5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 12:54:57.80 ID:iy0LP8YvO

P「今日もよかったぞお疲れ、響」

響「へへん、自分完璧だからな」

P「はは、そうだ。監督さんからこれを響にプレゼント」

響「おー、自分の人形か。かっこいいぞ」

P「俺は他の娘を迎えに行く。午後からまた仕事があるから、休憩いてくれ」

響「わかったぞ!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 12:59:22.08 ID:iy0LP8YvO
響「ただいまー」

響「ん?誰もいないのか?」

響「ただいまー!」

響「……ピヨ子もいないのか」

響「まぁいいか、それよりもずっと撮影だったから喉もカラカラだぞ、冷蔵庫になにかなかったかな」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 13:06:36.34 ID:iy0LP8YvO
響「丁度いいところにプリンがあったぞ」

響「それにしても良くできてるな、怪獣の口から自分の人形を取り出せるようになってるのか」

響「……人形と言えばピヨ子もそんな人形持ってたな」

響「……」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 13:19:06.42 ID:iy0LP8YvO
響「すごいぞ、みんなの人形もある、それにピヨ子の方が良くできてる」

響「……でも人形を眺めているだけじゃ退屈だぞ」

響「……」

響「!?」ティン

響「……」キョロキョロ

響「春香の人形は……あった」

響「……」



響「プロデューサーさん!人形劇ですよ、人形劇!」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 13:35:21.35 ID:TiQQ9fjM0
始まったァ!!



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 13:35:30.00 ID:iy0LP8YvO
響「響ちゃん響ちゃん!」

響「どうしたんだ?春香」

響「新しいお菓子作ってみようと思うんだけど沖縄でそういうのとか……ない?」

響「それならサーターアンダギーが一番さー」

響「そこで響ちゃんお願い、作りかた教えてくれない?」

響「もちろんだぞ、自分が完璧に教えてやるさー!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 13:45:26.69 ID:iy0LP8YvO
響「盛り付ければ完成だぞ!」

響「やったね響ちゃん!」

響「へへん!沖縄のお菓子はまだまだあるからな、また聞きにくるといいぞ!」


響「あ、そうだいっぱいあるから皆呼んでんでくるね」


響「……じゅるり」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 13:51:18.05 ID:iy0LP8YvO
響「どうしたんだ、貴音?」

響「真、面妖な香りがしたのですが……響」

響「も、もちろん貴音の分もあるぞ!」

響「ふふっ、その言葉を待っていました」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 14:07:04.18 ID:iy0LP8YvO
響「さすがね、我那覇さん」

響「響にしちゃやるじゃない」

響「そっかーこんなとこに女の子らしさが……ボク、羨ましいよ」

響「ふふっ、ありがとう響ちゃん」

響「うっうー美味しいですー」




響「……//」ニンマリ




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 14:25:41.79 ID:iy0LP8YvO
響「ごちそうさま、私お茶入れてくるね」

響「ミキ、おにぎりもほしいの」

響「残り一つもらーい」

響「あー!それ真美が食べようと思ってたのにー」

響「こらー!行儀悪いでしょ」




響「響、お代わりが欲しいのですが」

響「……」

響「…響?」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 14:41:45.52 ID:iy0LP8YvO
響「春香、お菓子作りを実演してみせたのか分かるか?」

響「えっ、急にどうしたの?響ちゃん」

響「はて、筆跡や言葉で伝えるより身に付くからでしょうか」

響「それは」




響「お前達を太らせて食べるためさー!」ガブリ

響「面…妖……な」バタリ




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 14:57:56.07 ID:iy0LP8YvO
響「きゃー」

響「がおー!ひびきん怪獣がみんな食べちゃうぞ!」

響「待てっ!ボクが相手だ」

響「ま、真ちゃん!?」

響「返り討ちにしてやるさー」ガブリ

響「くうっ」ペシペシ

響「ぐっ、なかなか引き締まってて手強いぞ」ガジガジ

響「ごめん……雪…歩」




響「そこまでさー!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 15:10:02.89 ID:iy0LP8YvO
響「正義のヒーロー、ガナハマン見参さー!」

響「でーたーなーガナハマン!まずお前からかぶりついてやるさー!」ウガー

響「よし、こいっ!」

響「」ガブリ

響「うがーっ!」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 15:20:36.17 ID:qWzAaBFl0
ここまで響の自演




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 15:23:14.47 ID:iy0LP8YvO
響「力が吸いとられるー」

響「さっきのより柔らかいな!これなら楽勝さー!」ガジガジ

響「うがーこのままじゃやられちゃうぞ!」

やよい「ううーガナハマン、負けないでくださいー!」

響「よーし応援が力に変わるさー」

響「……」




響「……ふえっ?」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 15:23:59.35 ID:fet8U/s00
これは恥ずかしい



