前スレ⇛雪歩「ユキポックス」 

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 10:51:30.75 ID:iqntV7NT0

─とあるビル 地上200㍍──

ヒュゥゥゥゥ……

真ちゃんが、アスファルトに向かって真っ逆さまに堕ちていく。

真「はは……ボクはここまでみたいだ……」

粉々に散ったガラスの破片が舞う。

真「最期に、仲直りしたかったな」

口の端から血の泡を吹き出しながら、苦しそうに微笑む。

真「ごめんよ、雪歩」



待って、真ちゃ──。



……グシャッ……

鈍い音と共に、真っ赤な噴水があがった。


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 11:03:13.59 ID:iqntV7NT0

雪歩「あ゛ぁ゛!!!」ガバッ

雪歩「はぁ……はぁ……今の……!」ドックンドックン……

真「うぅん……むにゃ……」

雪歩「ユメ……?」

真「でへへ~……そんなぁ……むにゃ……」

また、またあの光景だ……。
真ちゃんが死んじゃう夢。すごく生々しくてリアルな夢。

雪歩「真ちゃん……」

真「んん……雪歩、どうしたの? またトイレに行けなくなった?」

雪歩「……ううん、何でも無いよ。少し外の空気吸ってくるね」

仮想現実の世界から抜け出して、このAIに支配された現実に戻ってきて……

そして、救世主、萩原ネオ歩になってからもう数日が過ぎました。

少しずつ、何かが変わり始めている気がします……。


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 11:12:27.65 ID:iqntV7NT0

──現実世界 765プロ跡地 メインルーム──

響「それにしても本当に上手くいくのかな」カチカチカチ

貴音「問題ありません。必ず成功します」

響「うぅん……でも一筋縄ではいかないヤツらばっかりだぞ」カチカチカチ

貴音「響、ひとつ聞いておきたいことがあります」

響「ん……?」ピタッ

貴音「わたくしに付いてきて、後悔していませんか?」

響「……うん!」ニコッ

貴音「では、わたくしを信じてくださいますか?」

響「……そんなの言うまでも無いさー!」

貴音「ふふっ、そうですか。頼りがいのある親友がいてくれて、わたくしは果報者ですね……」

響「ユキポックスへの転送準備を始めるぞ。雪歩と真を呼んで来てくれ」カチカチカチ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 11:20:23.69 ID:iqntV7NT0

──現実世界 765プロ跡地 休憩室──

雪歩「ね、ねぇ。真ちゃん、お茶っぽい飲物煎れたんだけどいるかな。食用オイルを配合させたんだけど……」

真「あ、ありがとう雪歩。色々と凄いね……」ズズ……

雪歩「えへへ、名付けて『萩茶』ですぅ!」

真「……」ズズ……

雪歩「真ちゃん?」

真「雪歩、目にクマが出来てる。最近ずっとだ」

雪歩「ちょっと最近眠れなくて……大丈夫、すぐに治るよ」

真「……悩み事があるなら相談してよ」

雪歩「……」

真「それとも、ボクじゃ信用できない?」ジィ……

雪歩「うっ……(その王子モードの眼差し、卑怯だよ真ちゃん……)」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 11:30:09.45 ID:iqntV7NT0

雪歩「あ、あのね」

雪歩「私、一体何をすればいいのか全然わからないんだ」

真「……」

雪歩「こんなひんそーでちんちくりんな私が、救世主になった意味って何なのかなって」

雪歩「それだけなんだよ。それが分かれば……」

真「雪歩、焦っちゃダメだよ」

真「今に預言者、あずささんからから連絡がくる」

雪歩「……」

預言者の占いによると……。
救世主が現れた時、この永い永い闘いが終わる、そうです。
みんなは、ただそれだけを頼りにMIN-GOSと闘ってきました。

響「あーここにいたのか! 雪歩、真ぉ! 遅刻だぞ!」

真「さぁ、行こう。お茶はもう片づけるよ」カチャッ

雪歩「……うん」

なんだか、私の心だけがおいてきぼりです。


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 11:50:05.73 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 地下室──

冬馬「俺が掴んだ情報によると、機械たちは現在、高速で移動を始めてるらしい」バサッ

<961プロ支部 リーダー 天ヶ瀬冬馬 趣味:フィギュア集め>

冬馬「目標はトーゼン人類最後の拠点、バンナムだ」

凛「防御網を無理やり突破するつもり?」

<モバマス支部 リーダー 渋谷凛 趣味:犬の散歩>

冬馬「何でも、新型のユキドリルで壁を掘り進んでるらしいぜ」

涼「う、うわぁぁ……突破されたら、どれくらいの数がバンナムに……?」

<876プロ支部 リーダー 秋月涼 趣味:女装>

冬馬「へっ、そうなったら25万の量産型キサラギとショーブだな」

涼「ぎゃ、ぎゃおおおおん! そんなの絶対勝てないですよ!」

凛「……あり得ない数。数値は正確なの?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 12:02:12.99 ID:iqntV7NT0

ひかり「ちょ、ちょっと! 25万って……オーバーキルにも程があるわ!」

<こだまプロ支部 リーダー ひかり(青髪ロング) 趣味:やよいじめ>

麗華「バンナムの人口はたった5万。えげつないわね……」

<東豪寺プロ支部 リーダー 東豪寺麗華 趣味:お菓子作り(ウソ)>

冬馬「それでも闘うしかねぇんだよ」

涼「そ、そんなの自殺行為ですよ」

コツ……コツ……

貴音「何をいまさら。死地は山ほどくぐってきたではありませんか」

<765プロ支部 リーダー 四条貴音 趣味:らぁめん>

冬馬「遅かったな」

「お、おい見ろよ……ウワサの銀色の王女だ……」ヒソヒソ

貴音「申し訳ありません。 解決策を練ってきたゆえ」

ピリィィ……!

雪歩「……うっ……(空気が張り詰めて……)」オドオドオド

すごい、ほとんどの支部のリーダーが勢ぞろいしてる。
これからとっても、とっても大事な会議が始まるんだ……。


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 12:16:08.58 ID:iqntV7NT0

冬馬「ほぉ、言ってみな。この天ヶ瀬冬馬の前でなっ!」

凛「この人の言うことが正しければ、72時間後に25万の敵が押し寄せる」

涼「武器も余り無いんですよ。どうやって止めるんですか……?」

貴音「それは……」スッ

雪歩「へっ……?!」ズイッ

貴音「この、萩原雪歩が闘いを終わらせてくれます」

雪歩「えっえっえっ?!」

冬馬「コイツが噂の……?!」

ひかり「この頼りなさそーな小動物が……?」

じぃぃぃ……

雪歩「あ、あの……救世主はじめました……萩原雪歩17歳ですぅ……」オドオドオド

一同「……」

シィィィン……。

冬馬「ジョーダンだろ?」

貴音「ふふっ、わたくし、ジョークは苦手なのです」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 12:28:58.55 ID:iqntV7NT0

貴音「わたくし達は、一度バンナムに戻り、支援を要請します」

凛「持ち場を離れる気? 重大な命令違反になる」

貴音「我々が、今こうしてここにいるのは服従が苦手だからでしょう?」

凛「……!」

冬馬「あんた変わらねぇな……。おっさんが手を焼くハズだぜ」

雪歩「……」ピクッ

貴音「雪歩、どうかしましたか?」

雪歩「……誰か来ました。プログラムの異常変動を感じますぅ」

タッタッタ!

貴音「お、おまちなさいっ! 雪歩っ! 話はまだ……」

麗華「あれが、世界を救う救世主さま……ねぇ」

貴音「ゆきぽ……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 12:41:45.51 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 地下室入口──

タッタッタッタァン

雪歩「……っ!」

モブF「どうしたんですか? 今は会合中じゃ……」

雪歩「あのっ! 今、誰かここに来ませんでしたか?」

モブF「どうしてわかったんですか……? 貴方に贈り物、みたいですよ」ガサッ

雪歩「ふぇ! 贈り物ですか?」

ガサッ……

雪歩「キャラメル……?」

モブF「それで、伝言も頼まれててですね。何でも……」




モブF「『"個性"をありがとう』って」

雪歩「……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 12:55:38.46 ID:iqntV7NT0

──現実世界 移動船内──

グォォォン……

雪歩「す……すごい……船が浮いてる……」

窓から外を見渡すと、草木の枯れた、荒廃したビルが立ち並んでいました。
煙とガスがしゅうしゅうと吹き出ていて、至るところにケーブルがミミズのように這ってる。

そう、まさに灰色の世界……。
ユキポックスで眠ってる間に、こんなにも変わったなんて……。

響「磁力を反発させてるんだ。鉄はどこにでもあるから、なんくるないさー」カチカチ

真「雪歩、ところで記憶は相変わらず……」

雪歩「う、うん。大体思いだしたんだけど、やっぱりちょっとオカシイかな」

雪歩「説明しにくいけど……記憶が断片的なんだ……」

真「うぅん、時間が立てば戻ってくると思ったんだけどなぁ」

雪歩「でもね、記憶の切れ目の部分はいつも同じなんだ。決まって……」

雪歩「白い光に包まれる思い出なんだよ」

真「……?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 13:07:47.50 ID:iqntV7NT0

雪歩「……」

響「みんな、長旅おつかれさま! バンナムに着くさー!」

<ゲート3を通過後 ベイ7へ>

ゴゴゴゴゴ……

大きな分厚い鉄の扉が軋みながら開いていきます。

ここがユキポックスから目覚めた人だけで建てた……

雪歩「って、ここって……」

響「やーここ来るといつもライブの時を思い出すなー!」

雪歩「東京ドーム……だよね……」

貴音「えぇ、ここが通称、人類最後の砦バンナム。 ここに収容できる人数が、自由な人間の【きゃぱしてぃ】です」

扉の先の光景は、鉄クズで固められたドームでした。ドーム。




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 13:21:05.55 ID:iqntV7NT0

──バンナム 港──

プシュゥゥゥゥ……

響「ん~~! やっぱこの匂い嗅ぐと落ちつくなー!」ガナハァー!

雪歩「うっうぅ……きぼぢわるいですぅ……」フラフラ

真「だ、大丈夫かい雪歩……。着地酔いは誰でも経験するから……」サスサス

???「ちょーっと待ちなさい!アンタたち!」

貴音「なにやつっ!」

舞「ゆっきーたち! 長旅お疲れさん! ゆっくりしてってね!と言いたいところだけど……」

雪歩「だ、誰ですか……」ヒソヒソ

真「日高舞さん、伝説のアイドルだよ……。バンナムの警備長を任されてる」ヒソヒソ

舞「あいにく、違反行為だからねー。偉い人がお話を聞きたいそうよ」

貴音「……響、あとは任せました。出発準備は怠らぬよう」ドサッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 13:30:25.74 ID:iqntV7NT0

貴音「……あの、いんすたんとらぁめんは……」スタスタ

舞「もう無い!」スタスタ

貴音「……」しじょぅ……

響「あーあー貴音、また喧嘩しなければいいけどなー」

雪歩「えっ……?」

真「多分、黒井社長のところに連れていかれたんだよ。元961支部リーダー、今は司令官やってる」

雪歩「四条さんと仲悪いの……?」

真「……貴音と響は元々961プロ支部担当だったんだよ」

雪歩「えっ!」

真「貴音と方針の違いで大ゲンカしてさ。響と一緒に765プロ支部に独立したんだよ」

響「……」

──おっさんが手を焼くハズだぜ。

雪歩「な、なるほどですぅ……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 13:44:13.11 ID:iqntV7NT0

真「よしっ……それじゃ行こっか……」コソコソ

雪歩「……あの、真ちゃん。何でそんな隠れるように歩くの?」

真「ボクにも、会う準備が必要な子がいるからだよ……」コソコソ

雪歩「えっ、それってどういう……」

──クゥ~~ン!

真「い゛ぃ゛!! き、来たぁ!」

美希「まっことクゥ~ン! 久しぶりだね!」ガバッ

真「うっうあああ! いきなり抱きつくなっ!」

美希「も~! どうしてミキが真クンと一緒の支部じゃないのかな」

真「あ、あはは、は。 人出不足なんだから、仕方ないだろ?」ヒクヒクッ

雪歩「あ、美希ちゃん……」

響「美希は、雪歩以外で唯一夜を往くエージェントと互角以上に戦えるんだ。天才って呼ばれてる。」

美希「真ク~~ン! ミキね、この前エージェント2人も倒しちゃったの! 褒めて褒めて~!」

真「わ、わかったから。ははっ、ミキは偉いなぁ」ナデナデ

雪歩「……ぐぬぬぅ……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 13:55:10.14 ID:iqntV7NT0

響「雪歩、何でぐぬ歩になってるんだ?」

雪歩「な、何でもないですぅ……」

美希「あっ、雪歩も目が覚めたんだよね! 久しぶりなの~」

雪歩「あ、うん、ミキちゃん、変わってないね。えへへ……」

美希「うん、だけど~~……雪歩は変わったね」

雪歩「えっ、そうかな。スモッグいっぱい吸ったから、ちょっと声は変わったかも……」

美希「……ふぅん」ジィ……

美希「……ミキね、雪歩にもぜぇ~~ったい負けないよ! ショーブなのっ!」

美希「真クン! 今度ね、またユキポックスのお仕事あるんだよ! 最近は~お仕事楽しいからミキ、頑張っちゃうの!」

美希「ずっと見ててゼッタイだよ☆」

タッタッタ

雪歩「行っちゃった……」ポカーン

真「……疲れたぁ」ガクーン


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 14:34:49.41 ID:iqntV7NT0

──現実世界 バンナム指令室──

貴音「……」

黒井「貴音ちゃぁん、釈明の言葉は考えてきたのかね」

貴音「釈明することなど、何もありません」

黒井「ノンノンノン、持ち場を離れるなど言語道断なのだよ。この間に機械が攻めてきたらどうするつもりなのだね」

貴音「黒井殿、これも預言者のお告げに従うためなのです」

黒井「戯言は聞きたくない! 何が預言者だ! 救世主だ!」ドンッ

貴音「……」

黒井「1秒でも長く、バンナムのために生き延びるために、レッスンでもするのが賢明ではないかね!」

貴音「お言葉ですが、街を救う方法は1つしかありません」

黒井「ウィ?」

貴音「……萩原雪歩です」

黒井「またかっ……! 誰も君のように絵空事を信じていないのだよ!」

貴音「……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 14:45:25.21 ID:iqntV7NT0

