4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:52:42.68 ID:QkYycLOp0
亜美「雨止まないね→……」

真美「折角のお昼上がりなのに、これじゃ帰れないよ→……」

亜美「うあうあ→! テンキヨホー見たら夜まで止まないかもだって!」

真美「ショッピングもランチもなし!?」

亜美「結構土砂降りだよ? どうやっても風邪っぴきっしょ→」

真美「……つまんないね」

亜美「うん、つまんない」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:55:03.18 ID:QkYycLOp0
真美「へーい! なーやんでもちーかたない♪」

亜美「そんなっ時もっあるさ明日は違うさ♪」

真美「……」

亜美「……」

真美「明日じゃなくて今日が問題なんだってば」

亜美「悩んでるっていうか困ってるだしね」

真美「……お腹空いたかも」

亜美「亜美も」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:59:29.82 ID:QkYycLOp0
真美「ゆうしゃ まみは カップめんを てにいれた ! ▽」

亜美「うあうあ→! 亜美も勇者がいい→!」

真美「勇者二人じゃバランスわるいっしょ」

亜美「じゃあ真美は他のやってよ、勇者は譲れるないかんね!」

真美「……ちかたないなぁ、じゃあ真美遊び人もーらい」

亜美「勇者と遊び人ってバランス悪くない?」

真美「そのうち賢者になるから大丈夫っしょ」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:02:28.74 ID:QkYycLOp0
真美「今何分?」

亜美「まだ一分経ってないよ?」

真美「そろそろ」

亜美「まだ一分」

真美「……」

亜美「……」

真美「二分半が美味しいっていうよねぃ」

亜美「じゃあ後一分だねぃ」

真美「……」

亜美「……」

真美「あ、これお湯入れて五分のだ」

亜美「うあうあ→……」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:06:58.65 ID:QkYycLOp0
亜美「いただきま→す!」

真美「待ってました→!」

亜美「はっ、はふっ、ちゅる、ずるるるる!」

真美「ふっ、ふーっふーっ、ずる、ずるるふ、ちゅるるるん!」

亜美「熱々ス→プがゴボウモップに染み渡るってやつだね」

真美「それじゃ床にこぼしたのを拭いてるみたいじゃん、それを言うならドコモショップにヒビ入れるっしょ」

亜美「そだっけ? んじゃauの亜美たちには関係ないね」

真美「だね……あれ?」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:13:27.45 ID:QkYycLOp0
亜美「お腹が膨れると眠くなるのはなんでだろ?」

真美「なんでだろ? じゃあ妊婦さんはいつも眠いのかな?」

亜美「かも。じゃあじゃあ亜美たちのママは二倍眠かったの?」

真美「真美と亜美で二倍だもんね、きっもそうだよ」

亜美「パパ、相手してもらえなくて退屈じゃなかったのかな?」

真美「きっと退屈だったからその分今もラブラブなんだよ→」

亜美「なるほど! 二人とも毎日キスしてるもんね」

真美「暇さえあればちゅっちゅっちゅ→ってね」

亜美「飽きないのかな?」

真美「愛があるもん、飽きないっしょ」

亜美「お、オトナなハツゲン……真美殿は恋でもしてるのかい?」

真美「ちょ、そんなわけないっしょ↑」

亜美「裏返ってるよん?」

真美「うあうあ↓……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:19:03.21 ID:cK4sYGtCO
かわいい



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:21:34.58 ID:QkYycLOp0
真美「亜美はどうなのさ、好きな人とかいんの?」

亜美「んっふっふ~、亜美だって大人の階段の→ぼる→っしょ」

真美「え→、誰? 誰?」

亜美「真美の方が先、真美は好きな人いるの? 誰? うちのクラス?」

真美「え? あ、えっと……」

亜美「中村クン? 今井クン? あ、もしかして下田クン?」

真美「全部は→ずれっ、これは亜美にだって教えられないねぃ」

亜美「ぶ→、真美のけちけちケチンボ→」

真美「亜美の好きな人当てたげるね、ズバリ高橋クンだ!」

亜美「ぶぶ→!」

真美「沼倉クン? 滝田クン? あ、長谷川クン!」

亜美「どれも違うよん」

真美「じゃあ誰なのさ?」

亜美「亜美も秘密、こういうの言うのは恥ずいっしょ……」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:26:05.33 ID:QkYycLOp0
真美「ねえ亜美」

亜美「ん→?」

真美「兄(c)、最近かっこよくない?」

亜美「え、ええ!? どうかな亜美わかんないや!」

真美「……んっふっふ~」

亜美「うあうあ↓……」

真美「なるほどねぃ、まさか亜美が兄(c)を」

亜美「すとっぴすとっぴ→! 恥ずいっしょ→!」

真美「んっふっふ~」

亜美「……真美も好きっしょ?」

真美「な、ちょ、ええ!? 別に真美、真美はそんな!」

亜美「寝てる兄(c)のほっぺに何してたっけな→」

真美「……ちゅう。亜美、見てた?」

亜美「ばっちり」

真美「うあうあ→」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:28:54.77 ID:IE4jto93O
かわいい



