1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:55:38.32 ID:VjCm/QRXO
響「ただいま~」

P「響、おかえり」

響「今日もレッスン疲れたよ」

P「ああ、よく頑張ったな」ナデナデ

響「わ、わ……へへ……」

P「夕飯もうすぐできるから、先にシャワーしてきな」

響「うん!いつもありがとう、プロデューサー!」

---------------

響「って事?」

春香「違うと思うよ」





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:56:32.22 ID:GCziNXCD0
いやそういうことだよ



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:05:43.73 ID:VjCm/QRXO
美希「むにゃむにゃ……」

P「……ろ……き……」

美希「むにゃむにゃ」

P「美希、起きろ!」

美希「すー……すー……」

P「……ちっ、仕方ないな……美希、起きろ」チュ

美希「」パチッ

美希「最高の寝覚めなの!今日も良い天気だね、ハニー!」

P「お前絶対起きてたよな」

-------------

美希「こういう事だと思うの!」

真「その理屈はおかしい」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:09:51.64 ID:VjCm/QRXO
伊織「プロデューサー!プロデューサー!?」

P「なんでしょう、お嬢様」

伊織「今日はゲームがしたいから付き合いなさい!」

P「分かりました、お付き合いします」

伊織「分かれば良いのよ、分かれば」エヘン
-------------

伊織「まさかこういう……」

あずさ「それは違う作品よ」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:13:32.14 ID:AWd8K2VoP
マジレスするとPが駐車場に毎日迎えにくる



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:14:05.11 ID:VjCm/QRXO
律子「はぁ、お風呂気持ちよかった」

P「お、律子、風呂上がりか」

律子「あ、はい、お先に頂きました」

P「最近竜宮小町も忙しいし、大変そうだな」

律子「そうですね、嬉しい悲鳴ですよ……あ、そうだ久々にお願いできます?」

P「ああ、マッサージか?良いぞ」

律子「念入りに頼みますよ、プロデューサー殿♪」

-------------

律子「……アリね」

亜美「ナイよ」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:20:11.89 ID:VjCm/QRXO
小鳥「ちょちょちょ、プロデューサーさんっ」

P「はい、どうかしました?」

小鳥「あの、つかぬ事を伺いますが、私の部屋の掃除しました?」

P「いい加減散らかってたからな」

小鳥「じゃ、じゃあ机の上に薄い本があったのは……」

P「あぁ、ベッドの横に落ちてたから拾って置いときました」

小鳥「うわぁぁぁぁん、乙女の秘密がぁぁぁぁあ」

-------------

小鳥「こんな感じかしら」

千早「妄想の中で自分を卑下しないでください」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:24:11.61 ID:VjCm/QRXO
真美「けほっ、けほっ……」

P「真美、気分はどうだ?」

真美「あ……兄ちゃん……うー……だるい」

P「まだ熱下がらなさそうだな」

真美「うん……汗でぺとぺとだよ……」

P「じゃあ拭くから上脱ぎな」

真美「うん……って、えっ、えっ…………う、うん……」

-------------

真美「こんな感じかも!?」

雪歩「違うと思うよ」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:29:27.84 ID:VjCm/QRXO
貴音「あなた様……」

P「なんだ貴音、こんな時間に」

貴音「お恥ずかしながら、腹の虫を抑えることができず……」

P「やれやれ、仕方ないな」

貴音「ら、らぁめ」

P「ほら、俺の飲みかけだけどホットミルク、落ち着くぞ」

貴音「……ふふ、これはこれで良いものですね」コクコク

P「だろ?夜更かしせずちゃんと寝るんだぞ」

-------------

貴音「なるほど……これは良きもの」

あずさ「あらあら~」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:34:48.65 ID:VjCm/QRXO
やよい「あ、すみません、卵取ってください」ジャージャー

P「ほい」

やよい「よっ、と……次は……」

P「ほい、もやし」バッ

やよい「うっうー!ありがとうございます!」ジュージュー

P「良いってことよ」

やよい「やっぱりプロデューサーさんと一緒に料理するの楽しいです!」

P「俺もだよ、それにやよいの飯は美味いしな」

やよい「えへへ~嬉しいです……」

-------------

やよい「昨日はこんな感じでしたよ」

P「そうだな」

一同「マジで!?」

おわり




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:39:16.48 ID:uko87MWlO
こういうのもっとやって欲しい



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:55:32.88 ID:rN8HEq/20
やよいメインヒロインで続けよう(提案)



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:55:45.49 ID:VjCm/QRXO
春香「プロデューサーさんが付いてくるなんてお得物件だよね」

千早「最初はどうなるかと思ったけれど」

美希「美希たち運が良かったって思うな!」

やよい「わ、わたしもそこに住みたいです」

春香「ごめんね、やよい……この3LDK、3人用なんだ」

やよい「そんなぁ……」

伊織「甘いわよ、春香!」

春香「伊織っ!?」

伊織「その物件、隣家を買い取り、増築して13LDKにしたわ!」

千早「くっ!これで765プロのアイドル全員が住めることに……!」

やよい「伊織ちゃん……ありがとう……!」

小鳥「あ、あの……私は……」

伊織「悪いわね、小鳥、この家13人用なの」