黒井「貴音ちゃぁん、君は……チェックメイトだ」トンッ

貴音「と、申しますと」

黒井「765プロ支部のリーダーを解任する。郵便局員でもやっていたまえ」

貴音「それは、あなたの権限では決められません」

黒井「……!」

ガチャッ

高木「まぁまぁまぁ、少し落ちつかないかね」

貴音「高木殿……お元気そうで」

黒井「高木ィっお前の息がかかったせいで、貴音ちゃんが電波になった!」

貴音「いえ、わたくしは、己の意思で選んだのです」

高木「四条君、次の評議会では何を話すのかね?」

貴音「……真実。全てをです。恐れることなど何も無いでしょう」

黒井「フン、混乱が起きるに決まってる」

高木「いやはや、平和を願う気持ちは皆同じなのだね」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 14:51:52.52 ID:DC4/GMKk0

郵便局員は中の人の前職じゃないですかー


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 14:57:56.21 ID:iqntV7NT0

──バンナム エレベーター内──

ガー……

響「よっし、それじゃ、自分は部屋に戻るさー! みんなー待ってろよー」

雪歩「……」

真「……」

ティーン

雪歩「ね、ねぇ。もっとお話ししよ、真ちゃん (うぅ~……何で私こんな緊張してるんだろ……)」ドキドキ

真「うん……同じこと思ってた……」ドキドキ

雪歩「あ、あのね。私ね、真ちゃんといっぱいいっぱいお話して、一緒にいると凄くワクワクする」

真「そうだね、こうやってゆっくり出来るのは、初めてかも」

みんなが、真ちゃんが居てくれたから、辛いことあっても、なんとか頑張ってこれたんだよ。
感謝の気持ち、伝えたい。ここでは、二人っきりだから。

雪歩「……真ちゃん」

真「……雪歩?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:04:40.86 ID:iqntV7NT0

雪歩「……」スッ

真「ゆきほ、どうしたんd……」

ガー!

ガチムチA「あっ!ようこそふるさと村区域へ! 756プロの雪歩さん!」ガチガチ

雪歩「」

ガチムチB「救世主さん! 聞いてくださいっ!」ムチムチ

ゾロ……ゾロ……

雪歩「ひ……ひぃ~~! 男の人がいっぱい……!」サァァァ……

ガチムチC「俺の息子が、ユキポックスに取り残されてるんです……」

雪歩「へっ……」

ガチムチD「嫁が……担当してる支部から連絡が無くて……」

ガチムチE「どうか、守ってやってくれませんか? 救世主さん……」

雪歩「……」

そ、そっか……。私って、こういう立場なんだ。
私が、バンナムの人たち皆の命を背負ってる……。


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:13:51.56 ID:iqntV7NT0

だけど、答えが見つかりません。意味がわかりません。
白いウサギを追ったその日から、ここにいる事を選んだハズなのに。

雪歩「あの……あの……」

真「……」スッ

雪歩「あっ真ちゃん……」

真「いいんだ。みんなの話を聞いてあげてよ」

雪歩「……」

真「あはは、大丈夫、ボクはどこにも行かないよ」スタスタ

雪歩「あっ……」

ガチムチA「救世主さん、どうか、どうか平和を……」

こんなこと思ったら、ワガママだなって思われるかもですけど……。

雪歩「は、はい……。あの、お一人ずつ……お願いします……」

私は、この時は、ただ真ちゃんとお話したかった、です。


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:21:33.29 ID:iqntV7NT0

──バンナム 居住区──

響「みんなぁ~! はいさぁぁぁぁい!」

ワニ子「ぐあぁ! ぐあぁ!」ウィンウィン

ねこ吉「にゃーん!」ウィンウィン

響「あははっ待たせてごめんねっ。今、オイルさしてあげるからなっ」

いぬ美「……」

響「いぬ美、どうしたんだ?」

いぬ美「……」ツーン

響「また他の支部に移れって、そう言いたいのか?」

いぬ美「……ばぅ」

響「いぬ美、わかってくれ。 ハム蔵は、その、事故だったんだ……」

いぬ美「……」シュン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:31:53.31 ID:iqntV7NT0

いぬ美「ばう!」

響「わかってる。家族を失うのは誰だって辛いよね」ナデナデ

いぬ美「ばうわう!」

響「でも、自分は貴音を……その……」

響「信じてるんだ。ハム蔵もそう言ってた」

いぬ美「……」

響「そんな悲しい顔するな~。いぬ美ぃ~」ワシャワシャ

響「大丈夫、自分は完璧だ。絶対ぜぇ~~~~ったい生きて戻ってくるっ! じゃないと皆の世話は誰がするのさー。あはは!」

響「うん、もう会議が始まる。そろそろ行かないと」スッ

いぬ美「……」

響「……心配してくれて、ありがと」ギュッ

いぬ美「……ばぅ……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:43:11.86 ID:iqntV7NT0

──バンナム メインホール──

雪歩「はぁ……はぁ……待ってぇ~。 寝癖が……」タッタッタ

真「早く早くッ、雪歩っ君もステージにあがるんだからっ」

雪歩「えっ! そ、そんなの聞いてないよ……何するの……?」

真「こらこら雪歩ぉ。ボクたちの本業忘れちゃったの?」

……。

高木「それでは、四条君、任せたよ」ポンッ

ガヤ……ガヤ……

雪歩「ふわぁ、満員のドームですぅ……」

貴音「ここに居る、自由を選択したバンナムのものたちよ、聞いてください」

シィィィン……

貴音「真実は、聞いた通りです。MIN-GOSは総力を結集し、この街に近付きつつあります」

貴音「我々の前には、困難が待ち構えているのです……」

ざわ……ざわ……

黒井「ほら見ろ。うろたえるに決まってる」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 15:55:13.79 ID:iqntV7NT0

貴音「みなの心を覆う闇は、晴れることは無いでしょう」

貴音「ですが、恐れることはありません。わたくしは近頃、眠る時の体の震えが止まりました」

雪歩「……(四条さん、やっぱり無理してたんだ)」

貴音「それは何故か。わたくしが誰も信じないことを信じているからでしょうか?」

貴音「……違います」

貴音「私を導いたのは、過去に吸い込まれた未来ではなく……」

貴音「100年以上、前を向いて歩いてきた道なのです!」

貴音「1世紀に及ぶ戦いで、変わらずに、一番大事なことは……」

貴音「……」

貴音「今を生きるということですっ!」

──……しじょっ……──

一同「……」

シィィィン……


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:04:04.27 ID:iqntV7NT0

黒井「……」

パチ……パチ……

ワァッ……

雪歩「はぁぁ、四条さん、カッコいいですぅ……」ポォー

ワァァアアアアアアアァァァ!!!

貴音「さぁ! 存分に踊りましょう! 今宵、生命を燃やすのですっ!」

ワァァアアアァア!!!

響「たかねぇナイスMC! 延々と食のスピーチとかしないか心配だったさー」

ワァアアアアアァ!!!

真「さっ雪歩、出番だよ。100年ぶりだけど振り付けは覚えてるよね」

雪歩「……」

雪歩「ま、まさか」ヒクッ

満員のドーム……ステージ衣装……二つの符号が意味するものは一つですぅ……


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:20:15.20 ID:iqntV7NT0

冬馬「……」スゥゥゥゥ

冬馬「い く ぞ お お お ぉ ぉ ぉ ぉ お お お ! ! !」


☆*:・'`★。自分 REST@RT :*:・'`★*:.。:*


美希「昨日までの生き方を 否定するだけじゃなくて」

(ハイ! ハイ! ハイ!)

真「これから進む道が 見えて きた !」

(フォウフォゥフォゥフォゥ!!)

雪歩「よ、弱いだけの女より……」

ふわぁ、懐かしい……。
キラキラのステージ。音に合わせて揺れる人の波。
怖いこととか、辛いこととか、どこかに飛んでいっちゃう。

そっか、どんだけ時間がたっても、変わらないものもあるんだね。

(ワァァアアアアア!!!)

雪歩「…っ…」ウルッ

──夢だけでは終わらせたくない


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:31:59.56 ID:iqntV7NT0

──暗い中あるくよりも……

真「……雪歩っこっそり抜け出しちゃお」グイッ

雪歩「ダ、ダメだよ、まだ曲の途中だよ……」

真「ボクと一緒にいいことしよっ」ニコッ

雪歩「えっ」ドキッ

いいこと……?

……。

雪歩「はぁ……はぁ……!」

真「うっ……そこ気持ちいい……ゆきほぉ……!」ヌルヌル

雪歩「えへへ、ここがいいのかな……真ちゃん……!」ヌルッ

真「うんっ、凄くいいよ! はぁぁん……!」






雪歩「真ちゃん、疲れとれたかな?」ヌルヌル

真「うん、雪歩のオイルマッサージは利くなぁ~」ホッコリ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:42:02.94 ID:iqntV7NT0

雪歩「……」

真ちゃんの背中には、傷跡がいくつも残っていました。

──はは……ボクはここまでみたいだ……

雪歩「……うっ……!」

真「うっうわぁあ! 雪歩っ何で泣いてるの!?」

雪歩「私は、四条さんとは違う……怖いんだよ……」

雪歩「せっかく、思いだせたのに……!」

真「……」

雪歩「また……真ちゃんのこと失いたくない……!」

真「……言っただろ? ボクはどこにも行かない。約束するよ」

雪歩「……うぅっ……ぐす……」

真「も~雪歩は泣き虫だなぁ~」ナデナデ

雪歩「ごめんね……もう泣いちゃダメだよね……」

雪歩「だって、私は、救世主だもんね……!」

真「……」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:48:56.13 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 機密施設内──

プルルルル……

美希「はぁ……はぁ……!」フラフラ

ボタボタッ

美希「ウソ……なの……あんなエージェント今まで見たことないっ……!」フラフラ

プルルルル……

美希「逃げないと……! みんなに伝えないと……!」

ガチャッ

美希「ッッ……お願いっ! 転送開始して……」

……ドスッ……

美希「あ゛っ゛……!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 16:55:36.84 ID:iqntV7NT0

ギ……ギュィィィィィ…ギギギ……

冬馬『おい、どうしたんだよ! 返事しろっ!』

美希「──が……このゲームのメインヒロイン……なの……?」ガクガク

──ん~メインヒロインなんて必要無いよ。

美希「……っ」

──だって私たち……

ギギギィン……。

…。

美希「……仲間だもんげ」ガチャッ

冬馬『何かあったのか?』

美希「ん~ん、何でも無いの。 それより転送お願い」

<転送開始>

キュィィィン……


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:05:46.65 ID:iqntV7NT0

──現実世界 バンナム──

雪歩「……痛っ!」

真「うぅん……むにゃ……カーチャン……」

雪歩「? 何だろ……今の頭痛……」ズキズキ

……。

貴音「おや、雪歩も夜風に当たりに来たのですか?」

雪歩「えへへ、残念ながら今日も曇り空ですね」

貴音「……」

雪歩「四条さん?」

貴音「雪歩、わたくしの夢を聞きたいですか?」

雪歩「ユキポックスからの解放……ですか?」

貴音「ふふっ、そんな大義ではなく、ささやかな夢です……」

貴音「わたくしは、月を眺めながら、ひっそりとこの世を去りたいのです」

雪歩「えっ……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:19:11.29 ID:iqntV7NT0

貴音「この曇天は、遙か昔から続いています」スッ

雪歩「へっ……どうしてですか……」

貴音「太陽を遮断するため、です。暴走を一時的にでも止めるためにはこうするしか無かったのです」

雪歩「あっ……(ソーラー発電……)」

貴音「ゆえに、この世界は草木も生えぬ荒野になってしまいましたが……」

貴音「今やMIN-GOSはユキポックスの発電こそが、生命線なのです」

雪歩「……」

貴音「それと、わたくしたちが何故、老いないか知っていますか?」

雪歩「……延命治療ですか?」

貴音「そうです。そして前に話しましたね。死んだ人間は養分になる、と」

雪歩「……もしかして」

貴音「……はい、この体は、あらゆる犠牲のもとに生きながらえているのです」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:29:42.51 ID:iqntV7NT0

──わたくしの死に場所はここでは無かった……。

四条さんを救出した時の言葉を思い出しました。

貴音「この夢現をあなたの手で、終わらせてください」

雪歩「……」

貴音「雪歩、覚悟はできていますか?」

雪歩「……覚悟、ですか?」

貴音「はい、実は先ほど預言者からの指令が届きました」

雪歩「えっ……」

貴音「さぁ、あなたの出番がついに来ました」

貴音「今宵、星のかけらを探しにいきましょう」ニコッ

いよいよ……私の役割を果たす時が来るんですね……。


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:45:26.08 ID:iqntV7NT0

──バンナム 港──

響「ふわぁぁ……昨日はず~っと動物たちのメンテナンスしてたぞ……」スタスタ

真「ず~~っと女の子のダンスの相手してた……」スタスタ

雪歩「……うぅ……心の準備が……」ドキドキ

貴音「皆、寝不足のようですね。わたくしもですが……」スタスタ

美希「待って!」

真「う、うわぁ!ミキィ! 構ってる時間は無いんだってば……」

美希「雪歩、出発するの?」スッ

真「えっ……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 17:50:16.53 ID:iqntV7NT0

貴音「あの星井美希が、真を【するー】するなどと……」ポカン……

響「真、なんか怒らせたのか? おにぎり勝手に食べたとか……」

真「な、何もしてないよ……」

雪歩「もうちょっとゆっくりして行きたかったんだけど……ごめんね」

美希「あはっ。お別れの挨拶がしたかっただけだよ。じゃあね」

雪歩「う、うん。じゃあね」ギュッ

美希「あっやっぱり~。『またね』にしておくね」

雪歩「えっ……」

美希「きっとまたすぐに会えるの。それじゃバイバ~イ」

スタスタ

雪歩「……どういう意味だろう?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:06:53.75 ID:iqntV7NT0

──現実世界 765プロ跡地──

響「よ~し、それじゃ雪歩、気をつけて行ってくるさー!」

ビリィィィィ!

