1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:24:47.75 ID:duPlWff+0
社長「今日は我が社に新しく入ることになったプロデューサーを紹介しようと思う」

春香(どんな人だろう?カッコイイ人がいいな……)ワクワク

真(男らしくて、ボクのことを可愛いって……あぁ!)エヘヘ

律子「社長。今日は後から雪歩が来るので、その時に紹介したほうがいいんじゃ?」

社長「そのことなんだが……ちょっとワンクッション必要だと思ってね」

律子「?」

小鳥(怪しい……)

社長「ではキミ、入ってきたまえ」 


元ネタ Gears of War-Wikipedia




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:27:38.91 ID:duPlWff+0
ズズズズズ・・・

我那覇「じ、地鳴り!?」

ドカーン

??? グフォッフォッフォッフォッ!

律子(地下から!?)

我那覇(地下……って言うか下の階はたるき亭のはずじゃ……)

真(謎だ……)

社長「では諸君、紹介しよう。新しくプロデューサーを勤めることになった、ローカスト君だ!」

ロP ゴォォ・・・

春香「よ、よろしくお願いします!」

真「よろしくお願いします!プロデューサー!」
(あっ……これはマズイんじゃ……)ヒソヒソ

律子「よろしくお願いします。プロデューサー」
(えぇ……こんな男臭い人、雪歩の視界に入っただけで……)ヒソヒソ

春香真律子(((気絶待ったなし!)))




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:32:05.26 ID:duPlWff+0
我那覇「よろしく!プロデューサー」
(昔、家から逃げ出しちゃったベル子に雰囲気が似てるぞ……)

─────同時刻の何処か

???「ベルセルクだ!」

???「アーニャ。ドーンハンマーは使えるか?」

???「ドーンハンマーは使えないわ!」

???「っきしょう!」

???「プランBで行こう……プランBはなんだ?」

???「あぁ!?ねぇよ、んなもぅぅぅぅ!!?」グチャ

???「ドム!?ドォォォォム!!」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:36:12.34 ID:duPlWff+0
─────再び765プロ

ガチャ

一同「「「!?」」」

雪歩「おはようございますぅ!」

律子「雪歩。予定の時間は大分先よ……?」

雪歩「ひ、暇を持て余しちゃって……それに何だか、来たほうがいいような予感がしたんですぅ……えへへ」

春香(それで機嫌が良さそうなんだ……)

真(ところがどっこい、その真逆だよ……)




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:40:04.59 ID:duPlWff+0
社長「……こうなっては仕方ない。雪歩くん、彼が新しく君達をプロデュースすることになったローカスト君だよ」

ロP 人間メー

雪歩「あ、よろしくお願いしますぅ。プロデューサー」ペコ

一同「「「!?」」」

真(雪歩……)ヒソ

雪歩「なぁに?真ちゃん」

真(大丈夫なの?190cm、120kgはありそうな男の人だよ?)ヒソヒソ




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:43:37.85 ID:duPlWff+0
雪歩「言われてみれば凄く立派な体格……
でも、何だか暖かくて懐かしい感じがするな……」

真(そうかなぁ……?肌白いし)

我那覇(くさそう)

社長(抵抗感無しか……これはイケるかもしれんな)フム

小鳥(社長×P!これはイケるわぁ!)フヒ




8 :見てる人いたのか! 2012/11/15(木) 21:47:03.69 ID:duPlWff+0
─────翌日

亜美「兄ちゃん、あの車乗せてよ→」グイグイ

真美「兄ちゃんの乗ってきたアレ、
どう見ても車じゃないっしょ→」グイグイ

亜美「真美隊員!これは確認する必要がありますな~?」ニヒヒ

真美「どうやらそのようですな~
……おいゴラァ!免許見せろぉ!」

ロP グフォッフォッフォッフォッ、リーバーダー

律子「コ~ラ~!プロデューサー殿に迷惑かけないの!」

伊織(恐るべし、双子
っていうかあのプロデューサー、人じゃ……)




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:50:22.90 ID:duPlWff+0
律子「それと、雪歩にプロデューサー、社長がお呼びよ」

雪歩「はぁ……?」

─────社長室

雪歩「失礼しますぅ……」ガチャ

社長「あぁ、来てくれたかね」

ロP コオォッ

社長「単刀直入に言おう
ローカストくん、君には雪歩くんソロデビューをプロデュースしてもらう」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:53:42.13 ID:duPlWff+0
雪歩「え、えぇ!?わ、私みたいな貧相でチンチクリンなんかが
ソロデビューなんて……」ゴニョゴニョ

社長「ハッハッハ。まぁ、そう卑屈にならないでくれ給えよ、君ぃ
不思議な話だが昨日の君達のやり取りを見て確信と言うのかな?
ティン!ときたのだよ」

ロP ヌアァッ?

