1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:01:16.20 ID:2oBm9X1w0
俺がドアを開けると、「彼女」は窓を開けてそこに腰掛けていた

P「やっぱり、お前が犯人だったのか」

※アイマスキャラによるミステリSSですが、作品を知らなくても解けるようになっています
  途中で犯人やトリックを読み切られてしまっても、そ知らぬ顔で投稿していきます
  矛盾や無理のある展開、論理の穴等がありましたら容赦なく指摘してください
  解答編に入る前のレスで予告するので、推理したい方は注意してください




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:04:02.19 ID:2oBm9X1w0
やよい「プロデューサー、ごめんなさい…」

P「良いよ、暇だったから」

俺はやよい御用達の激安スーパーへ向かっていた
相当な量を買い込むというので、俺が車を出して手伝うことになったのだ

伊織「そうよ、暇人は有効活用しなきゃ」

春香「プロデューサーさん、ラジオかけても良いですか?」

P「ああ」

そしてなぜか伊織と春香も同乗していた
俺と同様、彼女たちも暇人なのだ




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:06:44.75 ID:2oBm9X1w0
P「今日は何を買うんだ?」

やよい「えっと、お米とお味噌と牛乳と…」

P「重いものは今日買っておいたほうがいい」

やよい「えへへ、そうしますー」

その店はまさに「町の台所」という雰囲気だ
時間が早いため、まだ客は少ない

俺と春香が並んでカートを使い、やよいは吟味した商品をそれに入れていく
伊織は日本有数の富豪のお嬢様なのだが、意外と落ち着いた様子だった




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:08:23.16 ID:2oBm9X1w0
やよい「なんだかプロデューサーと春香さん、新婚さんみたいですね!」

春香「えっ、や、やだやよいったら、もういきなり何言うのよー!もう!」

P「春香、ちゃんと前見ろ」

春香「え?あ、うわぁー!」

春香の押しているカートが缶詰の山を崩した
俺達は手伝ってくれる店員さんに謝りながらそれを元に戻した

春香「うう、ごめんなさい…」

P「謝るのは俺にじゃなくて、お店の人にだな」

春香「ごめんなさい、お店の皆さん!」

会計を済ませた後で、春香は売り場の方へお辞儀をしてそういった




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:10:43.98 ID:2oBm9X1w0
伊織「ねえプロデューサー、あれ何?」

伊織は出口付近にある福引場を示した
『3000円のお買い物につき1回、南の島の大チャンス!』と、看板に書いてある

やよい「わあー!あんなのがあるなんて珍しいですー!」

伊織「やよいは知ってるの?」

やよい「うん、伊織ちゃんはやったことないの?」

伊織「ええ、初めて見たわ」

P「あれは福引だよ、あの器械を回して出てきた色に応じた景品がもらえるんだ」

P「ちょうど三回分出来るから、一人一回回してくるといい」

春香「よーし、ここは一つ汚名返上ですよ!汚名返上!」

春香「南の島…、は無理にしても三等のお買い物券1万円分くらいなら…!」

そう言いながら春香は勢い良くそれを回した
しかし、回転の強さと当選確率にはなんら関係がないだろう
やがて一つの玉が出てきた

春香「白ですっ!」

P「ティッシュだ」

春香「あう…」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:12:08.32 ID:2oBm9X1w0
伊織「ま、この伊織ちゃんなら一等間違い無しね!」

やよい「が、頑張って伊織ちゃん!」

伊織「ええ、任せておいて」

伊織「はあっ!」

またも派手な音を立てて器械は回る
繰り返すが、力を入れても意味はない
そしてまた玉が出てくる

伊織「緑よっ!」

P「石鹸だ」

伊織「はあ…」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:14:31.24 ID:2oBm9X1w0
伊織「ま、どうせこんなもんよ…」

春香「うん、そうだね…」

春香「やよい、良かったらこれあげるよ…」

伊織「私のもあげるわ…」

やよい「わっ、良いんですかー!?助かりますー!」

やよいは受け取ったポケットティッシュと石鹸を大事そうに鞄にしまった




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:16:05.69 ID:2oBm9X1w0
P「やよい、ラストチャンスだ」

やよい「はい!頑張りますー!」

やよい「うーん、出来れば五等のお醤油1リットルが欲しいなあ…」

やよいはゆっくりと器械を回した
真剣な表情でその動作を続け、ぽとりと玉が落ちてきた

やよい「出ました、赤です!」

やよい「えっと…、あ、お醤油は紫でした、残念です」

春香「やよい、赤って…」

伊織「嘘でしょ?」

P「…信じられないな」

やよい「え?」

次の瞬間、鐘の音がスーパー中に鳴り響いた




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:18:22.12 ID:2oBm9X1w0
【初日・9時】

響「ほら見てみろ律子!海がキレイだぞ!」

律子「分かったから、あんまりさわいじゃだめよ」

響「自分、今すぐにでもあそこに飛び込みたいぞー!」

やよい「伊織ちゃん、私、飛行機乗るのなんて初めてだよ!」

伊織「あら、そうなの」

やよい「伊織ちゃんは乗ったことある?」

伊織「当たり前じゃない、自家用のも2台あるわよ」

やよい「じかよう?」

春香「千早ちゃん…、飛行機とか大丈夫な人?」

千早「ええ…、春香はダメなの?」

春香「うん、ちょっと、大丈夫だって分かってはいるんだけど…」

春香「うう、こんなときでも寝られる美希が羨ましいよ…」

美希「かー…」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:20:26.30 ID:2oBm9X1w0
やよいが当てたのは8人分の南の島ご招待券だった
2泊3日の期間中は島ごと完全に貸切で、俺達以外には誰もいないらしい

当人のやよいを含めて、スケジュールが空いているアイドルが6人
それに引率の俺と律子が入り、運良くぴったりと枠が埋まった

千早「美希、着いたわよ」

美希「うーん…」

千早「美希」

美希「…あれ千早さん、もう着いたの?」

千早「これから船に乗るのよ」

美希「うん、分かったの…」

美希「…………うん…」

千早「そう言いながら寝ないで」

美希「はいなの…」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:22:42.18 ID:2oBm9X1w0
春香「あの、プロデューサーさん!」

P「ん?」

春香「ここ、泳げますよね?」

旅行のパンフレットを持って春香が尋ねてきた
事前に参加者全員に配られており、宿泊先の写真などが細部まで載っている

P「数時間だけだろうな」

春香「え、何でですか?」

P「もうすぐ天気が崩れるらしい」

飛行機を降りた後、俺たちは船で島まで移動した
今日の夜から明日にかけて天候が大幅に崩れるので、それまで船の行き来は無いらしい




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:24:30.55 ID:2oBm9X1w0
伊織「うぅ、気持ち悪い…」

春香「地面が揺れてる…」

やよい「二人とも、大丈夫ですか?」

伊織「大丈夫じゃないわ…」

春香「帰りが今から憂鬱だよ…」

船での移動中、伊織と春香が船酔いしてしまった
やよいが両手で二人の背中をさすっている

律子「この後はみんなで泳ぐ予定だったんだけど…」

伊織「ごめん、ちょっと無理…」

春香「私もです…」

律子「そのようね、二人とも部屋で休んでなさい」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:27:30.72 ID:2oBm9X1w0
【初日・13時・屋敷】

春香「やっと着いた…」

伊織「そうね…」

小さな島なので、数分で俺たちは宿泊予定の屋敷に到着した
その外観は思っていたより古めかしく、木造で、不気味な雰囲気を漂わせていた

しかし実際は自然エネルギーを電力に変換し、建物全体の電気を工面しているハイテク建築だという
また防音・空調機能も備わっており、普段は多くの観光客が快適な時間を満喫しているらしい

そして何より特徴的なのは、入り口の反対側のすぐ近くに海があるということだった

俺は預かっていた鍵を使い扉を開けた
内装にはますます所有者の趣味が感じられ、
意図的に古く作られたアトラクションのようでもあった

響「うわー、なんか出そうなとこだぞ」

千早「本当…」

やよい「うう、怖いですー…」

個人的には好きな雰囲気だったのだが、
アイドル達からの評判は芳しくないようだ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:30:06.50 ID:2oBm9X1w0
P「それじゃ、部屋の鍵をわたすぞ」