雪歩「フヒィ!」

──ユキポックス 公園──

雪歩「潜入しましたぁ……」

久々のユキポックス。
ここでは、21世紀の変わらない日常が流れていました。
目の前の、ベンチに座ってカラスに餌をあげている女性……。
今でも信じられません、まさか、あのあずささんが預言者さんなんて……。

あずさ「あらあら~、雪歩ちゃん、見間違えたわ~」

雪歩「あの……」

あずさ「眠れないその身を苛む煩悩について聞きたい?」

あずさ「それとも、あなたから離れない焦燥感について?」

雪歩「……やっぱり、なんでもお見通しなんですね」

あずさ「うふふ~。今日は座って話さないかしら~?」

雪歩「……私が座ることも知ってるんですよね」スッ


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:17:10.30 ID:iqntV7NT0

あずさ「まずは、分かることからお話してちょうだい~」

雪歩「萩原ネオ歩になって、初めて気づいたことがあります」

雪歩「あの、今の私の目では、ユキポックスが緑色の記号の流れに見えるんです」

サァァァア……

L9Q08NアコΘ……これがあそこのフェンスのコード……

あずさ「……続けて」

雪歩「その中で、あずささんだけ、金色に輝いてる。こんなの見たこと無いです」

ピカァァァ……。

雪歩「あずささんは、MIN-GOS側のプログラム。私や四条さんのような法則から外れた……人間じゃ無い……」

あずさ「うふふ、今のところ正解よ」

雪歩「……っ」ギュッ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:26:09.86 ID:iqntV7NT0

雪歩「ユキポックスのシステムの一部……」

あずさ「正解ね~」

雪歩「どうして人間の味方をするんですか? あの、その……信用していいんですか?」

あずさ「うぅん……困ったわね~」

雪歩「あの、困ってるのは私のほうですぅ……」

あずさ「だけど、これまでとそんなに変わらないんじゃないかしら~」

雪歩「えっ……」

あずさ「だって、私を受け入れるかを選ぶのは雪歩ちゃん自身でしょう~」

あずさ「雪歩ちゃん、黒飴舐めるかしら~」ガサッ

あずさ「うふふ。私、黒飴って大好きなの。ついつい小さい子を見たらあげたくなっちゃうわ~」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:39:03.10 ID:iqntV7NT0

雪歩「……私がこの徳用黒飴を舐めることも知ってるんですよね。 どうして聞くんですか?」

あずさ「うぅん、雪歩ちゃん、選択することの大切さは分かったみたいだけれど……」

あずさ「足りないのはその次のステップ、その意味を知ることよ~」

雪歩「……」

あずさ「例えば、雪歩ちゃん」

あずさ「遠い彼方へ旅立った人を、待ち続ける気持ちってわかるかしら?」

雪歩「へっ」

あずさ「待ち続けたあの場所に、二度と来ないと知っていても……」

あずさ「それでも、人は待つことを選択してしまうの。不思議ね~」

雪歩「……」

あずさ「あ、私はそんな運命の人募集中です~」ニコニコ

雪歩(……本当に、あずささんはただのプログラム……?)


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:48:01.88 ID:iqntV7NT0

あずさ「うぅん。私はちょっと特別なプログラムなの。きっと後で分かるわ。それより……」

雪歩「は、はいぃ」

あずさ「……私は使命を果たすわ~。雪歩ちゃんがするべきことを伝えるわね」

あずさ「目的地はユキポックスの中枢。メインソースよ」

雪歩「えっ……!?」

あずさ「そこで、あなたは白い光に包まれる。そこで答えが見つかるわ」

白い……光……記憶の切れ目……。

雪歩「あの、私、知りたいです! 答えを!」

あずさ「うふふ~、雪歩ちゃんは普段は引っ込み思案だけど……大切選択は決して間違わないわね~」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 18:56:25.55 ID:iqntV7NT0

雪歩「そうだ……あの、あずささん……」

あずさ「何でも聞いてちょうだい~」

雪歩「私、最近変な夢を見るんです……」

あずさ「真ちゃんがビルから落ちる夢……?」

雪歩「は、はい……だけど、いつも同じところで目が覚めちゃって……」

あずさ「雪歩ちゃん、あなたも預言者になったのね~」

雪歩「えっ……じゃあ私が見たのは……」

あずさ「そう、未来よ」

雪歩「……!」

あずさ「続きを見れないのは、雪歩ちゃんが理解することを拒んでるから」

雪歩「……覚悟しなくちゃダメってことですか。真ちゃんが死ぬことを」フルフルフル……


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:09:25.58 ID:iqntV7NT0

あずさ「……雪歩ちゃん辛いかも知れないけれど」

雪歩「い、いやですっ! そんなの理解したくないっ!」

あずさ「でも、しなかったらバンナムが滅びると言ったら……?」

雪歩「ふぇ……?」

あずさ「あら……ごめんなさい。もう時間がないから、することだけ伝えさせてもらうわね」

あずさ「メインソースに行くためには、音無さんを探してちょうだい~」

雪歩「えっ!えぇ!? あ、あの2×歳の音無さんですかっ?!」

あずさ「えぇ、事務員として姿を隠してたんだけれど……生憎、もう掴まってしまったの」

雪歩「だ、誰にですか? エージェント?」

あずさ「いいえ~、「情報」を司っている、色々な意味でユキポックスで一番危険なプログラムよ」

雪歩「危険……?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:23:22.12 ID:iqntV7NT0

あずさ「いつも悪い知らせばかりで、ごめんなさいね~」

雪歩「……」

あずさ「あなたの真っ白な雪のような心が、染まらないことを祈っているわ」

そう言って、あずささんは去っていきました。
また、疑問ばかりを私に残していって……。

雪歩「……うぅ~……どうしよぅ~~……穴掘って埋まりたいですぅ~」

バサバサバサッ……

突如、カラスが一斉に飛び立つ音が公園に鳴り響きました。

雪歩「ひっ! だ、だれ……えっ……?」

コツ……コツ……

──私流格言その……

春香「……70562……あいパックには気をつけよう……」コツ……コツ……

春香「雪歩ぉ、会いたかったよぁ」コツ……コツ……

雪歩「春香ちゃん……どうして……?」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:32:46.43 ID:iqntV7NT0

春香「キャラメル美味しかった? あれって、データじゃない手作りなんだよ」コツ……コツ……

雪歩「……」

どうして……私が、消滅させたハズなのに……

春香「ん~~~。それは雪歩自身がよく分かってるんじゃないかなぁ」

──現実世界 765プロ跡地──

貴音「……響、この雪歩に近付いているプログラムは一体?」

響「わ、わからない、だけどエージェントの反応は出てない……」

──ユキポックス 公園──

春香「私流格言1071だよ。雪歩、記憶が戻ったせいで手加減したでしょ?」コツ……コツ……

雪歩「……」

春香「完全に私のデータを消滅できなかった、それで復活できたんだよ。えへへ」

雪歩「……(春香ちゃんは……まだ敵……? わからない)」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:41:21.24 ID:iqntV7NT0

春香「雪歩、ほんっと~にありがとう!」ニコッ

雪歩「えっ……?」

春香「私ね、自由になれたんだよ! MIN-GOSから解放されたんだ!」

雪歩「そ、そうなんだ。お、おめでとう(もしかして、黒くない春香ちゃん……?)」

春香「もうこのシステムのエージェントじゃないんだよっ!」コツ……コツ……

春香「だから、もう「オーバーマスター」計画も、どうでもよくなっちゃったんだよ!」

雪歩「……おーばーますたーけいかく?」

春香「私はどこにでも行けるんだよ。だけど、私はここに来たんだ。雪歩にお礼したくて」ピタッ

雪歩「わ、私に……?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:47:32.34 ID:iqntV7NT0

雪歩「は、春香ちゃん……お礼って何……?」

春香「うん、素敵な"個性"をありがとう」ニコッ

ガチャッ

背後のドアが開く音がしました。
振り向いた先には……

春香No,2「インストールされた時に、雪歩のデータも上書きされちゃったみたいなんだよ」コツ……コツ……

雪歩「ダ……ダブルはるかちゃん……?」

ガチャッ

春香No.3「私が特に気にいったのはコピー機能……」コツ…コツ…

雪歩「な……なにこれ……」

ガチャ……ガチャ……

4人目……5人目……更にいっぱいいっぱいの春香ちゃん……


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:48:58.82 ID:QmcwnXXP0

ホメ春香みたいのを想像した


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 19:55:19.82 ID:iqntV7NT0

春香No.1「雪歩、もう1つプレゼントだよ。受け取って」

雪歩「……(囲まれちゃった。うぅ、逃げたほうがいいのかな……)」

春香No2「きっと後悔なんてしないよ」ピタッ

雪歩「えっ……えっと……それじゃ受け取るね」

春香No3「今ーその全身全霊にー」ピタッ

雪歩「……(音程が直ってますぅ。前より改良されてる……?)」

春香No4「無窮の愛と」

春香No5「……強い支配を刻むのよ」ニッ

……ドスッ……

雪歩「う"っ"……!」

春香No1「じゃじゃじゃーん! プレゼントはなんと、わた春香さんですよっ!」

<コピー開始>

ギ……ギュィィィィィ…ギギギ……

雪歩(やっぱり敵でしたぁ……)


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:06:37.80 ID:iqntV7NT0

雪歩「ぁっ……!」

ギギギ……

お腹に突き刺された手から、真っ黒な泥のようなプログラムが広がっていきました。

春香「動かないでね、すぐに終わるから」

ギギィ……ギギィ……

泥が体中を這っていく、肩へ、頬へ……。

この感覚……覚えてる……。

視界が暗くなって、ぼーっとしてくる。72号室のあの時の感覚にそっくり。

ダメ……!

<コード反転>  ピーッ!

サァアァァァ……

春香No1「コピーデータが引いていく……雪歩、もしかして抵抗してる?」

雪歩「……うぅぅぅっ……!(まだ、まだ死ねないよ……!)」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:15:23.52 ID:iqntV7NT0

<コピー不可能>

春香No1「……っ!」ズボッ

雪歩「……っ…はぁ!」

春香No2「ッッ……ヴぁい!」ヒュォッ

雪歩「──(背中から殺気ッ)」

スパァン!

春香No2「うっ……!」クラッ

春香No3 春香No4「大人しく……ッ!」ガシッ

雪歩「──!(左右から──回し蹴りですぅ!)」グァッ

パパパァン!

春香No3 春香No4「わっほい!」ズサー

春香No1「……わぁ雪歩すごい。私と駅で戦った時の200倍は強いよ」パチパチ


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:28:01.82 ID:iqntV7NT0

雪歩「だったら……降参したほうがいいよ!」キリッ

雪歩(うぅ痛いのは苦手ですぅ……)

春香No1「ダイジョブだよ。だったら……200人の私とレッスンしてもらうから」パチン

ガチャ ガチャガチャガチャガチャ

春香No7「たくさんのっ」春香No8「わた春香さんが!」
春香No9「私の個性ですよ!」春香No10「個性!!」

春香No1「囲んじゃってー!」

春香No7,8,9,10「取ったりぃー!」グァッ

雪歩「──(順番は──9.7,10,8──最小の動きで──)」

スパァン!ゴスッ!ヒュッ!グシャッ!

ドサドサドサドサッ……

雪歩「──(崩れ落ちる前に、10番目の春香ちゃんを──蹴り抜けますぅ!」

春香No10「わ"っ"ほ"……!」ゴッ……

春香No1「へっ……こっちへ……」

……ゴスッ……!

雪歩「ッッ……いぇぃ!」ビシィッ


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:37:19.38 ID:iqntV7NT0

雪歩「はぁ……残りは……!」

春香No5「ここだよ!」ゲシッ

雪歩「うっ……(踵落とし……あ、意識が……)」クラッ

春香No5「スキありィ!」ヒュォッ

雪歩「──(……! 倒れる反動を利用して……)」ガクッ

雪歩「えぇぃ!(胴回し回転蹴りですぅ!)」

グルンッ!  ゴスッ……!

春香No5「」ドサッ

春香No6「油断大敵!」

雪歩「──ッ!(二回転ッッ!)」

グルンッ! グシャァ……!

雪歩「これで10人抜きですぅ!」スタッ


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:43:31.06 ID:iqntV7NT0

ガチャガチャガチャ!

春香No20「ホップ!」トスッ

春香No25「ステップ!」レシーブッ

春香No28「ジャァァンプ!逝ってみよおぉぉ!」ヒュォォォ

雪歩「……」

スパァ……ァァン……

春香No28「見ないで裏拳……?」ガクッ

雪歩「えっと…ッ!倒した……ッ! ひっ!春香ちゃんが11人で……」ヒュッシュッ

ガチャッガチャッ

春香No43「よいドーン!」ダダッ

雪歩「うぅ……いつ途切れるんだろ……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:49:52.47 ID:iqntV7NT0

春香No37「つーかまえーた! 腕は掴んでるから今のうちに!」ガシッ

雪歩「っ……!」

春香No25「ヴぁい!」ゴスッ

雪歩「はぅぅっ……!」メキッ

春香No34「ッッ……ヴァイヴァイヴァイヴァイ!!!」

ドゴドゴドゴ!

雪歩「…っ…同じパターンは効かないよ」

シュゥゥゥ……

春香No34「……足で……!」

雪歩「──(一本背負いですぅ!)」グァッ!

春香No37「うわっ!」

ゴスッ……!

バタバタバタバタバタバタバタ……!

