前スレ→P「真実は無く、許されぬ事など無い」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:41:00.75 ID:tu4lVrGc0
-都内某廃工場-  



ゴォォォォ

P「・・・」

ギィィィ…

P「・・・ここも、ダミーか・・・」

P「悪蔵の持っていた書類は、ほとんど役立たなかったな・・・」バサ

P「しかし、この名を現代で目にする事になるとは・・・」ペラ

P「・・・」

P「テンプル騎士団、か・・・」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:45:48.17 ID:tu4lVrGc0
新聞:俳優、本村たくや逮捕!未成年に暴行の疑い

高木「な、なんと言う事だ!あの本村たくやが・・・」

美希「・・・」シラー

P「・・・」

高木「確か、美希君のドラマの共演者だったね・・・いやはや、なんという・・・」ペラ

P「ま、まあ、ドラマは打ち切りになってしまいましたけど、
 監督さんがまた声掛けてくれましたから・・・」

美希「み、美希的には、あの人苦手だったから、良かったかなって・・・」アセアセ

高木「ふむ・・・まあ、気をつけたまえよ、美希君」

美希「は、はい、なの」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:50:47.45 ID:tu4lVrGc0
P(まあ、無事でよかったよ・・・)

TV「・・・続いてのニュースです」

P「・・・」ボー

TV「昨日正午過ぎ、765区のオフィス街で、ビルの壁をよじ登る男が目撃されました」

P「・・・!!?」ビクッ

TV「子供「すごかったんだよ!ス○イダーマンみたいで!」」

P「・・・」ダラダラ

TV「親父「お、おう!ビルとビルの間をよ!目の前で飛んでったんだよ!」」

亜美「へ→亜美も見たかったなぁ」ワクワク

P「・・・」

TV「なお、目撃者から携帯電話で撮影された動画が提供されました」

P「!!?」ビクッ




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:55:20.74 ID:tu4lVrGc0
真美「ええ!すごいな→!見たい見たい!」ワクワク

P「・・・!」アタフタ

チャンネル ピッ

亜美「え、ええ!?兄ちゃんなにするの!?」

P「お、お前たち、これからやよいとレッスンだろ?遊んでないで早く用意しなさい」

亜美・真美「ええ→!?」ブー

ガチャ

やよい「・・・おはようございます・・・」

P「ほら来た、おはよう!やよい!」

やよい「あ・・・お、おはようございます・・・」

亜美「んん?やよいっちどうしたの?」

真美「元気ないよ?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:01:24.30 ID:VaQ23W/T0
やよい「え、え?そ、そんなことないよ?」アタフタ

P「?具合でも悪いのか?」

やよい「だ、大丈夫ですー!今日も一日頑張りましょう!」

P(・・・?)


-レッスンスタジオ-

亜美「あ→つかれた→・・・」

真美「うぅ・・・今度のダンス激しすぎだよ兄ちゃん!」プンプン

P「はは・・・そう言いながら、ちゃんと出来てたじゃないか真美、えらいぞ」ナデナデ

真美「え、えへへ・・・//」テレテレ

亜美「あ!真美だけずる→い!亜美も!亜美も!」ピョンピョン

P「はは・・・ん?」

やよい「・・・」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:05:55.02 ID:VaQ23W/T0
P「・・・やよい?」

やよい「・・・へ?え、あ、あわわ!」アタフタ

P「ど、どうした、やよい?」

やよい「な、なんでもないですー!」ニコ

P「・・・何か悩み事か?」

やよい「え、え・・・?あ、あの・・・その・・・」モジモジ

亜美「なんか、やよいっち変だよ→?」

真美「んっふっふ→恋の病ですかな?」

P「これこれ、茶化すんじゃない」

P「・・・まあ、言いづらい事なら無理に言わなくてもいい」

やよい「・・・ごめんなさい・・・」

P「だけど、何か悩みがあるのなら、いつでも相談に乗るからな?やよい」

やよい「!は、はい!」ニコ




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:11:05.78 ID:VaQ23W/T0
-P宅-

P「ふぅ・・・今日も疲れた・・・」

P「・・・ブレードの手入れはしておかないとな」クイ

ジャキン!

P「えーと、油、油」ガサゴソ

P「・・・」フキフキ

P(しかしだ・・・やよいはどうしたんだろうか・・・)ジャキン

P(どんなときでも笑顔は忘れない娘なんだが・・・)カチャカチャ

P(まさか・・・思春期か?美希の件もあったし・・・)カチン

P「・・・」

P「少し、様子を見に行くかな」スッ

P「・・・一応、コートは持っていこう・・・」バサァ




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:15:37.82 ID:VaQ23W/T0
P「たしか、やよいの家は・・・」テクテク

P「んー、ここらへんだったよな・・・」キョロキョロ

ドンドンドン

P「!?」サッ

チンピラA「おらぁ!高槻ぃ!居るのはわかってんだよ!」ドンドンドン

チンピラB「隠れてねえで、出て来い!おら!」ゲシゲシ

P(・・・なんだあいつら?)ソー

チンピラA「高槻さんよぉ!借りたお金は返しましょうよ!?」ドンドンドン

チンピラB「こっちは慈善事業じゃねえんだよ!」ゲシゲシ

P(・・・借金取り・・・?)




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:20:37.16 ID:VaQ23W/T0
ドンドンドン

やよい「・・・!」ビク

長介「うぅ・・・おねえちゃん・・・こわいよぉ」ポロポロ

かすみ「うぅ・・・グスン」ポロポロ

やよい「だ、大丈夫だから・・・ね?」

長介「うぅ・・・」ポロポロ

ドンドンドン オラー

やよい「・・・!」ビクッ

やよい(お、おとうさん・・・!)ビクビク




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:28:14.82 ID:VaQ23W/T0
P(やよい・・・そんなに大変だったのか・・・)

ドンドン オラー

P(警察・・・大事にしていいものか・・・)

P(・・・)

P(穏便に済めばいいが・・・)フード カブリー

テクテク

P「あの・・・」

チンピラA「あぁ?なんだてめえ?」

P「あ、いや、近所に住んでる者なんですけど・・・子供が泣いてしまって・・・」

P「出来れば、その・・・し、静かにしてもらえないでしょうか・・・?」オロオロ

チンピラA「てめえのガキのことなんざ知るか!」

チンピラB「けっ・・・金を返してもらえないこっちが泣きたいぜ!」ギロ

P(やっぱり、借金取りか・・・)




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:35:30.38 ID:VaQ23W/T0
チンピラA「おら、怪我したくねえならどっか消えな、兄ちゃんよ?」

P「・・・」

チンピラB「へっ・・・警察にチクッたらいじめちゃうからな?へへへ・・・」

P「・・・」

P「あ、あの、でも・・・ご、ご近所の方も怖がってると思いますし・・・」オロオロ

チンピラA「・・・ああん?しつけえな、痛い目見ないとわからねえか?」

チンピラB「くくく・・・俺たち、とってもいいもの持ってるんだぜ?味わってみるか?」チラリ

P(短刀か・・・)ピク

P「・・・これが最後だ、帰ってはもらえませんか?」

チンピラA「・・・ああ?」

チンピラA「おい、聞いたか?これが最後だとよ?」

チンピラB「なんだよ?帰らなかったら全裸で土下座でもするのか?」ヘラヘラ




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:42:25.21 ID:VaQ23W/T0
P「・・・警告はしたぞ」

チンピラA「あ?」

ヒュ・・・バキィイ!

チンピラA「げ、げふぅ!?」ドサ

チンピラB「きょ、兄弟!?て、てめえ!何しやがる!」アタフタ

P「弱者を食い物にする外道が、恥を知れ」パンパン

チンピラB「こ、このやろう・・・!こっちは二人も居るんだ!生きちゃかえれねえぞ!?」

P「なんだ?お前は、数も数えられないのか?」

チンピラB「な、なんだと・・・?おう!兄弟!やっちm・・・」

チンピラA「」ピクピク

チンピラB「!!?い、一発で!?」アタフタ




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:47:55.41 ID:VaQ23W/T0
P「・・・さあ、そのデカいのを拾って、お引取り願おうか」

チンピラB「や、やろう!」

シャキン

P「・・・丸腰の人間に刃物を向けるのか?」

チンピラB「う、うぅう、うるせええ!!!」

ヒュン

P「・・・」サッ

ガシ

チンピラB「へ、へへ・・・なんだぁ?逃げるので精一杯かぁ?」ヘラヘラ

チンピラB「無理もねえやなぁ・・・これで切られたら、いてえじゃすまねえからなぁ?」

P「これ?これのことかな?」ヒョイ

チンピラB「!!?お、俺のドス!?」アタフタ




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:53:18.73 ID:VaQ23W/T0
P「手入れを怠ってるな、これでは髭も剃れはしない」

