1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:02:31.32 ID:90wjQlSj0
P「え?音無しさんが結婚?!!」

社長「ああ……」

社長「何分急な話でね。式まで時間がないんだが……」

P「あ、相手は、相手はどんな人なんですか?」

社長「……」

社長「黒井だよ」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:05:54.91 ID:90wjQlSj0
P「……は……?」

社長「結婚相手は、961プロの黒井だ」

P「そ、そんな……」

P「な、何か事情があるんですか?弱みを握られて脅されてるとか!」

社長「……まあ落ち着きなさい」

社長「事情があると言えばあるが、
  君が考えているような事情では無いよ」

社長「詳しいことは、本人に聞きたまえ」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:08:56.81 ID:90wjQlSj0
P「音無しさん!!」

小鳥「はい?」

P「結婚するって本当ですか?!」

小鳥「あ…… 社長から聞いたんですね?」

P「よりにもよって黒井社長だなんて……」

P「何か脅されてるんじゃないかって、俺心配で……」

小鳥「……」

小鳥「何も心配いりませんよ。私は、あの人がちゃんと好きで
  結婚するんですから」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:12:59.83 ID:90wjQlSj0
社長「そうか……。そう言っていたか……」

P「何か知っているなら教えてください!!」

社長「……私の口からは言えない」

社長「個人的な事情だし、本人の希望でもある」

P「そんな!!」

社長「……音無君は、一か月後に退社する」

社長「式と同時にね」

P「……」

P「そうですか」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:17:23.15 ID:90wjQlSj0
―次の日―

律子「た、大変ですよ!!」

P「?」

伊織「どうしたのよ?」

律子「黒井社長、退陣ですって。961プロもどこかに事業譲渡するって」

P「な?!」

伊織「まあ確かにびっくりね……」

P「いや……、黒井社長とな……、小鳥さん……」

P「結婚するんだ」

律子「え?」

伊織「えーーーーー!!!!」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:20:18.74 ID:90wjQlSj0
律子「そ、そんな話、全然……」

伊織「そ、そうすると……」

伊織「961プロ辞めるのも、黒井社長なりのけじめってとこかしら」

P「……」

律子「いろいろあったものね、961プロとは……」

P(俺は、まだ納得できない)




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:24:09.03 ID:90wjQlSj0
律子「この話……、みんなに知らせても……?」

P「わからん。本人に聞いてくれ」

伊織「……ええ」

伊織「……アンタ、大丈夫?」

P「ああ」


小鳥「ばれちゃいましたか……」

律子「やっぱり本当なんですね」

小鳥「でも、寿退職もするので、いずれはみんなに教えることになってたから」

伊織「や、辞めちゃうの?」

小鳥「……ええ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:28:55.75 ID:90wjQlSj0
律子「別に辞めなくても……」

小鳥「ごめんなさい。私の希望だから」

伊織「まあ、人一倍お嫁さんに憧れてたから、しょうがないわね」

小鳥「そうなのよー、えへへ」

伊織「いきなりでびっくりしたけど、おめでたいことね
  送別会は盛大にやってあげるわ」

小鳥「えー!!そんな……悪いわねえ……ぴへへ……」

伊織「顔がニヤついてるわよ」

律子「あれ?プロデューサーは?」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:32:41.35 ID:90wjQlSj0
―961プロ―

黒井「君か……」

P「まずは、退任おめでとうございます」

黒井「花束まで用意して、嫌味な男だな君は」

P「それはどうも」

P「では、本題に入りたいのですが」

黒井「結婚の話かね?」

P「……」

P「本当に、音無さんを愛していて、結婚するんですか?」

P「また妙な手段を使っているんじゃないでしょうね?」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:36:37.15 ID:90wjQlSj0
黒井「……君に答える必要はないと思うがね」