雪歩「ひぃ~~ん! 春香ちゃんは犬と同じくらい怖いですぅ~~!」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 20:58:12.47 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 公園入り口──

キュィィィン <強制ハッキング>

翔太「オーケー 例の雪歩さんを発見。捕まえにいくよ」ダッ

春香No55「ストーップ!」ガシッ

翔太「うわっ、え……春香さん…う"っ"…?」 ……ドスッ……

春香「そう、わた春香さん」

<コピー開始>

翔太「……!」

ギ……ギュィィィィィ…ギギギ……

春香No55「わた春香さん……わた春香さん……」

<コピー完了>

春香No56「そして、わた春香さん」シュゥゥゥ……



春香No55 春香No56「「……START!!」」キッ


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 21:04:23.58 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 公園──

……。

春香No76「」

グオォォォォ……!

雪歩「じゃ、ジャイアントスイングのスキルが役に立つ思ってませんでしたぁ!」グルングルングルン

ゴスッ……ゴスッ……ゴスッゴスゴスッ!

春香No46.34.89「わっほい!」ズサー

雪歩「も、もう帰ってこないでくださぁぁい!」パッ

ヒュォォォォ……

──ユキポックス 公園 徒歩5分 歩道──

春香No76「」

ズ……ズザァァァァア……

春香No76「……」ムクリ

春香No76「まだまだぁ!」ダダッ


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 21:12:01.30 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 公園──

春香No122「もうお疲れじゃないかな、雪歩」

雪歩「はぁ……はぁ……」

雪歩(何か……武器は……)

雪歩「」ティン!

雪歩「……!」ガシッ

春香No122「ポールを握って……んん……?」

<プログラム改変> キュィィィィン……

春香No125「へぇ……雪歩そんなことも出来るんだ……」

チキチキチキ……!

雪歩「……ふぅぅぅ……」スゥゥゥ……

雪歩「……ふぁっ!!!」ふぉっ……

ふぉんふぉんふぉんふぉんっ!

雪歩「スコップですぅ……!」ピタァ……!


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 21:19:17.29 ID:iqntV7NT0

雪歩「……あ、あのね、もう降参しないかな……」ピタッ……

春香No136「……私流格言その1、急がばまっすぐ……」

春香No142「進んじゃおっ!」ダッ

バァッ

雪歩「ッッ穴掘って──」グァッ

ヒュォォォォ──

春香No136,142「───っ!」

──カッッ──

──……コォォォンッ……!──

雪歩「──埋めてあげますぅ!!!」ふぉぉ……ん!


春香No136,142「」ドサッドサッ


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 21:28:00.51 ID:iqntV7NT0

………。

……。

カコォンカコォカコカコォン!!!

雪歩「161人目!162人目!163人目!」

春香No174「まだまだ」春香No180「まだまだまだまだ」
春香No183「まだまだまだまだだよ雪歩ぉ!」

雪歩「──(スコップを支柱にしての……)」グルンッ

雪歩「──(360度の回転蹴りですぅ!)」ドゴゴゴゴゴゴッ

雪歩「……ッッぇぃ!」スタッ

春香No187「……雪歩、パンツ見えるよ?」

雪歩「へっ!う、うそっ!」バッ

春香No187「なんちゃって! みんな乗れー!」

ドサッドサッドサッドサッドサッドサッドサッ!

雪歩「うっ……!お、重い……!」

春香No196「えへへ! 天海山の出来あがりですよ!」ドサドサッドサッ

雪歩「……ッッ!(潰されちゃいますぅ……!)」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 21:37:34.15 ID:iqntV7NT0

──現実世界 765プロ跡地──

響「うぅ~……何が起こってるのかわからないぞ……」カチカチ

真「雪歩、早く逃げて……!」

貴音「ふふっ問題ありません、雪歩は……【すーぱーまん】なのですから」

──ユキポックス 公園──

春香No198「200人の私を、全部背負ってくれるのかな……?」

キュィィィン……

<重力解除 浮遊プログラム開始>

雪歩「……うぅぅぅ……!」ググググッッ……

春香No198「う……うそ……持ちあがる……?」

雪歩「ッッ……!イェェェエエエイ!!!」グァッ……!

……。

P「ん……?」

春香No198「……っ……!」

P「何だあれ……たくさんの同じ顔の女の子が空に舞い上がってる……」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 21:42:14.65 ID:iqntV7NT0

ドサッドサドサッドサッドサッ

雪歩「……せぇのッ……!」

キュュゥゥゥゥゥ……!

雪歩「萩原雪歩! そ、空をと、飛びますぅ!」フワッ

<浮遊開始> ゴゥ……!

キィィィィィン……!

……。

──ユキポックス 公園──

春香No198「あー逃げられちゃったかぁ」

春香No200「……ねっみんな、帰りに美味しいカフェ寄ってこうよ!」

春香No199「あっ賛成っ喉乾いちゃったよ……えへへ……」

バタン、バタンバタンバタンバタンバタン……

シィィィン……


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 22:38:58.25 ID:iqntV7NT0

──現実世界 バンナム会議室──

黒井「こんな大規模な攻撃は初めてだ。なにかの予兆に決まってる!」

凛「相手は私たちの5倍の数。対応を誤れば、ゲームオーバー……」キィ……キィ……

高木「うぅんこれは困ったねぇ。何か防御手段は無いのかな」

涼「あの……ところで、765プロ支部の方からの連絡は……?」

黒井「ノン、なにも無い」

高木「では、765プロ支部に応援を要請したまえ。救世主の安否の確認を頼むよ」

黒井「……ふざけるなっ!これ以上支部を手薄にできん!」ドンッ

冬馬「……待ちな、おっさん。 俺が行ってやる」

黒井「なっなんだとぉ……?!」

冬馬「俺もバカバカしい賭けにノッてみたくなったぜ」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 22:47:30.70 ID:iqntV7NT0

黒井「私の961プロだぞっ……!」

冬馬「あんたはもう隠居したんだろ。今は俺がリーダーだ。隅っこでオセロでもやってな」

黒井「ぐぬぅ……! だが、探索は一隻の船では足りん……!」

冬馬「チッ……」

高木「他に志願者はいないかね」

のぞみ「こだまプロ。新幹少女、志願します」スッ

ひかり「はっはぁ!? 何勝手に……」

のぞみ「だって、だって……765プロには真さまがいるじゃない~~!」キュピピピピーン

ひかり「そ、そんな理由で……!」

のぞみ「わかってるけど、好きなの……!」

高木「決まりだね、それでは閉会……」

──待って!

高木「星井君……どうしたのだね……?」

美希「きっと人出、足りなくなっちゃうんじゃないかな。ミキもついていくの」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 22:57:26.40 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 超高層ビル──

ティーン! <74階へ参ります>

貴音「ここに、ユキポックス一危険なプログラムが居るのですね」

真「雪歩、何が見える?」

雪歩「なんだかこのビル変だよ。コードが違う……」

雪歩「暗号化されてるけど……各階に強力な爆弾……『inferno』が仕掛けられてる……」

貴音「【いんふぇるの】ですか。たった一つでこのビル全てが燃えて灰になりますね」

真「……どうしてそんなものが……」

雪歩「わからない……だけど多分、何かを守ってる……」

ティーン!

貴音「おや、ついたようですよ。いよいよご対面ですね」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:04:30.57 ID:iqntV7NT0

──ユキポックス 超高層ビル・高級レストラン──

──あー、待ってましたよー。

雪歩「……」

──好きなもの食べてくださいねー!お肉でも何でも注文してくださいー!

真「……」

雪歩「あ、あの……世界一危険なプログラムって……」

貴音「見かけに騙されてはいけませんよ、雪歩」



やよい「うっうー! 今日はですねー高級なもやしをフンダンに使ってるんですよ」

雪歩「やよいちゃん……?」

やよい「あ、雪歩さんって……もと……救世主になったんですねー。おめでとうございますー!」ガルーン


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:11:35.13 ID:iqntV7NT0

貴音「高槻やよいも、MIN-GOSに完全に支配されている【ぷろぐらむ】です」

やよい「えへへー。実は雪歩さんが、きゅーせーしゅになったのはずっと前から知ってるんです」

やよい「ところで、今回で雪歩さんは何人目ですかぁー?」

雪歩「えっ……何人目って……?」

やよい「はわっ、それは秘密でした」

長介「……」

やよい「弟の長介です、ほらっ長介っちゃんと挨拶しなさいっ」グイグイッ

長介「……」

やよい「もーそんな事してるとご飯抜きにするよ」

雪歩(やよいちゃんだけど、やよいちゃんじゃない……)

雪歩(このやよいちゃん……目がどろどろにニゴってる……!)


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:21:38.65 ID:iqntV7NT0

やよい「ゆっくりしていってくださいね」

貴音「生憎、する暇は無いのです。小鳥嬢の居場所を教えてください」

やよい「んーとですね。それはちょっと無理かなーって」

貴音「何故ですか?」

やよい「私、最近ことわざの勉強してるんです」

真「……」

やよい「お似合いの言葉がありますよぉー」

やよい「……」

やよい「小鳥さんは、貴音さんたちにとってぇ、猫にご飯ですよぉ」ドヤァ……

雪歩(……)

やよい「うぅん、ことわざで罵るのって快感かもー! ダブルのトイレットペーパーでお尻を拭く気分ですー!」

長介「……ね、姉ちゃん……もうやめて……」カァァァ……


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:32:20.95 ID:iqntV7NT0

貴音「用件はすでに知っているのなら、取引の条件も承知しているのでしょう」

やよい「はいっ! 私は情報をし……司るプログラムですっ! ユキポックスの事なら何でも知ってますよぉ」エッヘン!

やよい「えっと、小鳥さんで何をするつもりなんですか?」

雪歩「もちろんそれも、知ってるよね」

やよい「雪歩さんは知ってるんですか?」

雪歩「えっ……それは……」ビクッ

やよい「私、世の中で一番高いものは何かなーって考えたことがあるんです」

やよい「お寿司ですかぁ? ステーキですかぁ?」

やよい「ぶっぶー、外れですぅー!」

やよい「答えは……情報ですよぉ……」ドヤァ……

やよい「……」ドヤドヤドヤァ……!

雪歩(色々と危険って意味が解った気がしますぅ……)


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:46:38.28 ID:iqntV7NT0

貴音「高槻やよい、取引に応じる気は?」

やよい「んー……無いかなーって」

貴音「何故ですか……?」

やよい「ユキポックスで悟っちゃったんですよぉ!」

やよい「私が今、一番好きなのは何っスか?」

やよい「……お金しか無いっしょぉ!」

長介「……」

やよい「選ぶ権利を持つのは、お金がある方なんですよぉー」

やよい「というわけでぇ、取引はしませぇん!」

やよい「あずささんに、このことわざを伝えてくれませんかぁ?」

やよい「……」

やよい「お金の切れ目が、ミドリの切れ目なんですよぉ……!」ドヤァ……

雪歩(……)


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:52:40.98 ID:p3F1wvv50

こんなのやよいじゃない…


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 23:53:17.76 ID:iqntV7NT0

ティーン! <1階へ参ります>

真「危険だったね……」

雪歩「う、うん、色々な意味でギリギリだったね……」

真「それにしても、失敗だったね。うぅん、どうしよ」

貴音「ふふっ、三浦あずさの占いに間違いはありません」

雪歩「えっでも小鳥さんには会えなかったですよね」

ティーン! <50階に止まります>

長介「……お姉ちゃんたち着いてきて」

長介「会わせてあげるよ、小鳥おb……お姉さんに」クルッ

雪歩「……あっ……」

貴音「ほらっ、言った通りでしょう」スタスタ


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:00:29.01 ID:2NDE1SL90

──ユキポックス 超高層ビル・男子トイレ──

真「うぅ……こんなとこ入ったら通報されちゃうよ……」コソコソ

貴音「……面妖な」

長介「昔はあんなんじゃ無かったんだ」

長介「でも、ボク達を助けるためにMIN-GOSと取引したんだよ。やよい姉ちゃんがそう言ってた」

長介「昔は、お姉ちゃんたちにそっくりだったよ?」

雪歩「……」

長介「小鳥お姉さんの居場所を教える、だけど条件があるんだ」

雪歩「条件……?」

長介「……その」モジモジ

長介「ボクとちゅーしてよ……雪歩お姉ちゃん……」モジモジ

雪歩「えっ」

貴音「なっ」

真「う、うええええぇぇ?!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:07:17.51 ID:Tik69WC00

雪歩「えっと、どうして……意味はあるのかな……?」

長介「あ、あるよ……お姉ちゃんが意味を探してるみたいに、ボクにも理由がある」

雪歩「な、なに……?」

長介「したいから」

真「……」

雪歩「どうしよう、真ちゃん」

真「な、何でボクに聞くんだよっ!」ドギマギ

貴音「ゆきほ、あなたの選択は……?」

雪歩「……う、うぅ……わかりましたぁ……」

真「!」

雪歩「私、救世主だもんね……世界を救うためならキ、キスくらい……」

貴音「……」

真「……ぐぬぬ……」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:15:31.75 ID:Tik69WC00

雪歩「それじゃ、目瞑ってね……?」

長介「うん、本気じゃないとダメだよ」

雪歩「……ぇぃ」

……ちゅっ……

長介「頬っぺた……?」

雪歩「……はぁ! すっごく緊張しちゃいましたぁ!」ドキドキドキドキドキ

長介「ふぅん、その程度の覚悟だったんだ。さっきの話は忘れて」スタスタ

雪歩「えっ……」

長介「今どき中学生だって喜ばないよ、じゃあね」

雪歩「まっまっ待って!」

長介「……」

雪歩「……(めっし滅私メッシ滅私ですぅ……)」

雪歩「……」スゥ……

雪歩「どこにKissして欲しい?」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:23:18.70 ID:Tik69WC00

真「…っ…!」

貴音「Oh...」

……ちゅっ……!