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:29:00.33 ID:QkYycLOp0
亜美「冷えてきたね」

真美「ず→っと雨降ってるもんね……亜美」

亜美「? ん→」

真美「あったかいね、亜美の手」

亜美「そう? 真美の手の方があったかいよ?」

真美「亜美の手もあったかいの」

亜美「ん→、じゃあ両方あったかいってことだ」

真美「そだね」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:35:14.90 ID:QkYycLOp0
亜美「好きってなんなのかな、真美は分かる?」

真美「亜美は分かんないの?」

亜美「……分かんない、誰も教えてくんないもん」

真美「真美も。なんか兄(c)の事考えるともやもや→ってするのは好き、なのかな」

亜美「亜美も、兄(c)のこと考えるともやもや→ってする。好き、なの?」

真美「……分かんない」

亜美「むずかちいね」

真美「うん、むずかちい」

亜美「寒いね」

真美「寒いね」

亜美「もうちょっと引っ付こうか」

真美「そだね」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:38:36.42 ID:QkYycLOp0
真美「……こんな風にしてるとさ」

亜美「うん?」

真美「こんな風にしてると、そのうち溶けて一緒になっちゃうんじゃないかって思うの」

亜美「ふ→ん……じゃ、二人合わせて天海だ」

真美「はるるんか→、真美はもうちょっとグラマ→な方がいいな」

亜美「はるるんも結構ムッチリしてるよ?」

真美「お腹とか?」

亜美「お菓子ばっかりだもんね→」

真美「んっふっふ~」

亜美「んっふっふ~」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:49:34.88 ID:QkYycLOp0
亜美「溶けて一緒になったらさ、亜美なのかな? 真美なのかな?」

真美「どっちだろ?」

亜美「亜美はいっつも真美と一緒だけど……」

真美「亜美は真美じゃない、真美も亜美じゃないもんね」

亜美「うん。双子じゃないみんなは、こんなこと考えないのかな」

真美「ゼイタクな悩みってらやつ?」

亜美「それはなんか違うっしょ」

真美「そうかな」

亜美「そうだよ」

真美「……」

亜美「……」

真美「真美は、亜美と一緒に生まれてこれて良かったって思ってるよ」

亜美「亜美も、真美がいてくれて嬉しいよ」

真美「二人おんなじ悩みがあることも、二人一緒に悩めることも、良かったって」

亜美「……うん」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 21:57:21.90 ID:QkYycLOp0
真美「だから、やっぱりゼイタクな悩みなのかも」

亜美「真美、すごいね。亜美もなんかそんな気がしてきた」

真美「いやいや→、ま→それほどでもありますかな→」

亜美「またまたゴケンソウを→」

真美「んっふっふ~」

亜美「んっふっふ~……真美」

真美「うん」

亜美「真美はすごいね」

真美「……竜宮、売れてるってりっちゃん言ってたよ。亜美も頑張ってるって褒めてた」

亜美「真美は、一歩目で亜美は二歩目だよ」

真美「一人一役、嫌だった?」

亜美「ううん、亜美は……真美にちっとしてるのかも」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:02:34.43 ID:QkYycLOp0
真美「……うん」

亜美「亜美が頑張れるのって、真美が頑張ってるからだよ?」

真美「真美は、亜美がいるから頑張ろって思っただけなんだけどな」

亜美「そういうところ」

真美「こういうところ?」

亜美「亜美よりすごいこと、考えたり思ったりしてる」

真美「そんなことないよ、亜美と真美はおんなじだもん」

亜美「竜宮やめて一人でやってくって言った日、覚えてる?」

真美「言い出すの、すっごくドキドキしてたもん」

亜美「亜美はずっと真美とやってくんだと思ってた」

真美「真美もだよ」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:09:03.44 ID:QkYycLOp0
亜美「でも、真美は一人でやるって言った」

真美「元々、その内それぞれでデビュ→ちようねって話だったっしょ?」

亜美「うん、でも」

真美「まだ一緒にいたかったのは真美もおんなじ。でも、一人で頑張りたかったのは亜美もおんなじ」

亜美「……」

真美「ありゃ? 違ったかな?」

亜美「言い出せないよ、言い出せなかった」

真美「知ってるよ、真美は亜美とおんなじだもん」

亜美「真美は一歩踏み出せたじゃん!」

真美「知ってるよ、亜美がそのこと言おうとして何度も言えなかったの」

亜美「……真美はお姉ちゃんだからなのかな」

真美「かんけ→ないと思うけどな→」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:16:37.59 ID:QkYycLOp0
亜美「亜美、ちゃんと自分で考えたことないのかもって最近は思ってるんだ」