P「答えてください!!」

黒井「……」

黒井「ああ、私は彼女を愛していて結婚する」

黒井「これでいいかね?」

P「……本当でしょうね?」

黒井「……これをやろう」ピラッ

P「何ですか?」

黒井「私たちの新居の住所だ。いつでも来たまえ」

黒井「765プロのアイドルを連れてな」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:38:42.33 ID:90wjQlSj0
黒井「確かめるといい、私の話が本当なのか」

P「……そうさせてもらいます」

黒井「まだ何か用があるのかね?」

P「いえ。お邪魔いたしました」


黒井「これで……君は本当にいいのか……?」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:42:21.80 ID:90wjQlSj0
―送別会 765プロ―

伊織「だから大きな会場借り切ろうって言ったじゃない!」

真「わー!飾り付けが崩れたー!!」

小鳥「な、なんだかごめんなさい」

社長「はっはっは、いいんだよ」

千早「社長、キビキビ動いてください」

やよい「お料理できましたー」

P「お、ご苦労様」

春香「じゃあ、そろそろ始めますか!!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:47:18.95 ID:90wjQlSj0
「「「小鳥さん!!ご結婚おめでとうございます!!」」」

小鳥「みんな……ありがとう……」

小鳥「今回の結婚は、いろいろと確執がある黒井さんが相手だから、
   お祝いしてもらえるかどうか不安だったの」

美希「でも、黒井社長、社長辞めるんだよね?」

あずさ「男らしい決断だって思います~」

小鳥「……本当にありがとう……」

小鳥「私、幸せになります!!」


真美「でも、ピヨちゃんまで辞めちゃうのは悲しいかも」

亜美「そうだよそうだよ~」

響「うぎゃー!!辞めないでよー!!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:51:28.58 ID:90wjQlSj0
小鳥「みんな、ありがとう。ごめんね」


雪歩「でも、すっごい歳の差カップルですぅ」

貴音「しかし、愛があれば歳の差などと……」

小鳥「いやー、まさか、私もこんなことになるとは……」

やよい「うっうー!年上のほうがいいと思いますー!」

春香「そう、そうだよやよい!いいこと言った!!」

律子「……」

P「……」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:54:22.22 ID:90wjQlSj0
―送別会後―

社長「じゃあ、君たちも遅くならないように帰るんだよ」

小鳥「はい」

P「ええ。もう少し片づけたらすぐ帰ります」

社長「それじゃあまた明日」

バタン

P「……」

P「音無さん……、いや、小鳥さん」

P「俺、まだ納得できないです」

小鳥「え?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 22:57:41.68 ID:90wjQlSj0
P「今から考え直すわけにはいきませんか?」

小鳥「それは……」

P「小鳥さん!俺、小鳥さんのこと……!」

小鳥「それ以上……言わないで下さい……」

P「くっ……」

小鳥「ごめんなさい。私、あの人を愛してるんです」

P「……」

P「小鳥さん」

P「辛くなったら、いつでも帰ってきてくださいね」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:02:47.04 ID:90wjQlSj0
―しばらくして―

律子「小鳥さんの写真出来たわよー!」

亜美「わー見せて見せて!」

真美「ウエディングドレスだー!!すごーい!」

やよい「小鳥さん、すっごく綺麗ですー!!」

あずさ「本当、綺麗……」

あずさ(でも、披露宴もやらずに式だけ挙げるなんて……)

あずさ(小鳥さん、結婚願望強かったのに……)

あずさ(何かあったのかしら?)


P「お、写真出来たのか?見せてくれ」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:08:06.64 ID:90wjQlSj0
―某県某所 新居―

黒井「調子はどうだい?」

小鳥「ええ、とってもいいですよ。やっぱりいいお医者様ですね」

黒井「それは良かった。……辛くなったら、すぐに言いたまえ」

小鳥「はい。それと……」

黒井「何だね?私に出来ることなら何でも言いなさい」

小鳥「話しかけるときは、ことりって呼んでください」

黒井「なっ!!!そ、それは……」

小鳥「あら、聞いてくれないんですか?」

黒井「わ、分かったよ……、こ、小鳥」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:08:59.49 ID:TqQNiej60
黒ちゃんがデレた…だと?