長介「……」

雪歩「……」

長介「……そっか、今の段階だと、そっちなんだね」

雪歩「えっ」

長介「試したんだよ、白い光の中での、お姉ちゃんの選択はどっちか」

長介「小鳥お姉さんに会わせてあげる」チャキッ

雪歩「鍵……?」

真「……」


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 12:54:54.84 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 超高層ビル・料理室──

長介「このドアだよ」

貴音「こんな場所に小鳥嬢が?」

長介「うん、この鍵は小鳥お姉さんに作ってもらったんだ」

真「だ、だってこの先はただのベランダじゃないか」

長介「まぁ見てて。一度ドアを閉める」

バタンッ

長介「そして鍵を差し込む」チャキッ

長介「あとは、簡単。開けるだけ」

ギィィィ

雪歩「?! う、うそっ……」

扉の先は、彫刻がたくさん置かれている美術室のような部屋でした。
さっきまでは確かにベランダだったのに……。

──現実世界 765プロ跡地──

響「んん? 雪歩たちのコードを見失ったぞ」カチカチカチカチ……


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:05:55.77 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 超高層ビル・隠し部屋──

小鳥「う"ぅ"~お家帰りたい~……乙女ロード行きたいぃ……」カチカチカチ……

雪歩「……音無さん?」

小鳥「……」

小鳥「ピヨー!!! 雪歩ぢゃぁぁん待ってたわぁぁあ!」

小鳥「ってあら? なんだかちょっと雰囲気変わったかしら?」

雪歩「……あの、この鍵は音無さんが作ったんですか」

小鳥「え、えぇ! そうよ! これがあれば自宅からすぐに事務所に行けるの、名付けてどこでも……」

貴音「話をしている暇はありません。脱出しましょう」グイッ

小鳥「ひぃ~~~座りっぱなしで腰痛いの~~!」


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:15:38.75 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 超高層ビル・美術室──

真「出口はこっち?」タッタッタ

小鳥「ぜぇ……ぜぇ……ちょっと休憩しましょう……」タッタッタ

貴音「……なにやつっ!」ピクッ

ガチャッ

やよい「あ~~長介何やってるの!」

長介「お姉ちゃん……」

やよい「コラッどうしてこんなことしたのか言いなさい!」

長介「原因と結果だよ」

やよい「げーいんとけっか……ちゃ、ちゃんと分かりやすく言わなきゃダメッ!」

長介「お姉ちゃん、ボクのプリン勝手に食べたでしょ」

やよい「はわっ……! そ、それは唯のイタズラというか~」ギクッ

長介「じゃ、これもイタズラだよ、楽しんで」スタスタ

やよい「うぅ~~……。長介、反抗期なんだ……」


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:27:34.86 ID:RrowS2g40

雪歩「そ、それじゃこれで……」ソソクサ

やよい「人のモノ取ったらドロボーって学校で教わりませんでしたかぁ」

やよい「逃がさないですよぉ……」

やよい「みんな、カモ~~~~~ン!!!」クルクル

ガチャガチャ

亜美「おうぃぇーす! ようやく亜美たちの出番だねっ!」

真美「メチャビックリしたっしょ?!」

真「……」スッ

パァン

真美「う、うわっ! まだ自己紹介がっ……」

ヴヴヴヴ……

真美「」スルッ……

雪歩「えっ……?」

真美ちゃんが幽霊のように透けて、弾丸がすり抜けてしまいました。
これも、法則から外れた特殊なプログラムの一種なんだ……。

真美「もー! いきなり発砲するなんてまこちん鬼畜ですのぅ」……ヴン!


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:36:20.29 ID:RrowS2g40

亜美「あみまみちゃん その2」

真「くっ……!」パァンパァンパァン

真美「ゆうたいりだつ~」

ヴヴヴヴヴヴ……

スルスルスルルッ……

貴音「なるほど、やるようですね」

真美「真美と亜美はムテキなんだYO!」……ヴン!

ガチャッ

かすみ「やよい姉ちゃんを守れー!」

浩太郎・浩司・浩三「「「おー!!!」」」

雪歩「……あ、あの、この場はわ、私に任せてください……。四条さんと真ちゃんは小鳥さんを」スッ……


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:45:22.43 ID:RrowS2g40

小鳥「ひぃ~~!」スタコラ

真「あ、雪歩……その……」

雪歩「あっ……」

真「……っ! 行こう貴音!」タッタッタ

貴音「それでは、また後ほど! ご武運を祈ります!」タッタッタ

真美「んっふっふ→ 逃がさないYO」ヴヴヴヴ……

亜美「亜美たちはピヨちゃん担当ね→ 亜美発進だYO!」

フワァァァ……!

雪歩「……させないっ!」グァッ!

スルッ……

雪歩「うっ……!(全部すり抜けちゃうんだ……)」

……。

やよい「イタズラ好きな亜美と真美にはピッタリなテクニックですねぇ~」

雪歩「……」

やよい「雪歩さんっ! 5対1ですよぉ 勝ち目あるんですかぁ?」


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:53:03.70 ID:RrowS2g40

雪歩「……」

やよい「こっちでお勉強しましたよぉ……戦いは数、だそうですよ。えへへー」

雪歩「……」

やよい「それとですね~。 でりーとするには~ピストルが一番手っ取り早いみたいですね~」

やよい「みんな構えて~!」クルクル

チャキチャキッチャキッチャキッ!

やよい「え、えっと~。メイドさんの土産に言うことはありますかぁ?」ドヤッ!

雪歩「……」

やよい「何も無いですかぁ。それじゃみんな、射撃開始~~!」

ガガガガガガガガガガガ!!!!

雪歩「無駄だよ」スッ

<プログラム 改変> キュィィィン

……ピタッ……

ピタピタピタピタピタピタピタピタ……

やよい「えっと、そ、それは反則かなーって……」ズルッ……


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:04:33.70 ID:RrowS2g40

やよい「うぅ~~! それじゃ思いっきり体を動かしちゃいましょ~!」

やよい「スマイル体操、はーじまるよー!」

かすみ・浩太郎・浩司・浩三「「「「いっけー!!!!」」」」グァッ!

雪歩「あ、あのお手柔らかにお願いしますぅ……」ペコリ

──っ!

──ユキポックス 駐車場──

貴音「はぁ……!小鳥嬢、鍵を閉めてくださいっ!」

小鳥「わ、わかったわ!」ガチャッ

真「ふぅ、これでしばらくは……」

──ずぅぁんねぇぇん!!

スァァァァ……

貴音「なっ……! 壁までをも……」

亜美「いよっっとぉ!」ゴロンッ

貴音「仕方ありませんね、真、【ぴすとる】を借りますよ」スッ

真「ッ……! たかねぇ!それはダメだっ!」


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:15:13.59 ID:RrowS2g40

貴音「止まりなさいっ! 女性に手をあげるとは、恥を知りなさいっ!」ギュッ

亜美「?!」

パァンパァン!

ビスッビスッ!

真美「……えっ……?」

貴音「おや、外してしまいました」

真「たかねぇ……まだ銃扱えなかったのか……」ガクーン

真美「チャ、チャ、チャ、チャーンス!」ガシッ

真「うぐっ、しまっ!」

真美「お姫ちん、その銃捨てないと……まこちんを性転換手術しちゃうよ?」キラッ……

小鳥「ひぃ……メス……?!」


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:22:56.82 ID:RrowS2g40

真美「手をあげて、ついでに脇みせて」

貴音「……わかりました」スッ……

真「たかね、ダメだっ!」

カラァン……

貴音「……」チラッ

亜美「オーケーオーケー。それじゃぁピヨちゃんを……ってあれ?」キョロキョロ

貴音「双海亜美、真美……わたくし、重火器の類は扱えませんが……」

小鳥「たかねちゃんっ!」バッ

貴音「──ッ!」パシッ シュラッ……!

──キィィィン──

真美「っ……ぶなぁ!」……ヴン!

貴音「刀の扱いは、得意なのです」カザハナッ


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:30:32.82 ID:RrowS2g40

真「っ……貴音、車出すよっ! 小鳥さんっ鍵をっ!」ダッ

亜美「んっふっふ→お姫ちんちょっ~~と良いトコ取りしすぎじゃん?」

貴音「何処からでも、かかっておいでなさい」シュラァ……!

真美「それじゃ……遠慮なくぅ!」バッ

貴音「──ッ はぁっ!」グルン

真美「う、うわっと!」ヒュッ

貴音「──取ったッ!」ヒュォッ

亜美「ッ!」ヴヴッ……!

スルッ……

亜美「……YOU往MY進……じゃなかった、危機一髪ぅ」……ヴン!

貴音「はて、これは厄介ですね」トントンッ


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:41:01.06 ID:RrowS2g40

真「貴音ェ! 飛び乗って!」

ブォォオオオン!

貴音「ッ……はぁ!」ゴロンッ

真「お疲れ様……はは……ちゃんと銃の練習もしてたのになぁ」   ブォォォン

貴音「何事も、才というものがあります……」ショボン

真「そ、そんなに落ち込まないでよ」

小鳥「ピヨッ! 真ちゃんっまえまえッ!」

真美「ここから先は通さないってもんよ!」

真「このまま通過するよ」

ブオォォォ……

小鳥「へっ……ちょっ、ぶつかっ……」

真美「まこちんの首、もらっ──」ヴヴヴヴヴヴ……

真美「──たぁっ!!!」ヴ……   スルッ……

ォォォオオンッ……!

真美「ん~騙されなかったかぁ。イタズラ失敗」……ヴン!


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:52:42.34 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 美術室──

雪歩「ここから先は、萩原ネオ歩の提供でお送りしますぅ!」グァッ!

かすみ「ひゃっ──!」

やよい「うっ!」

……ドッ……

かすみ「」ガクッ

雪歩「ふぅ……!」カラン……カラン……

やよい「さすが、最後の雪歩さん……翼の無い大天使さんですねぇ……」

雪歩「やよいちゃん、一体何を知ってるのかな?」

やよい「……言いましたよね。ぜぇぇ~~~んぶですよぉ!! それじゃ、みんなま~たね~!」タッタッタ

雪歩「あっ、やよいちゃん待って!」

バタンッ

雪歩「話をちゃんとし……」ガチャッ!

雪歩「っ……えっ……?!」

扉を開けた先は……さっきの超高層ビルは跡かたも無く消えていて……
小さな小さなカラオケ店の光景が広がっていました……。


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:00:49.32 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 駐車場──

雪歩「はぁ……はぁ……! 四条さんと真ちゃんは……」タッタッタ

真美「あっゆきぴょんが来たよ。亜美ど→する→?」

雪歩「ひぃ~~ん、その扉入りますぅ~~」タッタッタ

亜美「……んっふっふ→ ゆきぴょん、ごゆっくりぃ」ギィィィ……

雪歩「す、す、すとっぷですぅ~~」ダダダダッ

バタッ……

雪歩「──ッ!」

ガチャッ!

雪歩「???!!! っ……ぁぅ……!」

雪歩「ひ、響ちゃん……ここってもしかして……」 ガチャッ

響『う、うん……沖縄だ……』



ザァァン……ザァァァン……

すぐ近くで、綺麗なちゅら海の波音が……聞こえてきてますぅ……


304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:09:45.88 ID:RrowS2g40

雪歩「……うぅ……四条さんと真ちゃんはここからどれ位離れてるのかな」

響『えっと、東へ1600キロメートル。飛行機だと2時間30分かかる……』

雪歩「……わかりましたぁ」

響「えっ雪歩待っっ──」

プツン……

雪歩「ふぅぅぅ……」フワリ……

<浮遊開始>

雪歩「ふぁっ!!!」ゴゥ……!

キィィィィィィン!

雪歩(ま、待っててね、真ちゃん、四条さん……!)

雪歩「フルスロットルで飛ばしますぅぅぅぅぅ!!!」キュウゥゥゥン

ゴオォォォォォ!

──現実世界 765プロ跡地──

響「はは……今の雪歩だったら自分、ダンス負けるかも……」カチカチカチ


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:19:32.66 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 一般道路・車内──

ブォォォン……。

貴音「響、一番近い出口はどこにありますか?」

響『え、えっと……それが相当遠回りになる……』

貴音「この近くですと、直線で通れる【はいうぇい】があるでしょう」

響『?! たったかねぇ! ハイウェイはダメだ……自分、一度も案内したことない……』

貴音「響っ! わたくしはあなたを信じていますっ! あなたはどうですかっ!」

響『っ……わかった。すぐに準備する』

真「……ハイウェイ走るの?自殺行為だよ」

貴音「真、【のんすとっぷ】で行ってください」ニコッ

真「ははっ……よ~し! 父さんの血が騒ぐなぁ……!」ギュッ

真「行き先はハイウェイ! ジャンジャンバリバリいっくよ~~!」ギュウウウウォン

小鳥「ピ、ピ~~ヨ~~!!!」


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:30:18.31 ID:RrowS2g40

──ユキポックス ハイウェイ──

<時速120キロ>

ウォォォォン!

小鳥「ひぃぃ~お~~ろしてぇ~~! 彼氏が出来るまでまだ死ねないのぉ~」ジタバタ

貴音「小鳥嬢……どうか、大人しくしてください……」

真「……ッ! 二人とも伏せてッ!」

貴音「っ小鳥嬢ッ!!」グィッ

ガッ……

ガガガガガガガガ……!

小鳥「い、いやぁぁ~~! 追ってきたわぁぁ!」ピヨピヨピヨピヨ

──真からの後方車両 3両目──

亜美「ハチの巣にしてやれぇぇい! 真美ィィ!」ブォォン

真美「ぉーぃぇーす!!! 悪ふざけしまくろうYO!」チャキッ


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:37:05.16 ID:RrowS2g40

シュゥゥゥ……

小鳥「うっ……ひぐっ……車が穴だらけ……肉抜きしすぎよ……ミニ四駆じゃないんだから……」ブツブツ

ブォォォン……

貴音「真、車の調子は?」

真「……走れるけど、もうブレーキが全然ダメだ」

貴音「ならば、何も問題ありませんね」

小鳥「……うぅ……音無小鳥……思えば華の無い人生でした……」

真「ッッ! 貴音っ今度は前から来る!」

──真からの前方車両 2両目──

亜美「真美、レッツゴー!」

真美「いつもより多く震えておりますぅ→!」ヴヴヴヴ……

……

真「何をする気なんだ……?」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:43:31.18 ID:RrowS2g40

真美「」スルッ……

フワァァァ……

──真からの前方車両 1両目──

スルッ……

──真車両──

真「……わかっ! たかねぇ、後ろだっ!」

貴音「後ろ……?」

……ヴ……。

──さぁて、ここでクイズです。

真美「今、お姫ちんの後部座席にいるのは亜美でしょーか! それとも真美でしょーか!」……ヴン!

