1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 18:49:40.92 ID:F7+Z0Jtw0
P「おい、起きろ美希。仕事の時間だぞ」

美希「あふぅ~まだ眠たいの……」

P「仕事が終わるまでは頑張って起きていてくれ」

美希「ミキは……眠たい……かな……って……Zzz」

P「うわー時間が!?起きてくれ美希!!」

美希「あふぅ~」






2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 18:53:00.80 ID:F7+Z0Jtw0
P「で、撮影の時にはディレクターの───」

美希「うん……うん……」

P「おーい美希、聞いてるか?」

美希「うん……」

P「……おーい美希聞いてないか?」

美希「……うん」

P「あぁ、もうすぐ現場の着くっていうのに……」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 18:58:10.18 ID:F7+Z0Jtw0
P「おはようございます、今日はよろしくお願いします」

D「おはようね765さん」

美希「おはようございますなのー♪」

D「いやー美希ちゃん今日も可愛いね~」

美希「ありがとうございますなの」

─――
――


P「今日はありがとうございました」

D「いや~こちらこそ。またよろしくね」

美希「Zzz~」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 18:59:16.84 ID:aSq/2CUW0
眠りミキ!?眠りミキなの!!!???ふぁああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:02:23.32 ID:F7+Z0Jtw0
美希「Zzz~」

P「また寝てるのか……」

P「1日中寝てるよな美希って……」

P「もしかして病気なんじゃないのか?」

P「……まさかな」

美希「Zzz~……あふぅ……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:07:47.96 ID:F7+Z0Jtw0
BJ「!!……おい、あんた」

P「はい?」

BJ「その娘はどうした?」

美希「Zzz~」

P「えっ、いや~疲れて眠ってるんだけだと思いますが……」

BJ「私は医者だが……見た所その娘は病気の恐れがあるぞ」

P「えっ!?」

BJ「病院にでも連れていくんだな」

P「はぁ……」

美希「あふぅ~」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:09:59.54 ID:84nJKg4P0
Pの収入じゃBJは無理だな



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:15:14.39 ID:F7+Z0Jtw0
P「なんだったんだあのコナンの犯人見たいな奴は……」

P「とりあえず、今度病院にでも行かせるか……」

美希「Zzz……あが……」ビクッ


―――――――――――――――――――――――――

律子「あっプロデューサー、この前アイドル達が受けた健康診断の結果が届いてますよ」

P「そうか。おーい各自、結果確認しとけよー」

春香「はい!!」

美希「Zzz~」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:19:44.24 ID:F7+Z0Jtw0
―――――――――――――――――――――――――――――――
私は医者だが……見た所その娘は病気の恐れがあるぞ
―――――――――――――――――――――――――――――――

P「……」
ガサガサ

P「美希に至急再診断……」

P「おい、美希起きろ!!」

美希「……プロデューサー……ミキまだ……眠いかなーって……」



千早「7……2……」

春香「えっ72?72か言った千早ちゃん?」

千早「なんでも72は……」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:22:54.61 ID:nEXPdh7I0
なんでも71は



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:34:06.99 ID:Ks4hZ19AO
千早「私の胸を大きくして下さい!お願いします!」

BJ「こればかりは無理だ…諦めて帰りたまえ」

千早「先生…」

その夜

ピノコ「先生、お茶…」

ピノコ「あのアイドルしゃん、かわいそうなのよね」

BJ「私に話しかけるな!」

ピノコ「!!」

BJ「私だって…私だって気の毒だと思っているんだ…!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:37:06.79 ID:LQHVJ5wP0
どういうことなの・・・



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:48:14.94 ID:F7+Z0Jtw0
P「いいから来い……すいません、俺と美希少し外にでます……」

美希「ふぁ~……行ってきますのー」

春香「はい!!」



やよい「どうしたんですか……」

千早「た、高槻さん、ちょっと見せあいっこしないかしら?」

やよい「良いですよ―」ピラッ

千早「……」

千早「なん……だと……」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:53:57.96 ID:F7+Z0Jtw0
美希「もう一回病院いくのプロデューサー?」

