1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 03:05:26.62 ID:J+FlHPep0
P「雪歩……四条祭りっていったいなんだ?」

雪歩「四条さんの、四条さんによる、四条さんのためのお祭りです!!」

P(全く分からん)


元ネタ→ぱにぽに - Wikipedia 

※元ネタがぽにぽにとタイプミスをしているとのご指摘を受け、
ぱにぽにに修正させて頂きました。
ご指摘ありがとうございます!






2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 03:11:26.71 ID:J+FlHPep0
P「もう少し詳しく」

雪歩「具体的にはですね、えーと…あっ!」

P「なんだ?」

雪歩「もうすぐ、行きつけのお茶屋さんの閉店時間なんです!この話は、また明日…」

P「ああ、行っておいで」

雪歩「プロデューサー、お疲れ様でした!」

バタンッ

P「四条祭りか…」




8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:06:12.16 ID:J+FlHPep0
P(貴音に尋ねるのが早いが、今日はオフだからな…)

真美「どうしたんだい兄ちゃん君?」

亜美「事件なら、美少女探偵亜美&真美にお任せだよ!」

P「なあ。さっき雪歩が話してたけど、四条祭りって知ってるか?」

亜美「えー兄ちゃん、そんなことも知らないの?」

真美「ムチムチが許されるのは、ピタゴラスだけだよねー」

P「どういう意味だ?」

真美「あれ、違うっけ?」




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:11:12.38 ID:J+FlHPep0
亜美「…もう四条祭りの季節なんだね」

真美「真美たちも、成長するわけだよ…」

亜美「まさに、光陰山のごとし、だね…」

P「矢のごとしだ」

亜美「それそれ。山じゃなくて……山?」

真美「どったの、亜美?」

亜美「今日って、どうぶつの山の発売日じゃん!!」

真美「ほんとだ!早く買いに行かないと売り切れちゃうよー!!」




11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:12:25.87 ID:J+FlHPep0
亜美「時間は…うん、急げばまだ間に合うよ!」

真美「よし、全力だ!!」

亜美「倍プッシュだ!!」

バタンッ 

P(…行ってしまった)




12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:14:01.45 ID:J+FlHPep0
P「今日は、もう仕事がないとはいえ、困ったもんだ」

ちはひびまこ「「「ただいまー」」」

P「おかえり。今日は3人でレッスンだったな。どうだった?」

響「得意分野を教えあえば、ハードなレッスンもなんくるないさー」

P(よし、いい関係を築けているみたいだ)




13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:14:39.90 ID:J+FlHPep0
P「それは良かった。ところで質問があるんだが」

千早「なんでしょう、プロデューサー」

P「三人は四条祭りを知ってるか?」

千早「!!」

P「千早?」




14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:16:57.14 ID:J+FlHPep0
P「千早?」

千早「私としたことが、四条音頭の練習を忘れていたわ。くっ、プロとして恥ずかしい」

真「うぅ、ボクもすっかり忘れていたよ。響はどう?」

響「ふっふっふ。自分はもう、歌もダンスも完璧さー!」

真「くそ~!でも、さすが響だね。…そうだ!
  千早、これから居残りして、四条音頭をマスターしようよ!」

千早「そうね!……響も付き合ってくれるかしら?」




15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 12:18:54.98 ID:J+FlHPep0
響「!?」

千早「…ダメかしら?」

響「そ、そういうことなら、自分に任せて欲しいぞ!!」

千早「ふふ、ありがとう」

真「ということなので、プロデューサー、失礼します」

P「へ?ああ、あんまり遅くなるなよ」

ちはひびまこ「「「はーい」」」

バタンッ

P(…全然会話に入れなかった)




20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 19:51:31.48 ID:J+FlHPep0
P「そういえば、千早が四条音頭って言ってたな」

ガチャッ

春香「あっ! プロデューサーさん、お疲れ様です!!」

P「おう、春香。イベント終わりだろ? まだまだ元気だな」

春香「プロデューサーさんに会えて嬉しいからですよ!」




21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 19:53:11.20 ID:J+FlHPep0
P「そうか。俺も春香には、元気を分けてもらってるよ」

春香「ほ、本当ですか?」

P「本当だよ。そうだ、春香にお願いがあるんだ……聞いてくれるかな?」

春香「!? (こ、これは まさか…)」

P「………だめかな?」

春香「ど、どどどどうぞ!!!」




22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 19:54:40.71 ID:J+FlHPep0
P「じゃあさ……」

春香(やばいやばいやばい)




P「四条祭りについて教えてくれないか?」

春香「はい!喜んで!!」






春香「えっ」




23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 19:56:19.52 ID:J+FlHPep0
P「そうか!いやー、気になって仕方なくてな」