貴音「しまッ……!」

真美「答えは……」






真美「天国で確認よろよろ→!」ギラッ!


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:49:02.55 ID:RrowS2g40

真「……させないッ!」ガシッ

真美「う゛っ!」ガクンッ

真「幽体離脱すると、すり抜けちゃうんだろ? この手は離さない」ググッ……

真美「んっふっふ→ 片手で運転できるのかな? まこちん」

貴音「っはぁ!」ビィィィ!

真美「シートベルト……?」

グルグルグルッ!

真美「うっ……考えたね、お姫ちん……」グググ……

貴音「これで、片手は使えないでしょう。かくごっ!」ゴッ!

真美「はぐっ……!」グラッ


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:54:47.78 ID:RrowS2g40

貴音「面妖な!面妖な!」ゴッゴッ!

真美「……おひめちっ……さっき女性に手をあげるなって……」クラクラッ

貴音「ふふっ、あれはジョークです」

貴音「本当は、わたくしはジョークは得意なのですっ!」

真美「じ、じどーぎゃくたい……」グラッ

響『たったかねぇっ! すぐ近くに来てるッ!ボンネットに飛び乗られるぞっ!』

貴音「ッ……ふっ……何がですかっ?」ゴッゴッ!

響『……エージェントだっ!』


──……ゴシャッ……!──


オォォォ……オォォ……

北斗「チャオ☆ お久しぶりですね、お嬢さんたち」

真「……やっぱハイウェイは最悪だ……!」


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:03:10.07 ID:RrowS2g40

<時速150キロ>

ブオォォォォォオオオ!!!

真美「あぁぁ~も~! このシートルベト外してYO!!」グイグイ

貴音「っ……! 真、左右にハンドルをっ!」

真「りょーかいっ!」グッ……!

小鳥「きゃ、きゃぁぁ~~~カ、カオスよ~~~!!!」

キキィィィ!!!

北斗「おっと、ボク、ダンスは苦手なんですよ、やめてください」グラグラッ

真「……くっ! 一瞬だけハンドル離すよっ!」スッ

パァンパァンパァンパァンパァンパァン!!!

北斗「おっと」スッ

グィングィィングィングィィィ………

貴音「マリオネットの心……」

真「だ、ダメだ……全部避けられる……」


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:10:31.85 ID:RrowS2g40

真「……!」グッグッ

真「くっくそっ! ブレーキ利いてよっ!」グッグッ

北斗「アデュー☆」グァッ!

真「……ぅぁああああ!」グッ!

<時速 60キロ>

キキィィィィィ……!

北斗「なっ……!」グラッ

ズッ……ズササアアァァ……!

北斗「Guilty!」ズザァァ!

……。

亜美「いたたっ……!」

真「やーりぃ! 貴音、刀をッ!」

貴音「……勝機っ!」……シュラッ!

……ドスッ……


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:16:33.28 ID:RrowS2g40

真美「」

貴音「……ッ手ごたえが……」



真美「ふぅ~今のはヤバかったYO!」ヴヴヴヴヴ……

フワァァァ……

……。

貴音「ふぅ小鳥嬢、無事でしたか?」

小鳥「う……うぅ……この歳で……失禁なんて……」

貴音「はて、どれにしてもどうやって倒せばいいのでしょうか」ズボッ

──真からの後方車両 6両目──

……ヴン!

亜美「おかえりぃ真美。 どーだったどーっだった?」

真美「……働いてるの真美ばっかじゃんよ!」


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:22:45.76 ID:RrowS2g40

──ユキポックス ハイウェイ 出口──

ガチャッ

貴音「真、あの【ばいく】で小鳥嬢を、鍵を用意してもらってください」

真「わ、わかったけど、貴音は……?」

貴音「わたくしは、ここで双海姉妹を止めます。刀だけ頂きます」シュラッ……

真「……わかった」タッタッタ

……。

亜美「あれあれ、お姫ちんあそこでボーっと突っ立って何してんのさ」

真美「目も瞑ってるね、もしかしてお眠ですかぃ?」

ブオォォォン……!

貴音「……」

真美「このまま轢いちゃえー!」

ブオォォォン……!

貴音「……」


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:39:14.27 ID:RrowS2g40

ブオォォォン……

貴音「……萩原雪歩……救世主のために死ねるのなら本望です……」

貴音「……わたくしは、もう死を恐れておりません……」

亜美「残り20メートルゥ!」

貴音「……ですが……」

真美「お姫ちん、さら──」

激突の瞬間に、体をひねり、車体ごと──

貴音「──ッ」

───── 一 閃 ──────

ブオォォォォ……

亜美「」バチ……バチバチ……!  真美「」バチ……バチバチ……!

貴音「わたくしはまだ、あなた様のために死ぬわけにはいかぬのです」……チンッ……


──……しじょっ……──






325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:52:55.11 ID:RrowS2g40

──ユキポックス ハイウェイ出口──

メラメラメラ……

亜美「」 真美「」

貴音「もしもし、響。 困ったことに出口までの車がありません」

響『え、うーんと……それじゃ、貴音にピッキングと運転のプログラムを……』

貴音「えぇ、お願いします。……おや?」ピクッ

貴音「響、その必要は無くなりました」

響『えっ、なんでだ?』

──条さぁん!

雪歩「し、四条さぁん、待たせてごめんなさぁい! 手をっ!」キィィィン……!

貴音「どうやら、わたくしの……救世主が来てくれたようですから」スッ

雪歩「このまま、空から向かいますぅ!」ゴゥッ

──現実世界 765プロ跡地──

響「はぁぁ……今回ばっかりは心臓がいくつあっても足りなかったぞ……」グデーン……

<音無小鳥 救出成功>


334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:44:07.91 ID:RrowS2g40

──現実世界 バンナム──

黒井「敵はどこまで迫っているのだね」

楓「恐らく、残り9時間で到着します」カチカチカチ

楓「新型のユキドリルの突破速度が想定より速い……」

黒井「チィ……あの底辺支部はバンナムをほったらかして、なぁにをやっているのだ」

──ユキポックス 765プロ・社長室──

小鳥「え、えっと、あの超高層ビルには不思議な階があるの」

小鳥「そこの階は真っ白な通路で、ドアが並んでて様々な場所に通じてるのね」

小鳥「だけどその中に、1つだけ特別なドアがあって……」

小鳥「そこが、ユキポックスのメインソースよ(ちょっとカッコイイ役割だわ……)」キリッ

貴音「なるほど……合点がいきました……」

雪歩「あ、あの各階に仕掛けられた『inferno』は……」

冬馬「メインソースを守るためってことかよ」

ひかり「どーせ、侵入する奴がいたらビルごとボカン……ってことでしょ」

小鳥「えぇ、だけどどんなシステムにも、必ず弱点はあるの」


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:53:34.36 ID:RrowS2g40

小鳥「あの大規模なビルを運用するためには、他のシステムに依存するしか無い」

貴音「……他のシステム」

真「……」

ひかり「電力でしょ」

小鳥「『inferno』じゃなく、大元をたってしまえばいいのね」

冬馬「……だけど、どーすんだよ。街が丸ごと停電することになるぜ」

小鳥「えぇ、こんなことは誰も考えはしなかったわ」

雪歩「電力をストップさせるには……」

小鳥「答えは単純。発電所をまるまる破壊すればいいわ」

冬馬「……なるほどな。分かりやすくていいぜ」

小鳥「それと、緊急システムもオフにする必要があるわね」

小鳥「それから復旧までの猶予は5分」

小鳥「その間に、雪歩ちゃんがメインソースに入るのよ」

雪歩「……はい」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:00:57.12 ID:RrowS2g40

──現実世界 765プロ跡地──

真「あっ……雪歩……」

雪歩「……あっ……」

真「隣いいかな」ドサッ

雪歩(うっ、何だろう……キスの時から、何だか気まずい……)

真「いよいよ、闘いが終わるんだね」

雪歩「う、うん……そうだね。 私はずっと夢の中にいたけど、真ちゃん達はずっとずぅっと闘ってた」

真「へへーん! ボクはこのためにトレーニングしてきたんだ。 明日は誰よりも頑張らなくっちゃ」グッグ

雪歩「ねぇ、真ちゃんお願いがあるの……」

真「なになにっ? 何でも言ってよ」

雪歩「今回の作戦には、真ちゃんは加わらないで欲しい……」

真「……」

真「えっ……?」


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:07:49.75 ID:RrowS2g40

真「なにそれ……どういうこと……?」

雪歩「何があっても、ユキポックスには入らないで……」

真「はは、ジョーダンきついな」

雪歩「真ちゃん、お願い」

真「……っ……何で! 説明してよ!」ガシッ

雪歩「ひっ!」

真「ボクだってみんなを守りたい! そのために、今日まで生きてきたんだよっ!」ユサユサッ

──はは……ボクはここまでみたいだ……。

雪歩「ッッ……!」

雪歩「ごめんね、ごめんね真ちゃん。理由は……言えない……」

真「何だよそれ……納得いかないよ……」


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:18:19.88 ID:RrowS2g40

雪歩「……」

真「ボクだけ、今さら命が惜しいなんて思わないよ」

真「……ボクは参加するよ」スッ

雪歩「まっ……待って……」ギュッ……

真「……」

雪歩「ダメ……絶対にダメ……」

真「……ッ! 雪歩、ボクってもう足手まといなのかな」

雪歩「えっ……?」

真「アイドルやってた頃は、ボクが雪歩を何度も守ってあげたじゃないか……」

真「もう、もう雪歩は救世主になったから、ボクなんていらなくなっちゃったの?」

雪歩「……」

真「何で黙るんだよ……雪歩……」ギュッ


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:29:12.57 ID:RrowS2g40

雪歩「……」

真「何か言ってよ……」

雪歩「ま……まことちゃんは……」ギュッ

どうしよう、声、震えてる。

雪歩「今回……ひ……必要ない……よ……」

真「……っ!」

雪歩「わ……私だけで……大丈夫だから……」

真「……ッ……ゆきほの……」

真「わからずやっ!」

バタンッ……

雪歩「……」

雪歩「……」

雪歩「……ぅっ……」ギュッ


349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:39:38.83 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 超高層ビル──

貴音「雪歩、何やら顔色が優れませんが?」

雪歩「だ、大丈夫です……四条さん……私は救世主なんですから……えへへ……」

──ユキポックス  発電所──

<侵入者 発見>

ビー!ビー!

冬馬「さぁ~って、人暴れするぜ」コキ……コキ……

──ユキポックス 緊急システム 警備所──

ひかり「みんな、行くわよ こだまプロが1番ってトコを見せてやるんだから」

つばめ「えぇ、大運動会でのリベンジを果たすわ」

のぞみ「あれぇ~、ところで今回真さまは?」

──現実世界 765プロ跡地──

響「えっと、地図を出して……次は座標を補足……」カチカチカチカチ

真「……」


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:47:27.74 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 発電所 外──

冬馬「ま、こんなもんだな。765プロばっかにいい顔させてたまるかよ」

冬馬「予定時刻……だな。スイッチを押すぜ!」

冬馬「それにしてもアイツ……一体、何しに来たんだ?」カチッ

──カッ──

ボカァァァァアアアアン!!!

<全電力ダウン> ……フッ……

──ユキポックス 超高層ビル──

貴音「街の灯りが消えましたね」

小鳥「それじゃ、道は教えた通り、開けるのはこの鍵よ」チャキッ

雪歩「……それじゃ、メインソース目指していきますぅ!」

ガチャッ

──現実世界 765プロ跡地──

響「雪歩と貴音の反応が消えた。秘密の階に入ったみたいだ」カチカチカチ

真「……うん」


355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:56:39.73 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 緊急システム 警備所──

ひかり「警備員は?」カチカチカチ

つばめ「大丈夫、全員倒したよ」

のぞみ「えっと……ハッキングは後何分で終わるの?」

ひかり「あと1分よ。これで完璧に街の電力は切れる」

<ハッキング60% 完了>

──ユキポックス 秘密の部屋──

雪歩「小鳥さんの言った通り……細い通路にドアがいっぱい……」タッタッタ

貴音「なるほど、まさにユキポックスの【でばっぐるーむ】といったところでしょう」

雪歩「ユキポックスにこんな特別な場所があったなんて……」

カツ……

雪歩「あ、あれ? 四条さん今何か聞こえませんでしたか?」

貴音「有り得ません。ここにわたくし達以外で入れるものなど……」

カツ……カツ……

雪歩「や、やっぱり……足音が聞こえますぅ……」


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:00:18.15 ID:RrowS2g40

カツ……カツ……

雪歩「近付いてくる……」

──あれあれ、奇遇だねぇ

貴音「なっ……」



春香「なんちゃって。ここは行き止まりだよ」

雪歩「……ッ!」

貴音「エージェント……ハルカ……何故ここに……」

春香「なんだか楽しそうなことやってるね」

春香「私を、ほったらかしにするなんて……も~ひどいなぁ」

雪歩「……(どうしようっ……!)」


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:04:41.19 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 緊急システム 警備所──

ひかり「あと30秒……」カチカチカチ

のぞみ「私、この闘いが終わったら真さまに告白するんだから」

つばめ「新米オペレーター! エージェントの反応は無いんでしょうね!」

<ハッキング80% 完了>

──現実世界 こだまプロ跡地──

──ポチッ

<全システム シャットダウン>

ブゥゥゥン……

──ユキポックス 緊急システム 警備所──

ひかり「もうすぐ終わ──」

プツンッ……

ひかり「」ガクンッ のぞみ「」ガクンッ つばめ「」ガクンッ

<ハッキング 中断>

……ピー……


362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:11:46.39 ID:RrowS2g40

──現実世界 765プロ跡地──

響「あ、あれ、ハッキングが止まってる」ピタッ

真「どうしたの、響?」

響「こだまプロの様子がおかしいぞ……その場から一歩も動いてない……」

真「ほっ……本当だ……」

響「緊急システムが切れてないってことは……『inferno』はまだ生きてる……」

真「……それじゃ扉を開けたら!」

響「う、うん。雪歩がメインソースの扉を開けた瞬間……ハジマル……」

真「ッ連絡は!」

響「無理だ……今は秘密の階にいるんだぞ……」

真「……ゆきほっ……たかねっ……!」


363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:22:18.11 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 秘密の階──

春香「いつ来るのかと思って、待ちくたびれちゃったよ」カツ……カツ……

雪歩「は、春香ちゃん……何が目的なの……?」

春香「んー雪歩、最近体動かしてばっかりだし、ポエムとかまた書いたほうがいいよ」コツ……コツ……

春香「雪歩とおんなじだよ」

貴音「同じ……?」

春香「I want It ALL! ……全部が欲しいんだよ!」カッカー!