部屋割りはあらかじめ参加者全員で以下のように決めておいた

2F 響 伊織 やよい 千早 美希 律子

1F P 春香 食堂 浴室 階段

出来れば男女でフロアを分けたかったのだが、
部屋が足りないので春香が俺の隣の部屋を使うことになっている

俺の部屋は響の部屋の、
春香の部屋は伊織の部屋のそれぞれ真下だ

やよい・千早・美希の部屋にまたがった階下には食堂と浴室がある
階段は美希の部屋の正面にあり、俺や響の部屋からは遠い位置にある

ロビーは入ってすぐの位置にあり、一階の様子が一望できる
壁にかかってある斧を、響が興味深そうに眺めていた

P「それと、部屋を出るときは鍵を閉めておくこと」

P「失くすとまずいから、鍵はロビーに置き場所があるからそこに掛けておくように」

P「一応マスターキーはあるけど、気をつけてな」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:32:13.12 ID:2oBm9X1w0
律子「じゃあみんな、各自部屋で水着に着替えてロビーに集合してね」

美希「ねえ、ハニーは行かないの?」

P「ああ、春香たちと留守番だ」

美希「ふーん、せっかくキワドイ水着持ってきたのになー」

P「じゃあ、なおさら一緒に行くわけにいかないな」

美希「むー、つまんないの」

律子「バカな事言ってないで、ほら着替えてきなさい」

美希「はーい、なの」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:34:30.01 ID:2oBm9X1w0
【初日・14時】

荷解きを終えて、俺は部屋を見渡していた
広さはかなりあり、家具はどれも高級そうだ
おそらくどの部屋も同じ形、おなじ物の配置だろう

そして一つの部屋に一つの洋式トイレ
浴槽はないがシャワールームもある

ドアの横には内線専用の電話機が設置されている
見た目は建物の雰囲気に合わせ古臭かったが、
本体部分の液晶に繋いでいる部屋の番号が出るようになっていた
つまり、どの部屋から電話が来たか事前に分かるのだ

俺は入って正面の大きな出窓を、ロックを外し外側に開いた
改めて眺めると、本当にすぐそこに海がある
建物と海の間に陸地はなく、長いさおがあれば部屋の中から釣りが出来るほどの距離だった

P「(しかしこれは…、部屋の窓は開けないように注意しとかなくちゃな)」

身を乗り出して落ちてしまったら、そのまま海へドボンだ
そう考えていたときに、誰かが部屋のドアをノックする音が聞こえた




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:36:10.58 ID:2oBm9X1w0
美希「ハニー、この水着どう?」

ドアを開けると、そこには確かにキワドイ水着を着た美希がいた

P「ああ、似合ってるよ」

響「プロデューサー、自分はどうだ?」

やよい「あのー、私学校ので恥ずかしいんですけど…」

千早「くっ」

P「うん、みんなよく似合ってる」

律子「ほらみんな、晴れてるうちにさっさと行くわよ!」

P「律子もな」

律子「はい?」

P「似合ってる」

律子「もう、何バカなこと言ってるんですか」

律子はそう言って、美希たちを外に引っ張っていった




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:38:25.33 ID:2oBm9X1w0
俺は春香と伊織の見舞いに行くことにした
声が通りづらいので、俺は少しだけドアを開けて声をかけた

P「春香、具合はどうだ?」

春香「プロデューサーさんですか…?」

P「ああ」

春香「はい、さっきよりは大分マシになりました」

P「そうか、でも無理するなよ」

春香「はい、ありがとうございます」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:40:17.83 ID:2oBm9X1w0
P「伊織、具合はどうだ?」

伊織「…プロデューサー?」

P「ああ」

伊織「…悪いけど、話すのもしんどいのよ…」

P「分かった、俺は部屋にいるから何かあったら携帯かそこの電話を使って1番に連絡してくれ」

伊織「…ありがと」

1番というのは俺の部屋番号だ
玄関の位置から正面に見て、下の階の左から数えている
よって、俺の部屋が1番で春香が2番
一階に個室は2つしかないから響が3番、最後が律子の部屋の8番になっている

俺は自分の部屋に戻り、仕事の資料に目を通していた




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:43:02.18 ID:2oBm9X1w0
【初日・17時】

3時間ほど経ってから、律子たちがペンションに戻ってきた

律子「戻りましたー」

美希「ねえハニー、すっごく楽しかったの!」

響「うん、最高だったぞ!」

P「ああ、よかったな」

律子「まだ降ってませんけど、時間の問題ですね」

P「今日はもう外に出れないな」

上空は濃い雨雲で満たされている
早めに切り上げてきたのは賢明だろう




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:44:33.06 ID:o5+comco0
とりあえず今の段階で出てない人っている?



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:45:38.54 ID:tb1uCcId0
出てる
P
春香
千早
美希
やよい
伊織

律子

出てない
貴音
雪歩

亜美
真美
小鳥
社長




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:45:57.32 ID:2oBm9X1w0
響「あれ?おかしいぞ」

P「どうした?」

響「あ、プロデューサー、自分の部屋の鍵がないんだ」

P「ここに掛けておいたのか?」

響「うん、そうしたはずなんだけど…」

響の部屋番号「3」のフックには、何もかかっていなかった
最初に見たときには、俺が預かっていた玄関以外の鍵が全てかかっていたはずだ




38 :登場人物はこれで全員です 2012/07/15(日) 21:48:22.07 ID:2oBm9X1w0
P「もしかしたら閉め忘れて部屋にあるんじゃないか?」

響「…ちょっと確かめてくるぞ」

そう言って響は2階の自分の部屋まで確かめに行った
階段から遠いせいか、少し時間が経ってから戻ってきた

響「やっぱり鍵がかかってた、自分、ちゃんと閉めたはずだからな」

P「そうか…、まあずっとその格好でいるわけにもいかないな」

響は水着姿で体中を濡らしている

P「マスターキーを貸すから、それを使ってくれ」

P「風邪をひかないように早くシャワーを浴びて着替えてこい」

俺は「M」のフックにかけてあるマスターキーを響に渡した

響「ごめんな、プロデューサー」

P「失くさないようにな」

響「うん!」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:50:51.89 ID:2oBm9X1w0
【初日・17時30分】

俺は窓を開け放して海を眺めていた
嵐の前の静けさがこの場所を支配している

突然部屋の電話が鳴った
黒電話のような、けたたましい音だ

俺は窓から離れ、ドアの横の電話を取りにいった
表示されているのは「3」、響の部屋からだ

P「もしもし」

返事は無かった

P「響?」

返事はなく、10秒ほど無音の時間があってから、がちゃんという音を残して通話は切れた

P「(…いたずら電話か?)」

俺はすぐにその電話を使い響の部屋にコールした
しかし30秒ほど待っていても響は出ない

俺は部屋を出て響の部屋まで向かった
階段が反対側にあるので、俺の部屋と響の部屋は最も遠い組み合わせだ




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:53:25.60 ID:2oBm9X1w0
ロビーに出ると、美希と千早が私服に着替えて談笑していた

美希「あ、ハニー!この服どうかな?」

P「ああ、似合ってるよ」

千早「何かあったんですか?」

千早がそう言った
おそらく、俺の奇妙な表情を見て言ったのだろう

P「響の部屋から電話があったんだ」

美希「電話って、あの部屋についてるやつ?」

P「ああ」

美希「むー、響もハニーのこと狙ってるのかなあ」

千早「でも、なぜわざわざ部屋の電話を使ったのでしょう」

千早「何にしろ携帯で連絡したほうが確実だと思うのだけれど…」

P「確かにそうだな」

美希「きっと、そのほうがロマンチックだからじゃないかな」

P「電話の種類にロマンの違いなんかないよ」

美希「もう、ハニーはなーんもわかってないの!」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:57:50.69 ID:2oBm9X1w0
>>41
ずれてますね、こんな感じで
分かりにくかったら地の文を参考にしてください

2F 響 .伊織 やよい 千早 美希 律子

1F P  春香   食堂 浴室   ..階段




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:55:05.15 ID:2oBm9X1w0
俺は二階へ上がり、響の部屋のドアをノックした