チンピラB「あ・・・あ・・・」ガクガク

P「ほら、返すぞ」ポイ

カランカラン

チンピラB「お、お前・・・何者だ!?」ガクガク

P「・・・ただのサラリーマンだよ」

チンピラB「嘘つけ!ど、どこにドスを素手で奪い取る素人が居るってんだ!?」ガクガク

P「・・・さあ、どうする?今なら見逃してやるが 」

チンピラB「ぐ・・・ぐぬぬぬ・・・」プルプル

チンピラB「お、覚えてやがれよ!」ピュー

P「・・・」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:59:13.06 ID:VaQ23W/T0
P「さて・・・」フード モドシ

コンコン

P「やよい?もう大丈夫だよ」

やよい「!?プ、プロデューサー?」

ガラ

P「こんばんは」ニコ

やよい「え、え?ど、どうして?」

P「い、いや、その・・・お巡りさん呼ぶぞー!ってな・・・」アタフタ

やよい「・・・う、うぅ・・・ぷろでゅーさぁ・・・」ポロポロ

P「あ、ああ、泣かないで・・・もう大丈夫だから」ナデナデ

やよい「う、うぅぅ・・・グスン」ポロポロ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:05:14.68 ID:VaQ23W/T0
長介「・・・ZZZ」

かすみ「・・・ZZZ」

P「やっと寝たか・・・」

・・・



P「・・・そうか・・・親父さん、保証人に・・・」

やよい「・・・はい・・・」

やよい「お父さん・・・お人よしだから、知り合いに頼まれて・・・」

P「連絡は、つかないのか?」

やよい「はい・・・お金、なんとか都合つけるって・・・それっきり・・・」

P「・・・お母さんは?」

やよい「それが・・・過労で倒れて、今、病院に居ます・・・」グスン

P「・・・」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:13:53.89 ID:VaQ23W/T0
P(・・・やよいは、たった一人でこの家を守っていたんだな・・・)

やよい「・・・」グスン

P(こんな小さな体で・・・)

やよい「・・・」ヒック

P「・・・・・・よし!」パン

P「やよい、しばらく、うちで暮らさないか?」

やよい「・・・え、え?でも・・・」

P「両親は海外に居るから、部屋は余ってるんだ、結構広いぞ?」

P(まあ、教団が用意してくれたんだけどね・・・)

やよい「・・・ありがとうございます・・・」

やよい「でも・・・やっぱりここにいます・・・」

P「・・・え?」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:17:50.46 ID:VaQ23W/T0
やよい「もしも、お父さんが帰ってきて・・・家に誰も居なかったら心配しちゃうから・・・」

P「・・・」

やよい「そ、それに・・・もうすぐ帰ってくるかもしれないし・・・!」グッ

やよい「だ、だから・・・だから、大丈夫です!」ニコ

P「・・・」

P(なんて気丈で、優しい子なんだ・・・)

P(もう、この子に涙を流させてはいけない)

P「・・・」

P「・・・じゃあ、俺がここに泊まるよ」

やよい「・・・え、ええ?」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:22:21.44 ID:VaQ23W/T0
P「ご両親が居ないんじゃ心細いだろ?」

やよい「で、でも・・・」

P「それに・・・また、あいつらが来るかもしれないし・・・」

やよい「・・・!」ピク

P「こう見えても学生時代は空手をやってたんだ!結構強かったんだぞ?」チカラコブ

やよい「でも・・・これ以上、プロデューサーに迷惑は・・・」

P「・・・迷惑なんかじゃないよ?」

やよい「・・・え?」

P「んー・・・やっぱり、やよいは笑ってたほうが可愛いからな」

やよい「え、ええ?///」

P「やよいを泣かせるやつはこうしてやる!」デュクシ デュクシ

やよい「・・・あはは!プロデューサー変な動きです!」ケラケラ

P「ははは・・・」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:28:28.58 ID:VaQ23W/T0
やよい「じゃあ・・・お願いして、いいですか?」

P「ああ!いいとも!こちらこそお世話になります」

やよい「・・・えへへ・・・でも、こういうのっていいですね」

P「?」

やよい「わたし・・・お、おにいちゃんが欲しいなーって、ずっと思ってて・・・」

P「ああ、やよいはお姉さんだもんな、甘えられる立場だろうし」

やよい「だから、プロデューサーが来てくれたら、
    なんだか、おにいちゃんが出来たみたいで、嬉しいです!」

P「そうか、それは光栄だ!」

P「なんなら、ここにいる間、お兄ちゃんって呼んでみるか?」

やよい「え、ええ!?あ、あの・・・その・・・いいんですか?」モジモジ

P「やよいが嫌じゃなければ」

やよい「あぅ・・・//じゃ、じゃあ・・・その・・・」

やよい「お、おにいちゃん!///」テレテレ




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:32:49.73 ID:VaQ23W/T0
P「・・・ん?もう、こんな時間か・・・難しい事は明日、考えるとしよう」

やよい「・・・そうですね」

P「・・・」

やよい「・・・」シュン

P「大丈夫だよ、やよい、俺が必ず力になるから!」ニコ

やよい「は、はい!」パァ

P「じゃあ、そろそろ寝ようか?」

やよい「はい!」

P「・・・一緒に寝る?」

やよい「!!?///だ、大丈夫です!///」ピュー

P「はは、かわいいやつだ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:36:53.88 ID:VaQ23W/T0
-翌朝-

トントントン

やよい「・・・ん・・・んん」ゴシゴシ

やよい「・・・あ、あれ?プロデューサー起きてたんですか?」

P「ん?ああ、おはよう、やよい」

P「冷蔵庫の中、勝手に借りたけど、もうすぐ朝食出来るからな」トントントン

やよい「そ、そんな、悪いです!私も手伝います!」アタフタ

P「はは・・・兄貴には甘えるもんだ、気にしないでいいから、ゆっくりしてなさい」

やよい「で、でも・・・」

P「な?」ニコ

やよい「・・・は、はい・・・それじゃお言葉に甘えて・・・」

トントントン

やよい(・・・なんだか、こういうの久しぶりだなぁ・・・)

やよい(おにいちゃん・・・えへへ・・・///)




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:40:32.18 ID:VaQ23W/T0
「「いただきまーす!」」

パク

長介「!?にいちゃん!おいしいよ!」パクパク

かすみ「うん!おいしい!」モグモグ

やよい「おいしいですー!!」モグモグ

P「はは、それはよかった」

やよい「でも、いつもあんなに早起きなんですか?」

P「ん?ああ・・・3時間も寝れば十分疲れがとれるように、訓練されたからな・・・」モグモグ

やよい「え?く、訓練ですか?」

P「!!?あ、いや、て、テレビでやっててな!?さ、3時間睡眠健康法って・・・」アタフタ

やよい「は、はぁ・・・?」キョトン

やよい「でも!ちゃんと、たっぷり寝たほうがいいですよ?」

やよい「律子さんが睡眠不足は、お肌に悪いって言ってました!」

P「あ、ああ、そうだな、気をつけるよ・・・」アセアセ




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:43:59.92 ID:VaQ23W/T0
-765プロ-

高木「そうかね・・・高槻くんが、そんな大変な目にあっていたとはね・・・」

P「・・・はい、当分は私が面倒を見ようと思います」

高木「うむ・・・!高槻くんも、君がいた方が心強いだろう」

P「・・・」

高木「・・・しかしだ、その・・・借金のほうは、どうするのかね?」

高木「理由はどうあれ、借りたものは返さねばならぬのが道理だ」

P「・・・本来、部外者が入るべき問題では無いのですが・・・」

P「・・・どうしようもなくなった時は、俺が代わりに・・・」

高木「当ては、あるのかね?」

P「まあ、貯えも多少はありますし・・・は、払いきれる額ではないですが・・・」

高木「・・・君はそれでいいのかね?」

P「・・・はは・・・やよいが笑っていてくれるというなら、安いものですよ!」

高木「・・・・・・」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:48:50.26 ID:VaQ23W/T0
高木「・・・うむ!流石、私が見込んだ男だ!なかなか、言える事ではないよ」

高木「・・・まあ、やれるだけの事を、とにかくやってみなさい」

高木「しかし・・・手詰まりになってしまった時は、遠慮無く頼ってくれたまえよ!」

P「・・・社長・・・」

高木「高槻くんのお父上は、私の方でも探してみよう」

高木「知り合いに探偵をしている男がいてな・・・」

高木「いや、これがなかなか、有能で頼りになる男だよ!」

P「・・・ありがとうございます、社長」ペコ

高木「・・・高槻くんの支えになってやってくれ」

高木「今、彼女が頼れるのは君しかいないんだ・・・わかるね?」

P「・・・はい・・・任せて下さい!」

高木「うむ・・・!しっかりな!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:53:30.62 ID:VaQ23W/T0
-高槻家-