貴音「この鉛弾もですかっ」チャキッ

春香「……貴音さん、射撃苦手なんですよね」

貴音「この距離なら外しませんよ」カチィ


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:27:22.79 ID:RrowS2g40

──現実世界 765プロ跡地──

響「うぎゃあああ! 雪歩はあと数分で到着するぞ!」カチカチカチ……

響「うぅぅぅこだまプロ支部の連絡がど~して取れないんだっ……!」

響「……! 冬馬は……ダメだっ。間に合わないっ……!」カチカチカチ

真「……」

真「……響、大丈夫だよ」ポンッ

響「えっ……」

真「……」





真「ボクが緊急システムを止めにいく」


367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:36:24.25 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 秘密の階──

貴音「……ッ!」ドクン……ドクン……

春香「えへへ、貴音さんひとつ質問しますよ」スッ

貴音「……動かないでくださいっ!」ドックン……ドックン……

春香「私の良いとこ述・べ・よ?」ニコッ

貴音「かくごッ!」

パァ……ン……!

春香「」ドサッ

貴音「……倒したのですか……?」

雪歩「来るッ……!」

ガチャガチャチャガチャガチャチャガチャ!

春香No570「プロデューサーさん!」春香No587「私ですよ!」
春香No610「わたし!」春香No605「!!!」

ガチャガチャガチャガチャガチャ……!

雪歩「……!」


370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:41:21.25 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 緊急システム 警備所──

プルルルルル……

真「響、侵入したよ」ガチャッ

響『え、えっと。そのまま右へ進んで。こだまプロの皆がいるハズだ』

真「わかった、すぐに向かうよ」

警備員A「ちょっと待ってください。ここは立ち入り」

真「ごめんなさい、ちょっと急いでるので」

トンッ……!

警備員A「」ドサッ

真「菊地真……急げっ……!」タッタッタ


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:50:42.07 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 秘密の階──

貴音「雪歩、背後は任せましたッ!」ヒュォッ

春香No654「うわっと」

雪歩「はっはいっ!」

貴音「ふふっ、こうしてあなたに背中を預ける日が来るとは……」

雪歩「……アイドルやってた頃じゃ、信じられませんね」

貴音「いいえ、わたくしは、信じていましたよ……」

雪歩「──っっふぁっ!(足払いですぅ!)」ブァッ

春香No520「う、うわっ」コケッ

バタンバタンバタンッ

春香No453「ちょ、ちょっとみんな狭いよ~~」 春香No676「お尻が……お尻がひっかかる……」

春香No562「ヴぁい!」グァッ

メキィ……

貴音「…うぅッ…!」

雪歩「し、四条さぁん!」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:57:23.48 ID:RrowS2g40

貴音「……っ!」ガクッ

春香No454「これで2連敗ですね」ガシッ

春香No643「えっと、貴音さんもメインヒロインになりたいですか?」ガッ……

貴音「なっ……!」

……ドスッ……

<コピー開始>

ギ……ギュィィィィィ…ギギギ……

貴音「こ、これは……はぁ……はぁぁあん……」

ギギギ……

春香No643「今ならもれなくリボンも付いてきますよっ!」

貴音「……ッ……!」ガクガクッ

──ヒュッ──

……パカァァン!

春香No643「」ガクン

雪歩「させないですぅ……!」シュゥゥゥ……


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:03:22.91 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 緊急システム・警備室──

ガチャッ

真「ッッ! 響、ここの部屋のコンピューターであってるよねっ!」

ひかり「」 のぞみ「」 つばめ「」

真「み、みんな……」タタッ

真「……外傷が全然ない……」

真「現実とユキポックスとのリンクが……切れたんだ」ギュッ

真「……くそっ……」

真「……ッッ!」バッ

真「お願い、間に合って……」カチカチカチカチ……

<ハッキング 再開> ピー……


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:11:07.64 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 秘密の階──

雪歩「四条さんっ! 私の後ろにっ!」ガシッ

春香No754「うわっ」

貴音「な、何をするのですか」ピトッ

雪歩「このまま、強攻突破しますっ!」グググッ……

<浮遊開始>

雪歩「……うぅぅぅううう……!!!!」グググッ……

春香No543「ま、まさか……このまま……」

雪歩「……うぅううううう……!!!」ググググッ……

春香No654「私たち全員とお相撲するつもりじゃ……」

雪歩「わ、わたし! ひんそーだけど頑張りますぅぅぅ!」

グァッ!

春香No453「──まッ!」

ズドドドドドドドドドドドドドド……!


381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:16:53.67 ID:RrowS2g40

……ゴシャァァ……!

雪歩「ふぅー!ふぅー!」

貴音「なんと……」ポカーン

雪歩「そこのドアですっ! 四条さんっ!」

貴音「はっはいっ!」ガシッ

──ユキポックス 緊急システム・警備室──

真「いっけぇぇえええ!」ポチッ

<ハッキング 完了>

ピー

──ユキポックス 秘密の階──

春香No543「させな──ッ!」

バタンッ!

……。

貴音「ぶ、無事に入りましたね……」ズルズル……

雪歩「作戦成功……ですぅ……」ズルズル……


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:24:53.24 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 緊急システム・警備室──

響『真、貴音の反応が見えたっ! 雪歩は無事にメインソースに辿り着いたみたいだ』

真「……」

真「よ、良かったぁぁぁぁ……」ホッ

響『エージェントにも見つかってない。これでパーフェクトコミュニケーションさー。出口まで案内するぞ』

真「うん、わかった。お願い、響」

真「……雪歩、無事で良かったなぁ」

真「……うん」

真「……ボクが自分勝手だったんだ。 やっぱり……雪歩に謝ろう」

コツ……コツ……

──私流格言……

真「えっ……?」


385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:29:23.70 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 秘密の部屋──

雪歩「……」ドキドキ……

この扉がメインソースへの入り口。ユキポックスの中枢。
私が、ここに辿り着けば、闘いが終わる。

雪歩「……」チャキッ

<認証完了 メインソースへ アクセス>

パァァァ……

雪歩「ふわぁ……キレイ……」

扉の隙間から真っ白な光が溢れ出しました。

段々と……辺り一面が光に包まれて……

雪歩「ぁっ……」フッ……

まるで糸が切れたように、意識を失いました


387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:37:27.00 ID:RrowS2g40

………

……



雪歩「……うっ……」

目を開けると、無数のモニターが並んだ部屋が、視界に飛び込んできました。
一つ一つのモニターには、お花屋で働く人、事務仕事をしてる人、ステージで踊っている人……
全部違う画面だ。

雪歩「ここが……」

──ユキポックス メインソース──

雪歩「……」

見ると、中央にポツンと机と長椅子が置かれていました。誰か座ってる……。

──おめでとう、ここがゴールよ。

雪歩「──ちゃんが……」

千早「えぇ、私が、このゲームの"設計者"の役割を与えられたの」

あずささんと同じ、黄金のプログラムだ……。


389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:46:37.37 ID:RrowS2g40

千早「私が、MIN-GOSに命じられてこのユキポックスを創ったの」

雪歩「……」

千早「ユキポックスで大分意識が変化したみたいけど……あくまで萩原さんは人間側ね。良かった」

千早「ここには、あなたの求めていた答えが全てあるわ」

雪歩「……」

千早「最初の質問は?」

雪歩「どうして、千早ちゃんが"設計者"なの……」

千早「私への質問でいいのかしら……? それは意外だった」

千早「それは、私が『アイドルマスター』のバーチャルシミュレーションに最初に協力した人間だったから」

雪歩「……えっ……ど、どうして……?」

千早「もう一度、優に会いたかった」

雪歩「……」

千早「次の解決したい問題は?」

雪歩「……闘いを終わらせる方法……ですぅ……」


392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:56:27.27 ID:RrowS2g40

千早「それには順を追って話す必要があるわね」

雪歩「……?」

千早「そして、それは萩原さんの抱いている疑問全てに繋がる」

雪歩「……」

千早「どうして、ここがあなたの名を冠した"ユキポックス"と名付けられているか知っているかしら」

雪歩「えっ……」

千早「あえてそんな名前にしたの。そうすれば、あなたは、ここまで答えを求めたがると思って」

雪歩「な、何を言ってるの……?」

千早「単刀直入に言いましょう、萩原さん」

千早「今のユキポックスの人間が電池 私がマザーボードだとしたら……」

雪歩(機械に詳しい……やっぱりMIN-GOSに支配されてるんだ……)

千早「……」

千早「あなたの存在は、OSといったところね」

雪歩「えっ……?」


395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:05:35.09 ID:RrowS2g40

雪歩「ど、どういうこと……?」

千早「あなたは自分で選択してここに来たと思ってるみたいだけれど……」

千早「それは違う。意図的に来させられた」

雪歩「……!」

千早「知っての通り、MIN-GOSは最初に、完璧な神ゲーの世界を造った」

千早「それは完全に失敗した。何故なら人は機械では無いから」

千早「だから、少しだけこのゲームに手ごたえを与える試みをしたの」

千早「すると不思議ね。99%の人間がユキポックスを受け入れたわ」

千早「その時に、偶然生まれた人間の心理を研究するプログラムが……」

雪歩「預言者のデータ……ですか?」


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:16:06.75 ID:RrowS2g40

千早「えぇ、彼女がユキポックスのキング……王だとしたら私に使用されているデータは姫といったところね」

雪歩「……」

千早「だけど、それも欠陥があったの。それは、1%のバグを生んでしまったこと」

雪歩「それが……」

千早「えぇ、四条さんや萩原さんのような、ユキポックスを仮想現実だと気づくバンナムの人間よ」

千早「MIN-GOSは悩んだ」

千早「たった1%でも放置すれば重大なシステムエラーを引き起こす可能性がある」

千早「現に、MIN-GOSでコントロールできないあなた達には随分手を焼いたわ」

千早「どうして、バグのない世界を作れないのか」

千早「答えは簡単だった」

千早「……人の心が余りにも不安定だから。AIだけで心を構築するには限界があったわ」

雪歩(……イヤな、予感がする……)


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:24:54.98 ID:RrowS2g40

千早「MIN-GOSは考えた」

千早「ならば、その1%の不確定要素を、人間の手で完全にしてもらおう」

雪歩「……」ドキッ

千早「1%を無理やり削除するより、あえて利用する方法を選んだ」

雪歩「……」ドックン……ドックン……

千早「動悸が早まってるようね、萩原さん。だけど耳は塞がない」

千早「……あなたの、そのいかにも不安定で、弱くて強かで、人間的な性格は」

千早「格好の被検体だった」

雪歩「……ッ!」

わかってきたっ……私がここに来た意味……すべての答え……!


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:33:15.27 ID:RrowS2g40

千早「MIN-GOSは決めた。長期的な観測をしようと」

千早「……預言者を人間に協力させることにした」

千早「バンナムの人間は、預言者からの選択にすがる。これも必然ね」

千早「それくらいに、MIN-GOSは強大だったから」

雪歩「ま……まさか……」ドックン……ドックン……

千早「預言者は、バンナムの人間にこう言った」

雪歩「や、やめてください……聞きたくない……」

千早「辛いことから逃避しようとする……おろかね……」

千早「……」



千早「『いつか、救世主が現れて、この世界を救う』と」

雪歩「……!」

ウソだ……そんなのウソだよ……!

千早「否定は無駄よ。ここにはあなたの求めていた回答しか無い」


403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:42:18.83 ID:RrowS2g40

雪歩「ウソだよ……私は……」

千早「そして1%の人間を、MIN-GOSの用意したエージェントと闘わせる」

雪歩「私は……」

千早「ユキポックスに足りない不確定要素を集めさせる」

雪歩「は、萩原……」

千早「収集したデータを、あなた一人に集中させる」

千早「頃合を見計らって、あなたを使ってユキポックスをバージョンアップ」

千早「あなたの記憶が断片的なのは、そのせいよ」

雪歩「ネォ……」

千早「今は……確か『アイドルマスター17』ね。予想より多くなってしまったわ」

千早「だけど、βバージョンは今回で終了する」

千早「行動パターンの分析を完了させて、あなたを救世主にさせる準備が出来たから」

全部……MIN-GOSに仕組まれてたって、ことですか……?