真美「真美もそんなこと、よく考えるよ」

亜美「真美は自分で考えて自分で歩いてるよ」

真美「じゃあお互い自分が見えてないんだね。亜美もちゃんと考えて歩いてるじゃん」

亜美「……ほんとにそうかな」

真美「分かるよ。隣にいるから」

亜美「同じ道を歩いてきたし、これからもそうじゃないの?」

真美「亜美は亜美、真美は真美だよ。そっくりだけど違う道、近いけど隣の道を歩いてきたんだよ」

亜美「これからも、そう……分かってたのかな」

真美「分かってたから、寂しくなったんじゃないの?」

亜美「寂しくなんて」

真美「寂しくなかったら、隣の真美より前見てるのが亜美っしょ→」

亜美「……うん」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:21:00.56 ID:QkYycLOp0
真美「雨、止まないね」

亜美「さっきよりマシにはなってきてるけどまだ土砂降りだね」

真美「寒いね」

亜美「寒いね。もうちょっと引っ付いていい?」

真美「うん、真美も寂しかったからもっと引っ付いて」

亜美「……あったかいね」

真美「……あったかい」

亜美「真美?」

真美「何、亜美?」

亜美「もっと引っ付いちゃおうか」

真美「溶けちゃわないかな?」

亜美「溶けちゃってもい→じゃん」

真美「混ざっちゃうよ?」

亜美「亜美は亜美、真美は真美っしょ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:23:56.47 ID:QkYycLOp0
亜美「ん、くすぐったい」

真美「ん、これでだいじょびかな」

亜美「真美の髪、長いね」

真美「伸ばしてるもん。似合うっしょ?」

亜美「亜美とおんなじくらいせくち→かも」

真美「亜美の髪型も真美とおんなじくらいぷりちーかも」

亜美「んっふっふ~」

真美「んっふっふ~」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:31:11.48 ID:QkYycLOp0
亜美「ちょっとだけ嫌だった」

真美「ずっとおんなじだったからねぃ」

亜美「今はちょっと嬉しいかも」

真美「真似っこはもう嫌い?」

亜美「亜美の真美は、髪長くてもこんなに素敵なんだよって言えるもん」

真美「照れますな→、しかしうちの亜美君もぷりち→せくち→びゅーちふるですぞ?」

亜美「いやはや照れますな→」

真美「……」

亜美「……」

真美「亜美の手、やわらかくて気持ちいい」

亜美「真美の手もむにむにであったかい」

真美「おんなじで良かったね」

亜美「うん、一緒で良かった」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:36:37.42 ID:QkYycLOp0
亜美「真美さん真美さん、停電ですよ」

真美「……」

亜美「あれ? 真美そこにいるよね?」

真美「……」

亜美「うあうあ→! 真美が物言わぬリビングデッドになっちった→!」

真美「……」

亜美「……ま、真美!? 返事してよぉ!」

真美「……んっふっふ~」

亜美「もう!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:43:02.45 ID:QkYycLOp0
真美「ロウソクの灯り使うなんてなんかキャンプみたい」

亜美「だねぃ、ベトナムのジャングルを思い出すぜぃ」

真美「ま→め→んぱ→ぷわ→れ→に→んべ→♪」

亜美「ま→むろ→るど→ばじ→すわっちせ→♪」

真美「あぎんみさっむ♪」

亜美「あぎんみさっむ♪」

真美「あぎんみさっむ♪」

亜美「あぎんみさっむ♪」

真美「ぴ→ち→♪」

亜美「ぴ→ち→♪」

真美「またりっちゃんに怒られそうだからそのこの辺で」

亜美「だねぃ」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:50:33.51 ID:QkYycLOp0
亜美「結構明るいね」

真美「うん、ロウソクはまりそうかも」

亜美「きれい……」

真美「うん……」

亜美「……」

真美「……」

亜美「誕生日ケーキ、思い出してた」

真美「真美も。ロウソク消した後、しばらく真っ暗になるじゃん?」

亜美「うん、一人ぼっちになるみたいで嫌いだった」

真美「みんなそこにいるって分かってるはずなのにねぃ」

亜美「なんだか不安になるんだよね」

真美「……亜美の手、あったかい」

亜美「そんなに強く握んなくてもここにいるよ、真美」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:55:25.45 ID:QkYycLOp0
真美「もうすぐ消えちゃうね、ロウソク」