ジュー

長介「わあ・・・!ヤキニクだぁ!」ジュル

かすみ「ヤキニクなんて久しぶりだね!お姉ちゃん!」ワクワク

やよい「う、うん・・・すいません、プロデューサー・・・お金出してもらっちゃって・・・」

P「はは、気にするなよ、俺が焼肉を食べたかっただけだ!
 やっぱり大勢で食べたほうが美味いからな!」

P「それに・・・お兄ちゃんだろ、やよい?」

やよい「は、はい!ありがとう!おにいちゃん!」パァ

かすみ「おにいちゃん、ありがとー!」ニコ

長介「にいちゃん!早く食べようよ!」バタバタ

P「はは、じゃあ、頂こうか!」

「「「いただき・・・」」」

ピンポーン




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:56:56.40 ID:VaQ23W/T0
P「ん?」

やよい「・・・?こんな時間に誰かな?」

長介「・・・あ!おとうさんかな!?」

ドンドンドン

やよい「!?」ビク

??「おらぁ!!高槻ぃ!逃げ回ってんじゃねえ!出て来い!」

かすみ「あ・・・あ・・・」ガタガタ

長介「あ・・・う・・・お、お姉ちゃん・・・?」ビクビク

P(・・・あの馬鹿共め)イラ

やよい「・・・」ビクビク

P「・・・」

P「やよい?大丈夫だよ、俺がついてるから!」

やよい「お、おにいちゃん・・・」

P「なに!すぐに追い返してくるから、ちょっとだけ我慢してくれ」ニコ




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:01:28.13 ID:VaQ23W/T0
チンピラB「ゴラァ!高槻ぃ!」ドンドンドン

ガラ

チンピラA・B「!?」

P「・・・何か御用ですか?あまり大きな声を出すと、近所迷惑ですよ」

チンピラB「なんだぁ?誰だ、にいちゃん?」ジロ

P「・・・高槻の親戚の者です、親父さんが行方不明でして、
  子供たちだけでは不安なので世話をしに・・・」

チンピラA「ゆ、行方不明だぁ!?てめえ!隠してるんじゃねえのか!?」

P「金の都合のために、走り回ってるんですよ・・・信じて待ってはもらえませんか?」

チンピラA「ざけんな!こちとら3ヶ月も待ってやってるんだ!これ以上待てるか!!」

P「・・・大体、ここには子供しかいませんよ、大きな声を出して怖がらせないでもらえませんか?」

チンピラB「へっ!関係ねえな!親の不祥事は、子の不祥事でもあるんだよ!」

P(・・・)




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:05:11.59 ID:VaQ23W/T0
チンピラB「・・・」チラ

チンピラB「まあ・・・どうしてもって言うんなら帰ってやんねえでもねえぜ?」

P「・・・本当ですか?」

チンピラA「おう、俺たちだって鬼や悪魔じゃねえんだ、多少の仏心は持ち合わせてるぜ?」

P「・・・」

チンピラB「・・・にいちゃん、おめえが代わりに払うってんなら、もう二度とここには来ねえよ」

P「・・・!」ピク

P(・・・やはり、そう来たか・・・)

P(さて・・・どうする)

チンピラA「どうした?払うのか!払わねえのか!」

P「・・・」

P(・・・仕方ないか・・・これ以上、やよいたちに・・・)

P「わかりました・・・」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:09:29.89 ID:VaQ23W/T0
チンピラB「お?払う気になったかい?」ピク

ガサゴソ

P「この通帳に300万程あります・・・残りの分は、毎月にでもお返し・・・」

チンピラA「・・・おい、兄ちゃん、ふざけてんのか?」

P「・・・え?」

チンピラB「・・・ぜんっぜん足りねえよ」

P「?・・・確か、高槻が借りたのは800万程じゃ・・・」

チンピラA「バカかおめえ?俺たちが銀行の商社マンにでも見えるのか?」

チンピラB「兄ちゃんよ、借金には利子ってもんが付くんだよ」

P「利子?」ピク

チンピラB「えーと・・・800万の3ヶ月・・・今日までの日にちを合わせて・・・」デンタクポチポチ

チンピラB「・・・計、八千八百万!キッチリ耳ぃ、揃えて返してもらおうか!!!?」ドーン

P「は、8800万だと!?」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:11:43.09 ID:JtRDMpNq0
警察呼べwwwwwwwww



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:13:08.77 ID:VaQ23W/T0
P(・・・)

チンピラA「おらぁ!クソガキ!どうすんのか言ってみろ!!」

P「・・・利子の計算、間違えてませんか?」

チンピラB「・・・うちは、銀行さんじゃねえんだよ、普通の利子なわけねえだろ?」

チンピラA「カラス銭ってやつよ、夕方、カラスが鳴きゃあ一割よ」ニヤニヤ

P(こいつら、闇金か・・・)

P(親父さん・・・どうして、こんな保証人に・・・)

チンピラA「まあ、払えねえってんなら、別の方法でもいいぜ?」

P「別の方法・・・?」

チンピラA「確か、高槻の娘、ちったぁ名の知れたアイドルだって言ったな?」

P「ええ・・・まあ・・・」

P(・・・ライブのチケットでも欲しいのか?)

チンピラA「そいつ、引き渡せ」

P「!!?」ピク




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:18:28.73 ID:VaQ23W/T0
チンピラA「現役アイドルがサービスしてくれる店!こいつは、儲かるぜぇ?」ニヤニヤ

P(こいつら・・・)

チンピラB「たしか、まだ、13、4だろ?10年は使い物になるな」ヘラヘラ

P「・・・」

チンピラA「そいつぁ、どうかな?ああいうのには結構ハードな客がつくんだ、
     2、3年しか持たねえかもよ?」ヘラヘラ

チンピラB「へっ・・・まあ十分借金の足しにはなるだろう」

P「・・・」

チンピラA「おら、なにやってんだ、にいちゃん?早く連れて来い」

チンピラB「安心しろよ、壊れたらすぐにでも返してやるからよ」ヘラヘラ

P「お断りする」

チンピラA「・・・あ?」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:21:30.58 ID:VaQ23W/T0
P「聞いていれば言いたい放題、貴様ら等に彼女を渡すわけがないであろう」

チンピラA「あ?なんだって?聞こえねえな?」ピクピク

P「外道共が、痛い目を見なければ分からないようだな」

チンピラA「げ、外道だと!?ん、んん!?どこかで聞いたような・・・!?」

チンピラB「お、おい・・・こいつ昨日の・・・!」

チンピラA「!!?あ、あのクソガキか!!?何で高槻の家に!?」ビク

P「さあ、銃でも剣でも持って来い、こちらの準備は出来てるぞ」ボキボキ

チンピラA「な、なめやがって!このガキャァアア!!」

シャキン

P「おや?昨日と同じナマクラでいいのか?」

チンピラB「・・・こんなのもあるぜ?」

チャキ

P(・・・ピストル・・・)ピク




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:25:47.35 ID:VaQ23W/T0
P「・・・」

チンピラB「さっきまでの威勢はどうした?ビビっちまったか?」ヘラヘラ

チンピラA「情けねえなぁ!チャカ一つにビビっちまってよぉ」ニヤニヤ

P「・・・」ニヤ

チンピラB「?何笑ってやがる?」

P「失礼、拳銃一つで勝利した気になっている姿が滑稽でね・・・」

チンピラB「ああ!?な、なめやがって!」カチ

P「!!」ピク

シュパ!ガキン!

チンピラB「くくく・・・え?あ、あれ?」カチ カチ

チンピラA「!!?お、おい・・・兄弟、撃鉄に・・・!」ガタガタ

チンピラB「え?え?」チラ

チンピラB「!!?な、なんじゃこりゃあぁ!!?な、何でナイフが挟まって!!??」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:30:13.97 ID:VaQ23W/T0
P「・・・」ダッ

バキイ!!

チンピラB「はう!!」ドサ

P「全く、近所迷惑と言っただろう」

P「・・・これは、返して貰うぞ」ナイフ ヒロイ

チンピラA「あ・・・あ・・・」ガクガク

P「さっきまでの威勢はどうした?ビビってしまったか?」ニヤ

チンピラA「わ・・・わ、わぁあああああ!!!」ヒュン

P「!!」

ジャキン!シュパァ!


キィン!