P「そうだ、もしかしたら悪い所があるかもしれないそうだ」

美希「ふーん……ふぁ~……」

P「まぁ、多分大丈夫だろ……」

P「大丈夫さ……」

―――
――


P「あの美希の身体は?」

医者「ん?ご家族の方ですか?」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:56:18.94 ID:9y6CKnpJ0
美希「Zzz~」 P「美希はいつでも寝てるな……」

P「ひらめいた」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 19:57:17.21 ID:F7+Z0Jtw0
>>26
通報した




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:01:11.04 ID:F7+Z0Jtw0
P「いえ、仕事の上司ですが……」

医者「申し訳ありませんが、ご家族の方でないと……」

美希「別に言ってもいいよ、どうせ美希からプロデューサーに話しちゃうんだからお医者さんが言ってもいっしょだと思うな」

医者「この娘はとてもめずらしい病気です。簡単に言うとずっと眠ってしまうのです」

P「はぁ……?まぁ、今でもよく寝てますけど……」

医者「その睡眠時間がどんどん増えていくのですよ」

P「睡眠時間が……?」

医者「えぇ、いずれは起きてる時間も無くなってしまうかも……」

P「えっ」

美希「……」コクッ……コクっ……




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:07:02.39 ID:F7+Z0Jtw0
P「そお、それは治るんですよね?」

医者「残念ながら、我々にはどうにもすることが出来ません」

P「そんな!?それなら美希はどうなるんですか!?」

医者「残念ですが……」

P「……」

医者「このまま行くと、一週間後にはもう……」

P「一週間って……そんな急な……」


BJ「話は聞かせてもらった」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:19:44.04 ID:F7+Z0Jtw0
医者「あ、あんたはブラックジャック」

P「ブラック……ジャック……?」(なんてカッコいい名前なんだ……)

BJ「私になら、その娘の病気を治す事ができる」

P「本当ですか!?」

BJ「えぇ……しかし、手術代はしっかりいただきますよ」

P「い、いくらなんですか?」

BJ「この病気を治すことができるのは私くらいだろう……ざっと一億円だ」

P「い、一億円!?」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:23:15.66 ID:UL6SJ5BgO
美希の命が助かるんなら何万何億だろうと払ってみせますよ!
何年かかっても必ず払ってみせる!




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:30:32.00 ID:F7+Z0Jtw0
BJ「ああそうだ。聞く所によるとその娘はアイドルだそうじゃないか」

P「……」

BJ「そんな娘を救うのに一億円は安いと思うがね……」

P「そ、それは……」

BJ「まぁいい、その娘の親御さんに相談でもしてみる事だ」

P「……」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:40:19.57 ID:F7+Z0Jtw0
律子「……で、親御さんはどうなったんですか?」

P「やはり一億円だからな……難しいらしい……」

律子「け、けどそれじゃあ美希は……」

P「あぁこのままだと……社長どうにかなりませんか?」

社長「う~む、一億円とはね~……」」

社長「申し訳ないが、そんな大金はないね~」

P「……そうですか」



美希「おはようございますなのー」

P「み、美希お前大丈夫なのか?」

美希「全然大丈夫なの。」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:44:26.17 ID:RqqAneGc0
伊織がアップを始めました



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:48:29.74 ID:F7+Z0Jtw0
P「そ、そうか無理するなよ」

美希「無理なんてしてないの。プロデューサーは心配性だと思うな」

律子「でも、本当に大丈夫なの?」

美希「もーさっきから言ってるの、大丈夫!!」

P「分かった分かった、ほらあっちに春香がクッキーを持ってきてたぞ」

美希「クッキーなのー♪」


律子「なんかいつもと変わりませんね?」

P「だな……」

律子「もしかしたら誤診とか……」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 20:52:53.27 ID:F7+Z0Jtw0
美希「でねー美希ね───」

響「へーそうなのかー」

P「(今日は美希寝てないな……やっぱり誤診だったのか……?)