社長「入社間もないのにいきなりプロデュースさせるのは無茶か、って?
ウォッホン!その点は心配しなくて結構だよ
律子くんには最低限のサポートをしてもらうよう言ってある
彼女から存分にノウハウを学び給え!」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 21:57:14.00 ID:duPlWff+0
ロP 理解シター

雪歩(うぅ……ソロデビューなんて不安しかないよぉ……)

─────

律子「二人とも社長から話は聞いたわね?」

雪歩「はいぃ……」

ロP 補給シター

律子「プロデューサー、まずは雪歩のことをよく知ってもらう為にも
取りあえずはレッスンに付き合って上げてください」

ロP ウケトッター




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:00:32.22 ID:duPlWff+0
─────移動中

雪歩「……」

雪歩「プ、プロデューサーはどこからやって来たんですか……?」

雪歩「ええぇ!?昔の記憶がない!?
……へ、変なこと聞いてごめんなさい!うぅ……穴掘って……」
(車の上だった……)

ロP 気ニスルナー

雪歩「……おっきな車ですぅ」

ロP ブルマックダー




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:01:27.40 ID:oaW/takn0
ローカストかよwwwwwwwwwwwww



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:04:04.23 ID:duPlWff+0
─────レッスンルーム

トレーナー「あぁ、あなたが雪歩ちゃんの新しいプロデューサーですね?
お話は社長から伺っております」ギュッ

ロP ソーウーダー ギュッ

雪歩(……いつも思うけど、このトレーナーさん、何でこんなに大きいんだろう?
プロデューサーが見上げてる……)




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:06:08.73 ID:U/+N8i0QO
美女と野獣



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:07:23.31 ID:duPlWff+0
─────ダンス中

~♪

トレーナー「大体見ての通り
歌やダンス自体に問題はないんですが……」

~♪コケッ

ロP !

雪歩「うぅぅ……穴掘って埋まってますぅ!」タタタ

トレーナー「メンタル面に問題が……」

雪歩「」ザックザック

ロP ・・・!ウゥゥ!?

トレーナー「?プロデューサーさん、どうかしましたか?
顔が青白いですよ!?」

ロP ハァハァ・・・大丈夫ダー・・・




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:10:12.13 ID:duPlWff+0
─────移動中

雪歩「……というような感じで、いつも失敗しちゃうんですぅ……」

雪歩「ふえぇ!?得意なことですか?
そ、そんなのないですぅ!」

雪「うぅぅ……強いて言うなら、お茶を煎れること?
それと、あ、穴を掘ること?ですぅ……」ボソボソ

ロP ソーレーダー

雪歩「……へえぇ!?」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:13:24.67 ID:duPlWff+0
─────

亜美「兄ちゃん!シャベルなんて持ってどこ行くの→?」

やよい「雪歩さんの壁を破るんだー、って言ってたよー?」

千早「くっ」

真美「へ→?」

律子(穴掘って自信を植え付けるなんて……
前代未聞のプロデュースだわ……!)

小鳥(穴を掘る♂……)フヒヒ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:17:03.86 ID:duPlWff+0
─────

雪歩「この街の地下には花崗岩で出来た固い岩盤があるそうです
そこまでは掘ったことがないから、聞いた話なんですけど……」ザックザック

ロP ザックザック

雪歩(心なしかプロデューサーの顔色が良くないような……)ザックザック

ロP ザックザック

ザックザック
ザックザックザックザック
ザックザックザックザックザックザック
ザックザックザックザックザックザックザックザック




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:21:57.50 ID:duPlWff+0
─────

雪歩「」ハァハァ

雪歩(も、もう無理だよぉ……)ゼイゼイ

ロP ザックザック

雪歩(プロデューサーの顔色もどんどん悪くなってるし……)ゼイゼイ

雪歩(!そういえば……)