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:34:28.20 ID:VaQ23W/T0
カン! カンカン…

チンピラA「へ、へへへ・・・!やってやったぜ!!」ガクガク

P「・・・」

チンピラA「!?な、なんで・・・?ド、ドスが折れて・・・」

チンピラA「!!?な、なんだよそのナイフ!!?どこから出しやがった!?」ガクガク

P「・・・」クイ

ジャキン・・・

チンピラA「ひ、引っ込んだ!?な、何なんだよお前は!!?」ヘナヘナ

P「・・・もう、気が済んだだろう、さっさと帰ってくれないか?」

チンピラA「あ、あ・・・う、うぅぅぅ・・・」ガクガク




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:40:11.73 ID:VaQ23W/T0
P「借りた金は必ず返そう・・・だが、もうしばらく待ってはもらえないだろうか?」

P「両親が不在で、子供たちは唯でさえ不安なんだ・・・少しは考えてやってくれ」

チンピラA「う、うぅぅ・・・あ、あ・・・」ガタガタ

P「・・・約束は必ず守る、だから今日のところは帰ってくれ」

チンピラ「」ガタガタ

P「・・・?立てないのか、手を貸そうか?」

スッ

チンピラA「(ビクッッ!!)ひ、ひぃぃいいい!ご、ごめんなさいぃぃい!!」

チンピラA「」ピュー

P「お、おい!」

P「・・・歩けるじゃないか」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:47:00.55 ID:VaQ23W/T0
ガラ

やよい「!!?プ、プロデューサー?」ビクビク

P「あ、ああ、待たせてすまないな、もう帰ったよ」

かすみ「・・・おにいちゃん、だいじょうぶ?」

P「うん、大丈夫だよ!ビックリさせちゃったな・・・」ナデナデ

かすみ「・・・//」モジモジ

長介「も、もう、来ないの?」オドオド

P「兄ちゃんが怒ってやったら、逃げてったからな!もう、来ないよ」ニコ

長介「に、にいちゃんすごいや!」パァ




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:51:32.05 ID:VaQ23W/T0
やよい「で、でも・・・どうやって帰ってもらったんですか・・・?」

P「え、え?せ、誠心誠意話せば、誰だって分かってくれるものさ!」アセアセ

やよい「は、はぁ・・・?」キョトン

P「・・・まあ、しばらく来ないのは本当だから、安心してくれ、やよい」ナデナデ

やよい「あ、あ・・・///は、はい!安心しますー!」パァ

長介「にいちゃん、お腹すいちゃったよ!」グー

P「ああ、待たせてしまったな、すまないすまない」

P「じゃあ、気を取り直して、頂こうか」

「「「いただきまーす!!」」」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 02:57:15.61 ID:VaQ23W/T0
-火堂組・事務所-

「バッキャロォォォォオオオ!!!」

ガツン!

チンピラB「」ピクピク

チンピラC「お、おやっさん!ゴルフクラブなんかで殴ったら死んじまいますよ!?」オロオロ

親分「けっ、かまやしねえ・・・カタギのガキなんぞになめられやがって・・・」ブルブル

親分「そんな使えねえ奴ぁ、死んじまえやぁぁぁああ!!!」

チンピラA「す、すんません!!おやっさん!勘弁してください!!」ドゲザ

親分「・・・俺ら極道はよ、気負いの商売なんだよ・・・」プルプル

親分「カタギなんざに舐められたらなぁ!おマンマ食い上げなんだよ!!!」ブン

ガツン!

チンピラA「!!?ひ、ひぐぅ・・・!すすす、すいやせん!!おやっさん!!」ガタガタ

親分「・・・くそ・・・!どいつもこいつも、このワシを舐めやがって・・・!!」ブルブルブル




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:04:07.24 ID:VaQ23W/T0
「しかし、大した男だ」

ヌッ

親分「・・・ん?おお!これはこれは、用心棒の先生!いいところに!」

用心棒「銃の撃鉄にナイフを引っ掛ける・・・並の芸当ではない」

用心棒「その男が、一体どういう男なのか・・・気になりますな」

親分「む・・・確かに狙って出来ることじゃねえ・・・」

親分「おう!チンピラァ!一体どういう奴なんでぇ!!?」

チンピラA「へ、へい・・・どう、と言いましても・・・ふ、普通のサラリーマンにしか・・・」

親分「んなこたぁ、分かってんだよ!このボケぇ!!」ドカ

チンピラA「が、がはぁ!・・・あ、ああ!そうだ!て、手品をしてやした!」アタフタ

親分「・・・て、てめえ・・・ワシをおちょくってんのか・・・?」プルプル

チンピラA「ほ、本当ですよ!手首からナイフを出し入れしてやした!」

用心棒「!!?」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:08:10.65 ID:VaQ23W/T0
用心棒「おい、チンピラ」

チンピラA「へ、へい・・・?」ビクビク

用心棒「その話・・・確かか?」

チンピラA「へい!・・・ドスを折られたときに・・・」

用心棒「・・・」

親分「?先生・・・何かご存知なんで?」

用心棒「いや、なんでもない、気のせいだろう」

親分「はぁ?」

用心棒「・・・」

用心棒(こいつは・・・面白くなるかもしれないな)ニヤァ

チンピラA「ひ・・・!!?」ゾク




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:14:51.26 ID:VaQ23W/T0
-一週間後-

P(もう、一週間か・・・)

P(教団から連絡はないし・・・どこにいるのやら・・・)

P(・・・金も何とかしないとなぁ)

P(・・・)

小鳥「プロデューサーさん?」

P「・・・え?あ、は、はい、なんでしょう?」

小鳥「ふふ・・・ボーっとしてますけどお疲れですか?」ニコ

P「いやいや、まだ72時間は働けますよ!」ドン

千早「!?」ガタッ

P「ど、どうした千早?」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:21:07.23 ID:VaQ23W/T0
ピピピ…

P「ん?電話・・・やよいだ」ピッ

P「もしもし」

やよい『あ、プロデューサーですか?ラジオの収録終わりましたー!』

P「ああ、お疲れさま、その・・・道中、大丈夫だったか?」

やよい『はい!真さんと一緒だったから、なにも心配なかったですー!』

真『あはは・・・なんか、嬉しいような、悲しいような・・・』ボソ

P「はは・・・真にもお疲れさまって言っといてくれ」

やよい『はい!』

P「この後は・・・何も予定は無いがどうする?このまま直帰しても構わないが」

やよい『真さん、この後予定は無いそうですよ?どうします?』

真『あ、そうか・・・ボクも予定無いし、読みたい本もあるから帰ろうかな』

やよい『真さんも帰るそうなんで、いっしょに帰りますね』

P「ああ、わかったよ、気をつけて」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:27:16.38 ID:VaQ23W/T0
やよい『プロデューサー、晩ごはんは何がいいですか?』

P「ん?そうだな・・・もやし丼、あれが美味かったな」

やよい『もやし丼ですか?わかりました!材料買ってきますね!』

真『も、もやし丼?』

やよい『はい!親子丼にもやしを入れただけですけど』

真『あ、ああ、親子丼ね・・・』

やよい『?』

真『(・・・もやししか入ってないのかと思った・・・)』

P「ああ、そうだ、家の様子を見に戻るから少し遅くなるぞ?」

やよい『あ、そうですよね、一週間も戻ってないし・・・』

P「ちゃんと、戸締りはしておくんだぞ?」

やよい『わかってまーす!』




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:29:39.75 ID:VaQ23W/T0
-P宅-

P「・・・久しぶりだな」

ごっちゃぁ

P「・・・」

P「・・・なんで郵便受けに無理矢理詰め込むかな・・・」ガサゴソ

ガチャ

P「ただいまー」

シーン…

P「・・・出迎えが無いと言うのも寂しいものだ、すっかり慣れてしまったからな」

P「さて・・・ホコリも溜まっているな、掃除でもしていくか」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:37:21.75 ID:VaQ23W/T0
ピカー

P「まあ、こんなものかな」

P「武器庫も掃除しておくか・・・手入れもしなければならないし」

スイッチ カチッ ゴゴゴゴゴ…

ブキガ ズラー

P「・・・あいかわらず、無駄に広いな、地下が丸々だもんな・・・」

P「さて、同志アルタイル、安全と平和を・・・」オジギ

アルタイル像(・・・)

P「早く終わらせて、帰らないとな・・・」

P「・・・めんどくさいなぁ」ハァ




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:44:13.97 ID:VaQ23W/T0
ピカピカー

P「ああ、くたびれた・・・」

ピピピ…

P「?電話だ・・・教団?」

P(・・・何か動きがあったか?)

ピッ

P「・・・もしもし」

P「ああ、俺だ、何かあったか?」

P「・・・!?見つかったのか!?それで、場所は?」

P「・・・わかった、すぐにそっちに行く」

ピッ

P(やよい・・・!よかったな、見つかったぞ!)

