1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:02:37.31 ID:mM+X1BXv0
P「Nobody gonna take my car I'm gonna race it to the ground♪」


律子「おはようございます、プロデューサー殿 ずいぶんご機嫌ですね」

P「ああ、おはよう律子 ん?朝風呂か、寒いから風邪引くなよ」

律子「ええ、そうですけど・・・?」

P「髪まだ少し濡れてるぞ?」

律子「ちゃんと乾かしてるけどなぁ・・・」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:03:52.80 ID:mM+X1BXv0
P「Nobody gonna take my car It's gonna break the speed of sound♪」



あずさ「あらあら、こんな時間までお疲れ様ですプロデューサーさん♪」

真美「兄(c)何歌ってんの→?」

亜美「兄(c)仕事ばっかしてないで亜美達と遊んでYO→」

伊織「ちょっとアンタ達、帰ってきたんだから手洗いうがいしなさいよ?」

P「伊織の言うとおり。カラオケはのど使うからな」

伊織「 ?! へぇぇ・・・さすがにプロデューサーやってるだけあるわね」

亜美真美「「いおりんがデレたぁぁぁぁ」」

伊織「こら~あんたたちぃぃぃぃぃ!!」



あずさ「みんなほんとに元気ね・・プロデューサーさん お土産に」

P「ドーナツですか!ありがとうございます」

あずさ「え、ええ。どうぞ・・」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:04:28.13 ID:mM+X1BXv0
P「It's gonna break the speed of sound♪」



P「おい美希 こんなとこで寝るなよ」

美希「ふぁー おはようなの」

P「おはよう もう寒いんだから、風邪引くぞ?」

美希「だって眠いんだもん。仕方ないの」

P「おにぎり食べておなか一杯、か 食べてすぐに寝ると太るぞ」

美希「美希はだいじょうぶなのぉ  ふぁぁぁぁ・・・眠い・・・」

P「・・バッグの中のイチゴババロア食べちまうぞ」

美希「!! それはだめなの!すぐに起きるの!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:05:57.28 ID:mM+X1BXv0
P「Ooh it's a killing machine It's got everything ♪」



雪歩「プロデューサー、今お茶淹れます」

P「ありがとう、雪歩。おっ杜仲か・・いい香りだな」

雪歩「えへへ、冬は良く飲んでるんですよ」

真「おそくなりましたーーっ!」

P「おかえり真、少し走ってきたんだな。元気でよろしい」

真「!? お見通しだったんですか・・・あ、雪歩 ボクにもお茶ちょうだい」

雪歩「いいよ、そういえば真ちゃんも杜仲茶好きだったよね」

P「それはちょうどいい、おやつに実家から送って来たデコポンがあるぞ」

雪歩「これ、おっきぃですね・・・グレープフルーツみたい」

真「あ、なんかこのヘタが出っ張ってるの面白いですね」

P「だろ?この形ってアナr




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:14:23.25 ID:mM+X1BXv0
P「 Like a driving power, big fat tires And everything ♪」


千早「おはようございます。プロデューサー」

春香「おはようございますプロデューサーさん!」

P「ふたりともおはよう」

春香「さっきは何を歌ってたんですか?」

千早「 DEEP PURPLEっていうバンドの HIGHWAY STAR よ 」

P「千早・・よく知ってるな。というか俺のヘタなVoだけで分かるのか」

千早「ま、まぁ ハードロックの歌い方も勉強してますから」

P「・・・」


P「よし!物知りな千早に免じて、今日はレッスン弛めで」

千早「・・なぜですかプロデューサー!?」

P「今日の千早はその・・・調子悪そうに見えたけど?」


春香「え?!・・なんでせいr 千早「ちょっと春香!?」

P「なんでって、何でだろうな?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:20:28.98 ID:mM+X1BXv0
P「I love it and I need it, I bleed it ♪」


響「はいさーい!! プロデューサー、なんだか楽しそうさー」

貴音「ふふ、何か良いことがあったのでしょう」

P「二人の仲が良くて俺も嬉しいんだよ」

貴音「はて?どういうことでしょう・・・・!!?」

P「そうだな・・響、昨日の夜はよく眠れたか?」

響「うん!! 貴音が泊まりに来てくれて、二人で一緒に寝たんだけど・・・」



響「・・・//// !? うぎゃーーー!!!なんでもないぞプロデューサー!!!」

響「じぶん達何もないからな!!け、健全な関係だからな!!」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:21:08.36 ID:mM+X1BXv0
貴音「響!!・・・少し落ち着きなさい」

響「う、わ、わかったさー・・」

P「おお、怖い怖い・・・」


貴音「あなた様 どうやったかは存じ上げません」

貴音「ただ この娘の笑顔を奪うような真似だけは、どうか」

響「たかねぇ・・・」


P「言ってるだろ? 二人の仲が良くて俺も嬉しいんだ。」

P「但し! お前達はそれなりに名の売れたアイドルだ、注意だけはしろよ?」

貴音「・・はい。肝に銘じておきます」




P「まったく、響のことになると貴音は必死だな」

貴音「?! こ、この痴れ者!!!」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:22:06.01 ID:mM+X1BXv0
P「Yeah it's a wild hurricane Alright , hold tight」


やよい「あ!プロデューサー 」

P「やよい~!買い物の途中か!?荷物持ってあげよう」

やよい「いいんですか~?!ありがとうございます~!」

P「今日はずいぶんと豪華だな・・・」

やよい「えへへ・・・ちょっとお祝いがあるんです」


P「!?・・・そうか、やよいも大人になったか」


やよい「え"ーーー?!何で分かったんですか!?」

P「何でだろうね・・よし、フォカッチャでも作ってあげよう」




P「でもなんで自分のお祝いなのに買い物行くんだ?」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:28:01.21 ID:mM+X1BXv0
P「I'm a high way star」




小鳥「・・・今月も来ちゃいました」

P「分かってます」

小鳥「・・・ほんとに良く利く鼻ですね」


P「また、二人で頑張ろう!大丈夫、今度こそ出来るって!」

小鳥「でも、うぅ・・グスッ・・・どうして出来ないの?」

P「・・・・・」


終わり




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:31:17.65 ID:HUT1z58C0
こりゃパワーもあるし、タイヤも太いし全部ある!



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:31:23.14 ID:8ydSZ9NC0
テンポはよかったけどなぜハイウェイスターだったのか



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:33:16.67 ID:mM+X1BXv0
読んでくれてありがとうございました

噴上裕也は鼻が利きますね
あとほんとに子どもがほしいです




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 00:33:56.73 ID:9f0SIO0j0
愛してるぅ!!必要だぁ!!首ったけぇ!!

よくわからんが乙





引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353942157/