─────

トレーナー『雪歩ちゃん、ちょっといいかな?』

雪歩『?はい』

トレーナー『あなたのプロデューサー
あなたが穴を掘ってる姿を見て、頭を抱えていたのだけれど……
何か思い当たることはない?』

雪歩『ええ!?そんなことがあったんですか!?』

─────




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:25:10.88 ID:duPlWff+0
雪歩(それに、プロデューサーは昔の記憶がない、とも言ってた……)

ロP ザックザック

雪歩(……プロデューサーは私のために頑張ってくれてる)

雪歩(掘り続ければ、何か手がかりが見つかるかもしれない……)グッ

雪歩(……掘るんだ!
私のためじゃない
……プロデューサーのために!)ザックザック

ザックザックザックザック
ザックザックザックザックザックザック
ザックザックザックザックザックザックザックザック




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:29:02.18 ID:duPlWff+0
─────

雪歩「」ザックザック

ロP ザックザック

雪歩「」ザックザック

ガイン!

雪歩「!」ガインガイン

雪歩「……やった、プロデューサー!岩盤ですぅ!
わ、私やり遂げました……!
プロデューサー……と一緒……に……」フニャ

雪歩「……」スヤスヤ

ロP グフォッフォッフォッフォッ

─────

春香「雪歩、まだ寝てる……よっぽど疲れたんだね」

真「プロデューサーと一緒に真っ黒になって帰ってきたときは
何事かと思ったよ」タハハ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:32:24.90 ID:duPlWff+0
律子「プロデューサー!半日も穴掘るなんてどうかしてますよ!!
こんな無茶はもう勘弁ですよ!?」

ロP グフフフ

─────

律子(実際、その後の雪歩の活躍は凄まじく
とんとん拍子でCDデビューまで果たしたのだった)ザックリ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:35:16.49 ID:duPlWff+0
律子「……というような具合です」

社長「素晴らしい!どうやら私の見立て以上だったようだね
……どうだろう、そろそろ大きな仕事を任せてもいいんじゃないかね?」

律子「私も同じ意見です」

─────

律子「……という訳で、雪歩には今までよりもずっと大きなステージで
他のアイドルグループと競ってもらうわ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:38:43.57 ID:duPlWff+0
雪歩「は、はい」

律子「で、厄介なのがこの相手のグループなんだけど……」

雪歩「……」ゴクリ

律子「前に一度、私がプロデュースする竜宮小町とぶつかって
……勝っているわ」

雪歩「えぇ!?竜宮小町に!?
……な、何て言うグループ何ですか?」

ロP ・・・ドキドキ

律子「ランベント少女よ」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:42:43.36 ID:duPlWff+0
イミュルシオンプロ所属:ランベント少女

ランベントベルセルク子、ランベント人間子、光りもんレッチ子の三名から成るアイドルグループ
以前から地底アイドルとして一部から絶大な支持を得ていたが、この度地上に進出
地上でもその爆発的な勢いは衰えず
メジャーでの1stシングル『殺シテクレ・・・』の売り上げは10万枚を超える




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:46:06.21 ID:duPlWff+0
ロP !?

雪歩「き、聞いたことありますぅ……」

律子「今から彼女達のビデオを見てもらうわ」

─────

コロシテクレェ・・・♪

コロシテ・・・♪

雪歩(凄い……)

真「に、人間の挙動じゃない!?」

伊織(いやいや、どう見てもこれ……)




32 :>>30それ 2012/11/15(木) 22:49:28.59 ID:duPlWff+0
我那覇「んー?皆して何見てるんだー?」

我那覇「ベル子!ベル子じゃないか!
うぅぅ……すっかり立派になって」グスン

我那覇(何だか輝いて見えるぞ)ウンウン

─────

律子「……どうだった?」

雪歩「……む、無理ですぅ」

律子「!?」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:52:09.17 ID:duPlWff+0
雪歩「……って、前の私なら言ってると思いますぅ」

雪歩「でも」

ロP 補強シター ポン

雪歩「今はプロデューサーがいます
大丈夫……やります」グッ

律子(この調子で行けば……
今回の結果如何によっては……
充分、IA大賞を狙いに行ける!)




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:55:39.86 ID:duPlWff+0
─────当日、会場入り

雪歩(……さ、流石に規模が違いすぎるよぉ)キョロキョロ

雪歩(……ダメダメ、自信持たなくちゃ)ブンブン

雪歩(あ!あれがランベント少女?
凄いオーラがある……気がする)

ロP ウゥゥ・・・

雪歩(プロデューサー、震えてる……?)