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:13:56.10 ID:90wjQlSj0
―しばらく後―

黒井「小鳥、今日の調子はどうだい?」

小鳥「ええ、今日は随分いいです」

黒井「それは良かった」

黒井「今日は、ちょっとした客が来る」

小鳥「?」


やよい「うっうー!お邪魔しまーす!!」

春香「お、お邪魔しまーす」

P「どうも、こんにちは」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:17:45.62 ID:90wjQlSj0
P「お、俺達が一番乗りか」

小鳥「ど、どうして……?」

黒井「私が、ここの住所を伝えておいた」

P「今、9月じゃないですか」

小鳥「9月……?あ……!!」

春香「お誕生日、おめでとうございまーす!!」

小鳥「ピヨ!なんてこと……!
  もう誕生日がやってくるのを恨まなくてもいいのね?」

やよい「はいー?」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:21:34.87 ID:90wjQlSj0
P「もうじき、みんな来ます」

小鳥「……みんな……」

春香「あー、な、泣かないで下さいよう」

小鳥「ごめんなさい……、でも、嬉しくてえ!」

黒井「……良かったな」

小鳥「うっ……ぐすっ……話しかけるときは」

黒井「こ、小鳥、良かったな」

春香(なんと)

やよい(尻にしいてますー!!)




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:27:06.55 ID:90wjQlSj0
響「はいさーい!!ピヨ子ー!元気かー?」

貴音「本日はご機嫌麗しゅう……」

亜美真美「もう少し挨拶を統一しようよー」


千早「こんにちは」

美希「久々なんだから、もう少し明るく挨拶してもいいの」

律子「美希、やめときなさい」


真「ごめんなさい、撮影押しちゃって」

雪歩「徹夜になっちゃいましてー」

伊織「私がいなかったら、こんな時間に着いてないわよ
  まったくもう」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:31:33.62 ID:90wjQlSj0
春香「お料理作る人ー!!」

やよい「はーい!!」

雪歩「あ……材料足りないかもですぅ……」

黒井「なら、買い出しに私が車を出そう」

真「え?い、いいんですか?」

黒井「ああ」

P「すいません。では、ご一緒しますよ」

響「料理しない人は飾り付けさー!!」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:33:34.50 ID:90wjQlSj0
―車中―

黒井「……」

P「……」

黒井「ありがとう」

P「え?」

黒井「小鳥のあんなに嬉しそうな顔は久しぶりだ」

P「そうですか……」

黒井「ありがとう……」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:38:45.09 ID:90wjQlSj0
P「……」

黒井「……」

P「あ、あずささんだ」

黒井「ん?」

P「おーい!あずささーん!!」

あずさ「あらあら~。良かったわ~」

黒井「な!ここは家とは反対側だぞ!!」

P「まあいつものことです」

黒井「仕方ない。乗りたまえ」

あずさ「ありがとうございます~」

P「あ、お酒、持ってきてますね」

あずさ「うふふ~」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:45:32.62 ID:90wjQlSj0
―宴―

小鳥「う、凄い数の蝋燭ピヨ……」

P「そりゃそうです。だって、黒井サンの分も立ててますから」

黒井「……はあ?」

律子「あれ?黒井社長、誕生日ですよね?」

黒井「そ、それはそうだが……、べ、別に私は祝わんでいい!!」

亜美「まあまあ」

真美「そう照れずに~」

黒井「べ、別に照れてなどいない!!」

やよい「はーい、では、小鳥さんの隣に座ってくださーい!!」

黒井「ぐ……」

小鳥「あはは……」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:47:59.62 ID:90wjQlSj0
―宴の後―

律子「いやー、大勢で押しかけちゃってすいません」

小鳥「いいのよ。すっごくたのしかったから」

やよい「ほら、亜美、真美、おきなさーい!!」

亜美「うあうあ~、もう少し寝かせてー」

真美「眠いよー」

伊織「そりゃ、あれだけ騒いでればそうでしょうね」

響「今日は楽しかったさー。また来年も来ていいか?」

小鳥「来年……」

黒井「ああ、来年もまた来るといい」

貴音「それはそれは……楽しみです」

あずさ「……」

P「じゃあ皆、帰りは一緒に帰るぞ。それでは失礼します」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:52:09.45 ID:90wjQlSj0
―それからしばらく後 葬儀会場―