亜美「すっかり小っさくなっちまって、父ちゃん悲しくて涙がちょちょ切れらぁ」

真美「あんた、それは言わない約束だろう? あたしまで悲しくなっちまうじゃないか」

亜美「……」

真美「……」

亜美「いつまで一緒にいられるかな」

真美「ずっと一緒だよ、ロウソクが消えても」

亜美「あ」

真美「消えちゃった」

亜美「真っ暗」

真美「うん、真っ暗」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 22:58:49.03 ID:QkYycLOp0
亜美「真美、そこにいる?」

真美「手握ってんじゃん」

亜美「そこにいる?」

真美「いるよ、亜美を置いてくわけない」

亜美「良かった……」

真美「良かったね」

亜美「……」

真美「亜美、そこにいる?」

亜美「手握ってんじゃん」

真美「そこにいる?」

亜美「いるよ、真美を置いてくわけない」

真美「……うん!」

亜美「良かった?」

真美「良かった」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:08:49.91 ID:QkYycLOp0
律子「うう、ご飯買いに行くだけだったのに外に出られない程の大雨なんて……ついてないわ」

小鳥「出た時は雨雲なんてなかったのに……ずぶ濡れですね」

律子「そういう小鳥さんもビショビショ、私タオル取ってきますね」

小鳥「お願いします、こんな格好プロデューサーさんや社長に見られたら……小鳥、そんなに服を透けさせて誘っているのかい?
ああ、ダメですプロデューサーさん、これは突然の雨です私そんなつもりじゃ、ダメ、ダメですぅ
その割には抵抗しないんだな? ほらこっちを見てごらん、そう、俺の目をしっかり見るんだ
んん、ダメです、そんないきなりキスなんて、私、それにこんなところで
物欲しそうな瞳だ、唇も寂しいって震えてるぞ?
あ、ダメ、は……ん、ぅ……! なーんて! ああん駄目よ小鳥ー! こんなのこんなの!」

律子「何バカなこと言ってるんですか、早く拭かないと風邪ひきますよ」

小鳥「はっ!? す、すみません、私ったらまたつい」

律子「はー、いいからさっさと仕事片付けちゃいま……うわ! びっくりした!」

小鳥「どうしたんですか?」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:18:48.13 ID:QkYycLOp0
律子「全く、この子たちは電気もつけずに何してたのかしら……」

小鳥「ふふ、でも二人とも幸せそうな寝顔ですよ」

律子「ほんと、寝てる顔は可愛いんですけどねぇ」

小鳥「中学生って言ったら元気の盛りですもの、多少のやんちゃは律子さんにも覚えがあるでしょう?」

律子「ないとは言えませんけど。それにしても指まで絡めちゃって、仲良いにも程があるでしょうに」

小鳥「……ちょっぴり羨ましそうですね?」

律子「まあ、ちょっとは」

亜美「ん、んぅ……まみぃ……くぅ……」

真美「ぁ、み……すぅ……すぅ……」

律子「全くもう、風邪引くわよ……」

小鳥「ふふ、タオルケットかけてあげる姿は二人のお姉さんみたい。ううん、律子お母さん?」

律子「手のかかる子ほど可愛い……か。二人に母性くすぐられちゃったのかもしれませんね」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:24:56.46 ID:QkYycLOp0
小鳥「子どもだ子どもだって思ってるとすぐに大きくなっちゃいますよ?」

律子「実感してます。2人とも、やんちゃするにも程度や場合を考えるようになってきたというか」

小鳥「時々、はっとするくらい大人びた表情をしてたり?」

律子「はい。私たちが知らないだけで、二人はとっくに大人になってるのかもしれません」

小鳥「こんな可愛い寝顔の大人なんていませんよ」

律子「……ふふ、そうですね。立派な大人になれるよう、私たちがビシバシ鍛えていかないと」

小鳥「ふふ、そんなこと言ってるとまた鬼軍曹って呼ばれちゃいますよ」

律子「あはは、それは勘弁してほしいですね」

亜美「うーん……おにぐんそう……ぐー」

真美「りっちゃんこわいよー……ぐーすかぴー」

律子「亜美、真美。起きてるのね? 起きてるんでしょう?」

亜美「すてんばーい、すてんばーい……」

真美「ごっ!」

律子「あ、こら待ちなさーい! 逃げるなー!!」

おわり




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:26:40.99 ID:ZSFa22IY0
乙なの



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:28:04.39 ID:KZR/rBDf0




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:33:46.18 ID:QkYycLOp0
あとがき

黎明jazzアレンジでティンときてやった
反省はしていない

おわり

>>43
フルメタルジャケットでよろしくどうぞ
海兵隊はどこに行こうと、例え死んでも永遠に兄弟って台詞が印象深い




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:34:57.44 ID:PSlQUwv20
乙!
いいSSだった。掛け値なしに




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:40:10.38 ID:3nYj8mgVO


亜美真美はてんち




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:41:23.49 ID:NcRtfrfI0
乙乙
この何とも言えない感じは好きよ





引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352807223/