─────会場、控室

雪歩(プロデューサー、さっきから元気がないよぅ……)ソワソワ

\ドッ/

雪歩(ランベント少女のライブが始まったんだ……
……凄い盛り上がり)
雪歩(ちょっと見に行ってみよう……)タタタ




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 22:58:52.09 ID:duPlWff+0
─────

雪歩(ランベント少女のライブは圧巻の一言だった)

雪歩(ただでさえプロデューサーの様子に不安を抱いていた私の足は、竦み……)

雪歩(辛うじて一通りの内容はこなしたものの
最低限と言えるような内容だった)

雪歩(結果は言うまでもなく惨敗
プロデューサーは過労か、心労か、倒れてしまった……)




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:02:14.22 ID:duPlWff+0
─────数日後

雪歩「……」フゥ

真「雪歩、最近元気ないなぁ……」

春香「無理もないよ……
プロデューサーさんがああなっちゃったんだもん」

伊織「……」

美希「美希、雪歩もプロデューサーも頑張り過ぎだと思うな、あふぅ」

雪歩「美希ちゃん……
そんなことないよ、私はずっとプロデューサーに頼ってばかりで……」

雪歩「!」

雪歩(そっか……私、頼り過ぎてたんだ……)

雪歩(ただでさえプロデューサーは記憶を失ってるのに……)

雪歩「美希ちゃん、ありがとう!」

美希「Zzzz……」

真「雪歩、どこ行くの?」

雪歩「自主トレ!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:05:25.47 ID:duPlWff+0
真「あぁ、待って!(どうせ暇だし)ボクも行くよ!
春香はどうする?」

春香「(どうせ暇だし)私も行こうかな
あれ?伊織は?」

小鳥「伊織ちゃんならさっき出ていったわよ?」

真(用事かな)

バタン

小鳥(青春だなぁ……)

律子(……思ったより心配は要らないみたいね)

律子「ほら、美希!
あなたは今日、仕事があるでしょ!」ピチュンッ

美希「」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:08:35.41 ID:duPlWff+0
─────なんやかんやあってトレーナーも来てくれた

~♪

真(今日の雪歩は凄いな
ダンスでボクについて来てる
春香なんて部屋の隅で曙みたいになってるのに……)

トレーナー「何かあったのかしら?
雪歩ちゃん、目の色が変わったみたい」

トレーナー「……そう思いませんか?
プロデューサー」

ロP ・・・




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:09:24.51 ID:cklfL+EK0
はるかさん…



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:11:37.37 ID:duPlWff+0
春香「プ、プロデューサーさん!」

真「え?プロデューサー!?」

雪歩「……プロデューサー……」ジワ

雪歩「……どうして?
体は大丈夫なんですか……?」

ロP ソーレーガー

─────

伊織『プロデューサー!アンタそれでも男!?』

伊織『そりゃ、アンタはナマっちろくて独活みたいよ……


伊織『でも、雪歩をプロデュースするって、決めたんでしょ!?』

伊織『立ちなさい!アンタが男ならね!』

ロP ・・・

ロP フォースヲ得ター




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:16:07.78 ID:duPlWff+0
─────

真「へぇー、そんなことが」

雪歩「伊織ちゃん……」グスッ

真「伊織ってば、ああ見えて
結構プロデューサーのこと信頼してるのかもね」ヘヘ

春香「そうだよ!だって私達……
仲間だもんげ!!」

真「じゃあ、もっと練習について来て貰わなきゃね?」ニヒヒ

春香「ひぁ~~」

雪歩「……」クスクス




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:19:25.85 ID:duPlWff+0
トレーナー「……いい娘達ですね、プロデューサーさん」

トレーナー「え?雪歩ちゃんが今からIA大賞を目指せる位置にいるか、って?」

トレーナー「率直に言いましょう」

トレーナー「たやすいことではない」

トレーナー「……ですが、恐らく可能です
後3ヶ月、お互い全力を尽くしましょう!」

ロP ヨォオシ・・・




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:23:34.81 ID:duPlWff+0
─────2ヶ月後

