電気が使えるようになって下さい。コンセントまで充電器伸ばす必要がなくなります」

P「出来たら出来たでコンセント代わりって」

ありす「もしそんな事が出来たら、名前で呼んでもいいですよ」

P「よーし。おじちゃん、頑張っちゃうもんね。ふんぬっ!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:28:51.19 ID:VBJf7ndv0

ありす「気持ち悪い掛け声とポーズをしないで下さい」

P「……すみません」

ありす「したいのなら私の視界の外でお願いします」

P「はい、そうします……」

ありす「あっ、いない間は適当に進めますから、ほどほどで戻って来て下さいね」

P「畏まりました……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:34:25.02 ID:VBJf7ndv0

ありす(変な大人。よくわからない事言ったりするのに、普通とは違う考え方をする)

ありす(お父さんとお母さん、悲しんでたのかな。私が名前を嫌ってて)

ありす(そんな事、考えもしなかった。聞かれた事もなかった)

ありす(……本当に変な大人)

ありす(近くにいるのに、ずっと離れた場所で見守ってくれているような大人)

ありす(だから、名前を呼ばれたくない)

ありす(名前が嫌いな事は変わらないけど、それとは別に、なんか嫌)

ありす(多分、多分だけど、私がプロデューサーさんと胸を張って並べられるようになるまでは)

ありす(その時は、名前で呼んで下さい。きっと、近い未来の私もそれを望んでいると思います)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:37:56.34 ID:VBJf7ndv0

蘭子「煩わしい太陽ね(おはよう!)」

P「うおおおお! 目覚めよ雷光! 吠えよ雷電! ウチのありすは世界一ィィパワァァァライトニングゥゥゥウウ!」

蘭子(カッコいい掛け声が外から!?)

きらり「にょわーっ! きらりんぱわー☆」

P「ぐわあああ!」

ありす「……全部台無しです」


終わり


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:42:12.95 ID:uqsRrEE60




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:43:47.12 ID:dhWFy70x0

>P「けど、順序ってモノが飛び過ぎなんだよ! なんだよ、ありす用の衣装拵えて、舞台用意しただけであの変わりようは!」
>P「最初はこう『その、まだ名前には抵抗あるけど、少しは見方が変わった気がします(裏声)』ぐらいでいいんだ!」

わかるわ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:50:16.19 ID:mqWJyKAZ0

親愛200はヤバイ

N+でバックメンバー全員まで埋めたい衝動に駆られるな


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:52:13.32 ID:pRghjHHa0

>>35
なにそれkwsk


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 23:56:39.64 ID:qCo9bKXH0

>>36
ありすがクッソデレデレ


引用元: モバP「ありす。おーい、あーりす」