P「響」

返事は無い

P「響!いないのか!?」

返事は無い

P「響!開けるぞ!」

返事は無い

俺はドアノブを回した
しかし、鍵がかかっている

俺は響の携帯に電話を掛けた
すると部屋の中から着信音が聞こえてきた

中で熟睡しているのだろうか…?
しかしついさっきの電話は確かにこの部屋からだ




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:59:25.28 ID:2oBm9X1w0
俺は他の場所を探すことにした
伊織ももう回復しているだろう
俺は隣の伊織の部屋のドアをノックした

P「伊織、起きてるか!?」

この建物の部屋は外の音が聞こえづらいので、大きな声を出さなければいけない

伊織「ええ…」

伊織はドアを開けた

伊織「…どうしたの?」

P「響がいないんだ」

伊織「響が?」

P「ああ、知らないか?」

伊織「知らないわ、ぐっすり寝てたところを今起こされたんだもの」

P「そうか、悪かったな」

P「ついでに、窓の外を見せてくれないか?」

俺は伊織の部屋の窓から身を乗り出し、隣を覗き込んだ
中の様子はまでは分からないが、響の部屋の窓が閉まっていることは確認した




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:01:21.70 ID:2oBm9X1w0
俺は伊織に礼を言ってから部屋を後にした
次はその隣のやよいの部屋だ

P「やよい」

返事は無い

P「やよい!いないのか!?」

返事は無い

P「やよい!入るぞ!」

しかし鍵がかかっている
俺は一抹の不安を抱きながらやよいの携帯に電話をかけた




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:03:03.29 ID:2oBm9X1w0
やよい『はい、もしもし』

俺は安堵した

P「やよい、今どこにいる?」

やよい『えっと、春香さんのお部屋にお邪魔してます』

P「そうか、今から部屋に行っても良いか春香に聞いてくれるか?」

やよい『え?わ、わかりました』

春香の部屋は一階の俺の隣だ
俺は階段を下りながら返事を待った
やよいが春香にその旨を伝え、了承する声がわずかに聞こえた

やよい『構わないそうですー』

P「ありがとう、もう部屋の前にいるからドアを開けてくれるか?」

間もなく、やよいと春香が揃ってドアから顔を出した




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:05:30.39 ID:2oBm9X1w0
春香「どうしたんですか?プロデューサーさん」

P「響を知らないか?」

春香「いえ、知りませんけど…」

P「やよいは?」

やよい「いえ、私も戻ってシャワーを浴びてからずっと春香さんといましたから…」

3人の間に沈黙が降りた

P「…じゃあ他も当たってみるよ」

春香「はい、お願いします…」

やよい「春香さん、晩ご飯いっしょにつくりましょう!」

春香「あ、そうだね!」

やよい「はい、頑張りましょう!」

結局、誰一人響の行方を知るものは誰もいない
俺と律子で建物のあらゆる場所を探したが一向に見つからなかった

窓の外では、雷を合図に凄まじい雨が降り始めた




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:07:53.69 ID:2oBm9X1w0
P「…ドアを壊して中を確認しよう」

律子「…それしかありませんね」

俺はロビーに飾ってあった斧を持ってきて、響の部屋のドアに思い切り叩き付けた
もし眠っているのなら、この音で起きないはずはない

扉に穴が開き、そこから内側に手を入れて鍵を開け中に入った
窓は閉まっていて内側からロックされている
トイレやシャワールーム、ベッドの下やクローゼットの中まで確認したが響の姿はなかった

さっきまで響が着ていた水着が脱衣所に残されている
確かに響はこの部屋に戻ってきたのだ

マスターキーは響に渡したきりで、戻されてはいない
窓から他の場所へ移動するのは例え晴れていて響の部屋の窓が開いていても難しい
移動するための取っ掛かりがないのだ

いずれにしても窓のロックは外側からは出来ないので、彼女の部屋は紛れもない密室だった




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:09:55.70 ID:2oBm9X1w0
【初日・19時】

律子「…やっぱり、今日と明日は来るのが難しいそうです…」

P「…そうだろうな」

あれから再びペンションの中を探し回ったが、やはり響はどこにもいなかった
警察に連絡はしたものの、この天気では船が出せないという

律子「まさか、窓から落ちたんじゃ…」

P「いや、窓は閉まっていたんだ」

律子「そうですか…」

美希「響、まだ見つからないの?」

P「ああ…」

美希が俺たちに尋ねた
いつになく暗い顔だ

P「みんなはどうしてる?」

美希「向こうでゴハン作ってるよ」

美希の言う通り、4人がキッチンで料理に励んでいる
俺達以外には誰もいないので、食事の準備も自分達でしなければならない

食材や調理器具は揃っているから、船が来なくても飢えることはないだろう




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:12:45.17 ID:2oBm9X1w0
春香「響ちゃん、まだ見つからないんですか…?」

P「ああ…」

一段落を終えたみんなが心配そうな顔で佇んでいる

千早「警察に届けたほうがいいのでは…」

P「連絡はしたんだが、天候が悪くてまだ来れないんだ」

千早「そうですか…」

伊織「全く、なにやってんのかしらね」

やよい「響さん、どこいっちゃったんでしょう…」

皆が心配そうに話す
伊織はもうすっかり体調が戻ったようだ




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:15:29.35 ID:2oBm9X1w0
伊織「もう先に食べちゃいましょうよ」

伊織「響が出てきたら残り物でも勝手に食べればいいわ」

美希「ふーん」

伊織「な、何よ」

美希「でこちゃん、優しいの」

伊織「そ、そんなんじゃないわよ!」

P「…そうだな」

律子「はい、じゃあみんな席につきなさい!」

律子の号令で、響以外の全員が食卓についた




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:18:26.71 ID:2oBm9X1w0
P「みんな、ちょっと聞いてくれ」

食事を終えてから、俺は話を始めた

P「響がどこにいるのかはまだ分からない」

P「屋敷の外に出て帰れなくなってしまっているのかもしれない」

P「もしかしたら、もしかしたらだが」

P「外部の人間が何かしら絡んでいるのかもしれない」

P「だから、今夜は各自で鍵を自分の部屋の中に持ち込んできちんと戸締りをしてくれ」

P「もちろんそんなことは無いと思うが、念のためにだ」

P「余計な心配をせずに、ぐっすりと眠るためにだ」

P「響が無事に戻ってくることを信じて、元気に過ごそう」

我ながら、楽天的なことを言ってしまったと思う
しかし、彼女達を不安にさせても仕方が無いのだ

料理の出来は良かったが、ほとんどが残り物になってしまった




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:19:35.16 ID:tb1uCcId0
P
春香
千早
美希
やよい
伊織
響→行方不明?
律子




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:22:22.46 ID:2oBm9X1w0
【初日・22時】

律子「プロデューサー、いますか?」

律子が俺の部屋をノックして言った
俺はドアを開けた

P「ああ、どうした?」

律子「お風呂、みんな済みましたから」

P「そうか、ありがとう」

律子「いえ」

P「…なあ律子」

律子「なんですか?」

P「俺が響がいないことに気づく前に、響の部屋から電話があったんだ」

律子はにわかに表情を変えた




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:26:01.26 ID:2oBm9X1w0
律子「ひ、響はなんて言ってたんですか?」

P「いや、何も言わなかった」

P「何度か声をかけたんだが、10秒くらい経ってから切れたんだ」

律子「それは、なんででしょうか…」

P「分からない、確かに受話器を置く音が聞こえたから故障では無いと思う」

律子「その時には響はまだ部屋にいたってことでしょうか」

P「そうかもしれない、しかしそのあとすぐに部屋に電話をしたが出なかったんだ」

P「そしてそれから響の部屋を確認しに行ったが、ドアが閉まっていた」

律子「…」

P「もちろん、何らかの理由で部屋に閉じこもっていたとも考えられるが…」

しかしそれもおそらくないだろう

あの時は俺たちが屋敷中を歩き回っていたから、
響が部屋からこっそり出てきたとしたら間違いなく誰かが気づいたはずだ
つまり、俺が響の部屋についたときにはあの中にはすでに誰もいなかったのだ