社長「ウォッホン!皆集まっているかね?」ミマワス

社長「うん」

社長「えー、諸君らも知っての通り
IA大賞を獲得できるIAトーナメントが1ヶ月後に迫っている訳だが……」

伊織(なんて都合のいい大会なのかしら……)

社長「これに、我が社からも何名か参加することになった」

ざわ・・・ざわ・・・

社長「では律子くん」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:27:17.49 ID:duPlWff+0
律子「はい
……では出場者を発表します
まずは竜宮小町の水瀬伊織、三浦あずさ、双海亜美」

伊織「当然ね」フガッ

あずさ「あらあら~、やっと出番が回ってきた気がするわ~?」

亜美「やったぜ。」

律子「それと……」

一同「「「……」」」ゴクリ




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:30:04.43 ID:duPlWff+0
律子「……萩原雪歩
以上、二組四名をもって優勝を目指していきたいと思います」

ロP ィヨーシ!

真「……雪歩!」

雪歩「やったぁ……!」

律子「じゃあ、今呼ばれた人はちょっと集まってね」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:33:05.37 ID:duPlWff+0
─────

律子「……作戦会議──って程じゃないけど、
出場するであろう、要チェックのグループがいくつかあります」

律子「一つはランベント少女。
あなた達は当たったことがあるから知ってると思うけど
上を目指すなら、まず避けられない相手になると思うわ」

伊織「雪辱戦、て訳ね。上等じゃない!」

律子「そしてもう一つ」




49 :ロックワーム! 2012/11/15(木) 23:38:14.46 ID:duPlWff+0
律子「間違いなく現在のアイドル業界のトップに君臨する……」ドドドド

亜美「……」ハラハラ

雪歩「……」ドキドキ

律子「ジュピタよ!」ドン

みんな「!!!」

律子「961プロ所属の天ヶ瀬冬馬、伊集院北斗、御手洗翔太から成る三人組……
恐らく彼らは決勝まで上がってくるでしょうね」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:41:38.66 ID:duPlWff+0
伊織「そんなことはさせないわ!」

伊織「でしょ?雪歩」チラ

雪歩「伊織ちゃん……///」

亜美「いおりん、やる気だね!」

律子「……うふふ、その通り!
それじゃあ残り一月、全力を尽くしましょう!」

みんな「「「おー!!」」」

あずさ(あら~?ジュピタって、四人組だと思ってたわ~
やだわ……歳かしら?)




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:45:53.56 ID:duPlWff+0
─────

雪歩「……プロデューサー、ちょっといいですか?」

ロP ?

雪歩「覚えてますか?初めて会ったときのこと」

雪歩「プロデューサーは男の人で、しかも凄くおっきいのに……
私、怖くなかったんです」

雪歩「初めてだったんですよ?そんなこと」

雪歩「それから色んなことがあって……」

雪歩「私にそのぅ……じ、自信を持たせてくれた」

雪歩「……茶化さないでくださいよぉ!」

雪歩「だから、とっても感謝してます
だから……」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:49:32.93 ID:b9f8oxl0O
世界的に売れてるとは言え
日本じゃまだまだ、洋ゲーシューティングはマイナーだよなぁ・・・




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:50:07.27 ID:duPlWff+0
雪歩「プロデューサーにIA大賞をプレゼント出来ればいいなぁ……って
……い、いや、しますぅ!必ず!
……伊織ちゃんには悪いけど」

雪歩「それと……」

雪歩「き、記憶が戻っても……
……これからもずっと
……プロデュース……してくれますか?」

雪歩「!」

雪歩「……プロデューサー
絶対、ぜったい……約束ですからね!」ジワ

雪歩「えへへ……お茶煎れてきますぅ!」タタタ




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:53:19.05 ID:duPlWff+0
律子「プロデューサー殿」スッ

律子「いいんですか?安請け合いしちゃって」

律子「女の子に約束しちゃダメなんですよ?
……出来ない約束はね」フフフ

ロP ・・・




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:56:39.31 ID:duPlWff+0
─────1ヶ月後、石村スーパーアリーナ控室

伊織「雪歩、あんまり緊張してると実力出せないわよ?」

雪歩「うぅ……伊織ちゃん」

伊織「ちょ、ちょっとトイレ行ってくるわ」

亜美「あれあれ→?いおりん、またトイレ→?」ニヤ

伊織「う、うるさい!」ガチャ

あずさ「でも緊張するのもしょうがないわ~
こんなお客さん多いの私も初めてだもの……何て言うか……」

─────廊下

???「うじゃうじゃの10倍だな」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:59:32.21 ID:duPlWff+0
???「あ~……あんまりいい表現とは思えねぇけどな……」