P「早速、教えてやろう!」

ピピピ…

P「・・・ん?また電話か」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:51:04.15 ID:VaQ23W/T0
P「もしもし?」

真『あ!プ、プロデューサーですか!?真です!』アタフタ

P「ど、どうした?そんなに慌てて・・・」

真『あ、あの、やよいの台本を間違えて持ってきちゃって、
  家まで届けにいったんですけど・・・』オロオロ

真『その・・・家に行っても誰もいなくて・・・』

P「・・・?買い物に行ってるんじゃないのか?」

真『い、いえ、買い物はボクと一緒に行ったんですよ』

真『それが・・・その・・・玄関が開きっぱなしで・・・』

P「開きっぱなし?無用心な・・・」

真『なんか不安になって、勝手に中に入ってしまったんですけど・・・』オロオロ

真『家の中にも誰もいなくて・・・机に書置きが置いてあったんです』

P「書置き・・・?」ピク

真『えっと・・・「お父さんが見つかりました、ちょっと会って来ます」って・・・』

P「!?」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 03:55:46.20 ID:VaQ23W/T0
P「お父さんが見つかった・・・?本当にそう書いてあるのか?」

真『ええ・・・だから、嬉しくて鍵も掛けずに、飛び出して行っちゃったのかなって』

P(・・・どういうことだ?)ドクン

真『でも・・・おかしいなぁ・・・』

P「どうした?」

真『え?いや・・・字がやよいの字じゃないような・・・』

P「字が違う?」

真『やよいって、スペース内からハミ出すぐらいに書くじゃないですか』

真『でもこれ・・・真ん中に、こじんまりとしてるし・・・すごく達筆なんですよ』

P「・・・」

P(やよいの字じゃない・・・?)




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:04:27.93 ID:VaQ23W/T0
P(・・・やよいは家出をするような子じゃないし・・・)

P(教団も嘘をつくはずがない・・・得がない・・・)

P(何よりも・・・字が違う・・・?)

P「真・・・何か気づいた事はないか?」

真『え?気づいた事ですか?』

P「どんな事でもいいんだ、頼む」

真『え、えーと・・・うーん・・・」

P「・・・」

真『・・・あ、そうだ、なんか変な人がいましたね』

P「変な人・・・?」

真『ええ、パンチパーマの・・・少しガラの悪い人でしたけど」

P「!!?」ドクン




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:09:59.77 ID:VaQ23W/T0
真『やよいの家に行く途中で、なんかキョロキョロしてる人がいて・・・』

真『なんだろって見てて・・・目が合ったら、どっかに行っちゃいましたけど』

P(・・・あ、あいつらだ・・・)ドクン

P(・・・やよい・・・!)

真『プ、プロデューサー?』

P「・・・やよい、きっと嬉しくって飛び出して行っちゃったんだろうな・・・」

真『そう・・・なんですかね?』

P「ありがとう真・・・もう、日も暮れるし、早く帰りなさい」

真『え?でも』

P「後は、俺が何とかするから・・・な?」

真『はぁ・・・?わかりました・・・』

ピッ

P「・・・」ゴゴゴ




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:16:44.43 ID:VaQ23W/T0
P「・・・」ピッ ピッ ピッ

プルル…

??『お電話ありがとうございます、朝森出版、牧谷です』

P「俺だ、頼みがある」

牧谷『え?ああ、なんだ、お前か』

P「子供を迎えに行って欲しい、場所は・・・」

牧谷『お、おいおい!なんだいきなり?』

P「頼んだぞ」

牧谷『お、おい!子守だと!?俺はアサs』

ピッ

P「・・・」ガチャ ギイィィィ…

P「・・・もう、二度と着る事はないと思ったが・・・」

シュル カチン カチン バサァ

P「・・・待っていろ、やよい!」

タッタッタッ




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:21:37.09 ID:VaQ23W/T0
-火堂組・事務所-

やよい「ん・・・うぅ・・・?」パチ

やよい「え・・・?ここ、どこ・・・?」キョロキョロ

チンピラA「おや?起きたかい?」ニヤニヤ

やよい「!?だ、誰ですか?」

チンピラB「そうだよな、ずっと隠れてたんだ、顔、知らないよな」

チンピラA「俺たちはよ、おめえの親父に金を貸してるモンだよ」

やよい(!!?・・・と、取り立ての・・・)

やよい(逃げなきゃ・・・!?)ジタバタ

チンピラA「おいおい、縛ってんだ、暴れんなよ」

チンピラB「働く前からキズ物になったんじゃ、たまんねえからな?」ニヤニヤ

やよい「う、うぅ・・・」ビクビク




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:27:34.48 ID:VaQ23W/T0
チンピラD「お?起きたのか?」

やよい「!?」ビク

チンピラD「へえ・・・さすがアイドルだな、可愛い顔してんじゃねえか」ニヤニヤ

やよい「・・・」ビクビク

チンピラD「んん~・・・貧乏くせえと思ったが、なかなかいい匂いじゃねえかぁ」クンカクンカ

やよい「や、やめてください!」ジタバタ

チンピラD「へへ・・・ちょっとムラムラしてきたな」クンカクンカ

チンピラC「おいおい、あんまイタズラすると親分にどやされるぞ?」ニヤニヤ

チンピラD「バレやしねえよ・・・おい、ちょっと来いよ」ガシ

やよい「!?い、いやです!離してください!」ジタバタ

チンピラD「うるせえ!もっと酷いことすんぞ!?」

やよい「!?」ビク

やよい(お、おにいちゃん・・・!)ビクビク




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:35:12.54 ID:VaQ23W/T0
タッタッタッ… ダンッ スタン!

P「はぁ、はぁ・・・」

P(やよい・・・すまない、必ず守ると約束したのに・・・!)

タッタッタッ… ダンッ スタン!

P(本当に馬鹿だ・・・危険だと言う事は分かっていたのに)

P(少し脅しただけで、解決した気になって・・・なんて愚かな・・・!)

タッタッタッ キッ

P「はぁ、はぁ、路地が入り組んで見えない・・・もっと上に・・・」

タッ タッ タッ

P「やよい・・・どこにいる」ゴォォォォォ

P「・・・」

P「こっちか・・・間に合ってくれよ・・・!」

タッタッタッ…




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:40:17.99 ID:VaQ23W/T0
チンピラD「おら!」ヒョイ

ドサ

やよい「う・・・!うぅぅ・・・」ガタガタ

チンピラD「おう、おめえらどうする?」

チンピラA「けっ・・・ガキなんぞに興味はねえよ」

チンピラB「おらぁ、知らねえからな」

チンピラD「けっ・・・じゃあ、邪魔すんじゃねえぞ?」

バタン ガチャ

チンピラD「へっへっへ・・・」

やよい「・・・・・・」ガタガタ

チンピラD「そんなに怖がんなよ・・・すぐに終わるからよ」

やよい「う、うぅぅぅぅ・・・」ポロポロ

ドカンッ!

チンピラD「!?な、なんだよ・・・おまえらやっぱり・・・」

バキイィ




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:48:24.27 ID:VaQ23W/T0
チンピラD「ごふ!?・・・せ、先生じゃないですか!?」アタフタ

用心棒「・・・」ジロ

やよい「!?」ビク

チンピラD「す、すいやせん・・・先生がそんな趣味あるなんて思わないで・・・」ダクダク

用心棒「貴様のようなゲスと一緒にするな」

チンピラD「へ?へ?」オドオド

用心棒「・・・すまないな・・・怖い目にあわせてしまって」

やよい「・・・え?」キョトン

ブチッ シュル

やよい(ロープ・・・ほどいてくれたの・・・?)

用心棒「ここでは、この馬鹿共に何をされるか分からない・・・私の部屋で待ってなさい」

やよい「は、はい・・・」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:52:58.85 ID:VaQ23W/T0
-用心棒・部屋-

やよい「・・・」

用心棒「・・・」

やよい「あ、あの・・・」

用心棒「なんだ・・・?」

やよい「助けてくれて、ありがとうございます・・・」

用心棒「・・・助けたのではない」

やよい「・・・え?」

用心棒「契約だ・・・ここの組長、際道とのな・・・」

用心棒「やつが来たら・・・お前を無傷で引き渡す事になっている」

やよい「・・・」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:58:19.26 ID:VaQ23W/T0
用心棒「・・・恨むなら自分の運命を恨め」

用心棒「借りは返さねばならん・・・お前の父は責務から逃げた」

やよい「・・・」

やよい「お、お父さんは、逃げてなんていません・・・!」

用心棒「・・・」

やよい「お父さんは・・・お人よしで・・・頼りないけど・・・」

やよい「で、でも・・・!嘘をついたり、逃げたりなんてことはしません!」

用心棒「・・・」ジロ

やよい「・、・・・!」キッ

用心棒「・・・」

用心棒「・・・強いな、お前は」

やよい「・・・え?」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:04:05.57 ID:VaQ23W/T0
用心棒「だったら、信じ続けろ」