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:28:20.67 ID:2oBm9X1w0
律子はこの事について深く悩んでいるようだった
責任感の強い人間だから、なんとかしなければと思っているのだろう
そして旅の疲れも相まって、心身ともにだいぶ参っているようだった

律子「あの、プロデューサー…、みんなの巡回頼めますか」

P「ああ、構わないよ」

律子「…すみませんプロデューサー、お願いします」

P「今日はもう休んだほうがいい」

律子「ええ、そうします…」

律子は覚束ない足取りで階段を上っていった




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:30:18.05 ID:2oBm9X1w0
俺は風呂に入る前に各自の部屋を回った
春香と美希はまだ起きていたが、言われたとおりに部屋に鍵を閉めていた

美希「ハニー、おやすみなさいなの」

P「ああ、おやすみ」

美希「ねえ、夜中ハニーの部屋に行ってもいい?」

P「ダメだ」

春香「プロデューサーさん、おやすみなさい!」

P「ああ、おやすみ」

春香「あ、あの!夜中お部屋に行ってもいいですか!?」

P「ダメだ」

千早の部屋をノックしたときには返事がなかった
すこし不安だったか、鍵がかかっているのを確認して声をかけるのはやめておいた
千早のことだから、もう眠っているのだろう




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:32:26.96 ID:2oBm9X1w0
俺はやよいの部屋をノックした

P「やよい、起きてるか?」

返事は無かったが、思い当たって隣の伊織の部屋をあたった

伊織「やよい?いるわよ」

やよい「あ、プロデューサー…」

P「今日は伊織の部屋で寝るのか?」

やよい「はい、良いですか…?」

P「もちろんだよ、修学旅行じゃないんだから」

やよい「あ、ありがとうございますっ!」

伊織「良かったわね、やよい」

やよい「うんっ!」

P「伊織、やよいをよろしくな」

伊織「ええ、任せなさい!」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:34:59.94 ID:2oBm9X1w0
風呂は一つしかないので、必然的に男の俺の順番は最後になる
しかし、響だけはまだこの風呂に入っていないだろう

…それにしても一体あの電話は…

確かに「3」の、響の部屋からだった…

響は俺に何かを言おうとしたのだろうか…

それとも…



そして…響は消えた…

…ドアも窓も閉まっていた…

…密室だ…

しかし………

………………

どうして…………

…………………………

……………………………………………




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:37:21.45 ID:2oBm9X1w0
【二日目・1時】

俺はいつの間にか眠ってしまっていた
今が何時なのか分からない
湯船から上がり、脱衣所の時計で時刻を確認した

・・・まさか3時間近くも眠ってしまったなんて…
自分でも思っていた以上に疲れていたのかもしれない

俺は手早く服を着て、ロビーに出た
どこの部屋も電気は落とされているようだ

俺は響の部屋に向かい、ドアを開けた
以前と変わらない光景が、俺の僅かな希望を砕いた

…もう睡眠は充分だ
俺は懐中電灯とビニール傘を持って外に出た




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:39:37.55 ID:2oBm9X1w0
外は信じられないくらいの豪雨だった
そしてこのペンション以外に建物らしい建物のないこの島の夜はまさに真っ暗闇だ
響にしろ、俺達の知らない誰かにしろ、この状況で外で無事に過ごせるとは思えない

しかし、何もせずにはいられなかった
俺は屋敷の明かりを見失わないように、風で飛ばされないように、歩いた

P「ひびきーっ!!」

P「ひびきーっ!!聞こえてるかー!!」

P「ひびきーっ!!どこにいるんだー!!!」

俺の声は、空しく雨音にかき消されていくだけだった




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:45:18.02 ID:2oBm9X1w0
【二日目・4時】

結局、夜中中の捜索が実を結ぶことは無かった
俺はペンションに戻り鍵を閉め、
玄関の鍵を「E」(entranceのことだろう)のフックに戻した

その時、俺はあることに気が付いた
響が失くしたと言っていた、3の鍵がかけてあるのだ

ここを出る数時間前にはなかったはずだ
誰が、なぜこんな時間に…?

他の個室の鍵は全てかかっていない
みんな、俺の忠告を聞いてくれたのだ

響の部屋の鍵はいつの間にか戻ってきている
そして、「M」の鍵は響と共に姿を消している…

ずぶ濡れになった俺はもう一度風呂に入った
一応、また響の部屋を覗いたのものの結果は変わらない
みんなに朝食を作ろうかとも思ったが、冷蔵庫の中は昨晩の残り物で一杯だった

P「(…ひと眠りするか)」

俺は毛布を部屋から持ってきて、ロビーのソファに横になった
ここならば、早起きした誰かが起こしてくれるだろう…




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:47:42.43 ID:2oBm9X1w0
【二日目・6時】

やよい「プロデューサー、起きてください」

P「…ん」

やよい「プロデューサーっ」

P「…ああ、やよいか、おはよう」

やよい「おはようございます!どうしてこんな所で寝てるんですか?」

P「…ちょっとな、今何時だ?」

やよい「えっと、6時ですよ」

P「伊織は?」

やよい「まだ寝てます」

P「…やよいは早起きなんだな」

俺はやよいの頭を撫でた

やよい「えへへーっ」

どうやら一番の早起きはやよいらしい
俺たちは二人で顔を洗いに行った




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:49:16.60 ID:2oBm9X1w0
やよい「響さん、まだ見つからないんですか…?」

P「ああ…」

やよい「そうですか…」

P「優しいな、やよいは」

やよい「そんな、心配になるのは当たり前です」

P「ま、そのうち見つかるさ」

やよい「はい、そうですね…」

この時にも響の部屋を確認したが、結果は同じだった




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:51:43.14 ID:2oBm9X1w0
【二日目・8時】

朝食の前に俺はまた外に響を探しに行ったが、成果は無かった
雨はまだ強く降っているが、ほんの少しだけ和らいできている

予報だと、今日の午後には船が出せるまでに回復するらしい

千早・春香・伊織の三人は俺が戻ってきたときには部屋から出てきていた
昨日は就寝時間が早かったせいか、思っていたよりもみんな早起きだ

伊織「もう8時だけど、律子と美希はまだ寝てるの?」

千早「美希はともかく、律子が寝坊してるのは意外ね」

P「あいつ、相当疲れてたからな」

伊織「もう先にご飯食べちゃいましょうよ、おなか減ったわ」

P「そうだな」

俺たちは食堂で昨日の残り物をレンジで暖めて食べた
食後、やよいが淹れてくれたコーヒーがとても美味しかった




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:53:29.80 ID:2oBm9X1w0
【二日目・10時】

春香「プロデューサーさん、…どうでしたか?」

P「いや、ダメだったよ」

やはりいくら外を探しても響は見つからない
みんなも探しに行きたがっていたが、危険なので反対した

美希「ふわあ、おはようなのー」

ちょうど、美希が起きて二階から降りてきた

伊織「もう昼よ」

美希「…響は?」

P「まだ見つかっていない」

美希「ふーん…、みんな何やってるの?」

千早「大富豪よ」

美希「誰?大富豪」

やよい「えへへ、私です」

美希「大貧民は?」

伊織「わ、私だけど…」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 22:57:14.65 ID:2oBm9X1w0
美希「あれ、律子…さんはまだ寝てるの?」

P「そういえば…、ちょっと寝すぎてるな」

昨晩、あいつと話したのは22時頃だ
すぐにでも眠ってしまいそうな様子だったから、12時間近く寝ていることになる
酒を呑んでいたわけでもないし、いくらなんでも寝すぎている

春香「それじゃあ、私が起こしてきますよ」

P「ああ、頼む」

そういって春香は階段を上がり、律子の部屋へ向かった
しかし、すこししてから一階に戻ってきた

春香「だめです、返事がありませんでした」

P「鍵は開いていたか?」

春香「いえ、閉まってます」

今度は俺と春香で律子の部屋の前まで来た
強くドアをノックし声をかけるがやはり返事は無い




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:00:01.16 ID:2oBm9X1w0
まさか…
嫌な想像がした