―――
――


P「ふぁ~、ん!?美希まだ残ってたのか?」

美希「っ……あぁプロデューサなのー……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:04:58.55 ID:F7+Z0Jtw0
P「眠いんじゃないか?大丈夫か?」

美希「全然眠くなんかないよ……そうだ、美希コーヒー飲みたいかなって」

P「そうか、じゃあちょっと待ってろ」

美希「うん……」



P「おーいコーヒーだぞ美希」

美希「うん……ありがとうプロデューサー……」

P「大丈夫か美希?」

美希「全然平気だよ」ゴクッ




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:08:12.91 ID:F7+Z0Jtw0
ゴクゴク
美希「ふ~そろそろミキも帰ろうかな」

P「おっそうか?送って行こうか?」

美希「んー、大丈夫なの。バイバイプロデューサー」

P「おー、気をつけてな」

バタン


……バタン

P「ん?」

BJ「こんばんわ、手術の決心はつきましたか?」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:11:52.12 ID:8YHIOWcV0
こんなアクティブに手術を勧めるBJ見たこと無い



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:13:32.42 ID:KancztGw0
>>61
美希のファンなんだよ、察しろ




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:17:24.63 ID:F7+Z0Jtw0
P「なんでここが……」

BJ「そんな事はどうでもいいだろう、で手術のほうはどうするんだ?」

P「そのことだが、あれは誤診なんじゃないか?」

P「今日1日、美希は眠りなんかしなかったし……」

BJ「私は誤診などはしない。あの娘が無理をして我慢したんじゃないのかい?」

P「無理……」

BJ「たとえばコーヒーやガムを食べて眠気を誤魔化してたんじゃないのかい?」

P「……」

BJ「言っておくが、そんな誤魔化しは通じない。今日寝なかった分を明日寝る事になるのさ」

P「そんな訳ないだろ」

BJ「明日になればわかるさ、きっと彼女は眠ったままでここには来れないだろう」

P「……」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:21:39.64 ID:F7+Z0Jtw0
―――――――――――――――――――

P「美希は今日は来てないんですか?」

律子「そういえば、まだ来てないですね」

小鳥「色々あったから、疲れてるんじゃないですか?」

律子「そうですね誤診っていっても、精神的には疲れてるだろうし」

P「……」



P「結局、美希は来なかったか……」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:30:07.12 ID:F7+Z0Jtw0

美希「おはようございますなの……」

P「美希!!昨日はどうしたんだ?」

美希「えっ……なんでもないの、ちょっと用事があっただけなの……」

P「そ、そうか……」


美希「あっ貴音おはよーなの」ダッ

貴音「おはようございます美希」

美希「貴音もガム食べる?キシリトールが入ってる奴なの」

貴音「では1粒頂きましょうか」


P「……」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:38:44.53 ID:F7+Z0Jtw0
――――――
―――


P「今日も美希が最後か?」

美希「うん……」

P「……」

P「今日もコーヒーか……美希はコーヒーより甘いものの方が好きじゃなかったか?」

美希「……」

P「ガムとかもそんなに食べてたか?」

美希「……」

P「昨日、もしかしてずっと寝てたんじゃないか?」

美希「……」

P「今も眠いんじゃないのか?」

美希「……」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 21:46:53.16 ID:F7+Z0Jtw0
美希「皆プロデューサーは知ってるんだね」

P「美希……」

美希「そっ、コーヒーもガムも眠くならないように食べてるの」

P「じゃあ昨日も……」

美希「うん……ずーーっと寝てて起きたら今日になってたの」

P「そんな……」

美希「ねぇプロデューサー……ミキ寝たらこのまま起きれないのかな……」

P「……」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 22:05:05.69 ID:F7+Z0Jtw0
美希「ミキね、いつのまにか寝ちゃったの……そしたら一日中ずーっと寝てたんだって……」

P「……」

美希「こんど寝たら、ミキは起きれるかな……」

P「大丈夫さ……」

美希「今度のライブね美希すっごく楽しみにしてたんだ……美希も出たかったな……」

P「出れるさ」

美希「あぁ……怖いな……ミキ、眠くなってきっちゃたよプロデューサー……」

P「美希?おい美希」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 22:15:55.48 ID:F7+Z0Jtw0
P「寝るなって美希!!」