P「まさか……」

黒井「来たか……」

P「この度は……」

黒井「ああ」

P「何で……、何でですか!!」

P「小鳥さんは幸せだって、そう思ってたのに!!」

黒井「黙っていて、悪かったな」

黒井「小鳥の希望でね……」

黒井「手紙を預かってる。高木の奴にはもう渡した。これは君の分だ」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:52:37.59 ID:3MfiQmJx0
なん…だと…



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 23:58:46.39 ID:90wjQlSj0
―小鳥さんの手紙 抜粋―

「これを読まれているときは、さぞびっくりされているでしょう」

「この手紙は、私が亡くなってから渡すよう伝えてますから」

「まず、黙っていてごめんなさい」

「私は、病気で、余命宣告されていました」

「そんな時、私がいつも歌っていたバーで、倒れてしまったんです」

「そこで、介抱してくれたのがあの人、黒井 崇男さんでした」

「そこでお付き合いを始めて……」

「崇男さんは、私の病気のこともわかっていて、プロポーズしてくれました」

「事務所のみんなに、余計な心配をかけたくなかったから」

「社長以外には何も伝えずに過ごしていました」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:00:03.06 ID:0U7VrwC20
クロちゃん良いヤツ過ぎる



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:04:01.47 ID:E0SDlQhR0
「崇男さんは、私のために仕事も辞めると言ってくれて」

「新居も、買ってくれました」

「あそこのすぐ近くには、有名な緩和ケアの病院があるんです」

「崇男さんはずっと寄り添ってくれて」

「崇男さんと過ごして」

「私は幸せでした」


「それから、みんなが来てくれた、誕生日パーティー」

「私の一生の思い出です」

「ありがとう、みんな」

「ありがとう、プロデューサーさん」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:07:31.93 ID:E0SDlQhR0
―葬儀の後―

黒井「……終わったか……」

黒井「……」

黒井「小鳥……」

黒井「不思議と、涙は出ないんだな……」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:10:26.99 ID:E0SDlQhR0
―さらに一年後 黒井宅―

黒井「……」

黒井「もう9月か……」

黒井「命日が近いな……」

黒井「墓参りに行かんとな」

黒井「……」


ピンポーン




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:12:51.66 ID:E0SDlQhR0
黒井「誰だね、全く」

ガチャ

黒井「新聞はいらんぞ」

P「どうも、こんにちは」

黒井「……え?」

やよい「こんにちはー」

黒井「どうして……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:16:33.67 ID:E0SDlQhR0
P「もう9月じゃないですか」

やよい「……小鳥さんの、お誕生日と命日が、そろそろかなーって」

黒井「あ、ああ、そうか。それはよく来てくれた」

P「それと」

やよい「黒井さんのお誕生日も、そろそろですよね」

黒井「は?」

やよい「お祝いにも、来ましたー」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:20:55.66 ID:E0SDlQhR0
P「急におしかけてすいません」

P「あと、みんなこれから来ます」

黒井「……765プロの面々か」

P「ええ」

黒井「……」

黒井「……そうか」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:25:06.81 ID:E0SDlQhR0
春香「えーっと、確かネギがー」

やよい「それはたしかこっちにー」

千早「料理酒は?」

あずさ「こっちに用意してあるわー」


黒井「賑やかだな……」

P「すいません」

黒井「いや……、きっと小鳥も喜んでるさ」

黒井(そうだろう?小鳥)




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:30:06.52 ID:E0SDlQhR0
P「その後、毎年9月に黒井サンの家に集まるのが恒例になった」