P「律子ー!いないのかー!?」

ロビーには律子の部屋の8の鍵は無い
そのうえマスターキーも無いのだから、律子は中にいるということだ

俺は再びドアを破る決心をした
中でぐっすり眠っていたのなら、それでいい
今夜は俺の部屋を明け渡して、俺はその辺で寝ればいい

俺は今一度ロビーから斧を持ってきた
二回目だからか、作業はあっさりと完了した
俺は響の部屋と同じ手順でドアを開ける

P「律子っ!」

春香「ひっ」

部屋の中央のベッドで律子は寝ていた
布団を真っ赤に染め、胸に包丁をつき立てられている状態で




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:02:09.65 ID:2oBm9X1w0
【二日目・11時】

P「春香、大丈夫か」

春香「…はい…」

大丈夫なわけがないだろう
軽薄な言葉をかけた自身にそう思った

俺は春香をその場所からロビーまで連れ出してから、一人で再び律子の部屋に戻った
そしてそれが律子の遺体であることを確認し、その事を下にいた4人に伝えた

やよいは大声で泣き喚き、伊織は目に涙を溜めてスカートの裾を握り締めていた
千早と美希は素直にその事実を受け入れたが、ショックを受けているのは明らかだった

そして死体を直視してしまった春香は、数分前にようやく泣き止んだ

俺は改めて警察に連絡しこの旨を伝えた

天候が回復するまであと数時間待っていて欲しい
凶悪犯がその島に潜んでいる可能性が高い
慎重に行動し、なんとかこれ以上犠牲者を出さないようにしてくれ

要約すれば彼らはこのような事を言っていた

まず何よりも優先すべきは、安否の分からない響を含め
残りの全員が無事にこの島を脱出することだ




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:05:44.95 ID:2oBm9X1w0
…しかし、どうしても疑問は残る

俺はタバコを吸おうとした
だが、ロビーに置いてあったタバコとライターがなくなっている

不幸は続くものだ
俺はため息をつき、諦めてほかの事を考えた

一体、律子は誰に殺されたのだ

俺が律子の部屋に入った時、7の鍵は部屋の机の上に置いてあった
おそらく、俺の言うとおりに部屋の中に持っていったのだろう

それに窓は閉まってロックされていたし
そもそもあの窓から出て移動するのは不可能だ
足場は無く、数メートル下に海が広がっている
おまけにこの天気だ…

ようするに、これは密室殺人だった
あの部屋に入るにはさっきのように扉を壊すしかない
…マスターキーを使わない限りは

凶器は包丁だった
しかし、飛行機を利用した俺たちは当然そんなものは持ち込んでいない

俺が律子と最後に会ったのは昨日の22時頃
死体を確認した今日の10時までは12時間もある
但し、8時過ぎに朝食を食べ終わってからは誰かしらがロビーにいた
そのため、犯行があったのは22時から8時ということになる




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:17:28.37 ID:53gcGdLN0
一つ質問なんだけど
>>88にある7のカギが机の上に~っていうのは8のカギのことでいいのか?
それともそのまま7のカギなのか?




100 :>>96 ご指摘ありがとう、8の鍵のことです 2012/07/15(日) 23:20:13.15 ID:2oBm9X1w0
やよい「えっと…、確か2本だけだったと思います」

P「最初に見たときからか?」

やよい「はい、数が変わったら気づくと思います…」

春香「うん、ちょっと少ないなと思ったから印象に残ってます」

P「最後に確認したのはいつだ?」

春香「今日はお料理してませんから…、昨日の夜ですね」

P「つまり、昨日の夜には確かにここに2本の包丁があったはずだな?」

千早「ええ、私もそうだったと思います」

伊織「まさか、そのうちの一本で律子が…」

P「…それを確認しよう」

俺を含む全員がつばを飲む
俺は包丁の入っている棚を開けた

種類の違う2本の包丁が丁寧に置かれていた




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:08:30.99 ID:2oBm9X1w0
P「美希」

美希「…なあに?」

P「昨晩、何か声は聞こえなかったか?」

美希「ううん…」

P「そうか…」

律子の部屋は端にあるので、
何か聞こえたとしたら隣の美希だけだったが手がかりは無いようだ

そもそもこの建物は部屋の外の物音はほとんど聞こえないようになっている
雨音も強かったし仕方が無いだろう




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:11:02.46 ID:2oBm9X1w0
千早「あの、プロデューサー」

P「ん?」

千早「犯人は、合鍵を持っているんでしょうか?」

P「…そうかもしれない」

千早「マスターキーはプロデューサーが持っているんですか?」

俺は迷ったが、正直に言った

P「響に渡した」

その瞬間、空気が凍った
誰もが次の言葉を出すのを躊躇した
それを言ってしまえば、大切なものが崩れてしまうと分かっていたのだ




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:13:52.84 ID:2oBm9X1w0
俺は響の部屋の鍵のことを思い出し、
だれか3番の鍵を元の場所に戻していないかをみんなに聞いた

しかし、誰もそのことは知らないという
一体あの鍵は今日の夜中に誰が元に戻したのだ…

P「あるいは」

P「あるいは、他に鍵を開ける手段を持った犯人がこの島に潜んでいるのかもしれない」

P「いずれにしても、これからは誰も一人にならないように行動しよう」

俺は、その場を支配していた空気を払うようにそう言った




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:18:08.03 ID:2oBm9X1w0
俺は律子の遺体の様子を改めて確認することにした

包丁は布団の上から胸の辺りに突き刺さっている
おそらく声を潰すためだろう、喉にも深い傷があった

刺さっている包丁を抜いてやろうとも思ったが、
状況を保つためにそのままにしておいた

それにしても、凶器の包丁の出所は…




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:22:50.54 ID:tb1uCcId0
>俺の部屋が1番で春香が2番
>一階に個室は2つしかないから響が3番、最後が律子の部屋の8番になっている

2F ③響 .④伊織 ⑤やよい ⑥千早 ⑦美希 ⑧律子

1F ①P  ②春香     食堂  浴室  .    .階段




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:22:53.96 ID:2oBm9X1w0
千早「あの、プロデューサー…」

P「ん?」

千早「やはり、私達以外に誰かがこの建物に潜んでいるんじゃないでしょうか」

千早「包丁はここに来て最初に見たときと変わらずにありました」

千早「だから律子の殺害に使われた凶器は犯人のものだと思います」

千早「私達は誰も刃物を持ち込んだりはしていませんし…」

P「…そうだな」

しかし、俺の頭の中では犯人の名前はなかば確定していた
もちろん、千早の言うような俺達の知らない誰かではない




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:25:38.30 ID:2oBm9X1w0
【二日目・13時】

春香・やよい・伊織・千早の4人が昼食を作りに食堂に向かった
しかし誰にも食欲などないことは明白だ
ロビーには俺と美希が残った

美希「ねえ、ハニー」

P「ん?」

美希「タバコ、吸わないの?」

P「失くしたんだ」

美希「ふーん」

美希「それで、何か分かった?」

P「…この屋敷に、例えば地下室なんかがあってそこに犯人が潜んでいるということも考えられる」

美希「うーん、それはないんじゃないかな」

P「まあ、そうだな…」

2日間、俺たちはこの建物をうんざりするほどに調べた
設計面を考えてもそれはあり得ないということは分かっている




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:29:54.19 ID:2oBm9X1w0
P「それか…」

P「みんなが俺に、サスペンスドラマを演じてくれているか、だな」

美希「アハハッ、それだったら美希も嬉しいな」

P「クライマックスで、主人公は屋敷の一室で犯人と対峙するんだ」

美希「うん!」

P「やがて建物は炎に包まれる、そこでようやく警察が到着」

美希「うんうん!」

P「最後は船から崩れる建物を眺めながらエンディングだ」

もしこの通りなら、どんなに嬉しいだろう
しかし、律子の死体は紛れもなく本物だ
同時に、この事件は間違いなく殺人事件だ
もうあの時には戻れない




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:32:23.77 ID:2oBm9X1w0
俺は昨日からの出来事を時系列順に簡単にまとめた

13時    屋敷に到着 
14時    春香と伊織はダウン、他は全員がビーチへ
17時    ビーチ組が帰宅 響にマスターキーを渡す
17時30分 響の部屋から謎の電話 響が部屋にいないことに気づく
19時    夕食
22時    最後の律子との会話、風呂で寝過ごす