やよい「・・・?」

用心棒「この世の誰が信じなくても・・・お前だけは」

用心棒「・・・俺も、出来るだけ時間を稼いでやろう」

やよい「!?ほ、本当ですか?」

用心棒「・・・ああ」

やよい「でも・・・なんで・・・?」

用心棒「・・・さあな・・・俺にもわからん」

やよい「・・・?」キョトン


ブロロロロ… キー バタン

際道「おう!帰ったぞ!」ガチャ

チンピラABCD「お、オス!お疲れ様です!」ペコ

用心棒「・・・!帰ってきたか・・・」

やよい「・・・」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:11:50.75 ID:VaQ23W/T0
際道「ん?こいつが、高槻の娘か?」ジロ

やよい「・・・!」ビク

際道「ふん・・・奴に似つかわしくねえ、上玉じゃねえか」

際道「おう、譲ちゃん、おめえは親父の借金のカタにここに連れてこられた、分かってるな?」

やよい「・・・はい」

際道「もう、これ以上は待てねえ、今日からお前には働いて貰う事になる」

やよい「働く・・・?」キョトン

際道「譲ちゃんには、ちと早い仕事だが・・・まあ、車で追々説明しよう」

やよい「・・・はい・・・」シュン

やよい(もう・・・駄目なのかな・・・)

際道(・・・へへへ、こうも上手くいくとはな・・・)




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:21:12.33 ID:VaQ23W/T0
用心棒「・・・少し待ってもらいたい・・・」

際道「あ?なんですかい?」

用心棒「その娘に2、3聞きたいことがある・・・」

やよい「!?」

際道「聞きたいこと?」

用心棒「ああ・・・出来れば二人きりで・・・」

際道「・・・」

際道(ちっ・・・何か感づきやがったか・・・?)

用心棒「もう、逃げられないんだ・・・2、30分ぐらい、いいだろう?」

際道(・・・まあ気づいたところで遅いがな・・・)

際道「まあ・・・構わんでしょう・・・」

際道「ただし・・・!二人っきりと言うのは認められませんな」

用心棒「・・・好きにしろ」

やよい「・・・」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:27:48.68 ID:VaQ23W/T0
-応接室-

用心棒「・・・」

やよい「・・・」

際道「・・・先生?聞きたいことがあるんじゃないんですかい?」

用心棒「・・・ああ」

用心棒(仕方ない・・・少しの間、時間を稼いでやるか・・・)

用心棒(その間に、父親が来るとも思えんが・・・)

用心棒「・・・お前の家にいた男は何者だ?」

やよい「え・・・?」

用心棒「うちのチンピラが2度も返り討ちに会ったという・・・」

やよい「え、え?2回も・・・?」

用心棒「ああ・・・」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:32:51.63 ID:VaQ23W/T0
用心棒「チンピラといえど、力はある、それを二人も返り討ちにしたと言うと・・・並の事ではない」

やよい「・・・でも、おにい、あ、あの人は私のプロデューサーさんで・・・普通の人です・・・」

やよい「あ、でも・・・昔、空手をやってたから、ちょっとは自信があるって・・・」

用心棒「・・・そうか」

用心棒(・・・嘘にしか思えないが・・・)

やよい「・・・」

用心棒「・・・」

際道「・・・?先生?もういいんで?」

やよい「・・・!」ピク

用心棒「・・・」

用心棒(仕方ない・・・)

用心棒「・・・このマークに見覚えがあるか?」ピラ




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:38:02.06 ID:VaQ23W/T0
やよい「?・・・」

やよい(なんだろう・・・三角のマーク・・・)ジッ

用心棒「・・・どうなんだ?」

やよい「・・・ごめんなさい・・・知りません・・・」

際道「・・・?なんですかい?それは」

用心棒「・・・これは、その昔アサシンと呼ばれた教団が掲げていたマークだ」

際道「あ、あさしん?一体どういう奴らなんで?」

用心棒「・・・政治の裏で暗躍していた集団と聞く・・・別の依頼主からの依頼で探していてな」

やよい「?」

際道「?」

用心棒「・・・俺も噂にしか聞いたことがない・・・もう存在しないとも聞く」

やよい「あ、あの・・・何で私に?」

用心棒「・・・いや・・・私の間違いだったようだ、忘れろ」

やよい「は、はぁ・・・?」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:45:53.51 ID:VaQ23W/T0
用心棒「・・・」

やよい「・・・」

際道「・・・政治の裏で暗躍ねぇ・・・」ブツブツ

際道(・・・でも、なんでこんな小娘に・・・)

際道(まあ、気まぐれだろう・・・)

用心棒「・・・」

際道「さあ・・・もういいですかい?」

やよい「・・・」

用心棒「・・・」

用心棒(・・・これ以上は無理か・・・)

用心棒「・・・もういいぞ」スッ

やよい「え・・・?あ・・・」

用心棒(・・・すまんな、娘・・・)




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:50:45.73 ID:VaQ23W/T0
際道「さあ、譲ちゃん、車に乗りな」クイ

やよい「・・・はい」トボトボ

ボフ

やよい「・・・」

際道「とうとう・・・来なかったな」

やよい「・・・」

際道「へへ・・・譲ちゃん覚悟は出来てるかい?」

やよい(おとうさん・・・おにいちゃん・・・)グスン

際道「・・・おう、出せ」

チンピラE「・・・」

際道「?何してやがんだ、聞こえねえのか?」

チンピラE「・・・」ガクン

際道「!?お、おい!何寝てやがる!?」

??「来るのが遅かったな」

際道「!!?だ、誰だてめえ!?」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 05:55:52.09 ID:VaQ23W/T0
??「失礼・・・挨拶が遅れたな、私のことはプロタイルとでも呼んでくれ」

やよい「・・・プロタイルさん?」

際道「プ、プロタイルだぁ?ここで何してやがる!?」

プロタイル「なに、そちらの素敵なお嬢さんを迎えに来たのだよ」

やよい「!?」ビク

際道「な、なにぃ!?てめえ、どこの回しもんだ!!?」

プロタイル「お嬢さん、少し失礼」ニコ

やよい「え、え?」

バキイィ!ゴロゴロ…

際道「あがっ!?ぐぐぐぐ・・・」

チンピラA「!?お、おやっさん!?どうしたんで!?」アタフタ




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:01:29.02 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「さあ、お嬢さん、降りて頂けますかな?手を貸しましょう」ヒザマズキ

やよい「え、え?あ、ありがとうございます・・・」ギュ

プロタイル「・・・さあ、お父上がお待ちです、家までお送りしましょう」

やよい「!?お、おとうさんが!?」

プロタイル「・・・ご無事で・・・元気な様子でしたよ」

やよい「お、おとうさんが・・・本当に・・・?」

プロタイル「・・・ええ」ニコ

やよい「・・・う、うぅぅぅ・・・よかった・・・よかったよぉ・・・!」ポロポロ

プロタイル「・・・よく頑張ったね、泣かないで・・・」ナデナデ

やよい「う、うぅぅぅ・・・」ポロポロ

際道「お、おう!待ちやがれ!!」ヨロ

やよい「!?」ビク

プロタイル「・・・」スッ




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:08:18.10 ID:VaQ23W/T0
際道「いててて・・・!か、勝手な事ばかり抜かしおって!貴様、何者だ!?」

プロタイル「・・・」

際道「みょうちくりんな格好しおって・・・!」

用心棒「!!?あのマークは!?」

用心棒「アサシン・・・!実在したのか・・・!?」

際道「あ、あさしん?っていうと・・・」

やよい「さ、さっきのマークの・・・?」ビク

プロタイル「・・・」

やよい(・・・でも・・・なんだろう・・・)

やよい(すごく・・・優しい感じ・・・)

プロタイル「・・・」ニコ

やよい「・・・//」アセアセ




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:19:07.16 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「・・・この子の父親が見つかったのだ、今は帰らせてもらうぞ」

際道「な、なんだとぉ!?そんな事がまかりとおると思うのか!?」

プロタイル「・・・」

際道「おう!野郎共!ポン刀持って来い!!やっちまいな!!」

チンピラの群「へい!!」

ズラァ

プロタイル(・・・10・・・15人といったところか・・・)ジロ

用心棒(あんな奴らで止められるとは思わんが・・・お手並み拝見といこうか)

プロタイル「いいか貴様ら、俺は今、気が立っている」

チンピラの群「ああ?」

プロタイル「・・・死にたくなければ、逃げるのだな」

ジャキン!ジャキン!

用心棒(ダブルのアサシンブレード・・・やはり、本物か)




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:26:09.05 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「・・・お嬢さん?」

やよい「は、はい?」

プロタイル「大丈夫・・・必ず、お父上と会わせてみせましょう」

プロタイル「だから、今は・・・隠れていて貰えますか?」

やよい「は、はい・・・!」ダッ

プロタイル「よし・・・」

プロタイル「・・・さあ来い!外道共!」スッ

チンピラF「うおらぁ!!」ブン

プロタイル「・・・」サッ

ズバァ!