P「黒井サンにとっては随分迷惑な話だったと思うが」

P「とにかく、この集まりは、アイドルがどれほど忙しくなっても続いた」


黒井「すまない、小鳥の話を聞かせてくれないか?」

律子「え、ええ。小鳥さんはですねー」


P「こんな風に、小鳥さんの話を一日するのが常だった」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:34:07.17 ID:E0SDlQhR0
―6回目―

黒井「……君か。よく来たな」

P「今日は、俺一人なんです」

黒井「そ、そうか。まあ全員忙しいだろう」

P「いえ、今日はお話が合って参りました」

P「仕事の話です」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:38:07.76 ID:E0SDlQhR0
黒井「仕事……?」

黒井「そういえば、君は765プロの統括をしているらしいな」

黒井「若いのになかなかの手腕じゃないか」

P「実は、俺、独立しようと思ってます」

黒井「ほう……?」

P「今まで、ずっと実力と、コネと、お金を貯めてました」

黒井「それが今揃ったと」

P「ええ。ですが、一つ足りないものがあります」

P「黒井サン、あなたです」

黒井「……私に、芸能界に復帰しろと?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:42:57.77 ID:E0SDlQhR0
P「俺は、現場でなら、トップアイドルを育てる自信があります」

P「ですが、それは現場に専念してこそです」

P「俺が現場に専念できるよう、力を貸してください」

黒井「なるほど。私に事務方を統括しろと」

P「平たく言うと、そうなります」

黒井「しかし、私はもう何年も芸能界で仕事をしていない」

黒井「それに……」

黒井「言いにくいが、私がもう一度あのころのような厳しさを
  持てるとは思えない」

黒井「君の期待には応えられそうもない」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:46:00.28 ID:E0SDlQhR0
P「いいえ」

P「今の黒井サンなら、きっと大丈夫です」

P「小鳥さんと結婚してからの黒井サンなら」

黒井「なるほど……」

黒井「……」

黒井「分かった、受けよう」

黒井「しかし、条件がある」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:51:24.19 ID:E0SDlQhR0
―数年後―

P「さーて、いよいよ大舞台だな」

アイドル「はい!!」

P「落ち着いて行けよ」

黒井「そうだとも」

アイドル「あ、社長!!来てくれたんですね!!」

黒井「フン!まあせいぜい恥をかかんように頑張りたまえ」

アイドル「はーい!!」

黒井「む、衣装がほつれてるな……直してやろう」

黒井「よしできた!!」

アイドル「あ、ありがとうございます!!」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:55:36.79 ID:E0SDlQhR0
高木「黒井」

黒井「……高木か……」

高木「まさか、彼と組んで復帰してくるとはな」

高木「しかも、設立数年でここまで来るとは」

黒井「……765プロのアイドルも、相変わらず粒ぞろいじゃないか」

高木「ああ」

高木「……ところで」

高木「さっき、見ていたよ。アイドルに対する態度が、見違えるようだな」

黒井「フン、今は、そうアイドルを無碍に扱うわけにもいかないのだよ」

黒井「ウチは弱小だからな」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 00:59:11.80 ID:E0SDlQhR0
高木「それだけじゃないだろう?」

黒井「何が言いたい?」

高木「事務所の名前、びっくりしたよ」

黒井「……む」

黒井「私たちに、子供はいなかったからな」

黒井「今は、所属タレントが子供のようなものだ」

高木「そうか……」

黒井「ああ」

黒井「丹精込めて育てたウチの『娘』は、お前の所のアイドルには負けんよ」

高木「……ウチのアイドルも、負けんぞ」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 01:03:54.50 ID:E0SDlQhR0
東京の郊外に、ある芸能事務所がある

プロダクション名は『リトルバード』

そこのプロデューサーは敏腕だが、いつも社長と喧嘩をしていることで有名

そこの社長は厳しいながらも、所属タレントと『息子』『娘』と呼び、

愛情を注ぐことで知られている


終わり




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 01:04:19.21 ID:E0SDlQhR0
読んでくれた人、ありがとうございました



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 01:04:42.38 ID:6pT6hqmR0




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 01:04:56.51 ID:adpD9ZqP0