1時    外に響を探しに行ったが収穫なし
4時    屋敷に戻る ロビーで仮眠
6時    やよいに起こされる 再び捜索するも収穫なし
8時    千早・春香・伊織がほぼ同時に起床 再び捜索するも収穫なし
10時   美希が起床 律子の死亡を確認
11時   包丁の数を確認 最初に見たときと数は変わらず




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:35:40.46 ID:2oBm9X1w0
…やはり彼女が犯人なのだろうか

共犯や外部犯なら可能性は他にもある
しかしそうでなければ、彼女以外には不可能だ

出来ればそうであってはほしくない
だがその可能性が最も高い

彼女が次の行動を起こす気がないとしても、いずれ警察が証拠を見つけるだろう
しかし、これ以上の殺人を続けないという保証は無い
俺には彼女の考えていることが全く理解できないのだ

今俺が最優先すべきことは犯人を捕まえることではない
これ以上の被害者を出さないことだ




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:38:33.77 ID:2oBm9X1w0
【二日目・14時】

P「みんな、聞いてくれ」

昼食を終えてから、俺は言った

P「もう少ししたら、警察がこの島に俺達を迎えに来てくれる」

P「もしかしたら、殺人犯はまだこの建物に潜んでいるのかもしれない」

みんなは不安そうな顔をしているが、むしろこれは楽観的な考えだった
俺たちの知らない誰かが秘密の地下室にでもいてくれたほうがずっといい

P「そして、何らかのドアを開ける手段を持っていると思われる」

P「だから警察が来るまではここでみんなで一緒にいよう」

P「極力、誰も一人にならないようにするんだ」

それからの時間は静かに過ぎていった
みんなは律子のことについて話している
そう、律子はすでに死んでしまったのだ
そして…




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:43:26.38 ID:2oBm9X1w0
【二日目・16時・ロビー】

俺の携帯電話が鳴った、警察からだ
あと一時間ほどでこの島に到着するらしい

やよい「ううー、長かったです…」

伊織「ええ、そうね…」

P「悪いが、島を出てもすぐには帰れないぞ」

千早「それは仕方ありませんね」

春香「えっ、何でですか?」

P「一人が死んで一人の行方が分からないんだ、俺達に聞きたいことはたくさんあるだろう」

P「船でこの島を出た後、本島の警察署でたっぷりと事情聴取があるらしい」

春香「ああ、なるほどぉ…」

美希「めんどくさいの…」

俺は俺の考えを正直に話すべきだろうか
いや、どちらにしろ警察が捜査をすれば確実に犯人は特定される

彼女はそれが分かっているのだろうか?
もしそうなら、なぜわざわざこんなことをしたのだろうか
自分の人生を棒に振ってまで、彼女は何を得ようとしたのだろうか




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:42:47.75 ID:o5+comco0
てか包丁なんて預け荷物ならどれだけでも持ってこれるしな



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:44:21.90 ID:lGwpAPtj0
>>117
空港でアウトにならないのか?




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:48:47.49 ID:o5+comco0
>>119
手荷物として飛行機に乗るのはアウト
キャリーバッグだのなんだのに入れて到着先の空港で受け取るのはセーフ

要は飛行機の中で包丁使われてハイジャックされるのを防げばいいだけだし




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:46:30.61 ID:2oBm9X1w0
美希「ねえハニー、荷物取ってきていい?」

P「…俺も付いていくぞ?」

美希「あー、ハニーのエッチ!」

P「そうじゃない」

美希「わかってるよ、ありがとハニー」

…おそらく、一人ずつ行かせても安全だろう
しかし、そうさせることはこの中の誰かが犯人だと言うようなものだ

P「みんなも、悪いけど順番に俺を部屋に連れて行って荷造りしてくれ」

P「残ったみんなはロビーで絶対にはぐれないように」

伊織「私は最後でいいわ」

春香「えっと、じゃあ私は…」

P「まあ、順番は適当に決めておいてくれ」

俺はこうして全員分の帰り仕度に同行した
その中で『彼女』と二人きりにもなったが、俺は何も言わず、彼女も何も言わなかった

結局、彼女は俺や他の誰かには罪を告白せず、逮捕されるのを待つのだろう

そう思っていた




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:50:20.83 ID:2oBm9X1w0
空はもう晴れていた

P「みんな、忘れ物はないな?」

俺達は最後に律子の顔を見た
最初に死体を見たときと変わらず、眠っているままの姿だった
俺は最後の確認で、彼女の白い手を確認した
やはり、自殺ではない

もはや、犯人は「彼女」しかあり得ないだろう




129 :次から解答編です 2012/07/15(日) 23:53:31.50 ID:2oBm9X1w0
もうこの屋敷ともお別れだ
後は彼女達を無事に帰し、事件は警察に任せよう

そう考えていた時に俺は気づいた
「彼女」の姿が見当たらないのだ

他のみんなもすぐにそのことに気づき、不安な表情をしている
俺は全員その場でじっとしているように言い、屋敷に戻った
そして彼女の部屋へ向かい、ドアをノックした

中からはいつも通りの声で返事が返ってくる

鍵穴には、昨日俺が響に渡したマスターキーがわざとらしくささっていた
もう、隠す気はないのだろう




俺がドアを開けると、「彼女」は窓を開けてそこに腰掛けていた




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:57:58.52 ID:2oBm9X1w0
P「やっぱり、お前が犯人だったのか」



















伊織「ええ、そうよ」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:00:01.29 ID:xjTjd7Rw0
俺は妙な臭いに気がついた
部屋にガソリンがまかれているのだ

P「こんなの、どこにあったんだ」

伊織「食堂に置いてあったのよ、ちょっと重かったけど」

そういいながら彼女は手に持ったジッポライターに火をつけた

P「やめろ!」

伊織「来ないで!」

足が止まる

伊織「動いたらすぐに火をつけるわよ」

P「…わかった」

P「…死ぬつもりなのか?」

伊織「ええ」

P「俺達を巻き込んでか」

伊織「アンタはともかく、みんなは玄関に近いから大丈夫よ」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:02:53.26 ID:xjTjd7Rw0
俺は彼女との距離を測っていた
必要以上に広いその部屋では、不意をついてライターを奪うのは難しい
それに下手に接触すればライターが落ちて火が広がるだろう

P「伊織、どうしてこんな事をしたんだ?」

伊織「よく聞いてくれたわね」

伊織「いい?このお話は最初から最後まで、私の思い通りになったわ」




伊織「これは、私の用意した最後の舞台なのよ」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:06:06.07 ID:xjTjd7Rw0
P「…あの福引から、全てお前が仕組んでいたんだな」

伊織「そうよ、お父様に頼んだの」

伊織「でも場所を用意してもらっただけで、脚本も主演もこの伊織ちゃんよ」

伊織「それは自分でしなくちゃ意味がないものね」

伊織「もちろん、私がこんな事をするためだなんてお父様は夢にも思わなかったでしょうけどね」

P「しかし、なぜわざわざそんな事をしてまで…」

伊織「この二日間のおかげでね、私は何の心残りもなく死ねるのよ」

伊織「そのためなら、それくらいの労力は全然惜しくないわ」

P「死ぬ?」

伊織「ええ、今日この場所で私は死ぬわ」

伊織「それでようやく私の物語はハッピーエンドになるのよ」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:08:53.19 ID:xjTjd7Rw0
P「意味が分からないな、サスペンスドラマの真似事がしたかったのか?」

伊織「そんなところね、でも単なるドラマじゃだめなのよ」

伊織「実際に、恐怖や悲しみで満たされた空気が必要だったの」

伊織「私以外の全員はとても恐ろしかったでしょうね」

伊織「この島、もしかしたらこの屋敷の中に殺人犯がいるのかもしれない」

伊織「しかも、それが同じ事務所の仲間かもしれない」

伊織「みんながそう考えたはずなんだから」

P「…だから響の死体は残さなかったのか」

伊織「ええ、私の脚本だと容疑者役と被害者役が一人ずつ必要だったのよ」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:12:39.62 ID:xjTjd7Rw0
P「なぜそれが響と律子だったんだ」