春香「そうですか、四条祭りですか、そうですよね」

P「春香?」

春香「これ、四条音頭のDVDです。プロデューサーにあげます」

P「本当か!? 嬉しいよ!」

春香「あはは。じゃあ、私は帰りますね…」

P「おう、気をつけてな」

バタンッ

P「……やっぱり、春香疲れてたな。隠さなくてもいいのに」




24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 19:58:15.02 ID:J+FlHPep0
P「……」

P「四条音頭の映像を見るか」カチャカチャ

P「あれ、このケースの中身は」



『天海春香成長記録 VOL.1』



P「これホームビデオじゃん」




25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 19:59:27.72 ID:J+FlHPep0
P「中身を間違えるなんて、春香はドジだな、ははは」

P「……」

P「くそっ! どうして四条祭りの情報が手に入らないんだ!!」

ガチャッ

やよいおり「「ただいまー」」

P「!!」




26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:00:42.61 ID:J+FlHPep0
P「ちょうどよかった!! 四条祭りを知ってないか?」

伊織「……」

P「伊織、どうした?」

伊織「どうしたじゃないわよ。私たちは仕事終えて戻ってきたとこなのよ。
最初にかける言葉がそれでいいわけ?」

P「あ……お疲れ様でした」

伊織「にひひっ、最初からそうしなさい♪」




27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:01:34.56 ID:J+FlHPep0
やよい「プロデューサー、四条祭りですか?」

P「そうだった。やよいは何か知らないか?」

やよい「はい!知ってま…」

伊織「いいえ。私たちは何も知らないわ」

Pやよい「え?」




28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:02:10.13 ID:J+FlHPep0
よい「……えっと、伊織ちゃんも四条祭り知ってるよね?」

伊織「やよい、聞きなさい。あいつは四条祭りが気になって、私たちのことが
まったく見えてないの」

やよい「……そうなんですか?」

P「えーと…」

伊織「不出来な下僕には、お仕置きが必要よ」

やよい「お、お仕置き…」




29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:02:43.55 ID:J+FlHPep0
やよい「……」

やよい「う……うっうー!!四条祭りなんて知りませーん!!」

P「やよい!?」




30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:03:09.68 ID:J+FlHPep0
やよい「今日は用事があるので帰りまーす!」

伊織「にひひっ♪ そういうことだから、あんたはそこで悶え苦しんでなさい」

P「え、ちょっと、待って!」

やよいおり「「お疲れ様でしたー♪」」

バタンッ

P「」




31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:05:13.59 ID:J+FlHPep0
P「……しまった。気持ちを抑えきれなかった」

ガチャッ

あずさ「ただいま戻りました~」

P「あ、あずささん! あの、四条祭り……!」

あずさ「?」

P(……危なかった。これじゃ、さっきの二の舞だ。あずささんの機嫌を損ねるかも
 しれない。落ち着いて対応しなければ…)




32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:06:41.29 ID:J+FlHPep0
P「あずささん、お疲れさま……いない!?」

律子「あずささんなら、プロデューサーが考え事をしている間に、
ふらふらっと出て行きましたよ」

P「律子!」




33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:07:17.36 ID:J+FlHPep0
P「そうだ、俺にはまだ、頼りになるプロデューサー仲間が
いるじゃないか!」

律子「見え透いたお世辞はいいですから! で、何か御用ですか、
プロデューサー殿?」

P「いやー、四条祭りっていうのが気になって、仕事が手に付かなくて…」

律子「……本当にしょうがない人ですね」

P「面目ない」




34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:07:56.71 ID:J+FlHPep0
律子「えっと、四条祭りね。確か、事務所の棚に四条音頭のDVDがあるはずだわ」

P「……本当か?」

律子「嘘ついてどうなるんですか。……あった、これですね」

P「すまん。ちょっと疑心暗鬼でな。ありがとう」

律子「どういたしまして。じゃあ私は帰りますね。鍵の管理お願いしますよ」




35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:09:24.98 ID:J+FlHPep0
P「ああ、まかせろ。気をつけて帰れよ」

律子「はい、あまり遅くまで仕事してちゃダメですよ」

バタンッ

P「ついに四条祭りの手がかりが…」

P「仕事なんて後だ。再生、再生っと」ピッ




36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:10:58.26 ID:J+FlHPep0
------------------------
『四条音頭』

カカカッカ

四条~音頭だ~ドドン~が~ド~ン♪

一つ~二つは~良い~けれど~♪

三つ~貢いで~スッカ~ラ~カ~ン♪

四つ~夜な夜な~うな~されて~ぇえ♪

四条~音頭だ~ドドン~が~ド~ン♪

(以下略)




37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:14:34.42 ID:J+FlHPep0
------------------------
P「浴衣姿の貴音が盆踊りを踊っている……だけ?」