???「そうだぜ?マーカス
お客様は神様だってな!
ステージに降り注ぐスポットライト……
背番号83番!コーォォォル・トレイン!!
どうだ!?会場中コールコールの大嵐だ!フゥー!たまんねぇな!」

???「……」

翔太「どうしたんだ、ベアード?
さっきから異様に口数が少ねぇけど、またちびっちまったのか?」

北斗「うるせぇんだよ……そのネタは二度と使うな!
お前のお喋りに呆れて口も開けやしねぇ……」

翔太「うぇへへへへ」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:02:23.72 ID:iExIBPgq0
冬馬「……とにかく、目の前に出てくる敵をぶち殺していくことに変わりはねぇ」

翔太「あぁ、そして観客席には鉛の出血大サービスだぜ!
心臓をぶち抜かれたら、たちまちジュピタファンの出来上がりって訳だ!」

北斗「……俺は、お前の口にティッカーをぶち込みたいね」

─────同じく廊下

伊織(あら?……向こうから歩いてくる男臭い集団……)

伊織(……ジュピタじゃない!
まさかこんな形で見ることになるとは思わなかったわ……)

伊織(……さっさとトイレ行きましょ)サッ




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:05:32.99 ID:iExIBPgq0
─────

北斗「ん?今、レッチがいなかったか?」

翔太「おいおい……よしてくれよベアード
とうとう脳みそにまで鳥肌(チキン)が回ってきちまったのか!?」

北斗「う、うるせぇ!気のせいだ、気のせい!」

冬馬「……だといいがな」

北斗(……)

北斗(……気のせいじゃなけりゃ発光してたような……)




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:08:55.03 ID:iExIBPgq0
─────そんなこんなで

律子「みんな!調子いいじゃない!」

律子「二組とも準決勝に進めるなんて、後が怖いくらいよ!」

伊織「当たり前でしょ?このスーパーアイドル伊織ちゃんがいる限りね!」ニヒヒ

亜美「ランベント少女にも勝ったし、向かうところ敵無しっしょ→」

律子「ええ、その意気よ!
……プロデューサー殿?」

ロP ・・・

雪歩「プ、プロデュサー、さっきから緊張しっ放しで……
だ、大丈夫ですかぁ?」アセアセ




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:12:02.84 ID:iExIBPgq0
伊織「アンタ、相変わらずだらし無いわねぇ……」

亜美「兄ちゃん、顔に似合わな過ぎだよ~」

雪歩(嘘だ……プロデューサー、さっきから
……ジュピタの人達を遠目に見たときから様子がおかしい……)

律子「なぁ~んだ、心配させないでくださいよ!」

ロP グフフフ・・・

律子「それと、竜宮小町のみんな
……次の相手はいよいよジュピタよ!覚悟はいい?」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:15:15.22 ID:iExIBPgq0
伊織「そんなもの、一ヶ月前から出来てるわ!」

亜美「やるっきゃないしね!」

あずさ「うふふ、そうね~」

竜宮小町「「「エイ!エイ!オー!」」」

─────

雪歩「プロデューサー。みんな行っちゃいましたね……」

雪歩「竜宮小町のみんなならきっと大丈夫……ですよね?」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:18:12.53 ID:iExIBPgq0
雪歩「それで、私達も決勝に進んで……」

ロP イクゾー

雪歩「プ、プロデューサー!?無茶ですぅ!
そんな体で、み、見に行くなんて」ズルズル

ロP ・・・

雪歩「……うぅ、分かりました!わ、私も一緒に行きますぅ!」タタタ

─────

\ワーワーワージュピターワーワーワー/

雪歩「……凄い」

ロP ・・・

雪歩(プロデューサー、口には出さないけど凄く顔色が悪い……)

雪歩(……きっと、無くした記憶と関係してるんだ)

雪歩(だから、辛いのにこうやって……)

雪歩(今度は私が頼られる番ですぅ……!)ギュッ

ロP ・・・! ギュッ




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:21:09.51 ID:iExIBPgq0
─────