伊織「響にした理由はないわ、ただ部屋が隣でやりやすかっただけ」

伊織「被害者役は律子かアンタにしようと思ってたわ」

伊織「頼りになる人間が死ぬのはこの上ない恐怖だものね」

伊織「アンタの部屋も覗いたけれど、いなかったから律子にしたの、それだけよ」

P「みんなに何か恨みがあったのか?」

伊織「そんなんじゃないわ」

伊織「ただ、その空気を味わいたかっただけ」

伊織「それが、私の人生の最後の目的だったのよ」

P「そうか…」

俺には彼女の価値観に納得することは出来なかった
しかしこの話を聞いて、俺は事件の真相を悟った
しかし今更気づいても、もう何の意味もない




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:17:32.63 ID:xjTjd7Rw0
伊織「ねえ、何で私が犯人だって分かったの?」

P「消去法だ」

伊織「消去法?」

P「ああ、お前以外には不可能なんだ」

伊織「へえ…、それじゃあアンタの推理を聞かせてほしいわ」

俺はタバコが吸いたくなったが、この状況ではそれはまずい
そもそも愛用のライターは伊織が持っているのだ

P「ライターを帰してくれないか?」

伊織「これ?」

そういって彼女はポケットから出した俺のタバコに火をつけた
案の定、苦い顔をしてすぐにそれを海へ捨てた

伊織「うわあ…、よくこんなものを吸えるわね」

P「大人になれば美味くなる」

伊織「ならないわ」

伊織「さ、早く話しなさい」

俺はひとまず観念した




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:20:02.10 ID:xjTjd7Rw0
P「お前はまず、船酔いを装ってビーチにはいかずに屋敷に残った」

P「この時に三つのものを回収するためにだ」

P「一つは響の部屋の鍵、一つはこのガソリン」

伊織「まあ、ガソリンがあるのは予想してなかったんだけどね」

伊織「せっかくだから少しだけもらうことにしたのよ」

P「最後の一つは、俺か律子を殺すための包丁だ」

P「みんなが最初にキッチンで料理をしたときの包丁の数は今と変わらない」

P「つまり、それ以前に犯人は包丁を手に入れていたということだ」

P「タイミングとしてはここしかない」

P「ビーチから戻ってきた連中には、包丁を持ち出すのは極めて難しい」

P「不可能ではないが、あの時間は人が多く猶予が少ないからかなり見つかるリスクが高い」

P「つまり、特に疑わしいのは伊織と春香の二人になる」

P「だから包丁の数を確認して俺は確信を深めたよ」

P「その時点でお前が犯人だろうと予想していたからな」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:23:18.00 ID:xjTjd7Rw0
P「この時、屋敷にはお前以外には俺と春香しかいなかった」

P「しかも二人とも部屋に閉じこもっていたから、誰にも見られずに事を済ますのは容易だっただろう」

P「お前は回収した包丁とガソリンを自分の部屋に隠し、響が戻ってくるのを待った」

P「鍵を使って忍び込んだ、響の部屋の中で」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:27:35.43 ID:xjTjd7Rw0
P「隠れ場所はおそらくクローゼットの中だ」

P「響は海から帰ってきたところだから、シャワールームとトイレはすぐに見つかる可能性がある」

P「あえて埃まみれになる意味もないから、クローゼットの中が妥当だ」

P「この時に響の部屋の鍵はお前が持っていて内側から鍵をかけていたから、響は部屋に入れなかった」

P「やむなく俺は響にマスターキーを渡した」

P「わざわざ響の部屋の鍵を取った理由は、このためだろう」

P「お前にとって、この事は二つの重要な意味を持つ」

P「一つは、響がマスターキーを持っていると俺達に認識させるということ」

P「そうすることで、『容疑者役』の響がマスターキーを持っているという恐怖をみんなに植え付けた」

P「もう一つは、響からマスターキーを奪ってこの屋敷を自由に動けるようになるということ」

P「これで、『被害者役』をつくるのは極めて容易になる」




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:30:19.11 ID:xjTjd7Rw0
P「お前は響が部屋に戻ってきてシャワーを浴びている最中にクローゼットから出た」

P「そして『容疑者役』をつくりあげるために響が出てくるのを待ち構えたんだ」

P「この時に使ったのはさっき言った包丁ではないはずだ」

P「響の血が部屋に残っていては『容疑者役』は務まらないからな」

P「おそらく、紐か何かで首を絞めて殺したんだろう」

P「お前の計画では、響の死体がそこにあってはならない」

P「響を殺すことではなく、その姿を消すことが目的だからだ」

P「そこでこの屋敷は、まさにそれにうってつけの建物だ」

P「部屋の窓から落とせば、あっという間に死体は海の中だからな」

P「お前は窓から響の遺体を海へ捨てようと窓を開けた」

P「しかし、ここで一つの懸念が生じたんだ、そうだろう?」

伊織「ええ」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:32:55.89 ID:xjTjd7Rw0
P「今になってようやく分かったよ、あの電話の意図が」

P「お前が響を外へ捨てようと窓を開けた時、真下の俺の部屋の窓も開いているのに気づいたはずだ」

P「中で俺がどうしているかまでは分からなかっただろう」

P「しかし、落下する響の姿や海へ落ちる音、窓が開いているとこれらに気づかれてしまう可能性があった」

P「そこでお前は俺の気をそらす方法を思いついた」

P「それがあの無言電話だ」

P「お前は響を窓から落とす直前の状態にしておいて、内線を使い俺の部屋へ電話をかけた」

P「窓と電話は反対の位置にあるし、コール音はかなり大きい」

P「当然、俺の注意は窓の外から電話へと移った」

P「実際のところ、もし電話がなければ俺は響の落下に気づいたと思う」

P「しかし俺はまんまと罠にかかり、その隙にお前は響を海へ落とした」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:48:58.92 ID:xjTjd7Rw0
P「電話の役目は終わり、お前は何も言わずに受話器を元に戻した」

P「ここで、お前は少しだけ焦ったのかもしれない」

P「無言電話を受けた俺が、いつ響の部屋にやってくるかわからないからだ」

P「と言っても、俺に見つかってしまう可能性はほとんどなかった」

P「まず、俺の部屋は一階だから移動するのに時間がかかる」

P「しかも俺は折り返しの電話をしたり、途中で美希と千早と話をしたりしていた」

P「対してお前は窓にロックをしてマスターキーを持って鍵を閉めてから隣の部屋へ戻るだけ」

P「俺は階段を上がった時点で二人の部屋が見えるが、それでもどちらが早いかは明白だ」

P「俺は響の部屋に向かい、返事がなく鍵もかかっていることを確認した」

P「そして話を聞こうと俺がこの部屋を訪れたときには、お前はとっくに部屋に戻っていた」




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:53:22.70 ID:xjTjd7Rw0
P「しかし、俺が美希と千早に会ったことはお前の想定外だろう」

P「あの時一階のロビーにいた二人は容疑者から外れるからだ」

P「俺はその後やよいに連絡したところ、やよいは一階の春香の部屋にずっといたという」

P「実際、春香の部屋にはやよいと春香がいた」

P「春香とやよいの共犯だったとしても、響の部屋から春香の部屋に行くのは時間がかかりすぎる」

P「部屋に戻る前に間違いなく俺とすれ違ってしまう」

P「よって、春香とやよいにも響は殺せない」



P「つまり、よく考えればこの時点で犯人は伊織、お前か律子に絞られるんだ」

P「そして律子が殺された時点で、自動的に犯人は特定される」

P「律子の状態はどうみても自殺ではなかったからな」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:58:38.25 ID:xjTjd7Rw0
P「あとはごく単純だ」

P「夜中、同じ部屋で寝ているやよいを起こさないようにお前は部屋を出た」

P「俺はその時、外へ響を探しに行っていたから当然部屋にはいない」

P「そして標的を変え、律子の部屋にマスターキーを使って侵入した」

P「あとは用意してあった包丁で殺害、鍵を閉めて自分の部屋へ戻るだけだ」

P「最初に盗んでおいた響の部屋の鍵を元の場所に戻したのもこの時だ」

P「響がまだこの屋敷にいるのかもしれないという恐怖を煽るためだろう」

P「その後は他のみんなに紛れ、何者かに怯える少女を演じ続けた」

P「そして今に至る…」

伊織「へえ、さすがね」

伊織は不敵に笑っていた
その手にはまだ火のついたライターが握られている




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:04:09.64 ID:xjTjd7Rw0
P「しかし、この計画は完璧とはいえないな」