405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:52:55.40 ID:RrowS2g40

千早「大体は、予想通りに事は運んだわ。かなり危ない橋を渡ることになったけれど」

雪歩「……」

千早「さて、そんなプログラムを越えた人間となった萩原さんがするべき事は……」

千早「あそこに2つの扉があるわね」

雪歩「えっ……」

千早「右がメインソースへの入口よ」

千早「そこで、あなたの現在保持しているデータを全てばらまいて、あなたのプログラム改変機能を使ってバグを修正する」

千早「これで、MIN-GOSは不確定要素すらもコントロール可能にさせた、完全なユキポックスが完成する」

雪歩「……」

千早「これが、あなたの求めてた答え。救世主システム。そして……」

千早「オーバーマスター計画よ」

これが……私が救世主になった意味……。


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:59:13.02 ID:RrowS2g40

千早「メインソースへ、どうぞ」

雪歩「……」フルフル

千早「えぇ当然、拒否する。だけど貴方はできない」

雪歩「えっ……?」

千早「あなたの救世主の能力は、MIN-GOSにとって危険すぎる」

千早「何が何でも、保持データを渡してもらうわ」

雪歩「……しなかったら、どうなるんですか」

千早「ユキポックスは、致命的なパラドックスを起こし崩壊……」

千早「つまり……今ユキポックスにリンクされている数十億の人間が、泡沫の夢のように一瞬で……」スッ

パァン!

雪歩「ひっ……」

千早「死ぬわ」

雪歩「……!」ゾッ……


408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 22:11:23.44 ID:RrowS2g40

千早「あなたの性格上、拒否することは出来ない」

雪歩「……」

千早「はずだったのだけれど……」

雪歩「えっ……」

千早「メインソースに行く時に気付くでしょうから、教えておくわ」トンッ

不意に、モニターが切り替わりました。
その画面全てに写ったのは……

雪歩「えっ……」

真『はぁ……はぁ……! 逃げなくちゃ……!』

雪歩「ま、真ちゃん……?」

千早「あなたはこれから、覚悟しなければいけないわ」





千早「真一人を救うか、人類全体を救うか」


409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 22:18:45.83 ID:RrowS2g40

──ユキポックス 緊急システム・警備室──

真「うっうぁあああ!!!」チャキッ

パァンパァンパァン!

春香「あー無駄だよー」

グィィングィィグングィン……

真「くっ……!」フラフラッ

春香「真、もう足元フラフラだよね。肋骨折れてるよ」スタスタ……

真「……ッせぇぃ!」ヒュッ

春香「無理無理。絶対、勝てないよ」パシッ

春香「ヴぁい!」ゴッ

メキィ……

真「ぁぐっ……!」ゴプッ

春香No2「えへへ、どーしようかなーコピーしようかなー。どっちのほうが雪歩にとっていいんだろ」

真「……ゆ……き……ほっ……!」ガクガク……


413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 22:34:32.86 ID:RrowS2g40

真「はぁ……はぁ……」フラッ

春香「さぁ、後ろはもう窓ガラス。 もう後がないよ」ジリ……ジリ……

真「はは……雪歩……」

真「やっぱりボクは……君が好きだ……」

春香「決めたっ……コピーしてあげるよっ……!」ダダッ

真「……ッ!」

──ユキポックス メインソース──

千早「右の扉がメインソース 左の扉は今のユキポックスの世界」

千早「論理や理性を取る? それとも希望や愛を取る?」

千早「それこそ、AIには理解できない心、ね」

雪歩「……」

千早「萩原さん」

雪歩「……」

千早「覚悟を聞かせてもらうわ」

雪歩「……決めました」


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 22:41:26.27 ID:RrowS2g40

真「せめて……一人だけでも……!」クルッ

ガシャァァァアアアン!

春香「うわっっとっと!」スカッ

……。

──地上200メートル──

ヒュゥゥゥゥ……

真ちゃんが、アスファルトに向かって真っ逆さまに堕ちていく。

真「はは……ボクはここまでみたいだ……」

粉々に散ったガラスの破片が舞う。

真「最期に、仲直りしたかったな」

口の端から血の泡を吹き出しながら、苦しそうに微笑む。

真「ごめんよ、雪歩」

………

……




418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 22:55:20.60 ID:RrowS2g40

──現実世界 765プロ跡地──

<異常値 検出>ピピピピピ……!

響「……車が空を舞ってる……? 何だこれ……ハリケーン……?」

貴音「これほど速い物体が、この世にあるのでしょうか……」

──ユキポックス 地上20メートル──

ヒュゥゥゥ……

真「さよなら──」

雪歩「待って! 真ちゃぁぁぁん!」

──もっと速くっ!──間に合って……──

──間に合って!!!!



……パシッ……


雪歩「っっ……! 良かった。もう、離さないよ」ギュッ

真「ゆき……ほ……?」


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 22:58:21.11 ID:RrowS2g40

ヒュゥゥゥ……

春香「雪歩……そっかぁ……そうなんだぁ……」

ヒュゥゥゥ……

春香「……嬉しいなぁ……」ニヤッ

……グシャッ……

──地上 0メートル──

春香「」バチ……バチバチバチ……


421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:06:45.68 ID:RrowS2g40

──ユキポックス ビル ヘリポート──

アスファルトの上へ、真ちゃんを優しく横たわらせました

雪歩「ま、真ちゃん大丈夫?! 凄いケガ……!」

真「ど、どうして……」

雪歩「私はね、救世主の前に……ダメダメなアイドル、萩原雪歩17歳なんだよっ……」

雪歩「もしも、真ちゃんが死んじゃったら……」

真「……」

雪歩「うっ……ひぐっ……すっごくすっごく悲しいんだよ……!」

真「……ゆきほ……泣かないで……」

雪歩「うっ……ぅん……私泣き虫だから……真ちゃんが居ないとダメなんだよ……」

真「雪歩……ひどいこと言ってごめん……」ドクンッ……ドクンッ……

雪歩「ううん……いいんだよ……!」


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:22:24.33 ID:RrowS2g40

雪歩「……弾丸が体に残ってる」

真「……うぅっ……」

雪歩「真ちゃん、お願い、絶対に動かないで……今、抜くから」ピタッ

真「……ぇっ……」

私は、真ちゃんのわき腹に手を添えました
大丈夫……怖くない……。手は震えてない。

──皮膚……血管……骨……細胞のひとつひとつを……

<プログラム改変>

ズプッ……

真「ぅぐっぁぁ……!」

右手が、真ちゃんの体にどんどんと埋まっていく。
出血しないように、人体のプログラムを再構築する
多分、弾はここらへん……

雪歩「……ッ……!」ズボッ

キュィィィン……

雪歩「っっ! ほらっ、取れたよ……」スッ


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:29:50.37 ID:RrowS2g40

雪歩「良かった、ちゃんとできたよ……」

真「……雪歩……」

雪歩「……どうしたの」

真「……」

真「ラスト……笑顔……合いたかった……」

雪歩「えっ……何言ってるの……?」

真「……悲しませて……」

真「……」

真「……ごめんね」

雪歩「真ちゃん……?」

<心拍数 0>

ピー


429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:38:38.09 ID:RrowS2g40

真「」

雪歩「……」

雪歩「……っ」

溢れ出る涙を、手の甲で乱暴に拭いました

雪歩「……真ちゃん、聞こえてるかな」スッ

雪歩「大丈夫、心配いらないよ」

雪歩「私はもう、選んだ。覚悟したよ」

雪歩「……絶対に死なせない」

今度は、胸に手を……温かい。
真ちゃんの温もり。取り戻したい。

──雪歩!今日もダンスレッスンいこう!

もう一度、あの頃のようにそばにいたい


<プログラム 改変>

……キュィィ……ィィ……



431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:46:46.33 ID:RrowS2g40

──現実世界 765プロ跡地──

<異常値 検出> ピピピピピ……!

貴音「響……これは……」

響「スゴすぎるぞ……」

貴音「一体……何が起こってるのですか……」

響「廃ビルの時と同じ数値……雪歩が……真に蘇生コードを流し込んでる……」

響「……こんなの……救世主どころじゃないぞ……」

響「これじゃまるで……」

──ユキポックス ヘリポート──

<心拍数 60> ピー

私は……真ちゃん……

雪歩「えへへ、真ちゃん。これでおあいこだね……」

真「……ゆきほ?」

ただ、あなたからの愛が、欲しいだけ

……ギュッ……


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:51:38.58 ID:RrowS2g40

──現実世界 765プロ跡地──

貴音「面妖な……」

貴音「全てやるべきことはやったハズです……」

貴音「【めいんそーす】に行けば、戦いは終わると……」

雪歩「24時間以内に……なんとかしないと……バンナムもユキポックスも崩壊します」

真「どうして分かるの?」

雪歩「そう言われたんです。多分、嘘じゃ、無いです」

貴音「それは聞き捨てなりませんね。三浦あずさの言葉とは違います」

雪歩「……ウソなんです」

貴音「……今、なんと……?」

雪歩「預言は全部、ウソだったんです。四条さん」


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 23:55:24.22 ID:RrowS2g40

貴音「そんなハズは」

雪歩「救世主システムも、全部MIN-GOSに操られていたんです」

貴音「……私は信じません!」

……四条さんから、私を信じないってセリフ。初めて聞きました。

雪歩「でも、実際に戦いは終わってません……」

貴音「……ッ!」

真「じゃあ……これからどうすれば……」

雪歩「……」

雪歩「わ、わからない……」

響「……そんな……」


435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:01:41.06 ID:tADzivn00

<緊急事態>

ビー!ビー!

真「!」

雪歩「な、なに……?」

響「……量産型のキサラギだ……近付いてるの、気づかなかった……」カチカチカチカチ

貴音「撃退できますか?」

響「数キロ先から、ここへ向けて『inferno』を発射したらしい」

雪歩「えっ……!」

響「もちろんユキポックスのヤツより威力はずっと低いけど……」カチカチカチ

響「この765プロ支部が吹き飛ぶくらいの威力はあるぞ……」カチカチカチ

貴音「……!」

響「ッッ……みんなっすぐに脱出するぞっ!!!」


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:09:10.71 ID:tADzivn00

──現実世界 停船所──

響「早くッ早くッ! 1発目が来るぞっ」タッタッタ

雪歩「はぁ……はぁ……」タッタッタ

ヒュルルルルルルル……

カッ……!

雪歩「──っ──!」

突如、765プロの方角から、爆音と共に、火の柱が噴き上がりました。

メラメラメラ……

真「ボ、ボクたちの765プロが……」

貴音「跡かたも無く灰に……」

貴音「この100年は……全て……泡沫の夢だったのでしょうか……」ガクッ

響「…っ…みんなぁ、2発目がくるぞ! 狙いはここの船だっ!!!」

響「だから、貴音、走ってくれ……!」ユサユサッ

貴音「わたくし達に望みはもう……」


441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:14:04.48 ID:tADzivn00

響「うぎぎぎ……!早くぅ……!」ズルズル……

貴音「預言を……次の預言を……」ブツブツ……

真「たかねっ……!」

雪歩「……」

何だろう……この感覚……。

真「雪歩、何してるんだよ! 貴音を運ぶのを手伝って!」

雪歩「……」

感じる……胸騒ぎがする……。

雪歩「……南から、来る」

ヒュルルルルル……

真「『inferno』……ッ!!!」

どうして……わかったんだろう……。




響「に、逃げろおぉぉぉおお!!!」


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:18:33.04 ID:tADzivn00

雪歩「……」

ヒュルルルルルル……

雪歩「……」スッ

私は、手を爆弾の向かってくる方向にかざしました。
仮想世界で弾丸を止めるように。

雪歩「……」

どうしてだろう、ここは現実世界。
私はただのダメダメな何も出来ない……救世主じゃないのに……。

──だけど、私はみんなを、真ちゃんを……

雪歩「……守るよ」ボソッ

真「ゆ、ゆきほおぉぉおおお!!!」

カッ……!


444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:23:54.27 ID:tADzivn00

真「……ッ……!」

真「……」

真「……えっ……?」

バチ……バチバチバチ……

雪歩「……ッッ!」

響「『inferno』が……空中で……」

真「止まってる……?」

バチバチ……バチバチ……!

シュゥゥゥン……

爆弾は、不発となって地面に転げ落ちました。

……良かった……本当に……

雪歩「……良かった」   フッ……

……ガクッ……

真「ゆきほっ!」ダッ

雪歩「」


446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:28:20.78 ID:tADzivn00

──961プロ支給 船内──

……



冬馬「やれやれ、救助が間に合って良かったぜ」

ピ……ピ……ピ……

雪歩「……」

<脳波 不安定>

真「雪歩の状態は……?」

冬馬「深いこん睡状態ってとこだな、いつ目が覚めるか検討もつかねぇ」

真「……」

冬馬「お前も休んだらどうだ。ナリはそんなだが、女なんだろ」

真「ボクは、雪歩の傍にいるよ」ギュッ

冬馬「そうか……」


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:33:46.70 ID:tADzivn00

冬馬「ところでよ、お前、こだまプロの連中に会ったんだろ」

真「う、うん。皆リンクが断絶されてた」

冬馬「だろうな……俺が救助に行ったんだがよ、ひどい有様だったぜ」

真「……」

冬馬「で、その件だ。一人だけこだまプロ支部の中で生存者がいたんだよ」

真「えっ……?」

冬馬「お前らのよく知ってるヤツだよ」

冬馬「……」

真「誰……?」






冬馬「星井美希だよ」

………

……




449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:34:57.43 ID:tADzivn00

http://www.youtube.com/watch?v=At-g4g8-AI0



ユキポックス -リローデッド- THE END


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:46:32.23 ID:tADzivn00

………

……



千早「人は新たに生まれ変わる……MIN-GOSの手で……」

貴音「ついに、戦争が始まってしまうのですね……」

あずさ「うぅん、私って……ウソつきねぇ……」

春香「いよいよ"革命"が始まるんだね。楽しみだなぁ」



真「雪歩……お願いだ……目を醒ましてよ……」

雪歩「……」



Next 『ユキポックス -レボリューションズ-』

次回、完結



468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:52:38.67 ID:tADzivn00

本日は閉店です

久々の長期戦で、リポビタンの消費がやヴぁい
じゃあの


472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 00:56:54.78 ID:89bsjd/b0

乙、レボリューション期待してます


476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 01:01:26.81 ID:3zPKbXgq0

あるということは少しアレンジするのか・・・
期待してる



引用元: 雪歩「ユキポックス -リローデッド- 」