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 15:40:18.29 ID:iy0LP8YvO
響「い、いつからいたの!?」

やよい「さーたーあんだぎーですか?それを完成したところからずっといましたよ?」

響「……えっ」

響「えーっ!」

響(どどどうしようどうしよう、他の人は居ないみたいだけれどどうしよう)




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 15:46:55.00 ID:iy0LP8YvO
やよい「演技の練習ですよね」

響「……ハッ!」

響「そ、そう!自主練習は欠かさずやっているぞ」

やよい「さすが響さんですー!」

響「はは、自分完璧だからな」

やよい「それで?」

響「?」

やよい「続きしないんですか?」ワクワク

響「え」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:10:30.85 ID:iy0LP8YvO
響(……落ち着いて考えるんだぞ自分!)

やよい「」ワクワク

響(やよいは午後から真美と仕事。このまま続けていたら来る)

響(かと言って突然やめたら、やよいに気を使ってしまう……)

響「やよいも一緒にやろうよ、楽しいぞ!」

(だからやよいを誘う!)




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:11:42.34 ID:TiQQ9fjM0
さすが響、完璧な作戦だ



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:20:41.84 ID:iy0LP8YvO
やよい「いいんですかぁ!」

響「もちろんだぞ」グッ

響(これは保険、他人から見たらやよいの遊びに付き合ってるように見える……よね?)

響(目的があったことは救いだな、ひびきん怪獣を倒せば演劇は終わるぞ)




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:26:12.19 ID:iy0LP8YvO
響「ならやよい、この人形使って応援してほしいぞ!」

やよい「わかりました!」

響(そのために自分のするべきは早く終わらせること!だけど…)

やよい「うっうー!ファイトですー!」

響(やよい、ダシのように扱ってしまって本当にゴメン!)




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:34:16.35 ID:iy0LP8YvO
響「よーし元気が出てきたぞ!」

響「うがっ!なんだこの力は……!」

やよい「ガナハマンがんばってー!」

響「うう、痛い痛いぞー」

響「これは、団結の力だー!」ポイッ




響「」ポテ

響「正義は勝ったんだ!」

やよい「……」

響「……やよい?」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:46:31.69 ID:TiQQ9fjM0
勝った…のか…?



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 16:49:53.64 ID:iy0LP8YvO
やよい「大丈夫ですか?」

響「ど、どうしたんだやよい?悪の怪獣に話しかけて?」

やよい「どっちの響さんにも悪いなんてありません!」

響「うがっ!?」

やよい「だってわたし、ずーっと見てました!みんなに感謝されてひびきん怪獣が喜んでいたのを」

響「……」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:02:13.99 ID:LO2vp/ps0
さすがだぜやよい



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:07:43.40 ID:iy0LP8YvO
やよい「だから分かるんです、ひびきん怪獣は寂しがっていただけなんじゃないかって」

響(やよいに恥を書かせようとして自分は……)

響(ううん、そんなことより今やることは一つ)

響「……うう、やよい?」

やよい「あ、起きましたか?」

響「うん、すがすがしい気分だぞ」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:19:40.72 ID:iy0LP8YvO
響「自分と友達になってくれるか?」

やよい「はい!喧嘩したあとは仲直りして、また明日からまた友達です!」

響「……自分、寂しがりだぞ」

やよい「どんとこいですっ!」

響「やよい……ありがとっ」ガバッ

やよい「わわっ響さん!?」バターン




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:34:40.31 ID:iy0LP8YvO

バタンバタンバタン

P「やぁ」

小鳥(●REC)

響「……」

やよい「響さん?」

真美「……」

真美「……ひびきん怪獣」ボソッ

響「」ビクッ

真美「……」ニタァ




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:42:45.08 ID:oQVgaX5+i
あぁ…



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:55:51.56 ID:iy0LP8YvO
響「その後が大変だったんだぞって聞いてるのかー!プロデューサー!」

P「ひびきん怪獣は役に立ったんだよな」

響「そうだけど!それとこれとは別なの!」

P「でも今の響は…いやなんでも」

響「なんだ?気になるぞ!」

P「こういうのは意識させるとダメなんだ」



P(いい顔してるぞ)

ひびきん怪獣「うがー!」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:58:13.50 ID:iy0LP8YvO
おわり感謝



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 17:58:38.60 ID:t4wP3bsD0




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 18:08:01.54 ID:TiQQ9fjM0
やっぱり響はかわいいなぁ!



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 18:08:32.97 ID:LO2vp/ps0
こういうの好きだよ乙



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 18:11:25.22 ID:VeEHsYZb0
響ちゃんは天使だった