チンピラF「う、うごぉ!?」ドサ

用心棒(!!?な、なんて速さだ・・・!)ゴク




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:32:38.67 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「・・・」ダンッ

チンピラG「と、飛んだぞ!?」

プロタイル「・・・ふん!」

ズシャァ!

チンピラH「ぎゃ、ぎゃあぁぁぁあああ!!?」ジタバタ

チンピラI「う、うでがぁぁぁあああ!!?」ガクガク

用心棒(それに、あの跳躍力・・・!)

プロタイル「・・・」スッ

チンピラJ「く、くそ!チャカなら!!」チャキ

プロタイル「・・・!!」

バン!バン!

プロタイル「・・・」サッ サッ

用心棒(あ、あの距離で銃弾をかわすか・・・!?)




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:39:39.15 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「・・・!」

ガチャ!バシュ!


グサァ!

チンピラJ「!!?ぎゃ、ぎゃぁぁあああ!!?や、矢がぁぁあああ!??」

プロタイル「・・・」スッ

チンピラK「こ、このやろおぉぉぉおお!!」ヒュン

プロタイル「!」

バキィィイ!

チンピラK「がふ!?」ドサ

プロタイル「・・・」スッ

バンッ!

チンピラK「!!?ぎゃ、ぎゃぁぁぁぁああああ!!?」ジタバタ

チンピラL「ちゃ、チャカ持ってやがるぞ!!?こいつ!!!」

プロタイル「・・・」カチャカチャ




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:48:13.32 ID:VaQ23W/T0
チンピラM「な、なんてやろうだ・・・!!」

プロタイル「・・・」ジロ

チンピラM「ひ、ひぃいいい!!?」ガクガク

際道「き、きさまらぁ!!?何をしている!?」

チンピラM「お、親分!こ、こいつ、人間じゃねえよ!!」ガクガク

ピュー

際道「お、おい!てめえら!どこにいきやがる!!?」

際道「こ、この根性なし共がぁ・・・!!!先生!!出番だぜ!」

用心棒「・・・」スッ

プロタイル「・・・!」ピク

プロタイル(日本刀・・・長いな、居合いか・・・?)




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 06:55:55.50 ID:VaQ23W/T0
用心棒「まさか、この太平の世にアサシンと出会うとはな・・・」

プロタイル「・・・貴様らのような輩がいる限り、何度でも蘇るさ」

用心棒「・・・貴様に恨みはないが・・・死んでもらおう・・・」

スッ・・・

プロタイル「・・・!」

プロタイル(隙がない・・・出来るな・・・)

プロタイル「・・・全身全霊でお相手しよう」

シャキン・・・

用心棒「ほう・・・なかなかの業物ではないか・・・」

プロタイル「先祖の形見の剣だ、当たれば痛いぞ」

用心棒「・・・参る!」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:03:12.85 ID:VaQ23W/T0
グンッ シュバァ!!

プロタイル(!!?速い・・・!)サッ

用心棒「ふっ・・・この一撃をかわすか・・・流石だな!せやぁ!」

ヒュン!

ガキィン!!

プロタイル「・・・!くっ・・・!」ギリギリ

用心棒「これも受けるか・・・ますます気に入ったよ!殺すのが惜しいな、アサシン!」チャキ…

プロタイル「その刀・・・格好だけで選んだようではないな」ビリビリ

用心棒「・・・ふん」

用心棒「・・・さあ、三撃目だ・・・それ以上生き延びた者はいない・・・!」ギラ

プロタイル「光栄だな、俺がその最初の一人になれるとは」

用心棒「ほざけ・・・!」ギラ




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:08:17.84 ID:VaQ23W/T0
用心棒「・・・」

プロタイル「・・・」


シーン…


用心棒「・・・」

プロタイル「・・・」スッ

用心棒(!今だ!!)ピク

シュバ・・・

プロタイル「!!」ピク

ダンッ




ズバァァア!!




用心棒(・・・獲った・・・!!)




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:12:58.95 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「・・・!」

用心棒「!?」ビク

用心棒(!!?な、なにぃ!?)

用心棒(!?なぜ飛んでる!!?貴様はもう・・・!?)



ガシャーン…

用心棒(け、剣を・・・身代わりにしただと!!?)ビク

プロタイル「!!」ヒュウ…



ジャキン!

グサァァアア!!




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:19:25.59 ID:VaQ23W/T0
用心棒「!!くっ・・・!!」ガクガク

プロタイル「・・・」ズボッ

用心棒「まさか・・・武器を捨てるとはな・・・」ドクドク

プロタイル「その腕では、もう刀は握れまい・・・」

用心棒「・・・くそ・・・!」ドクドク

プロタイル「・・・」

スッ ピタッ!

用心棒「・・・殺せ」

プロタイル「・・・」

プロタイル「真実は無く、許されぬ事など無い」

用心棒「・・・」ドクドク

プロタイル「眠れ、安らかに」

ヒュン・・・




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:25:47.90 ID:VaQ23W/T0
際道「待ちな!アサシン!」

プロタイル「!!」ピタ

用心棒「・・・際道・・・」ドクドク

やよい「う、うぅぅ・・・」

際道「へへへ・・・それ以上勝手なまねをしてみろ!娘の命は無いぞ!?」

チャキ

プロタイル(・・・拳銃・・・!)

プロタイル「や、やよい・・・」

用心棒「や、やめろ、際道・・・その娘に罪は無いだろう・・・」ドクドク

際道「うるせえ!この役立たずが!なんだそのザマは!?」

プロタイル「・・・」スッ

際道「おっと、動くなよ!下手な真似するんじゃねえぞ!」チャキ

プロタイル「・・・くっ」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:31:52.85 ID:VaQ23W/T0
プロタイル(くそ・・・車が邪魔で・・・)

用心棒「・・・外道、が・・・」

際道「くくく・・・何がアサシンだ!時代遅れの骨董品が!」

プロタイル(・・・どうする・・・)

用心棒「・・・あ、アサシン・・・」

プロタイル「・・・?」

用心棒「際道からは・・・く、車の影になって俺が見えないはずだ・・・」

用心棒「さっきのボウガンを・・・俺に貸せ・・・足と左腕はまだ動く・・・」ドクドク

プロタイル「・・・貴様を信用しろというのか?」

用心棒「・・・他に手があると言うのか・・・?」

プロタイル「・・・」

際道「な、なにコソコソしてやがる!さっさと身に着けてる武器を全部捨てろ!」




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:37:18.41 ID:VaQ23W/T0
やよい「う、うぅぅ・・・プロタイルさん・・・ごめんなさい」

プロタイル「・・・」

際道「は、早くしねえか!!」チャキ

プロタイル「わかった・・・言うとおりにしよう」

カチ カチ ドサ ドサ

際道「な、なんて数隠し持ってやがったんだ!」

用心棒「・・・」

プロタイル「・・・」

プロタイル「・・・・・・託すぞ」

用心棒「!!・・・ああ!」

ヒュン

パシ!




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:46:03.02 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「さあ、これで全部だ」スッ

際道「へ、へへへ・・・」

用心棒「矢は・・・これか・・・」

際道「さて・・・どこの誰かはしらねえが、死んでもらおうか・・・!」

やよい「だ、駄目です!撃たないで!」ジタバタ

際道「あ、あばれんじゃねえ!小娘!」ギュー

やよい「く、くるしい・・・!」

プロタイル「・・・!まだか・・・?」

用心棒「くそ・・・力が入らない・・・」

やよい「う、うぅ・・・」ガクン

際道「ちっ・・・!てこずらせやがって・・・よけたりするんじゃねえぞ!」

用心棒「!!で、できた・・・!」

際道「さあ、死ね!アサシン!」カチャ

プロタイル「・・・!」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:51:15.15 ID:VaQ23W/T0
用心棒「際道ぃ!!」バッ

際道「!!?き、貴様!!何をっ!!?」

バシュ!

グサァァァア!

際道「ぎゃ、ぎゃあぁぁぁあああ!?う、うでがぁ!!?」ガクガク

やよい「・・・!」

プロタイル「!!」ダッ

タッタッタッ… ダンッ!

際道「!!く、くそが!ここまできて・・・!」

バキィ!!

際道「ぐ、ぐふぅ!」ドサ

プロタイル「やよい・・・大丈夫か?」

やよい「え・・・?あ、はい・・・」

やよい(なんで・・・名前を・・・?)