亜美「……」グスン

伊織「亜美……いつまでも泣かないの
こういうのは次に繋げればいいの!」

あずさ「そうよ~。涙の数だけ強くなる、って言うのよ?」

亜美「……」ズビズビチーンズババ

亜美「……あずさお姉ちゃん
それじゃ泣きやめないよ→?」ニヒ

あずさ「あ、あらあら~?」

律子「……それに、落ち込んでる暇なんて無いわよ
今、決勝のステージに向かっていったのは誰かしら?」

亜美「んふふ……そだね!」

伊織(雪歩……私達の分まで勝たなきゃ許さないんだから!)ニヒヒ




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:21:48.54 ID:QH0DChl00
しえん
73




75 :>>73おお、上手い!有り難く貰っとくぜ! 2012/11/16(金) 00:25:46.78 ID:iExIBPgq0
─────ジュピタ控室

冬馬「あぁ、やっとここまで来たな……」

北斗「……最初、アイドルになるって聞いたときは
マジでどうかしてると思ったぜ……」

翔太「結構楽しんでるくせによ!」

冬馬「とにかくドムの遺志を全うせにゃならん」

北斗「へっ、弔い合戦て訳だ!
……にしちゃあ、チャーミング過ぎねぇか?」

冬馬「黙れ、ベアード
そろそろ時間だ」

翔太「何にしろ、ステージでは水臭いのは無しだぜ!?
ぶちかましてやろうぜ、ベイビー!」

冬馬(……ドム、見てろよ)




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:27:34.61 ID:eIiowxWbO
ドムの遺志なのか・・・



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:30:13.52 ID:iExIBPgq0
─────

雪歩(ジュピタのステージが始まる……)

\ワーワーワータロンシャダーワーワーワー/

翔太「フゥー!盛り上がってるな、ベイビー!」

翔太「YO!ベイビィ、奇跡のオンステージだ!
背番号83!オーガスタス・コォォーール!!
ザ……コォォォール・トレインだーー!!」

冬馬「うるさいんです」

\ドッ/\ワッハッハッハッ/

北斗「マーカス、最初の曲は何だ!?」

冬馬「……戦場での鉄則は『カバー命』だ」

\ワーワーワーアクマダーワーワーワー/

『津軽海峡冬景色』~♪




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:32:28.34 ID:iExIBPgq0
─────

雪歩(凄い……さっきも凄かったけど……
今度は気合いの入り方が全然違う……!)
ロP ウウゥ・・・クルシィ・・・

雪歩(プロデューサーの顔色がどんどん悪くなってる……)




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:35:28.61 ID:iExIBPgq0
─────

翔太「ハッハー!ここまで聞いてくれてありがとよ!
最後にジュピタからプレゼントだ!!」

北斗「あぁ、とんでもねぇぞ」

冬馬「こいつは最高だな!」

\ワーワーワーイタンシャメーワーワーワー/

『The Gears of War』~♪

\ワーワーワーゲイリーダーワーワーワー/

─────

ロP ウッ・・・!?ウッー・・・ ズキン

雪歩「プロデューサー!?」

ロP ダイジョブダー・・・ ズキンズキン

雪歩「大丈夫って……そんな……」

雪歩「一旦控室に……?」

雪歩「……」ゴクン

雪歩「分かりました」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:39:35.84 ID:iExIBPgq0
雪歩「……大丈夫。私の心配はいりませんから」

ロP !

雪歩「ふふふ……これでもちょっとは強くなったんですよ?」ニコッ

ロP ・・・




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:41:47.23 ID:iExIBPgq0
─────

伊織「雪歩のステージが始まるわよ」

あずさ「雪歩ちゃん、凄い
……あんなに堂々としてる」

亜美「うぅ、なんか違う意味で泣けてきたよ→」グシッ

律子(立派よ……雪歩)




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:45:03.35 ID:iExIBPgq0
─────

雪歩「コホン……皆さん、来てくれてありがとうございますぅ……」

雪歩「私の話をちょっと……」

雪歩「……わ、私はアイドルになりたての頃、全然ダメダメで、一人じゃ何にも出来なくて……」

雪歩「……い、今でもまだまだダメダメだけど」ゴニョゴニョ

\ワッハッハッハッ/

雪歩「でも、それでもファンの皆さんとか、事務所の皆さんが支えてくれて……」

雪歩「今、こうしてここに立っているんですぅ」

雪歩「……だからこの歌を捧げます!
皆さんと……」

雪歩(……プロデューサーに)