美希「うぅ……」

P「ほらライブ頑張るんだろ!!こんな所で寝てる暇ないだろ!!」

美希「うん……うん……」

P「だから寝るなよ……」

美希「ライブに出れないのも嫌だけど……プロデューサーと……喋れないのも……ちょっと……嫌かな……」

P「じゃあほら喋るから。いつまでも喋るからな」

美希「うん……」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 22:18:23.92 ID:F7+Z0Jtw0

P「ほら、この前春香がクッキー作ってきただろ?」

美希「うん……」

P「それでさ、春香の奴がこけちゃってさ──」

美希「ゴメンね……おやすみ……ハニー……」

P「それでクッキーばらまいちゃって大変だったんだよ」

美希「ス―……ス―……」

P「ホントに、大変だったんだよ……」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:13:31.88 ID:F7+Z0Jtw0
P「起きろよ美希……美希……」

美希「ス―……ス―……」


BJ「やはりこうなったか」

P「先生……」

BJ「無理して力を振り絞っていたにすぎないからね、こうなると思っていた」

P「……」

BJ「手術代は一億円だ、それでも君は彼女を救いたいかい?」



P「はい、俺が一生を掛けてお支払いします。美希を助けてください」

BJ「その言葉が聞きたかった」





99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:16:08.60 ID:RqqAneGc0
その言葉が聞きたかった



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:20:03.13 ID:F7+Z0Jtw0
――――――
――――
――

ガ―
BJ「……」

P「先生、手術は……美希は?」

BJ「成功だ、行ってやればいい」

P「はい、美希!!」ダッ


BJ「さぁ行くぞピノコ」

ピノコ「もうちょっとみちぇちぇもいいでしょ」

BJ「無粋な事はよしてさっさと行くぞ」

ピノコ「わかったにょよ」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:26:30.39 ID:F7+Z0Jtw0
「…き………みき」

誰?ミキはまだ眠いの……

「……ろ…希、……てくれ」

もう少し……寝てたいの……

「……がいだ……起きてくれ……希」

そんな悲しそうな声をだすのは……誰?

「……てくれ、起きて……美希」

「……ハニー?」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:30:10.29 ID:F7+Z0Jtw0
P「良かった……本当に良かった……」

美希「……泣かないでハニー」

P「うん……うん……」

美希「……ミキねまたハニーの顔見れて嬉しいよ」

P「あぁ……」

――――――
――――
――




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:36:53.25 ID:F7+Z0Jtw0
P「よしオッケーだ美希」

美希「ハニー、ミキ綺麗だった―?」

P「おー最高だったぞ。それと、こんな所でハニーは辞めてくれ」

美希「えーなのー」

BJ「やぁ、どうやら上手くいっているようだな」

P「先生!!」

ピノコ「先生、しゅごいのよ」


美希「ハニー……って誰?」

P「あぁ美希、この人はミキの病気を治してくれた人だ」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:40:22.15 ID:F7+Z0Jtw0
美希「そうなんだー、ありがとうございましたなの」

BJ「いいさ……そうだな出来れば私達に一曲歌を歌ってはくれないかい?」

美希「歌……ハニーいい?」

P「あぁ、歌ってくれ」


ス―
美希「~♪」

――――――
――――
――




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:51:06.48 ID:F7+Z0Jtw0
美希「~♪」

パチパチパチ
ピノコ「しゅごかったのよ先生」

BJ「あぁ」


BJ「さて、私達は行くとするよ」

P「あの……先生、手術代の一億円はいずれきっと……」

BJ「手術代?それならさっきもらったが」

P「えっ」


BJ「アイドルが私達だけの為に歌ってくれたんだ」

BJ「一億円以上の価値を持つさ」

P「先生……」

BJ「さぁ行くぞピノコ」

ピノコ「はいなのよ」

P「……ありがとうございました先生」

おわり




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:54:53.05 ID:3QY3ADU50




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/11(土) 23:59:22.67 ID:+jlBdkfK0
>>1乙 
 




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 00:00:14.52 ID:vZ9HgMW90
お疲れ様
面白かったよ美希も可愛かったし
やっぱBJはいい人だよな