1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:04:10.50 ID:26sDmCYE0

亜美「ヘンな感じ?」

真美「うん」

真美「顔が熱くなって、胸がキューっとなって」

亜美「うんうん」

真美「これって何かな」

亜美「きっとアレだよ!」

真美「アレ?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:09:31.43 ID:26sDmCYE0

……




真美「おはよ!」

春香「おはよう……あれ?」

やよい「真美、風邪ひいたの?」

真美「ううん、バッチリ健康だよ」

春香「じゃあ……変装?」

真美「ぶー! はるるん残念!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:15:47.50 ID:26sDmCYE0

真美「このマスクは予防だよ!」

やよい「風邪引いちゃったら大変だもんね~」

P「うんうん、健康管理もできて偉いな」

真美「ぅ……!」

春香「……」




真美「予防できてないよぉ!」

亜美「ありゃ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:21:19.98 ID:26sDmCYE0

亜美「てっきり兄ちゃんアレルギーかと思ったのに」

真美「マスクつけてても駄目だったよ」

亜美「こうなれば!」

真美「うん」






亜美「……という作戦で!」

真美「おー!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:28:37.83 ID:26sDmCYE0

……




真美「……」

千早「あの、どちら様でしょうか」

真美「あ! ヒドいよ千早お姉ちゃん」

千早「……なにしてるの、真美」

真美「アレルギー対策!」


千早(帽子を目深にかぶってサングラスにマスク……そして軍手)

千早(……一体何のアレルギーなのかしら)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:28:45.98 ID:wpLENwLs0

                       _,...、
            ,. . . :―‐-. .、  /:_: : : : ヽ
         , . :´: : : : : : : : : : : `ヽ、__): : : : :{
         /: : : :,: : : : : : : : : : : : :_: ヽ_): : : : :.
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :、: : : : :!
        ,: : : :./: : : , :': : : : : : :,: : : : : : :}_: ',: : : : l
      l: : :/:{: : : /: : : : : : : :/: : : : : : /ィ: : ,: : : :!
       {: :/: :!: : /: /: :,ィ: :./: :,: : : : :/ Ⅵ:!: : : {
      ∨-、|:,イ: :/://イ /:イ: : :/:/   }/: : : :.!
        {-、.|: l:./  __-― '/: //ー--/: : : : :.|
       ㌧_|: |'  イ斥㍉/イ   ィ心イ : : : : :.:|
          |: |    弋ソ     {,ソ/|: : : : : : |
          |: |、            ,   { ,リ: : : : : :|
         ヾ!        _   人!:l: : : ハ: j
          |   :.、   ´  /  |:ハ: : | ;/
        /|    ` r- ‐ ´   / }: :/
     _//イ       { ヽ、_       l:/
    /:、  \ \     ヾ /  `ヽ、  /
   /:::::::::\  `ヽ \   /イ   /:::::l


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:35:24.82 ID:26sDmCYE0

P「うわっ!?」

千早「おはようございます」

真美(対策は完璧!)

P「不審者だ!」

真美「……!」

千早「違います、真美ですよ」

P「え?」


P「…………本当だ」

真美「ぅ……!」

真美(兄ちゃん! 顔が近いよ!)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:41:02.37 ID:26sDmCYE0

真美「また駄目だった」

亜美「これは重症だね」

真美「うあうあー! なんなのさー!」

真美「兄ちゃんのことを考えると……」

亜美「考えると?」




真美「あうぅ……」

亜美(かわいい)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:47:05.71 ID:26sDmCYE0

……




真美「兄ちゃん、いる?」

小鳥「残念、今は営業でいないわよ」

真美「よかった~」

小鳥「??」

真美「実はね……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:52:22.84 ID:26sDmCYE0

小鳥「つまり、プロデューサーさんといると顔が熱くなって」

小鳥「胸が締め付けられるようで、プロデューサーさんのことを考えただけでもドキドキするってこと?」

真美「うん」




小鳥「……えっとね」

真美「うん」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:57:43.98 ID:26sDmCYE0

小鳥「それって、恋じゃないかしら」

真美「えっ」

小鳥(むしろ何故それに気付かなかった……)



真美「でも、うーん……」

真美「兄ちゃんのことは好きだけど……それって恋、かなぁ」

小鳥「!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:05:43.90 ID:nZCDIiL10

小鳥「……事務所のみんなは好き?」

真美「もちろん!」

小鳥「プロデューサーさんは?」

真美「好きだよ」

小鳥「そ、そう……」

小鳥(ライクとラブの違いを教えなきゃ駄目なのかしら……?)


真美「……もしかして!」

小鳥「……?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:13:28.91 ID:nZCDIiL10

真美「真美、事務所のみんなに恋してる……!?」

小鳥「……ええとね」

真美「どったの?」

小鳥「例えば……そうね、プロデューサーさんのことを思い浮かべて?」

真美「……」




真美「…………ぅ、ダメダメ!」

小鳥「どう?」

真美「もう心臓がバクハツしそうだよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:20:35.02 ID:nZCDIiL10

小鳥「胸はドキドキしてる?」

真美「うん、ライブ終わった後みたい」

小鳥「それが、恋なの」

真美「そっか……」

小鳥「だから、そのドキドキは大切にしないとダメよ?」

真美「うん」



小鳥(真美ちゃんの初恋……どうか実りますように)

真美(真美、兄ちゃんに恋してるんだ……)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:27:04.98 ID:nZCDIiL10

P「最近真美に会ってないなぁ」

春香「そうなんですか?」

P「何故だか露骨に避けられてる気がしてな」

千早「色々と難しい年頃ですし……」

P「だよなぁ」



真美「兄ちゃん!」

P「おわっ!?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:30:51.85 ID:nZCDIiL10

P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」

真美「気にしないの」

P「少しは気にしてくれ」

真美「ぶー、ケチ」

P「はいはい」


真美「あ、そうだ」

P「ん?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:33:55.10 ID:nZCDIiL10

真美「兄ちゃん」

P「うん」



真美「大好きだかんね!」

P「」

春香(へえ~)

千早(……ふむふむ)


おわり


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:34:16.48 ID:nZCDIiL10

終わりっす
真美かわいい


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:34:39.46 ID:yC64xuCo0

30レスで真美の良さがよく出てた


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:37:32.48 ID:2D0vLNM10




35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 00:38:45.95 ID:ugewqk0p0

真美はかわいいからね。しかたないね。



引用元: 真美「最近兄ちゃんといるとヘンな感じ」