P「少なくとも、100パーセント成功するものでは決してない」

P「例えば、俺がずっとロビーにいたとしたら鍵の回収はできなかったはずだ」

伊織「ええ、そうね」

P「もしそんなことがあったらどうするつもりだったんだ?」

伊織「そんなの、いくらでもやり方があるわ」

伊織「響にそうしたように、紐で首を絞めるとかね」

伊織「要するに、誰かがいなくなって誰かが死ねばそれでよかったのよ」

伊織「ま、成功の見込みがなければ今回は無理にやるつもりはなかったわ」

P「今回は…、か」

P「しかし、成功といえる今回の件でも警察は確実に犯人を特定する」

P「お前の年齢を考えても、重罪は免れない」

伊織は満ち足りた表情で俺に言った

伊織「そんなのどうでもいいのよ、私は今日これから死ぬんだから」

伊織「大成功の人生のまま、幸せに死ねるんだから」




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:10:15.18 ID:xjTjd7Rw0
P「伊織、俺にはお前の人生はこの上なく恵まれているように思えたよ」

P「経済的な面だけじゃない」

P「やよいをはじめ、お前にはかけがえのない仲間がいた」

P「そして響と律子も当然その中にいたはずだ」

P「その仲間達と過ごすお前の姿は本当に幸せそうに見えた」

P「誰もがうらやむ境遇を、お前はあっさりと捨ててしまうのか?」

伊織「他の人がどう思うかなんて知らないわ」

伊織「私の幸せは、私が決めるの」

伊織「確かに、これまでの人生も私の大切な思い出よ」

伊織「けれど、本当の幸せのためには、この二日間が絶対に必要だった」

伊織「これだけは、やり残してはいけなかったの」

伊織「そして今日、私の人生は最高のハッピーエンドを迎えるのよ」

伊織「二人の気の毒な犠牲の上にね」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:13:39.59 ID:xjTjd7Rw0
伊織にはこれからも生きて罪を償って欲しい
そして命のありがたみを自分自身で感じ取って欲しい
しかし、そんな月並みな考えを彼女は持ち得ない

罪だとか命の価値だとか、そういう話ではないのだ
伊織にとって大事なものは、伊織にしか分からない

俺は彼女に何を言うべきだろう

伊織「ねえ、最後に頼みを聞いてくれない?」

P「ずいぶんと自分勝手だな」

伊織「にひひっ!私はいつもそうだったでしょ?」

P「分かったよ、出来ることならな」

伊織「やよいに、お別れが言いたいわ」

俺は少し考えた
これはチャンスかもしれない




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:19:29.90 ID:xjTjd7Rw0
P「いいだろう、その代わりライターの火を消してくれ」

P「やよいまで巻き込むつもりはないだろう?」

伊織「…いいわ、でも壁に背中をつけて動かないで」

伊織「おかしな動きを見せたらすぐに火をつけるわ」

P「分かった」

俺はやよいの携帯電話に連絡した
他の3人は少し屋敷から離れるように
そしてやよいは一人で伊織の部屋まで来るように、と

伊織はライターの火を消した
油断をつけば、取り押さえることが出来る距離だ




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:23:48.57 ID:xjTjd7Rw0
P「もうすぐ来るよ」

伊織「ええ、ありがと」

P「伊織、お前にとってやよいは特別な人間なんだな」

伊織「そうね、やよいだけは殺さないと決めてたわ」

P「例え殺されなくても、やよいは今回とても傷ついたはずだ」

伊織「それは悪かったと思うわ、でもね」

伊織「それよりも、私の目的の方が大切だったのよ」

伊織「…きっと、アンタにはわからないでしょうね」

俺は正直に言った

P「ああ、さっぱりわからないよ」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:31:19.20 ID:xjTjd7Rw0
やよい「あの、どうしたんですか?」

やよいが部屋に入ってきた

P「やよい、ドアを閉めないで俺のそばにいろ」

やよい「え?はい…、どうしたんですか?二人とも」

やよいは状況が飲み込めずにいた
彼女が真相を知ったらどんなに悲しむだろう

伊織「プロデューサー、やよいを抱っこしなさい」

その言葉を聞いて、背中に冷や汗が流れた
…まずい

彼女の手はいつでも火をつける準備が出来ている




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:33:43.11 ID:xjTjd7Rw0
P「…ああ」

俺はやよいをお姫様だっこした

やよい「え?え?プロデューサー?」

この体勢では…

伊織「やよい」

やよい「伊織ちゃん…?」

伊織「やよい、今までありがとう!」

やよい「え?」

伊織はライターに火をつけ、それを床のガソリンに放った
俺はやよいをすぐに床におろし、伊織の方へ飛び込んだ




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:35:54.93 ID:xjTjd7Rw0
やよい「伊織ちゃん!プロデューサー!」

P「やよい!早く逃げろ!」

やよい「だ、だめです!伊織ちゃんとプロデューサーが…!」

火の壁を越え、俺は伊織のすぐ近くまでたどり着いた

P「伊織!」

彼女は窓に腰掛け、俺に優しい声でその言葉をささやいた
俺は手を伸ばして彼女の体を引き寄せようとした

しかし、彼女は静かに体重を窓の外に預け、海へ落ちた

P「伊織!」

ぼちゃん、という音がした
頭の中では伊織の最後の言葉がまだ響いている




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:38:00.09 ID:xjTjd7Rw0
P「やよい!」

やよい「プロデューサー!伊織ちゃんは…!」

俺はやよいを抱え、全速力で走った
もう炎は廊下まで広がっている

やよい「伊織ちゃん!プロデューサー、伊織ちゃんは!?」

P「ダメだ…」

やよい「そんな、伊織ちゃん…、伊織ちゃーん…!」

やよいの悲痛な叫びが、屋敷にこだました




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:43:23.17 ID:xjTjd7Rw0
春香「二人とも、どうしたんですか!?何があったんですか!?」

外で春香たちが俺たちを待っていた

春香「急に炎が上がって…、伊織はどうしたんですか!?」

P「…伊織は死んだよ」

春香「そ、そんな…」

P「…詳しいことはあとで話す」

すでに警察が島に上陸している
しかし、彼らがすべきことはもうほとんどないだろう
俺は一人の死体が屋敷の中に、二人の死体が海の中にあることを警察に伝えた

俺は船が出る前に全員にこの事件のあらましを簡単に伝えた
美希はなんとなく気づいていたようだが、三人はショックを受け泣いていた




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:46:35.23 ID:xjTjd7Rw0
やがて船は、この忌まわしい島から本島へ向かって動き始めた
俺は炎を上げて崩れ落ちる屋敷を眺めていた

やよい「プロデューサー…」

やよいが、べそをかきながら外へ出てきた

P「やよい、まだ休んでいたほうがいいぞ」

やよい「いえ、いいんです…」

彼女もまた屋敷を眺めている
泣きはらした眼は炎を映し、いっそう赤くなっていた




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:48:50.23 ID:xjTjd7Rw0
やよい「伊織ちゃんはどうしてあんな…」

P「…伊織にとって、何よりも大切だったのは自分の目的だったんだ」

P「それは歪んだ形の目的だが、彼女はそれに自分の人生をかけて成功させた」

P「その結果が、これだ」

やよい「…よく、分かりません」

P「ああ、俺にも分からない」

P「でもな、伊織にとってその次に大切だったものがある」

やよい「何ですか…?」

P「お前だよ、やよい」

やよい「私…?」

P「ああ」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:52:01.94 ID:xjTjd7Rw0
P「最後の最後、炎に包まれながら伊織は俺にこう言ったんだ」

P「『やよいをよろしくね』ってね」



おわり




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:54:03.21 ID:xjTjd7Rw0
以上です
投下のペースが不規則で申し訳ないです
何か質問とか感想とかダメ出しとかあれば書いてってください