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 07:57:16.04 ID:VaQ23W/T0
際道「・・・う、うぐぐ・・・」

ガシ

際道「が、がはぁ!・・・こ、殺すのか・・・?」ガクガク

プロタイル「・・・一つ聞きたい」

際道「う、うぅぅ・・・?」

プロタイル「この子の父親の借金・・・本当に存在するのか?」

際道「!!?」

やよい「え、え?」

プロタイル「・・・父親は保証人になっただけだ・・・」

際道「・・・」ガクガク

プロタイル「俺の仲間がいくら捜しても、借りた本人が見つからんのだが?」

際道「!!?」ガクガク

やよい「ど、どういうことですか?」




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:02:10.79 ID:VaQ23W/T0
プロタイル「・・・さあ、どうなんだ、答えて貰おうか・・・」

際道「い、いねえわけねえだろ・・・」シドロモドロ

プロタイル「・・・嘘は身のためにならんぞ?」メキメキ

際道「ぎゃ、ぎゃあぁぁぁああ!わ、わかったぁぁあ!ほ、本当のことを言うよ!!」ジタバタ

やよい「・・・」

際道「う、うぅぅぅ・・・はぁ・・・」ガクン

際道「あ、あんたの言うとおりだよ・・・借金なんて存在しないよ・・・」

やよい「え、ええ!?」

プロタイル「・・・やはりな」

際道「居酒屋で、高槻と知り合ってな・・・」

際道「色々と話しているうちに娘がアイドルだって聞いたんだよ・・・」

プロタイル「・・・」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:12:10.93 ID:VaQ23W/T0
際道「店に沈めちまえば・・・金になるかもしれないと思って・・・」

際道「今回の計画を思いついて・・・高槻に保証人になってくれと頼んだんだ・・・」

際道「・・・絶対に払いきれない額を提示して・・・娘を借金のカタにするために・・・」

プロタイル「・・・」

やよい「・・・」

際道「あ、あとは・・・見てのとおりだ・・・」

プロタイル「・・・貴様はこの娘がどれほど苦労したのか知っているのか?」ギロ

際道「ひ、ひぃぃいい!?ご、ごめんなさい・・・!」

やよい「プ、プロタイルさん!もういいですから!」

プロタイル「・・・こいつは、君たち家族を苦しめた」

やよい「も、もういいんです・・・!・・・お父さんが無事なら・・・」

プロタイル「・・・」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:17:59.44 ID:VaQ23W/T0
用心棒「・・・いいかな?」スッ

プロタイル「!・・・そういえば貴様がまだいたな」ボキボキ

やよい「だ、駄目です!この人は、私を助けてくれたんです!」バッ

プロタイル「な、なに・・・?」

用心棒「むすめ・・・」

やよい「わ、わたしが乱暴されそうになったとき・・・この人が助けてくれて・・・」

プロタイル「貴様・・・どういうつもりだ?」

用心棒「・・・」プイ

やよい「だから・・・この人に乱暴しちゃ駄目です!」

プロタイル「・・・」

やよい「・・・!」キッ

プロタイル「・・・・・・わ、わかったよ」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:21:59.12 ID:VaQ23W/T0
用心棒「こいつは・・・俺が引き受けよう」

プロタイル「・・・どうするつもりだ?」

用心棒「・・・お前に渡せば殺すかもしれないだろう・・・?」

やよい「え、ええ?」ビク

プロタイル「・・・」

用心棒「・・・今日一日で・・・その子は汚い世界を十分に見た」

用心棒「もう・・・家に帰してやってくれ」

プロタイル「・・・」

やよい「・・・」チラ

プロタイル「・・・・・・必ず罪は償わせろよ」

やよい「プロタイルさん・・・!」パァ

用心棒「・・・必ずな」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:28:19.70 ID:VaQ23W/T0
用心棒「ほら・・・立て」グイ

際道「な、何しやがる!裏切り者め!」ジタバタ

用心棒「・・・」ギリギリギリ

際道「い、いてて!!離しやがれ!この役立たずが!」

プロタイル「・・・」

やよい「・・・プロタイルさん?」

プロタイル「・・・」ダッ

用心棒「!!?お、おまえ!」


バキィイ!!

際道「が、がはぁ!!?」

用心棒「!?」

プロタイル「真実は無く、許されぬ事など無い」

際道「・・・」ガクン

プロタイル「眠れ安らかに」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:38:51.85 ID:VaQ23W/T0
-高槻家-

プロタイル「さあ・・・ついたよ」

やよい「あ、あの・・・本当にありがとうございました!」ガルーン

プロタイル「・・・今日見たことはすべて忘れなさい」

やよい「え・・・?」

プロタイル「・・・もう、二度とあんな世界に関わってはならない」

プロタイル「君は、煌びやかな舞台で、人々に夢や希望を与え続けなければならないのだから」

やよい「そんな・・・プロタイルさんは・・・」

プロタイル「・・・」

プロタイル「・・・いつも、君のそばで見守っているよ」

やよい「・・・え、え?」

プロタイル「ん?あれは・・・?」ジー

やよい「え?なんですか?」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:42:29.78 ID:VaQ23W/T0
やよい「?なにもないですよ?」キョロキョロ

やよい「あ、あれ?プロタイルさん?どこに?」キョロキョロ

P「おーい!やーよいー!」

やよい「!?プ、プロデューサー?」

P「どこに行ってたんだ?探したぞ!」

やよい「あ、あの・・・その・・・」アセアセ

P「ああ、それよりも、親父さん見つかったってな!良かったな!」

やよい「は、はい!よかったですー!」

P「ほんとに良かったよ・・・借金も無かったことだし!」

やよい「え?何で知ってるんですか?」

P「!!?い、いや・・・その・・・」

やよい「・・・」ジー

P「と、とにかく、早く親父さんに会おう!な?」アタフタ

やよい「あ、あ!そうですね!!」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:48:20.47 ID:VaQ23W/T0
ガラ

やよい「おとうさん!?」

やよちち「や、やよい!」

やよい「・・・おとうさん・・・」

やよい「・・・う、うぅぅぅ・・・心配したんだからぁ・・・!」ポロポロ

やよちち「うぅ・・・やよい・・・すまない・・・!」ギュー

やよい「ううぅぅぅう・・・・」ポロポロ

P(よかったな・・・やよい)

やよちち「プロデューサーさん・・・!今回はありがとうございました!」ペコ

P「い、いやいや、私は何も・・・」

やよちち「ほんとうに・・・!ほんとうに・・・!」ポロポロ

やよい「おとうさん・・・」グス




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:53:11.44 ID:VaQ23W/T0
P「借金の件・・・あれは無しになりました」

やよちち「え、え?」

P「・・・あれは火堂組が仕組んだ虚偽の借金だったんですよ」

やよちち「え、ええ!?そ、そう・・・なんですか・・・?」

P「ええ・・・知り合いが教えてくれました、近いうちにあの組は無くなるでしょう」

やよちち「・・・」

やよちち「私は・・・何を・・・」プルプル

P「・・・やよいを褒めてやってください」

P「あなたたちがいない間、たった一人でこの家を守ってきたんです・・・」

やよちち「・・・やよい・・・」

やよい「・・・」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 08:59:35.29 ID:VaQ23W/T0
P「・・・あなたは、人が良すぎます」

やよちち「・・・」

P「あなたの子供たちは、本当にいい子でしたよ」

P「この先、この子達を守りたいなら・・・時には鬼にも悪魔にもなってください」

やよちち「・・・・・・」

P「・・・あなたはたった一人の父親なんだ」

P「どうか・・・守ってあげてください」ペコ

やよちち「・・・面目ない・・・」

やよい「プロデューサー・・・」

P「・・・はは・・・おにいちゃんだろ?」

やよい「・・・!はい!」

やよい「ありがとう!おにいちゃん!」パァ




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 09:07:42.67 ID:VaQ23W/T0
P「さて・・・積もる話もあるだろうから、もう失礼するよ」

やよい「・・・はい・・・寂しくなります・・・」

P「・・・」

やよい「・・・」

P「やよい、俺もな、妹が出来たみたいで楽しかったよ」

やよい「・・・おにいちゃん」

P「だから、これから甘えたくなったときは、いつでもおにいちゃんって呼んでくれるかな?」

やよい「は、はい!呼びます!」パァ

P「うん・・・!じゃあ、おやすみ」

やよい「あ、あの・・・おにいちゃん?」

P「お、おいおい、今、甘えたいのか?」

やよい「いえ・・・あの・・・弟たちは?」

P「!!?」

P(預けっぱなしだった・・・)アセアセ




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 09:13:32.21 ID:VaQ23W/T0
-一週間後-

ギャー ギャー

亜美「ご、ごめんって!やよいっち!」バタバタ

やよい「な、なんで、おデコに肉なんて書いたの!?」バタバタ

真美「あ、あまりにも気持ちよさそうに寝てたからつい・・・」バタバタ

やよい「ま、待ちなさい!こらー!」バタバタ

小鳥「ふふ・・・やよいちゃん、元気になりましたね」

P「ええ、本当に良かったですよ」

P(やっぱり、やよいは笑顔が一番だな)

ピピピ

P「ん?メールだ・・・」

朝森広報・牧谷
『おいしいリンゴ、見つかりました』

P「!!?」


つづく かも





引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336141943/l50