『Locust, Wretches & Kryll』~♪

─────

雪歩「みんなー!ありがとうございますぅー!」

\ワーワーワーヨカッタゾーワーワーワー/




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:48:03.57 ID:iExIBPgq0
─────

雪歩(早く控室に……)ハァハァ

雪歩(うぅ……嫌な予感しかしないよぉ……)ハァハァ

ガチャ

雪歩「プロデューサー!」

雪歩「……」キョロキョロ

雪歩(嘘……いない……)ペタ

雪歩(……もしかして記憶が戻って)ハッ

雪歩(……そんな)




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:50:22.97 ID:iExIBPgq0
ポン

雪歩「!」バッ

ロP ココダー

雪歩「よかった……帰っちゃったのかと思ったんですよぉ?
何処行ってたんですか?」

雪歩「え?私のライブを?えへへ……」

雪歩「さあ!そろそろ結果発表ですよ!」グイ

ロP ウワァーオ!




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:53:56.32 ID:iExIBPgq0
─────

雪歩(結局、結果は準優勝だった)

雪歩(それでも私はやり遂げた満足感で一杯だった
……プロデューサーとの約束は果たせなかったけど)

雪歩(次に繋がる何かを手に入れたと思うし)

雪歩(何よりプロデューサーが心の底から喜んでくれたから……)

雪歩(翌日、プロデューサーの姿は事務所から消えていた)

雪歩(……別れの手紙を残して)




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:56:50.90 ID:iExIBPgq0
─────数日後

亜美「次こそは兄ちゃんのティッカーに勝てると思ったのに→」ブー

真美「調整は万全なのにね→」ブー

カサカサカサカサカサ・・・

─────

やよい「プロデューサーさんのロックワーム、もう一回食べたいなーって」

貴音「あのような美味なるものが地底にあるとは……
真、世界とは広いものですね」ジュルリ




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:59:50.07 ID:iExIBPgq0
─────

伊織「ふん!どうせすぐ戻ってくるわよ!」

あずさ「ふふ、伊織ちゃん
プロデューサーさんのこと詳しいのね~」

美希「デコちゃんは、もうちょっと素直になったほうがいいと思うな」

伊織「何よ!それと、でこちゃん言うな!」

─────

千早「特に」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:03:10.98 ID:iExIBPgq0
─────

小鳥(プロデューサーさんの腕の中は忘れません……なんてね)タラ

律子「鼻血出てますよ」

─────

我那覇「プロデューサーの残してったブル太郎とリバ恵の食費で
今月は火の車だぞ……」ウギャー

─────

社長「……雪歩くん、本当に済まない
記憶が戻るまで、というのは本人たっての希望だったんだが……
どうも伝えそびれてしまっていたようだね」

雪歩「い、いえ、いいんですぅ
……それに、何となく分かってましたから」

社長「雪歩くん……」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:07:03.31 ID:iExIBPgq0
春香(雪歩、思ったより明るいね)ヒソヒソ

真(うん。この一年、色んなことがあったし……
強くなったのかなぁ)ヒソヒソ

雪歩「それに、約束したんです」

社長「約束?」

雪歩「はい。
……ずっと側でプロデュースしてくれる、って」

雪歩(待ってますよ、プロデューサー)

雪歩(プロデューサーが戻ってくる頃には……
私、岩盤を掘り抜く程強く
……強く強くなってますから!)

~おしまい~




99 :ベル子は謎の爆死を遂げました 2012/11/16(金) 01:09:18.63 ID:iExIBPgq0
─────おまけ

真「雪歩、今日は何だか機嫌がいいけど、どうしたの?」

雪歩「真ちゃんは感じない?今日の地面の違和感」

真「?」

雪歩「えへへ、今日は何だかいい予感がするんだ」

真「ふーん?」

─────何処か

ゴゴゴゴゴ

\ウワーナンダー!?/\ジシンカ!?/

ドカーン!

\ローカストホールダ!/\ウメロー!/

ヌッ・・・

??? グフォッ、フォッフォッフォッ!

~本当におしまい~




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:13:27.84 ID:iExIBPgq0
一応、指摘が無かったので書いておきますが
トレーナー=HALOシリーズに登場するアービター
です
では




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:14:28.66 ID:0Uvo3n8r0
>>100
(それに気づくのは)たやすいことではない





引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352982287/