P「どんな面妖な映像なのかと、期待してたのに……まあ、歌詞が気になるが」

P「結局、四条祭りは、普通の夏祭りなのか?……わからん」

P「……仕事しよ」




38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:15:56.88 ID:J+FlHPep0
P「ふぅ、やっと終わった……さて」チラッ

美希「……」スウスウ

P「美希、いつまで寝てるんだ。起きなさい」

美希「おにぎりのハニー……」スウスウ




39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:16:59.94 ID:J+FlHPep0
P「ほら、寝ぼけるなって。駅まで送ってやるから」

美希「……あふぅ」

P「……そうだ。美希は、四条祭りをどう思う?」

美希「うーん…ミキ的には……おにぎり祭りの方が…ぜったい盛り上がる
……って思うな」スウスウ

P「……そうだな」




40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:22:46.30 ID:J+FlHPep0
翌日



P「結局、昨日は四条祭りが何か分からなかった。ネットにも情報が無いって
 どういうことだよ」

P「あー眠い。事務所に誰かいないかな……」

ガチャッ

P「おはようございまーす」

貴音「おはようございます、あなた様」

P「貴音か! 会いたかったよ!!」

貴音「おや、あなた様がそのようなお言葉をかけてくださるとは。
   まこと、早起きは三文の得、ですね」

P「あはは。いきなりで悪いが、貴音に聞きたいことがあるんだ」




41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:23:48.53 ID:J+FlHPep0
P「四条祭りってなんなんだ?」

貴音「……はて? あなた様はどちらで、その言葉を?」

P「ああ、雪歩から聞いたんだ。……誰も意味を教えてくれなくてな」

貴音「そうでしたか」

P「気になって、昨日はぐっすり眠れなかったよ」




42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:25:12.41 ID:J+FlHPep0
貴音「ふふ。それは災難でしたね」

P「まったくだ。さあ、答えを教えてくれないか」

貴音「あなた様、四条祭りとは……」

P「四条祭りとは……?」

貴音「ふふ、










   トップシークレットです!」


完?




43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:27:41.66 ID:J+FlHPep0








P「そんなオチは許されない」

貴音「そうでしょうか? この世の中には、知らない方が良いことも」

P「アイドルたちが全員知っているのに、トップシークレットもなにもあるか」

貴音「それもそうですね。では……あなた様、あちらをご覧ください」

P「ん? あの段ボールの山がどうした?確か、音無さんの私物が入ってるはずだが」

貴音「その隣です。床の上に白い箱が置いてありますね?」




44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:29:19.38 ID:J+FlHPep0
P「白い箱って……あのゆうパックの箱か?」

貴音「あれこそが、四条祭りです」

P(理解が追い付かない)

P「……あ!箱の中身が四条祭りに関係あるとか?」

貴音「いえ、箱そのものが四条祭りなのです」

P「は?」




45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:31:39.94 ID:J+FlHPep0
P「……さっぱり理解できん」

貴音「そうですか。それでは近くでご覧ください」

四条祭り『…』

P「……確かに、箱の側面に四条祭りってラベルが貼ってあるな」

貴音「よろしければ、中身も」

P「開けていいのか? それじゃあ……おっ? これはすごいな!」




46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:32:20.54 ID:J+FlHPep0
四条祭り『………』

貴音「……」

P「へー、中がこんな風になってるとは、想像できなかったよ」

貴音「……そうですか」




47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:33:34.93 ID:J+FlHPep0
四条祭り『……………』グッ

P「……あれ?」

四条祭り『…………………』ググッ グググググッ

P「は? ちょっ、何!? 吸い込まれ、え!? 貴音、たすけ…………」

四条祭り『…………………ゲップ』




48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:35:18.72 ID:J+FlHPep0
貴音「ふふふ、好奇心は猫を殺す、といったところでしょうか」

貴音「しかし、朝の事務所は静かですね」

貴音「……」

貴音「……」

貴音「…………はて?









  小鳥嬢はどちらに?」







50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/11/17(土) 20:36:47.82 ID:TQTfJg1no
えっ!?



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/11/17(土) 20:38:42.85 ID:J+FlHPep0
元ネタは、ぱにぽにダッシュ!の一条祭り
四条祭りって何ですか




53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/11/17(土) 23:42:40.83 ID:HNr0FF0qo
お、おお、おつ…?



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) 2012/11/18(日) 00:13:16.19 ID:Yzm+lgUSo
お姫ちんは豊穣の女神




60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/11/19(月) 11:43:04.34 ID:Yej1ZlpZo
この前のP「地球侵略!?」といいぱにぽにクロスが急に来たな

とりあえず乙




62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) 2012/11/19(月) 16:42:00.82 ID:gtPnysMyo
ぱにぽに二期をあきらめない




引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1353089126/